通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(185)

2018年08月21日 21時13分25秒 | ●2018年度<第1次筆記試験>受験の感想

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(185)

●受験会場: 日大法学部 本館

●試験内容、受験の感想
【受験した外国語】英語TOEIC 免除
【日本地理】(自己採点:61点)
【日本歴史】(自己採点:53点)
【一般常識】(自己採点:22点)
【通訳案内】(自己採点:35点)

受験の感想、遅くなりました。受験後、想像以上の疲れからしばらくPCを開けませんでした。
結果は、上記の通り辛うじて通訳案内のみが合格ラインという悲しい結果でした。感想を載せている方々は、高得点の方が多い中、勇気を持って(笑)公開しました。

●日本地理は、難問・奇問や、引っ掛け問題もなく、良問だったと思います。合格点に行っていない私が言うのもおかしいですが、他と比べて簡単だったのではないでしょうか。
来年もこの傾向なら、しっかり身につけて再チャレンジしようという意欲が出てきます。

●日本歴史は、難しかったです。元々苦手科目なので、かなり勉強したのですが、勉強した甲斐がない、という難問が多かったです。
やりながら、「知らん!」と呟きたくなるものが多数。来年に向けて勉強する気がすっかり失せている状態です。
どうしたらいいものか。高得点の方の勉強法が知りたいです。基本知識は既にある上で、時間をかけてプラスαを身に着ける感じでしょうか。

●一般常識は、スポーツ、レストラン列車、ICカードなどわからないものばかりでこれはダメかもと思っていたところに、さらに、自己採点の際に、2つ選択の回答部分が複数あったことに気づき、しばし呆然。
過去問でもそのような例がなかったので、全く気づきませんでした。
自分の不注意ですが、もう少し分かりやすく注記するなどがあったらと思いました。

●通訳案内は、試験1科目でわかりやすかったので、唯一これはいけるかもと思わずニヤリとした科目です。満点の方もかなりいそうですね。

ハローの教材、メルマガ、ブログ、第1次邦文試験対策<特訓1800題>、どれもフルに活用させていただきました。
今年は、初受験なので、まずは様子見で、と思っていたのですが、田町の直前セミナーに参加し、植山先生の講義を受け、一気にやる気になりました。
あれに参加してしていなければ、ここまで本気で取り組んでいなかったかもしれません。
本当に感謝しております。やる気とパワーとたくさん頂き、ありがとうございました。
結果的に、また来年ということになりますが、5月のGWから始めた受験勉強で、知らなかったことをたくさん学び本当に貴重な体験でした。

以上

コメント

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(184)

2018年08月21日 21時13分25秒 | ●2018年度<第1次筆記試験>受験の感想

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(184)

植山先生

この度は本当にありがとうございました。
今年の5月から先生の講義は地理の追加以外はすべて参加させていただきました。
山川の教科書を買ったりしましたが、結局一度もよまず、先生の講義資料を通勤時に読みました。

自己採点は
地理80
歴史64
一般常識28or32
実務41

歴史は第1次邦文試験対策<特訓1800題>でもいつも不合格でしたので目安になると感心しました。

5月に先生の講義に参加し、今年の受験を決め、準備を本格的にはじめたので、先生の講義や資料で合格に近くなると思いました。
庭でロックも一問目で嬉しかったです。
切腹問題最高と思いながら受けましたよ!
歴史はまた来年頑張ります。

以上

コメント

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(183)

2018年08月21日 21時09分42秒 | ●2018年度<第1次筆記試験>受験の感想

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(183)

植山先生

お世話になっております、深沢と申します。
実務、地理、歴史、一般常識と4科目受験してきましたので受験の感想をお送り致します。
合格点予想の一助になれば幸いです。

●受験会場:日本大学

●試験内容:実務、地理、歴史、一般常識

【実務】(自己採点:43点)

