護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

08年6月30日 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

2008年06月30日 20時04分20秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年6月30日 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
プメピネラ


1・家族間殺人(ここからお入り下さい)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年6月30日  今日で6月はオチョマイ  家族間殺人

2008年06月30日 20時01分39秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年6月30日  今日で6月はオチョマイ  家族間殺人

 もっと明るいことを書こうと思ったが、今年になって最も気に成っている。家族間殺人事件、今日の番組で特集していたのが気になり今日は此の問題について書いてみる。

 番組では、一般社会の殺人事件は減少しているが家族間の殺人は増え続けているとグラフが出ていたが原画が不鮮明で作り直した。線グラフの件数の数値が少し気になるが揚げてみる。

     

 殺人の統計を見ると、昭和30年代中頃が一番多いようだ。しかし近世の方が殺人事件が多く感じるのは、メディアの発達で情報の伝達が早いのも一つの要因だが、最近の尊属殺人以外の人殺しは、人体を解体するバラバラ事件や先日の秋葉原の様に一度に複数の殺人が多くなったのが殺人の多い世相と勘違いしているのかも判らない。

 テレビのテロップで小さい文字は読みにくいがあげてみる。
     

 ここで老いた私が気になるのは介護疲れの殺人。核家族になり、資産のない老夫婦。昔の一族が一つの家族という家族制度とは違い現在の核家族制度。
 私のように古い町内に住っていると、年寄りばかりの家族多く限界集落町内だが、子供がチョクチョク覗く家庭と全く顔も見せない老人家庭とハッキリ別れているような気がする。
 後期高齢者医療で、行政が勝手に末期患者について法案を作成する姿は,家族間の絆を行政が断ち切っているとしか見えてこない。

 今日の番組から。

38歳の娘が。母親を刃物で刺した。(ここをクリック)

23歳の弟が姉を包丁で刺した。(ここをクリック)

17歳の少年が父親を殺害(ここをクリック)

 何故だろう。
 私は働いている女性から叱られるか分からない。しかし戦後、女性が社会進し出して子育てがおろそかになってからだと思っている。
 子育ては,この世界の中で一番重要な職業だということを忘れている。
 昨日、三人の男の子を連れて娘が里帰りした。その時、幼稚園の末弟が昼寝をしている母親の胸に顔をうずめて遊んでいたが、その子が母親の側を離れると,小一の子が同じように母に抱かれている。と思ったら何時の間にか五年生の息子まで大きな体をしても母に引っ付きにいっているのである。
 此の光景を見ていると、80近い私でも母のおっぱいの暖かさを思い浮かべるのだ。ものを言わない精神教育を母親は無意識にやっているのだ。

 この、母親のぬくもりは絶対に他人ではではない温もりなのだ。
 私は個人営業で、障害者の家内が何とか家庭を守ってくれていたから仕事を続けられた。だから収入は私と家内とは半切だと思っているが税制ではそうではない。
 多くは語れないが、一人の人間を育てるのは、大きな事業で大きなプロジェクト、中途半端では一人の人間は育てられない。それを失敗した付けが、いろいろな形で表面化したのが政治にも社会にも、負の遺産として残りつつあるのが平成年代だろう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年6月29日 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

2008年06月29日 16時52分06秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年6月29日 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

1・グラフ集(ここからお入り下さい)

 昨日はブログ創りに時間がかかり、UPしたのが今朝になりました。
 映像が多いためかTB不可能なサイトも有ったようです。
 もしTBされていない方は下のアドレスからお入り下さい。
http://blog.goo.ne.jp/gomame54321/e/34a6979e25b6bf666e3a5ff25a3c431e

 今日は手を抜いてグラフ集をUPします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年6月29日 日曜日  グラフ集

2008年06月29日 16時49分07秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年6月29日 日曜日  グラフ集

 日曜日は何時ものように報道2001の関東都県の投票予定調査。
      

 民主党の%があがっている。今日の時事放談で
    

の様なテロップが出ていた。文字が小さく読めづらいかも分からないが載せておく。
 私は民主党がもう一つうだつの上がらないのは、此のお二人だと感じている。特に前原副代表の考えは自民党より右に傾いている。そして民主党と全く違う理念をマスメデイァで滔々とはなす。この人は民主党を離れるべき人だ。

 テロ指定解除を容認した福田首相は
     

時事放談で田中内閣のオイルショック時代と現在のオイルショック時代の平均賃金と物価指数のグラフ。

    

 田中時代はオイルの値段が上がっても賃金も同時に上昇する。しかし現在はオイルは上がって賃金は下がってくる。
 今日の゜パネラーは民主党の藤井裕久氏と元鳥取県知事の片山善博氏だったが、
「昔から賃上げの後には賃上げ以上の物価高。特に賃上げ聞こえがいいが,其れが国際競争力の低下を招き、其のために人件費の必要な事業はその製造拠点を海外に移してしまっている」
 私は全くこれには同感で、給料は上がらなくても生活水準が上がる方法を模索すべきだろう。
 いつも書いているが、半世紀で5回しか加工料を上げられなかった人間には、納得できる。

 二つの番組から原油価格・軽油価格・A重油価格推移のグラフだ。

     

 経済は庶民には解らないことばかり。原油価格が投資マネーが元凶だとすれば、現在の自由経済はあまりにも金儲けだけの自由主義だ。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年6月29日 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

2008年06月29日 10時44分59秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年6月日 曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

 無学な老人は新聞やテレビからの情報を見て何か感じるだけだ。過去の新聞やテレビ番組をみて公共事業について疑問に感じたことを其のまま三部に分けて書いてみた。

1・公共事業・諫早と日高と太地町(ここからお入り下さい)

2・公共事業・糞詰まりのトンネル(ここからお入り下さい)

3・公共事業3・ダム建設(ここからお入り下さい)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年6月28日 土曜日  公共事業三部・ダム建設

2008年06月29日 10時29分34秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年6月28日 土曜日  公共事業三部・ダム建設

 ダムも公共事業では巨大な金額が必要だ。
 考え方を変えると、軍備に投資するよりはこちらの方がよっぽどましかも分からない。

 地方自治の首長さんは国が強引に持ってくるダム建設が、赤字を抱えている地方は頭の痛い話だ。国家は関西で4つのダム建設をもくろんでいる。
 実際には本当に必要なのだろうか。

 18日の朝刊にも橋下大阪府知事もやんわりとダムお断りと言っている感じだ。(ここをクリック)

 テレビ番組の話ばかりで申し訳ないが、5月2日の番組では、日本最大の徳山ダムを特集していた。
      

 此のダムは計画時は水需要を目的の様だったが、多目的ダムと目標を変えたようだ。
      

詳しくは『ウィキペディア(Wikipedia)』の徳山ダムを御覧下さい

徳山ダムの54年間
      

徳山ダムの総事業費
       

どの公共事業も同じだが、日本の公共事業は予算どおりいかないのが当たり前の様で、此の工事も960億円も超過している。
 先日、九州の新幹線のテレビ番組で、名前は思い出せないが
「認可さえ下りればこちらのもの」
と言っていた言葉が頭に残って離れない。公共事業は日本国土と国民の為に有るのではないだろうか。

 木曽川水系の水需要の実績。
        
拝見すると実際は国交省の予想と大分違うようだ。

最後に此の徳山ダムを有効に使うには木曽川水系連絡導水路が必要らしい。
また、発電所も計画のみでまだ影も形も無いようだ。
        
 道路・空港。干拓・ダム・公共事業はもの凄く大きな金額がかかる。

 出口のないトンネルやトンネルを抜けたら海だった様な全く役に立たない土木工事。関西の四つのダムでも此れで金儲けする事業書などは賛成するだろう。
 
      

 現在どこでどのような状態か、国民の前に明らかにして、道路特定財源や道路について語ってほしいものだ。

 三部に渡って書いたが、過去の新聞やテレビ番組をみて疑問に感じたことを其のまま素朴に書いてみた。

 いつも書いている様に、下の府道は車が一杯、そしてその真上を走っている有料のパイパスはガラガラ状態。この現実をみていると、公共事業は何事もマイナスと言う言葉はなく赤字を突き付けられるまでは、それでも認めようしはしない。予算が有り余るほどふんだんにあるので、何でもかんでも公共事業と銘打って土木工事をするのが日本の現状のような感じがする。
 そして、作ったものには、維持費が付いて回るということ、作るだけなら被害も少ないが、維持費が赤字ならば、その赤字は延々と続くという現実が待っていると言うことなのだろう。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年6月29日  日曜日  公共事業二部・糞詰まりのトンネル

2008年06月29日 10時10分09秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年6月29日  日曜日  公共事業二部・糞詰まりのトンネル

 此の問題は一通の番組への投書から始まったようだ。
          
 
 ついこの間と思っていたら、もう12年も前の話だ。1996年2月10日豊浜トンネルの崩落事故が切っ掛けに周辺のトンネルを点検すると、1956年に完成したワッカケトンネルが危険だということで新ワッカケトンネルを造ることになったらしい。(ここをクリック)

 予算は29億円。
道路特定財源から29億円の80%
北海道庁から、 29億円の20% 

で、昨年三月に開通予定だったが工事は頓挫したまま。
        

掘削機など工事に関係する機械は全部撤去されたらしい。そして今まで使った費用は不明だということは、都合の悪いものには蓋をしているのだろう。

 なぜ工事がストップしたかその理由は。
        

此のような工事に欠かせない用地買収が出来ていない。普通の社会人でも分かっている初歩の手続きができていなかったのが原因で220メートルの未着工区間を残したままらしい。公務員の頭の構造は?。

 自民党政治家は道路特定財源がこのような杜撰な使い方をしていても道路財源に固持する。と言うこと回り回って政治家の懐にも札束と云う道路ができているのかも分からない。 

  公共事業三部・ダム建設(ここからお入り下さい)


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年6月28日 土曜日   公共事業一部・諫早と日高と太地町

2008年06月29日 10時02分13秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年6月28日 土曜日   公共事業一部・諫早と日高と太地町
 私の祖先は佐賀鍋島なのでこの差が地裁の判決は拍手を贈りたいが、惜しむらくはもう一つ踏み込んだ判決が有ったならと思う。

    

 諫早干拓に佐賀地裁はNOを突き付けた。諫早の環境悪化は干拓事業が原因で、干拓前の調査を怠ったのが原因と特定したと言うことは、公共事業は国家が決めたこと,良かろうが悪かろうが、それが失敗しようが押し進めるのが公共事業だと言うことに杭を打ち込んだ事には間違いない。

 今年になって朝ズバッで公共事業についての特番をしていた。それをとり出して特集をくんでみた、

 08年5月2日の朝日の夕刊に面白い記事が載っていた。(ここをクリック)
川端康成の雪国では、
「トンネルを出たらそこは雪国だった」
だが紀州和歌山の大地町にあるトンネルは
「トンネルを抜けると、そこは海だった」
と出たところは海で高さは低いが絶壁になっているのである。

    

そして今年の二月五日の朝ズバッではトンネルを掘りはじめたのだが出口に当たる土地の買収に失敗して出口のないトンネルになり工事を止めざるを得ない状況だと特集していた。
 この二つは糞詰まりのトンネルと行く当てのない出口だけの対照的事業なのだが、諫早の干拓事業と同じく、事業計画することに対して深い考えもなく、公共事業ありでき工事を行った結果がこうなったのだろう。

      
 もう一つ5月19日には北海道の日高山脈の日高横断道路が天馬街道が開通するともう必要はなくなったと工事は取りやめになった。言うなれば出口と入り口はできているが、腸閉塞になった道路を造っているのである。

日本には
    
と言う事らしく、道路特定財源が余っているので使い物にならないものを平気で作り、杜撰なお金の使い方をする証拠の一つだと思う。
 もし、一般社会だったら、とっくに経営者は株主に追い出されるだろう。それより倒産しているのは間違いない。

 公共事業二部・糞詰まりのトンネル(ここをクリック)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年6月27日 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

2008年06月27日 17時49分17秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年6月27日 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

1・北朝鮮テロ指定「解除」と・社説(ここからお入り下さい)

2・北朝鮮テロ指定「解除」(ここからお入り下さい)

3・日本の社会(ここからお入り下さい)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年6月27日  金曜日  日本の社会

2008年06月27日 17時46分09秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年6月27日  金曜日  日本の社会

 豊かになると人の心も豊かになると勘違いしていた。
 豊かになり場なるほど、人の心は貧困になってくる。人をだまして金儲けするのは当たり前の時代。

     

 と言っても親のない子供は色々な職業を転々したが、その当時はなんとも思って居なかったことだが、今思えば偽装ではないかと思うことが多々あり、日本は潜在的に偽装が存在する国家ではないかと最近はそう思っている。
 言うなれば、居酒屋タクシーや随時契約も行政の言う解釈を変えれば偽装に属するだろう。

 嫌な問題なのでなるべく無視しているが、今日は二件も家族が絡んだ殺人事件が有った。

       

 先日は、自殺の増えた事が社会問題だったが,この一年が終わり。08年の肉親間の殺人事件が発表されるのが恐くなってきた。

 考えると、戦争、平和になったと思ったら、破壊された社会の現状、えらい時代に生まれてきたと思ったが、これが天命なのだから仕方がない。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年6月27日 土曜日   北朝鮮テロ指定「解除」

2008年06月27日 17時30分16秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年6月27日 土曜日   北朝鮮テロ指定「解除」
第二部

 まず、朝日新聞のこの問題に関する中見出しを集めてみた。
   

 日本では拉致家族を重きにおいているが、アメリカは一番重要なのは核兵器の排除。拉致家族に申し訳ないが、他国の一家族の事より国家の安全保障が一番大切なのは当たり前なのでアメリカの態度には驚かない。

 だとすれば、口先だけ拉致家族にたいして、アメリカが今にも助けにいくような発言はしないでほしい。

 新聞のアメリカが「テロ支援国家」と指定して解除して国家のイラスト(ここをクリック)

 朝ズバッがこの問題に対して出していたテロップ(ここをクリック)

 今朝の朝ズバッにパネラーとしい出席されていた三人の国会議員がの問題に対しての意見(ここをクリック)

 素朴な疑問だが、テロとは何を定義してテロと言うのだろうか。
 力のない者が巨大な力のある国家によって命を脅かされる。そして正面切って戦うことのできない弱者が巨大な強者を攻める手段がテロというのだろうか。
 また、巨大国は世界の国家を己の自由に操れることか世界平和になると勘違いをしている。それは、昔の日本のように日本を統一しようとした武将が大勢いたが、最も長い徳川時代も力では力で潰されていくことが物語ってくれている。

 テロは絶対容認するわけにはいかない。しかし、日本の法律ではないが、解釈をかえると、テロを起す側から見れば、アメリカが他国を土足で踏みにじむもテロの一種といえるのではないだろうか。
 アメリカばかりでなく、ロシア・中国も周辺の異民族を制圧するのに使っている武力はテロの一種と言えるような気がしている。

 戦後、日本が外国のテロに遭わなかったのは、何人かの識者が仰っているが、戦後、日本人が外国人を但一人も戦争行為で人を殺していないからだと言うのは間違いないと思う。誰でも自分の命を脅かさない者を殺す人間は精神障害者ぐらいだ。

 アメリカが北朝鮮に対してテロ指定国家を解除しょうとしまいと私の気持ちはすっきりしない。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年6月27日 土曜日   北朝鮮テロ指定「解除」と・社説

2008年06月27日 17時17分13秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年6月27日 土曜日   北朝鮮テロ指定「解除」と・社説
 第一部

 北朝鮮は私が生まれ育ってた所と言えば生まれ故郷に当たるところだ。
 引揚げて半世紀を過ぎたが、テレビで映される宇宙からの映像を見ると、地形などは頭に鮮明に残っている。

 凡人には外交と言われてもさっぱりだが、何だかんだといっても、この指定解除も経済と言えば聞えはよいが、アメリカなどの金儲けが絡んでいるような気がしてならない。

 今日の新聞各社は此の問題の社説一色だった。
朝日新聞の中見出し。
  
   

産経社説(ここからお入り下さい)
北の核計画申告 不十分な内容を憂慮する

北朝鮮が核計画の申告書を提出したことを受け、ブッシュ米大統領はテロ支援国家指定解除の通告を議会に行った。

朝日社説(ここからお入り下さい)
北朝鮮の申告_完全な核放棄につなげよ

ようやく北朝鮮から核開発の申告書が出てきた。詳しい内容はまだ分からないが、北朝鮮の核放棄を目指す6者合意に沿った重要なステップである

読売社説(ここからお入り下さい)
北朝鮮核申告 核廃棄への課題が多々残る

北朝鮮の核廃棄へ道筋を定めるための足場は、しっかり固まるのか。
期限から半年遅れで、北朝鮮が核開発計画の申告を6か国協議の議長国である中国に提出した

毎日社説(ここからお入り下さい)
北朝鮮の申告 核廃棄へ疑念残すな

北朝鮮が核計画の申告書を6カ国協議の議長国である中国に提出した。これを受け、米国は北朝鮮のテロ支援国家指定を解除する手続きに入った。

日経社説(ここからお入り下さい)
米政府は北のテロ国家解除を再考せよ

地球温暖化防止に絡み福田康夫首相は今秋から温暖化ガスの排出量取引の試行を表明したが、関係省庁の原案ではそれがこころもとないものとなりそうだ。拙速で形を取り繕うばかりで、これではせっかくの政治決断が生かされない。もっと前向きに制度をつく

東京社説(ここからお入り下さい)
北の核申告 『検証』を早く厳格に

朝鮮の核問題はようやく「核計画の申告」にこぎ着けた。ただ「すべての」という条件は満たしていないようだ。まずは申告内容の早急にして厳格な検証が求められている。

 二部へ(ここからお入り下さい)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年6月26日 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

2008年06月26日 20時34分13秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年6月26日 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

1・居酒屋タクシー(ここからお入り下さい)

2・社会の中のテロップ集(ここからお入り下さい)

3・憲法の解釈(ここからお入り下さい)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年6月26日  木曜日  憲法の解釈

2008年06月26日 20時30分41秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年6月26日  木曜日  憲法の解釈

   

 これは昨日載せようと思ったが時間がなく今日書くことになってしまった。
昨日の社説と今日の日本経済新聞の社説にもこの問題について触れていた。

産経新聞(ここからお入り下さい)
【主張】集団的自衛権提言 非現実的解釈変える好機

読売新聞(ここからお入り下さい)
集団的自衛権 行使容認へ具体論の検討を

日経新聞(ここからお入り下さい)
柳井報告を軽んじるな

 一介の教養のない人間だが、憲法とは色々解釈出来るものだろうか。
 そうなれば、解釈次第で核兵器を持つことができるのだ。

 識者と言われる人類が解釈次第でどうにでもなる憲法など憲法でもなんでもない。

 昔、メディアは国家の政策に何の反対もなく協力して日本の国民を路頭に迷わした。
 国際貢献とは、平気を持って戦うばかりが国際貢献では絶対ないと後期高齢者はそう思うのである。
 平気で憲法の解釈について国家に追従していく姿は、昔の日本に戻りつついや戻ってしまっている。
 憲法の解釈とやらで戦争をしたい人は、自分の子供を一番最初に戦場に送る法律を解釈で変えてもらいましょう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

08年6月26日 木曜日 社会の中のテロップ集

2008年06月26日 20時24分06秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
08年6月26日 木曜日 社会の中のテロップ集

      
  
 国家や官僚が不正をしても罪にならない。其れらを毎日見ている社会でも、偽装や所得隠しが極当たり前のように行われている。
 所得隠しなどは日本を代表する企業がそうなのだから、日本の社会はどっぷりと悪のウイルスでおかされた国だろう。
 秋葉原などそれとは関係ないと言われるかも分からない。しかし、私は絶対に連動していると思う。

今年になっての偽装事件らしい。
     
       

長年値上げのなかった鶏卵が遂に値段を上げるらしい。飼料価格の上昇が原因。

       

 北海道・滝川市の生活保護費2億円詐欺の判決がおりた。そのお陰で生活保護家庭の交通費の支給にブレーキがかかってしまった。
 確かにこの犯人は弁解の余地はない。しかし之だけ豪遊している人物に生活保護や高額の交通費をチェックできず、十万や二十万ならいざしらず、2億円も常識では考えられないき長くの交通費を支給していた行政の責任の方が重大ではないだろうか。

      

 生活保護を見ていると、大人しいものには行政はきつく当たり、恐い人種の人間のやる事には目を瞑る。これが行政側に存在している。

その被害額と豪遊ぶり、(ここをクリック)
逮捕されたときは60万円しか所持金はなかったと番組ではいっていた。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする