護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

07年8月31日・金曜日 今日のイラストとグラフ

2007年08月31日 17時27分41秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年8月31日・金曜日 今日のイラストとグラフ

 今日は、松島局長について面白いテロップが出ていたが、あまり不鮮明なので作り直さなければならず、時間がないので後日紹介する。

 中国と台湾の軍事バランスの変容が載っていた。 (拡大はここをクリック)
 
     

 中国の実力からいえば、台湾なぞ一ひねりの様なきがするが、後ろに大国が付いていると手を出せないのが本音だろう。

 それより、中国の国防予算が出ていたが、中国の経済成長に伴い軍事費の突出が気にかかるグラフだ。 (ここをクリック)

 小学校の授業時間が増えるそうだ。小学校の事業時間の推移と主な国家の授業時間のグラフを載せた。 (ここをクリック)

 沖縄の飛行機事故は、整備の問題だけではなさそうだ。足らなかったワッシャーの図解が載っていたのであげてみた。 (ここをクリック)

 先日、奈良の医療施設の受入先がなく流産した問題。昨今は少子化のため収入が少なく、その割に24時間待ったなしで落ち着いて休めない産婦人科医師のなり手が少ないそうだ。
 全国の分娩施設数及び産婦人科数のグラフ。 (ここをクリック)

コメント (1)   トラックバック (6)

07年8月31日・金曜日  AM11時のニュースから。

2007年08月31日 15時52分52秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年8月31日・金曜日  AM11時のニュースから。
 自民党の支持率が上がっている。一寸した事で支持の上下は毎度のことで驚かない。
 閣僚の中では舛添厚労大臣がダントツだ。昨日の朝ずばっに初めて舛添厚労大臣でていたが、朝ずばっは、厚労省の天敵だと冗談を言っていたが、松嶋元厚労省九州厚生局長の話に触れると、顔が急に引き締まって、厳正に法に則り処罰をと言っていた。

   

 今日の発言を聞いていると、若干後退した感じがあるが、彼は以前の菅直人大臣と同じ匂いを感じる。彼が官僚を押さえきれば、急激に自民党の支持率が上がる可能性をかんじるので、私たちには痛し痒しの人物だということは間違いない。
 舛添大臣は何度も法に則って、とか、彼が退職しているからと言っていたが、誰が見ても犯罪と思う行為を裁ける公務員法を創れない議員は無能といわざるを得ない。国民の中で官僚に立ち向かえるのは、国会議員しか居ないということを肝に銘じてほしいものだ。公務員を裁く法律に反対候補者は、次の選挙に投票しない運動を繰り広げたいものだ。

 最新ニュースによると、新人事の大臣や政務官に問題が出てきた。
 (拡大はここをクリック)

       
 
 先日の守屋事務次官が防衛省常勤の顧問に就任が決まっている報道のメディアの質問に、高村防衛大臣が気色ばんだ口調で言っておられたので、そのテロップを貼付けてみた。

 素人と考えだが、高村大臣の本心は何に向かって腹を立てているのか分からない。先日も書いたように事務方が勝手に決めたことでこの人事がほんとうなら、それに対してお腹立ちなのだろうか。
 守屋次官は、前大臣はハッキリ物を言う女性なので、早くから決まっている、この人事に反対をいわれるのではないかと先手を打った感じがして、官邸が彼の口車に乗ったと言えないことはない。

 不思議なのは、キャリアになると退職先を自分で設定して引退する。それを許している官邸もどうだかと思うが、これでは、シビリアンコントロールどころではなく、何をやらかすかわからない。
 彼は、在日米軍の再編についても「日本のためにも米国のためにも良かった」と言っていたが、全く信用はできない。
 婆さん曰く小池大臣の時に出た彼を見て「どこかの組の親分かと思った」と笑っていた。


 もう一つ、注目しなければならないのは、与謝野官房長官の態度で、表にはっきり物を言う態度は、今までの官房長官とひと味違った感じがした。
 この守屋事務次官問題。高村大臣や与謝野官房長官がどのように対応するか。
もし彼の顧問就任を拒否すれば自民党の支持率が上がりそうなので、彼の言いなりになってほしい。? ? ? ? ?