比較的平易な問題が多く、つつがなく終わらせることができました。

【日本地理】(自己採点:60点)
今までよりオーソドックスで常識的な問題だったと思います。
残念ながら地理は苦手科目で、あまり取れませんでしたが、先生の教材のおかげでここまで頑張れました
ありがとうございます。

【日本歴史】(自己採点:67点)
過去問より難しく、かなり細かいことを聞かれている感じがしました。
試験中は嫌な感じがしていたのですが、採点してみるとそこまでひどい点ではなくて一安心です。
合格ラインが低目なことを祈ります。

【一般常識】(自己採点:34点)
先生の教材のおかげでイーナハヤク(1789万人)はきちんと正解できました。
基準点を超えられてほっとしています。

●ハローの教材、メルマガ、ブログ、第1次邦文試験対策<特訓1800題>、<Flashcards Deluxe>などで役に立ったこと

試験1ヶ月前に先生のブログを見つけ、大急ぎで第1次邦文試験対策<特訓1800題><Flashcards Deluxe>で猛勉強しました。
無料教材もダウンロードして勉強させていただきました。
地理が少し残念な結果ですが、初受験の今年は善戦できたなと満足しています。

●第2次試験に向けての<決意表明>
地理が危ないので、ちょっとモティベーションが下がっていますが、純粋に英語の勉強と思って、「日本的事象英文説明300選」は読み込んでみようと思っています。

●ハローに対するご意見、ご希望、ご感想

先生の情熱、ありえないサービスに感動しています。
7月末からしか使っていませんが、いいサイトに出会えて満足です。
今後もメルマガやブログ、HPの更新楽しみにしています。
ありがとうございました。

以上

コメント

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(182)

2018年08月21日 19時00分19秒 | ●2018年度<第1次筆記試験>受験の感想

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(182)

植山先生

いつも迷える子羊の私たちに、叱咤激励をありがとうございます!
受験の感想をお送りさせていただきます。

●受験会場:日本大学 法学部

●試験内容:

【受験した外国語】英語(自己採点:80点)
【日本地理】(自己採点:78点)
【日本歴史】 歴検免除
【一般常識】(自己採点:30点)
【通訳案内の実務】(自己採点:41点)

●ハローの教材、メルマガ、ブログ、第1次邦文試験対策<特訓1800題>、<Flashcards Deluxe>などで役に立ったこと

ハローの教材は英語、地理のマラソンセミナーを一周勉強、一般常識と通訳案内の実務は植山先生の動画と資料を参考にさせていただきました。

(一般常識で、出題された 庭でRock!といーなー早く は解きながら、先生ありがとう!と心の中で叫んでいました)

また、隙間時間には<Flashcards Deluxe>を何度も解いていました。

地理の地名を覚えるのに、<Flashcards Deluxe>はとても役に立つと思います。(石廊崎を答えられたのは、このお陰だと思います!)

●第2次試験に向けての<決意表明>

一般常識は、ほかの方も書かれていましたが、二択に全く気が付かずに、採点時に気が付き青ざめました。(見直しもしていたはずなのですが、、、思い込みは怖いですね)

正直、一般常識の点数がギリギリですが、もし来年に受けることになるにしても、今からコツコツ勉強しようと思います。

植山先生、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

もし筆記がパス出来ていたら、今年こそは祝賀会に出るぞ!

以上

コメント

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(181)

2018年08月21日 18時46分57秒 | ●2018年度<第1次筆記試験>受験の感想

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(181)

●受験会場:東京 日本大学 文理学部

●試験内容、受験の感想

初受験で、全科目を朝から夕方まで通しで、かなり疲れました。。。

学生時代とは体力、視力も違い、老体に鞭打って?の試験でした。

数日前からの追い込みで眼コリ、肩こり、首コリも酷かったので、恥も捨てて、人生初のピップエレキバンを貼って臨みました!(笑)

若いうちに受けたほうが良い試験ですね。。。


【受験した外国語】ロシア語

(自己採点:70点程度?)

