護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

07年4月30日・二部 テレビの切り抜き  高血圧の新治療

2007年04月30日 15時30分44秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年4月30日・二部 テレビの切り抜き

      
 テレビ放送の見出しを集めてみた。最近は暗い放映が多いが今日は特にく感じる
 テレビと新聞の見出しと違うところはこれに映像が付いてくるので新聞より分かりやすいかも知れない。しかし録画をしていないと消えてなくなるのが欠点だ。
 キー曲のテレビは全国規模かも分からないが、よくも毎日人殺しなどの人間の死に関しての報道が多すぎる。学者によると殺人事件は終戦直後の方が多かったといっているがそうなんだろうか。
  
   
 安部首相が中東で海上自衛隊の視察をしている映像が流れていた。
 隊員の激励の演説をしていたが、聞いただけでも官僚が作ったものだなと思っていたら書いたものを読んでいた。自分の言葉で話せない人が一国の総理とは情けない。
 総理の胸中は、自衛隊の次のステップを夢見ていると思うが、最初にご自分の子供を自衛隊に入隊させてもらいたい。それも昔でいう初年兵から。

   
 新聞には出ていないが、明るい話題を一つ。
 東京慈恵医科大学が中心となって行なっている新薬の臨床試験で高血圧の新治療薬が開発されているとあった。
 私も先日から降圧剤のご厄介に成っているので,早く臨床に使えるようになって欲しいと思っているが、タミフルの様な事もあるので、ご用心ごようじん。


コメント   トラックバック (4)

07年4月30日・月曜日 政治とカネと領収書

2007年04月30日 13時13分11秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年4月30日・月曜日

 毎日新聞の社説の中に

政治とカネ 領収書で幕とはいかない
中の一部の引用を添付
引用
 【政治資金管理団体の事務所費について、自民党が5万円以上の経常経費支出(事務所費、光熱水費、備品消耗品費)には領収書のコピー添付を義務付けることを認める方向になった。安倍晋三首相が5月の連休後、最終判断し、政治資金規正法の改正を指示するのだという。

 だが、これを聞いて「まだ、こんなにもたついているのか」とあきれる人の方が多いだろう。

 昨年末、辞任した佐田玄一郎・前行政改革担当相の不正経理問題に端を発した政治家とカネの問題は、今の国会でまずけじめをつけなくてはならない問題だった。ところが、「ナントカ還元水」に象徴される松岡利勝農相の光熱水費問題など、ほとんどは真相究明が宙に浮いたままになっている。

 自民党もこのままでは7月の参院選を戦えないと考えたのだろう。当初、公明党が領収書のコピー添付を主張したのに対し、「プライバシー保護だ」などと、およそ説得力のない説明で抵抗していたが、ようやくコピー添付だけは認めようということのようだ。】


 政治家とは不思議な人種だ。5万円以下だと領収書は添付する必要がないと言う事は、少し経理の分かるものだったら抜け穴を作った法案だとすぐ分かる。
 昨日も書いたが、此の様なことをしているから、議員宿舎に対して国民は文句を言うんだ。
 国民を馬鹿にしているを通り越している。

     
 今日は、新聞の切り抜きとテレビ番組の切り抜きに分けて作ってみた。
 朝日のトップは日本紳士録が120年の歴史に幕を閉じたと報じていた。
 此のような個人情報を悪用する時代に成ったと言うことは一抹の寂しさを感じる

 禁煙タクシーは時の流れ。中国残留孤児・とくにカナダの京都議定書の目標達成断念は自然を守る難しさを物語っていると感じた。

     
 次は悪いことばかりを並べた。
 腎移植を見ていると、医者の勝手な論理で話が進んでいる感じで,厚生労働省も医師側も患者さんの頭の上を通り越して論議している感じで腹立たしい。

 読売新聞お前もかと言いたい。政治家もあかんし(駄目)新聞社もあかんと日本中あかんだらけ。日本の国民はなにを信用してらよいのか。

 最近は、老人夫婦の心中や介護疲れの殺人。先日は電車内のレイプの見てみないのか気が付かなかったのか。
 この目の不自由な老夫婦、電車が止まっていると勘違いしたと新聞には書いていたが、自分がもしその場にいたら止められたのかと考えると、昔のようにゆっくりした社会でない現代社会に違和感を感じてしまう。