   

 民主党よ「勝手兜の緒を締めよ」この政権を侮ってはいけないと言いたい。


コメント   トラックバック (7)

07/08/30 イラスト集

2007年08月30日 19時51分29秒 | メディアのイラスト・グラフ・テロップ集
07/08/30 イラスト集

 以前から、新聞やテレビ番組からイラスト・グラフを集めています。
 そこで今回、新聞とテレビのイラスト・グラフコーナーを新設してみましたので宜しかったらどうぞ。

 第一回は、日本外交文書の公海に着いて説明があった。やはり日本は透明性がないようだ。
その1 拡大は (ここをクリック)
     

その2 拡大は (ここをクリック)
      

 私のような凡人には、難しいことでもイラストや表やグラフは何となく分かってすきだ。
 1赤枠内の表・外務省の外交文書の公開の流れ
 2外交文書の開示期間と内容 (ここをクリック)

 何度か書いたが朝日新聞にニュースがわからん。というコーナーがあり、面白いことを教えてくれる。
拡大は (ここをクリック)
      

イラストは (ここをクリック)

 今日は、取り調べの「可視化」って?が載っていた。取り調べ側は、嫌がっている様だが、冤罪は防げるのではないだろうか。

コメント   トラックバック (2)

07年8月30日・水曜日  許せない話 2

2007年08月30日 19時39分33秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
 07年8月30日・水曜日  許せない話 2
 
  
 昨年奈良で医療側の受入先がなく妊婦の方が亡くなった。その時最後に受け入れた施設は、家内が定期検診に行っている国立循環器センターと聞いて、奈良から吹田までの間に受け入れ病院が無かったか。医師不足というが、医療技術は発達していても、やはりモラルの問題なのだろう。

    
 テレビで見ていると、奈良県立医大は、その時手術中だとか、空きベッドがあったとか無かったとか、空きベッドが無くても緊急処置はできるのではないだろうか。

 私も昔は医療に関わる仕事をしていたが、医師になるには、財がないと絶対になれず、それが、才能もないのに二世三世と続いていく、そこに特権意識が現れている感じだ。

    

 ところが今朝の放送の中の新聞記事の紹介の中に、年収400万円未満の家庭は授業料全額タダと書いてあった。
 国公立の医大が定員を増やし、低所得者の子供たちの授業料免除にし、本当に医師になって苦しんでいる病人を治したいと人間性のある人を集めれば、特権意識のないお医者さんが育つのではないか。

 医師になるには、お金がかかるから金儲けして当たり前だという感覚のDRも少なくなるだろう。

 以前から、新聞やテレビ番組からイラスト・グラフを集めています。
 そこで今回、新聞とテレビのイラスト・グラフコーナーを新設してみました
イラスト集はここからお入り下さい。 (ここをクリック)



コメント (2)

07年8月30日・水曜日  許せない話。

2007年08月30日 15時30分06秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年8月30日・水曜日  許せない話。

 自民党の国防安全合同部会が来年度の防衛予算を出したらしい。
 
  

 5兆近くの予算だが、安保でアメリカに使っている予算を入れると膨大な数字となるだろう。

 私はもこの中で許せないのは、国産ステルス戦闘機の開発費である。

 今まで戦車やイージス艦、航空機、潜水艦など、国民の知らぬところで武器を開発製造してきた。それを国民が受け入れてきた経緯がある。此れでは、戦時中の国民が国家のすることは何でも受け入れていたことと同じだ。
 私も今さら此の様なことを言っても手遅れかも分からないが、ステルス戦闘機となると攻撃形兵器の開発で防衛形兵器の開発ではない。

 やはり、ゼロ戦や隼などの兵器開発を思い出し、いくら考えても憲法に違反していると思う。
 軍事予算は、どぶに捨てる予算でプラスになるものは全くない。ステルスを開発すると、他国はその上をいくものを開発する際限のない軍事設備投資になるだけだ。
 そして、日本のように負けるとどうなったかを教えるものが居なくなったために、またぞろ兵器開発戦争に首を突っ込みかけた国家に成り下がってしまった。


