護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

08年2月29日 金曜日  なぜ隠し事

2008年02月29日 17時32分40秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年2月29日 金曜日  なぜ隠し事

 防衛省が混乱している。私たち民間の社会でも一度嘘をつくと、辻褄を合わすのに際限もなく嘘をつくことになり、最後は嘘袋が破裂してしまう。
 其のよい例が、昨年からの企業の偽装事件だろう。

 今日の新聞の見出しと、番組のテロップを集めたが、テロップそのものが歪んでいたので文字など読みづらいがご勘弁を。(こちらをクリック)

   

 テロップや新聞を見ると艦隊幕僚長もヘリで上艦している。自民党政権は常々法律はどうとか、こうとか難しいことを言いながら防衛省は法律を犯していることになり、シビリアンコントロールは出来ないと言うことを石破大臣自ら証明していると言うことだろう。

 此の問題で国家の最高責任者の福田首相が何にも言わないことは、昔の様に軍隊は首相の言うことなど聞かないと諦めていると取られても仕方がないと思う。

  

 冷凍餃子事件。何とか円満に解決してくれたらと思っている。
 恐らく、北京オリンピックがなかったら、「中国の可能性は極めて低い」など持って回した表現などせず頭から日本の責任だと門前払いだっただろう。(こちらをクリック)
 冷凍餃子事件も歴史と言えるかも判らない。餃子に農薬が含まれたのは事実で間違いない証拠もある。しかし,誰かが薬品を餃子に混入する行為をしたか、農薬に無頓着な人間が知らず知らずに混入させる行為をしたのは間違いない事実なのだ。

   

 餃子、イージス艦。日本民族としては最も嫌な事件だ。

 私は言いたい。自分達の食べるものぐらいは自分の国家作り育てて作ろうよ。
 今、日本の食料自給率は4割を満たない。現代女性は子供を産まなく成ったと言うが、動物の本能的な感覚が、将来の日本の食糧事情に反応しているのかも分からない。
 
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年2月28日 木曜日  政治とは、国民にうそ隠しすること

2008年02月28日 14時41分26秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年2月28日 木曜日  政治とは、国民にうそ隠しすること

 社保庁の年金問題も嘘と隠しから始まった。ガソリン税の特殊財源も不正の使い込みがゾロゾロ出てきている。しかし、今回のイージス艦事件で此の二つの問題はどこか遠くへ行った感じで、これに関する二つの省庁は胸を撫で下ろしているのだろう。
 日本人の特性として何事もすぐ忘れるから日本民族は政治家や官僚には都合の良い人種だ。

 今回の此の問題。早くも誤魔化しと隠しの匂いがする。今日も新聞の切り抜きから始めることにする。

  

先ず、今日の番組のテロップ集。(こちらをクリック)

艦長の記者会見のテロップ。

      

 私たちが、ドライブする時、初めていくコースは情報などを確認下調べする。しかし、此の艦長初めて通るコースの下調べもしていない。これでは国は守れない軍人としても失格だ。
 艦長は昨日、家族に謝罪にいっていた。家族に対する態度と記者会見の態度は全く違う二重性格。朝青龍の死んでしまえ発言とかわらない。

 今日の番組の新聞の切り抜きから。(こちらをクリック)
 山田洋行が防衛省に12億円払えといっている。
 タミフルの効かないインフルエンザが流行。人間よりウィルスの進歩は速い。
 お父さんに「ありがとう」は母親の三分の一。

 防衛省の主な不祥事

    

 取り締まる立場の不祥事二つ。(こちらをクリック)
私はアルコールに弱いから、一滴でもお酒を口にするとハンドルは握らなかった。
 酔っ払い事故で思うのだが、酒に強い人間は、俺は絶対大丈夫だと思っているのだろうか。
莫迦というしか仕方がない。しかし、この手の事件は警官以外も関西以西に多い気がする。
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年2月27日 水曜日  大本営発表

2008年02月27日 15時33分33秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年2月27日 水曜日  大本営発表

 新聞のイージス艦事故の見出しから。

  

