護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第四部  昨日の朝日新聞のグラフの続き

2007年07月31日 16時59分06秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
ごまめのブログ 第四部  昨日の朝日新聞のグラフの続き


 1・ご当地候補

  
 2・自民派閥の新勢力
 
  
 3・過去の主な有名人

  
コメント   トラックバック (3)

第三部  昨日の朝日新聞のグラフの続き

2007年07月31日 16時52分54秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
 ごまめのブログ 第三部  昨日の朝日新聞のグラフの続き

 1・自民と民主の比例区の比較

  
 2・比例区・政党名と候補者名での得票の割合

  
 3・主な組織の集票力(推した比例区候補の得票

  


ごまめのブログ 第四部  昨日の朝日新聞のグラフの続き(ここをクリック)

 1・ご当地候補
 2・自民派閥の新勢力
 3・過去の主な有名人
コメント   トラックバック (1)

第二部  人質・原発・大阪ガス

2007年07月31日 16時44分20秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
 ごまめのブログ 第二部  人質・原発・大阪ガス
 

    
 韓国人の人質がまた一人殺害された。
 アフガニスタンと韓国政府が、我々の仲間を解放するという約束を破ったからだ」というのだ。
  

  
 なぜ、政治が絡むと残酷なことが平気で行われているのだろう。

 戦時中に日本いたるところで残忍な行為をしたと騒いでいる人がいる。しかしこの方々は聞いた話ばかりだろう。

 私は、生まれてから引き上げてくるまで北朝鮮の数カ所にいたのだが、残酷な場面には遭遇しなかった。

 ただ、今感じているのは、国家の権力のとどきにくい田舎ほど、韓国、中国、日本民族同士は助けられたり助けたり仲良くやっていたと思う。ということは、昔は助け合わなければ生きていくのが難しかったのかも分からない。
 考えると、田舎ほど町の中に日本人街がなかった様なきがする。

 と言う事は、国家権力は民衆の敵だとも云える。個人単位では人間同士の付き合いができるのに人類とは不思議なほ乳類だ。

  
 地震と原発。後からあとから問題が出てくる。
 原発の敷地内があれだけ大きく波打っている。原子炉のどこかに歪みがでていると思うのは普通ではないか。
 もし此所の原発を再開して事故につながるようなことがあれば、許可をおろした人間全員死刑以上の刑罰だろう。しかし、いままで何か問題が起こっても責任を取った政治家や官僚はいない。
 強いていうと、A級戦犯だけかも分からない。
 権力とは弱いものいじめを平気でやれる者が権力者。


 もう日本の起業家にはモラルというものが全くない。

 その原因は、政治家や官僚にモラルが欠如しているからだ。
 それが、企業に伝染して、民衆に感染したのが、酔っ払い運転、給食費の不払い、数えると切りがない。


 ごまめのブログ 第三部  昨日の朝日新聞のグラフの続き(ここをクリック)


 1・自民と民主の比例区の比較
 2・比例区・政党名と候補者名での得票の割合
 3・主な組織の集票力(推した比例区候補の得票
コメント   トラックバック (3)

火曜日 戦いすんで日が暮れて

2007年07月31日 15時38分39秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年7月31日 火曜日 戦いすんで日が暮れて

 選挙が終わり安倍首相が続投を表明。

   

 テレビで拝見していると色々喋ってごじゃる。

 反省と言ってもその心は何にも見えへん。

 「地方においては改革の中で、痛みを感じているという声が現れた」
と言っておじゃるが、テレビの番組では何年も前から叫んどるんや。

 人心を一新との声が、国民の声と今頃気が付くとは、やはりおぼっちゃま。

 政治とカネ。党で厳格な規制というが、与党だけの論議とは、また単独審議ということや。

 改革路線。己たちの無駄遣いから改革して、其れでもお金が足らなきゃ、国民は何にも文句はいわへんわ。

 消費税。自民党に不利だというだけで先送り、もう国民はだまされない。

コメント   トラックバック (4)

参議院選の朝日新聞のグラフ集 その3

2007年07月30日 16時46分04秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
第五部 参議院選の朝日新聞のグラフ集 その3
  ■自民・民主の過去一人区の勝敗結果

其の1今回の選挙

  
其の2・01年の選挙

  
其の3・04年の選挙

  

コメント   トラックバック (2)

参議院選の朝日新聞のグラフ集 その2

2007年07月30日 16時29分02秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
第四部 参議院選の朝日新聞のグラフ集 その2

■首相の進退・等

其の1

    
其の2

  
其の3

  

第五部 参議院選の朝日新聞のグラフ集 その3(クリックして下さい)

■自民・民主の過去一人区の勝敗結果
コメント   トラックバック (1)

参議院選の朝日新聞のグラフ集 その1

2007年07月30日 16時07分29秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
ごまめのブログ 第三部 参議院選の朝日新聞のグラフ集 その1
 朝日新聞の今回の選挙のデーターのグラフが出ていたので全部切り取ってみた。
重くなるので三つに分けて貼付ける。
 投票者に占める各党支持者の割合・等

其の一

  
其の二
 
  
其の三

  

それと各社の社説のURLを入れておく。各社の特徴がよく出て,信自民と反自民、中立と区分けができそうな気がする。社名を(クリック)

東京
日経
毎日
読売
朝日
産経



第四部 参議院選の朝日新聞のグラフ集 その2(クリックして下さい)




コメント   トラックバック (1)

 ごまめのブログ 第二部

2007年07月30日 16時00分10秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
 07/07/30 ごまめのブログ 第二部
 テレビは昨日の選挙一色だ。

 朝ずばっは、ものもんた・が夏休みで、いつもとは調子が違う。
 選挙中は、議員は一切テレビには出ていなかった。しかし今日は、どばっと大量出演、そして当選者も出演した。

 その中で、民主党比例区から出た。横峰良郎氏の一言は、的を得ていると感じた。
 私は彼が立候補した時。ゴルフの娘さんの威をかりてとあまり快く思っていなかった。しかし、その彼が言った言葉は、
「彼や大物政治家は、ワイドショーをバカにしている。この番組でも、国民の本音や生活に困窮していること。政治の見えてこない不正など毎日のようにやっている。それらを見ていたら質問などにあの様なバカな発言はできない。」
と腹立ちを見せていた。

 識者といわれる人や、一般庶民にもワイドショー軽んじている。しかし、昔の新聞が唯一の情報機関の時間のずれた情報と違い、映像メディアは一番情報の伝達は最速で良きにつけ悪きにつけ国民の中に浸透していると思う。

 まして安倍首相は良家の坊ちゃんで、社会の底辺の国民の事など全く知らない。だからせめてテレビを見よと横峰氏は言っていると思うのだ。

 今日の各会派の出演者とパネルに書いた一言を書いて此の項は終わりにする。


自民・ 茂木敏充衆議院議員 「一新前進」
公明・ 高木陽介衆議院議員 「ていねいに」
民主・ 櫻井 充参議院議員 「辞任するべき」
共産・ 小池 晃参議院議員 「退陣すべき」
国民新・糸川正晃衆議院議員 「退 陣」
新党日・田中康夫新参議院議員「自分のことは自分で決めろ」

 よく見ると、自民党はまだ一党独裁の夢の中のようだ。




 ごまめのブログ 第三部 参議院選の朝日新聞のグラフ集 その1(クリックして下さい)


コメント   トラックバック (5)

選挙が終って世間を見ると

2007年07月30日 14時09分50秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年07月30日・月曜日 選挙が終って世間を見ると

   
 選挙が終わり私の思った通りになり一息ついて社会を見ると、べ平連の小田実さんの訃報が伝わってきた。私より年上だと思っていたが、だいぶ年下だったようだ。最近、彼のような気骨のある人物が少なくなってしまったので、惜しい人物かいなくなった事、本音で喋る人物がこの世からひとり、二人去り、少なくなってくる状況は、私たち護憲を叫ぶ人間にとつては大きな損失だ。
 ご冥福を心からお祈りしたい。

   
 話はいっぺんに俗っぽくなる。
 主婦の45%は平均267万円ほどへそくりがあるようだ。
 先日もテレビで女性は社会から差別を受けていると、田島のおばはんが、唸っていた。
 しかし、社会においては確かに女性は差別を受けていると感じるのだが、家庭においては女性が絶対上位の家庭が多いと私は感じている。

 あらためて此れを、ごまめ流に分析すると、へそくり出来る家庭は裕福層で、45%を省いた55%の内15%はへそくり等をしなくてもよいセレブ層で、残りの40%は、生活に追われたへそくりなど出来ない低所得者だと思う。
 国民は中流と思っている人か未だに多いようだ。しかし日本のGDPは世界14位で先進国で一番低いと言う、そして日本は人口当たりの高額所得層が増えて、確か人口当たりては世界で一位が二位ということは、日本の儲けたお金はセレブ層に流れていると言うことだろう。
 
 主婦の45%が平均267万円のこの新聞記事でそう感じるのである。
 「へそくり」でなく「へそまがり」な論評。

    
 選挙ばかりに気を取られていたが人質問題が解決していない。
 世界の人々はタリバンをどう見ているのだろうか。私はアラブの民族が嫌いになってきた。
コメント   トラックバック (6)

遅まきながら「ブログが消された」について

2007年07月29日 16時57分32秒 | 政治・社会
 先日から、

ヤメ蚊さんや津久井進の弁護士ノートさんその他の皆さんから「ブログが消された」それに
【緊急事態】沖縄・辺野古で政府の手先がレジスタンスを殺戮しようとしている!
のTBを頂いていましたが、今は自分のことが手一杯でゆっくり拝見する時間がなく、今日、
きっこの裏日記
http://www5.diary.ne.jp/user/533673/
を拝見して、やっぱりな感じました。

 私は、皆さんの様な高尚なことは書けませんが、ブログが消されたについて気が付いたことを書いてみます。
 皆さんと考え方がズレているかも分かりませんが、日本が昔の様な軍国主義に回帰しつつあるということを感じています。

 私の子供の頃は、国に反抗する人が、拷問で獄死した話はよく聞きました。聞いた話ですから本当のことは分かりませんが、戦後聞いた話とつきあわすと、本当だろうと思います。

 また、軍人は、敵前逃亡やスパイ行為は死刑されると聞き及んでいます。と云うことは戦うと云う事は其のくらいしないと戦えないのは、軍の経験はありませんが、戦時体験で其の事が体に染み付いています。

 ですから、軍国主義社会の昔でも、国家に楯突かなければそれ也に暮らせる社会でした。

 しかし、軍国主義社会は、国民に知らせられない秘密は山ほど抱えます。

 私は軍隊に行ける年代ではありませんが、軍というものは、秘密事項は持つのは当然だと言うことは知っています。
 平和の中だけで生きてきた人には判らないと思いますが、軍隊を持つということは必ず敵対国を持つということ、と言うことは、こちらの手の内は相手に知られては戦う前から負けたのと同じなのです。

 真珠湾も秘密が守られたので勝てたのだと私は思っています。
 昔の話で、ご存じかと思いますが開戦当初の戦闘機・ゼロ戦は優秀な戦闘機だったと思います。しかし、一機のゼロがアメリカの手に渡り、徹底的に研究されてからそれに対する対向の戦闘機を開発されてから局面がかわったということは本当のようでした。と言う事に気が付けば、アメリカの物量と技術の発達は、日本は勝てないと気付くべきだったのではないでしょうか。

 日本防衛庁が省になり、名前は防衛だが少し装備をかえると攻撃できる集団になりました。
 先日から自衛隊員によるイージス艦の極秘部分や情報が外部に流失しています。と言うことは、アメリカは自国で開発した物でない武器の情報を流されることに対しでナーバスになるのは、軍主導国家では当たり前だと思うのです。

 ですから防衛庁は隊員それに重要部署に配属された退職隊員に対してものすごく神経質になっていると最近の報道を見て感じています。

   
 先日の新聞に、日本の自衛隊が次期戦闘機F22ラプターの購入が、アメリカ下院で禁輸法案が可決とありました。
 この様な飛行機は秘密の塊が飛んでいるようなもの、近世の日本の直ぐに秘密をばらす自衛隊をアメリカが見ている時信用するはずはありません、だから先に手を打ったと感じたのは、穿った話で私だけかも分かりません。
 しかし、国家はもの凄く国民を締付けにかかるのは目に見えています。
 だが、最近はメディアが国家に傾いているのが気にかかります。

 長々と書きましたが、ブログを消されたのは元自衛隊員と伺っているのでやられたなと思ったのです。どのようなブログか拝見できませんでしたが、内容によっては、命があるだけましかもわかれませんね。

 昔は、国家の名の下に堂々と国に反抗する民を消しました。しかし昔と違い、情報伝達の早い時代になると、世論があるので表を向いた無茶なことはできません。

 最近は、米ロの関係も複雑になりつつある感じです。そして軍事大国ほど秘密機関を持っていますから、私もヒョッとしたら日本にもロシアのKGBの様なものが日本に存在するのかなと感じたのは辺野古の事件です。

 やはり、秘密の多い国家はそのうちに滅びる運命をたどるような気がしています。
 憲法九条があっても当たり前のようにイージス艦はあり、戦闘機はスクランブルをかけている時代です。

 これが,改憲されその先を考えると戦争に負けて百年も経たないのに元の軍事国家に変身してきたと思う今日この頃です。

 もう一つ、最近は貧富の差がハッキリし出しました。これも軍事国家の象徴で、それでないと軍事費や国家の秘密事項の維持はできないと思っています。

 学のない人間が昔と比べて現代について考えたことを書き綴りました。
 しかし,昔の時代に戻るのは、なんとか阻止しなければなりません。

 老人の戯言としてお許し下さい。

コメント   トラックバック (3)

07年7月29日 参議院選挙

2007年07月29日 08時32分35秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年7月29日 参議院選挙

 この度の参院選は私の町内で選挙カーの声は一度だけ、選挙があるのかないのか分からない選挙戦です。

 そして今回は、年金問題が争点になりました。これが国民にどう影響を与えたかは後20時間もすると結果が出るでしょう。

   
 しかし、肝心の国民生活に最重要な問題はこれを出すと自民党に不利になるので遇えて出さなかったと思うのですが、国民のみなさん投票には絶対いきましょう。
 

 棄権は危険に通じ。
 憲法を変え、戦争に巻き込まれても、それは貴方たちが棄権をしたからだと私は思います。

 書き込みが遅すぎました。

コメント (1)   トラックバック (3)

ごまめのブログ 第三部

2007年07月28日 17時53分39秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
  ごまめのブログ 第三部
 明日は選挙だ。不在者投票をすませたのだから、あとは夜中を待つばかり朗報を期待したい。

 自民と民主の選挙運動の中身の違いが新聞に載っていたので見出しを切り抜いた。

  
 やはり自民は誤魔化しが感じられる。

 一番分りやすいのは、透明性と言っても、色のついた透明もある。
 民主のように一円からの公開だと、現在は最低貨幣単位が1円だから、地方の田舎の空のようにお星さんがいっぱい散らばっている透明さと、東京の空で、一等星がかろうじて見える透明さの違いだ。


 一部に書いた東京電力の原子力発電も無責任としかいえない。現在の日本は無責任の集団の固まりだ。
 その一つの例が、幼稚園の送迎車の中に置き忘れて園児を死なしてしまった無責任。現在の日本は無責任時代だ。

 私が音楽を嗜むならば、無責任節を作ってみたい。

 政治家も無責任。それに輪をかけた無責任誰だろう。天下りの好きなキャリアさん。続いて企業も無責任。親も保険目当てに子供を殺す無責任。


コメント (1)   トラックバック (6)

原子力発電・その二

2007年07月28日 16時31分04秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
原子力発電・その二
 朝日新聞にはニュースがわからん!というコーナーがあり、いろいろな事柄を私たちに分かりやすくイラスト入りで説明してくれるコーナーがある。
 07/7/26日に「ひずみ集中帯」って何というのがあり、イラストを載せていたので切り抜いてみた。
  

 先の原子炉所在の地図とあわせると現在日本海にある原子炉は、日本国中で一番危険な場所に原子炉を作ったことになるのだろう。
   

 最近の研究の結果、活断層は柏崎原子炉の下まできているという。そして東電も被害を何故だか少しずつ小出しにしている。

 私はこの地震で、原子炉は絶対安全でないと言うことを勉強した。だから節電は大切だと思っているのだか、社会の中にはその空気が感じられないのが不思議なのだ。

 都会の町中は、朝まで真昼の如く明るく空にはお星様は全く見えない。テレビ放送は深夜を過ぎても唸っている。日本人は、ボランティアの方々も沢山居られるのだが、多くの国民は自分に被害がない限りは机上の出来事ぐらいにしか、考えていない民族なのだろうか。

 やはり、危険な場所には、危険なものは作らないことだ。もし、チェルノブイリの様な事故がおこると、ウクライナの様な広い国ではない日本国民の逃げる場所がなくなる。
 最近発覚した原発のデーター改ざん・事故・トラブルも切り抜いて添付する
  
  
 余計な心配といわれそうだが,この二日ほどの新聞とテレビ番組を見て感じたことを書いてみた。

コメント   トラックバック (1)

07年7月28日・土曜日  原子力発電

2007年07月28日 16時21分32秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年7月28日・土曜日  原子力発電
 柏崎原発も少しずつ被害を申告していて何か作為を感じるのは私だけではないだろう。
 
   
 私たちは、何ともなしに電気を使っている。私の今使っているPCも電気がなければ只の箱なのだ。

 そして、その電気を得るのに核を使っている事も分かっているのだが、日本の中のどこに存在するかも分かっていない人々が多いと思う。

 今日のサタデーずばっとで、日本国中の原子力発電のある場所の地図を見せてくれた。冷却水を得るためには海岸線にしか発電所はではないと言うことだから海岸線にあるのは当たり前だろう。
 
   
 全部で17か所。以前聞いたことがあるが稼働している原子炉は61炉と言うことなので17か所の中に此れだけの原子炉があるということは、原子炉のある数字だけ危険度が高いということだ。

ウィキベディア資料を見ると
1・泊発電所 ‐(北海道 後志支庁 、北海道電力 ) 原子炉3機
2・東通原子力発電所 ‐(青森県 下北半島 、東北電力 ) 原子炉3機・1機計画中
3・女川原子力発電所 ‐(宮城県 南三陸 沿岸、東北電力) 原子炉3機
4・福島第一原子力発電所 ‐(福島県 浜通り 、東京電力 ) 原子炉6機・2機計画中
5・福島第二原子力発電所 ‐(福島県浜通り、東京電力) 原子炉4機
6・東海第二発電所 ‐(茨城県 北部、 日本原子力発電 ) 原子炉1機
7・柏崎刈羽原子力発電所 - (新潟県 中越地方 、東京電力) 原子炉7機
8・浜岡原子力発電所 ‐(静岡県 西部 、中部電力 ) 原子炉5機
9・志賀原子力発電所 ‐(石川県 能登半島 、北陸電力 ) 原子炉2機
10・敦賀発電所 ‐(福井県 若狭地方 、日本原子力発電) 原子炉4機
11・美浜発電所 ‐(福井県若狭地方、 関西電力 ) 原子炉3機
12・大飯発電所 ‐(福井県若狭地方、関西電力) 原子炉4機
13・高浜発電所 ‐(福井県若狭地方、関西電力) 原子炉4機
14・島根原子力発電所 ‐(島根県 東部 、中国電力 ) 原子炉3機
15・伊方発電所 ‐(愛媛県 南予地方 、四国電力 ) 原子炉3機
16・玄海原子力発電所 ‐(佐賀県 、九州電力  原子炉4機
17・川内原子力発電所 ‐(鹿児島県 西部 、九州電力) 原子炉2機


原子力発電・その二へ

コメント   トラックバック (4)

 第三部 総人口と有権者数

2007年07月27日 20時00分28秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
ごまめのブログ 第三部 野次馬編

 日本の人口と有権者数が出ていました。
 よく見ると、二十歳以下の人工は2300万人ほどです。
 選挙とは関係ありませんが、この二十歳以下の人数を考えると、現制度の年金は破たんしたのと同じではないでしょうか。

   


 自民党の言っている抜本とは、また官僚の勧めで誤魔化すだけかな。

コメント   トラックバック (2)