通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

第1次邦文筆記試験対策<マラソンセミナー>(日本地理、日本歴史、一般常識)【音声ファイル】

2018年06月07日 13時43分01秒 | ●2018年度受験<音声学習コーナー>(無料)

第1次邦文筆記試験対策<マラソンセミナー>(日本地理、日本歴史、一般常識)【音声ファイル】

●<マラソンセミナー>とは
通訳ガイドという仕事は、日本全国の世界遺産をはじめとする観光地、名所旧跡などに外国人観光客をお連れしてガイドすることですから、日本地理、日本歴史、一般常識の知識が必須です。
しかし、通訳案内士試験の受験者は、外国語は得意だが、第1次邦文筆記試験科目(日本地理、日本歴史、一般常識)が苦手という方が多くいらっしゃいます。
<マラソンセミナー>は、そのような受験者の皆さんが、日本地理、日本歴史、一般常識を基礎から体系的に学習することができるように用意されたセミナーです。

●合計72時間の講義時間
<マラソンセミナー>の講義時間は、各科目24時間で、3科目合計72時間です。

●受講料 216,000円が無料!
正規の受講料は、各科目72,000円、3科目で合計216,000円ですが、すべて、無料で受講することができます!

●パソコン、スマホ、タブレットにダウンロードしてご利用ください。
【音声ファイル】なので、パソコン、スマホ、タブレットなどに入れておけば、電車の中、待ち合わせ時間などの細切れ時間にも聴くことができるので、便利です。