筆記なので、英語のようには自己採点できませんが、和訳の文章が、比較的自分の得意な分野が出たこと、露訳の部分も、昨年の「ネズミ返し」のような、日本語の言葉自体をよく分っていない、というものはなく、とにかく全部埋められたので(力技で?)、若干のスペルミスや格変化ミス、漢字間違い、より良い単語選択の可能性、などはありますが、何とか7割は確保できているかと思われます。。。

より良い訳文に仕上げようと何度も消しゴムで消して書き直していると、時間はぎりぎりですし、とにかく普段は、和訳も外国語もPCでタイプしてばかりなので、手書きにとても時間がかかってしまいました。

また当日は、会場にネイティブの受験者が多いことにも驚きました。

露訳の比重が高いので、彼らには簡単だったと思います。。。


【通訳案内の実務】(自己採点:50点)

初めての科目で、出題が素直だったのでしょうが、過去問もない中で、植山先生のセミナー資料を勉強しただけで全部出来てしまうなんて、マジックです!(笑)

周りのネイティブの方たちは、たった20分であれだけの日本語の規則等に関する文章を読まなくてはいけないし、できなかったと嘆いていました。

でも、在日外国人が主体の悪質なランドオペレーターへの対策としても有効な試験なのかもしれませんね。


【日本地理】(自己採点:89点)

今年は素直な問題が多かったようで、助かりました!

初めて受験を思い立ち、過去問を解いたときは、5割くらいしか出来ず、それから焦ってマラソンセミナーで勉強したので、ハローの教材に感謝です。

【日本歴史】(自己採点:73点)

合格ラインぎりぎりでした。過去問を解いても、いつもは歴史は得意なほうなので、当日は、難しいなという感触に、とても焦りました。

正確な知識を有していないと迷って、ふらふらしそうな設問が多かったです。

自分の知識は所詮この程度のものだったのか、と思い、ショックでした。

先生が和歌が出るかも?とおっしゃっていましたが、天智天皇の百人一首が出たとき「さすが植山先生!」と思いました。


【一般常識】(自己採点:26点)

残念ながら、この科目のせいで、今年の突破は難しそうです。

2つ解答すべきところをいくつか見落としていました。

また、固めのニュースは得意な反面、柔らかめのニュースに疎いのが響きました。。。

第1次邦文試験対策<特訓1800題>などでは、いつも一般常識が一番点数が良く、だいたい8割取れていたので、油断していました。。。

先生のセミナーでいただいた、2017年の観光白書の情報は本当にありがたかったです。そのあたりは確実に取れました。

これがなかったら、もっと悲惨だったでしょう。

また、たとえ一問でも宗像大社が出て、先生が切腹せずに済んで良かったです!


●ハローの教材、メルマガ、ブログ、第1次邦文試験対策<特訓1800題>、<Flashcards Deluxe>などで役に立ったこと

地理も歴史もマラソンセミナーが大変役に立ち、勉強のベースになりました。

また、フラッシュカードも写真問題対策に使用しました。

試験直前は、意外と何をすべきか、気持ちばかり焦りがちですが、第1次邦文試験対策<特訓1800題>の問題を解いては「合格」との評価が届くのに、自信をもらいました。

植山先生の直前セミナーに参加してからは、受験をするとの心構えができ、それまでマイペースの独学で漠然と受験を考えていたところに、必要なスイッチが入ったように思います。

