通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

<第2次口述試験対策特別セミナー>(東京会場)開催のお知らせ

2018年09月19日 00時10分20秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

<第2次口述試験対策特別セミナー>(東京会場)開催のお知らせ

残席は、あと、27席です!

●現在の申込者数:201(定員:228名(9月19日0:10現在)

●開催時間が変更(前に2時間延長)となりました! ➡ 費用は同じです!
 9月24日(振休):11:00~17:00(開場・受付:10:30)

●9月16日に開催した大阪会場に参加した受講生のご感想はこちらです!

この度、9月24日(振休)に、2018年度全国通訳案内士試験<第2次口述試験対策特別セミナー>(2次セミナー)(東京会場)を開催するはこびとなりましたので、ご案内申し上げます。

皆さんの第2次口述試験合格必勝を期すため、通訳案内士試験受験指導40年のノウハウを全てお話いたします!

定員になり次第、締め切りますので、参加希望の方は、なるべく早くお申込みください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<2次セミナー>(東京会場)要項
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●受講資格:

(1)2017年度通訳案内士試験受験者(1次試験免除者を含む)。来年以降の受験予定者も可。その旨記載の上、お申込みください。

(2)セミナーの翌日の9月25日(火)24:00までに<受講の感想>を必ず提出していただける方。
 ・件名:<受講の感想>(氏名)
 ・宛先:info@hello.ac

<ご注意>期限までに<受講の感想>を提出していただけない方は、今後、ハローのサービスを一切受けることができません。

●日時:9月24日(振休)11:00~17:00(開場・受付:10:30)

●会場:TKP田町カンファレンスセンター(ホール2A)
・住所:東京都港区芝5-29-14 田町日工ビル2F

<アクセス>
・JR山手線 田町駅三田口(西口) 徒歩5分
・JR京浜東北線 田町駅 三田口(西口) 徒歩5分
・都営三田線 三田駅 A3出口 徒歩5分
・都営浅草線 三田駅 A3出口 徒歩5分

<地図>
https://www.kashikaigishitsu.net/facilit…/cc-tamachi/access/

●講師:植山源一郎(ハロー通訳アカデミー学院長)
SONYLL英語スクールマネジャー、住友ゴム工業株式会社副社長(英国人)の秘書兼通訳・翻訳担当を経て、1977年に、日本で初めて、通訳案内士試験受験専門予備校であるハロー通訳アカデミーを創立。
これまでに、約10万人の受講生に受験指導をし、約1万人の合格者を輩出してきた。
通訳案内士試験のバイブル「日本的事象英文説明300選」の著者。

●内容:2018年度第2次口述試験合格必勝法。通訳案内士試験受験指導40年のノウハウを全てお話します。

●資料:A4版で約70ページになる予定です。
9月22日(土)までに、セミナー申込者にメール(PDF形式)にてお送りします。印刷の上、会場までご持参ください。一般公開はいたしません。
印刷サービスをご希望の方は、実費1,000円が必要です。(予約制)

●定員:定員に達し次第、締め切らせていただきます。

■費用<その1>
9月21日(金)までの事前振込みで、ご自分で資料を印刷して持参する場合。

(1)会場費:3,500円 (2)資料代:2,000円 (3)合計:5,500円

■費用<その2>
9月21日(金)までの事前振込みで、資料の印刷サービスを利用する場合。

(1)会場費:3,500円 (2)資料代:2,000円 (3)資料印刷サービス代:1,000円 (4)合計:6,500円

※資料は、当日受付にてお受け取りください。

■費用<その3>
9月24日セミナー当日支払いの方。

(1)会場費:4,500円 (2)資料代:2,000円 (3)資料印刷サービス代:1,000円 (4)合計:7,500円

※資料は、当日受付にてお受け取りください。

■申込み方法

・当日の受付での混雑を避けるために、事前振込みにご協力ください。

(1)下記の<申込書>に必要事項をご記入の上、コピー&ペイストしてご返送ください。

(2)<申込書>送付後、9月21日(金)15:00に当方必着(厳守!)にて、費用合計額:5,500円(資料の印刷サービスをご希望の方は、6,500円)を下記口座お振込みください。(振込み手数料はご負担ください)

 みずほ銀行 浜田山支店
 普通口座 1928500
 名義:植山源一郎(ウエヤマ ゲンイチロウ)

(3)上記の振込みをもって、正式な申込み受付とさせていただきます。

(4)セミナー当日、受付でお名前を仰ってください。

(5)<申込書>を送付して、振り込みが完了していない方は、定員に達した段階で、申込みをキャンセルとさせていただきます。

(6)受講者の方で、受付ボランティア(4名)をしていただける方を募集します。<申込みフォーム>にてお申込みください。

(7)本件に関する問い合わせは、下記宛てにお願いします。
件名:<2次セミナー>(氏名)
宛先:info@hello.ac

■動画による公開はいたしません。
後日、本セミナーの動画をDVDにて販売する予定です。
現時点では、価格は未定です。

■セミナー当日、受付で、「日本的事象英文説明300選」を消費税、送料、手数料なしで販売いたします。
ご希望の方は、<申込書>にてお申込みください。

「300選(本)(1,600円)
「300選」(CD)(3,000円)

●ご注意
事前振込みの方で、期限までに、振込みが確認できない場合、セミナー前に資料のPDFをお送りできませんので、資料印刷サービス代込みの費用を当日会場受付にて申し受けることになります。

●当日会場受付費用:<東京会場>合計:7,500円

振込みは、時間的に余裕ともって、早めにお振込みくださるようお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<申込書>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●下記により、メールにてお申込みください。

件名:<2次セミナー>(東京会場)(氏名)←必ず、氏名をご記入ください。
宛先:info@hello.ac

(以下をコピーして、お送りください)

          記

私は、9月25日(火)24:00までに<受講の感想>を提出します。

●2018年度第1次筆記試験の受験状況

・該当する先頭に〇印をご記入ください。
・免除の方は、右端の( )に〇印をご記入ください

( )外国語(  語):[自己採点: 点] → 免除の方( )
( )日本地理:[自己採点: 点]     → 免除の方( )
( )日本歴史:[自己採点: 点]     → 免除の方( )
( )一般常識:[自己採点: 点]     → 免除の方( )
( )通訳案内の実務:[自己採点: 点]  → 免除の方( )

●来年以降の受験者は、〇印を付けてください。 →( )

●氏名(ふりがな)(必須):
●住所(必須):
●電話番号(必須):
●職業(任意):
●年齢(任意):

●資料の印刷サービスを希望する方は、〇印を付けてください。(予約制) →( )希望します

●下記該当するところに〇印を付けてください。9月21日までにお振込みください。

( )資料は自分で印刷して持参する方 → 5,500円をお振込みください。振込予定日(9月  日)

( )資料の印刷サービスを希望する方 → 6,500円をお振込みください。振込予定日(9月  日)

●費用は、9月21日(日)セミナー当日受付にて支払います。下記該当するところに〇印を付けてください。

( )当日受付にて、7,500円をお支払いください。(事前振込みで満席の場合は不可となります)

●「日本的事象英文説明300選」特価販売(予約制)

「300選」(本)(1,600円)→( )希望します。(当日受付にて購入してください)
「300選」(CD)(3,000円)→( )希望します。(当日受付にて購入してください)

●受付ボランティアを希望する方は、○印をお付けください。 →( )希望します
(応募したが、当方から連絡がない場合は、他の方に決まったとご理解ください)

●メルマガ<通訳案内士試験受験情報>(無料)についてのアンケート(該当するところに〇を付けてください)

( )現在、すでに読者です。
( )登録を希望します。→ 当方にて登録させていただきます。
( )登録を希望しません。

●本セミナーへのご希望などをお聞かせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨年(2017年)の<2次セミナー>受講者の感想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●植山先生
(1)総括:非常に充実した講義で、宝の山を歩くの感でした。植山先生の膨大な経験値とご洞察が、4時間に凝縮できるわけもなく、深遠な哲学のごくごく一部に触れさせて頂いた訳ですが、冒頭の、「決心」の項は、今後、2次試験は勿論ですが、通訳案内士という先の長いキャリアにおいても、座右の銘とさせて頂きたく思った次第です。
 目標を潜在意識のレベルまで浸透させる、そのことを銘記させる名言でありました。
 講義の底流に流れる人間愛、血の通ったコミュニケーション、等、通訳案内士業でとても大切な心得を学ばせて頂いたと思っております。
 同じ内容を伝えるにしても、ただ表面的になぞるのと、熱意をもって思いを伝えようとする「意志」の違いを、本日の講義で強く再認識致しました。有難う御座いました。
(2)試験の心構え:資料7ページの、「ガイドになったつもりで」は、過去問などのテーマの捉え方、来たる2次試験準備に於いても、大変に貴重なヒントになりました。
 準備作業は、基本練習が多く、ややもすると単調になりがちですが、それを「常在戦場」の心得で、一定の緊張感を持って進めるうえで、この教訓は大変参考になりました。
 ゴルフの教訓に、練習場で実際のホールを頭に描いて、というものがありますが、まさに、日本的事情のスピーチを2分間で組み立てる際、訪日外客のお客様を目の前に描いて、という実践の場を想定して練習をすると、面白さと緊張感が倍増します。
 この点も、今後銘記して励みたいと存じます。今日の講義で、再認識致しました。
(3)2次試験の具体策:過去問と予想問題が盛りだくさんでしたが、12月3日までまだだいぶ時間がありますので、今日頂きました植山先生の「予測」を反芻しながら、全てのテーマをもれなく自分なりに説明できるように練習致します。このように、試験のエッセンスと方法論が明確になり、迷いなくクリアな気持ちで試験勉強に邁進できるのも、植山先生のお陰です。心より感謝申し上げます。
(4)顧客第一の姿勢:阪神淡路大震災の際のテナントの方々の安否確認のエピソードは、顧客サービスの本質を突く、大変に重要なお話しとして拝聴致しました。心に響くカスタマーサービスは、通訳案内士となってから、とても重要なファクターであろうと確信致します。通訳案内士も、究極的にはお客様の心に響くサービスを継続していかないと、長続きはしないと思います。その意味で、阪神地区の交通事情が全く不明な状況下、なんとしてもお客様の安否確認をするために、総責任者であられる植山先生自らが即日現地に足を運ばれたというエピソードは、大変貴重な教訓として、胸に刻み込むもので御座います。

(植山のコメント)通訳案内士試験に合格したい方は、「決心すれば、必ず実現できる」(動画)をご覧になり、決心の大切さをよく理解してください!
決心すれば、必ず実現できる」動画

●台風をものともしない受講生200名の総エネルギーにお一人で立ち向かわれた植山先生の阪神淡路大震災のエピソードに、強い意志から生み出される臨機応変な対応の最良の例を知ることが出来ました。
二次試験に駒を進められるか分からない時点での受講でしたが、短期決戦を強いられる状況でも最善の準備を容易に進める目処がついたのも 植山先生のお陰です。
私の最終目標は通訳案内士合格の先にあり、ロボットや人工知能(AI]に代替されない、プロフェッショナル通訳で観光立国日本を支えて行くことです。
今日のセミナーはビジネスの現況を知る上でも有意義なものでした、厚く御礼申し上げます。

●本日は、楽しいセミナー、どうもありがとうございました。
初めて、ハロー通訳アカデミーの催しに参加させて頂きましたが、あっという間の4時間でした。
最初にお話下さった「決心をする。」という、阪神大震災の体験談が、とてもよかったです。
今日、学んだ大切なことは、
1.勉強工程表を作る。
2.準備する。
3.明るく、大きな声で。
また、先生の明るく楽しい講義を聞かせていただき、
4.話術で相手を楽しませる ということも、ガイドの資質として、重要である。とも感じました。
本当に、大変有意義でした。

●植山先生
本日のセミナー講義有難うございました。4時間がアットいう間に経ちました。
一言も聞き漏らしてはなるものかと全身コレ集中! でした。
”決心”、”意思あるところに道が開ける” 喝を入れていただいて爽やかです。
先生のお話、お声を聞いていると、”強い一念が道を開く”のコンセプトが素直に信じられます。
2次試験の準備は膨大ですねスピーキング以前に各事象について正確に知識を植え込まなければと痛感しています。
生活に無駄をなくし、どれだけ時間を作り出せるかが勝負か・・・

●今日は嵐が接近する中、熱い熱いセミナーをありがとうございました!!
会場も大勢の人たちでいっぱいで、とても心強く感じました。
いただいた資料だけでも十二分に価値がありますが、初めて生の先生のセミナーを受講できて、ちょっと感激していました。とても楽しく、あっという間でした。
そして、ふつふつと二次試験に向けてモチベーションがあがってきました!
あれだけの資料をまとめられるのは、結構な労力であっただろうと思います。
また、会場の手配や告知、プレゼン構成など考えられるのも、さぞや大変だったことでしょう。
それを300選の発送のかたわらやってくださっていたと思うと、本当に頭が下がります。
現在はハロー閉校されていて、このようなボランティアのようなことをやってくださっていて、お仕事は大丈夫なのか心配になるくらいですが…。

●本日はどうもありがとうございました。
楽しいお話に時間があっという間に過ぎました。
2次試験へ向けて、あせりばかりがつのり、毎日空まわりして過ごしていたように思います。ポイントをしぼり、残り1カ月を過ごしたいと思います。

●本日は貴重なセミナー、ありがとうございます。
まじかに迫った2次試験を前に、少々焦り始めていた頃で、改めてモチベーションを上げることができました。何よりも重厚な資料をいただき、感謝いたします。
先ず以って試験に向かう心構えが肝心、とのセミナーの趣旨、突破力を発揮してこそ道は開かれる、と理解いたしました。
そのうえで、詳細な過去問分析を踏まえた予想問題の組み立てはたいへん説得力がございます。
逐次通訳のメモの取り方、60点ラインを確保する通訳試験のノウハウと具体的な予想問題の提示に至るまで、全体の構成がよく頭に入りました。
またプレゼンテーションとスピーチの違いを提示していただき、スピーチのトピックを準備せよとのご指導、一段構成、二段構成の展開手法とそのポイント、話につまってしまった時の四段階対処法。
その具体的な実践回答例まで用意していただきました。
これらは2次試験までの残り時間が少ないなか、たいへん貴重な資料となりました。

●本日は、格安の費用で、ありえへんくらい2次対策のノウハウを頂戴し、本当にありがとうございました。
大変、目からウロコの知識が多く、セミナーを受けて、ああしよう、こうしてみようとだいぶ自分の勉強の進め方が見えた気がしております。
引き続き今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。 

●本日は、大変楽しく意義深いセミナーを有難うございました。
想像していた以上の、先生のエンターテイナーぶりに少々度肝をぬかれましたが、多くの参加者の方々とご一緒できて、非常に刺激を受けました。
試験のことは、考えるたびに身震いがするほど怖いですが、考えてみれば人と人と触れ合いの場ですし、
何とか「伝えよう」という気持ちさえあれば、大丈夫なのではないか、という心強い気持ちがしてきました。
もちろん、宮本武蔵のように本気モードで準備はするつもりです。どこまでやれるか、自分に賭けてみようと思います。
(実際のところ、1週間前からアルコール断ちをしています。「何かを得ようと思うなら、何かを我慢しなくちゃ」という気持ちになりまして)

●本日は,先生のコメディアンのようなユーモアセンス,
刑事(探偵)のような情報収集・分析力,そして,カリスマ教祖のようなあふれる信念とみなぎる活力。通訳案内士試験に対する過剰なまでのエネルギーは,大変,気合いを注入になりました。

●今日は、二次対策のセミナーを受講させていただきありがとうございました。
YouTube では何度も拝見している植山先生ですが、実際にお会い出来て本当に嬉しかったです。
先生の漫談が楽しく、セミナー中ずっと笑っていたように思います。
私は、高校で英語を教えていますが、植山先生のように時々冗談を言いながら楽しい授業する事の大切さを痛感しました。
一次試験の結果はまだわかりませんが、二次対策の内容は、今度ずっと大切な知識ですから、頑張って自分の物にしたいです。

●植山先生のお話は大変勉強になり、また、覚悟を決めて試験に挑む動機づけをいただくことができました。心よりお礼を申し上げます。
分析に基づく予測からご指導いただいたポイントを外さず、限られた期間で対策を立てたいと思います。
軽妙かつパワフルなお話を、じかに聴かせていただくのは想像以上の迫力でした(毎年、聴講したいくらいですが、それでは本末転倒ですね)。
受験対策を超えて、人生訓として、ためになる内容です。試験以外のことにも適用される貴重なお話、ありがたくかみしめています。

●今日の対策セミナー参加させていただきました。大変、印象的で日曜の午後を使った甲斐がありました。
決心(心構え)と、試験に必要な勉強とそののコツ(技術)の双方にわたり、大いに役に立つセミナーで、大変感謝申し上げます。
勉強工程表をしっかり作り直して、後34日取り組む覚悟が、おかげ様でできました。
もし、次の日曜、もう一度セミナーをされるという事ならばぜひ参加したく、どうぞよろしくお願いいたします。

●地方に住んでいるため日頃から一人で学習しており同じ学習者に会うこともなくハローの資料やビデオが試験対策の大きな柱です。
過去の2次セミナーの資料を読んでいたので本日の資料で参考にしたかったものは2017年の予想問題でした。
自分なりに2次対策のプレゼンテーションを作り暗記のスケジュールも作ったところでしたが先生の縦横無尽の分析に比べてとても甘かったことに気がつきました。
学習時間は限られているので多くのことは増やせられないのですが、出題者の傾向、今年の狙い目などについては十分チェックして臨みます。
しかし、本日セミナーに出席してみて一番参考になった物は「本気になる」、「決心する」と言うことでした。お話を聞いて体温が上がったような気がします。
自分の目標に向かって残る1ヶ月余りを全力で走ります。本日はありがとうございました。

●始まる前は、こんなに時間(4時間)が必要なのかと否定的に思っていましたが、いざ講義を聞いてみると長いどころか時間が全く足りなかったですね。
内容は大変面白く、また興味深い内容でした。今後の学習の仕方、面接試験の受け方等大変参考になりました。残り1か月となりましたが今日教えて頂いた内容で準備していきたいと思います。

●本日は、非常に有意義で、受験者のことをお考えになったセミナーを実施して頂き、誠にありがとうございました。
今までの無償の情報提供への感謝の気持ちと、セミナーの臨場感を感じてモチベーションを高める意図で参加をしましたが、大正解でした。
実際に先生のお話を直接お聞きできたことは、予想以上に得るものが大きく、大変満足な時間を過ごすことができました。
資料は貴重な情報が既に十分詰まっており、事前に読んできましたが、詳細な説明を受けることにより腹に落ちる箇所が多々ありました。
特に、出題傾向分析の視点や、学習の指針、試験の心構え等、より理解を深めることができました。冒頭の決心についてのお話で、モチベーションが高まりました。
過去の動画よりユーモア溢れる内容であることは想定しており楽しみにしてましたが、実際に現場で聞くと想定以上に面白可笑しく、時間があっという間に過ぎてしまったようでした。

●本日は、予想以上に爆笑ありの有益な講座をありがとうございました。
行くまでは、台風も心配で、また雨の中道に迷いかけ不安でしたが、無事行き着け良かったです。
今まだ帰途ですが、何とか静岡まで帰れそうです。
プリントアウトしていった教材の、見直し、特に最後の方を自分でしっかりしないといけないなあと思っています。
できればもう一回のセミナーにも行きたいくらいです。まずは、お礼まで。

●一言で述べると、植山様から大いなるエネルギーを頂くことが出来ました。
昨日までは、2次対策関して、暗中模索の状態でしたが、本日のセミナーで2次対策の分析・傾向の情報の開示があり、希望の光が一筋、見えた気がしました。
あとは、宮本武蔵のごとく、試験まで出来る限り鍛錬を実施し、「人事を尽くして天命を待つ」と言えるまで取組んで行きます。

●本日はセミナーに参加させていただきましてありがとうございました。
まず、たくさんの資料を本当にありがとうございました。
全71ページに及ぶ詳細な資料は、植山先生の緻密な分析に基づいた貴重なデータが満載で2次試験の全体像を把握することができました。
語学力の厳しい私にとって少し光が差してきた思いです。
本日いただいた資料を繰り返し学習します。セミナーに参加して、「合格しよう!」という思いは、より、クリアになりました。
2次試験まであと1か月ですが、何とか食らいついていけるよう頑張ろうと思います。

●本日の講義お疲れ様でした。笑いあり叱咤激励あり非常に有意義な時間を過ごすことができました。
植山先生の講義では特に震災時の関西訪問のエピソードが非常にためになりました。
何ごとも始めから無理だろうと思っているとその先はないということがよくわかりました。
また、二次対策にあたっては一次の時もそうでしたが、本日の資料が非常によくまとまっていますので、この資料一本に絞り対策を練ろうと思います。

●植山先生の解説講座は熱気に満ち、かつおもしろくて、長時間にわたるお話も楽しみながら聴くことができました。
二次試験の出題分析はとてもわかりやすく、どこをどのように勉強していけばいいのか、ヒントが満載でした。
なかなか、自分ではここまで、細かい分析をすることはできなかったと思います。
先生が時間をたくさんかけて分析し、ヒントをたくさん与えて下さったからには、絶対合格したいという気持ちになりました。
こうしたモチベーションを持つことが出来ただけでも、大雨の中、時間をかけて、参加することに意味があったと思います。先生、ありがとうございます。

●今日は楽しいセミナーをありがとうございました。
改めて先生のすごさを実感し、通訳士試験に受かりたいという決意を固めると共に+いつか先生みたいに器の大きい人間になれたらいいな~、という願望も強まりました。
(今のところ、先生の器の大きさは、今の自分とはレベルが違い過ぎ、目標が遠すぎる感じがして「願望」と書いたのですが、これも「決意」の問題ですかね・・・???!!!)
嘉悦さんのお話は、「現役ガイドかつ受験中」ということで、「中味をどう覚えたら良いのか」ということが伺えてありがたかったです。
Xさんのお話は、「試験のその後」という、あまり間近に聴く機会のない内容で、たいへん参考になりました。
もし来週もセミナーがあるのでしたら、喜んで伺います!引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

●本日は、素晴らしいセミナーをありがとうございました!
決心、心構え、採点方法、過去問分析、予想問題、困った時の対処方法まで何一つ無駄のない(漫談も含め:笑)素晴らしい3時間半でした。
二次試験まで残り約1ヶ月。一次合格を信じ、本日から全力で臨みます!
・まず改めて「絶対合格する」と、決心します!
・本日の資料を熟読し、自分の強みと弱みを整理し、勉強プランを作成します
・テーマ毎の過去問・予想問題に対し、必要な知識・固有の言葉を整理します(300選、簡単な言い回し)
・自分の得意分野を整理し、スピーチのパターンを複数作成します
・過去問・予想問題に対するスピーチを繰り返し練習します(ガイドになった気持ちで)
・隙間時間を活用し、逐次通訳のメモ取りの練習をします
・毎朝「五輪の書」を思い出し、(我、事において後悔せず!)
植山先生、本日セミナーに参加させていただき本当にありがとうございました。
2次模擬面接のセミナーも開催されるようでしたら、ぜひ参加させてください(もちろん有料でも伺います;笑)

●試験日までの約1ヶ月間の勉強をどのようにやっていくかに大変役立つ内容のセミナーでした。
本当にありがとうございました。宮本武蔵のように、鑑識力を身につけ、役にたたないことはしない。
出題回数の多い問題から始め、それに関連しそうな問題へ。植山先生の予想問題もしっかりやっておきます。

●本日は大変お世話になりました。
おっしゃるように盛りだくさんだったので時間の制約もあり、もう一時間ほどいただきたかったですが、収穫は大きかったと感じております。
特に先生の中盤以降の過去問分析及び予想問題、レオナルドさんの論理的なアプローチの仕方は為になりました。
11月9日の一次試験結果は不明ですが、二次に向けて準備を加速させたいと考えております。

●本日は第2次口述試験対策特別セミナーに参加し、初めて植山先生の講義を対面で聴講する貴重な機会に恵まれ大変感謝しています。
本日の講義では、映像や音声資料とは比較にできないほど「先生の気合い」や周りの受験者の皆様の「気迫」を肌身で感じ取ることができました。
本日セミナーを受け、自分も「決心」を新たにした次第です。
講義の中身についてですが、
(1)過去問を分析する際の考え方や試験問題の中に隠された「流れ」の掴み方に関する説明が大変参考になりました。
この後、自分流の「武器」作成時に活用できそうです。
(2)スーパー大学生こと嘉悦様の講義は、現役ガイド兼現役受験生の両方の視点に基づいており、プレゼン試験に向けて明快かつ効率的な取り組み方法として感銘を受けました。特に外国人旅行者向を意識した「前提知識を必要とせず理解できるレベルまで説明内容をブレークダウンする事」や、「日本と外国を対比して説明する事」などはプレゼン試験時のスピーチ構成方法としてだけでなく、今後ガイドとし現場で活動する際のガイディング力向上に向けた示唆に富んでいました。
本日は、2次試験に向け残された時間を有効に活用するための貴重なアドバイスと勇気をたくさん頂き、改めて御礼申し上げます。大変ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<第2次口述試験>対策の基本のキ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年度受験者にとっては、直近である2017年度の問題を詳しく知ることが極めて重要です。
まずは、2017年度受験者の受験体験を追体験してください。

●2017年度2次試験<受験速報>
https://blog.goo.ne.jp/g…/c/3594de1a4bced282563dc50813dfb389

●2017年度2次試験<受験レポート>
https://blog.goo.ne.jp/g…/c/2677346714f8c5d3a4129e4b9a2e0db6

●2017年度<合格体験記>
https://blog.goo.ne.jp/g…/c/15e28f93d37c0b25e1252138afadf105

以上

コメント

<2次セミナー>(大阪会場)感想(3)17~23

2018年09月18日 17時14分39秒 | ●2018年度<2次セミナー>(大阪会場)感想

<2次セミナー>(大阪会場)感想(3)17~23

●植山先生
あっという間の5時間でした!
植山先生に初めて生でお会いできるだけでも非常に楽しみな講座でしたが、
植山先生は、本当にパワフルで知識豊かな、すごいすごい先生でした。
資料はもう宝物です、その分析や情報の網羅、かなり合格に向けてなにをしたら良いかのビジョンが立ちました。
とにかく先生の流暢なお話、合間合間BGMを流しながらの講座、もう先生のエンターテイメントを(もちろん受かるための秘訣講座です!)
5時間楽しみ、やる気倍増、ストレス発散、もう必ず合格してそのことを先生にご報告できるよう、「負けないで♪」頑張ろうと思います。
東京のこれから受講される方々で初めて先生 の講座を受けられる方々乞うご期待です。
植山先生、時々シャウトされていたので、今日はお疲れになられたかと思います。
そのエネルギーはがっつり受け止めさせて頂きました。
必ず合格できるよう頑張ります!!ありがとうございました!

●植山先生
本日は2次セミナーを受講させていただきありがとうございました。
盛りだくさんの内容でしたが、あっという間の5時間でした。
過去の出題データを分析された予想問題を含む膨大な資料を丁寧に解説していただき、2次試験までの日々を何を優先して受験準備に取り組んでいけばよいのかということについてヒントをたくさんいただけたと思います。
後悔しないようしっかりと準備します。
どうもありがとうございました。

●植山先生、はじめまして。
この度は、<第2次口述試験対策特別セミナー>(大阪会場)を開催してくださりありがとうございました。
都合が合い、やっと初めて受講することができました。期待どおりの内容で嬉しかったです。
資料の質と量の両方がデータに基づいていて、本当にしっかりとしたものだったので、資料を見ながらめくるだけでテンションが上がってしまいました。
また、いくら脱線しても大切なメッセージがかなりのスピードで頭のなかにぐんぐん入ってきた感覚がありました。植山先生の全速力感やワクワク感が会場の皆さんに伝染したのかもしれません。
資料のうち、特に自分に印象を与えてくれた部分は、元気があればなんでもできるというマインドセットができたことです。
まだまだ日々の努力が足りないのですが、植山先生を信じて試験合格を強く思い描いて精進させて頂きます。これからもよろしくお願いします。

●植山先生
山口県から参加し、先ほど、大阪から帰ってきました。
本日は長時間に当たり2次試験合格に向けたノウハウを教えて頂きありがとうございました。
良かった点を以下列挙させて頂きます。

(1)わざわざ植山先生に大阪まで来てもらい、大阪でセミナーを開催して頂いたこと。
(2)開催場所が新大阪駅から近く、地方から出てくる私達にとってはアクセスがよく助かりました。
(3)初めて2次試験を受ける人の立場に立ってポイントを無駄なく適確に教えて頂き、助かりました。テキストも本当によく精査されたテキストだと思いました。
(4)特に答えられなくなった時のケーススタディーも為になりました。

私の故郷は明治維新発祥の地、萩市なのでこれを話題の一つに定め、緊急事態の対応をしようと思いました。
後大変厚かましいお願いになりますが、P9-10の想定される質問で項目毎に更に出題傾向の高い質問3つについて模範解答を教えて頂ければ幸甚です。
今迄英語力の不足で3回1次試験を失敗し、3浪中で今回やっと2次試験までこぎつけたと思っています。
何としてでも合格する決意ですので今後ともよろしくお願いします。

●植山先生、お世話になっております。
今回のセミナーに参加させていただいた理由として、やはり、法律改正後の2次試験の概要について植山先生のお話を聴いておきたかった、ということがあります。
1次試験では新たな試験科目として「通訳案内の実務」が導入され、2次試験では従来の通訳問題が、「通訳案内の現場で必要となる知識等に関する外国語訳及び全国通訳案内士として求められる対応に関する質疑」というものに変わっています。
この対策について、ヒントとなるようなものが得られれば、という思いで参加しました。
冒頭の心構えについてのお話のあと、早速、植山先生ならではの、政治的な力学にまで分け入った、現行の試験制度に関するお話、大変参考になりました。
ともあれ合格するためには試験を課す側の都合にどこまでも付き合わざるを得ない一受験生としては、この制度がどのようにして動いているのかについて、その片鱗なりといえども説明が与えられることは、精神的な負担を軽減するという意味でも、非常にありがたいことです。
また、今回の資料で最もありがたかったのは、第1部【6】「通訳案内の現場」です。
まだ通訳案内の現場というものを経験したこのない私にとって、現場で起こりうるトラブルや直面するであろう質問を具体的に思い描くことは困難です。
資料のこの部分について自分なりの答えを用意することで、2次試験での質疑応答への対策が立てられるように思います。
この部分だけでなく、植山先生の用意して下さった資料は、これまでの試験データと、それに基づく予想問題、さらには、プレゼンテーション等の回答例としての英文まで、実に参考になるものです。
心構えから、試験で答えに詰まったときの対処法までも網羅した、まことに行き届いた資料であり、あとは、これを生かせるかどうかは、受験生である私にかかっているのだと思います。
充実した資料と植山先生の楽しいお話のおかげで、5時間の長丁場があっという間だったように思います。
最後は慈悲、とか、強引に話題を変える方法についてのお話も、楽しく聴かせていただきながら、最後まであきらめないことが大事なのだということを、確認させていただいた思いです。
本日はありがとうございました。

●植山先生
本日は大阪でもセミナーを開催いただき、有難うございました!
大変エネルギッシュな講義で5時間もあっという間でした!
膨大な過去のデータを分析し、わかりやすく資料にまとめていただき、的をしぼりこんだ効率的な勉強法をご伝授いただき、感謝しています。
先生にいただいた資料とともに無料でご提供いただいている「特訓セミナー」も活用させていただこうと思います。
資料については、通訳案内の現場で求められる臨機応変な対応についても関心があったので、「想定される質問」は大変、参考になりました。
「あなたならどうする?」という問いかけは心につき刺さりました!欲を言えば、ページ8〜9の『想定される質問』にある「交通」と「宿泊」の質問(特に旅程管理・危機管理にかかわる事項)については、現場でやるべきこと&やってはいけないことがあると思うので、1部、模範解答例などを追加いただけるとなお、有難いです。
今後ともよろしくお願いします!また、大阪にいらしてくださいね。

●植山先生
本日の大阪でのセミナーありがとうございました。
私は名古屋から参加させていただきましたが、本当に参加した甲斐がありました。
先生が渾身の力を込められた充実の資料と、先生の時折ユーモアを込められた熱意のこもった講演に感激いたしました。
今回の講演の内容をしっかり心に留めて、残りの勉強を進めたいと思います。
本当にありがとうございました。

●植山先生
二次セミナーに参加し、先生が全身全霊を打ち込んで話してくださることに、ただただ感動しました。
5時間が、あっという間に過ぎました。こんな貴重なチャンスに巡り合えたことに感謝し、通訳案内士になるという覚悟が決まりました!
実際の試験の会場で、ピンチに立たされたとき、あなたならどうする?現場で、トラブルが起きたとき、あなたならどうする?
先生が何度もたたみかけてくださり、真剣に考えることができました。受験に対して、最後まで全力を尽くす気力、柔軟な発想で臨むこと等、他の先生からはとても学ぶことのできない深い深い内容を学ぶことができました。
資料は、今までの傾 向と対策をとことん分析され、限られた時間に優先順位をつけたり、関連を持たせたりしながら学んでいける、宝物のような内容です。
目標がはっきりしない霧の中を歩んでいるような状態から、くっきりはっきりと手順を示してくださり、過去の貴重な問題、予想問題等を、示してくださったおかげで、試験までの時間を有効に活用することができます。
ありがとうございました。先生の、はつらつとした表情、元気いっぱいの声は、大きな勇気と元気を与えてくれました。
今後ともよろしくお願いします。

以上

コメント

<2次セミナー>(大阪会場)感想(2)10~16

2018年09月18日 08時40分22秒 | ●2018年度<2次セミナー>(大阪会場)感想

<2次セミナー>(大阪会場)感想(2)10~16

●植山先生
昨日は第2次試験対策セミナーをありがとうございました。初めて先生のお姿、肉声に接することができました。と言っても今まで何度も映像でお目にかかっているためか、初対面とは思えないほどでした。講義の始まる前、お一人でホワイトボードやカメラの準備などを黙々となさっているご様子を見て、本当に普段想像している通り、こつこつと楽しんで講義を準備してくださっていたのだ、と思いました。
5時間もの熱の入った講義、本当にお疲れさまでした。すっとお話に引き込まれ、指摘されるポイントにハッとなり、何度も声を出して笑い、あっという間に時間が過ぎてしまいました。5時間でも6時間でも足りないと言われたわけがよくわかりました。もっともっと伺っていたいと思いました。綴じてくださっていた資料も、明確な意図をもって無駄なく編集されているので、先生のご説明を受けて読むと、大事なポイントが目に飛び込んでくるように感じました。「プレゼンテーション」に求められていることを分析して下さり、適格に示してくださったことに感動しました。敵を知る、ということの意味が少し分かったような気がします。
第2次試験を受験できるのは来年ですので、時間がなかったとだけは言わないで済むと思います。先生の熱意をたくさんいただいて、この気持ちを持続させて頑張りたいと思います。
ありがとうございました。

●植山先生
有難うございました。
あっという間の5時間でした。とても楽しく高知から駆けつけて本当によかったです。
2次試験をどのように準備すれば良いのかさっぱりわからず、大海原で溺れているような気持ちでしたが、先生の作ってくださった資料を見ながらセミナーを受けたら、救命ボートに拾われたような気がしました。
後は自分の力で漕いで陸地まで行きます。
通訳メモの取り方を始め、日英で書かれた予想問題、答えが分からない時、話に詰まってしまった時の対応、プレゼンテーションの例題の回答等は本当に知りたかったものばかりです。痒い所に手が届くといった感じです。
先生の時々入る大きな笑い声や音楽は、ほっこりした気持ちになりました。
先生、マイクはピンマイクをお使いになってはどうですか?先生の動きが制限されないので、ストレスなく声を拾ってくれると思います。

●植山先生
申し訳ありませんが「あっという間」とはとても思えない、盛り沢山のご講義でした。
充実した試験対策はもちろんのこと、植山先生のマル秘話や実体験でのおもしろおかしいエピソードなど、ほんとうに濃い5時間でした。聞いていただけでも頭がパンクしそうな程に疲れましたが、最後までエネルギッシュに話されておられた先生の若さと熱意に、改めて敬服いたしました。
いただいた資料の充実度は言うまでもありませんが、あと12週間でこれをどこまで活用できるのか・・・、早速、帰りの飛行機の中で、資料を仏語に訳すことから始めました。
熱意と動機を改めて与えていただき、本当にありがとうございました。

●植山先生
長時間、本当にお疲れ様でした。
UTubeの画面ではこれまで何度も(一方的に)お会いしてきましたが、実際にお会いしたのは今日が初めてでした。
当初、5時間とは長いセミナーだな~と思っていましたが、あっという間に感じました。(自画自賛?されていましたが、)要点が本当にきれいにまとめられている資料をもとに詳しく説明頂き、これから試験までの日々の勉強の進め方が分かりました。本当に有難うございます。
特に参考になったのは、今年の2次試験の変更点や、採点基準の変更、そして答えの分からない質問や、話に詰まってしまった時の対処法等です。いつものようにユーモアたっぷりに教えて頂きました。
どんな場面になっても「最後の最後まで、決してあきらめるな!」の大きなエールを送って頂いた思いです。
資料に載せてあった予想問題もかなりの量ですが、これから地道に取り組んで、自分のプレゼンに纏めて行こうと思います。
余談ですが、休憩時間に階下の自販機の所でお話させて頂き楽しかったです。
奈良から参加したので、鹿を焦らすと噛まれる時もあるの話に共感しましたが、10月の鹿の角きり行事も面白いので、機会があれば是非ご覧になって下さい。
本日は、本当に有難うございました。最後の最後まであきらめずに準備していこうと思います。

●植山様
今回初めて対面での講義を受けました。
英語は免除で、一次の結果は危ない科目もありますが、結果判明まで2次対策に集中します。
セミナーは第4部の「答えの分からないQに対する対処法」、「話に詰まったときの対処法」が、前からどう対処したらいいか自分でも悩んでたので、すっきりして良かったです。4時間も講義もあっという間に過ぎてためになる話ばかりでした。(動画でも言われていた面白い話と同じ話が出ましたがなぜか新鮮に聞こえてきました)
合否判定が6割から7割になって気にしてたのですが、先生の話を聞いて大した問題でないことも安心しました。
まったく1次も2次も独学ですが、指針、アドバイスのおかげで、不安なしに進めていけることに感謝しています。
また、古い「300選」を試験受けずにずっと持っていたのですが、CDと本を買い直しました、暗記暗唱がやりやすくなり頑張ります。

●植山先生
本日は大阪会場でのセミナーに参加させていただくことができて、本当に良かったです。
5時間という時間が「あっという間!!!!」に過ぎて行きました。
流石普段から鍛えられていらっしゃるだけあって、最初から最後までエネルギー全開で
特に最後の1時間のボルテージの上がり方がとても70代とは思えませんでした。素晴らしかったです。
いただいた資料も完璧で、知らない話題をふられた時の対処法など、なるほど!と思うことばかりでした。
2次試験は来年になると思いますが、通訳メモの取り方や、自分なりのネタ作りなど、今から始めていきたいと思います。
普段は東京でのセミナー開催がメインになるとは思いますが、今回のように大阪での開催が増えるとありがたいです。
沢山声を出されて喉が腫れてしまっては大変ですから、のど飴などを舐めて、養生されてくださいね。
本日は本当にありがとうございました。頑張ります!!!