●動画で学習するコースは、下記をご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

━━━━━━━━━━━━━━
日本地理(24時間)
━━━━━━━━━━━━━━

<テキスト>
http://hello.ac/marathon2012version/geographytext.pdf

<補助教材テキスト>
http://hello.ac/marathon2012version/geographyadditional.pdf

<項目別地図帳>
http://hello.ac/geography/map.pdf

<都道府県別地図帳>
http://hello.ac/map.prefectures.pdf


●日本地理(1-1)
http://www.hello.ac/GEO-1-1_re.mp3

●日本地理(1-2)
http://www.hello.ac/GEO-1-2_re.mp3

●日本地理(1-3)
http://www.hello.ac/GEO-1-3_re.mp3

●日本地理(1-4)
http://www.hello.ac/GEO-1-4_re.mp3

●日本地理(1-5)
http://www.hello.ac/GEO-1-5_re.mp3

●日本地理(1-6)
http://www.hello.ac/GEO-1-6_re.mp3

●日本地理(2-1)
http://www.hello.ac/GEO-2-1_re.mp3

●日本地理(2-2)
http://www.hello.ac/GEO-2-2_re.mp3

●日本地理(2-3)
http://www.hello.ac/GEO-2-3_re.mp3

●日本地理(2-4)
http://www.hello.ac/GEO-2-4_re.mp3

●日本地理(2-5)
http://www.hello.ac/GEO-2-5_re.mp3

●日本地理(3-1)
http://www.hello.ac/GEO-3-1_re.mp3

●日本地理(3-2)
http://www.hello.ac/GEO-3-2_re.mp3

●日本地理(3-3)
http://www.hello.ac/GEO-3-3_re.mp3

●日本地理(3-4)
http://www.hello.ac/GEO-3-4_re.mp3

●日本地理(3-5)
http://www.hello.ac/GEO-3-5_re.mp3

●日本地理(3-6)
http://www.hello.ac/GEO-3-6_re.mp3

●日本地理(4-1)
http://www.hello.ac/GEO-4-1_re.mp3

●日本地理(4-2)
http://www.hello.ac/GEO-4-2_re.mp3

●日本地理(4-3)
http://www.hello.ac/GEO-4-3_re.mp3

●日本地理(4-4)
http://www.hello.ac/GEO-4-4_re.mp3

●日本地理(4-5)
http://www.hello.ac/GEO-4-5_re.mp3

●日本地理(4-6)
http://www.hello.ac/GEO-4-6_re.mp3

━━━━━━━━━━━━━━
日本歴史(24時間)
━━━━━━━━━━━━━━

<テキスト>
http://hello.ac/marathon2012version/historytext.pdf

<補助教材テキスト>
http://hello.ac/marathon2012version/historyadditional.pdf

●日本歴史(1-1)
http://www.hello.ac/HIS-1-1.mp3

●日本歴史(1-2)
http://www.hello.ac/HIS-1-2.mp3

●日本歴史(1-3)
http://www.hello.ac/HIS-1-3.mp3

●日本歴史(1-4)
http://www.hello.ac/HIS-1-4.mp3

●日本歴史(1-5)
http://www.hello.ac/HIS-1-5.mp3

●日本歴史(1-6)
http://www.hello.ac/HIS-1-6.mp3

●日本歴史(2-1)
http://www.hello.ac/HIS-2-1.mp3

●日本歴史(2-2)
http://www.hello.ac/HIS-2-2.mp3

●日本歴史(2-3)
http://www.hello.ac/HIS-2-3.mp3

●日本歴史(2-4)
http://www.hello.ac/HIS-2-4.mp3

●日本歴史(2-5)
http://www.hello.ac/HIS-2-5.mp3

●日本歴史(2-6)
http://www.hello.ac/HIS-2-6.mp3

●日本歴史(3-1)
http://www.hello.ac/HIS-3-1.mp3

●日本歴史(3-2)
http://www.hello.ac/HIS-3-2.mp3

●日本歴史(3-3)
http://www.hello.ac/HIS-3-3.mp3

●日本歴史(3-4)
http://www.hello.ac/HIS-3-4.mp3

●日本歴史(3-5)
http://www.hello.ac/HIS-3-5.mp3

●日本歴史(3-6)
http://www.hello.ac/HIS-3-6.mp3

●日本歴史(4-1)
http://www.hello.ac/HIS-4-1.mp3

●日本歴史(4-2)
http://www.hello.ac/HIS-4-2.mp3

●日本歴史(4-3)
http://www.hello.ac/HIS-4-3.mp3

●日本歴史(4-4)
http://www.hello.ac/HIS-4-4.mp3

●日本歴史(4-5)
http://www.hello.ac/HIS-4-5.mp3

●日本歴史(4-6)
http://www.hello.ac/HIS-4-6.mp3

━━━━━━━━━━━━━━
一般常識(24時間)
━━━━━━━━━━━━━━

<テキスト>
http://hello.ac/marathon2012version/generalknowledgetext.pdf

<補助教材テキスト>
http://hello.ac/marathon2012version/generalknowledgeadditional.pdf

●一般常識(1-1)
http://www.hello.ac/COM-1-1_re.mp3

●一般常識(1-2)
http://www.hello.ac/COM-1-2_re.mp3

●一般常識(1-3)
http://www.hello.ac/COM-1-3_re.mp3

●一般常識(1-4)
http://www.hello.ac/COM-1-4_re.mp3

●一般常識(1-5)
http://www.hello.ac/COM-1-5_re.mp3

●一般常識(1-6)
http://www.hello.ac/COM-1-6_re.mp3

●一般常識(2-1)
http://www.hello.ac/COM-2-1_re.mp3

●一般常識(2-2)
http://www.hello.ac/COM-2-2_re.mp3

●一般常識(2-3)
http://www.hello.ac/COM-2-3_re.mp3

●一般常識(2-4)
http://www.hello.ac/COM-2-4_re.mp3

●一般常識(2-5)
http://www.hello.ac/COM-2-5_re.mp3

●一般常識(2-6)
http://www.hello.ac/COM-2-6_re.mp3

●一般常識(3-1)
http://www.hello.ac/COM-3-1_re.mp3

●一般常識(3-2)
http://www.hello.ac/COM-3-2_re.mp3

●一般常識(3-3)
http://www.hello.ac/COM-3-3_re.mp3

●一般常識(3-4)
http://www.hello.ac/COM-3-4_re.mp3

●一般常識(3-5)
http://www.hello.ac/COM-3-5_re.mp3

●一般常識(3-6)
http://www.hello.ac/COM-3-6_re.mp3

●一般常識(4-1)
http://www.hello.ac/COM-4-1_re.mp3

●一般常識(4-2)
http://www.hello.ac/COM-4-2_re.mp3

●一般常識(4-3)
http://www.hello.ac/COM-4-3_re.mp3

●一般常識(4-4)
http://www.hello.ac/COM-4-4_re.mp3

●一般常識(4-5)
http://www.hello.ac/COM-4-5_re.mp3

●一般常識(4-6)
http://www.hello.ac/COM-4-6_re.mp3

以上

 

 

コメント

第1次英語筆記試験対策<教本学習コース>【音声ファイル】

2018年01月11日 23時07分50秒 | ●2018年度受験<音声学習コーナー>(無料)

第1次英語筆記試験対策<教本学習コース>【音声ファイル

●<教本学習コース>とは
<教本学習コース>は、第1次英語筆記試験対策の中心となるコースで、動画または音声ファイルで学習するコースです。
<教本学習コース>は、<教本Aシリーズ>(32 時間分)と<教本Bシリーズ>(32 時間分)により構成されており、両シリーズを学習することにより、第1次英語筆記試験対策に万全を期することができます。
(※)テキストと録画、録音内容が一部異なる箇所がありますが予めご了承ください。

●216,000円が無料です!
以前、販売していた年間授業料から換算すると、216,000円のコースです。

●パソコン、スマホ、タブレットにダウンロードしてご利用ください。
【音声ファイル】なので、パソコン、スマホ、タブレットなどに入れておけば、電車の中、待ち合わせ時間などの細切れ時間にも聴くことができるので、便利です。

●動画で学習するコースは、下記をご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

━━━━━━━━━━━━━
<教本A>音声ファイル
━━━━━━━━━━━━━
●下記テキストを印刷して音声ファイルをお聴きください。

(1)教本A<問題テキスト>
http://hello.ac/kyouhon2012version/kyouhonQuestion.pdf

(2)教本A<解答テキスト>
http://hello.ac/kyouhon2012version/kyouhonAnswer.pdf

(3)教本A<授業解説テキスト>
http://hello.ac/kyouhon2012version/kyouhonLesson.pdf

●音声ファイル(全32時間)