 昨日から、イージス艦の航海長を事故当日、ヘリで官邸まで呼び出し、ヘリで帰艦させながら何も情報を伝えなかったとして物議をかもしている。

 今日の番組のテロップと文字スーパーを集めてみた
その1・(こちらをクリック)
その2・(こちらをクリック)
その3・(こちらをクリック)

 私は軍隊と言うものは軍国主義体制であっても、民主主義の国家であっても体質としては変わらないと思っているので、防衛省が隠し事をしても驚かない。

 ただ、テロップに有るように此のイージス艦は初めて通る海域、その上、小型漁船の航行の多い海で自動操縦そして艦長が寝ていたのが驚きなのだ。

 そして、発表される報道も二転三転、おまけに航海長を呼び出してそれを伏せている。
 私は、此れを聞いた時に昔の大本営発表を思い出した。

 戦時中、ミッドウェー海戦で日本の空母が壊滅的損害を被ったなどは発表出来るはずはない。発表していると日本がどうなっていたか予測はつかない。
 しかし現在は、戦時ではない平時なのだ。その平時に民間の漁船に損害を与えながら嘘の上塗りの報道は、昔の軍隊いや軍隊より質が悪いと思うのである。

 恐らく、海外派遣の自衛隊の情報も昔の大本営発表と同じく、国民には都合の悪い情報は流していないということを露呈した事件だ。

 島国の日本を防衛するには軍隊はいらない。国民が暴力から離れた安楽かな生活ができ、外国から世界で一番安心できる国家だと思われることではないか。軍備にお金を賭けるなら、時間はかかるかも分からないが、海藻からバイオ燃料.(こちらをクリック)や公害のない発電の研究にお金を使うべきだ。

 スポーツ界の明暗。(こちらをクリック)
 メディアと朝青龍は犬猿の仲。でも下品な横綱はごめんだ。

 昨日に続いて子殺しがあった。やはり日本の社会は狂っている.(こちらをクリック)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年2月26日 火曜日   隠し事

2008年02月26日 16時42分33秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年2月26日 火曜日   隠し事

 同じ朝日でも関東と関西では、同じトップ記事で違う。現在のように映像メディアが即時にいろいろの情報を伝えてくれるのでその違いが分かるので面白い。
 
    

 浮気なメデイアは、イージス艦問題からロス疑惑に移った感じがするが、朝日の一面のトップには石破大臣が、情報を9時間隠ぺいしたと大騒ぎしている。(こちらをクリック)

    

 私は、自衛隊は憲法違反だと思っている。だから国家が何事も国民に情報を正しく伝える事は行政として当たり前だと思っている。だから此のことに対して抗議はできるのは、護憲を叫ぶ者だけではないだろうか。

 憲法9条が存在するのに、自衛隊を持つことを容認した人々は、情報が一日や二日遅れたことに文句は言えないと思う。その昔の軍隊では此のような情報は民間には伝わらない。軍隊とはそんなものなのだ。

 昔人間は、痛いほど経験しているのは、戦争を遂行する集団は、何事も情報が筒抜けだと絶対に戦えないこと、戦時を経験している人々は知っている。だから、戦う集団として教育された自衛隊(自衛隊も公務員)は都合の悪い情報は流してくれない。

 私は、軍隊を持つのを容認しないのは、軍が力をつけると、秘密が増えるのは当たり前で、制服組が政府の言うことを聞かなくなればミャンマーのようにクーデターもあり得ると言うことだ。

 今回の事件も制服組が己たちの価値観で動いたことが事件の始まりだと思っている。

 庁が省に昇格した事も、制服組が力を付けた事ではないか。訓練の出来てない軍隊は役に立たない、だから之からも此の様な事件はおこるだろう。

 私が言いたいのは、メディアも自衛隊を容認するなら、情報が半日遅れたぐらいで文句を言うな。文句を言うなら護憲を唱えて、日本には自衛隊は憲法違反だと叫ぶメディアだけが、此の問題で正面切って抗議ができるメディアだと思う。
 石破大臣、彼の過去の言動から察すると、人身事故でなければ、居直って「このくらいの事故でグジャグジャ言うな、それでは国民は守れない、と言うだろう。