また、メルマガでの直前の過ごし方のアドヴァイスや、私自身は余裕がなく、お送りできませんでしたが、直前の皆様の決意表明メールにも、本当に励まされました。

当日の朝それを見て、同じように不安や緊張を抱え、でも頑張る!という仲間がいると思えて、大変力になりました。皆様、ありがとうございます。


●第2次試験に向けての<決意表明>

一般常識が不合格と思いますが、とりあえず、来年のこともありますし、せっかく久々に勉強モードに入ったので、このまま2次に役立つような勉強を続けようと思います。

2次を受ける皆様に伴走する気で、私も勉強します。

そもそも、この試験を受けることの理由のひとつは、自分の知識のブラッシュアップのためでもありますので。。。

●ハローに対するご意見、ご希望、ご感想

あらゆるサポートに心から感謝しております。

植山先生のメルマガとブログにたどり着けたことは、本当に幸運でした。

フルタイムで忙しく仕事をしているので、予備校に行く等考えたこともなく、独学でここまで準備して、試験に一定の手ごたえを得られたのは、本当にハローのお陰です。

もともと、仕事が多忙な中での準備で、今年は半分の科目に受かれば、と思っていたので、まずは目標達成です。

これで、来年は余裕を持って残りの科目の勉強に専念できます!

以上

コメント

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(180)

2018年08月21日 17時51分24秒 | ●2018年度<第1次筆記試験>受験の感想

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(180)

●受験会場:東京 日大法学部

●試験内容、受験の感想

実務と地理は常識的な問題で、解答しやすかったです。
しかし、、、日本史はなぜか知っていることも間違ってしまうという結果で、自己採点をしていて自己嫌悪に陥りました。でもこれも実力でしょうね。
一般常識は、二つ選べと言う問に気づいたのが試験が終わってから。まったく不注意でした。

【受験した外国語】フランス語 免除
【地理】(自己採点:84点)
【日本歴史】(自己採点:59点)
【一般常識】(自己採点:26点)
【実務】(自己採点 :40点)

●ハローの教材、メルマガ、ブログ、第1次邦文試験対策<特訓1800題>、<Flashcards Deluxe>などで役に立ったこと

夏期講習の地理DVDで最終チェックをしました。ありがとうございました!
(メルマガを拝読してますが、なぜか全部届かず、ホームページで最新のをチェックしています。gmailとは相性が悪かったりしますか?)

●第2次試験に向けての<決意表明>

日本史と一般常識が合格基準点に達していません。でも二次の準備をするか迷っています。合格最低点の予想がでると大変ありがたいです!まだ余力があるのです!

●ハローに対するご意見、ご希望、ご感想

合格しても、不合格でも、良心的な教材のことは忘れません。
私は性格上「独学」は向いておらず、組織に属して学ぶタイプですが、先生の教材はやはり孤独な受験生の頼みの綱でした。ありがとうございました!

以上

コメント

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(179)

2018年08月21日 17時47分24秒 | ●2018年度<第1次筆記試験>受験の感想

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(179)

受験地:日本大学法学部

植山先生、はじめまして。

試験の感想をお知らせ致します。

英語:67点
時間的制約から過去問にはザックリと目を通しただけで問題の構成、配点などに目を通しただけでした。勉強は主に「日本的事象英文説明300選」を使用し、問題4と問題5の対策を中心に勉強しました。「日本的事象英文説明300選」は本番でも大いに役立ちました。
英語力は英検2級程度(6月の英検で英検CSEスコアが1711の準一級落ち)だったので最も心配していた科目でした。

日本地理:71点
第1次邦文試験対策<特訓1800題>3回点くらい繰り返し学習しました。おかげでなんとか70点を超えることができました。地理も苦手な科目の一つでした。

日本歴史:81点
第1次邦文試験対策<特訓1800題>を繰り返し2回くらい学習しました。大学受験時から日本史は得意意識があったので、特に第1次邦文試験対策<特訓1800題>以外はやりませんでした。

通訳案内の実務:47点
試験の3日前くらいからハローの直前対策セミナーの資料のみを活用しました。非常に良くまとまっていておかげで短時間の学習で済みました。

一般常識:26点
直前対策セミナーの資料を活用し、訪日外国人に関する問題は全て正解することができました。
それと実感したのは日頃からニュースなどでもっと世の中の出来事に関心を持つべきかなと思いました。