●植山先生、お世話になっております。
二次試験に向けて、何をどのように勉強すればいいのか路頭に迷い、全く何も手付かずでした。
しかし、今日の授業を受けて、二次試験に向けて勉強すべきポイント、心構えなどご指導いただき、合格への道筋が見えました!
準備して頂いた資料も、簡潔に重要ポイントがまとめられており、過去の出題実績も記してくれているので優先順位をつけて勉強できる作りになっており感動しました。
5時間という長丁場でしたが、その時間の長さを感じさせないユーモア溢れるセミナーで、あっという間に終わってしまいました!本日はありがとうございました。

以上

コメント

<2次セミナー>(大阪会場)感想(1)1~9

2018年09月18日 08時37分54秒 | ●2018年度<2次セミナー>(大阪会場)感想

<2次セミナー>(大阪会場)感想(1)1~9

●植山先生
初めての先生の講座に参加させていただき、改めて新幹線の中で「来てよかった!」(名古屋からの参戦です!)と思うと同時にうだうだと悩む時間があったら「何事もすぐ決心をしてすぐ実行だ!」を肝に銘じこれからの人生進んでいこうと決心したしました!
裏話から、本題まで人を引きつけエネルギッシュな講義であっと言うまの5時間でした。先生が長年かけて収集分析された貴重な資料は、ガイド試験に必須で手に入れられたのは本当にラッキーです!口述試験も闇雲に手を出すのではなく、先生が分析された出やすい順から取り組み徹底していきます。
私は今年の5月から勉強を始め、今年は受験していませんが、英語は合格内に入ってきましたので来年の受験を目指していますが、あえてTOEIC・英検に頼らず英語も本試験で受験しようと思ったのはハローのおかげです。
このように、きめ細かい資料・先生の深い分析に触れ、自分の勉強計画(作戦)が立てられるようになりました!植山先生は、私にとっては船の船長、正しい方向に迷うことなく導いてくれる人だと実感しました。 
色々な幅広い知識・体験からの植山先生の講義は、先生の人間としての器の大きさも伴い何か自分も心の変化があった気がします。
さあ今から、「お・も・て・な・し」のスピーチを見てスピーチの勉強をします。「決心したらすぐやる」です!
講座に参加したおかげで、新たに師と仰げる人が自分にできたことに幸せを感じております。植山先生ありがとうございました。

●植山先生
昨日はパワフルな講義を有難うございました。
所々の脱線話も楽しく また貴重なオフレコのお話も伺えて、あっという間の5時間でした。
ここまで完璧に分析された資料を提供して頂いたのだから「火山ー地震ー温泉」のように、関連づけられるテーマごとにグループ分けをしていろいろな方向から結び付けられるように 組み立てていきたいと思います。
前回の二次試験では 極度の緊張から翌日筋肉痛になるという有り様でしたが今度はもっとずうずうしく 楽しんで来れるように、あと約2か月半頑張ります。
模擬面接特訓を大阪でも考えて頂けると嬉しいです。

●植山先生
おはようございます。
昨日のセミナーお疲れ様です。
先生に直接お目にかかるのは今回が初めてです。新しい方とお会いできるのは本当に楽しみですが、今回はいままでにないインパクトがありました。
当日は午前中に入っていた仕事を終えての参加となりました。
移動中もこの日の資料に目を通しておりました。
そして、帰宅途中ももう一度読み返しました。
いやー。密度が高いというよりも濃すぎます。
その中でも「現場」情報の濃さに驚きました。

・<2次セミナー>の<抜粋版>資料
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E741&c_no=5

多少は予想していた部分もありますが、それをはるかに超える情報量です。
「若い兵隊さん」(修学旅行の高校生)はまったく予想していませんでした。

あと、トラブルが発生したら基本は、
・旅行会社に連絡する
・交通機関や宿泊施設と交渉する
 トラブル発生時の対処の原則が書かれている運輸、宿泊約款も読んでおく必要があると感じました。
・緊急を要する場合は、警察、救急の手配。
なのかなぁと感じました。

この点は自分でうまくアレンジする必要がありそうです。
あ途中で、資料とセミナーの内容がかぶってきてしまいましたが、この資料は量もすごいですが、自分の感性にあっていると感じました。
ものすごく読みやすいです。

そして、セミナーの感想です。
セミナーが始まって、先生のパワーの凄さに圧倒されました。
ポイントを押さえた説明と脱線?のメリハリの凄さ、ぐいぐいと引き込まれました。
時には脱線の激しさに先生の血圧を心配したほどです。
ですので、セミナーとかでよく経験する眠気はまったく感じることなく、気がついたら終了予定時刻になっていました。
本当に、あっという間に終わってしまった感じです。
セミナーを通じて印象に残ったことは、

・私も相手をよく深く知ること、行間で言わんとしていることを察知することの重要性。→いままでからも、重要な要素だと感じておりましたが、まだまだ浅いと思いました。

・何をすればよいのかの方向性をつかむこと。先生からも冒頭にありました。→今後学習を進めてゆく上で、重点化ができたように思います。時間が足りないのが現実なので、すこしでも無駄がなくせそうです。

最後に握手をさせていただきました。
先生のエネルギーを少し分けていただいたように感じました。
鉄は熱いうちに打てではありませんが、セミナーでの興奮状態をこのまま学習につなげてゆきたいです。
参加できてよかったとの思いで一杯です。
ただただ感謝です。
本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

●植山先生
昨日、初めて植山先生のセミナーを拝聴させていただきました。
映像では、拝見しておりましたが、ライブでのセミナーは本当に素晴らしかったです。
本当にありがとうございました。
セミナーを受講するまでは、二次試験の何とも言えないプレッシャーがありましたが、通訳案内士の試験制度の本質や試験会場での心構え、長年の蓄積により作成されている資料をわかりやすくメリハリをつけてご説明いただいたおかげで、試験に対する不必要なプレッシャーから解放された気がしました。 
また、通訳士として本来あるべき姿もご教示いただき大変参考になりました。
今後とも、鍛錬を続けますので引き続きご指導下さい。

●植山先生
長時間にわたる熱烈指導、本当にありがとうございました。お疲れ様でした。
本日の講義に伺い、二次試験に向け、自分に欠けていることを認識することができ、とても有意義でした。
英語での二次試験に漠然とした不安を感じて受講致しましたが、今日の受講で、根本的に大切なことは何か、気づくことができました。私の場合、そもそも英語が問題というより前に、日本人としての基礎知識が、圧倒的に足りていないということを自覚致しました。
クイズ番組などを見ている際は、私は結構正答率が高く、自分は雑学はかなり得意だと思っていました。が、今日の資料にあった想定問題を拝見していて、それが単なる勘違いであることに気づきました。
知識の蓄積が無ければ、たとえ使う言葉が日本語であったにしても、質問に対する答えは頭の中に無く、何も言うことができないのです。
チコちゃん(NHK)に、「ボーッと生きてんじゃねえよーと叱られそうです…
この点、植山先生の資料は、外国人目線での日本への疑問を広くいろいろと取り上げてくださっており、私はそれらに答えることがなかなかできず、自分の浅学ぶりを知ることができ、大変参考になりました。また、この資料で、いろいろな数字のエビデンスを、自分で時間をかけて調べることなく手に入れられたことは、大きなアドバンテージだと思います。
(できれば、「想定される質問」の解答集、さらにできればそれが英文解答集だったりしましたら、小躍りします…
「自分でやりなさいー!」という植山先生の咆哮が聞こえます…)
歴史が基準点に少し足らないので、一次合格は危ういのですが、本日、植山先生からいただいた元気とやる気に背中を押されているうちに、楽しく勉強を進めてまいりたいと思います。
ありがとうございました。
まずは、御礼まで。

●植山さま
昨日は、大阪でのセミナー、おつかれさまでした。
今までいくつもセミナーの動画は拝見しておりましたが、やはりライブで参加するというのは、別次元の、とてもエキサイティングな体験でした。
植山さまの熱い波動がストレートにつたわり、5時間など、居眠りする隙もなく、あっという間に過ぎてしまいました。
2次試験の対策など、内容があまりにも膨大で何から手をつければよいやら、途方にくれておりましたところ、非常によく練られ、植山さまでなければ手に入らないソースからのデータに基づいた資料をご解説いただき、間違いなく合格への最短距離を走れることを確信しました。
今回はオフレコ情報もいただけて、ますますこの試験を立体的に捉えることができたと思います。これから迷いなく、試験準備を行い、合格を手に入れたいと思います。
これからもメルマガの楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

●植山先生
この度はセミナーを開催して頂きまして、ありがとうございました。
5時間という長丁場で、私の集中力が持つのかと少しばかり危惧しておりましたが、
先生のメリハリの利いたお話で、本当にあっという間の5時間でした。このセミナーが終わってしまうのが惜しいような、そのような気持ちが致しました。
先生のお話の内容は濃く、本番までの手持ち時間の少ない私達受験者にとって確かな、そして力強い灯火となりました。時間は刻々と過ぎ去っていくのに、対策をいったいどうしたら良いのか途方に暮れておりましたが、今回のセミナーでその道筋をお示し頂いた事で、勉強の方向性がはっきりと見えて来ました。先生のお蔭で、何を知らないかがハッキリと見え、この事は大変心強く、また励みにもなります。
長年にわたって通訳案内士試験を研究しておられる先生のお話はとても説得力があり、この貴重な資料をこのように早く手にすることが出来た幸運を無駄にしないようにしっかり学習して、合格を果たしたいと思います。
植山先生、本当にありがとうございました。先生の温かいお人柄に触れられたのも、貴重な経験でした。

●植山先生
先日は第2次口述試験特別セミナーを大阪で開催いただき、ありがとうございました。
笑いっぱなしの5時間、本当にあっという間でした。
知りたい情報を全てお話しいただけました。
自分で情報収集していたら、どれだけの時間がかかったことか…。
さらに、スッキリ資料としてまとめていただき、頭の中を整理することができました。
あとは、自分の強い意志だけだと感じています。
実は2日前に転倒し、身体中を捻挫しての参加でした笑
行きだけでも荷物を軽くしようと、急遽資料印刷サービスに申し込みさせていただきました。資料はきれいにファイリングされていて、申し込んで良かったと思います。
ボロボロになるまで活用させていただきます。(荷物を減らしすぎて、なんと筆記用具を忘れてしまいました。ペンを貸して下さったスタッフの方、ありがとうございました)
自分の体調のこともあり、正直5時間は厳しいと思っていましたが、適切に休憩時間を設定していただいたので助かりました。30分休憩では参加者同士の会話も弾み、会場は和やかな雰囲気でした。
先生のパワフルな講義はもちろん、資料から当日の時間配分までパーフェクトではありませんか!やっぱり、植山先生ってすごいなと、素直に感心しながら帰りの電車に揺られました。
奇しくも、当日は安室ちゃん引退の日。
私も貴重なライブに参加したような気分です。お蔭でケガの治りも早まりそうです。(そして私は、先生が「安室奈美恵さん、お疲れさまでした」と呟かれたのを、聞き逃しませんでしたよ。(笑)
また大阪でセミナーを開催されることを期待しております!
そして、参加できるだけの実力を身につけるよう頑張ります!
ありがとうございました。

●植山先生
昨日の大阪でのセミナーお疲れさまでした。ハローセミナーに初めて出席致しましたが期待していた通り、いやそれ以上に充実した内容でありました。12時に始り、5時までがあっという間にって経ってしまい、空腹を全く忘れているぐらいでした。
2次口述試験については、どのような計画をすれば効率的に学習をすすめられるかすこし途方に暮れておりましたが、先生の力作である74ページに渡る資料<第2次口述試験対策特別セミナー資料>と、講義において説明されたポイントにより、今は、私のモヤモヤした気持ちに対し端的な答えを頂いた気持です。何をどのように取り組むべきか今はクリアーになっており、早速学習計画を立てました。
<第2次口述試験対策特別セミナー資料>は、受験者にとって合格へ導いてくれる「海図」であると思っています。「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」の「彼」のことが全て網羅され、口述試験の過去と未来が凝縮されて詰まっています。これを基に「己」を知ることで、どのような学習をすればよいかが自ずと分かるはずです。
8月の筆記試験の自己採点の結果、基準点に満たないものが一科目あり、口述試験は来年になってしまう可能性が高いですが、今年受験するつもりで「海図」をもとに学習に取り組みます。
植山先生、今後ともよろしくお願いします。

以上

コメント

<第2次口述試験対策特別セミナー>(大阪会場)は無事終了いたしました。

2018年09月17日 16時41分55秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

<第2次口述試験対策特別セミナー>(大阪会場)は無事終了いたしました。

大阪会場でのセミナーは、9月16日に無事終了いたしました。多数の受講者の皆様のご参加ありがとうございました。

<2次セミナー>(大阪会場)参加者のご感想は、こちら

<2次セミナー>(東京会場)については下記をご覧ください。
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/dc44cb5856f8454edc834509b0dafffd

以上

コメント

第2次口述試験対策「観光庁研修テキスト」(第2次口述試験対策バージョン)

2018年09月13日 18時19分09秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策 

第2次口述試験対策「観光庁研修テキスト」(第2次口述試験対策バージョン)

2018年度の第2次口述試験では、「通訳案内の現場で必要とされるコミュニケーションを図るための実践的な能力」が問われますが、多くの受験者は、「通訳案内の現場」についてよく知らないと思います。

ここで参考になるのは、第1次筆記試験の<通訳案内の実務>対策準備の時に、多分お読みになった「観光庁研修テキスト」です。

「観光庁研修テキスト」は、約200ページの大部なものなので、第2次口述試験対策として、重要な下記部分のみ抜粋した「観光庁研修テキスト」(第2次口述試験対策バージョン)(99ページ)を作成しました。是非、ご参考になさってください。


●「観光庁研修テキスト」(第2次口述試験対策バージョン)(99ページ)
http://www.hello.ac/kankouchou.kenshusiryou.2ji.pdf

<内容>

 第1編 旅程の管理に関する基礎的な項目・関係法令に関する基本的な知識
     第2章旅程管理の実務

 第2編 危機管理・災害発生時等における適切な対応
     第3章 危機管理と事前調査
     第4章 災害発生時等における適切な対応

 第3編 外国人ごとの生活文化へ対応
     第6章 宗教上の注意点・食事制限知識

 資料1 覚えておきたい専門用語

●印刷送付サービス
「観光庁研修テキスト」(第2次口述試験対策バージョン)(99ページ)の印刷送付サービスをご希望の方は、下記の申込書にご記入の上、メールにてお申込みください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
申込みから商品お受取りまでの流れ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)下記の<申込書>を作成し、メールにてお送りください。(必須)

(2)ご注文の商品の代金・送料・手数料計(2,500円)を下記の指定銀行口座にお振込みください。(必須)

・振込み銀行口座:
  みずほ銀行 浜田山支店
  普通口座 1928500
  名義:植山源一郎(ウエヤマ ゲンイチロウ)

(3)入金を確認後、速やかに、ご注文の商品を発送させていただきます。

(4)振込完了後、3営業日を過ぎても商品が届かない場合は、info@hello.ac にお問合せください。

(5)なお、ご不明のことがあれば、090-8689-5514(植山携帯)に直接お電話ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
<申込書>
━━━━━━━━━━━━━━━━━
下記をコピー&ペイストして、お送りください。
件名:「観光庁研修テキスト」(ご自分の氏名)←必ず、ご自分のお名前をお書きください。
宛先:info@hello.ac

        記

「観光庁研修テキスト」(第2次口述試験対策バージョン)の申込みをいたします。

・振込み予定日: 月  日に、2,500円を振り込む予定です。

●メルマガ<通訳案内士試験受験情報>(無料)についてのアンケート(該当するところに〇を付けてください)
( )現在、すでに読者です。
( )登録を希望します。→ 当方にて登録させていただきます。
( )登録を希望しません。

●氏名(ハロー太郎)(ふりがな)
●お届け先住所(〒123-4567 東京都〇〇〇〇)
●連絡の取れる電話番号(090-        )
●第1次受験外国語:(     語)
●第1次受験邦文科目:(日本地理、日本歴史、一般常識、通訳案内の実務)(←不要なものを削除して下さい)
●第1次試験免除の方の第2次受験外国語(    語)
●特に学習したい科目(      )
●ハローに対するご意見、ご希望、ご感想(        )


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特定商取引に関する法律に基づく表記 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名称:ハロー通訳アカデミー

運営責任者:植山源一郎

所在地:〒168-0065 東京都杉並区浜田山4-33-3-303

電話番号:090-8689-5514

メールアドレス:info@hello.ac

ホームページ:http://www.hello.ac/

商品以外の必要代金:手数料、送料、消費税

注文方法:インターネットの申し込みページより

支払方法:銀行振り込み

支払期限:注文から1カ月以内

返品・交換について:不良品は交換します。

以上

コメント

悪質な予備校に騙されるな!