 テレビのテロップと文字スーパーの切り抜き。(こちらをクリック)

 鈴木宗男議員、今日、高裁の判決がおりた。彼はテレビではいろいろ言い訳をしているが、最高裁に上告するのだろうか。
 彼は地元にお金を運んだのだろうな、それでも当選するのだから。
 今日は、臭う人ばかり、もういいかげんにしろと叫びたい。

 一週間ほど静だったが、今日は二つの尊属事件。心中だけは痛ましい。今年になって20件ほどだなぜだろう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やめて!イラク派兵・京都訴訟

2008年02月26日 16時28分26秒 | 反戦
やめて!イラク派兵・京都訴訟

 昨晩・最高裁に上告するかどうかの原告集会がりました。

 私も、家内と一緒に行きましたが、殆ど高齢の男性で、控訴代理人の弁護士さんもウイークデーで忙しいのだろうか4、5人で、いちまつの淋しさを感じました。

 私の様に法律に疎い人間は、ただ単純に過去の戦争の経験から他国に土足で踏み込むことに抵抗を感じ、原告としてこの裁判に参加させていただいたのです。

 当日頂いた資料。
1ページ。(こちらをクリック)
2ページ。(こちらをクリック)
3ページ。(こちらをクリック)
4ページ。(こちらをクリック)

 判決の内容を拝見しまと、一審は門前払いの感じが有りました。他の裁判の判決は全部拝見していませんので、その内容は分かりませんが、京都の場合は当日頂いた資料の中の4ベージの赤く囲んだ枠の部分だけでも前向きな判決だと思いした。

 原告の中で数人の方が、積極的に発言され中には、自衛隊そのものが憲法違反だから上告もと言う、ご意見も有ったように感じましたが、教育を受けていない人間には法律は難しい。

 私個人としては、上告して最高裁の判断を聞きたいと気もありす。しかし、高裁の判決が覆されるとの心配もあり、控訴代理人の弁護士さんも大変な作業になると判断して上告はしない方がと判断いたしました。

 最後に当日、出席された原告方々の賛否は最高裁に上告は断念する事に満場一致で決まりました。

 一応、ご報告いたします。

 08年2月26日 火曜日  隠し事 (こちらからお入り下さい)

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年2月25日 月曜日 今日はイラク裁判の集会

2008年02月25日 13時07分42秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年2月25日 月曜日 今日はイラク裁判の集会

 イラク訴訟の今後についての原告団の集会が京都の弁護士会館で催されるのと、野暮用があるので、午後はPCの前に座ることが出来ませんので、今日の朝日の社説から。

 朝日の社説
希望社会への提言(18)?「働く貧困層」の自立を支える
http://www.asahi.com/paper/editorial.html

が、載っていた。その冒頭に「 働いても収入が少なく、まともに食べてさえいけないワーキングプア(働く貧困層)が広がっている。」
とあった。

 このブログに何度も書いているが、私が毎日15~6時間も働いてやっと人並みの下の生活をしていたが、昨今は働いても働いても生活ができない階層が増えているのは間違いないようだ。

 私が若い頃、ホワイトカラーとかブルーカラーといって、同じ労働者でも生産に携わる働く者。所謂、肉体労働者を蔑む傾向が現れ、それも有名校出身者を重きにおく社会に変わり、それに従い収入も格差が開いてきたのが現状だと思う。

 それと、バブル時代に収入が良ければと、春闘の度に無闇矢鱈に給料を上げてきた付けも現代社会に悪い影響をあたえている。
 以前にも書いたが、私の職業での値上げは半世紀で5回ほど、だから春闘でサラリーマンは給料が上がるのは良いのだが、その後に必ず物価が上がるので、私にはマイナス影響を受けるのである。
 世界の各国との収入と物の値段のバランスのとれた社会が理想だと思うのだが、未だに日本は経済的音痴国家のようだ。

 その付けが、人の手を煩わせる製造業は、人件費の安い国に拠点を移し、企業としては暴利をむさぼり経営状態は悪くはない。
 しかしその反面、冷凍餃子のような事件が後から後から出てくる。
 