(赤字)は、和文英訳の講義の内容を示します。

<第1講>(前半)(比較級を含む構文)(地理)
http://hello.ac/ENG-A01_re.mp3

<第1講>(後半)(比較級を含む構文)(地理)
http://hello.ac/ENG-A02_re.mp3

<第2講>(前半)(関係詞を含む構文)(観光1)
http://hello.ac/ENG-A03_re.mp3

<第2講>(後半)(関係詞を含む構文)(観光1)
http://hello.ac/ENG-A04_re.mp3

<第3講>(前半)(関係詞を含む構文)(観光2)
http://hello.ac/ENG-A05_re.mp3

<第3講>(後半)(関係詞を含む構文)(観光2)
http://hello.ac/ENG-A06_re.mp3

<第4講>(前半)(動名詞を含む構文)(観光3)
http://hello.ac/ENG-A07_re.mp3

<第4講>(後半)(動名詞を含む構文)(観光3)
http://hello.ac/ENG-A08_re.mp3

<第5講>(前半)(分詞を含む構文)(料理)
http://hello.ac/ENG-A09_re.mp3

<第5講>(後半)(分詞を含む構文)(料理)
http://hello.ac/ENG-A10_re.mp3

<第6講>(前半)(分詞を含む構文)(伝統演劇)
http://hello.ac/ENG-A11_re.mp3

<第6講>(後半)(分詞を含む構文)(伝統演劇)
http://hello.ac/ENG-A12_re.mp3

<第7講>(前半)(仮定法を含む構文)(伝統芸術・工芸1)
http://hello.ac/ENG-A13_re.mp3

<第7講>(後半)(仮定法を含む構文)(伝統芸術・工芸1)
http://hello.ac/ENG-A14_re.mp3

<第8講>(前半)(仮定法を含む構文)(伝統芸術・工芸2)
http://hello.ac/ENG-A15_re.mp3

<第8講>(後半)(仮定法を含む構文)(伝統芸術・工芸2)
http://hello.ac/ENG-A016_re.mp3

<第9講>(前半)(相関関係・挿入を含む構文)(伝統芸術・工芸3)
http://hello.ac/ENG-A17_re.mp3

<第9講>(後半)(相関関係・挿入を含む構文)(伝統芸術・工芸3)
http://hello.ac/ENG-A18_re.mp3

<第10講>(前半)(同格を含む構文)(伝統芸術・工芸4)
http://hello.ac/ENG-A19_re.mp3

<第10講>(後半)(同格を含む構文)(伝統芸術・工芸4)
http://hello.ac/ENG-A20_re.mp3

<第11講>(前半)(同格を含む構文)(スポーツ・娯楽)
http://hello.ac/ENG-A21_re.mp3

<第11講>(後半)(同格を含む構文)(スポーツ・娯楽)
http://hello.ac/ENG-A22_re.mp3

<第12講>(前半)(倒置を含む構文)(宗教1)
http://hello.ac/ENG-A23_re.mp3

<第12講>(後半)(倒置を含む構文)(宗教1)
http://hello.ac/ENG-A24_re.mp3

<第13講>(前半)(様々な英文構造を含む構文)(宗教2)
http://hello.ac/ENG-A25_re.mp3

<第13講>(後半)(様々な英文構造を含む構文)(宗教2)
http://hello.ac/ENG-A26_re.mp3

<第14講>(前半)(様々な英文構造を含む構文)(祝祭日・伝統行事1)
http://hello.ac/ENG-A27_re.mp3

<第14講>(後半)(様々な英文構造を含む構文)(祝祭日・伝統行事1)
http://hello.ac/ENG-A28_re.mp3

<第15講>(前半)(様々な英文構造を含む構文)(祝祭日・伝統行事2)
http://hello.ac/ENG-A29_re.mp3

<第15講>(後半)(様々な英文構造を含む構文)(祝祭日・伝統行事2)
http://hello.ac/ENG-A30_re.mp3

<第16講>(前半)(様々な英文構造を含む構文)(生活様式)
http://hello.ac/ENG-A31_re.mp3

<第16講>(後半)(様々な英文構造を含む構文)(生活様式)
http://hello.ac/ENG-A32_re.mp3

━━━━━━━━━━━━━
<教本B>音声ファイル
━━━━━━━━━━━━━
●下記テキストを印刷して音声ファイルをお聴きください。

(1)教本B<問題テキスト>
http://hello.ac/kyouhonB2012version/kyouhonBQuestion.pdf

(2)教本B<解答テキスト>
http://hello.ac/kyouhonB2012version/kyouhonBAnswer.pdf

(3)教本B<授業解説テキスト>
http://hello.ac/kyouhonB2012version/kyouhonBLesson.pdf

(4)<日本的事象Q&A>
http://hello.ac/kyouhonB2012version/Q&A2012version.pdf

●音声ファイル(全32時間)

