護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

06年12月31日・日曜日・師走 フセイン元大統領処刑と 日本の借金

2006年12月31日 16時28分25秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
 06年12月31日・日曜日・師走

 まだ長時間PCの前にすわれませんが、世界的な大きなニュースなので、記事の大見出し中見出しを切り抜いてまとめてみました。
 この報道がテレビのテロップで流れたとき、なぜ今時にと思ったが、
          
 フセインの犯罪はイラク国民が自主的に裁くのには吝かでないが、東京裁判と同様に強国の論理が入り込んでの裁判が嫌なのであり、その論理を忠実に守ろうとするならば、世界の多くの指導者の中、特に強大な軍を保持している国家の元首の中には裁きたい人間が居るのではないか。
        
 世界の経済は軍備によって支えられているとも言われている。
 地球の悲劇は人類が武器を開発したことから始まった。
 でも人が人を殺す権利は誰にもない。

 土曜日のサタデースバットで日本の借金が増えているとのテロップが出ていたので、それを参考に作り直してみた。今年9月末現在828兆円だそうだ。
       
 地方を合わせるともうすぐ1京円で桁が一になって借金が減ってしまうかも??????。

 では皆さん良いお年を。
コメント (2)   トラックバック (1)

国連分担金

2006年12月30日 10時06分42秒 | 為になる記録・おもしろ記録
国連分担金

先日新聞に「国連通常予算の安保理4カ国と日本の分担率」が載っていたので、グラフにして護憲+の視聴覚に挙げましたので、このブログでも紹介します。
分担金グラフ(クリックすると拡大)
          

グラフでは金額が分かりのせんので、「05年度の分担率、分担金の金額」(クリックすると拡大)を表に纏めてみました。
     
 何時も不思議に思うのは、ものずごい借金を抱えて「これだけお金を出して世界から認められないのは、軍隊を派遣していないからだ」
と言い出す政治家や国民が出て、遂に防衛省に昇格。昨日の新聞では軍事秘密保全を強化とあり、罰則対象も拡大と出ていました。
 と言う事は次にくるのは共謀罪です。自民党はジリジリと目に見えない、国民に感じさせない速度で、日本を軍事国家に逆戻りさせようとしています。
 世界に認められないのは政治が揺れているからだと思うのですが、改憲論者は何でも改憲の理由に結び付けるから困ります。
コメント   トラックバック (4)

05年12月29日・金曜日 新聞の切り抜き 三セク 老人 軍事機密

2006年12月29日 17時00分44秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
05年12月29日・金曜日 新聞の切り抜き

 まだ目の状態が良くないが、今日の新聞にもの凄く気になる記事があり、一日一時間のPCの前に座れるタイムリミット内で出来そうなので切り抜きを作ってみた。
          
 三セク46社特損3196億円。殿様商売結果はやる前から分かっている。三セクとは、納税者にセクハラをしていると解釈を変て十(納税者・住民)セク

 日本は本格的に老人いじめがやってきた。グラフを見ても老人医療は多い。人生50年時代が恋しくなった。
        
 庁が省に昇格が決まりそろそろ牙を研いできた。昔から軍事は100%秘密の世界。戦時を知らない世代が増えて、之からは自分の足で歩けない日本になった。
コメント (2)   トラックバック (4)

日本語の数字の単位

2006年12月28日 13時41分21秒 | 為になる記録・おもしろ記録
日本は毎日借金が増え続けています。
 どこから其のお金が湧いてくるのでしょうか。素人には何処から涌いてくるのか判りません。
 日本語の数字の単位の呼び方は、(寛大はこちらをクリック)
             
一(いち)・十(じゅう)・百(ひゃく)。そして今は兆(ちょう)そして次はと云ってもそんな単位は分かりません。
 でももう直ぐ日本の借金の桁が一つ上がります。さて次の日本語の単位は何でしょう。

コメント

お二人さんおめでとう

2006年12月27日 16時53分55秒 | ごまめのぼやき
 ドクターストップがかかり6日目になり、だいぶ目の状態も良くなりましたが一日1時間のタイムを大事に過ごしています。

 考えると私のブログは明るい話題は殆どというか全くありませんでしたが、今年の最後の締めで明るい話題を。

 藤原紀香さんと陣内孝則さんの婚約の記者会見。異色のお二人に見えるが、以前から感じていた紀香さんは女優として関東に進出しても関西気質は抜けていなく関西人としては嬉しく、記者会見でも古風なところも有りますが、美人の彼女の関西おばちゃん気質が大好きです。

 芸能人の結婚は何時も?!ですが、
 陣内さんのお身内は舞い上がっているそうですが、関西人としては、お二人には心から祝福を送ります。
コメント (1)

日本人口の推移グラフ

2006年12月26日 09時10分15秒 | 為になる記録・おもしろ記録
 人口問題には関心があるので、新聞のグラフを参考に日本人口の推移を作ってみた。
 拡大図は護憲+の視聴覚コーナー(ここをクリック)からどうぞ。
         
 年金問題は人口の年齢分布にものすごく関係するので人口とその年齢分布は大切な要素だ。

 国民年金法が昭和34年(1959年)に出来た当時の人口と年齢分布を見れば現在の保険制度は成立する。しかし医療の発達と食糧事情の良さで日本人が長命になり現在のような少子化に移行し、老人が増えてくると現制度は崩壊することはこのグラフを見てもよく分かる。50年後を見るとグラフでは15才~64才で集約しているが年金の掛け金を積み立てしている20~64才迄だと一人の成人が一人の老人の面倒を見る事になる。こんな簡単な計算なのに自民党や官僚は現制度に固持しているのは、年金積立金は特別会計に分類するので自分達に旨味のある制度なのだから、なかなか手放せないのだろう。
 このグラフは其れをよく物語ってくれている。

 もう一つ現在の食料自給率は40%程で、何か事が起れば飢饉になるのは間違いない。先日テレビで日本に輸入が止まったならと云う設定で食事の献立をしていたが、戦時中よりひどいもので考えさせられた。
 シュミレーションではお米の御飯は一日一度忘れましたがパンも日本では小麦はとれないので一週間一度くらいだと覚えている。
 食糧も人口問題とは切り離しては語れない。

 お金で何でも直ぐ買える時代が長く続くと、食料に関しての危機感が全くない。本当に平和な日本? ? ? ? ? ?かな。
コメント (2)   トラックバック (1)

「社会保険庁の改革」

2006年12月25日 12時54分06秒 | 為になる記録・おもしろ記録
 護憲+のHPの視聴覚コーナーに時折、テレビ番組をヒントにして、政治マガジンに作ってアップしています。先日「社会保険庁の改革」を挙げましたので、ごまめのブログでも紹介いたします。
 
 タウンミーティング問題や教育基本法など、政治問題は法案が決まりかけるとトーク番組に登場する。社保庁問題も今は国会も休みなのであまり番組に出てこない。
 私はみのもんたファンではないが、この二年間ほど彼は社保庁問題をサタデーズバッドで之を追っているので、その息の長さだけには頭が下がる。
 だから資料だけはばっちり頂いている。12月16日土曜日もこの問題を取り上げていた。

 番組では本当か嘘かは定かでないが、教育基本法も民主党案を自民党の中で自党より良いと法案だと言うことで此れを受け入れかけたが、公明党が頑固に反対したといっていた。
 社保庁の改革も国民には知らないところで決まって気が付いたら終わっていたということになりかねない。

 
 文字にすると複雑になるので番組では此れをテロップに纏めていたのでそれを参考に分かりやすく作り直してみた。
 凡人の私は文章で見るよりイラストの方が要点を押さえて書いているので分かりやすく好きだが、読者の皆さんはどうなのだろう。

 ファイル1(拡大はここをクリック)
は厚労省と社保庁が過去に無駄遣いした金額は6兆円以上。何に使ったかを書いてある。
 これらは特別会計の中に入っていて議員の図り知らぬところで使われているらしく全容が掴みにくいらしい。
         
 ファイル2 (拡大はここをクリック)
は自民党が考えた官僚が無駄遣いしやすい構造を改善し、無駄遣い出来ない案だと言っているのを入れてあり上の二つは無駄遣いしやすい旧法の解釈。下の段二つは現在の自民党野改革案の骨子だそうだが、これでは改革と言われる代物ではない。
         
 分かりにくいと思うが此の二つの映像の説明をすると。
 国民が積み立てているお金を官僚の裁量で使うようになったのは、三つの法案あるかららしい。

(1) 国民年金法
第74条・
政府は、第1号被保険者及び第1号被保険者であつた者の福祉を増進するため、必要な施設をすることができる。
(2)は厚生年金保険法
第四章 福祉施設
第79条 政府は、被保険者、被保険者であつた者及び受給権者の福祉を増進するため、必要な施設をすることができる。
これによって、
1・グリーンピア、年金福祉施設の建設
2・CMや広報費用など

(3)『財政構造改革法』(時限立法)
という法律があり「国の財政上の特例措置」
ここでは、
1・ゴルフボール、カラオケセット
2・職員宿舎、公用車など
等に使い分けているようだ。

 年金などの積立金は此の三つの法案を作ったために無駄遣いができるそうだ。この法律がある以上,官僚が年金の積立金をどのような使い方をしても犯罪にはならないらしい。


 ファイル2の下段の二つは、現在自民党野改革案の骨子だそうだ。
国民年金法と厚生年金保険法は条文を改正して
1、 教育及び広報を行うこと
2、 相談その他の援助
3、 利便の向上に資する情報を提供すること
(3)『財政構造改革法』(時限立法)
19年以降は、(省略)
恒久措置を講ずるものとする

 自民党は此の様に条文を変えて無駄遣いを出来ないようにするといっているが、憲法9条でイージス艦が持てるのだから、
1「教育及び広報」を行うことではそれを施行するため教育及び広報法人
2「相談その他の援助」ではカウンセラーセンター法人など天下り法人を作りそうだ。
3「便利向上に資する情報を提供すること」之などは全く何をいっているか分からない。


財政構造改革法』は
19年以降は、(省略)
恒久措置を講ずるものとする
で、どのような解釈できるような曖昧ものにしたのではないかと疑いたくなる。

参考各法案
○国民年金法
厚生年金保険法
財政構造改革の推進に関する特別措置法
コメント   トラックバック (3)

06年12月24日・日曜日 メリークリスマス 地方議員はボランティア

2006年12月24日 15時30分46秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
06年12月24日・日曜日 メリークリスマス

 報道2001は何時も見ている。竹村健一氏がメディアに登場した当時は彼を尊敬の眼差しで見ていたが、あまりにもアメリカよりの発言が多く嫌いになってしまった。
 これはどの番組にも云えるが、その発言内容は私個人としてみていて気に入ったもの気に入らないものが有るので適当にセレクトして見ている。

 今朝は、珍しく面白い話が聞けた。
 今日のパネラーは日本新党代表の田中康夫氏 自民党の広報局長・片山さつき氏 民主党衆議院議員・河村たかし氏の三名だったが、いらない雑音も入らず耳の遠くなった私にもよくわかった。今日は新聞の切り抜きならぬテレビの切り抜きを書いてみる。

 その中で私が勉強になったのは、外国の地方議員はボランティアで給与安く議会も土日に開いている国家もあるということだ。
         
 上の映像はテレビの切り抜きだが人口1000人あたりの公務員の数は諸外国より日本は少ないと言うことだ。
         
 しかし給料は世界各国の公務員の中では一番高額らしく、公務員の人数は少ないが人件費は一番多いらしい。現実的に日本の公務員の給与をアメリカの公務員並みにすると8兆円も浮いてくる計算になると言うことだ。

 また地方議員はボランティアで職業を持ちながら地方議員をでき外国の様に土日に議会を開催し、年間手当にするともっと多くの議員を増やせ、本職を持っている色々な職業の議員が存在できることに意義があると言うことらしい。

 発言の中に地方議員は外国のようにボランティアにすべきで、現在のような職業議員の集団だと、議員の給料を自分達で決める。その給料を上げるためには「公務員の誰よりも低くない給与をうける、」という規定が存在するので地方公務員の給料を上げる、という現象が起き地方公務員に給料が高い原因という事のようだ。
 
 また、日本の公営の箱物はほとんど赤字なのだ、それは議会が承認するから出来るのだが、色々な職業の議員が存在することによって、貸借対照表等難しいことが分かっている議員が存在することにより無茶な赤字になる事業はできなくなるということらしい。
 夕張でも貸借対照表が読める議員がいたらあのような事態にはならなかったのではともいわれているが、これは国会議員にも言えることで、何も分からないから官僚の言う事を丸なげにしていると云うことが分かってきた。

 後は難しくなるので省くが、衆議院赤坂宿舎。民主党もこれを建設する承認をしているらしい。土地が一等地で高額なのは致し方ないのだが、質素な設備であれば9万円でも致し方ないとも思う。だが議員は国民のために働いているから当たり前だという態度が気に入らない。それでは選挙の時に頭を下げないでほしい。
          
 二つの切り抜きをあげるが、一戸一億6000万円だったら即完売だというこの物件。これだけ騒がれて入居する議員さんは度胸満点。
            
 もっと色々あったが政治は庶民には問題政治はややっこしい、それだから誤魔化されやすいのだろうか。

 私がブログを初めて3ヶ月ほどになりました。毎日13時間ほどディスを睨んでいましたが、先日から目に異常が現れドクターストップがかかり、一日2時間程度しかパソコンが出来なくなりました。

 ブログには過去に製作したものを入れますが。毎日の日記は目の状態が改善するまでお休みにいたします。
コメント (1)   トラックバック (1)

06年12月23日・木曜日  6者会談と素人の評論

2006年12月23日 15時13分14秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
 06年12月23日・木曜日

 昔風で言うなれば今日は天長節と言うのだろう。良い悪い葉は別にして子供の頃受けた教育は抜けきらない。と言う事は、生まれてから物心付くまでの子供の教育の難しさを私の体自身が覚えている。

 6者階段も終わったので、新聞の中の6者会談の記事の中見出しを集めてみた。
         
 皆さんも私と同じ考えだと思うが、私は昔から6者会談には期待していない。
 国家でなくて個人でも、自分の思うことを通そうと何時までも突っ張っていては前には進めないと言う事を此の会談は物語っている。

 国際問題は凡人には分からない。しかし凡人から見るとアメリカは大国のエゴを押し通している。
 北朝鮮を見ていると体制は別として戦前の日本を見ている感じがする。アメリカに対抗するため核やミサイルの開発をする気持ちは分かる。
 しかし核の拡散を考えるとこれは阻止しなければならない。これは6者会談では核のない日本と韓国しか言う権利はなくアメリカもロシア、中国の核保有国はその権利はない。考えよう核保有国が自国の都合で目をつむり核を持たせている他の核保有国家の扱いはどうなるのだろう。
               
 テレビでは北朝鮮の食料危機を報じている。私の生まれ故郷北朝鮮の映像が時折テレビに映る。先日宇宙映像が映っていたが朝鮮半島の北側は真っ暗だから電気がないのは確実だろう。先日は人民が権力に抵抗している映像も映し出されていたので、かなり緊迫しているなと感じた。
 アフリカなどの飢餓状態の方がもっとひどく感じたが実際はどうなんだろう、この目で確かめて見たいものだ。
 本当に報道されている状態だったら内部崩壊が起こるかも知れない。昔、野草を食べた経験者には北朝鮮の国民がどこまで飢餓にがまんできるか。飽食に慣らされた国民は食料の欠乏は命取りだと思うかも知れないが、人間かなり耐乏生活もできると私は思っている。
 

 私は核保有国が、他国の核開発を止めろというならば、自国の核を廃棄してからでないと核廃棄は語れないと思っている。でなければ核のない国家は、核の恐怖を感じるので核開発の能力がある国家は核開発を言い出すのだろう。
 だから核を持てない小国は核の恐怖で大国の国家のエゴに従う。現在そう感じている中小国家が多いのではないだろうか。

 だから米国と北朝鮮私に言わせればどっちもどっちだ。

 ロシアと中国、へそ曲がりな見方をすれば、表面上は円満解決を望んでいるように見せているが、裏で何をしているか分からない国家だ。経済制裁を言っているが、北朝鮮が経済的に追いつめられているのに一歩も引かないのは、後ろで彼等が糸を引いているとしか見えてこない。

 だから日本の拉致問題も頑な北朝鮮の態度では、拉致家族の方がどう思おうとも前には進めない。相手が話に乗らないならば、いつまでも話は前に進まないので、宣戦布告しか仕方がない。
 日米・中ロ・韓国六つの歯車空回りで、アメリカも中ロが居る限りは、イラクから手を引いて軍に余裕ができても、先に攻撃されない限りは軍事行動を起こすのは難しいだろう。
 穿った見方をすると日本が北から攻撃されるのを待っているのかも。

 名もない民間人だから勝手なことが書けるが、本当に外交は訳が分からないから難しい。

 国連の分担率が下がったようだが、それでもアメリカに次いでに番目である。これで世界に対して発言力がない。改憲論者にいわすと、『だから憲法改正して海外に派遣しなくては』とそちらに話を持っていくのが腹立たしい。
 日本がしっぽを降っている限りは発言力はでてこない。

 社会面は相変わらずわるいことばかり。
           
 資本主義や株のことは全く分からない。ビクターの独立で、米ファンド協力とあるが、気が付いたら会社を乗っ取られたと云う事もあるのだろう。日本の多くの企業はどのくらい外資の影響を受けているのだろうか。詳しい方は教えて下さい。
コメント   トラックバック (1)

06年12月22日・金曜日 教育再生会議の答申が無視

2006年12月22日 14時18分53秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
06年12月22日・金曜日
     
 本間税調会長辞職は私たち庶民が見ても首相の指導力の欠落を感じる。
 と言うのは、彼のやった事は褒めたことではなく、その内の化けの皮が剥げると思うが、色々な報道を見ても党内から本間氏の足を引っ張った感じだ。
 日本の総理でも女性問題で辞めた首相が有ったと思うが、今の政治家の中で探られたらヤバイ政治家は結構いるのではないか。

 教育基本法が成立して教育再生会議の答申が全く無視されたようだ。私はこれを見ても一つも驚かない。日本は官僚主導で政治が行われているので、いくら良い答申を出しても,官僚が気に入らないことは無視をするは、昔から政治の流れを見て素人判断だが私はそう感じている。

 タウンミーティングのやらせと違うように見えるが、本質は全く同じだ。

 日本の教育がおかしくなった現状のその大元は官僚から発生し、それがいろいろと悪い方へ波及効果を及ぼしたと私は考える。

       
 日本人の体質は内部告発はできにくい人種かも分からないが、現在の行政特に地方は内部告発なしでは正常に戻らない感じだ。まだ多くの自治体はその制度は無いようだが、裏金なども内部の人間しか分からなく、それで恩恵を被っている人間は口をつぐむのだから、内部告発は必要悪かも分からない。
 毎回書くがナッサケナイ国に成り下がった。

 日産の情報流出、この一年間365日間に、白髪頭や頭の薄いおっちゃんが頭を下げている映像が全くない日は何日有ったのだろう。今日も3人の会社の偉いさんが頭を下げていた。

 最近の企業は正社員を少なく給料の安いパートに切り替えている。やはり労組の組織率が悪く成って企業が人事をしやすくなったのだろう。労働者も貧富の差が出来て、労働貴族と勘違いしている人間が増えたのだろうか。
 私の知人でもその言動で俺はサラリーマン貴族だと言うような言動の人間が居るのでそう感じるのだが。

 現在は情報伝達が早いのか分からない。殴られて殺されたり、コンクリとで固められた殺人、体を切り刻んだり、別けの分からない殺人事件が多すぎる。

 卵子や精子の凍結保存、医学の進歩は驚くのみだ。これで助かる女性もたくさん居られると思う。
 唯一明るい話題なので切り抜いた。
コメント (1)   トラックバック (1)

09年12月21日・木曜日 本間会長の辞職と安倍さんはお坊ちゃま

2006年12月21日 15時20分14秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
09年12月21日・木曜日
         
 政治とは違うが、元東京都知事の青島さんと私にとってはユニークな感じ野女優さんでムーミンの声の吹き替えをされていた岸田今日子さんが亡くなられた。
 心から御悔やみ言いたい。
 寂しいのはこりごりだが,其れも時代の流れだから仕方がない。

 今年は私たち年代の有名人が沢山お亡くなりになった。私の回りにも黄泉の国に旅立った人が多かった。それは私が其れだけ歳を採ったと言うことだろう。  
 日本の国がどちらに向いて歩いていくか、それを案じて居られた方もいらっしゃると思うが、長生きした方が幸福ではなかったかの様な時代には絶対に成って欲しくはない。

 唯一明るい話題は、ボクシングだが、政治を語るかたがたは余りこのような話題は好まない感じなので此のくらいで。

 新聞では御覧に入れた切り抜きのような記事だったが、テレビは新聞よりニュースは一足早く、お昼にはブッシュ大統領は「短期的にイラクへの米軍増派を検討」と言っていた。
 ブッシュの頭の中を分析してみたいものだ。。
        
 新聞では本間会長の辞職をはっきり書いているのは朝日のみの様だが、お昼のニュースでは、辞職の報道を流していた。
 何度も書くが、この方が大阪市の改革を担当していた頃から私は肌あわないと言うか好きではなかった。
 矢張りお坊っちゃまには、苦労をしていないから人を見る目が育たないのだろう。だから最近は党内と官僚に振り回されている気がする。

 日本はこうも毎日、不正の記事のない日はない。何でもかんでもごまかしや不正で、論文まで誤魔化しがある。
 考えるとあまり長生きはしたくない時代に成ったのかも分からない。
 でも意地悪爺さん世にはばかっても良いのかも分からない。

 今日は、データーを始末するのが溜まって身動きできなくなったのでこのくらいで筆を置く。
コメント (2)   トラックバック (1)

06年12月20日・水曜日 JR脱線事故と献金自粛

2006年12月20日 16時19分41秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
06年12月20日・水曜日

 今日の新聞もテレビはJR脱線事故と首相が支持率回復のため大手行から献金自粛だ。
        
 兎に角、銀行から献金を受けると国民の理解を得られず支持の低下につながるというのだろう。

 国民のみなさん。だから
安倍首相は偉いのではなく、国民の信頼を損ね参議院で敗北すれば、今回の臨時国会に提出した様な自民党の提出した25法案全てが成立の様な芸当はできなく。彼が一番望んでいる憲法の改正も覚束無くなくなるので銀行からの献金は受けないだけだ、もし参議院で勝利したならば大きな顔で銀行の献金をもらうだろう。彼は献金は要らないと言っても党内が言うことを聞かないだろう。
 一応臨時国会で成立した重要法案10(拡大図は護憲+の視聴覚より)を上げているが、絶対阻止したい法案は幾つかある。
            
 お金と票を天秤にかけて献金を断ったっただけ、国民の皆さんこんなことで騙されないように。

 銀行の本音はやれやれ良った助かった。

 一般会計総額82兆9100億円(3兆2.200億円増)
 一般会計歳出46兆9800億円(6.100億円増)
 行政の不思議。私たちが借金していて、もし収入があれば、先ず借金返しにお金を使う。ところが国は使うことを優先する。やはりお金は汗水たらして得たものでないと、お金のありがたさが判らないのだろう。

 一番勿体ないのは軍備費だ。昔から何処かの国が攻めてくるから準備のためだといって軍隊を持つのだが。毎年これだけのお金を人助けに使ったら多くの国々の貧しい人々か救われるだろう。
 でも改憲派は軍があるから平和だと言うだろう。正直な話どちら良いかわるいかは後世にならないと結果は出ない。
 しかし、人殺しは嫌だということは今でも正論だといえる。
         
 JR脱線事故報告が出たが犠牲になった方は戻ってこない。あらゆる事故は、事故当初は、加害者に頭を垂れて謝るが、時とともに態度が変わってくる。
 そしてその罪は当事者に責任をぬすくりつけて、経営者は温々としている。組織の責任者が一家心中をした話や夜逃げした話は全く聞かない。
 戦争でも負ければ組織の長でも罪を負わされることが有るが、勝ち組の中でも犠牲者は必ず出るがそれは前線で働いている人々だ。そして犠牲になるのは名もない庶民だと言う事は昔から変わっていない・

 賃上げ、私は賃上げは嫌いだ、一部有名企業や官僚は恩恵を受けるが、零細企業で働いているものは蚊帳の外だからだ。
 よく考えよ。経済成長とともに地球が虫食いだらけになるということを。今地球上で確認できている原油は琵琶湖8杯分だそうだ。それも後50年も充たないうちに使いきるらしい
 人類の欲望はゴールはないのだろうか。

 米朝会談、ただ黙って眺めているだけ。ただ北朝鮮の核を容認すると,強国に対抗するために核は必要と言う国は出てくるだろう。

 テレビを見ていると
 安倍さんは「戦後レジームから脱却して新たな国づくりを行って行くための基礎となる礎となるものであります」
 と言っていたが、愛国心云々いうなればレジームの様な仮名言葉は慎んでほしい。賢い方はその意味は分かるだろうが、私にはさっぱり意味不明だ。
 仮名言葉を使う首相のいる国家など愛する気持ちにはなれない。

 テレビではローカルの話をしていた群馬県の伊勢崎市に観覧車の建設計画が有るという。
 だが計画されている場所から車で分の所にも観覧車があり年間3400万円赤字をだしていると言う事だ。市民は無駄遣いだと猛反対しているが、それでいてもう一つ観覧車を作る。市の担当者が話をしていたが、夕張市が倒産したのも此の伊勢崎市の市側と議員の感覚だから倒産したのだと感じた。日本の地方行政の悪い縮図を見た感じで、これから破産す地方行政がもっと出てくるのではないかと感じた。
コメント   トラックバック (3)

06年12月19日・火曜日  6者会談国民は眺めているだけ ほんまの話

2006年12月19日 15時39分16秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
06年12月19日・火曜日
         
 6者協議会、昨日も書いた通りだが、北朝鮮の強気は何処から来ているのだろう。外交は大切だといっても昔から国民は外交は蚊帳の外だからさっぱり分からない。
 これだけ強気なのは中国とソ連が後ろについているは間違いない。アメリカもこの両国がなければとっくに手を出しているだろうと思うだけで、なぜに仲良くできないかとじりじりして見ているのみ胃に悪い。
 自国の欲と、指導者の権力欲とを感じる6ケ国会議。

 本間氏話が大きくなってきた。反自民としては嬉しいことだ。関東では写っていない日曜関西の某TV番組では、お相手の女性はクラブのママさんと言っていた。それが・ほんま・(関西弁では本当)だったらどうだろう。苗字が本間だから本間だろう。
 昔はお手かけ(妾)さんを持てば甲斐性者とか英雄色を好むとか言っていたが、テレビで見るところによると、彼と奥さんの言い分に違いがある。
 安倍総理は気にしないで
 「見識をいかして職責を全うすることで責任を果たしていっていただきます」
といっている。見識が有る何に対して見識があるのだろう国民をなめた発言だ。昔アメリカの大統領で女性問題で辞職した大統領がいたと思ったが勘違いかな。世の中女性がいて男がいる男女問題は有るのは当たり前だが政治の中で色の話は無色(無職)が一番。
 反自民としては此れでの安倍首相の支持率の低下を待って拍手喝采。

 今日の朝日の社説
 どこのメディアも朝日と同じ感覚に成ってほしい。昨日も書いたように政党に献金をする前に、やることが有りませんかと言いたい。
          
 社会編
 教育基本法が成立した。何度も書くが、政治に経済、之だけ毎日不正があって、そして不正をしている奴ほど温々と過ごしている。
 基本法では日本を愛する心を教えると言っているが、此の体たらくで日本を愛せよと言っても愛国心などは湧いてはこない。


 テレビのワイドショーはいろいろな事をやるのだが、今日はある少女が中学を卒業するまで会議室での自習ばかりなので、母親が理由を聞きに学校へ行っても担任に会わせてもらえなかったそうです。問題の内容は余りにも多すぎて省くが、中学の三年間自習室ばかりで、卒業アルバムの中に
          
という英語のことわざが書かれていて、親がその英語の諺の意味が分かって初めてびっくり。精神的に娘の三年間をどうしてくれると訴えたそうだ。それを受けて静岡市の教育委員会は校長と担任に文書訓告処分にしたが、その後この教師は依願退職をした。
 先日第一回の口頭弁論があったと言っていて、そのアルバムのその教師に自筆の部分が紹介されていた。
 静岡市はこの問題では全面的に争うそうだ。教師も自分が正しかったらやめる必要がない。辞めたと言う事は思い当たることがあるのだろう。

 この問題がハッキリしないのに触れる事はおかしいのだが、イラストに揚げたものは本物であるかぎり、卒業文集に「どの群れにも黒い羊はいる」この様な言葉を書くそれも英語で書くと言う事は教師として許される行為ではない。

 とにかく、この言語道断教師は、懲役15年の実刑にしないと気が済まない。

 毎日の日記を書きはじめて三ケ月ほどになる。しかし、明るい話題で終わった記憶がない。
コメント   トラックバック (2)

06年12月18日・月曜日 今日は晴れだがニュースは寒い

2006年12月18日 15時04分17秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
 06年12月18日・月曜日

 昨日と違い今日は晴れだがニュースは寒い。  

 ニュースといえば新聞よりテレビの方は伝達が早い。朝日の二面に載っていたが世界の新聞の転換期で世界の新聞はネットに押されて苦境に立たされていると書いてあったが、それは若者だけで老人はテレビだろう。テレビ業界も難しい初期設定などしなくても良い、昔のように持ってかえってスイッチを入れたらポンと映像のデイくる機種を作ってほしい。
 老人で未亡人の多い町内に住っているとトラブルがある度に呼び出されるのだが、会社や機種の違いで内容が微妙に変わるので困ってしまう。
 戦時中に聞いた話だが、日本の飛行機は機種や製造会社でビスの規格が違うが、アメリカは全部統一されているので壊れた飛行機でも寄せ集めで1機組み立てられると聞いたことがある。その非効率が延々と続いているのが日本なのだろう。

 そのニュースだが、新聞には載っていなかったがテレビでは、山口県の萩市で18歳の長男が父親を刺殺。とあったが今年になって尊属殺人はどのくらいあったのだろう。
 東京のど真ん中に胴体だけの死体が転がっていたり。
 赤ちゃんを生んだ母親が嬰児をほったらかしていたり。
 唯一、明るい話題はスケートだが、これも転んでちょい暗い。

 昨日、本間税調会長のことをちらっと触れた。それは関西ローカルのトーク番組でもふれていた。今、テレビで彼が主演しいて何かと弁解がましく言っているが、彼のような体質の人間が大きな顔をして税制調査会の会長をしている事は私には許せない。消費税も視野に入れた法人税減税。高級クラブに出入りする人には決めてほしくないし庶民のことは分かるはずはない。

 新聞の切り抜きからは、
           
 私たち東洋人というか無宗教に近い仏教徒にはパレスチナのことは全く分からない。ファタハかハマスか分からないが、どこの国が彼等に資金を出しているのだろう。不思議な国家の集団だ。

 6者会議が始まる。しかしあまり期待は持てそうもない。日本は拉致家族を第一に出しているが、他の5ヶ国の出方では、拉致は後まわされる懸念は拭えない.前進を祈るのみ。
        
 皆さんどう思われますか
        
。りそな銀行が自民党への融資急増とある。庶民には全く裏の話で分からないが、お金を借りると言う事は返す当てが有るということ。政党の主な収入源は献金なのだろう。
 そして銀行が政治献金を再会すると言う事は、自分で自民党の借金返済の手伝いをしていることになるのではないか。

 私たちは雀の涙ならぬ蚤の糞ほどの利息をもらいその利息から税金を2%とられ、これで我慢をしている日本人は忍耐がある(私を含め)。
 参議院選が終わると消費税アップが待っている。野党も全く頼りがない横っ面をぶん殴りたくなる。私たちがどのような行動をしたら政治を変えられるか全く分からない。
 ぬるま湯に浸かって半世紀過ごした日本人は外国のように何万人のデモをする気力はなく腑抜けになっている。
 ネットの上で集まって文句を言って、其れが大勢の様に見えても日本の人口に比べれば微々たるものだ。三島由紀夫の様に割腹する勇気もなければ、今の日本人のためには其れは阿呆らしい困ったものだよ憂楽嘲。

 和歌山知事選他県のことだがほっとけないので口出しをする。
 昔は政治が悪いのは政治家が悪いとおもっていた。しかし最近は国民が悪いのだと思うようになった。どの選挙も投票率は有権者の半分もいない。選挙にいかない人間は税金が上がろうが保険料が上がろうが,政治家や官僚が無駄遣いしても文句を言うな。
 憲法改正になったら、徴兵制になったら最初に先頭に立って戦地に行ってもらいましょう。

 ちょっと言い過ぎました。今日の日記はこれで終了。
コメント (3)   トラックバック (3)

世界の人口ベストテン

2006年12月17日 15時50分29秒 | 為になる記録・おもしろ記録
 以前、世界の人口のベストテンが載っていたので(クリックすると拡大します),表にまとめてみた。
         
マグロの漁獲量制限など、このまま人口が増え続けるとどうなるのでしょう。
 考えると少子化も自然の利に適っているかも。

コメント   トラックバック (1)