 そして,其の付けが、社説にある。
転載文
「いまや、年収200万円以下が1000万人を超えた。働き手の3人に1人、約1700万人は正社員以外だ。家賃を払えずインターネットカフェに寝泊まりする人が、とくに若い世代で増えている。」

 もう、今の政治家や官僚には日本を任せない社会に成ってしまった気がしてならない。

 そして、大量製造、大量消費が大型店舗を生み、都会おろか田舎の町並みが寂れた日本になっている。

 昨日から忘れていた三浦和義事件で、イージス艦に次いでメディアが曽和胃でアメリカが27年も経って逮捕したとあった。カリフォルニア州では殺人事件は時効がないらしい。
 不鮮明だが番組がロス疑惑経緯のテロップ載せていたので拾い集めてみた。

    

 最後に、朝日に面白い記事がのっていた。地方議員は「奉仕」か「プロ」か(こちらをクリック)

 イラストの拡大はこちらから。(こちらをクリック)
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08/02/24  役に立たずのグラフやイラスト・9

2008年02月24日 15時59分22秒 | 役に立たずのグラフやイラスト
 08/02/24  役に立たずのグラフやイラスト・9

朝日新聞の切り抜き。

1・世界の検索サイト検索回数シェア。
    

2・米ネツト広告市場の推移
    

3・消費期限と賞味期限の違いの認知度。(こちらからどうぞ)

4・後期高齢者の新たな退院支援。(こちらからどうぞ)

 明日は、京都イラク訴訟で最高裁に上告するかどうか、原告団の集まりに行って参ります。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年2月24日 日曜日  TVテロップ集

2008年02月24日 15時53分03秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年2月24日 日曜日  TVテロップ集

 日曜日の定番、報道2001の関東府県の投票予定調査。
 自民のポイントが下がっている。サンプル500人だそうだが、民主党と国民新党の上昇。自民と民主が上がったり下がったり。最近の有権者の心理が分かりにくい。

    

 今朝の時事放談のテロップを集めてみた。
 昨年一年の防衛省の不祥事。(こちらからお入り下さい)のテロップ以外にも色々不祥事が有ったと思う。

 組織の長が不正をして逮捕をされるのだから組織が弛んでいるのは当たり前。
 後は、映像で見て何を感じられるか。

 テロップも各メディアのを集めれば面白いと思うのだが一度に多くは見ることができないから仕方がない。(こちらからお入り下さい)  
 自民党内にも公務員改革を好まない族がいるようだ。政治家にどのくらい官僚出身の政治家が居るのだろうか。
 改革慎重はと書いているが,党と官邸の長は二人とも官僚出身だから、改革反対するのはあたりまえだ。

 最近、とみに気になる事は、古くから有る政治ワイドショーの司会者が、政権よりの発言をするものが増えてきた。これは何を意味するのだろう。

 今日の報道2001で堺屋太一氏がテロップで現在の日本の政治について説明していた。
 「現在」と文字を加えさせて頂いたが、このテロップでは官僚が頭にきているのが分かりやすい。

   

 要は、官僚が国会と内閣を悪く言うと操っているのが、現在の日本の政治。
 本当の民主主義の国家は、
 国民が頭に、議員を選び、議員が内閣を監督して、内閣が官僚に行政をまかせる。
のが、民主政治で、現在のように頭に官僚が来ていると,官僚の思うがままの政治をする。その悪い膿みが出ているのが現在だと言っていると私はそう感じた。

 簡単な防衛省の組織図。

   

 イージス艦問題はいろいろ書かれておられるので書かないが、ただ一つ、責任は200%イージス艦側にある。
 しかし行方不明の親子の方が何故あの大きな軍艦に気が付かなかったか、自動車も早朝、夕暮れの薄暮に事故が多いが、人間注力が緩慢になる時と何かが一致したのだろうか。警笛などはなかったのだろうか。
 悲しくなってくる。

08/02/24  役に立たずのグラフやイラスト・9.(こちらからお入り下さい)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年2月23日 土曜日  行政とは

2008年02月23日 14時26分47秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年2月23日 土曜日  行政とは