以上

コメント

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(178)

2018年08月21日 17時43分44秒 | ●2018年度<第1次筆記試験>受験の感想

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(178)

●日本大学法学部本館

(外国語)免除

(通訳案内実務)自己採点50点
ハローのセミナーを中心。あとはざっと目を通しただけです。

(地理)自己採点84点
比較的取り組みやすかったです。

(歴史)自己採点65点
会場内では、難しかったと感想を持ちましたが、忘れるようにしました。
自己採点してみて、基準点変更を祈るばかりですが、微妙だと思っています。

(一般常識)自己採点34点
私も2択は、自己採点の時に初めて気つきました。4題の2択問題に1択で答えてしまいました。
意外と時間がなく、それでも見直しもしたのですが、まったく2択に気ずかなかった自分にびっくりしました。


●質問:
今年度1次がだめで、来年度に1次が合格した場合,2次試験は来年度の1回のみ,のチャンスとなるんでしょうか?

(植山のコメント)はい、繰り越しは、1回のみ有効です。

以上

コメント

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(177)

2018年08月21日 17時40分32秒 | ●2018年度<第1次筆記試験>受験の感想

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(177)

●受験会場:日本大学

【受験した外国語】英語(自己採点 85点)
【日本地理】(自己採点 68点)
【日本歴史】 免除 センター試験
【一般常識】 免除 センター試験
【通訳の実務】(自己採点 44点)

英語:昨年までのTOEIC 免除から外れて受ける羽目になりしたが、余裕をもって合格点です!

日本地理:これは失敗しました。基本は殆ど正解しましたが、難問も半分ありかなり外してしまいました。

通訳の実務:英語同様、余裕をもって合格!セミナーの資料のみで高得点を確保しました。

二次に向けて:問題は平均点の高そうな日本地理ですが、合格点が低く設定される可能性もあるのでスタートしようと思います。

以上

コメント

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(176)

2018年08月21日 17時37分47秒 | ●2018年度<第1次筆記試験>受験の感想

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(176)

●受験会場:日本大学

【受験した科目】実務地理歴史一般

【英語】免除
【通訳案内実務】(自己採点:44点)
【日本地理】(自己採点:80点)
【日本歴史】(自己採点:65点)
【一般常識】(自己採点:30点)

●試験内容、受験の感想

地理が難しいはず!と思い込んで、地理の勉強だけ他の教科の3倍以上時間をかけて臨みましたが、去年や他の年に比べて、サービス問題のような問題が多く、ほっとしつつも面喰いました。
歴史にもう少し時間をかければよかったです。。。

歴史は、前回まで中学生内容でも可能かと油断してしまったこともありますが、とても難しかったです。
こちらは直前セミナーにも参加させて頂き、大学受験用のCD教材を毎日聞いていましたが、70点には届かず、勉強不足を感じます。

一般常識は、点数ぎりぎりですが、最初の数問はハローの直前対策資料で覚え方まで教えて頂いたので助かりました。20問のうちの数問は大きかったです。ありがとうございます。
実務は思っていたより簡単で常識的に感じました。奇をてらったものや細かい数字を見分けるようなものじゃなく安心しました。

結果が微妙過ぎて、2次の準備に入っていいか分かりません。
歴史が合格点に届いていないことも気がかりですが、解答速報でぎりぎりの一般常識の採点も、速報が間違えていないか不安です。

歴史は、私にとっては難しかったのですが、ハローの他の方の点数が高いので、もし全体の平均が高かった場合はそのまま70点の基準のままということもありますよね?
11月発表は遅いですね。せめて合格ラインを発表していただけるとありがたいですが。。。