2018年09月13日 10時35分45秒 | ●<予備校110番>

悪質な予備校(CEL)に騙されるな!

2018年1月4日に、「通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案」が施行され、無資格ガイド(ヤミガイド)が合法化されることになりました。

無資格通訳ガイド(ヤミガイド)が合法的に仕事ができることになり、有資格ガイドとヤミガイドが、限られた仕事を求めて、食うか食われるかのダンピング合戦が繰り広げられ、通訳ガイドは、現在よりもさらに悲惨な日雇い労務者になり下がることが大いに懸念されています。

悪質な予備校(CEL)は、このことを知りながら、それを言うと、入学者が少なくなる(いなくなる)ので、「2020年東京オリンピック開催が決定されたことで、通訳案内士(ガイド)はその重要度と注目度が急上昇中です。通訳ガイドの活躍の場は、今後2020年にむけてますます広がっていきます」(CELのホームページ)などとウソを言って、何も知らない受験者を食い物にしようとしています。
受験者は、このような悪質な予備校(CEL)の食い物にされないようにくれぐれもご注意ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
約6割(57.5%)の通訳案内士の年収は200万円以下です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
観光庁が2014年12月に公開した「通訳案内士の就業実態等について」によると、通訳案内士の年収は、200万円以下が約6割(57.5%)を占め、 多くの通訳案内士が経済的に恵まれていない現状が明らかになりました。これが現実です!

●通訳案内士の年収
約6割(57.5%)の通訳案内士の年収は200万円以下です。

・0万円:2.9%
・1~9万円:13.2%
・10~99万円:30.1%
・100~299万円:11.3%
・200~299万円:7.2%
・300~399万円:4.7%
・400万円以上:4.0%)

●資格取得者の活用状況
通訳案内士の資格取得者の4分の3がその資格を活かしていない、活かすことができない現実があり、活用している人も、その多くが他の仕事との兼業であり、専業は6.2%のみである。

・専業者:6.2%
・兼業者:18.1%
・未就業者:75.7%)

●未就業の理由
・一定の収入が見込めないため:45.9%
・現在の仕事を辞めるつもりがない:36.8%
・家庭の事情や個人的な事情で就業できない:22.3%
・自営業として独立する見込みがたたないため:22.1%
・その他:21.4%)

●通訳案内士の年間実務従事頻度
通訳案内士の業務に従事している者の就業回数は、年間10回以下が4割を占めている。

・0回:2%
・1回:6%
・2~3回:10%
・4~5回:8%
・6~10回:14%
・11~100回:28%
・101回以上:11%)

━━━━━━━━
<予備校110番>
━━━━━━━━
予備校の中には、悪質なところもあり、「〇〇予備校に行って、ひどい目にあった。食い物にされた。」という報告を時々いただきます。
しかしながら、多くの方は、泣き寝入りしておられるのが実情だと思います。
そこで、予備校を利用してひどい目にあったことのある皆さんにお願いなのですが、率直なご意見、ご感想を是非お聞かせください。
お寄せいただいたご意見は、匿名にて公開して、業界の健全化に寄与したいと思います。

●内容
(1)利用した予備校名:
(2)どのようなひどい目にあいましたか(具体的にお書きください):

件名:<予備校110番>
宛先:info@hello.ac

●予備校は、法律改正のことを教えてくれません。
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/957ac0feaa4e15c8fc9ae7b513000636

●悪質な予備校に騙されるな!
http://blog.goo.ne.jp/GU6970/e/f6489178a820ce033a0ee177237b6ef1

●予備校の解答を信じてはいけません!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/addfa897bbeddb064d0abc352def47d5

●予備校で働いているのですが、受講生がかなり減ってきました。
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/8b973a3cc7ac86c3caa101c791b334a5

●高い授業料を払って予備校に行く必要は一切ありません!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/56f8c16c12e097c1116b80ce9e39164a

以上

コメント

ニセ「通訳案内士団体」の驚きの実態

2018年09月13日 10時35分27秒 | ●<派遣会社110番>

ニセ「通訳案内士団体」の驚きの実態

「日本医師会」といえば、医師のみにより構成される団体であり、「弁護士会」といえば、弁護士のみにより構成される団体です。

なので、皆さんは、「通訳案内士団体」と聞けば、それは、通訳案内士のみにより構成される団体と思ってしまうかもしれませんが、日本の「通訳案内士業界」では、通訳案内士の団体ではない「ニセ通訳案内士団体」があるので注意が必要です。

ここでは、「ニセ通訳案内士団体」の驚きの実態についてご紹介いたします。

食い物にされないように、くれぐれもご注意ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●まずは、「通訳案内士の歴史」をご覧ください。

初代ドイツ帝国宰相オットー・フィン・ビスマルクの有名な言葉に「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉があります。
これから、通訳案内士になろうと思っておられる方は、日本の「通訳案内士の歴史」について、ある程度知っておく必要があると思います。
下記にて、「日本の通訳ガイド」研究の先駆者である有泉晶子さんの論文の中の「通訳ガイドの歴史」に関する部分と私が監修している「通訳案内士の歴史」をご紹介させていただきます。

●「通訳案内業」(著者:有泉晶子)
http://hello.ac/guidehistory2.pdf

●「通訳ガイド」に関する研究(著者:有泉晶子)
http://hello.ac/guidehistory1.pdf

●「通訳案内士の歴史」(著者:瀬口寿一郎 監修:植山源一郎 )
http://hello.ac//historyofguide5.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NPO法人 日本文化体験交流塾(IJCEE)通訳案内士団体ではない)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2008年設立。

●ホームページ
http://www.ijcee.com/index.html

●定款
http://hello.ac/teikan.pdf

●通訳案内士団体ではない
本団体は、「NPO日本文化体験交流塾は、会員数が1,600名を超える日本最大の通訳案内士団体です。」などと宣伝していますが、これは真っ赤なウソで、定款には、「通訳案内士」という言葉は一切なく、誰でも入会できる団体あって、通訳案内士団体」とは冗談でも言えない「ニセ通訳案内士団体」です。

「日本最大の通訳案内士団体である」という宣伝にだまされて、IJCEEに間違って入会してしまった会員に対して、IJCEEは、真摯に謝罪し受領した入会金、年会費はすべて返還すべきです。そうでなければ、「羊頭狗肉」の詐欺商法の誹りを免れることはできないでしょう。IJCEEは、直ちに詐欺商法をやめるべきです。

●定款の(入会)についての条項(第7条)
(1)会員の入会について、特に条件は定めない。(誰でも入会できる団体です)
(2)会員として入会しようとするものは、理事長が別に定める入会申込書により、理事長に申し込むものとする。
(3)理事長は、前項の申し込みがあったとき、正当な理由がない限り、入会を認めなければならない。
(4)理事長は、第2項のものの入会を認めないときは、速やかに、理由を付した書面をもって本人にその旨を通知しなければならない。

●関連会社にも問題がある。

IJCEEグループは、関連する人材派遣会社(True Japan Tour 株式会社)、予備校(True Japan School 株式会社) とともに、利益を追求する営利団体ですが、関連会社にも大きな問題があります。

●True Japan School 株式会社(予備校)
https://www.truejapanschool.jp/

●True Japan Tour 株式会社(人材派遣会社)
https://truejapantours.com/jahome/

●True Japan Tour 株式会社の 憲法違反・法律違反の派遣・職業紹介に関する同意書(=奴隷契約)
http://hello.ac/douisho.pdf

上記同意書には、「丙(旅行会社)から甲(ガイド)にガイド等仕事の依頼があったときは、原則的に乙(True Japan Tour 株式会社)を通して仕事を行うこととする。ただし、乙からの派遣・職業紹介に先駆けて丙からの仕事を行ったことがある場合、乙より事前の承諾を得た場合、又は、業務開始日から3年を経過した場合は、この限りではない。甲は、乙からの派遣・職業紹介によって初めて丙からの仕事を行ったにもかかわらず、丙から直接仕事の依頼が来た場合には、乙にその旨を報告する。」との規定があるが、これは、憲法22条の職業選択の自由を侵害しているので、この同意書は、法的に明らかに無効なものです。

なので、万一、本同意書(=憲法違反・法律違反の奴隷契約)を出したとしても、甲(ガイド)は、全く自由に、他の旅行会社などの仕事を受けることができるので、心配することは何もありません。職業選択の自由は、憲法が保証していることなので、会社側のいかなる詭弁(きべん)も意味をなしません。

もし、本同意書に関連して、会社(True Japan Tour 株式会社)と紛争が起きた場合は、至急、<派遣ユニオン>の関根秀一郎書記長にご相談ください。憲法違反・法律違反の奴隷契約ですから、会社側が必ず100%負けることになります。
・メールアドレス:sekine@zenkoku-u.jp
・ホームページ:http://www.haken-union.jp/

・同意書が掲載されているサイト
https://www.ijcee.jp/true-japan/document/assign/

・True Japan Tour 株式会社は、憲法違反法律違反の同意書(=奴隷契約)を直ちに廃止すべきです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NPO法人 通訳ガイド&コミュニケーション・スキル研究会(GICSS)通訳案内士団体ではない)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2005年設立。

●ホームページ
http://www.gicss.org/

通訳案内士団体ではない
<会員登録のご案内>には、「通訳案内士」という言葉は一切なく、下記の条件を満たせば、誰でも入会できる団体であり、通訳案内士団体」とは冗談でも言えない「ニセ通訳案内士団体」です。

・正 会 員:この法人の目的に賛同して入会される個人(誰でも入会できる団体です)
・賛助会員:この法人の目的に賛同し、財政的に活動を支援する個人または団体
・名誉会員:通訳ガイド、異文化交流に学識、見識が高いと理事会が認める個人または団体

●<会員登録のご案内>
http://www.gicss.org/application/

●関連する人材派遣会社(株式会社ランデルズ)とともに、利益を追求する利団体です。
人材派遣会社(株式会社ランデルズ)は、ピンハネ率が非常に高いことが業界では有名です。

●株式会社ランデルズ(人材派遣会社)
http://www.randells.jp/

●GICSSの退会に関する規約

下記の退会規約により、8月31日までに事務局に連絡し、「退会届」を提出しないと、次期の年会費(15,000円)を請求されるので、注意が必要である。このことで、毎年、GICSS退会したい会員との間でトラブルが生じています。

【退会規約】 
退会時期は、毎年基本的に期末の10月31日です。
次期会員資格を更新せずに退会を希望される場合は、2ヶ月前の8月31日までに事務局に連絡し、「退会届」をご提出ください。
※8月末日までに提出がない場合は更新とみなされ、次期の年会費(15,000円)をお支払いいただくことになりますのでご注意下さい。https://ws.formzu.net/fgen/S58843723/ ←(わざと?)ゴミのような小さな読みにくい文字で書かれていますが、これでは、トラブルが起こるのは当たり前です。

GICSSは、受験者を食い物にする予備校として有名なCEL英語ソリューションズと癒着し、CELの卒業生を人材派遣会社に取り込んでいます。<受験者を食い物にするCEL>とは非常に相性が良いようです。

●受験者を食い物にする悪質な予備校(CEL)の実態
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/f6489178a820ce033a0ee177237b6ef1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般社団法人 日本観光通訳協会(JGA)(純粋な通訳案内士団体ではない)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●1940年設立。

●ホームページ
http://www.jga21c.or.jp/

●定款
http://www.jga21c.or.jp/data/data_160929_3.pdf

●JGAのブラックな歴史
JGAは、元々、大手旅行会社であるJTB」が通訳案内士を管理、統制、支配するために設立した団体で、通訳案内士が独自に「通訳案内士団体」を設立すること、通訳案内士が地位向上の運動をすることなどを未然に防ぐことを第一の目的としていました。

JTB」は、通訳案内士法(旧通訳案内業法)施行(1949年)以来、約70年間にわたり、多数の安いヤミガイド(無資格ガイド)を不法に使ってきたので、業界では、「ヤミの御三家」と呼ばれている<不法ブラック企業>ですが、ヤミガイドを使い続けるために、正規の通訳案内士を管理、統制、支配する必要がありました。

はっきり言えば、JGAは、JTB」のカネ儲けのために運輸省(現国交省)と連携して、通訳案内士の経済的、社会的地位を下げることに大いに貢献してきたとんでもない<ブラック団体>だということです!

JTB」が、組織の活動のすべてを監視、統制するために、設立時より、JTB」の元社員が事務局長を務めてきましたが、歴代の事務局長は、全国の正会員(=通訳案内士)から報告されるヤミガイドに関する情報を、何と、すべて握りつぶしてきました。
JTB」の元社員である事務局長が、「ヤミの御三家」であるJTB」ヤミガイドの実態を握りつぶすことは、当然であり、事務局長の重要な責務でもあったからです。

●理事会
以前は、理事会の理事の半数以上が、正会員(=通訳案内士)ではなく、JTB」の京都支店長、大阪支店長をはじめとする非通訳案内士の理事たちであって、彼らが、大多数の正会員(=通訳案内士)を支配していました。

一般社団法人に移行後の現行の定款では、正会員外から選任される理事の数は、理事総数の3分の1以下と規定されていますが、通訳案内士以外の組織、団体が、依然として、理事会の3分の1を独占しているということは、JTB」がJGAを支配していた時代のなごりと言うことができます。

●役員名簿(2018年3月10日現在) 
http://www.jga21c.or.jp/data/data_170518_1.pdf 

●通訳案内士制度が崩壊してきたことを期に、JTB」は、この団体の存在意味を失い、この団体から手を引きました。
JTB」のヤミガイドを保護し、通訳案内士の地位を下げることしかしてこなかったJGAは、通訳案内士の経済的、社会的地位向上のためにも、一日も早く解散されることが強く望まれます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人材派遣会社の食い物にされないようにご注意ください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人材派遣会社で働くということは、派遣元である派遣会社と派遣先の旅行会社から二重に搾取される「間接雇用形態」であり、ガイドにとっては最悪な雇用形態です。
労働者派遣法にはマージン率に上限がありませんので、通訳ガイドの派遣会社には、仕事が欲しいガイドの弱みに付け込んで(好きを搾取して)、5割以上もピンハネをする悪質な派遣会社もあります。
また、派遣会社によっては、ガイドが自由に旅行会社と直接に雇用関係を結ぶことを禁止するような違法な規定(=奴隷契約)を設けている事例もあるので注意が必要です。
ガイドは、医師、弁護士、公認会計士と同等の国家試験の資格ですから、旅行会社と直接雇用を結び中間搾取のない仕事をするようにしてください!

●通訳ガイドを食い物にする派遣会社に注意!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/5d17a4d53c43fcd55a60d509f24fad4b

●通訳ガイド<派遣110番>(お気軽にご相談ください!)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/72ad22a0df1f5fe89ef7b818f37aea06

●派遣に限らず、通訳ガイドの労働問題に対してお気軽にご相談ください。
・連絡先:<派遣ユニオン>関根秀一郎さん(書記長)
・メールアドレス:sekine@zenkoku-u.jp
・ホームページ:http://www.haken-union.jp/

●参考資料(1)<下がり続ける派遣労働者の賃金~脱法的に拡大してきた派遣労働>
http://hello.ac/2017.1.22.pdf

●参考資料(2)<どうなる改悪派遣法案>
http://hello.ac/2017.1.22.2.pdf

以上

コメント

<外国語訳+質疑>が最大のヤマか?

2018年09月12日 21時24分18秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策 

<外国語訳+質疑>が最大のヤマか?

私は、本年(2018年度)の第2次口述試験の最大のヤマは、「ガイドライン」(2.0))の<外国語訳+質疑>ではないかと思っています。

詳細は、<二次セミナー> でお話するとして、ここでは、<外国語訳+質疑>対策に対する私の基本的な認識をご紹介させていただきます。

皆さんの準備のご参考になれば幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ガイドライン」(2.0))の<外国語訳+質疑>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●2018年度通訳案内士試験の第2次口述試験「ガイドライン」(2.0))では、<外国語訳+質疑>の内容について、次のような記載があります。

(1)内容は、試験委員が読み上げる日本語を外国語訳し、その問題文に関連した質疑を行う「通訳案内の現場で必要となる知識等に関する外国語訳及び全国通訳案内士として求められる対応に関する質疑

(2)「通訳案内の現場で必要となる知識等に関する外国語訳及び全国通訳案内士として求められる対応に関する質疑」については、試験委員に対して、受験者は全国通訳案内士としての適切な受け答えをすること。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「通訳案内の現場」とは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】「通訳案内の現場」とは
「通訳案内の現場」とは、具体的には、つぎのような「現場」が想定できます。

●交通機関
(1)空港、(2)駅、(3)リムジンバス、(4)観光バス、(5)新幹線を含む電車、地下鉄、(6)タクシー、
(7)ハイヤー(FIT:個人旅行の場合など)

●宿泊施設
(1)ホテル、(2)旅館、温泉旅館、(3)ビジネスホテル、(4)民泊、(5)カプセルホテル

●観光地
(1)寺、(2)神社、(3)城、(4)公園、(5)庭園(日本三景など)、(6)景勝地、(7)スキー場、(8)山岳登山

●人気スポット
(1)東京タワー、(2)スカイツリー、(3)メイドカフェ、(4)フクロウカフェ

●忍者関連
(1)手裏剣道場 新宿忍者からくり屋敷、(2)チビッ子忍者村、(3)忍野しのびの里、

●テーマパーク
(1)東京ディズニーランド、(2)大阪ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、(3)ハウステンボス、(4)日光江戸村、(5)レゴランド・ディスカバリー・センター東京

●戦争関連資料館
(1)広島平和記念資料館、(2)広島平和記念資料館、(3)ひめゆりの塔、など

●買い物
(1)銀座、秋葉原、(2)土産物屋、(3)市場(築地、アメ横、黒門市場)、(4)デパート、(5)スーパー、(6)コンビニ

●レストラン(①食物アレルギー ②ベジタリアン ③ハラール食)

●博物館、美術館、動物園、水族館、遊園地
●病院(観光客が急病になったり、ケガを負った場合)
●警察(観光客が犯罪に巻き込まれた場合)
●大使館、領事館(観光客がパスポートをなくしたり、急死した場合など)
●緊急事態
●その他


【2】「過去問」出題例
実は、2006年度~2009年度には、下記のような「通訳案内の現場で必要となる知識」を求められる問題がすでに出題されています!