 今日は、久しぶり新聞の見出しの切り抜きから、政治に関わるものばかりを集めてみた。
 JRは政治とは別なのかも分からないが、老人の頭の中から国鉄という字は死ぬまで消えないだろう。

    

 この中の三つは、戦後政治が落ち着いてから良く出ている問題だ。国家の懐が暖かい時には、官僚が何をしようが、政治家も国民も気が付かないというか見逃していたのだろう。
 特に政治家は、彼等と手を繋ぐことによって己の利益になるので、気付いても見逃していたかもわからない。国も地方も、赤字を抱えるようになって不正が表に出だしたのだと私は思っている。

 昨年の漢字は「偽」だったが、今年も政治も社会も「偽」から始まって「嘘」で終わりそうな感じになってきた。


 今日の朝日新聞の明日を考えるに、前・鳥取県知事(1999~2007)片山善博氏の談話が載っていた。
文中の見出し。
   

その中で気になった。
 「お付き合い、考えさせてもらわねば」 
    (知事時代、威圧を感じた省幹部発言)
を切り取ってみた。(こちらからどうぞ)
 そして、その中のグラフも取り出して、貼付けておく。
   

 此の記事を見て感じたことは、先日の岩国の補助金カット問題で見られるように、政府に逆らう地方自治体には有形無形の圧力をかけ、国家に逆らうとどのようになるのか。無言の圧力をかけていると感じる記事だった。

 京都は官僚出身の市長に成ったが、市職員の不祥問題は無くならないと思う。
 大阪を見よう。大阪はあれだけ大騒ぎをして前市長を再選して裏金などは無くなったと思ったが、民間市長が誕生すると、裏金が出てくる。
 近畿で、民間と官僚出身の二つの自治体、注意深く見守っていこう。

 問題は、国民に国に逆らう自治体の長を選ぶと、お前たちはどうなるかと無言の圧力をこの記事が教えてくれている。

 穿った見方をすると、このグラフは、片山知事になって公共事業が減っている。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年2月22日 金曜日  海軍さん

2008年02月22日 15時48分46秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年2月22日 金曜日  海軍さん

 日本は口では自衛隊と言っているが、私は海軍さんとしか写らない。

 今日の海軍さん(自衛隊)に関したテロップを集めてみた。(こちらからお入り下さい)
 三軍の長の石破長官が被害者の家族に謝っていた。見た目は慇懃に見えるのだが、彼の日頃の言動から見れば、慇懃尾籠としか写らない。

 彼が日頃言っている。
「軍隊が無ければ国民は守れない」
平時において、その全く逆の現象が起こったのだ。仮定だが、もし紛争が有ったとして、イージス艦が漁船を回避するのだろうか。絶対蹴散らしていくだろう。それが戦争と言うことを戦争を知らない国民は知ってほしい。

 人間、環境が180度変わると吃驚もするし反抗もする.しかし、目に見えないくらい少しずつ変わると全く気が付かなく、体も気持ちもそれに順応してしまう。
 一番良い例が、地球温暖化による環境の変化だろう。私の子供の頃を考えると、全く変わってしまっているが、それが分からないのである。

 自衛隊も目に見えぬうちに完全に軍隊成っているのだが、国民は自衛隊と思っている。

 私がこの事件の最初の報道で、自動操縦と聞いて、素人でも日本近海でナンデヤネンと思ったのは、自衛隊は軍隊だ艦長以下乗組員に驕りを感じ、そこのけそこのけイージスが通るだったのだと感じた。

 昔は軍、至上主義て軍には逆らえなかった。今感じることは知らず知らずに昔の軍国主義に向かってジリジリと変わりつつある空気を体感する今日この頃。
 防衛省の職員がまたもや汚職で逮捕されている。