(赤字)は、和文英訳の講義の内容を示します。

<第1講>(前半)(英文読解総合演習1)(和文英訳演習1)
http://hello.ac/ENG-B01_re.mp3

<第1講>(後半)(英文読解総合演習1)(和文英訳演習1)
http://hello.ac/ENG-B02_re.mp3

<第2講>(前半)(英文読解総合演習2)(和文英訳演習2)
http://hello.ac/ENG-B03_re.mp3

<第2講>(後半)(英文読解総合演習2)(和文英訳演習2)
http://hello.ac/ENG-B04_re.mp3

<第3講>(前半)(英文読解総合演習3)(和文英訳演習3)
http://hello.ac/ENG-B05_re.mp3

<第3講>(後半)(英文読解総合演習3)(和文英訳演習3)
http://hello.ac/ENG-B06_re.mp3

<第4講>(前半)(英文読解総合演習4)(和文英訳演習4)
http://hello.ac/ENG-B07_re.mp3

<第4講>(後半)(英文読解総合演習4)(和文英訳演習4)
http://hello.ac/ENG-B08_re.mp3

<第5講>(前半)(英文読解総合演習5)(和文英訳演習5)
http://hello.ac/ENG-B09_re.mp3

<第5講>(後半)(英文読解総合演習5)(和文英訳演習5)
http://hello.ac/ENG-B10_re.mp3

<第6講>(前半)(英文読解総合演習6)(和文英訳演習6)
http://hello.ac/ENG-B11_re.mp3

<第6講>(後半)(英文読解総合演習6)(和文英訳演習6)
http://hello.ac/ENG-B12_re.mp3

<第7講>(前半)(英文読解総合演習7)(和文英訳演習7)
http://hello.ac/ENG-B13_re.mp3

<第7講>(後半)(英文読解総合演習7)(和文英訳演習7)
http://hello.ac/ENG-B14_re.mp3

<第8講>(前半)(英文読解総合演習8)(和文英訳演習8)
http://hello.ac/ENG-B15_re.mp3

<第8講>(後半)(英文読解総合演習8)(和文英訳演習8)
http://hello.ac/ENG-B16_re.mp3

<第9講>(前半)(英文読解総合演習9)(和文英訳演習9)
http://hello.ac/ENG-B17_re.mp3

<第9講>(後半)(英文読解総合演習9)(和文英訳演習9)
http://hello.ac/ENG-B18_re.mp3

<第10講>(前半)(英文読解総合演習10)(和文英訳演習10)
http://hello.ac/ENG-B19_re.mp3

<第10講>(後半)(英文読解総合演習10)(和文英訳演習10)
http://hello.ac/ENG-B20_re.mp3

<第11講>(前半)(英文読解総合演習11)(和文英訳演習11)
http://hello.ac/ENG-B21_re.mp3

<第11講>(後半)(英文読解総合演習11)(和文英訳演習11)
http://hello.ac/ENG-B22_re.mp3

<第12講>(前半)(英文読解総合演習12)(和文英訳演習12)
http://hello.ac/ENG-B23_re.mp3

<第12講>(後半)(英文読解総合演習12)(和文英訳演習12)
http://hello.ac/ENG-B24_re.mp3

<第13講>(前半)(英文読解総合演習13)(和文英訳演習13)
http://hello.ac/ENG-B25_re.mp3

<第13講>(後半)(英文読解総合演習13)(和文英訳演習13)
http://hello.ac/ENG-B26_re.mp3

<第14講>(前半)(英文読解総合演習14)(和文英訳演習14)
http://hello.ac/ENG-B27_re.mp3

<第14講>(後半)(英文読解総合演習14)(和文英訳演習14)
http://hello.ac/ENG-B28_re.mp3

<第15講>(前半)(英文読解総合演習15)(和文英訳演習15)
http://hello.ac/ENG-B29_re.mp3

<第15講>(後半)(英文読解総合演習15)(和文英訳演習15)
http://hello.ac/ENG-B30_re.mp3

<第16講>(前半)(英文読解総合演習16)(和文英訳演習16)
http://hello.ac/ENG-B31_re.mp3

<第16講>(後半)(英文読解総合演習16)(和文英訳演習16)
http://hello.ac/ENG-B32_re.mp3

以上

コメント

英語第2次口述試験対策<特訓セミナー>【音声ファイル】

2018年01月11日 23時06分49秒 | ●2018年度受験<音声学習コーナー>(無料)

英語第2次口述試験対策<特訓セミナー>【音声ファイル】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2次口述試験とは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2次口述試験は、<通訳問題>と<プレゼンテーション問題>により実施されますが、いずれにしても、日本的事象(日本に関することがら)について外国語で話す(説明する)能力が問われる試験である、ということです。
個々の日本的事象の簡単な説明については、「日本的事象英文説明300選」でカバーできるとしても、実践的な表現能力が求められる試験の場では、「300選」をベースにした<臨機応変な説明方法>が求められます。本<特訓セミナー>は、そのような<臨機応変な説明方法>を学ぶためのセミナーです。
本セミナーを何回も繰り返し、繰り返し視聴することにより、リスニング力と表現力を習得し、第2次口述試験を突破してください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<特訓セミナー>の概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●目的
第2次口述試験(英語)に出題される日本的事象(日本に関することがら)について、<臨機応変な説明方法>を学ぶこと。

●内容
外国人講師と生徒の質疑応答を通して、外国人講師が、的確な英語で表現できるコツを教えます。

●構成
<特訓セミナー>は、(その1)(その2)(その3)があり、(その1)(その2)は各11講座(2時間×11=22時間)、(その3)は9講座(2時間×9=18時間)の全31講座、62時間の構成となっています。

●動画と音声ファイル
(その1)は動画と音声ファイルを、(その2)(その3)は音声ファイルのみを、下記により視聴することができます。

●受講方法
必ず、テキストを印刷して学習してください。

●効果的な学習法
本セミナーを何回も繰り返し、繰り返し視聴することにより、リスニング力と表現力を習得することができます。
インプットされてないものは、決して、アウトプットされません。まずは、徹底的にインプット(聴きこみ)してください。

●すべて無料で受講できます。
ちなみに、元々の受講料は、(その1)(その2)は各55,000円、(その3)は45,000円、全155,000円です。
本セミナーを大いに活用して、無料独学合格を果たしてください!

●<特訓セミナー>の動画は、下記をご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/20d3293874c2107664d6a9ed22eae8f2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<特訓セミナー>(その1)【音声ファイル】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・下記テキストをダウンロード、印刷して音声ファイルをお聴きください。
http://hello.ac/tokkunseminartext/tokkunseminartext1.pdf

<Lesson 1>Land and Nature(前半)
http://hello.ac/1-1.mp3

<Lesson 1>Land and Nature(後半)
http://hello.ac/1-2.mp3

<Lesson 2>Climate(1)(前半)
http://hello.ac/1-3.mp3

<Lesson 2>Climate(1)(後半)
http://hello.ac/1-4.mp3

<Lesson 3>Climate(2) Natural Disaster(前半)
http://hello.ac/1-5.mp3

<Lesson 3>Climate(2) Natural Disaster(後半)
http://hello.ac/1-6.mp3

<Lesson 4>History(1)(前半)
http://hello.ac/1-7.mp3

<Lesson 4>History(1)(後半)
http://hello.ac/1-8.mp3

<Lesson 5>History(2)(前半)
http://hello.ac/1-9.mp3

<Lesson 5>History(2)(後半)
http://hello.ac/1-10.mp3

<Lesson 6>History(3)(前半)
http://hello.ac/1-11.mp3

<Lesson 6>History(3)(後半)
http://hello.ac/1-12.mp3

<Lesson 7>Government,Industry(1)(前半)
http://hello.ac/1-13.mp3

<Lesson 7>Government,Industry(1)(後半)
http://hello.ac/1-14.mp3

<Lesson 8>Industry(2),Business(前半)
http://hello.ac/1-15.mp3

<Lesson 8>Industry(2),Business(後半)
http://hello.ac/1-16.mp3

<Lesson 9>The Japanese at Work(1)(前半)
http://hello.ac/1-17.mp3

<Lesson 9>The Japanese at Work(1)(後半)
http://hello.ac/1-18.mp3

<Lesson 10>The Japanese at Work(2),Pension,Health Care(前半)
http://hello.ac/1-19.mp3

<Lesson 10>The Japanese at Work(2),Pension,Health Care(後半)
http://hello.ac/1-20.mp3

<Lesson 11>Japanese Way of Life and Society(前半)
http://hello.ac/1-21.mp3

<Lesson 11>Japanese Way of Life and Society(後半)
http://hello.ac/1-22.mp3

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<特訓セミナー>(その2)【音声ファイル】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・下記テキストをダウンロード、印刷して音声ファイルをお聴きください。
http://hello.ac/tokkunseminartext/tokkunseminartext2.pdf

<Lesson 1>Education / Religion(1)(前半)
http://hello.ac/2-1.mp3

<Lesson 1>Education / Religion(1)(後半)
http://hello.ac/2-2.mp3

<Lesson 2> Religion(2)(前半)
http://hello.ac/2-3.mp3

<Lesson 2> Religion(2)(後半)
http://hello.ac/2-4.mp3

<Lesson 3> Religion(3)(前半)
http://hello.ac/2-5.mp3

<Lesson 3> Religion(3)(後半)
http://hello.ac/2-6.mp3

<Lesson 4> Religion(4)(前半)
http://hello.ac/2-7.mp3

<Lesson 4> Religion(4)(後半)
http://hello.ac/2-8.mp3

<Lesson 5>Cultute(1)(前半)
http://hello.ac/2-9.mp3

<Lesson 5>Cultute(1)(後半)
http://hello.ac/2-10.mp3

<Lesson 6>Cultute(2)(前半)
http://hello.ac/2-11.mp3

<Lesson 6>Cultute(2)(後半)
http://hello.ac/2-12.mp3

<Lesson 7>Cultute(3)(前半)
http://hello.ac/2-13.mp3

<Lesson 7>Cultute(3)(後半)
http://hello.ac/2-14.mp3

<Lesson 8>Cultute(4)(前半)
http://hello.ac/2-15.mp3

<Lesson 8>Cultute(4)(後半)
http://hello.ac/2-16.mp3

<Lesson 9>Cultute(5)(前半)
http://hello.ac/2-17.mp3

<Lesson 9>Cultute(5)(後半)
http://hello.ac/2-18.mp3

<Lesson 10>Cultute(6)(前半)
http://hello.ac/2-19.mp3

<Lesson 10>Cultute(6)(後半)
http://hello.ac/2-20.mp3

<Lesson 11>Cultute(7)(前半)
http://hello.ac/2-21.mp3

<Lesson 11>Cultute(7)(後半)
http://hello.ac/2-22.mp3

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<特訓セミナー>(その3)【音声ファイル】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・下記テキストをダウンロード、印刷して音声ファイルをお聴きください。
http://hello.ac/tokkunseminartext/tokkunseminartext3.pdf

<Lesson 1>Sightseeing / Shopping(前半)
http://hello.ac/3-1.mp3

<Lesson 1>Sightseeing / Shopping(後半)
http://hello.ac/3-2.mp3

<Lesson 2>Food(1)(前半)
http://hello.ac/3-3.mp3

<Lesson 2>Food(1)(後半)
http://hello.ac/3-4.mp3

<Lesson 3>Food(2)(前半)
http://hello.ac/3-5.mp3

<Lesson 3>Food(2)(後半)
http://hello.ac/3-6.mp3

<Lesson 4>Japanese Holidays and Festivals(1)(前半)
http://hello.ac/3-7.mp3

<Lesson 4>Japanese Holidays and Festivals(1)(後半)
http://hello.ac/3-8.mp3

<Lesson 5>Japanese Holidays and Festivals(2)(前半)
http://hello.ac/3-9.mp3

<Lesson 5>Japanese Holidays and Festivals(2)(後半)
http://hello.ac/3-10.mp3

<Lesson 6>Sports(前半)
http://hello.ac/3-11.mp3

<Lesson 6>Sports
http://hello.ac/3-12.mp3

<Lesson 7>Housing / Gardens(前半)
http://hello.ac/3-13.mp3

<Lesson 7>Housing / Gardens(後半)
http://hello.ac/3-14.mp3

<Lesson 8>Clothing(前半)
http://hello.ac/3-15.mp3

<Lesson 8>Clothing(後半)
http://hello.ac/3-16.mp3

<Lesson 9>Important questions for a tour guide(前半)
http://hello.ac/3-17.mp3

<Lesson 9>Important questions for a tour guide(後半)
http://hello.ac/3-18.mp3

以上

 