 国際的なことは分からないが、北朝鮮のしぶとさを感じる。本気で核開発を止めるとは感じられない。


コメント   トラックバック (5)

07年4月29日・第二部  小泉前首相が民主党法案を間違えて起立した

2007年04月29日 15時54分59秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年4月29日・第二部

 笑い話です。
 デレビの中の新聞の切り抜き映像ですから読みにくいですけれど貼付けておきます。
 
       
 先日の本会議で、民主党の出した法案が自民党の出した法案の名前が似ているので、小泉前首相が民主党法案を間違えて起立して賛成して、野党から拍手喝采されたそうです・

 世界では死刑廃止の動きが増えています。その中で中国とイランはダントツで死刑囚が多いと言うことです。中国は年間千人以上も有るということですが、どのような犯罪が死刑になるのでしょうか。


 この間の太田光の番組で、議員宿舎の問題をやっていた。
 メディアもこの問題を報道しなくなったので、興味深く見ていたが、出席議員の多くは議員宿舎はあって当たり前と以前よりは態度が大きくなっている。

 金美齢氏は、「国会議員は一生懸命に国の重要なことをしているのだから、もっと優遇して当たり前だ」と何度も顔を赤く上気さしていっていた。

 ある議員は給料は安いので給料から経費を引くと40万しか残らないから生活も難しいといっている。

 金美齢氏の言葉を聞き、先日の本会議の映像を改めて見ると空席が多く一生懸命国政をしているとは感じられない。
 事務費でも5万円以下は領収書はいらぬとか、不正と思われるような献金集めを見ていると国政を本気でやっているとは感じられない。


 議員の手当もざっと
月額137万5000円。プラス期末手当てが718万円。
で年収2400万円。
それに文書交通費が毎月100万円が追加支給されている。
また国会議員の所属する会派に、
一人あたり月65万円の立法調査費が支給
 年間4000万円以上はあるようだが
議員さんが言うのは大抵本給にに値する金額しかい言わない。

その時に外国では議員宿舎はないが、手当のある国もある国家についてもよその国はよそ。日本は日本だと態度も大きくなったいる

議員宿舎の装備はとびきり上等とも思わなく場所が特等地なので賃貸費が高いのは分かるが、国家が低所得者に対して負担を増やしている時に、
「自分達は、お前たちから選ばれた代表だから、特権があっても当たり前だという態度」に腹が立つのである。

 議員宿舎ばかりでなく公務員宿舎も知らぬ間に増えている。

 私は何時もいっているが、議員がいるから国民が安心して生活していると金美齢も言ってた。しかし私は国民がいるから国会議員も金美齢氏の様な金持ちも生きていけるのだといいたい。
 彼等が仙人のように霞を吸い誰の助けも受けていなければ、現在のようにお山の大将でいればよい。何時も言う様にこの世で生きていけるのは、色々な職業の方々の恩恵を受けているからと生活ができているのだ。と言うことを彼等は忘れている。

 毎度書いているが、議員がどの程度恩恵を受けて良いのかは私もわからない。

 しかし、議員が国民にたいして正面を向いて、誠実なる政治をしていると感じていれば、新聞も国民もあの議員宿舎の入居を反対はしないだろう。

 増税される国民は、議員さんが国民のために政治をしていると感じないから議員宿舎に反対するのである。

 だから私は、あの議員宿舎に入居失す人には投票はしない。

コメント (1)   トラックバック (3)

07年4月29日日曜日  今日は昭和の日 ステルス型のF22を100機購入

2007年04月29日 13時43分42秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
 07年4月29日・日曜日

 今日は昭和の日だ。と言っても昔の祝祭日は紀元節・天長節・神嘗祭・新嘗祭など骨董品の人間は昔の祭日は思い出すのだが、最近の祝祭日の正式名は分からない。

 小学校の頃、祭日の式典に学校に行くと、奉安殿(天皇の御霊・お写真)を講堂に移動する時に規模の小さな小学校では、全生徒が校庭に並び、うやうやしく校長先生が頭を下げた状態で御霊を捧げて講堂まで歩いていくのを頭を下げてお見送りしたことが頭の中に残っている。

 当時は、天皇陛下はそれほど尊いお方だとの教育が行きとどいていた時代だった。
 戦争も,神、天皇の御意志だと言うことで何の疑念もなく従ったのが当時の国民だ。

 処が先日、昭和天皇最後の側近、卜部亮吾侍従の日記が刊行された。一部が新聞で載っていたが、先の戦争には天皇反対の意見で心をいためておられた様なことが書かれていた。
 終戦直後にも此のような話を聞いた覚えがある。このような日記は編集なしで載せているのだろうか、少し高いが購入して読んで見よう。

 考えると、私たちは天皇陛下のご命令だから、あの戦争も聖戦と思って従ってきたが、天皇陛下のお気持ちは、それとは些か違うと言う事は、私たちは誰の命令で戦争をしたのだろうか。戦後、A級戦犯も陛下の意志に反して合祀したと言うことは、行政府は天皇の意思を無にする体質を持っていると判断せざるを得ない。と言うことは、当時の政治家や官僚いわゆる軍部によって戦争が始まったのだろう。
 先日の北朝鮮の行進を見て、昔,中学校の高学年・旧制高校や大学生が一堂に集まり整然と分列行進を経験した人間が,あの行進の映像を見ると当時の日本似かよっていると感じる。

 早朝5時代の早朝のニュースだが、日本がステルス型のF22を100機購入する事に韓国が危機感を持っていると言っていた。其れが何故だかお昼のニュースではしていない。
 韓国のキム・ジャンス国防省は日本がF22を装備した場合は、
「我々もそれに対応するため適正量の戦闘機を備えることで意見が一致している」
と言うことは、韓国は日本は要注意国家の仲間入りにするのだろうか。

 庁が省に昇格し、総理も改憲に夢中になっている。先日も日本の軍事装備はアメリカに次ぎ世界で二番目の高性能機器の装備だとあった。
 アメリカは、日本はアメリカを敵視しないと思って、金儲けのつもりでこの機種を売るのだろうが、しかしアメリカもフル装備では売らない気がする。
 これで、日本の周辺の国々は日本を要注意国家と認識するランクが星二つから星4つくらいに上がったと思う。


 今朝の5時30分時事放談は瀬戸内寂聴さんが出ていた.その中で寂聴さんは、
「なぜ安倍首相は憲法改正を急ぐのだろうか。日本の憲法を変えたい国はアメリカだけで、他のお国は、戦争をしない日本の憲法は世界で一番だと思っているのですよ」
と言われていた。

 戦闘機。何のための戦闘機だろう。書いて字の如し戦う機械を100機も買う。本当だったら日本を要注意国家だと思う国か増えただろう。
 それに国家が憲法改正すると、また日本を要注意国家だと認識する国家が増えるだろう。テロのないのは何とか憲法を守ったからだ。
 軍備は敵を増やすのみ。

 現在、憲法改正論者が増えているという。よく聞くと現憲法は良い憲法だが、現在の自衛隊の存在は海外派遣などはでは憲法そぐわないから変えなければ成らないと言う意見が多くなっているかにだと言っていた。

 そうなると、憲法の解釈を勝手に変えてイラクなどに派遣したのは憲法違反だと言う事に成るのではないか訴訟をおこしたいものだ。


 
コメント (4)   トラックバック (4)

07年4月28日・土曜日  経済と所得格差

2007年04月28日 13時30分21秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
 07年4月28日・土曜日

 ゴールデンウイークというが、老人にはコールデンウイークの毎日だ。
 しかしお金は無くてもこの様にブログが出来ることは幸福かも分からない。

 先日、近くで個人葬のホールが誕生した。この歳に成るとぼちぼち自分の終着駅を考え、娘たちに相談すると、
「好きなようにしたらいいやんか。お父ちゃんは死んでしまったら何にも分からないから」と笑っていた。
 私は満州で餓死した親の野辺送りはできなかったので、自分も両親と同じで良いと常々思っている。家族葬でも送ってくれるものが居るのは有り難いことだ。

 話は脱線したが、決算期なので経済面には会社の情報が満載だ。今日は其の中の経済界の見出しを取り出してみた。
      
 悪いところではアメリカが4年ぶりの低成長だとある。
 証券の大手三社も減益とあるが、その原因は株の低迷ばかりではないと思うが庶民に経済のことは全く分からない。
 いつも感じていることは、経済至上主義で毎年経済成長を続けているならば、自然資源はあと何年持つのだろうか。現在、人口の最も多い中国とインドがもの凄く経済がのびている。それにしたがって自然も狂ってきていることを巨大国はの政治家は全く感じていない。
 先日、元参議院議員の金村敦夫さんも番組で、議員でそこまで考えいてる人は2%も居ない。其の事を一生懸命訴えると落選すると笑っておられた。
 
 損保の不払い。人の褌で相撲を取るような商売の保険会社は、まじめにやれと言いたい。保険に入る人々はそう裕福ではないと思う。そこから騙してお金を巻き上げる。金融庁が行政処分と言っている。しかしよく考えると政府関係で行政処分するところがある様なきがする。
     
 儲けている処はものすごい。しかし中小企業の数は減っている。都会では大型店舗か増えて、町のお店が無くなってシャッターの降りた通りでになっちゃて寂しくなった。それも時代の流れだと云えばそれまでだが。


 しかし社会を見ると、所得格差がますます顕著に成ってきた。
  

 と同時に自殺者や児童虐待も増えて、最近は殺人事件や金属泥棒の犯罪も増えてと感じるのは私だけだろうか。


コメント   トラックバック (4)

7年4月27日・金曜日  憲法25条の生存権

2007年04月27日 16時35分28秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年4月27日・金曜日

今朝の朝日に憲法25条の生存権についての特集が載っていた。私はグラフは一目見て何を物語っているか、無学な人間にも良くわかめから好きなので取り込んでみた。
その特集の中には憲法25条がかかれていた。
    
     
とある。
 まず最初は一週間前に載っていた日本の自殺者のグラフを紹介する。米国より日本の方が高率だそうだ。
 95年から急激にグラフが上昇していると言うことは何を物語っているのだろう。
 
  
 以前、私の業界の死因を調べている時に全国のデーターを見ていると,12~20才迄のでは死因の一位は自殺が1~2位というのに驚いた。
 近年、いじめの自殺者が多いと聞くが、先日テレビで、近年、高年齢層の自殺者が増えてきたと言っていた。
 
 次に、今日の朝日新聞の中の経済成長率のグラフを載せる。ここの所、学卒者の求人数が増えたと云う事は企業に力が付いてきたのだろう。しかし庶民にはそれは感じられない。景気が回復したとは感じられない。しかしゴールデンウイークには行楽地は満杯だそうなので、国家の言う景気は回復したと言うのが当たりかなと行楽地が人間でいっぱいなのを見るとそう感じる。
 
 最後に生活保護所帯数のグラフを載せる。よく見ると失業者が増えた頃から生活保護所帯が増えている。
 

 そしてよく見ると自殺者が増えはじめたのも此れと同じ年代で此の三つはリンクしていると思う。


億万長者と借金国

を見ていただいたら分かると思うが、我が日本は500万以下の低所得者が60.5%も居ると言う事、そしてこの階層が日本の経済を支えていると思うのである。

 兎に角、戦後、経済が発展するに伴い、労働いう概念が変わってしまい、体を使って働いている職業が軽んじられている。
 先日もご近所に介護に来ていた介護士さんが、「今のままでは結婚はできないから、転職するので今日でお別れ」だと挨拶をしていた。
 
 日本には憲法9条の他に憲法25条という立派な憲法があるのだが、国を治める国会議員には生活保護を受けなければ生きていけない生活も経験はなく、働いてもはたいても食べていくのがやっとだという生活も経験のない国会議員ばかりだから、この憲法25条も憲法9条と同じく絵に書いた餅で、神棚に飾っているだけだと今日の新聞を見て感じた。
 何年か見ていないと分からないが、宮崎の東国原知事が彼方こちら飛び歩いているのも之からの政治家の行く末を占うと思うのだが、初心を忘れずノックみたいなチョンボだけは気をつけてほしい。

 先日、介護保険の徴収金額の決定額が送ってきた。よく見ると年金生活で全く収入は変わらないのに、二年続いて徴収額が増えていた。
国家は、
「25条の健康で文化的な最低限の生活を営む権利を有する」
ではなく、年金生活者の生存権を保証しなく、生存権を剥脱しているのである。



コメント   トラックバック (5)

07年4月26日・木曜日  第二部  集団的自衛権の有識者の名簿

2007年04月26日 20時04分05秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年4月26日・木曜日  第二部

   
 新聞でもテレビでも安倍総理が憲法改正に向かって走り出したのがよく分かる。
 テレビ番組からその見出しを取り出してみた。
 護憲+のブログにも
此のことが掲載されているが、集団的自衛権の有識者の名簿も作ってしまっているので掲載する。
     

 東京新聞も護憲+のブログと同じように掲載するが有識者称する方々の人となりを御覧下頂こう。
 私の様な社会の底辺で生きている人間は此の方々の名前を見ても知らない人ばかりである。
東京新聞


 新聞の内容はまだ見ていないが、見なくても首相の方針に反対する人間は有識者懇には入れるはずはないので、自民党一流のパフオーマンスなのだから結果はわかってる。

 もう一つ、番組では北朝鮮が15年ぶりに軍事パレードをしたとその映像を映していた。装備のことは別として、私たち昔に軍事教練を受けた年代の人間には、北朝鮮の軍事について対したことはないと言う評論家もいるが,之だけ整然と行進が出来るということは、可成り練度の高い軍隊だと感じた。

    
 だから同じ装備で戦わすと強力であることは間違いないが、昔の日本と同様食料が不足しているのは昔の日本とそっくりだ。
 仮想敵国が無ければ、集団的自衛権などはいらない。昔、日本が劣勢の装備であのように戦えたのは、国家の方針が戦時体制であり国民は何の疑念もなく国家の方針に従ったからだ。
 小学校から軍事を念頭に置いた教育を受け、中学では配属将校なる軍人が配属され、科目には教練という軍事科目がある。
 そのような国家だから、赤紙一枚で召集された人間が短期間の訓練でなんとか使えるようになる。しかし現代の若者は生まれたときから何の不自由もなく気ままに育った若者には短期間で戦える兵隊は出来ないことは、私たち年代のものは知っている。

 先日、テレビ番組で自衛隊は定員を割っているといっていたが、もし本格的軍隊を作るとなれば昔のような徴兵検査で人員を集めなければ人員は集められないだろう。
 先に書いたように現代人には軍隊生活は絶対無理だということは間違いない。

 戦では人間は消耗品だ、補充の出来ないことは国家はしない。

 総理の集団的自衛権と此の北朝鮮の軍事パレードをリンクしてみると、北朝鮮は昔の戦前の日本の軍隊の行進と日本やアメリカには負けないぞというアナウンサーなどの姿勢、昔の鬼畜米英という日本を再現しているようでなんだか恐くなってきた。

 軍隊のない社会は憲法9条を拡大解釈のなく実行するしか方法はない。

コメント (1)   トラックバック (11)

07年4月26日・木曜日  ト部元侍従の日記  宇宙の夢

2007年04月26日 13時34分07秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
 07年4月26日・金曜日

 今日の朝日のトップは、ト部元侍従の日記について一面にデカデカと載っていた。昨日。関東と関西では同じ新聞社でもトップの見出しが違うと言ったが、今日の内容は一緒だが編集が違っていた。


 あさずばの記事の紹介では、いつもトップに紹介するのは朝日だが、今日は内容は同じと思っていたが、面白いことに編集の仕方が違ってた。

 比べてみるとどちらが読者の心の中に伝えられるかが面白い。

 私はこの見出しだけを見て感じるのは、この書いていることが陛下の思し召しそのままだとすると、A級戦犯の合祀は、三月二十8日金曜日の朝日に載っていた。

記事引用
【戦没者の靖国神社への合祀(ごうし)をめぐり、旧厚生省と靖国神社が打ち合わせを重ね、一体となって合祀の基準を決めていたことが28日、国立国会図書館刊行の「新編 靖国神社問題資料集」に収録された内部文書から明らかになった。BC級戦犯の合祀について、厚生省側から、目立たないように合祀してはどうかと提案する場面の記録もある。新憲法の政教分離の原則がありながらも、合祀が国主導で進められたことを示す資料といえる。】


この記事を見て今日の新聞を見る限り、行政も靖国神社も天皇のお心は理解しながら、天皇御意志に逆らってA級戦犯の合祀した感じは歪めない。
 あの戦争も天皇は避けたいと思っていたのだと終戦直後に聞いたことがある。しかし本当のことは天皇しかご存じないが、どうも日本の政治家や官僚は陛下より己の方が偉いと思っているごう慢さが感じられる。

    
 先日、太陽系外の宇宙で地球とそっくりの天体が見つかったと言っていたが今日は其の天体のことを放送していた。
 宇宙科学も進んだものだどうして分かるのだろう。こう言う事は夢が広がって楽しい。もしかしたら人類よりもっと進化した生き物がいて、戦争などしなくても仲良く暮らしている天体なのかな。いや、地球より戦争の好きな動物が棲んでいるのかな。???


コメント   トラックバック (3)

07年4月25日・水曜日  首相は任期中に憲法改正と意欲を燃やしている

2007年04月25日 14時23分17秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年4月25日・水曜日
 選挙も一段落すると新聞も政局について書くようになる。

 今日は、新聞の見出しの切り抜きと、テレビ番組の切り取りを編集してお届けする。


 私は、大新聞はどこの地区で買っても一面の見出しは同じと思っていた。しかしブログを初めて新聞とテレビの切り抜きのカテゴリーを初めて注意深く番組を見るようになって、初めて違うことに気が付いた。月に何度かは関東と関西朝日のトップ記事が全く違う。
 今日の関東地区のトップの林野庁の談合。関西の紙面には関東でトップの記事がどこにも見当たらなかった。
 一方、関西紙面の一面のトップ記事の冷凍食品の加ト吉、香川県が本社なので関西朝日の一面のトップに成ったと思うのだが、本当に日本の企業は腐りきっているというしかない。一月間に企業の不祥事や不正が全く載っていない日を数える方が早いくらいだ。
 企業の不祥事と平行して政治に関わる不正なども、殆ど毎日新聞をにぎわしていると云う事は、政治と企業の問題はどこかで両者がリンクしていると思うしかない。

 また今日はJRの脱線事故が起きて2年目になるので、此の事もトップになっている。



 テレビでは首相は任期中に憲法改正と意欲を燃やしていると言っていた。
 よく見ると、この問題とリンクしている国民投票法の審議も大詰めにきているという。
 それを聞いてこの問題とリンクしている見出しを取り出して貼付けたので御覧いただく。
 防衛庁が省になるとやっぱり本性を現してきた。御覧になって分かるように軍事に関することが、何のはばかりもなくどんどん進んでいるようだ。有識者会議も発足するそうだが、国民はどう思っているのだろうか。

 憲法も解釈次第で変わるものなら、本当の憲法ではなく、現在の憲法も解釈を最初に変えた政治家の責任は重い。

 今まで武器の開発は、国民には分からない様に開発してきた感じだが、見出しだけを見ても武器の開発も大っぴらで始まったと感じがする。

 世界ではイラク問題でもアメリカについて批判が増えてきている中、日本だけが、アメリカに対して批判する的もな政治家の頭を抑え、ずるずると深みにはまっていく日本を見ていると恐くなってきた。


コメント   トラックバック (12)

07年4月24日・火曜日  首相に権限には気をつけろ

2007年04月24日 16時41分59秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年4月24日・火曜日 

 自民党は姑息といえばこそくだが、選挙戦術はうまい。

 最近、先日、首相の人気があがっていると載っていた何か理由があるのだろう、と思っていたら今度はこれだ。自民党内でわざと公務員改革にいちゃもんをつけて、最後にこの手を使ってきた。
今朝のトップ記事に
「首相に権限」「違反者には一年以下の懲役か50万円以下の罰金」
である。

 
 今まで自民党に騙され続け、自民党政治に霹靂している人間には腹立たしく感じるが、
 今まで公務員が刑事犯罪以外で、横領や詐欺に近い公金の使い方をしても犯罪にならないのを見て、「違反者には一年以下の懲役か50万円以下の罰金」は歯痒い思いをしていた国民には快く響き、首相は偉いと感じポイントを一つ増やすだろう。

 恐らく参議院選挙が終わったら、そんな事を言ったかなと公務員法も元の木阿弥、財政が緊迫しているからと、消費税を上げてくるかも分からない。
 私は、人生の殆どをこの手で騙されていた。
 国民のみなさん、口の上手な自民党にだまされては駄目ですよ。


コメント   トラックバック (7)

07年4月24日・火曜日 22日の市議選を終わって

2007年04月24日 14時40分53秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年4月24日・火曜日 22日の市議選を終わって

 今日の新聞に市議選の党派別当選者の推移のグラフが載っていた。紙上にも書いていたが、取り込んよく見ると1987年から現在までの党派別の推移グラフで見ていると組織の安定している党では、地方の都市では安定しているのがよく分かる。
 グラフはもっと長いのだが途中を割愛して縮めて、公明は青丸,共産は赤丸でしるしてあるが、グラフの最後を見ていただくとこの両党の議員の数は安定して微増を続けている。
  