 テレビは、各紙の目玉を紹介してくれるので面白い。(こちらからお入り下さい)
● イージス艦が漁船に警笛を発せず、いま報道で乗組員は当時のことは覚えていない。口止めされたのか乗員が弛んでいる証拠。●投資家の思惑で原油はどこまで上がるのか。●NYでは金も値上がり。●国交省の公益法人がも報告書たった三部で1億円なんじゃこら。●中国5000年の歴史があるから選手村の食事は安全。しかし5000年前は農薬などはなかったよ。餃子事件でも若し中国に問題があるのなら包み隠さず表に出す方が皆さん500年の歴史を信用するだろうな。

 昨日のサッカーの続き。全試合を見ていたが、川淵の切れるのはよく分かる。K1の飛び蹴りみたい。骨折などなくて不幸中の幸い。(こちらからお入り下さい)

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

京都イラク派兵差止控訴審判決

2008年02月22日 15時37分44秒 | 反戦
08年2月22日 金曜日 イラク派兵差止控訴審判決

 鳥居さんが、社会学・社会哲学的視点からご自分のブログ
鳥居正宏のときどきLOGOSの中で判決を傍聴され、イラク派兵差止訴訟京都原告団控訴審の判決文を御覧になって感想を述べられています。
鳥居正宏のときどきLOGOS
 イラク派兵差止控訴審判決文旨ム社会学的視点も加えて。
http://tokidokilogos.blog109.fc2.com/blog-entry-108.html

を御覧下さい。

 法律に疎い私ですが、鳥居さんは私の思いを殆ど書かれています、ご苦労様でした。

 ただ、京都訴訟の発足のおり、他の訴訟団では門前払いに等しい扱いを受けているので、京都の場合は控訴人請求の要旨として(平和を求める良心の侵害)を表に出すと説明だったと記憶しています。

 ただ、私のように法律に疎い人間は、だだ、ただ付いていくのみで、難しいことは分かりませんが、一審の京都判決文より(PDF)
http://yufuu.com/user/goken/kyotohanketsu.pdf

大阪高裁の判決文の方が、少し踏み込んだ判決だと感じたのは、収穫かもわかりません。

 ただ一つ、法律家の視点と、歴史社会学者から見るイラク訴訟とは、歩く方向は同じでも、歩く道が違うのだと感じました。

 08年2月22日 金曜日  海軍さん。(こちらからお入り下さい)

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

イラク派兵差止京都訴訟・高裁判決文その2

2008年02月21日 15時40分10秒 | 反戦
イラク派兵差止京都訴訟・高裁判決文その2

11ページ。(ここをクリック)
12ページ。(ここをクリック)
13ページ。(ここをクリック)
14ページ。(ここをクリック)
15ページ。(ここをクリック)
16ページ。(ここをクリック)
17ページ。(ここをクリック)
18ページ。(ここをクリック)
19ページ。(ここをクリック)
20ページ。(ここをクリック)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

イラク派兵差止京都訴訟・高裁判決文その1

2008年02月21日 15時21分00秒 | 反戦
 イラク派兵差止京都訴訟・高裁判決文その1

「イラク派兵差止京都訴訟・高裁判決」(PDF)

イラク派兵差止京都原告団控訴審判決文をPDFファイルで御覧になられない方のために映像で。

1ページ。(ここをクリック)
2ページ。(ここをクリック)
3ページ。(ここをクリック)
4ページ。(ここをクリック)
5ページ。(ここをクリック)
6ページ。(ここをクリック)
7ページ。(ここをクリック)
8ページ。(ここをクリック)
9ページ。(ここをクリック)
10ページ。(ここをクリック)

イラク派兵差止京都訴訟・高裁判決文その2
 11ページ~20ページまで。(ここをクリック)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年2月21日 水曜日  中国と日本

2008年02月21日 14時59分42秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年2月21日 水曜日  中国と日本

 皆さんはイージス艦問題をお書きになり、私の言いたいことは皆お書きになっておられるので、違う角度のものを一つ。
  
     

 まず、中国で作った食品から次から次へと薬物が検出される。
 私は、善意に解釈すると、之だけ次から次へと問題が出てくると、中国で混入されたし思わざるを得ない。
 何故だろう。テレビ番組なので100%信用はしていないが、中国のぶどう農家が、もの凄い量の農薬を散布して、レポーターの質問に「ワインになるから大丈夫」と言っているのだ。
 だから彼等は薬物についての知識と、ワインは自分達の口にしないという安易さがそうさせるのかも分からない。

 もう一つ、確かに先の戦争で日本は中国に多大な被害を与えたのは間違いない。しかし、戦後に中国に対しての政治的配慮が足らないためか、半世紀に渡って中国の日本バッシングの教育が、中国の国民の心にしみ込んでしまい、日本向けの製品には知らず知らずに注意力が緩慢になった結果かもと善意に解釈している。
 だから、これを解決するには、日本で取れたものを日本人が作るしか仕方がないだろう。

 日本バッシングで中国国民の心理状態が回復されていない一つの証拠が、昨日のサッカーに現れている。中国政府は前回の北朝鮮と日本戦のサポーターの態度で気を使っているのは分かるが、ラフプレーが目に付いて、二人ほ日本の選手がタンカで運ばれていたのは両国にとって不幸なことだ。
 番組では「大きな混乱なし」と有ったが、日本選手も腹が立つのは最もだが、反撃をしい方が良かったな。 
 画像は少し不鮮明だが、コマ撮りで騙取してみた。(ここをクリック)

 番組の新聞記事の紹介の一部だが、相手はフィリピン女性だが、彼等は人種の判断は付きにくいとおもう。(ここをクリック)
 程度の低い兵隊は撤兵して貰うしかない。
 安保条約は破棄しよう。軍隊などはいらないよ。


イラク派兵差止京都原告団控訴審判決文をPDFファイルで御覧になられない方のために映像で書き込みいたします。
 数が多いので、二つに分けてお送りいたします。
 1ページ~10ページまで。(ここをクリック)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年2月20日 水曜日  菅と東

2008年02月20日 15時17分46秒 | メディアのイラスト・グラフ・テロップ集
 08年2月20日 水曜日  菅と東

 今日は、先日の判決文の整理がありますから簡単に。

 昨日、民主党の菅代表代行と東国原宮崎県知事と論争があった。
 東知事は民主党が自分の都合で予定をコロコロ変えることに不信感を持っていると言うより、基本的には民主党が嫌いの様だ。(ここをクリック)

 私は、現在の正当に好きな政党は全くない。口では良いことを言っているが心が感じられないのだ。
 しかし、現在の一党独裁を打破するには、民主党支持しかないので、究極の選択として民主党を支持しているのだが、特に民主党の指導者に心が感じられない。と思うのは私一人ではないと思う。それが伸びない最大の原因だろう。

 東国原知事が最後に言った。宮崎に道路がないのは、地元出身に有力な政治家が居なかったからは、全く同感で、田舎といえども有力政治家のいた所は結構開けているのではないか。

 政治家が地元で、国家から予算を取ってきたと報告するのが、その証拠だろう。

 日本の政治は何事も後手、後手。自衛隊が国民を守ると威張っているが、外国に攻められ、気が付いていたら日本の半分は占領されていたという笑い話になりかねない。事故を起こして担当大臣までの報告が二時間近くかかっているのでは防衛などは出来っこない。(ここをクリック)

 新聞では自衛隊がなぜ、なだしおの教訓が生かされていないといっているが、人間は事故を起こすのは当たり前で、事故のないと云うのは100%ありえない。
 また、年に一度の航行安全講習、訓練ぐらいでは尚更防ぎっこない。

 軍備は訓練は絶対必要。なぜ憲法では軍隊の持てない国家がイージス艦やロケット、戦闘機があるのだろう。武器の数が増えるほどこの手の事故は増えてくる。

 其の様なことは有り得ないと思うが、あべこべイージス艦が沈んだら1400億円がパーになる。
 平和な国民諸君は考えたことがあるだろうか。もし戦になったら、どれだけの武器や兵隊が消耗するか。それが、どのくらいの金額なのか。計算すると吃驚するだろう。日本の国家予算など直ぐにふっ飛んでいく。
 昔の傷跡が未だに残っているのが戦時の遺族年金だろう。

 政治家で、日本の軍備の予算を民生にまわすとどうなるか。数値を上げて小学生にでも分かりやすく示してほしい。
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする