愛の塩焼き

友人の薦めで勢いで開設してしまったよもやま日記。
早いもので12年目に突入。最近サボってるけど・・・

コンフェデレーションズカップ 決勝

2009年06月30日 11時29分58秒 | サッカー
 油断したなぁ

 試合日程はもう少し余裕を持っていると思っていた。
 それでも、新聞のテレビ欄はチェックしていたのだけれど…

 最初からインターネットできちんと日程を確認しておくべきだった。


 そう、日曜日深夜に行われた決勝戦を見逃した


 アメリカというチームに少し興味を持ったところだったので、ブラジルとどう戦うのかとても興味があったのに。

 しかも、マッチレビューを読むと、とても見応えのある試合だったようだ。

 アメリカが前半で2点を先取、後半ブラジルが逆転という展開だったようだが、観ていればとても盛り上がったろうなぁ。

 返す返すも残念。

 日曜日はふがいない試合を見たし、この月曜日の仕事が大変そうだったので10時前には寝てしまった。

 あ~あ、どこかで再放送しないかしらん。
コメント (6)

花の美術館にて

2009年06月29日 23時51分10秒 | 草・木・花
 先日、千葉市内に出掛けた折、あまり時間の余裕がなかったが「花の美術館」に立ち寄ってみた。

 海浜公園内にある美術館の隣には運動グラウンドがあり、子どもたちのサッカー大会で何度か訪れた場所。子供たちと一度だけ入館したことがある。もうずいぶんと昔のことだ。


 訪れたのは閉館間もない時間で、入館することはあきらめたが、庭に入り込み少しだけ花を撮ってきた。

 撮影したはいいが、花の名前をメモしていないので、名前が分からない。
 今後、調べあげたらまとめて紹介しようと思っていたが、花期が過ぎても困るので分かったものから順次……




 カシワバアジサイというのだそうです。
 ちょっと変わった形をしています。初めて見ました。









 ワレモコウです。







 最近、すぎもと・まさとさんの、「吾亦紅」という歌にハマってます。
 カラオケで人が歌っているのを聞いて気に入りました。


 以上、2種は調べが済んだ、というより、覚えてました。

 これ以外はさっぱりです。調べるのが大変だぁ~
コメント (6)

カワセミくん

2009年06月28日 18時15分23秒 | 野鳥
 異例のことだが、1日二つ目のアップ。愚痴っぽいブログだけ書いて終わるのも後味が悪いので……


 昨日、子どもたちが近くの田んぼの脇を流れる川に出掛けた。

 泥だらけになって、昼食に帰ってくると、メダカを3匹つかまえていた。
 網もなくよく捕まえたもんだ。

 次男が、「カワセミがいたよ」と言う。

 「本当にぃ~」

 「カワセミって青い鳥でしょ。いたよ」

 その田んぼは時々散歩するコースなのだが、確かに小川の方に入り込んだことはない。

 網を持って午後も行くというので、喜んで(というより、進んで)同行した。


 本当にいました、カワセミくん

 3回ほど我々の前に姿を見せてくれた。もちろんシャッターチャンスをうかがったのだが、飛行中のカワセミくんを捉えることは至難の技で……





 これが精一杯

 ちょっと引き伸ばしてみましょうか。



 かろうじて姿形が分かるかな?


 ご近所に住んでいることが分かったので、観察を続けチャンスをものにしたいなぁ。


 代わりにのんびりとモデルを務めてくれたのはカワウ(だと思うのだけれど…)くん。

 着水したのは子供たちがメダカ獲りをしているすぐ近くなのでちょっとびっくりした。











 カワウくんを上から撮影していたら、大きなカメくんを発見。40センチくらいあったかな。





 帰りがけにオオヨシキリくんも発見。




 実に楽しい、土曜の午後でした。

 ちなみに、メダカは10匹くらい、どじょうを6匹程度捕獲し、庭のスイレン鉢に入居した。



オマケです。

タイトル 「昼間の花火」




コメント (14)

県大会3回戦

2009年06月28日 17時46分41秒 | 子供たちのこと
 今日は次男の県大会3回戦(と4回戦)。車出し当番として早朝から駆り出された。
 対戦相手は松戸市に在籍するチームで、県3位の実績のある強豪チームとのこと。


 第一試合は、我々が勝ち上がれば対戦するカード。1チームは柏市に在籍する県上位の常連チーム、片や隣の市に在籍し我がチームともよく練習試合を行うお馴染みさん。

 柏市のチームに分があるかなと思ったが、なんのなんの。
 両者一歩も譲らない素晴らしいゲームを見せてもらった。

 結果は0-0で、PK戦へ。

 隣町のお馴染みさんチームは二人が外してしまい、残念ながら敗退。


 この試合を臨席で観戦していた父兄と、「3回戦を勝ち上がれば4回戦もいけそうですねぇ」と盛り上がって、我がチームの試合へ臨んだ。

 まぁ、最終的には柏レイソルのジュニアには歯が立たないのだろうが、今年は上位進出が狙えるかもしれないと、内心大いに盛り上がっていたのだが……



 まったく、親の期待を見事に裏切ってくれる子供たちが集まってくれたようで……

 結果は0-3の完封負け。

 まったくいいところ無し。

 実力の1割りも出していない試合には、本当に腹が立つ

 サッカーは走ってなんぼのスポーツなのに、歩いて試合をするとはなんたること。

 声も出ていない。たまに聞く声はチームメイトへの批判。

 こいつら今晩は全員晩飯抜きだ。

 一生懸命戦っての敗戦なら仕方ないが、試合放棄のような戦いは相手チームにも失礼だ。まったく


 どうやら、彼らは名前負けしてしまったようだ。「昨年の県大会3位だからどうせ勝てるわけがない」という気持ちで試合に入ったのだろう。加えて、センターサークルへ向かう途中、相手チームの声出しに威圧されてしまったに違いない。

 で、彼らはいまチーム第3の練習場としてしようしている近くの小学校の体育館で練習中。
 コーチとは、「この後の練習ではボールを触らせず、ずっと声を出して走らせましょう」と言って試合会場を後にしたが、どうなっているだろう。

 雨も強くなってきたので、お迎えがてら行ってみようかね。
コメント

サッカー アメリカ代表

2009年06月27日 15時47分50秒 | サッカー
 ニューヨークに赴任している友人に、アメリカのサッカー事情について聞いてみた。

 以下は、その回答。結構詳しく解説してくれました。感謝です。


          

 こんにちは。米国のプロサッカーですが、結構盛んです。4大ネットワーク(CBS、NBC、ABC、FOX)で放映されることはないですが、スポーツ専門のESPN、特にESPN2というマイナースポーツを主に扱っているチャンネルでシーズン中はテレビ放映されています。

 ケーブルテレビでもサッカー専用チャンネルが普通のパッケージに含まれていて、英国、スペイン、イタリアのリーグの試合やニュースは常に流れています。

 米国プロサッカー(Major League Soccer)の起源は実は日本のJリーグとほぼ同じ1993年です。1994年のワールドカップ開催に向けてのものです。実際のリーグ戦は1996年か1997年だったと思います。以前にボストンの大学院にいっていた時期だったので、覚えています。地元New England Revolutionの試合を行きました。

 現在のチーム数は15。アメリカらしく、東西のリーグに分かれてのリーグ戦です。米国出身の人気選手でよく聞く名前はLandon Donovanかなと思います。

 盛んになったとはいえ、米国4大スポーツ(MLB, NFL, NBA, NHL)とは規模も金額も桁違いに小さいです。

 女子サッカーのレベルは世界有数のレベルのようです。Mia Hammという人気選手を中心に、ワールドカップやオリンピックなどで毎回好成績を残しています。

 今回のコンフェデレーション杯でスペインに勝った試合はテレビ放映されていました。

          


 報告によれば、結構盛んになっていることが伺える。

 昨日のブログにコメントしてくれた相衛門さんによれば、いまやアメリカはサッカー人口世界一になっているようだし、今後、代表チームはきちんとチェックしなければならないようだ。


 人に頼るだけではいけないので、ちょっと調べてみた。

 現代表メンバーの中にはヨーロッパで活躍する選手も数名いるようだ。
 ニューヨークからの説明によれば、プロの歴史は日本とほぼ同じというから、その実力は日本代表をイメージすればよいのかなとも思うが………。

 現日本代表がスペインを破れるとは思えないなぁ。

 監督はヨーロッパもしくは南米から招聘しているのかと思えば、そうではなく、アメリカ人。

 確かに、プレーを見ていると「アメリカらしいサッカー」という表現ができると思う。早くも色が出てきていると言ってもよいだろう。それに比べ日本はまだ…
コメント (3)

アメリカがスペインを撃沈 (驚)

2009年06月26日 21時11分51秒 | サッカー
 月末の忙しい時期にスタッフが休み、その分の作業が回ってきて……

 なんか、とーっても、お疲れ。精神的にも……

 一応、仕事を持ち帰ったが……。



 …と、沈んでばかりもいられない。土日、どちらかで鋭気を養いガンバラねば。
 元来ポジティブ発想の持ち主(能天気ともいうかな)なんだから、それを発揮せねば



 しばらくJリーグが中断しており寂しかったが再開。応援で盛り上がるぞ、と思ったらアントラーズは目先ホームの試合が少ない

 仕方がないのでテレビで応援、ともいかないんだなぁ、これが。放送が無いから。スカパーの加入を考えてしまう。

 Jリーグ再開初戦は勝利でなにより。が、AFCチャンピオンズリーグは敗退してしまって残念。バルサと戦う切符は無くなった。


 ところで、来年のワールドカップのプレイベント、コンフェデレーションズカップが佳境を迎えている。
 ベスト4に残ったのは、ブラジル、スペイン、アメリカ、そして開催国の南アフリカ。

 昨晩、アメリカ対スペイン戦があったが、なんと、な~んと、アメリカが2-0でスペインを下してしまった


 3大会、否、4大会前のワールドカップだったかなぁ、アメリカのプレーを見た時に、「将来強くなるだろうなぁ」と思った記憶がある。

 その根拠は、並はずれた体力。アフリカのチームに近いかな。なにせ終了のホイッスルが鳴るまで走る、走る。しかもスピードが落ちない。
 人口大国でもあるし、国内でサッカーがもっと注目を集めれば、あっという間に強くなるかもしれないな。そんなことを思ったように記憶する。

 スペインは昨年の欧州チャンピオン。そんなチームを撃破する日がこんなに早くやって来ようとは…。

 今晩はブラジル対南アフリカの試合が行われる。順当にいけばブラジルだろう。

 決勝戦で、アメリカがブラジルをも撃沈したらどうしよう


        

 先週見つけた、次男のチームの練習グラウンドの横に生えていた草。というより木かなぁ。

 かわいらしい花をつけていた。なんでしょう???




コメント (8)

今月の雑草倶楽部

2009年06月25日 20時00分00秒 | 雑草倶楽部
 早いもので6月も部活の日がやってきました。

 今月の雑草ちゃんはふたつ。とオマケをひとつ。



 この草を見つけたのは実は5月末か6月初だったと思います。

 自宅からほど近い田んぼのあぜ道を散歩している時に見つけました。

 「なんじゃこりゃ。きゅうりの輪切りがなってる」が、第一印象。





 帰宅後、図鑑を調べるとすぐ見つかりました。聞き覚えのある名前です。

 「グンバイナズナ」

 果実の形が軍配に似ているので命名されたそうです。花ことばは「勝っても負けても」だそうです。

 図鑑によると、花をつけるとあったので、一週間後に再び見に行きました。

 田んぼに近づくと何やら機械音が複数聞こえます。

 そうです。苗が成長しはじめた田んぼでは畦の草取りが行われていました。

 グンバイナズナくんは、きれーーいに刈り取られていました

 まぁ、仕方ないですね



 二番手は、最近行った大学病院の庭の芝生で見つけました。

 花がらせん状に咲いているので、「これは偶然このように咲いたものに違いない。珍しいぞ」と思い撮影しておきました。

 後日、図鑑を眺めていると似たような花を見つけました。「偶然咲いた珍しい花」ではなく、そういう花だったんですね

 「ネジバナ」

 花がねじれながら開花するので命名されたそうです。で、花ことばは「少しだけヘソ曲がり」  花ことばって……







 この草は、草丈20センチ程度でした。図鑑によると、40センチまで伸びるとあり、花期は9月までとありますので、しばらくしたら大人のネジバナくんに会いに行こうと思います。花の色がもっと鮮やかになるようです。



 最後のオマケは、「ホタルブクロ」

 最近、てくっぺさんsnap-kさんふわ母さんも紹介していました。
 我が家周辺でも結構目にします。




 snap-kさんや、ふわ母さんのようにスカートの中を撮影しようとも思いましたがあきらめました。し、し、し、姿勢が…


 来月はどんな雑草ちゃんたちに会えるのでしょうか。

 楽しみ、楽しみ
コメント (20)   トラックバック (1)

貯蓄力テスト

2009年06月24日 19時15分22秒 | 笑える話
 ブログは書いていらっしゃらないようだが、gooで「ひとこと」コメントを書いている「心☆」さんのサイトで見つけた「貯蓄力テスト」(←クリックで行けます)。


 やってみたら「低レベル」でした

 貯蓄の才能はまったくないそうで、計画的に貯金に励みましょう、とのこと。
 どうも3問目の回答がカギを握っているような気がするが……

 そのことを心☆さんに報告したら、「心当たりは?」と尋ねられた。

 う~ん。  ある


 貯蓄がダメなら、投資にでも励もうか…





 先日知人の家の前を通りかかったら、何やら見たことのない花(?)が咲いていたので撮ってきた。

 図鑑に出ていない

 家の主に聞けば分かったのだろうが、あいにくと不在だった。









 花と思われる茶色の部分は長さ1センチ程度なんです





 今日から長男は二泊三日のキャンプで富士五湖方面へ

 インフルエンザの影響で延期や中止にならなくてよかった

 プチ登山もあるらしいので、天気が崩れなければよいが…
コメント (6)

ラベンダー畑

2009年06月23日 22時40分29秒 | 草・木・花
 土曜日の事、再び。

 夜間救急の精算の帰りのこと。

 印旛沼畔で野鳥観察の後、先日、市の広報誌にラベンダー畑がオープンしていることが出ていたので寄ってみた。ちょうど帰り道。


 観光地、というほど立派なところではないが、そこそこの人出はあったラベンダー畑。

 2種類のラベンダーが植えられていた。いま、最盛期を迎えているのが「おかむらさき」という種。










 まだ五分咲きで、7月に最盛期を迎える「グロッソ」という種。








 どちらの種もとても良い香りを振りまいていた。ラベンダーの香りは、花ではなく茎から発しているらしい。(未確認情報)


 その畑の中にポツンと2株だけ植えられていたとても綺麗な花。
 クレオメ、ですかねぇ。





 ラベンダー畑を後にすると、1分ほどでとてもたくさんの花が植わっている農家を発見。車を停車。ちょっと覗いてみる。

 ちょうどおじいちゃんが庭先にいたので許可をもらい見せてもらった。





 ダリアだそうです。

 ついついおじいちゃんと話しこんでしまった。30分くらいおしゃべりしたかなぁ。

 以下の写真は、おじいちゃんが、「奥に○○が咲いてるよ」とわざわざ案内してくれたひまわりとグラジオラス。




 ひまわりって太陽燦々と輝く夏に咲くんじゃないのぉ~。まだ、梅雨なんだけど。











 グラジオラスはおじいちゃんのご自慢だったなぁ。これから最盛期を迎え、それは見事な咲きっぷりだそうです。

 せっかくなので、しばらくしたら再訪してみたいと思う。
コメント (7)

カワラヒワとオオヨシキリ

2009年06月22日 20時50分50秒 | 野鳥
 次男の夜間救急の精算に出掛けた大学病院。

 逸早いドクターヘリの導入で注目された病院だが、同地区が医療都市を謳っているだけあって、敷地は広く自然がたくさん残っている。

 鳥や花を撮影できないかなぁと思い、駐車場に車を止め、病棟へ向かう際もカメラを持参した。





 病院の庭に、先日、サイクリングの時にしばしお伴をしてくれたカワラヒワが群れていた。









 一定の距離以上なかなか近付くことができず……
 なんとか見れる4カットでした。




 この木のどこかに野鳥の巣があるはず。ピーピーと雛の鳴き声が聞こえるのだが、下から見つけることはできなかった。

 親鳥の出入りも確認できなかったので、何の雛かも分からずじまい。



 帰路で立ち寄った印旛沼畔。ヨシキリでも撮れないかと思い…。





 土手に立つと、オオヨシキリの大合唱。とーーっても、うるさい。
 図鑑の解説によると、オオヨシキリくんのオスは、縄張りを主張するために一生懸命泣くのだそうだ。

 葦の中を目を凝らして見るがまったく姿は見えない。

 立ち入った場所は私有地らしく、所有者のおじいちゃんがいたのでちょっと取材。

 「鳥の写真を撮るなら朝だなぁ」「ヨシキリは葦の中に入っていかなきゃ見れないよ」とアドバイスをもらった。

 取り敢えず、おじいちゃんが飼っていたヤギくんにモデルを頼んでみた。
 こちらも結構なおじいちゃんだ。




 大合唱が聞こえるので簡単にはあきらめられず、30分ほど粘って観察していた。

 肉眼で見ることができないので、望遠を最大にし観察していると、「あれはもしかしたら」と思われる影を発見。確信はなかったがとりあえずシャッターを切っておいた画像をパソコンで拡大して見てみると、なんとビンゴ。

 かなり遠くだったので、写真を拡大するとちょっとつらいが、とりあえずオオヨシキリくんゲットです

 分かりますかぁ~




コメント (6)