・タクシーに鞄(財布など)を忘れました。どうしたらいいですか。(2006年度英語)
・私は娘と旅をしている外国人観光客ですが、娘が急に腹痛になってしまいました。どうしたらいいですか。(2006年度英語)
・パスポートをなくしてしまいました。どうすればよいのか。(2006年度英語)
・お客さんが電車の中にカメラを忘れました。あなたはどうしますか。(2008年度英語)
・観光バスが渋滞で止まったらどうしますか。(2008年度英語)
・クレジットカードにより現金を得る方法を説明してください。(2008年度英語)
・新幹線に乗り遅れたらどうしますか。(2008年度英語)
・もし交通渋滞の中、ツアーバスの乗客の女性がトイレに行きたいと言ってきたら、どうしますか。
(2009年度英語)

【3】想定される質問
●交通機関
・空港で、一人のお客さんの荷物が出てきません。出発の時間が迫ってきました。どうしますか。
・観光バスが渋滞で止まり、次の観光地の訪問ができなくなりました。どうしますか。
・観光バスの中の空調の温度が、あるお客さんは暑いと言い、あるお客さんは寒いと言っています。どうしますか。
・観光バスの中で、一人のお客さんが乗り物酔いになってしまいました。どうしますか。
・日本の新幹線(電車)の時間がとても正確ですが、何故ですか。
・電車の中で眠っている日本人を見かけますが、何故ですか。
・電車に一人で乗っている子供がいましたが、これは普通のことですか。
・電車の中に広告が多くありますが、何故ですか。
・タクシーに乗りたいのですが、本当にチップは必要ないのですか。
・渋谷のスクランブル交差点は、あんなに人が多いのにぶつからないのは何故ですか。
・日本の車はみなピカピカですが、何故ですか。

●宿泊施設
・ホテル(旅館)で、お客さんの数だけ部屋が確保されていませんでした。どうしますか。
・ホテルで、禁煙の部屋が、お客さんの希望の数だけ用意されていませんでした。どうしますか。
・旅館で、お客さんがお風呂の入り方を質問してきました。どう答えますか。
・タツーをしたお客さんが大浴場に入りたいと言ってきました。どうしますか。
・ホテル(旅館)滞在中に、大きな地震があり、お客さんがパニック状態になりました。どうしますか。
・朝、出発時間になってもお客さんが部屋から出てきません。どうしますか。
・お客さんが、ホテル(旅館)で忘れ物をしました。どうしますか。

●観光地
・あなた(ガイド)の信じている宗教は何ですか。
・日本にお寺と神社は、それぞれいくつあるのですか。
 (お寺は、約7万7千寺あり、お坊さんは34万人以上います。神社は、8万8千社以上あり、その内、有人神社(神職者が常駐している神社)は約2万社あるそうです。ちなみに、コンビニは5万7千店、歯医者さんは約6万9千あります。)
・寺と神社の違いは何ですか。
・仏教と神道の違いは何ですか。
・神社の神殿の前で手をたたくのは何故ですか。
・日本人は、何故、寺にも神社にも行くのですか。
・鳥居、絵馬、おみくじ、しめ縄、こま犬、さい銭箱、大仏、五重塔を説明してください。
・奈良公園で、鹿にせんべいを与えていたお客さんが鹿にかまれました。どうしますか。
・日本では、猿が温泉に入るそうですが、本当ですか。
・日本では、猿が芋を海水で洗うそうですが、本当ですか。
・天皇と将軍の違いは何ですか。
・武士道と騎士道の違いは何ですか。

●人気スポット
・東京には、東京タワーがあるのに、何故、スカイツリーができたのですか。

●忍者関連
・日本で忍者体験のできる場所を教えてください。

●テーマパーク
・日本のテーマパークをはじめ、どこでも、皆、列を作って順番を待っています。何故ですか。

●戦争関連資料館
・戦争関連資料館などを訪問する時の注意点は何ですか。

●レストラン

・お客さんに食物アレルギーの料理が出せません。どうしますか。

・ベジタリアンのお客さんにベジタリアン料理が出せません。どうしますか。

・ムスリムのお客さんにハラール食を出せません。どうしますか。

●買い物
●博物館、美術館、動物園、水族館、遊園地
●病院
●警察
●大使館、領事館
●緊急事態
・台風で交通機関が止まった
・空港が運用出来なくなり、代替空港、フライトを探さなければならない。
・大地震が発生し、交通機関が止まった。
・大地震が発生し、緊急避難所に向かったが一杯で入れなかった。
・登山中に噴火した。
・予定していた次の宿泊先に行けず、代替の宿泊先が見つからない。
・停電で、情報が入らない、携帯電話が充電できない。食料も売り切れていて確保できない。
・怪我、病気になった。

●その他
・京都の街中を歩いていると、多くの若い兵隊が制服姿で歩いていました。何故ですか。
・日本人は、何故、初対面の相手にも血液型を聞くのですか。
・日本人は、何故、直ぐに謝るのですか。
・日本人は、何故、いつもお辞儀をするのですか。
・日本人は、何故、サービス残業をするのですか。
・日本人は、何故、夏なのにスーツを着るのですか。
・日本人は、人が嫌がるのに、お酒をすすめる不思議な国民だ。(ルイス・フロイス)
・日本人は、人が嫌がるのに、歌を歌えと言う不思議な国民だ。(ルイス・フロイス)
 ※ルイス・フロイス
  ポルトガルのカトリック司祭、宣教師。イエズス会士として戦国時代の日本で宣教し、織田信長や豊臣秀吉らと会見。戦国時代研究の貴重な資料となる『日本史』を記したことで有名。

以上

コメント

「日本的事象英文説明300選」を暗記すればよいのか?

2018年09月11日 21時40分10秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策 

「日本的事象英文説明300選」を暗記すればよいのか?

●第2次口述試験に合格するためには、「日本的事象英文説明300選」を暗記すれば、それで良いのか?

答えは、ノーです。

第2次口述試験には、<通訳問題+質疑>があり、また、<プレゼンテーション問題>がありますので、当然のことながら、それぞれに対応した準備が必要です。

第2次口述試験においては、「300選」に掲載されている日本的事象が毎年質問されるので、「300選」を暗記しておくことは、最低限必要なことですが、それで十分という訳ではありません。

つまり、第2次口述試験に合格するために、「300選」のマスターは必要条件ではあっても、十分条件ではないのです。

このあたりのことは、<二次セミナー>で詳しくご説明しますが、「300選」をマスターしたのに不合格の憂き目に会わないような効率的な勉強法が必要なのです。

●それでは、近年、「300選」からは、どの程度出題されているのでしょうか。

下記に、2013年度~2017年度の5年間に出題された合計82題と2006年以降に出題されたすべての項目を整理してまとめました。(<2次セミナー>資料からの抜粋)

第2次口述試験の準備の参考になさってください。

●「300選」からの出題(その1)(その2)(キレイに印刷できます)<2次セミナー>資料からの抜粋
http://www.hello.ac/300.pdf

●「日本的事象英文説明300選」を購入ご希望の方は下記をご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

━━━━━━━━━━━━━━━━
「300選」からの出題(その1)
━━━━━━━━━━━━━━━━
「日本的事象英文説明300選」から、2013年度~2017年度の5年間に、合計82題 が出題されました。

●凡例:(P.10)は、「300選」に掲載されているページを示します。

●2013年度(15題出題)
<通訳問題>
新幹線(P.16)
祇園祭(P.96)
浮世絵(P.52)

<プレゼン問題>
侍(P.10)
旅館(P.16)
新幹線(P.16)
富士山(P.18)
居酒屋(P.42)
浮世絵(P.52)
日本の伝統芸能(P.44)
扇子(P.58)
日本の宗教(P.70)
絵馬(P.76)
日本で年末年始に行われること
(下記の4項目)
忘年会(P.94)
年越しそば(P.94)
初詣(P.82)
新年会(P.82)

●2014年度(10題出題)
<通訳問題>
ひらがな(P.116)
かたかな(P.116)
 <プレゼン問題>
古墳(P.8)
鎖国(P.12)
日本三景(下記の3項目)
後楽園(P.24)
兼六園(P.24)
偕楽園(P.24)
初詣(P.82)
風鈴(P.106)
宝くじ(P.110)

●2015年度(22題出題)
<通訳問題>
古墳(P.8)
お節料理(P.28)
酒(P.32)
歌舞伎(P.44)
扇子(P.58)
相撲(P.64)
神道(P.70)
着物(P.100)

<プレゼン問題>
カプセルホテル(P.18)
懐石料理(P.28)
おでん(P.30)
お茶漬け(P.34)
精進料理(P.34)
漆器(P.52)
招き猫(P.58)
日本で人気のスポーツ(P.62)
神道(P.70)
お地蔵さん(P.76)
札幌雪まつり(P.82)
お彼岸(P.90)
風鈴(P.106)
のれん(P.106)
銭湯(P.112)

●2016年度(19題出題)
<通訳問題>
富士山(P.18)
偕楽園(P.24)
そば(P.32)
鳥居(P.72)

<プレゼン問題>
納豆(P.38)
漆器(P.52)
盆栽(P.56)
合気道(P.62)
神社(P.72)
初詣(P.82)
ひな祭り(P.84)
七夕(P.88)
お盆(P.90)
文化の日(P.92)
七五三(P.92)
振袖(P.102)
提灯(P.108)
下駄(P.104)
天皇制度(P.123)

●2017年度(15題出題)
<通訳問題>
梅雨(P.8)
演歌(P4.8)

<プレゼン問題>
回転寿司(P28)
お刺身(P28)
お節料理(P28)
たこ焼き(P.38)
千羽鶴(P5.8)
風呂敷(P58)
大相撲(P.64)
神道(P.70)
絵馬(P.76)
門松(P.80)
鯉のぼり(P86)
お歳暮(P94)
交番(P.112)

━━━━━━━━━━━━━━━
「300選」からの出題(その2)
━━━━━━━━━━━━━━━
●「日本的事象英文説明300選」からは、毎年、多数出題されるのですが、ここでは、2006年以来、「300選」から出題された項目を明示しました。

●「300選」が301項目ある理由
「300選」は、当初、300項目の掲載から始まったのですが、途中、項目数にプラス、マイナスがあり、最終的に現在の301項目に落ち着いたということです。

●凡例
(1)( )内の数字は、出題された年度を示します。
(2)富士山(2006)(2012)(2013プレ) (2016通訳)は、富士山に関する問題が、2006年、2012年、2013年のプレゼンテーション問題、2016年の通訳問題に、それぞれ出題されたことを示します。

【地理・歴史】
日本の気候
梅雨(2007)(2010)(2017通訳)
台風(2007)
古墳(2014プレ) (2015通訳)
縄文文化
弥生文化
埴輪
朝廷
将軍(2006)(2007)
幕府
大名(2008)
侍(2013プレ)
武士道
鎖国(2012) (2014プレ)
踏絵
寺子屋
浪人
君が代

【観光】
新幹線(2013通訳・プレ)
旅館(2013プレ)
民宿
ビジネスホテル
ペンション
カプセルホテ(2015プレ)
芸者
日光
箱根(2008)
富士山(2006)(2012)
(2013プレ) (2016通訳)
熱海
鎌倉
広島
青函トンネル
京都(2008)(2010)
奈良(2008)
阿蘇山
松島(2014プレ)
天橋立(2014プレ)
宮島(2014プレ)
後楽園(2014プレ)
兼六園(2014プレ)
偕楽園(2014プレ)(2016通訳)

【料理】
天ぷら
緑茶
抹茶
すきやき
にぎり鮨
海苔巻
回転寿司(2017プレ)
刺身(2017プレ)
酢の物
しゃぶしゃぶ
お節料理(2014通訳)(2017プレ)
懐石料理(2015プレ)
焼鳥
おでん(2015プレ)
かば焼
茶わん蒸し
味噌
みそ汁
うどん
そば(2016通訳)
そうめん
石焼きいも
酒(2008)
焼酎(2008)
とそ
雑煮
もち
汁粉
精進料理(2015プレ)
ちゃんこ鍋
お茶漬(2015プレ)
漬物
赤飯
丼物
牛丼
幕の内弁当
雑炊
佃煮
こんにゃく
かつお節
竹輪
かまぼこ
納豆(2016プレ)
お好み焼き
たこやき(2017プレ)
まんじゅう
ようかん
おはぎ
せんべい
立ち食いそば
屋台
ファミリーレストラン
居酒屋(2013プレ)
割箸
おしぼり

【伝統演劇・音楽】(2013プレ)
落語
尺八
歌舞伎(2009) (2014通訳)

狂言
文楽(2009)
浄瑠璃
雅楽
花道
黒衣
漫才
三味線

琵琶
演歌(2007)(2017通訳)

【美術・工芸】
生け花
茶の湯(2010)
書道
書き初め
すずり
水墨画
浮世絵(2013通訳・プレ)
菊人形
磁器
陶器
漆器(2015プレ) (2016プレ)
七宝焼
西陣織
友禅
十二支
重要文化財
有形文化財
無形文化財
日本庭園(2008)
枯山水
借景
石灯籠
盆栽(2009) (2016プレ)
俳句(2009)
和歌
風呂敷(2017プレ)
扇子(2013プレ) (2015通訳)
うちわ
こけし
招き猫(2009) (2015プレ)
折紙
千羽鶴(2017プレ)
のし
根付
判子

【スポーツ・娯楽】
柔道
合気道(2016プレ)
空手
剣道
弓道
長刀
道場
相撲(2008) (2017プレ)
高校野球
ゲートボール
はねつき
たこあげ
将棋

マージャン
パチンコ
カラオケ
じゃんけん

【宗教】
日本の宗教について(2013プレ)
神道(2012) (2014通訳) (2017プレ)
仏教(2012)
儒教
禅宗
座禅
神社(2007)(2008) (2016プレ)
寺(2006)(2007)
鳥居(2006) (2016通訳)
大仏
日本の塔
さいせん箱
だるま
大安
仏滅
檀家
釣鐘
数珠
木魚
観音
地蔵(2015プレ)
お守り
絵馬(2013プレ) (2017プレ)
おみくじ
神輿
こま犬
しめ縄
七福神
稲荷神社

【文化行事・祝祭日】
正月(2010)
締め飾り
門松(2017プレ)
初夢
年賀状
お年玉
初詣(2014プレ) (2016プレ)
新年会
成人の日
節分
雪祭(2015プレ)
建国記念の日
ひな祭(2016プレ)
春分の日
みどりの日
憲法記念日
花見(2010)
ゴールデンウィーク
端午の節句
子供の日
こいのぼり(2017プレ)
田植え
七夕(2016プレ)
海の日
暑中見舞状
中元
お盆(2009) (2016プレ)
盆踊り(2012)
敬老の日
秋分の日
彼岸(2015プレ)
体育の日
月見
紅葉狩
文化の日(2016プレ)
七五三(2009)
勤労感謝の日
天皇誕生日
歳暮(2017プレ)
忘年会(2010)
大晦日
年越しそば
除夜の鐘
祝日
祇園祭(2013通訳)
時代祭
葵祭
昭和の日

【生活様式】
浴衣
はかま
はちまき
角隠し
紋付
着物(2006)(2010) (2014通訳)
振袖(2016プレ)

羽織
はっぴ
十二単衣
足袋
草履
下駄(2016プレ)
日本髪
団地
玄関
障子
ふすま

床の間
掛軸
屏風
のれん(2015プレ)
風鈴(2014プレ) (2015プレ)
ちょうちん(2016プレ)
座布団
布団
お見合い
結納
仲人
三三九度
せんべつ
心中
家紋
宝くじ(2014プレ)
歩行者天国
ビアガーデン
銭湯(2015プレ)
自動販売機
交番(2017プレ)

【教育】
予備校

日本の学校制度
修学旅行
ローマ字
漢字(2010)
ひらがな(2010) (2014通訳)
かたかな(2014通訳)

【ビジネス】
終身雇用
年功序列
根回し
稟議
単身赴任
ボーナス
社宅
日本の農業

【日本人】
わび・さび
義理・人情(2009)
本音・建前(2012)
天皇(2016プレ)

以上、計301項目

コメント

<2次セミナー>受講参加者の声(追加分)

2018年09月10日 18時50分47秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

<2次セミナー>受講参加者の声(追加分) 

●一般常識が合格ラインに届かず、不親切な2つ正解形式を今年から突然密かに滑り込ませた観光庁の一般常識問題への不信感から、現在センター試験の「現代社会」の準備を始めており、こちらのセミナーへの参加を迷っていました。
しかし、とある予備校のHPで、24点以上の人は2次の勉強を始めたほうが良い(ホントですかね。。。?)というのを見て、また、他の参加者のコメントを見て、やはり参加してみようか、と思って申し込んでみます。。。
英語以外の参加者の方もいるようなので、マイナー言語参加者へも有益な話があると信じて、伺いたいと思います。
続々届く事前のセミナー資料の抜粋内容は、興味深い事実が沢山ですが、語学の免除枠もなく、相変わらず合格率1割程度のロシア語には、少し遠い話のようにも感じています。。。
でも、主管する役所は同じなのですから、傾向としては同じなんでしょうね。。。などと、迷える子羊の心境で参加致しますので、このモヤモヤが晴れる講義と先生からいつもいただくパワーを期待しております。
口頭での日本的事象のプレゼンテーションの準備は細々と続けております。

<2次セミナー>の資料からの抜粋

・「ガイドライン」(合格基準点)は絶対か
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/0903443de70fd978a8714d916bede907

・今年から、通訳案内士試験の試験事業を実施する日本出版販売株式会社の概要
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/8427124751024fb8cb7f3b058eccb0fe

●合格基準点にわずか届かなかった科目もありましたので、一次試験が合格できるか分かりませんが、来年のことも見据え受講しようと思いました。初参加ですが、よろしくお願いします。 

●口頭試験の勉強をはじめましたが、独学だけでは難しい部分があり、限界を感じていたところに大阪でのセミナー開催の朗報をいただき、ただただ感謝です。参加させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。 

●歴史が合格点に到達しておらず、今年の一次試験突破は難しいと思われますが、万が一の幸運のために勉強をしています。ただ何をどうしたらよいかが分かりません!一次対策と同様、効率よく勉強できる方法を教えていただきたいです。 

●昨年度の二次試験を受験し不合格となりました。今年は一次の受け直し結果がイマイチでしたが、今後のためにも新試験での内容変更される点を押さえて、準備しておきたく思います。よろしくお願いいたします。 

●いつもエネルギッシュで、笑いどころ満載の講座をどうも有難うございます!一次の結果はダメモトで、二次試験に向け準備しておりますが、英語だけでなく、多言語の受験者にも何か有益なヒントがありましたら、教えて頂ければ幸いです。それでは、当日を楽しみにしておりますので、どうぞ宜しくお願い致します! 

●勉強不足で、なかなか全科目を一度に合格することができず、今年こそはと思っておりましたが、正直、2次試験に進めるかどうかわかりません。しかし、少しでも、合格に近づけるよう、参加させていただくことにいたしました。2次試験対策は、これまでにいくらか特訓セミナーの音声を聞いて勉強しておりますが、まだまだ練習の積み重ねが必要かと思います。今年度、来年度に向けての新しい情報も含め、2次試験の内容をしっかりと理解し本番に臨みたいと思います。よろしくお願い致します。 

●必死にハローの教材に取り組み一次試験は初受験で合格できましたが、実力不足でした。2年目の今年は、モチベーションの維持に大変苦しんでいます。初セミナーに参加することで、初心を思い出したいと思います! 

●今年は通訳問題の傾向が変わるようなのでその点を特にお話して頂きたいです。 

●来年の筆記試験に合格を目指して頑張ります。先生に直に教えて頂くのを、楽しみにしております。 

●具体的な勉強方法、参考書の紹介等(300選は既に購入)を希望いたします。 

●いつもお世話になっております。多くの情報を提供頂き、とても感謝しています。これまで、なかなかセミナーに参加できませんでしたが、通訳案内の実務の資料、動画は大変参考になりました。二次試験の通訳は「通訳案内の現場で必要となる知識」が出題されるとなっていますが、どのような問題・質疑になりそうでしょうか。当日を楽しみにしています。よろしくお願いいたします。 

●試験の際、本題に入る前のフレーズ、最後の締めくくりのフレーズ、本題から外れた時、スムーズに戻る時のフレーズなど、日本的事象には書かれていない、試験時の決まり文句をおしえてください。 

●一人で勉強すると仕事を言い訳にしてサボりがちです。楽しく続けるコツがあれば教えて欲しいです。 

●一次試験対策は非常に役に立ちました。今回の二次セミナーでもしっかりポイントを教えていただき、試験日までの学習に役立てたいと思います。 

●いろいろな分析を聞くのを楽しみにしています。 

●今年こそ絶対合格します!よろしくお願いいたします。 

●第1次筆記試験対策として、音声教材、無料動画などをこれまで使用させていただきましたので、今回は、是非、植山先生の生のお声を拝聴したく、申し込みました。私はフランス語受験なので、セミナーの内容が英語に偏っていなければいいなと思っています。よろしくお願いいたします。 

●独習ですが、大変心強く利用させていただいています。来年度、本格的に受験、というか、合格を目指しております。先生、お体、ご健康でいらっしゃいますように、お祈りしております。よろしくお願いいたします。 

●初めての受験です。基本的な留意点などご教授ください。 

●通訳練習法、「日本的事象英文説明300選」の学習方法、プレゼンの練習方法をご教授ください。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
<2次セミナー>(東京会場)(大阪会場)要項 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
現時点での参加予定者は(東京会場)116名、(大阪会場)53名となっております。参加ご希望の方は、お早めにお申込みください。 

●<2次セミナー>(大阪会場)(9月16日開催予定) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/17f236363f7a3be961c53f7b1df3305c 

●<2次セミナー>(大阪会場)参加予定者の声 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/9cdbec51b4d6bd5d87650f7cdd0c733a 


●<2次セミナー>(東京会場)(9月24日開催予定) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/dc44cb5856f8454edc834509b0dafffd 

●<2次セミナー>(東京会場)参加予定者の声 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/2d7d1d8d8cc387a8adbce4773bffab25 

※今回の<2次セミナー>の資料、動画の一般公開はいたしませんので、是非、直接会場にてご参加ください。 
※後日、<2次セミナー>(東京会場)のDVD、資料を販売する予定です。 

●<2次セミナー>の資料からの抜粋 

・「ガイドライン」(合格基準点)は絶対か 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/0903443de70fd978a8714d916bede907 

・今年から、通訳案内士試験の試験事業を実施する日本出版販売株式会社の概要 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/8427124751024fb8cb7f3b058eccb0fe 

以上 

コメント

日本出版販売株式会社の概要

2018年09月08日 23時34分22秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

日本出版販売株式会社の概要 

通訳案内士試験の試験事業は、2009年度から2017年度までの9年間にわたり、JTBグループの株式会社JTBコミュニケーションデザインが、受託、実施してきましたが、そのJTBグループは、2018年度より試験事業から撤退し、その後を引き継いだのは、日本出版販売株式会社でした。 

「敵を知り、己を知ること」は勝利の鉄則です。ここでは、試験事業をJTBグループから引き継いだ日本出版販売株式会社という会社の概要についてお知らせいたします。(<2次セミナー>資料からの抜粋) 

●<2次セミナー>資料からの抜粋)下記にてキレイに印刷できます。 
http://www.hello.ac/bassui.pdf 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
<2次セミナー>(東京会場)(大阪会場)要項 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
現時点での参加予定者は(東京会場)123(大阪会場)54名となっております。参加ご希望の方は、お早めにお申込みください。 

●<2次セミナー>(東京会場)(9月24日開催予定) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/dc44cb5856f8454edc834509b0dafffd 

●<2次セミナー>(大阪会場)(9月16日開催予定) 
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/17f236363f7a3be961c53f7b1df3305c 

※今回の<2次セミナー>の資料、動画の一般公開はいたしませんので、是非、直接会場にてご参加ください。 
※後日、<2次セミナー>(東京会場)のDVD、資料を販売する予定です。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
JTBグループが、試験事業から撤退 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
通訳案内士試験の試験事業は、2009年度から2017年度までの9年間にわたり、JTBグループの株式会社JTBコミュニケーションデザインが、受託、実施してきました。 
9年間の受託金額の総額は、下記のように、5億4,816万5000円(1年あたり、6,091万円)でした。 

<JTBコミュニケーションデザインの年度別受託金額> 
・2009年度、2010年度通訳案内士試験事業(93,450,000円) 
・2011年度通訳案内士試験事業(56,700,000円) 
・2012年度通訳案内士試験事業(55,650,000円) 
・2013年度通訳案内士試験事業(55,125,000円) 
・2014年度通訳案内士試験事業(57,240,000円) 
・2015年度~2017年度通訳案内士試験事業(230,000,000円) 

私も、実際に入札の説明会に参加したことがあるのですが、「一般競争入札」は名ばかりの「随意契約」(官製談合)であることは誰の目にも明らかな説明会でした。 

過去約70年間にわたり、ヤミガイド(無資格ガイド)を大量に使ってきたので、業界では「ヤミの御三家」と呼ばれているJTBグループが、通訳案内士試験の試験事業を実施するということはブラックユーモア以外の何物でもありませんでしたが、通訳案内士試験を私物化し、通訳ガイド料金を下げるために大量の合格者を出すように画策し、最終的には、日本が世界に誇る通訳案内士制度を崩壊させたその「黒歴史」は長く我々の記憶に刻まれなくてはなりません。 

<通訳ガイド料金を下げるために量産された多数の合格者> 
・2010年度:合格率:12.9%(合格者数: 932名) 
・2011年度:合格率:16.3%(合格者数: 894名) 
・2012年度:合格率:14.3%(合格者数: 713名) 
・2013年度:合格率:25.5%(合格者数:1,201名) 
・2014年度:合格率:22.7%(合格者数:1,658名) 
・2015年度:合格率:19.3%(合格者数:2,119名) 
・2016年度:合格率:21.3%(合格者数:2,404名) 
・2017年度:合格率:15.6%(合格者数:1,649名) 

私が以前にギリシャの国立ガイド養成学校を訪れた時に事務局長さんから直接お聞きしたことなのですが、世界14番目の外国人旅行者を受け入れている観光立国ギリシャでは、国の手厚い観光政策のもと、ガイド国家試験制度、観光警察が整備されており、国家試験合格者は、年間わずか20名程度です。 

しかし、そのJTBグループは、2018年度より試験事業から撤退し、その後を引き継いだのは、日本出版販売株式会社でした。 

●日本出版販売株式会社による落札の詳細 
調達件名:平成30年度・31年度・32年度全国通訳案内士試験実施事業 
契約方法:一般競争入札(総合評価落札方式) 
契約日:平成30年4月2日 
契約者:日本出版販売株式会社 
契約金額:\248,400,000 (→1年度当たり、82,800,000円) 
入札公告日:平成30年2月9日 
入札執行日:平成30年3月19日 
※詳しくは、こちら=https://www.jnto.go.jp/jpn/about_us/contracts_bids/bid_result/bid_results_2018.html をご覧ください。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
日本出版販売株式会社の概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【1】日本出版販売株式会社の概要 
日本出版販売株式会社(日販)は、トーハンとともに、日本の出版物(書籍・雑誌)の二大出版取次会社の一つであり、全国第一位の売上高を誇っています。 
しかし、ますます悪化する「出版不況」の中、日販グループ(連結子会社数28社)の2018年3月決算の売上高は5,790億円で、雑誌、コミックスを中心に大きく減少し前年に対し7.3%減、453億円の減収となっています。雑誌、コミックスの落ち込みに加えて、運賃の単価値上げや最低賃金上昇による荷造費増加などのマイナスのインパクトにより、出版流通業が大きく減益となりました。     

4年間で、約1,000億円の減収となった売上高(単位:百万円) 

回  次 :第66期 第67期 第68期 第69期 第70期 
決算年月 :2014年3月 2015年3月 2016年3月 2017年3月 2018年3月 
売 上 高 :681,917  661,096  639,893  624,422  579,094  
経常利益 :5,266  3,626  3,291  2,409  2,550  
当期純利益:2,278  1,052  856  412  721  

【2】エンタメ事業部 検定事業課が担当 
日販は検定事業者様の検定運営のお手伝いをしています。受験者向けのコールセンターの運営や、Webサイトの構築、受験料の回収、検定テキストや問題集の発行・流通支援、試験会場の手配・運営など、検定運営に必要なあらゆる機能をパッケージ化し、検定の実施をトータルでサポートいたします。「もっと受験者数を増やしたい!」「もっと効率的な検定運営を実現したい!」「書店店頭をプロモーションの場として活用できないか?」日販は様々なソリューションをご提供しています。 
現在、実施している検定一覧はこちらです。 

【3】エンタメ事業部の独立 
日販の文具・雑貨・エンタメ事業については、従来、全てを商品開発部で担当していたが、2018年度(第71期:2018年4月1日~2019年3月31日)の組織改訂および職制人事体制において、同部の扱い商材・サービスは成長領域と位置付け、組織体制も拡充して、書店店頭との連動や成長を加速していくことを目指すことにした。 
これに伴い、商品開発部から検定、イベント、映像制作・出資事業を独立させ、エンタメ事業部を新設することになり、検定はエンタメ事業部検定事業部が担当することになった。 
ここにも、衰退する出版流通業に対して、成長分野を模索する日販の焦りと努力が透けて見える。 

【4】担当者へのインタビュー 
私は、通訳案内士試験事業を受注することになった検定事業部のご担当者に直接インタビューをしました。その要旨は、下記の通りです。 

(私) 
「この度、日販さんは、通訳案内士試験事業を3年間にわたり受託されましたが、その経緯についてお聞かせください。」 

(担当者) 
「日販では、これまでも、様々な検定事業者様の検定運営のお手伝いをしてきましたが、その一環として、この度、通訳案内士試験事業を受託することになりました。」 

以上

コメント

第2次口述試験<分野別出題項目>

2018年09月08日 23時34分01秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

第2次口述試験<分野別出題項目>

<2006年度~2017年度>に出題された<通訳問題>62題、<プレゼンテーション問題>186題の合計248題をジャンル別に分類して整理すると次のようになります。<2次セミナー>資料より抜粋。

●凡例
(2013プレゼン)は、2013年度にプレゼンテーション問題に出題されたことを示します。
(2015通訳)は、2015年度に通訳問題に出題されたことを示します。

●自然
日本の自然(2013通訳)、日本の湖(2013プレゼン)、日本の季節ごとに見られる草花(2013プレゼン)、2011年の東日本大震災の最も被害を受けた地域とその現状(2013プレゼン)、日本の自然災害(2014プレゼン)、桜(2015通訳)、日本の野生動物(2015プレゼン)、ラムサール条約(2015プレゼン)、干潟(2016通訳)チューリップ(2016通訳)、山梨県のぶどう(2016通訳)、梅雨(2017通訳)、奥入瀬渓流(2017プレゼン)、桜前線(2017プレゼン)、自然(2017通訳)

<予想問題>①日本の火山 ②日本の湿原 ③地震 ④台風 ⑤日本人が桜を好きな理由

●温泉
温泉に入る時に気をつけること(2013プレゼン)、温泉(2013通訳)、草津温泉の特徴と行き方(2014プレゼン)、銭湯(2015プレゼン)、野猿公苑(2015通訳)、道後温泉(2017通訳)

<予想問題>①箱根温泉 ②有馬温泉 ③日本人が温泉を好きな理由

●歴史
江戸について(2013プレゼン)、侍(2013プレゼン)、19世紀に日本で起こったおおきな変化(2013プレゼン)、明治維新(2014プレゼン)、古墳(2014プレゼン)(2015通訳)、鎖国(2014プレゼン)、黒船(2014プレゼン)、町人文化(2015通訳)、聖徳太子(2015プレゼン)、大奥(2015プレゼン)、坂本龍馬(2015プレゼン)、日本の城(2014通訳)(2015通訳)、日本の城の種類とその特徴(2015プレゼン)、新選組(2015プレゼン)、徳川秀康(2015プレゼン)、卑弥呼(2015プレゼン)、古墳(2015通訳)、歴史的地区(2015通訳)、江戸城(2016プレゼン)、、江戸時代の身分制度(2016プレゼン)、前方後円墳(2017プレゼン)

<予想問題>①縄文式土器 ②はにわ ③姫路城 ④ペリー ⑤西郷隆盛 ⑥西南戦争 ⑦チバニアン

●観光
秋葉原(2013通訳)、東北の魅力的なスポット(2013プレゼン)、日本アルプス(2014プレゼン)、日本三景(2014プレゼン)、白川郷(2014通訳)、高野山(2014プレゼン)、日本の世界遺産(2015プレゼン)、西洋国立美術館(2015プレゼン)、偕楽園(2014プレゼン)(2016通訳)、小京都(2015プレゼン)、渋谷スクランブル交差点(2015プレゼン)、出羽三山(2015プレゼン)、野猿公苑(2015通訳)、築地市場(2015通訳)、御朱印(2015プレゼン)、棚田(2015プレゼン)、日本の国立公園(2016プレゼン)、グリーンツーリズム(2016プレゼン)、屋形船(2017通訳)、眼鏡橋(2016通訳)、迎賓館(2016通訳)、日本橋(2016通訳)、日光東照宮陽明門(2017通訳)

<予想問題>①京都 ②奈良 ③銀座 ④比叡山 ⑤日本の無形文化遺産 ⑥沖ノ島

●観光ルート、街道
東海道五十三次(2014プレゼン)、ゴールデンルート(2015プレゼン)、立山黒部アルペンルート(2015プレゼン)、道の駅(2015プレゼン)、西国三十三箇所(2015プレゼン)、中山道(2015プレゼン)、お伊勢参り(2016プレゼン)

●建造物
日本における最大の木造建築(2013プレゼン)、金閣寺の構造(2015プレゼン)、合掌造り(2015プレゼン)、茶室の役割(2015プレゼン)、書院造(2015プレゼン)、日本建築(2015通訳)

<予想問題>①日本最古の木造建築(法隆寺) ②正倉院の構造(校倉造) ③武家造

●乗り物
新幹線(2013プレゼン)(2013通訳)、北陸新幹線(2014プレゼン)、蒸気機関車(2015プレゼン)、路面電車(2015プレゼン)、人力車(2016プレゼン)、駅の自動改札(2016プレゼン)

●宿泊施設
旅館(2013プレゼン)、カプセルホテル(2015プレゼン)、民泊(2017プレゼン)

●祭り
祇園祭(2013通訳)、日本の祭り(2014通訳)、札幌雪祭り(2015プレゼン)、火祭り(2015プレゼン)、高山祭(2015プレゼン)、ナマハゲ(2015プレゼン)、ひな祭り(2016プレゼン)、お盆(2016プレゼン)、夏祭り(2017プレゼン)、ねぶた祭り(2017通訳)

<予想問題>①葵祭 ②時代祭 ③七夕祭

●食べ物
居酒屋(2013プレゼン)、恵方巻き(2015プレゼン)、駅弁(2015通訳)、灘の酒(2015通訳)、鍋料理(2015プレゼン)、お茶漬け(2015プレゼン)、和食(2015通訳)、お節料理(2015プレゼン) (2017プレゼン)、懐石料理(2015プレゼン)、おでん(2015プレゼン)、精進料理(2015プレゼン)、付き出し(2015プレゼン)、デパ地下(2015プレゼン)、そば(2016通訳)、おばんざい料理(2016プレゼン)、山梨県のブドウ(2016通訳)、納豆(2016プレゼン)、酢飯(2016通訳)、カツ丼(2017通訳)、パクチー(2017通訳)、たこ焼き(2017プレゼン)、燗酒(2017プレゼン)、回転寿司(2017プレゼン)、ちらし寿司(2017プレゼン)、割烹着(2017プレゼン)、ジンギスカン(2017プレゼン)、お刺身(2017プレゼン)

<予想問題>①天ぷら ②すきやき ③しゃぶしゃぶ ④にぎり鮨 ⑤緑茶 ⑥うどん ⑦牛丼

●伝統芸能・音楽
日本の伝統芸能(2013プレゼン)、家元制度(2015プレゼン)、神楽(2015プレゼン)、歌舞伎(2015通訳)、演歌(2017通訳)

<予想問題>①能 ②狂言 ③三味線 ④琴

●美術・工芸
浮世絵(2013プレゼン)(2013通訳)、扇子(2013プレゼン)(2015通訳)、招き猫(2015プレゼン)、盆栽(2016プレゼン)、漆器(2016プレゼン)、提灯(2016プレゼン)、和紙(2016プレゼン)、千羽鶴(2017プレゼン)

<予想問題>①生け花 ②茶の湯 ③書道 ④日本庭園 ⑤枯山水 ⑥こけし 

●スポーツ・娯楽
日本でおすすめのスキー場(2013プレゼン)、ラジオ体操(2015通訳)、殺陣(2015プレゼン)、日本で人気のスポーツ(2015プレゼン)、横綱(2015プレゼン)、相撲力士(2015通訳)、合気道(2016プレゼン)、大相撲(2017プレゼン)

<予想問題>①柔道 ②空手 ③剣道 ④弓道 ⑤将棋 ⑥碁

●宗教
日本の宗教(2013プレゼン)、鬼(2015プレゼン)、絵馬(2013プレゼン)(2017プレゼン)、仏像の種類と特徴(2013プレゼン)、神道(2015プレゼン)(2017プレゼン)、出雲大社(2015プレゼン)、地蔵(2015プレゼン)、神社(2016プレゼン)、高野山(2016プレゼン)、鳥居(2016通訳)、伏見稲荷(2017プレゼン)、厳島神社(2017プレゼン)

<予想問題>①仏教 ②禅宗 ③座禅 ④寺 ⑤比叡山 ⑥大仏 ⑦伊勢神宮 ⑧五重塔 ⑨おみくじ ⑩こま犬

●年中行事
年末年始に行われること(2013プレゼン)、初詣(2014プレゼン)(2016プレゼン)、冬至(2015プレゼン)、日本のバレンタインデー(2015プレゼン)、日本のハロウィン(2015プレゼン)、お彼岸(2015プレゼン)、鏡開き(2016プレゼン)、七夕(2016プレゼン)、文化の日(2016プレゼン)、七五三(2015プレゼン)、潮干狩り(2017プレゼン)、一富士二鷹三茄子(2017プレゼン)、シルバーウィーク(2017プレゼン)、門松(2017プレゼン)、お歳暮(2017プレゼン)、七草(2017プレゼン)、鯉のぼり(2017プレゼン)

<予想問題>①正月 ②成人の日 ③節分 ④夏至 ⑤花見 ⑥こどもの日 ⑦田植え ⑧中元 ⑨お盆 ⑩盆踊り ⑪月見 ⑫紅葉狩 ⑬忘年会 ⑭年越しそば

●生活習慣、生活様式
風鈴(2014プレゼン)(2015プレゼン)、宝くじ(2014プレゼン)、厄年(2014プレゼン)、福袋(2015プレゼン)、着物(2015通訳)、のれん(2015プレゼン)、扇子(2015プレゼン)、ししおどし(2015プレゼン)、けん玉(2015プレゼン)、地下足袋(2015プレゼン)、打ち水(2015プレゼン)、優先席(2015プレゼン)、戻ってきた財布(2015通訳)、下駄(2016プレゼン)、振袖(2016プレゼン)、花火大会(2017通訳)、交番(2017プレゼン)、風呂敷(2017プレゼン)

<予想問題>①ゆかた ②はちまき ③はっぴ ④草履 ⑤床の間 ⑥お見合い ⑦仲人 ⑧歩行者天国 ⑨自動販売機

●教育・文学・文化・アート
お受験(2013プレゼン)、ひらがなとカタカナ(2014通訳)、日本の数字の数え方(2015プレゼン)、源氏物語(2015プレゼン)(2015通訳)、日本のアイドル(2015プレゼン)、田んぼアート(2015プレゼン)、日本のミュージカル(2015プレゼン)、川柳(2016プレゼン)、夏目漱石(2017プレゼン)、コミックマーケット(2017プレゼン)、森ジブリ美術館(2017通訳)

<予想問題>①漢字 ②ローマ字 ③日本の学校制度 ④修学旅行

●日本人・国民性・ビジネス
マナー(2014通訳)、ICカード(2014通訳)、ハッピーマンデー(2014プレゼン)、日本人のくせ(2015プレゼン)、血液型(2015プレゼン)、日本の家電製品(2015通訳)、日本の免税制度(2015プレゼン)、日本の家庭(2016プレゼン)、天皇制度(2016プレゼン)、宮内庁(2017プレゼン)、

<予想問題>①終身雇用 ②年功序列 ③単身赴任 ④ボーナス

●流行・社会現象・社会問題
一年を表す漢字(2015プレゼン)、流行語大賞(2015プレゼン)、街コン(2015プレゼン)、インスタ映え(2017プレゼン)、テレビ離れ(2017プレゼン)、満員電車(2017プレゼン)、待機児童問題(2017プレゼン)、プレミアムフライデー(2017通訳)、ドローン(2017プレゼン)

<予想問題>①仮想通貨 ②子供の貧困 ③AI(人工知能) ④IoT

●お札に描かれた人物
1万円札に描かれた人物(福沢諭吉)(2015プレゼン)、千円札に描かれた人物(野口英世)(2015プレゼン)

<予想問題>①5千円札に描かれた人物(樋口一葉)、②2千円札に描かれた人物(紫式部)

●NHK大河ドラマ
軍師(2015プレゼン)、風林火山(2015プレゼン)

<予想問題>①西郷隆盛 ②薩長同盟 ③江戸無血開城 ④西南戦争

●お土産
金沢の名産品(2015プレゼン)、おすすめの日本のおみやげ(2015プレゼン)、

●地域に関する問題
東京が日本の他の地域と異なる点(2013プレゼン)、東京湾の埋め立て地(2014プレゼン)、山梨県(2015通訳)、福岡県の看板(2015通訳)、青森県のりんご(2015通訳)、大阪(2016通訳)

以上

コメント

「ガイドライン」(合格基準点)は絶対か

2018年09月08日 23時33分37秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

「ガイドライン」(合格基準点)は絶対か 

全国通訳案内士試験には「ガイドライン」があり、第1次筆記試験にも第2次口述試験にも、「合格基準点」が定められていますので、受験者は、試験終了後、「合格基準点」をクリアーしたかどうか大いに気になるものです。 
しかしながら、もし、その「合格基準点」が、ガイド料金を下げたい大手旅行会社の意向を受けて、恣意的に操作されていたとすると、それは、大問題です。 
全国通訳案内士試験に夢と希望を持って受験している(受験しようとしている)受験者の皆さんに、以下のような通訳案内士試験の暗部をご紹介することは、とても気が重いことではありますが、通訳案内士試験の「黒歴史」を知ることは、受験者(国民)の権利でもありますので、あえてご紹介することにいたしました。 
今後、二度とおなじような不祥事が起こらないことを祈りながら。。。 

【1】東京医科大学の不正入試事件 
最近、文部科学省の前科学技術・学術政策局長が、自分の息子を東京医科大学に不正に合格させるため、同大学に対し、文科省の私立大学支援事業の選定に関して便宜を図ったという事件を発端として、東京医科大学の入試で、女子合格者を減らすために、女子受験生が一律減点されていたことなどが明らかになり、大きな社会問題となっていますが、観光庁だって負けてはいません。 

♪負けないで♪ 
https://www.youtube.com/watch?v=9Q3vu8Bs7yY 

【2】国土交通省の特徴 
中央官庁が持っている様々な許認可権は、中央官庁の最大の権力の源泉となっているのですが、国土交通省は、中央官庁の中でも、許可、認可、免許、承認、指定、確認、検査、検定、届出、証明、認証などの許認可権が最も多い省で、これが、旧運輸省時代から業者との癒着、汚職の温床となってきました。 
総務省の調査(※)によると、2017年4月1日現在の省庁の許認可等件数の合計は、15,475件ですが、その内、国土交通省(2,805件=全体の18.1%)、厚生労働省(2,451件)、金融庁(2,353件)、経済産業省(2,261件)、農林水産省(1,770件)となっており、全体で、1年間に約300~400件ずつ増加しています。 
官僚の重要な仕事は、省益、庁益のために、法律、省令、政令、告示などを通じて許認可権を拡大させることであり、最終的には、業界団体などを創設して、その理事長職などの天下り先を確保することですが、これは、霞ヶ関の常識です。 

(※)許認可等の統一的把握の結果について(総務省) 
http://www.soumu.go.jp/main_content/000557749.pdf 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
<合格率80%指示事件>の事実経過 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
2014年12月9日に実施された通訳案内士試験第2次口述試験の東京会場(昭和女子大)で、日本政府観光局(JNTO)の担当者が、観光庁の指示を受けて、試験開始前の約80名の試験官に対するブリーフィング(9:00~9:30)で、「今年の第2次口述試験の合格率は、80%になるよう採点してください」などとありえへん指示をしました。 
国家試験実施当局者が、試験直前に試験官に対して、「合格率は、80%になるよう採点してください」などと指示することは、前代未聞のことであり、通訳案内士試験史上最大の不祥事でした。 

●JNTOの担当者による5項目の指示内容 
(1)合格率を80%になるように採点して欲しい。 
(2)特に、合格不合格ギリギリの受験者には、受験者の将来を考慮して(←意味不明)、合格判定を与えて欲しい。 
(3)2020年の東京オリンピックを控えて、これ(合格率を80%にして合格者を多数出すこと=JTBグループを大儲けさせること)は、国策です。 
(4)私たち(JNTO)は、上(観光庁)からの指示に従わなければなりませんので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 
(5)このことについては、一切、外部に口外無用にてお願いします。 

●JNTOの担当者が説明した時の状況 
JNTOの担当者は、約80名の日本人、外国人試験官を前にして、日本語で、上記の説明をしましたが、この部分は、口頭での説明のみで、試験官のマニュアル文書には、一切の記載はありませんでした。 
これは、この事実が、後日、外部に露見することを恐れて、オフレコ状態での説明を当初から予定していたからと思われます。 
外国人試験官に対しても日本語のみでの説明でしたが、外国人試験官には、日本語が分かる人も分からない人もいるのに、この点については、不徹底でした。 
もっとも、fair(公正)精神が強いまともな外国人にとっては、このような理不尽なことは、到底受け入れがたいものですから、あえて、不徹底にしたものと考えられます。 
もし、このことを各国語でマニュアル文書に記載されていたら、当日、試験官を拒否する外国人試験官も出ていたと考えられます。 

●JNTO担当者の発言を聞いた試験委員の証言 
JNTO担当者の発言を聞いた試験委員は、「JNTO(=観光庁)は合格者を増やしたいのだろうと思った。 
正直に言って、採点に影響した」とか、「おかしいと思った。合否のボーダーライン上の受験者への採点が甘くなったかもしれない」などと感想を述べており、合格基準に達しない受験者を無理やり合格させた可能性を明らかにしました。 

●本件についての読売新聞の記事 
読売新聞朝刊(2015年5月6日付)の33面のかなり大きなスペースをさいて、2015年度通訳案内士試験<国策として80%の合格率を目指す!>と題して、「通訳案内士採点甘く?」「担当職員『国策で合格率増』」「試験委員、発言影響した」との記事が掲載されました。 
下記にて、現物紙面の記事をご覧になれます。 
http://hello.ac/yomiuri.pdf 

●<合格率80%指示事件>の背景と結果 
本事件は、多数の合格者を出すことにより、ガイド供給過剰を創出し、ガイド料金を下げたい大手旅行会社の意向を受けて、観光庁がJNTOに指示したものと考えられますが、その結果、2014年度第2口述試験の合格率は、77.2%を記録しました。 

●観光庁の苦しい言い訳 
本件は、元はと言えば、観光庁がJNTOに指示したことですが、読売新聞の記者の質問に対して、「JNTOが、試験委員に具体的に合格率を示したのであれば遺憾である」などと言い訳をしていましたが、何とも情けない話です。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
「合格率を80%にする」ための三つの課題 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
いくら、JTBグループの要請とはいえ、通訳案内士試験において、通訳案内士試験「ガイドライン」(合格基準点)を無視して、試験実施前に、「合格率を80%にせよ」と試験官に指示するということは、以下の三つの課題をクリアーしなければならなかったのではないかと思います。 

(1)現行の採点基準、合格基準とどのように整合性を持つのか。(所詮、整合性など持ち得ないのですが。。。) 
http://www.hello.ac/gouhi.pdf 

(2)試験実施前に「合格率を80%にせよ」との「ありえへん指示」を試験官にどのように納得させ、実施させるのか。恐らく、外国人試験官は納得しないだろう。 

(3)国家試験の実施前に「合格率を80%にせよ」と試験官に指示していたという「とんでもない事実」は絶対に外部に洩れてはならないのだが、これをいかに担保するのか。 

●5項目の指示内容の解説 
ここでは、5項目の指示内容の解説をさせていただきます。 
キーワードは、「お願い、頼むよ!」 

(1)合格率を80%になるように採点して欲しい。 
【解説】理不尽なことは重々承知しているけど、お願い、頼むよ! 

(2)特に、合格不合格ギリギリの受験者には、合格判定を与えて欲しい。 
【解説】これも、理不尽なことは重々承知しているけど、お願い、頼むよ! 

(3)2020年の東京オリンピックを控えて、これ(合格率を80%にして合格者を多数出すこと=JTBグループを大儲けさせること)は、国策です。 
【解説】国策ということは、超法規的なこと=規定違反ができるということです。国策だから、通訳案内士試験ガイドラインなんて忘れていいの。これは、JNTOの考えではなく、観光庁からきた「ありえへん指示」なのです。 
私が理不尽ではなく、理不尽なのは観光庁です。ガイドラインなんて忘れていいの。お願い、頼むよ! 

♪忘れていいの♪(大地真央&谷村新司) 
https://www.youtube.com/watch?v=AQE8UT9qsy0 

(4)私たち(JNTO)は、上(観光庁)からの指示に従わなければなりませんので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 
【解説】日本政府観光局(JNTO)は、国土交通省(観光庁)所管の独立行政法人であり、我々は、観光庁の指示には絶対に従わなければならない(弱い)立場にあります。 
お役所というところは、上の指示が絶対なのはお分かりですよね。私も含めてJNTOは、まともだけど、まともじゃないのは、観光庁の方です、 
勿論、観光庁も理不尽なことは重々承知していますが、観光庁もJTBグループの意向には逆らえないことはお分かりですよね。国交省のキャリアが天下りで大勢お世話になっていますし。 
JTBグループは、大得意様の創価学会からの要請に応えて、先日の衆議院選挙で、公明党・太田昭宏国土交通大臣を当選させるために、社員に「創価学会が支援する候補を応援するように」というメールで指示していました。 
その甲斐もあって、太田大臣が見事再選されたので、JTBグループの国交省における影響力は絶大です。お願い、頼むよ! 
http://www.news-postseven.com/archives/20141208_290959.html 

(5)このことについては、一切、外部に口外無用にてお願いします。 
【解説】 
このことが外部に洩れたら、大変なことになります。このことは外で絶対に言わないでください。お願い、頼むよ! 

●天下の国家試験でこのようなことが許されるのか? 
通訳案内士試験を実効支配しているJTBグループですが、自社の金儲けのために、国家試験を私物化して、事前に試験官に合格率を指示するということが許されるのでしょうか。
通訳案内士試験も堕ちるところまで堕ちたな、との感をぬぐえません。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
<合格率80%指示事件>の真相と深層 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
JTBグループは、日本のインバウンド旅行の約50%を独占する大企業ですが、通訳ガイドを安く使う目的のために、70年以上に渡り、ヤミガイド(無資格ガイド)を違法に使ってきたので、業界では「ヤミの御三家」と呼ばれています。 
JTBグループは、通訳ガイドを安く使うために、一方でヤミガイドを使い、他方で通訳案内士制度を崩壊させるために「地域限定通訳案内士」「地域活性化総合特区通訳案内士」「特例ガイド(沖縄、福島)」「中心市街地特例ガイド」「構造改革特区通訳案内士」などの「通訳ガイドもどき」を、癒着関係にある観光庁と協力して、粗製乱造してきました。 
このような通訳ガイドの仕事の魅力を破壊する行為は、当然のことながら、通訳案内士試験受験者の大幅な減少を招き、近年ピークだった2007年の9,275名から、2013年の4,706名まで半減させるまでになりました。 
2016年9月現在、観光庁において、<通訳案内士制度のあり方に関する検討会>が開催されていますが、ここでも、JTBグループ主導のもとで、通訳案内士の業務独占廃止が画策されています。 
(最終的には、2018年1月4日に、新通訳案内士法が施行され、全国通訳案内士の業務独占が廃止されました) 

2020年の東京オリンピック開催時には、数千から数万単位の「英語を中心とする外国語を話せる(若くて安く使える)人材」を必要とするJTBグループは、自らが招いたこととは言え、通訳案内士試験受験者の大幅な減少に大きな危機感を抱きました。 
通訳案内士試験に大量の若年層を取り込み(合格させ)、インバウンド業界に囲い込み、東京オリンピック開催時に安く使い倒してやりたい。 
これが、2014年度の通訳案内士試験にかけるJTBグループの本音でした。 

●そこで、目を付けたものが、TOEICテストでした。 
気になるのは、受験者の年齢別構成比と得点分布比率でした。 

・年齢別構成比 
20歳以下:18% 
20歳~25歳:40% 
26歳~30歳:19% 
31歳以上:23% 

20歳~25歳が、全受験者の40%と一番多く、30歳以下で全体の77%を占めており、若年層を取り込む対象としては、理想的な年齢別構成比といえる! 

・得点分布比率(2014年10月実施分) 
845点以上は、全体の上位8.8% 
895点以上は、全体の上位4.3% 

通訳案内士試験第1次試験合格レベルとしては、895点以上が望ましいが、845点以上にすれば、約2倍の受験者を対象とできる。資料に出ている845点という端数はやめて、840点でいこう! 
以上のような分析、判断のもとで、英語第1次筆記試験の免除規定をTOEIC840点以上に決定しました。 

●英語受験者数は倍増した。 
これにより、英語受験者数は、2,885名(2013年)→5,829名(2014年)と対前年比、何と、202%に倍増しました。 
英語第1次筆記試験免除で増加した英語受験者にとって、第1次邦文試験は難しかったらしく、第1次試験合格率は33.9%にとどまりましたが、受験者の母数が多いので、合格者数は本国家試験過去最高の1,978名となりました。 

●合格率を80%に引き上げるアイデア 
もし、今年の第2次試験の合格率が昨年並みの73.7%としたら、最終合格者数は、1,978名×73.7%=1,458名となりますが、貪欲なJTBグループは、一人でも多くの合格者を出すべく、合格率を80%まで引き上げて、最終合格者数のかさ上げを狙うことにしました。 
結果、第2次試験の合格率は、目標としていた80%には及びませんでしたが、77.2%を達成し、最終合格者も過去最高の 1,658名となりました。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
大量の合格者 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●近年、合格率が非常に高くなってきましたが、その理由は? 
通訳案内士試験の過去6年間の合格率、合格者数は、下記の通り、急増していますが、これは、2020年東京オリンピックを控えて、訪日外国人旅行の約50%のシェアーを持つJTBグループが、安く通訳ガイド(有資格、無資格を問わず)を使うために、癒着関係にある観光庁と一体となって、大量の合格者を出すように画策してきたことがその理由ですが、これは業界の常識です。 

・平成22年度(2010年度)合格率:12.9%(合格者数: 932名) 
・平成23年度(2011年度)合格率:16.3%(合格者数: 894名) 
・平成24年度(2012年度)合格率:14.3%(合格者数: 713名) 
・平成25年度(2013年度)合格率:25.5%(合格者数:1,201名) 
・平成26年度(2014年度)合格率:22.7%(合格者数:1,658名) 
・平成27年度(2015年度)合格率:19.3%(合格者数:2,119名) 
・平成28年度(2016年度)合格率:21.3%(合格者数:2,404名) 
・平成29年度(2017年度)合格率:15.6%(合格者数:1,649名) 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
2015年度~2017年度の試験事業は、JTBグループが実施 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
2016年度通訳案内士試験の試験事業は、観光庁と癒着関係にあるJTBグループの株式会社JTBコミュニケーションデザインが、2015年度に引き継いで実施することになっています。 
2015年度~2017年度は、3年間契約で、JTBコミュニケーションデザインは、2009年度から2017年度まで、9年間に渡り、通訳案内士試験事業を受託することになっています。 
9年間の受託金額の総額は、5億4,816万5000円(1年あたり、6,091万円!)です。 
2014年12月の総選挙で、JTBグループが太田昭宏元国交相の公明党を応援したことは、まだ記憶に新しいですが、早速、「見返りの大きな飴玉」をもらったということです。 

●JTBコミュニケーションデザインの年度別受託金額 
・2009年度、2010年度通訳案内士試験事業(93,450,000円) 
・2011年度通訳案内士試験事業(56,700,000円) 
・2012年度通訳案内士試験事業(55,650,000円) 
・2013年度通訳案内士試験事業(55,125,000円) 
・2014年度通訳案内士試験事業(57,240,000円) 
・2015年度~2017年度通訳案内士試験事業(230,000,000円) 

※受託金額(2014年度~2017年度)など、詳しくは、下記をご覧ください。 
http://www.jnto.go.jp/jpn/about_us/contracts_bids/bid_result/bid_results_2014.html 

●<解説> 
通訳案内士試験事業は、表向きは「一般競争入札」にはなっていますが、実態は、色々な条件を設定した「総合評価方式」(「随意契約」に近いもの)になっているので、JTBコミュニケーションデザイン以外の会社が受注することは極めて困難(受注できないような状態)になっています。 
私自身、JNTOの「入札説明会」に参加しているので、事情はよく分かっています。普通の感覚からすると、「一般競争入札」で9年連続して同じ会社が受託するということは非常に不自然なことですが、発注官庁(この場合は、独立行政法人JNTO)と癒着関係にある会社が連続して受託することは、よくあることで、珍しいことでもありません。 
つまり、JNTOは、JTBコミュニケーションデザインとズブズブの癒着関係にあるということです。 

●JTBグループは、恥を知れ! 
JTBグループは、長年に渡り、ヤミガイド(無資格ガイド)を違法に使ってきたので、業界では「ヤミの御三家」と呼ばれていることは周知の事実です。 
一方で、ヤミガイドを使い、通訳案内士制度を崩壊させることに奔走してきたJTBグループが、他方では、通訳案内士試験事業を受託して、年間7,700万円(2015~2017年)もの売上げを上げているという事実は、ブラックユーモアそのものですが、これは、通訳案内士試験の受験者、合格者を愚弄しているとしか言いようがありません。(怒!) 

●JTB九州が、ヤミガイドを募集した例 
http://www.hello.ac/exam/pdf/china.pdf#zoom=100.pdf 

●観光庁のアリバイ作りの<口頭での注意処分> 
JTBグループと癒着関係にある観光庁は、JTB九州に対して、アリバイ作りのために、簡単な<口頭での注意処分>でお茶を濁したのみでした。誠に情けない話ですが、カネ儲けのために、官民ともに腐っているのが現状です。 
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=40879 

JTB取締役旅行事業本部長が社員に公明党への選挙協力を指示! 
2014年12月の総選挙で、JTB取締役旅行事業本部長は、JTBの大口顧客である創価学会の要請を受けて、社員に向けて公明党への選挙協力を指示しました。 
JTBの監督官庁である国交省の太田昭宏国交相は公明党であり、JTBは「将来の見返りを期待して」選挙協力をしたという、何とも見苦しいズブズブの癒着の図式でした。 
本件は、「公選法違反」濃厚な事案にもかかわらず、いつの間にかに、うやむやになってしまいました。 
これが、自公が支配する日本の醜い現実というわけです。 
いまだに、「鶴のタブー」が健在ということなのか?誠に情けない話です。 

・「公選法違反」のおそれも? JTB取締役がグループ会社社員に公明党への「協力要請」 
http://blogos.com/article/100980/ 

・「鶴のタブー」とは? 
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20150127/Tocana_201501_post_5650.html 

●以上から、「ガイドライン」(合格基準点)は、あくまでも目安であり、絶対ではないことを、受験者もよく理解しておく必要があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食い物にされないようにくれぐれもご注意ください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
通訳案内士で食べていこうと思っている皆さんが、悪質な予備校や派遣会社の食い物にされてしまってはとても残念です。

<予備校110番>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/f6489178a820ce033a0ee177237b6ef1

<派遣会社110番>
https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/ffa162d2fa08214cbf61d347b1549c76

●派遣会社と紛争になったら、<派遣ユニオン>の関根秀一郎書記長にご相談ください。
・メールアドレス:sekine@zenkoku-u.jp
・ホームページ:http://www.haken-union.jp/


以上

コメント

<第2次口述試験対策特別セミナー>(東京会場)参加者予定者の声

2018年09月08日 23時32分46秒 | ●2018年度第2次口述試験 受験対策<2次セミナー> 

<第2次口述試験対策特別セミナー>(東京会場)参加者予定者の声

●植山先生のメルマガから感じられる試験勉強に対する熱い情熱を、セミナーに参加して共有したいと思います。たくさんの有益な情報をネットを通じて発信されている先生に感謝しています。

●一般常識・通訳案内の実務セミナーにも参加させていただき、本当に役立ちましたし沢山笑って元気が出ました。いかんせん英語が微妙で、(各予備校の解答速報を参照しても特に和訳が不一致で結果に相違が出てしまい、67点~79点と幅が出ております。)、心の持ちようが難しいのですが、また植山先生の楽しいセミナーに参加して、モチベーションを高められたらと思っております。どうぞ宜しくお願いいたします。

●2次試験対策、まだ何をしたらいいのかモヤモヤしています。先生のお話ですと、プレゼンは日本的事象英文説明300選でほぼ準備できそうですが、逐次通訳を具体的にどのように練習すればいいのかわかりません。このモヤモヤ解決を期待しております!!

●合格基準点に達していない科目がある中で、2次試験の準備をスタートするのはあまり気が進みませんでした。1次試験の日に他予備校の解答速報で採点してがっかりしましたが、数日後に再度採点したところどの科目も点数がアップしていました。運よく事後調整されて2次試験にすすめた時に備えて、今月から勉強再開しました。午前中、2017年の2次試験対策セミナーの動画をみましたが、ヒントがたくさんありました。人前でハキハキと話す練習も自分には必要なのですが、まずはセミナーまでに300選を覚えていきたいと思います。

●いつも心のこもったメルマガをありがとうございます。仕事を両立しながらの二次試験準備には大変不安を感じております(高校三年生の担任をしていまして、これからかなり忙しくなりそうです…)。2度目の一次試験は、準備が遅れたにも拘らず、植山先生の教材で、なんとか目標点を取ることができました。今回、生の植山先生にお会いして、多いなるパワーを頂きたいと思います。楽しみです。

●第1次筆記試験は、結局点が取れたと思われるものは英語だけでした。できないものはしょうがない、でよかったかもしれませんが他の人が易々とできたと思われるところがあやふやだったのが、、2次試験を受けるには5つ受けた試験の内一つでもダメであれば来年。しかし、2次で2回落とされているので心構えだけでも植山先生節を聞きたく。よろしくお願いします。

●本年度から通訳問題に質疑応答が追加になりましたので、まずそちらがどのようになるのか?の予想をお伺いしたいです。トータルの時間10分は変更ありませんので、質疑応答がある分、通訳自体は短めになるのだろうか、なども含めて。また、プレゼン問題は300選が大変役にたつ資料かと思っています。しかし300選の例文は、一言二言しかない短いものも多く、それだけで2分間の説明をするのは難しいと思います。ですので、複数の300選の例文を繋げたり、話題をふくらませるコツなどをご教授いただけたらなと思っています。(いったん言葉に詰まると、次の言葉や話題が出てこず会話が止まってしまうことがよくあるため。頭の切り替え方と言ってもいいかもしれません。)よろしくお願いします。

●一次試験の結果が思わしくなかったので、二次試験は持ち越しになりますが、実際に今年受けるつもりで<2次セミナー>を受けます。「日本的事象英文説明300選」の勉強は進んでいますが、具体的にどういう対策を立てて準備していったら良いのかがいまいち分かっておりませんので、対策の立て方、練習の仕方などセミナーで教えていただきたいです。一次試験の対策資料は大変すばらしく、資料だけを一週間ほど勉強しただけでもかなり得点できましたので、二次試験対策資料も相当期待しています。

●昨年も2次セミナーを受講し、初めての2次試験に挑みましたが、インプットはともかく話す実践練習が足りなかったようで、敗退。"Is that all?"と、通訳でもプレゼンでも言われたので、時間いっぱいしゃべりまくる練習が必要かと思います。先日メルマガでご紹介いただいた特訓動画で千本ノックをぼちぼち始めようと思いますが、他に手段があれば知りたいです。今年は「通訳案内の実務」の質疑が昨年とどう違うのか、気になるので、情報があれば教えてください。本セミナー開催を心待ちにしておりました。いつも誠にありがとうございます。よろしくお願いいたします。

●二次試験はまだ到達したことのない領域です。今回も一般常識の点数が足りないので微妙ですが,植山先生のパワーを頂きながら二次試験の準備をしたいと思います。メルマガでもご教示いただいているところでありますが,今回は試験の傾向が変わるとのことですので,セミナーもその点が中心となるかと思います。先生の長年のご経験から想定される試験内容についてさらに詳しくお聞きし,今後の学習に備えたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

●植山先生の傾向と対策を期待しています。2018年二次試験に向けて最低やっておくべきことをあらためて教えて頂きたいです。よろしくお願いいたします。

●本セミナーに参加することにより2次試験の全体像を掴んで、準備すべきことの優先順位を決められたら嬉しいです。どうぞ宜しくお願い致します。

●昨年は、語学免除で受験し、歴史1科目のみの合格でした。今年は地理が基準に満たないかもしれませんが、2次試験に向けて頑張ります。

●昨年度の二次試験不合格者です。今年度の制度変更により、対策上新たに考慮すべきポイントを確認しておきたいです。

●初めて受講します。どうぞよろしくお願い申し上げます。

●メルマガでは本当にお世話になっており、感謝いたしております。植山先生にお会し、お話を拝聴いたしますことを心から楽しみにしております。


●(1)今年度の傾向と対策を教えてください。(2)面接の心得および服装などを教えてください。(3)質疑応答を十分にとってください。

●1次試験向けと同じく、合格に向けての勉強の勘所を教えて頂きたいと思います。よろしくお願い致します。

●2次試験の準備や、試験までの次回講習会などを教えてもらえますとありがたいです。どうぞよろしくお願いします。

●通訳問題のメモの取り方をご教授いただけると幸いです。また、通訳問題の後の質疑応答での注意点、どのような質問がされそうか、予想通訳問題に対応する形で質問事例をご説明いただけますと助かります。

●2次対策で今年出そうな話題を先生の予想でお伺いしたいです。またその回答例をご教示ください。また、緊張してそのものズバリの単語が出て来なかった時の言い換え単語、表現をご教示いただけると幸甚です。

●先生の資料の充実感はハンパないです!自分の勉強量が足りなかったのを反省しています。来年度に向けて、じっくり勉強します。

●全てのツボをご享受ください!

●セミナー初参加です。チャレンジ2年目にして一次試験をなんとかクリアできたような気がするので、庭でロックンロールの植山先生にぜひともお会いしたいと思い申し込みました。二次試験の道しるべを教えていただければと思っています。今から楽しみです。当日はよろしくお願いいたします。

●2017年度までの、様々なハローの2次試験対策の資料を印刷し、目下取り組み始めました。膨大な量ですが、がんばります。植山先生の動画の大ファンになりました。セミナーも楽しみにしています。

●本気で身に付けます。本気のセミナーにお応えするにはそれしかないでしょ。

●筆記試験を突破して植山先生の2次試験対策セミナーを受けたい、という思いで、直前の追い込み勉強を乗り切りました!今度も是非、パワーをいただきたいです(なんだか、宗教団体のセミナーみたいですね 笑。でも、一人で勉強していると、何かを信じたくなるものです。)。

●昨年は全く準備不足で二次試験不合格でした。今年はハローの<2次セミナー>をフル活用させていただきます!

●二次試験のことはほとんど何も考えずに一次試験突破だけを目指してきました。なので先生のメルマガで二次試験の出題範囲が多岐に渡っているのを知ってこれからどう勉強していったらいいのか途方に暮れています。二次試験対策においても正しい道に導いて下さいますようお願い致します。

●第2次口述試験において、緊張せずに自分の力をすべて出し切る為には、日々どのようなトレーニングが必要かを教えていただきたいです。

●一般常識が2つ選ぶところを1つしか選ばず(9点もみすみす失点)、結果、基準点に1点不足してしまいましたが、ないとは思いますがもしかして合格していた場合に備え申し込みました。一昨年2次で失敗しています。こんな私ですが、セミナー当日は、ぜひ勇気を与えてください。

●通訳案内士の試験は今年初めて受験するので、心構え、基本からしっかり学びたいと思います。

●独学しかできないので押さえるべきツボをしっかり体得したいと思います。なお当日はまだ休暇か業務かはわからない段階ですが休日となるよう神に祈ります。

●二次試験合格にむけての、効率的勉強方法を教えてください。よろしくお願いします。

●通訳問題ですがどのようにメモを取っているのか、皆さんどうしているのか教えていただければありがたいと思います。

●今年は2次まで合格したいと思います。いつも通りの名(迷?)講義よろしく お願い致します

●中国語の受験者です。今回のセミナーは英語が中心の内容と想像しますが、他の言語受験者(私の場合中国語)への配慮もお願いします。

●一次結果一部微妙な所有りますが今回受講させて頂きます。宜しくお願いします。

●このセミナーに参加することによって、具体的な対策ができ、それに向かって進むことができると信じています。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

●昨年一般常識を落とし2度目の受験です。知識の蓄えの少なさと記憶力の低下を実感する日々ですが、今年はなんとしても合格したいという気持ちで取り組んでおります。限られた時間の中でいかに知識を定着させられるか、いかに内容を構成して瞬時にアウトプットできるか、コツを教えて頂けるとありがたいです。どうぞ、宜しくお願いいたします。

●植山先生、お世話になっております。自己採点では、一次試験は突破できる予定です。二次試験に備えて、最後の力を振り絞って頑張りたいと思います。なにとぞご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

●6月10日の一般常識のセミナー同様どうぞ教示宜しくお願いします。

●いつもお世話になっております。①新制度の下での2次試験ですが,具体的に従来とどのような変更が想定されるでしょうか。②日本文英訳後の関連質疑はどのくらいの時間が想定されるのでしょうか。③口述の全体時間が10分と従来と同じですので,1,2問ぐらいでしょうか。

●今年はじめて通訳案内士の一次試験にトライしましたが、十分な試験準備をしませんでした。例え一次試験をパスしたとしても、自分としてはラッキーにもテクニックでパスしたと思います。本当の実力をつけるため、基本にもどってきちんと二次に向き合いたいので、本セミナーをそういう場したいです。

●2度目の受験で昨年よりは力を入れたつもりですが、歴史はともかく一般常識がショックです。それでも今後のために受講する気になりました。

●一次は通りませんが、来年は二か国受けたいので準備を始めたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

●これまでも散々お世話になっております。引き続きご指導いただきたくお願い申し上げます。

●英語以外の二次受験生が受講していても違和感なく感じられるセミナーを望みます。よろしくお願いいたします。

●昨年までからガイドライン変更に伴い、出題内容がどう変わり、どう対策すれば良いかご教示いただきたくよろしくお願いします。今年は日本地理がわずがに合格基準点に達しない見込みですが、来年に向けてスタートするために受講を決めました。よろしくお願いします。

●一次試験、二次試験とも初めて受験です。メルマガ、YouTube 等よく利用させていただいています。上がりやすい性格で案の定、一次の最初の科目「通訳案内の実務」はよく勉強したのに失敗しました。歳はとってもこの性格は変わりません。この克服秘訣も教えて下さい。

●日本史の点数から見て、今年の受験は厳しいかもしれませんが、来年も視野に入れつつ二次試験に備えたいと思っております。よろしくお願いします。

●これで3回目の2次試験チャレンジです。実は私もソニーに勤めていたので、植山先生は大先輩にあたります。それでは当日はよろしくお願いします。

●英語・日本歴史の点数が少し低いので二次試験は来年度の受験になるかもしれませんが、もしかすると引っかかるかもしれないという希望をもち、今年急に受験が決まっても合格できるように準備したいと思います。よろしくお願いいたします。

●「日本的事象英文説明300選」の暗記以外の勉強法と試験時の質問に対応するために何をしたら良いのかをお教え頂けましたら有難く存じます。

●今年は実力不足で合格できなかったと思います。来年に向けてこの日からスタートしますので、喝を入れてください。

●初めて参加するので、まだどういうものかわからず、特に希望もありません。

●英語受験用の対策は参考にできるものがたくさんありますが、他言語(特にマイナー言語)に関しては、日本的事象を説明する参考書も少ないので、それをどのように克服して対策をすべきか教えていただけると有り難いです。

●当日のセミナーを楽しみにしています。どうぞ、よろしくお願いいたします。

以上

コメント