 自民党の大物が、領収書改ざん5重に計上。やっぱり議員さんは金銭感覚がずれている。というより、国会議員は何をしてもフリーパスという感覚が身にしみ込んでいるとしか考えられない。
 
テロップ1
   

テロップ2
   

この言い訳は罪の意識が全くないと言うことを物語っている。

 新しい内閣からも、誤魔化し議員が出そうだ、自民党議員は自分で己の首を絞めている。

コメント   トラックバック (2)

07年8月29日・水曜日 新聞の世論調査とアンケート

2007年08月29日 16時32分56秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年8月29日・水曜日 新聞の世論調査とアンケート
 新内閣が誕生すると各社がアンケートを出す。私は朝日新聞しかとっていないなく、Webで他社のを見るのに時間がかかるが、テレビは各社のアンケート結果を見せてくれるので比較ができるから助かる。

   

 面白く感じるのは読売新聞、何時も政権に甘い数値が出る。

  

 朝日のそのアンケートの見出しをあつめてみた。
 私が見ても改造内閣支持は30%くらいが順当な感じがする。

 テロ特措法は、女性それに若年層に反対があるという。賛成者の多いのは団塊の世代だろうか。案外老人層に多いのではないだろうか。

朝日新聞のグラフ集

安倍内閣の支持率 テロ特措法 延長への賛否 (ここをクリック)

自民・民主の支持率  安倍首相の続投 賛美とその理由は… (ここをクリック)


新内閣 13閣僚の収入が載っていた。やはり大物は桁数が違う。

     

 05年の自民党三役と13閣僚政治資金を取り出してある。 (ここをクリック)


コメント   トラックバック (4)

07年8月29日・水曜日 テレビ番組の中から

2007年08月29日 15時34分25秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年8月29日・水曜日 テレビ番組の中から

 各省庁の事務引継の映像が流れている。

  

 その中の防衛省映像を取り上げてみた。
 識者の多くは、小池大臣の不手際を指摘している。
 政治の中身は素人にはまったく分からない。しかし,今までの政治を見ていると官僚ともめ事のなくスムースに行われていた省の大臣は無能な大臣で、事務次官の言うなりになって居る大臣ばかりのような気がする。

 今回の一連の騒動は田中外務大臣のときとよく似ている感じがする。
 彼女の防衛大臣の職責は別として、私の感じたことは、事務次官は彼女を無視した行動を取っていたのではないかと、映像の表情で感じられる。

 私が思うのは、今回の一連の騒動の後始末は彼が思った通りになったと思っている。注目したいのは、彼が退官した後、彼の処遇どうなるかである。

 因に田中眞紀子大臣の時の事務次官は、何処かの大使になったのではなかったのだろうか。
 どうも,官僚は出しゃばり女性は嫌いなようだ。


  

 喜ばしいことは、韓国人人質が全員帰ってくるという。ころころ話が変わるので、無事に帰ってくるまでは安心できない。

 注目したいのは、解放条件に
● アフガン駐留韓国軍舞台の年内撤退
● 宣教活動中止
とある。考えるとイラクも宗教が絡んだ揉め事ではないだろうか、だから宗教は好きになれない。
 イラク特措法も思いきって打ち切るときが来ているのではないか。



 ローカルな話だが、奈良も政務調査費だ。国家も地方も議員に当選すると途端にお山の大将。政務調査費と言うようなもっともらしい名前でなく、議員様のお小遣いとしてくれる方が庶民には分かりやすい。

 私の分からないのは、私たちでしたら、借金が出来ると、家計から始末をする。それで駄目なら夜逃げに一家心中。と言うことは即懐にお金がなくなるからである。

 最近地方では、首が回らなくなってきた所も現れているが、等の議員さんは割と暢気そう。

 国でも大きな借金を抱えているというが、議員や官僚には月給が滞らないから現実感はない。行政改革と言うが、逆に訳の分からない無駄遣いが多い。
 そして首相が外遊すると、何十億何百億のお金をばらまいてくる。

 国民には政治というものが全く見えてこないのが日本の政治だ。

 
コメント   トラックバック (2)

第6部 京城と総括編  その1

2007年08月28日 16時46分32秒 | 戦前・戦中・戦後を語る
第6部 京城と総括編  その1

 同窓会誌の中に、朝鮮の鉄道駅名の図形がありましたので、貼付けておきます。
その1北部編(咸鏡北道) (ここをクリック)
その2南部編(咸鏡南道) (ここをクリック)

 師範学校の寮生活で体を悪くして下宿生活をすることになりました。

 町の名前は長谷川町、母からの最後の手紙を持っているので其処の住所はそれに書いていますが、何故だかこの頃の記憶は忘れていません。

 その場所は,朝鮮総督府前の大通りを南大門に向かってY字道路の分かれた突き当たり所に有りました、そして、そこは中華街になっていて、その真ん中に下宿はありました。
  
 周りは中国人の中華料理屋が2~30軒ほどかたまっていて、今でいう横浜や神戸の中華街程では有りませんが、中国人租界の様な感じになっている場所で、食料事情が悪いときでも、裏に回れば結構何でもあったのが今でも不思議な感じがしております。
 気を許せる様に成ると、マントウ(豚マン)も手に入り、お陰で此処に下宿してからは、お金さえあれば余り腹ぺこは経験していません。

 ここの下宿は、京城帝大それに京城歯科医専と京城師範の生徒が20人程下宿していたと記憶しています。

 少し当時の師範学校について説明をすると、京城師範は朝鮮では唯一官立でしたので、毎月官費は国家から支給されていました。
 確か、当時の先生の初任給は60円ほどでしたからその70%ぐらいで、毎月の下宿代を支払ってもお釣りがくる金額40か45円程だと記憶しております。(現在の先生の初任給から計算してみて下さい)
 ですから、官費が支給されると、下宿の二回から中華屋のおっさんに声をかけ、二階の窓からマントウや餃子を手渡してもらったものでした。

 あの物資の少ない時に、彼等は民族間の裏で何かがあったのだと思います。
 いま思い出すと、昭和19年の冬休み前に一人の中華屋のオーナーの中国人が、憲兵に殴られ連れていかれました。聞くともうこの戦争は終わると言っていたのが官憲の耳に入って連れていかれたらしいのです。

 恵山鎮編に書いた、父に朝鮮人の行員の一人が、「日本は長くは持たない」と言いっていた事を合せて考えると、この時、昭和19年後半頃から朝鮮の地下組織動きが活発に成って来たのだと思います。



コメント   トラックバック (5)

 07年8月28日・火曜日  新内閣

2007年08月28日 16時40分21秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
 07年8月28日・火曜日  新内閣

 新内閣については、皆さんが色々語られていますので、テレビの映像の中のフリップから、新内閣を命名すると、どう命名するか与野党8名の方の、今回の内閣に対しての命名を、やじ馬的に載せてみました。映像状態がよくありませんが御覧下さい。 (拡大はここをクリック)

     

 これも野次馬的ですが。
 衆参本会議の閣僚席も格があるようで、今回のひな壇の席順が新聞に載っていました。

      

私の過ごしてきた朝鮮時代の体験記
第6部 京城と総括編  この1  (ここからお入り下さい)

コメント   トラックバック (3)

07年8月28日・火曜日  先日はロシア・今日は中国

2007年08月28日 15時20分52秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年8月28日・火曜日  先日はロシア・今日は中国

 日曜日にロシアの飛行機撃墜事件があった。

 今日の朝刊を見ると中国の海軍の駆逐艦を主体とする艦隊が二度も東シナ海から沖縄周辺に展開したと載っていた。 (拡大はここをクリック)
 
      

 私は中国の海軍力はどのくらいのものか知らなかったが、駆逐艦・フリゲート艦70隻。潜水艦も60隻保有いていると書いてる。
 駆逐艦と言っても昔と違いミサイルを搭載するのだから性能は、昔の戦艦より上だ。
 軍事評論家は、海外に向けて己の力をアピールしたといっているが、昔と同じ軍拡競争をしているような気がしてならない。
中国艦隊の航行図  (拡大はここをクリック)

 6月の新聞に日本の戦闘機の変遷の表グラフが載っていたのを切り抜いて保管してあるのを挙げてみる  (ここをクリック)

 これを見ると、世界でもトップクラスの戦闘機をこれだけそろえると、近隣諸国を刺戟するのは当たり前。

 そして、日本にヘリ空母「ひゅうが」が浸水したとあった。おそらく装備は近代科学を集約した装備だろう。


 記憶は定かでないが、その昔、あまり良い運命ではなかった日向と言う戦艦があった記憶がある。

          

 しかし、このヘリ空母の写真を見ると、昔の小型空母を見ている感じだ。

 次期国会では特措法が問題視されている。考えてみよう自衛隊を海外に派遣できるということは、自主防衛枠を越えて、攻撃できる軍隊なのである。
 燃料の給油といっても自主防衛枠を越えた装備ではないだろうか。
 私は自衛隊という名前が紛らわしく軍と認識して、護憲論争をしないと、自衛という二文字に誤魔化されていると思うのだ。

 
 よく考えると、安保に守られ、アメリカと共同歩調と、アメリカの言う成りの装備を持った軍を持ったために、周辺諸国が要注意国家と言われる日本になったと思う。
 と言う事は、日本が勝手に敵を増やしてしまい。昔のように軍の装備かどんどん拡大していくのが恐い。

 付録
 ブログの皆さんは物知りですから、何でもご存じだと思います。
 しかし、庶民は中国の偉いさんの名前や、名前を聞いても何番目の方か分かりません。
 以前に、取り込んでいた中国の偉い順のテロップをのせておきます。
 (ここをクリック)

コメント (1)   トラックバック (7)

7年8月27日・月曜日  狂った社会  海外編

2007年08月27日 16時41分20秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年8月27日・月曜日  狂った社会  海外編

     

 中東がテロの本場だと思っていたら、インド南部で連続爆弾テロで40人も亡くなっている。
 なぜ、テロが起こるのだろう。戦争中の事では日本人は惨たらしい人種だと言うことが定着しているが、もしかしたら世界で一番大人しい人種は日本人かもわからない。

 ギリシャでも山火事があった。テレビの映像だが、山全体から赤い炎を上げている山火事は初めて見る。遺跡まであと100メートルまで迫っているという。
 放火だそうだが、政治絡みでないことを祈りたい。


中国が温暖化対策に動き出したという。(拡大はここをクリック)

      

 オリンピックで、各国の視察団が、あまりの空気の汚れに驚いていたのが効いたのか。
 と言う事は、オリンピックを北京に持っていったことは悪くはないのかも分からない。
 しかし、量的削減目標はノーと言うことは、やはり中国、されど中国だと言わざるを得ない。

 空気も政治も汚れていると気付かなくなる証明を中国が示してくれたのかも分からない。
コメント   トラックバック (7)

07年8月27日・月曜日  狂った社会  日本編

2007年08月27日 15時37分57秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年8月27日・月曜日  狂った社会  日本編

 今日は組閣の日なので、メディアはそちらの方に目がいっている。

  

 しかし国内を見ると、相変わらず悲惨な事件が毎日のようにある。三人の闇サイトの仲間が見知らぬ女性から現金を奪って、顔を見られたということで殺害、死体を遺棄している。
 今、テレビニュースで、この連中は次の犯行を計画していたと言っている。やっぱりこの世の中は何処かが狂っている。何でこんな国家になったのだろうか。

 もう一つは、娘さんがお母さんを殺害している。旅館経営と言っていたのでそうお金に不自由していることもないと思うが、何が原因なのだろうか、精神的負担が重なったのだろうか。最近は尊属殺人が多いのはなぜだろうか。

 先日も書いたが、私の回りにも親の介護で、きりきり舞いしている家庭もある。そして、ぎりぎり生活で、介護保険の一割が出せない家庭もある。さりとて生活保護も貰えないのだから、この階級の方は、生活保護所帯より苦しいのではないだろうか。

 裕福な政治家、官僚は社会の底辺でうごめいている、ボーダーラインすれすれの国民に目を向けるべきだ。



 闇サイトと言えば、今年になって起こった私の出来事を一つ。

 老人党時代から,社会派の書き込みをしていると、なぜかスバムメールが入り出し、多いときは1日100も入る時がある。それいらいプロバイダーのスバムチェックを依頼した。

 その後ブログを初め、どのようなものか分からないので手探り状態だったが、或る時TBしてきたのを何気なく開くと、裏社会のブログでしたので、削除しましたが、ワンクリック詐欺の様で、それから毎日請求書が入って来出したのです。
 スバムチェックしていますらスバムのホルダーにはいるのです。

 消費生活安全センターに相談しますと、無視することと二、三注意を受けました。私のパソコン情報が私の使っているPCの二台に機種まで、みんな分かっている、なんと気持ちの悪いこと。

 7月頃より、
 (当方より再三のご連絡に対しまして、ご対応して頂けませんでしたので、誠に遺憾ですが、8月20日を持ちまして少額訴訟とさせて頂きます。)

 が入り出し、多い時には一日10通のメールが入り出したのです。

 ただ、本物の少額訴訟が来たときの用意だけはしていますが、8月20日以降は全く嫌がらせメールは入らなくなりました。
 目下のところ何事もありませんが、気分の悪いことわるいこと。

 皆さんベテランですから良くご存じでしょうが、悪質TBにはご用心ご用心


 
コメント   トラックバック (4)

07年8月26日・日曜日 テレビ番組から  塩爺と藤井裕久氏の対談

2007年08月26日 19時25分40秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年8月26日・日曜日 テレビ番組から
今日の朝日に、自民と民主の新参議院議員の志考分析が載っていた。朝日を購読していない方は拡大しますので御覧下さい。 (ここをクリック)

         

 グラフも拡大しておきます。(ここをクリック)

 今朝の時事放談は塩爺と藤井裕久氏の対談だった。

 まず、防衛省問題だが、二人とも小池大臣の手続きが悪いと言っている。
 塩爺は、事務次官は省内から任命すべきだし、電話一本で辞めさせるのが間違っていると言う。
 そして省に昇格したのだから省内からとると言う。それは自衛隊が軍の組織と容認したことに直結していると思う。
 いちいち大臣が部下を首にするのに、首にする本人に次の人事を聞くということは面白い慣習だ。これでは官僚主導はいつまでたっても続くだろう。

 そうなると今後、事務次官が事務方でなく、現役の自衛隊から出てくる可能性がある。昔のように陸海それに空と別れて大臣が出てきそうだ。自民党は着々と昔と同じ軍隊を作りつつある。

 佐藤正久氏、ブログでもメディアでも問題に成っている。彼のような発言は大問題だが、私は200%あり得ると思っているので驚かない。
 なぜなら、昔から軍隊という組織は大きくなればなるほど、装備や隊員の士気を試したがるのが殺人を好む軍隊だからだ。

 彼が言うように、他国の軍隊が目の前で攻撃されているのを放っとくと国際社会にボイコットされるだろう。恐らく彼は、裏ではそこまでつめて派遣隊長に成ったのだと思う。私が彼の立場だったら色々な事を想定して、それに対しての対応は煮詰めて派遣隊長になる。それが兵をあずかる武人だからだ。
 だから小泉首相は其らの事も判っていて派遣したと思う。それでないと佐藤正久議員のあの様な発言につながらないと思う。

 それだから軍隊など絶対に持ってはいけないのだ。派兵は反対なのだ。

 先日、京都のイラク訴訟は敗訴した。その控訴審が9月11日に大阪の高裁で第一回の裁判がある。老いると大阪まではしんどいのだが、高等裁判所というものを体験して来ようと思う。高裁で訴訟団は佐藤正久議員発言を持ち出すのだろうか。


 それと塩爺は、現在の議員にベテランが居なくなったと手書きで数値を出してみせていた。それは、10年以上の経験者が少なくなっているというのだ。
 それは、新米議員が勉強する時に役人を呼んで勉強するのだが、役人は自分の都合の良いことだけしか教えないから、役人主導の政治になるといっていた。

 考えるとそうかも分からない。しかし今度は古くなると役人とつるんで悪いことをする政治家が出てくるから困るのである。

 もう一つテロップが出ていた

  

 其の中の国政調査権でも官僚は絶対自分が都合の悪いことは持ってこないだろう。古い議員だと彼等が嘘を言っているかどうかが分かるが、民主党は6年以上の議員は16名では、心ともないと言っている。

 私が、国政調査権と言うものが分かったのは、参議院選挙で民主党が勝ってからだが、自民党が今までなぜに国政調査権を使わなかったのだろうか。やはり自民党は国民に目を向けていなく、官僚とつるんでいるとしか言い様がない。

 問題は、国政調査権を発動しても、資料を隠したり、嘘のものを持ってきたら、懲戒免職ぐらいのペナルティは必要ではないだろうか。

 世間の大衆は政治家が政治をしていると思っている。この私も付この間までそう思っていた。
 防衛省の問題を含めて、日本を潰すのは官僚だとおもう。
 よく考えると、あの忌わしい戦争も軍隊という官僚が始めたものなのだ。

 之からの選挙は有名人ではなく、真面目に政治に取り組む人間を選ばなければと思うが、国民にとっては一番難しい課題を突き付けられた思いだ。


コメント   トラックバック (4)

07年8月26日・日曜日 新聞の切り抜き 恐い話。

2007年08月26日 15時35分17秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年8月26日・日曜日 新聞の切り抜き 

 恐い話。 (拡大はこちらから)

     
 私は、今年になってからのロシアの動きが気持ちが悪く感じている。
 ロシアは、経済が破綻してベルリンの壁がとれて、強権的国家が壊滅すると、力で押さえていた属国が、ロシアの思う通りにならなくなってしまったのが現状だろう。
 日本には是等の国家の情報は伝わらないから本当のことは分かりにくい。

 最近の世界を見ていると、強国に対して弱小国は表向きは従うように見えて、腹の中はそれと反対の国家が多いと感じているのは私だけろうか。

 ロシアとグルジアのどちらが本当のことを話しているか分からない。基本的に領海、領空を侵犯する国家は、平気で、侵犯してきた他国の船や飛行機を撃墜する傾向がある。
 昔の国境は線引きできるが、海や空は鉄条網も張れないので、国境線でもめることが多くなっている。

 昔、子供のころどこかの地上で、同じような話を聞いた記憶が頭をよぎる。


 なぜ、ソ連という国家は、他国を刺激する国家なのだろうか。
 この、小さな出来事が火種にならないことを祈るのみ。

コメント   トラックバック (2)

07年8月25日・土曜日 自民と民主  民主党編

2007年08月25日 16時31分26秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年8月25日・土曜日 自民と民主  民主党編

 民主党関係の記事は、政府自民党ほど多くの記事はない。 (拡大はここをクリック)

      

 しかし、民主党内部も意見が一つに纏らない処が其処ここに見せられるので、見出しに見られるように、反論は自粛ということが書いてあるのだろう。

 私が一番困るのは、改憲問題を是とするグループが、テレビなどに出演すると自民党と同じような事を言う元代表などは困った存在で、それだったら自民党へ行けば良いのにと云う感じがするときがある。

 人の意見は色々あるのは正常なのだが或る程度の意見の統一はしてほしいものだ。
 今回の参議院の勝利が政権を取れるかとれないかの正念場だ、今とれないと民主党の政府はできないだろう。

 横峯氏の問題、新聞にはかけゴルフと書いてだけだが、週刊誌やテレビでは,民衆は賭けゴルフより、何でも喋りまくる軽い女性を相手にしているのを毛嫌いしているようだ。我が家の婆さんご近所さんとテレビを見ていて「さむけがする」と言っている。
 男は基本的に女性を好きだ。しかし遊びの好きな人間は、またぞろ同じことをする。彼の処遇問題では処置の仕方で次第で禍根を残すことになるだろう。

 何時も民主党は内部から潰れていくのが腹が立つ。


番外編

 中華航空の事故は、留め具がなかったと朝日新聞に図解をしていたイラストが載っていた。 (ここをクリック)



コメント (2)   トラックバック (5)