何にしても、マラソンセミナー直前セミナー第1次邦文試験対策<特訓1800題>ととても助かりました。

ありがとうございます。

●ハローの教材、メルマガ、ブログ、第1次邦文試験対策<特訓1800題>、<Flashcards Deluxe>などで役に立ったこと

一般常識の語呂合わせ、歴史の語呂合わせ、は時間がなく大量に暗記しなければいけない中でとても助かりました。
また、第1次邦文試験対策<特訓1800題>は携帯の方で最初の基礎作りに毎日使わせていただきました。
そこで地理の基礎はできた気がします。

●ハローに対するご意見、ご希望、ご感想

2次は、通訳、プレゼン、質疑応答、とのことですが、対策などの情報が一般には少ないため、もし準備をする場合、何をすれば対策になるのか、などブログ記事で教えて頂けると、道筋が見えてとても助かります。
お忙しいところ厚かましくすみません。
宜しくお願い致します

以上

コメント

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(175)

2018年08月21日 17時35分15秒 | ●2018年度<第1次筆記試験>受験の感想

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(175)

●試験会場:広島工業大学専門学校

●試験内容

英語:53
実務:38
地理:83
歴史:免除
常識:32

英語の得点にがっかりいたしました、英文読解の1:2:3問は手応えあったのに配点が低いです。後半の4:5問でしっかりとろうと意気込んでいたのに、ここで情けない結果となりました。

和文英訳の配点は高いので、落としたくはなかったところでした。この問題での正確な英文の表現をするための指針など、植山先生にお教えいただけたらと思いました。

●実務
植山先生がご用意してくださった資料だけで準備をしました。この資料がなかったら、勉強のしようがありませんでした。本当に助けていただきました。

●地理
素直な問題ばかりでしたが、あの新宿御苑は写真を見ても検討もつかなかったです。行ったことのある人や興味のある人には、よかったと思いました。それでも時間が余ることはなく、ギリギリまで使いきりました。

●常識
相撲、サッカー、将棋など詳しいことを問われました。ここで落としました。マークはしていたのですが、どこまでを知っておけばよいのかなど、盲点でした。

●二次に向けて
来年のためにこれからは、日本事象を勉強します。配点の大きい問題に自信が持てるように勉強しなければなりません。300選にないもので知っておかないといけないものを拾い出さないといけないと思いました。最後の最後まで励ましてくださり、また無料でこんなにまでしていただいて、お礼の言いようもありません。また、指標をお示しいただいて来年こそは報われるようにいたしたいです。ありがとうございました。

以上

コメント

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(174)

2018年08月21日 17時30分54秒 | ●2018年度<第1次筆記試験>受験の感想

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(174)

植山先生

先生のお力で、受験までなんとか、漕ぎ着けることができました。
本当にありがとうございました。感謝の念に耐えません。

受験会場:大阪近郊(龍谷大学深草キャンパス)

試験内容:

【英語】昨年合格により免除
【日本地理】昨年合格により免除
【日本歴史】昨年合格により免除
【通訳案内の実務】(自己採点:39点)

直前対策セミナーの資料だけで、必要かつ十分でした。
観光庁の研修テキストは、宗教別、ベジタリアン等による食事制限のページのみ読み込んでおきました。

【一般常識】(自己採点:32点)
直前対策セミナーの資料が大変やくにたちました。
昨年の失敗を生かし切れず、観光列車、ICカード関係、スポーツ、今年話題になった人物のチェックに、気が回らなかったことが悔やまれます。
20分は大変短く、焦りました。
最後から2問目の浮世絵師と作品の組み合わせ問題で、「二つ選びなさい」という文言に気づいたのですが、時すでに遅し。

配点欄の(2点✖️2=4点)という表記に、もっと早く気づいていれば…と悔やまれます。解答欄を2段にしておいてほしかった!時間に余裕があれば、見直しして気づけたかもしれなかったのに、非情でした。

感想:昨年に引き続き、植山先生のメルマガに何度も元気づけられました。
昨年は、先生の動画とセミナー資料フラッシュカード無くしては、受験を思い立ってから3ヶ月弱で、3科目合格することはできなかったです。
貴重な資料や情報を惜しみなく提供してくださり、本当にありがとうございました。
本当にありえへんことだと思います。
採点ミスなく、合格点に達していることを願って、2次試験に向けて気持ちを切り替えて、頑張っていきたいと思います。引き続き、お世話になりますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

以上

コメント

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(173)

2018年08月21日 17時26分50秒 | ●2018年度<第1次筆記試験>受験の感想

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(173)

●受験会場: 東京 日本大学 法学部 本館

●試験内容、受験の感想

【受験した外国語】(免除/英検)
【日本地理】(自己採点:78点/100点)
【日本歴史】(自己採点:74点/100点)
【一般常識】(自己採点:32点/50点)
【通訳案内の実務】(自己採点:46点/50点)

初めての受験でしたので緊張気味でした。早めに会場に入り、観光庁の研修テキストを熟読。一教科目の「通訳案内の実務」は、観光庁の研修テキスト中心に出題されていたので助かりました。

そのせいか緊張がほぐれ、2教科目からは落ち着いて受験することができました。会場は、冷房が良く効いていて、カーディガンを持参して正解でした。

<日本地理>
過去問よりも易しめに感じました。堅実に「ハロー資料」地図(下記)をしっかり頭に入れておけば解ける良問だと思いました。

「項目別地図帳」
http://hello.ac/geography/map.pdf

「都道府県別地図帳」
http://hello.ac/map.prefectures.pdf

<日本歴史>
地理とはうって変わり、かなり難しい問題がありました。聞いたこともないような内容もあり、試験途中、諦めかけてしまいましたが、確実に解ける問題が大半でしたので、とれる問題を確実に正答するようにしました。

<一般常識>
意外に落とし穴の多い科目でした。「回答を二つ選べ」が数問あり、気が付かない受験者もいたのではないでしょうか。解答欄は一つなので、紛らわしいです。ニュースや流行の話題なども日常的にチェックした方が良いです。

<自己採点>
某学校の解答速報を参考にしました。合格点はクリアしているように思います。引き続き、二次試験の勉強にとりかかります。

以上

コメント

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(172)

2018年08月21日 17時24分23秒 | ●2018年度<第1次筆記試験>受験の感想

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(172)

●受験会場: 東京会場 日大法学部

●試験内容: 英語 案内の実務 地理 歴史 一般常識

【受験した外国語】(自己採点:75点)
【日本地理】(自己採点:87点)
【日本歴史】(自己採点:69点)
【一般常識】(自己採点:24点)
【実務】  (自己採点:46点)

植山先生これまでネットでのご指導アドバイスありがとうございました。
私にとっては試験は20年前のTOEIC以来ですので、大変緊張しました。
特に試験前の先生からのユーモア溢れる励ましのメールは、独学の私をホットする気持ちにしてくれました。感謝しています。

マラソンセミナーを利用させて頂きましたが、機会があったらもう一度勉強し直したいと思っていましたので、楽しく受講しました。
英語教本の文法解析は明解で、すっかり忘れていた文法を思い出しました。
今まで適当に理解していた英文も、意味がしっかりが取れる様になりました。

英語の感想
レベルは昨年と同じだと思いました。 一昨年までの並び替え問題がなくなったので、時間にゆとりがあって、ゆっくり考える時間がありました。
直後もう少し出来たと思っていたのですが、ちょっとガッカリです。

地理の感想
昨年より易しいと思いました。日本各地から出題されているし、複雑な選択肢も引っ掛け問題もなくて良問だと思いました。

歴史の感想
かなりニッチな問題で難しいと思いました。 特に選択肢は教科書にも載っていないことが多く、それでも、もう少し考える時間があったら答えが導き出された問題もありました。

実務の問題
40分から20分で問題も半分になったので同じ事の様ですが、実際20分は短く感じました。問題の字数が多くて読むのに時間が掛かりましたが、答えが簡単でホットしました。

一般常識
簡単なのは最初の1ページだけでした。藤井棋士の問題などニュースで見聞きしている問題なのですが、受験生の段階での知識が必要かと思われる選択肢で、しかも引っ掛け選択肢、これもやはりもう少し考える時間があったら、引っ掛けにかからなかった思う問題がありました。
一つのマークシートに二つ回答を入れる問題には私も気がつきましたませんでした。 
問題を良く読まなかったから自己責任と言えばそうですが、今までにこの様な回答の仕方がありましたか?
問題用紙(二つ)にアンダーラインを引くとか、試験官から直前に注意事項として説明があっても良かったと思います。 それとも合格者を沢山出さない為の観光庁の意図なんでしょうか?

歴史は合格点調整で滑り込めるかもしれませんが、一般常識に関してはかなりの引き下げがないとダメですね。実務と一般常識に難度の差があるので、合計点で判断してくれればよいのですが。(願い)

二次試験に向けて 来年に持ち越しになりそうですが、決して無駄にはならないと思うので、ショックから抜け出したら勉強を始めたいと思っています。

以上

 

コメント

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(171)

2018年08月21日 17時22分04秒 | ●2018年度<第1次筆記試験>受験の感想

2018年度 第1次筆記試験<受験の感想>(171)

●受験会場:日本大学 法学部

●試験内容 地理・英語・歴史・一般常識・通訳案内の実務

【受験した外国語】英語(自己採点:76点)

【日本地理】(自己採点:83点)

【日本歴史】(自己採点:70点)

【一般常識】(自己採点:37点 /50点)

【通訳案内の実務】(自己採点:43点/50点)

●受験の感想

<英語>

単語の順序を答える問題がなくなり、文章も比較的読みやすいものになっていると思った。しかし自己採点結果は予想より10点ほど低かった。この点数はショックである。基本動詞の理解がやはりできていない。

だるまと福助を間違えたが、英語の問題というより対象物の内容の理解不足。

しかし外国語好きの私の課題が確認されたので、受験してよかった。

< 日本地理 >

回答中は、非常にやさしいと思ったが、間違えたところは勉強不足。素直な問題が多く好感が持てる。

柿田川は日本三大清流と知らず。琉球は予想したが、4問中2問正解だった。

< 日本歴史 >

皆さんの感想を見て、難しいとのことでほっとした。採点が怖かった。この点数で大丈夫かしら。

特にどこの方面で弱かったというところは見受けられない。幅広い出題内容なので間違えたことと、あまり理解していないのが原因。ただ天智天皇の和歌が正解だったとは自分でも驚く。

< 一般常識 >

これは難しすぎる。レストラン列車、日本の食など難しい内容で、文章が長いので時間がかかり、二つ選ぶ問いが5問もあるとは終了直前にわかった。二問は、一つだけ回答。見直す時間がない。

二つに下線を引く、ゴシックにする、回答を二つに分けるなどすべき。今後JNTOの試験の審査会にて議論すべきであり、合格基準を下げるべきである。

藤井七段については事前に調べたので、正解。ハローの資料は大いに役立ちました。

< 通訳案内の実務 >

観光庁の研修資料は一回しか読んでいないので、ハローの資料のおかげです。

●第2次試験に向けての<決意表明>

一次に落ちたら受けなくていいと開き直っていた。二次の面接など、自信がまったくない。

どうしたらいいだろう。モチベーションを高めるところから考えます。

●ハローに対するご意見、ご希望、ご感想

こんな難関の試験に合格する人なら、外国人ツーリストにおもてなしの精神を持ち、正しい知識を伝えるでしょう。
役所にいたものとして、観光庁としては外部からの意見は参考にし、まじめな担当者であれば妥当な意見要望は政策に反映するように努力すると思います。
この試験にかかわるハローが意見を伝えることを応援したいと思います。

貴重な資料、情報を頂いたお礼として以上報告します。

誠にありがとうございました。

以上

コメント