全国通訳案内士試験の<無料独学合格>を強力にサポート!

ハロー通訳アカデミーの教材、動画をすべて無料公開!

2022年度全国通訳案内士試験施行要領

2022年04月14日 02時26分45秒 | ●2022年度第2次口述試験対策
2022年度全国通訳案内士試験施行要領

●2022年度全国通訳案内士試験施行要領(JNTOのホームページ)
https://www.jnto.go.jp/jpn/projects/visitor_support/interpreter_guide_exams/copy_of_index.html

●2022年度全国通訳案内士試験筆記試験のガイドライン(2021年度(令和3年6月10日改正)から変更はありません)
https://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/kokusai/content/001408467.pdf

●試験日程
◇官報公示    : 2022年4月下旬(予定)
◇施行要領公開  : 2022年5月中旬(予定)
◇願書受付    : 2022年6月1日(水)~7月11日(月)(予定)
◇筆記試験    : 2022年8月21日(日)(予定)
◇筆記試験合格発表: 2022年11月10日(木)(予定)
◇口述試験       : 2022年12月11日(日)(予定)
◇最終合格発表  : 2023年2月3日(金)(予定)

●出願方法
施行要領は電子媒体のみとし、出願方法も電子申請のみとなります。
郵送での施行要領配付および出願受付は行いませんので、5月中旬に公開予定の
施行要領をご確認の上、願書受付期間内にお申し込みください。
※郵送での出願、施行要領等の請求に関しては返送手続きをさせていただきますので、予めご了承ください。
電子申請システム( https://shiken.jnto.go.jp/ )よりお申し込みください。
※出願受付開始前は、電子申請システムのトップページしかご覧いただけません。

●免除申請について
筆記試験の英語、日本歴史、一般常識、通訳案内の実務の免除を申請される方は、以下の注意事項をご確認ください。以下の記載内容以外の申請条件については、2021年度から変更ありません。

(注1)
英語の免除対象となるTOEICの得点については、当該得点を取得した年度およびその翌年度に実施される全国通訳案内士試験において、出願時に公式認定書(コピー可)を提示できるものが対象となります。(2022年度試験の場合:2021.4.1以降に取得された得点)

(注2)
日本歴史および一般常識の免除対象となる大学入試センター試験の得点については、当該得点を取得した年度およびそこから五年以内に実施される全国通訳案内士試験において対象となります。(2022年度試験の場合:2017.4.1以降に取得された得点)※令和3年度より実施の大学入学共通テストは対象とはなりません。

(注3)
ガイドライン7ページの「通訳案内の実務筆記試験について」に記載されている「観光庁研修のテキスト」については、以下のリンクを参照ください。
www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/kokusai/tsuyaku.html

●詳しくは、下記をご覧ください。
https://www.jnto.go.jp/jpn/projects/visitor_support/interpreter_guide_exams/copy_of_index.html

以上


最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。