 

 

コメント

<第2次口述試験対策特別セミナー>(4)(5)参加者のご感想(その3)

2017年11月20日 21時00分07秒 | ●2018年度受験<音声学習コーナー>(無料)

<第2次口述試験対策特別セミナー>(4)(5)参加者のご感想(その3)

●二日間ありがとうございました。1日目、暗記したはずの明治維新、頭が真っ白になりました。「~あとで」という あの接続詞、あれ、あれ、あれ、なんだったっけ?パニックはパニックを増幅します。
えっ、あれがでないなんて、え、なんで?どうしよう、そんな、あほな?先生も皆さんも私が言い出すのを待ってる、あ、どうしよう、あ~  他の言葉で始めよか?  いや、あれが出ないはずはない、あ~   という具合で沈黙が続きました。本番なら、あそこで、即アウトでしょう。
After が出てしゃべり始めても、暗記した文は大半が頭から飛んで行ったまま。苦し紛れにmodernization ばかり口走っていました。情けなかったです。

2日目も似たような始末で、情けない気持ちでしゃべっていたところ、先生から、もっと自信ありげに話すよう指摘をいただきました。
あ、そうか、と実に的確なご指摘に頭が下がります。2週間をすでに切っていますが、先生の資料にかじりついてがんばります。

ラッキーにも他の人に便乗して先生からいただいたサイン、ありがとうございます。

それと、実は、奈良の鹿のことですが(私は奈良公園は何百回も行っていますが)・・・セミナー(3)で、先生の「ねだってお辞儀するのか、お礼にお辞儀をするのか」というお尋ねの際、私より一呼吸早く他の人が答えて、手をこんな風にして上げるとお辞儀をする、と言ってましたが、あれは違うと思います。
違う、と言おうとしたのですが、その方の、ガイドさんからききました、というだめ押しの言葉にひるんでしまって…その場で言うのも失礼かと…

①持っている食べ物を見られる→鹿は来ます。
②食べ物を持っているというオーラを出す(ポケットやカバンに手を入れてごそごそする、などです。)→鹿は目ざとく見つけて来ま す。

①の場合、鹿が近づいてきて、どうしようかと、そのままぼーっと食べ物持ってたら、鹿はぐいぐいやって来て、強引に食べ物を食べます。軽くお辞儀をしてから食べるようなのもいますが、この時点でもうナメられてるので、お辞儀もそこそこ頭でこちらを押してくる感じのが多いです。
こうなったら食べ物は諦めて鹿さんにあげないと危険です。ぐずぐずしてると一頭だけでなくその様子を見ていた周りの鹿も押し寄せます。
ほんとに危険です。あげた後こそ、例のポーズです。鹿の前で両手の平を見せて、もう無いよ、と示すと、そのうちどこかへ行ってくれます。
食べ物を見られた、と気づいた早い段階で食べ物をしまって、両手のひらを見せると、あげなくてすむ場合もありますが 。

②の場合は、そんな素振りはさっとやめて、鹿の前に両手のひらを見せてください。両手の平を見せるのは低い位置で。高くあげると、たたかれるのだと鹿が勘違いし、これも大変危険です。
ちなみに鹿を触りたかったら、低い位置で、手のひらを上むけて、手を出してください。観音様の、mercyのポーズでお願いします。

いずれにせよ、逃げたりしては絶対だめです。追いかけられます。 

もともと食べ物を手に持って奈良公園など歩かないのが不文律みたいなものだったのですが…そして餌をあげたいときは、鹿せんべい買ってあげるのです。
10枚150円です。割高ですが、鹿さんの保護などにあてられるそうです。やり方があります。
鹿が来たら 、鹿はたいていお辞儀をしますから、せんべいを割ったりしないで、一枚ずつ、さっ、さっと気前よくあげるのです。決してじらしてはいけません。

最近は、甘いお菓子を片手にじらしながら、もう片方の手には自撮りの棒を持って、嬌声を発して鹿に近づき、襲われて苦情を言ってくる外国人観光客がいるそうです。
苦情を言いたいのは鹿です。鹿にもリスペクトがいると思います。

すみません。もう一つだけ書かせてください。公園で鹿せんべいいっぱい置いて売ってるおばさんがのせんべいがなぜ襲われないのか?
必ずお店には頑丈な棒がつってあって、近づく鹿はそれでしこたま頭をたたかれるのです。多分脳震盪を起こすぐらい…鹿は学習するみたいです。

いっぱい書いてすみません。勉強に戻ります。
危険なことばかり書いてしまいましたが、奈良の鹿は野生ですが本来おとなしくて安全です。
こちらから恐怖心を与えなければ決して襲ってきたりしません。
とってもかわいく、本当に目の前でじかに触れあえます。
冷えてきました。どうぞご自愛ください。ほんとうにありがとうございました。

以上

コメント

11月18日開催<第2次口述試験対策特別セミナー>(4)参加者のご感想

2017年11月18日 22時48分57秒 | ●2018年度受験<音声学習コーナー>(無料)

11月18日開催<第2次口述試験対策特別セミナー>(4)参加者のご感想

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
使用した資料を無料公開します!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<プレゼンテーション>鉄板予想問題厳選83題
http://hello.ac/2017.11.18.presentation.pdf

●<プレゼンテーション>キーワードの英語訳
http://hello.ac/2017.11.18.keyword.pdf

●<通訳>鉄板予想問題厳選34題
http://hello.ac/2017.11.18.tuyaku.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
参加者のご感想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●本日は3時間ありがとうございました。
模擬面接、とても役に立ちました。今日はスーツで臨みました。お題を言われて対応することがいかに難しいかを身をもって知りました。
また、他の方の対応を見て、参考になることがたくさんありました。値段以上の価値がありました。
これからの2週間、反芻しながら弱点を補っていこうと思います。必ず今年合格します!! 
ありがとうございました。

●本日(11月18日)の第2次口述試験対策特別セミナーを受講させてもらいました。文字通り「ありえへんサービス」でした。
今回は最前列に座り先生をまじかに見ました。かなり大きめの方であることが分かりました。これがあっての「太っ腹」かと感じました。
二次口述試験の模擬演習は、実際に自分でやってみないと分からない、ということがよく理解できました。
他人の応答も大変参考になり意義深い体験でした。先生の出されるも難題をほとんど諳んじて答える方も数人いて、あっけにとられてしまいました。
この方々は「日本的事象英文説明300選」をとことんやっていることがうかがい知れました。これでもって、自分の弱点が掴め、変な癖にも気がつきました。
残る二週間、「300選」を中心に進め、後日先生にもいい報告ができきるべく努めます。
本日は誠にありがとうございました。

●本日は2次試験対策セミナーありがとうございました。受講させていただいて本当によかったです。
受講生全員の目線を浴びて本番以上に緊張する環境で模擬練習できたことは、絶対に本番で落ち着いて回答できる自信になると思います。
また、自分の準備不足も痛感でき、モチベーションが上がりました。明日も受講させていただきますのでどうぞよろしくお願いします。

●本日も熱い講義及び特訓をしてくださり、誠にありがとうございました。
ほとんど寝ずの資料作成にも関わらず、講義に支障をきたさない、という先生の状態は、情熱で支えられているのだと推測し、先生のように情熱に燃えて生きたい、見倣いたいと思いました。
先週までの資料も消化吸収できていなくて、先週までにご教示いただいた内容を理解することに今週の土日を当てようと思っていました。
今回のセミナーのご案内をいただいた時に、この状態で今日、明日とまたまたセミナーにうかがって良いのだろうか、と実は最初、内心迷いがありましたが、参加させていただいて良かったです。
会場にいると、五感を使って、あらゆる状況から吸収しようとしているみたいで、家で一人で頭だけで勉強しているのと身に付き方が違う感じがしました。
参加者の方の「うどん」のプレゼンテーションの発表の仕方に感心し、自ら「日本の食べ物→和食→無形文化遺産2013」とノートにメモを取り終わった途端に、先生が同じことを仰り、びっくりしました。
これが、会場で学びを、生で全身で吸収することのありがたさなのだと思いました。
このことと関連し、明治維新がそんなに重要なら、「世界遺産の『明治日本の産業革命遺産群』の英訳も覚えておくと便利そうだな~」という思考がやってきました。
これから調べてみようと思います。
明日も引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

●本日はすばらしいセミナーをありがとうございました。先生のセミナーは初めてでとても緊張しましたが、先生の気さくで、お優しいお人柄に触れて、大変励まされました。
自分の発表もですが、他の方のプレゼンがとても参考になりました。先生のおっしゃる回路のようなものが、かすかな希望のようなものができた気がします。本当に感謝です。
残り、わずかですが、先生の鉄板資料で頑張ります。私の通訳試験の準備は先生の「日本的事象英文説明300選」とメルマガがすべてです。それだけに先生に良いご報告ができるように頑張ります。
また、セミナー等で先生にお会いできることを楽しみにしております。どうもありがとうございました。

●今回も参加してとても良かったです。
独学と違い少しずつですが、試験に向けてのイメージが沸いてきた感じです。
また、通訳案内試験の対策に対して、新たな資料作成や予想問題を70題に絞るなど、改めて植山様が心血を注いでいる事を実感し、大変感謝いたします。
その思いに是非、応えられるように時間がある限り試験準備に邁進します。
もし、可能であれば、来週末(11/25 or 11/26)にも面接模擬のセミナーを開いて頂けることを希望します。ご検討をお願いいたします。

●本日は収穫の多いセミナーを、ありがとうございました!
実際に人の前で何かを言おうとすると、緊張で何も頭に出てこなくなってしまいました。
日本語でさえ何も浮かんでこず、とても恥ずかしい思いでした。でもそのおかげで、これから2週間で何をするかが明確になりました。
他のみなさんは、苦手と思われるお題でも、それなりに上手にまとめていらっしゃって、スゴイ!と思いました。刺激になりました。参加して良かったです。

●本日も、楽しくも中身の濃い授業ありがとうございました。
また、ありえへん、速攻の半額分の返金もありがとうございます。(送金手数料もあり、1000円返金いただくのも心苦しかったのですが、速攻で返金いただき、またびっくりでした。)
さて、本日の授業ですが、3つの厳選鉄板資料ありがとうございました。
特に<プレゼンテーション>キーワード資料が、今後の持ちネタ増やしで、気が重かった部分について、痒い所に手が届くありがたい資料でした。
また、「ゆっくり落ち着いて言えばよい、でも、単複数、3単現のsに注意」というお話が腑に落ちる内容でした。
残り2週間で、やればできそうな気がしてきて、勇気をいただきました。
あとは、ハローの合格祝賀会写真に自分がいる未来をたまに妄想してにやにやしながら、しかし、油断せず、こつこつと自分がやるだけと思っています。
まだまだお世話になりますが、よろしくお願いいたします。

