☆あまちゃんの毎日ガハハハ日記☆

三男児+夫との生活、代表を務める会http://shirouiryo.com/のこと、自分の日常を綴る日日是好日

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2012年の抱負 今年も宜しくお願いします

2012-01-19 02:35:22 | GYOGYO
年が明けました。

昨年の振り返りも新年の抱負もまだ語っていないというのに、もう明日で20日になってしまいます。
ブログとか「告知用」みたいなのっていやだなと思っているのですが、自分のブログが
そんな状態・・・いけない、いけない。

140字のつぶやきという名の吐き出しで、満足してしまっている今日この頃です。
でも、とっても久しぶりに会った方に「ブログも忘れないでね」「楽しみにしているんだから」と
言ってもらって、嬉しいなありがたいなと思い、久しぶりにこちらにやってきました。


やっぱり、ここは落ち着きます。何となく。もう8年近くやっていますからね。


さて、これは↓昨年の年頭の日記。

「毎年している通り、今年の目標、書きました。昨年の目標を見てみると、笑ってしまいます。
叶っていることばっかり(笑)。言ったもん勝ちですね。

今年は
「自分自身を整えて、日常のひとつひとつを丁寧にこなし、夢に向かって一歩進む年」

細かい目標はズラズラズラと書いています。おー来年にはこれが叶うのか、
と思うと嬉しくてにやけてしまいます。(なんて前向きな!)

キーワードは「整える」かな。

内面も外面も。一年かけていっちょ整えていきたいと思います!」
以上。


・・・

ううむ、整ったのだろうか。日常の一つ一つを丁寧にこなしただろうか???
ちょっと疑問の残る年でした。
でもある意味では、整ったのかもしれない。
跳ぶ、ための準備。

・・・

昨年は誰の胸にも忘れられない震災があって、
こんな私ですら、ある一時期は、耳をふさいでみたり、過剰な程心配が心をとらえたり、
「批判する人を批判、する人」を非難したくなる気持ちが芽生えたり、
ぐちゃぐちゃしたり、山ほど泣いたり、様々な感情を味わった年、でもありました。

様々な葛藤の末にたどり着いているのは、
やはりひとりひとりはかけがえのない存在で、
みんな、ひとりひとり、キラキラした素晴らしいものを持っていて、
それはあなたも私も。
あなたも私もそのまんまで、おっきなマル。
優劣じゃなく、そのまんまで、みんなそれぞれ本当にすごいものを持っていて
それがそのまんま出せる、そのまんま花開くように、願っているし、
自分もそうでありたい。

周りの人も、遠くにいる人も、家族も。

そんな当たり前だけれど、自分も人も丸ごと受け止める、というからだ、こころが
育って・・・んなエラそうなもんじゃなく、まだ育ってはいなくて、
そうでありたい、という気持ちが育って」いるように思っています。

保育園でも母に今年の抱負、の宿題がありました。

こちらでも、書きます。


●「ゆとり」をもつ。

そのために、

●家にいる時間を可能な限り増やす。


すっごいちっちゃい目標?笑 これなら叶いそう?爆

でも自分にとっては大事な大事な目標、です。

今まで、本当に出ずっぱりだったし、忙しかったし、様々なものを
何年もインプットしまくってきました。
今まで学んだこと、気付いたこと、感じたことを、今年はきちん、きちんと出していきたい。
そして、「出す」ためには、時間が必要です。
入れるのはもう十分。(もちろん学びは継続するけれど)

きちんとそのためのspaceを作りたい、と思っています。

家は私にとっては職場でもあります。
日中、忙しすぎて、出ずっぱり。そして作業はほとんど夜~明け方、ということが
もうかなり続いていますが、これも見直したい、と思います。


新しいことを始めます。
始める前に、それに耐えられるだけの場所を作る。
いまやっていることも、新しいことも、家族も、友人も、
大切に、大切にするために、ちょっと空っぽの時間と場所(心の)が必要です。


ほんの少し、じっくりと、「出す」ことに意識を向けて、そのために
時間を使っていきたいです。


新しく始まることは、もう目の前。
たくさんの、支えてくださる方に手を合わせ心から感謝をしつつ、
ともに楽しんで進んでいけたら、と思います。

お正月にひいたおみくじ。
時間はかかるがかならず目標をとらえることができる。
英気を十分に養って事にあたれば吉
ゆとりある心が良い



頭の中で行く道すがら
「英気を十分に養わなくっちゃなー」と思っていたら、出た「くじ」がそれでした。

英気を十分に養って、ゆとりある心で、事にあたろうと思います。
もう20日も過ぎようとしていますが、今年も宜しくお願いします。

皆にとって、よい年でありますように。
コメント (2)