●本日も、大変お世話になりました。
いろんなヒントを随所で教えて頂き、とても勉強になりました。特にプレゼンテーションでは、食べ物のお題がでたら、和食の無形文化遺産を1行付け加えて、しめる。富士山がでたら、世界遺産登録を言う等、絶対に使わせてもらいます。
まだまだ、「300選」の覚えこみが、足りていませんが、先生の選んで頂いた80選から、まずは、徹底的に覚えたいと思います。
明日も、ご指導楽しみにしております。とうぞ、よろしくお願いします。

●本日のセミナーありがとうございました。昨年まで二年連続で二次試験に不合格だった私はどうすれば合格できるのかその道しるべさえ分からずに今日に至っておりました。
その答えがセミナーに参加させていただいてわかってきたような気がします。まづはキーワードの暗記に頑張ってみます。

●本日は、ご指導いただき有難うございました。
いくら努力しても、当日、頭が真っ白になったらどうしよう・・・と心配していました。
今日は、色々な逃げ方(?)、気の取り直し方を教えていただいて、少し気が楽になりました。最後まであきらめずに頑張ります。

●本日はセミナーありがとうございました。
模擬面接も受けさせて頂きましたが自分の現状を知ることが出来て、合格するにはあと2週間相当な努力が必要だということが分かり大変よかったです
ありがとうございました。

●本日はありがとうございました。
70にまで鉄板の数を絞り込んでいただいたことで、残された時間で優先順位を明確にすることができました。
また、英語の上手、下手ということよりも、話す内容の分かりやすさ、話す速度やトーンによって印象がだいぶ違うことがよくわかりました。
ほぼ完璧に300選を暗唱している方もいて、きっと本番では「心の余裕」が生まれるのだろうなあ、と尊敬しました。
どんな話題でも、できれば世界文化遺産や無形文化遺産へつなげていくストーリー展開もたいへん参考になりました。
あと2週間しかありませんが、せいいっぱい頑張ろうと思います。クリス マスに合格のご報告ができるとうれしいです。
本格的な寒さがやってきますが、ごうぞご自愛くださいませ。

●植山先生,本日も大変お世話になりました。ここまできたら,まさに実践あるのみです。やる気が倍増しました。
最後から3,4番目ぐらいに「柔道」のプレゼンを行いました受講生です。今回の実践模擬試験は大変参考になり,また,刺激的でした。
様々なジャンルの出題に,私の前までの皆さんが,瞬時に受け答えをして,正直すごいと思いました。
私は気が小さいので,恥ずかしくて,自分の順番に来るまでハラハラドキドキでした。パスしようかと思ったくらいです。
せっかくの機会だからと,逃げずにプレゼンをしました。
あっという間に,約50秒ぐらいのプレゼンを終え,お世辞を含めてのお褒めの言葉をきただきましたが,2分のプレゼンには,まだまだです。ほど遠い感じでした。
明日(19日)もお伺いします。朝早く(7時半頃),自宅を出発しますので,メルマガでの資料送付を早めにいただけると幸いです。
受講生の皆さん,この際,全員合格を目指して,死に物狂いで,鬼の形相で奮闘し,最後に,勝利の美酒を味わいましょう。
先生,今後ともどうかよろしくお願いします。

●大変に得ることの多いセミナーでした。
今日のセミナーを通して、自分は思ったほど本番では考えていたこと、覚えていたことが言えないということを実感しました。
順番を待っている時から手に汗をかき、マイクの前では覚えていたはずの文が思い浮かびませんでした。ショックでした。
簡潔な「300選」の文をフル活用し、植山先生作の鉄板の説明文をマスターし、世界自然遺産につなげていく。
ゆっくり話し、小さな文法、発音の間違いをなくしていく。
今までの自分の勉強の問題点を発見できたセミナーでした。今日の内容を忘れずあと二週間頑張ります。

●11/18(土)のセミナーに参加しました。
準備不十分なままでしたが、恥を捨てて参加し、マイクの前に座って答えました。
逐次通訳問題は、事前資料にある比較的簡単なトピックにも関わらず、先生の読み上げが始まった途端、頭の中が白くなり、きちんと文を捉えられませんでした。30点くらいでしょうか。
プレゼンは苦手なお題で、なんとか世界遺産の文を入れたものの短くおわってしまいました。始まりと終わりの定型文句すら言うのを忘れてしまい、やはり自宅学習するのと人前での緊張感の中で実践するのは大違いでした。
できる方はスラスラ300選が言えていたので、後少しの時間しかありませんが、自分なりに頑張ってみます。
力不足が身にしみましたが、今回参加してよかったです。明日も懲りずに参加しますので、どうぞよろしくお願いします。

●2017年11月18日(土)のセミナーに参加させていただきました。
英語ではなく今回は中国語での受験ということで、英語受験生が使うテクニックと雰囲気を実際に感じることができて、ますますやる気に火がつきそうです。
家に帰って資料を中国語受験仕様にしてハイアットで再会できるように残り2週間、全身全霊頑張ります!

●植山先生、本日も有意義なセミナーをありがとうございました。
時間の関係で模擬面接を受けられなかったのは残念ですが、他の方の発表を通じて鉄板問題に関する思考回路を組み込んで頂けたのはとても良かったです。
鉄板予想問題をさらに絞り込んで頂きましたので、時間があまりございませんが頑張りたいと思います。
最後まで宜しくお願い申し上げます。

以上

コメント