 

 何故だろう。いつも書いているように自分の住っている狭い範囲でしか語れないが感じていることを書いてみると、選挙のないときでもこの両党は支持者の中の一員であろう人々が各町内を回っている姿を見る。私は公明党は好きではないが、断られても訪ねてくる意欲には頭が下がるくらいで家内と政治とは違う世間話をしているときがあり、この辺りが組織我大きくなっている証のような気がする。

 反面自民党は,金力で演説会と称する会合の案内がある、私の知らないうちに後援会の一員に成っているということは、友人か親戚のものが後援会の名簿に私の名前を入れているのだろう。

 しかし民主と社民はほとんど見たことがなく、選挙になるとこの両党の議員の名前が突然現れる。その違いがこのグラフに出ているのだと思う。

 兎に角,共産、公明の両党は底辺の組織はかたまっていると改めてこのグラフを見て感じた。

 現在の自民党の政権は一度除かなければならないと、貧乏人には住みにくい日本になるとかんじている。しかし、帯に短し襷に長し究極の選択で、国政だけは民主に入れているが、今の民主は先日も書いた様に骨のないナマコを相手にしているようで、これでは何時までも自民党にしてやられそうで腹立たしさが増すのみだ。

コメント   トラックバック (1)

07年4月23日・月曜日 朝日新聞のトップの切り抜き 「合衆国憲法・修正2条」

2007年04月23日 15時10分01秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年4月23日・月曜日

 今日は関西朝日新聞のトップの昨日の選挙結果関する見出しを纏めると5つ有った。
 

 選挙のことは皆さんお書きになりますので書くことはありませんが、東洋町の結果を見ていると、戦後自民党が札束でホッペを叩く様にしてに、地方行政を国家に従わせてきたのが、夕張などを見ていると国家の言うことは丸呑みにできないと地方の住民が感じてきたのではないかと感じた。

 放射性物質をいくら安全と言っても机の上だけの計算で、原子力発電を見ていると、殆どの原発で事故隠し、核廃棄物を地中深くに埋めても、その影響がなくなるまでは気の遠くなるほどの年月がかかる。その間に人工で作った容器から放射能漏れが起る危険性はゼロとは言えない。
 東洋町の住民のみなさんは国家にNOを突き付けたことに拍手を送りたい。
 次いでに、その廃棄物は一番エネルギーを使う首都の国会議事堂貴方たちの働いているすぐ下にお埋めください。そうすると廃棄物を地下に埋められた住民の気持ちが分かりますよと。

 関西の地方自治は腐りきっているとしか言い様がない。至る所の地方行政で問題を起こしている。生駒市議長が選挙が終わるのを待って逮捕されている。
 この議長の選挙の結果は当選しているが、私を含めて近畿に住んでいる住民は政治に関心を持ってショーモナイ議員に当選させないことだ。ボス的議員はごめんこうむろう。
 しかし、住民にとって、人物の判定は国政より地方が却って分かりにくいとも感じている。
    
 テレビでは今回の投票率も出ていたが、フランスの大統領選挙では80%以上の投票率があると言うことは、フランス国民は如何に国を愛しているという証だ、日本の場合は、地方より国政の方が投票率が悪いと言うことは、いくら国を愛せよと言っても、政治が国を愛することの出来ない政治をしているから投票率が上がらないのではないか。国政で投票率が80%超すと国民も国家を愛していると判定してもよさそうだ。
    
 次にアメリカの「合衆国憲法・修正2条」成るものが出ていたが、アメリカは武器の保有は憲法で保証されているようだ。
 やはり誰が見ても日本国憲法は世界に冠たるものだ。
   
 暗い話なので明るい話を一つ。サッカーで中村俊輔選手が欧州リーグで年間MVPを獲得したそうだ。これは自分のチーム以外の全チームの選手が投票するもので、ダントツの一位と云うことは、野球の松坂選手よりも評価は実力でとったもので、日本人が人種の枠を超えて獲得したのはたいしたものだと言っていたが私もそう思う。

 何時も下らない老人の愚痴を見ていただき有り難うございます。


コメント   トラックバック (11)

国民投票法自民党案は欠陥だ その2

2007年04月22日 16時14分07秒 | 政治・社会
二部

大きな映像なので二部に分けた。

有権者の60%の投票率を想定したグラフ

  

有権者の40%の投票率を想定したグラフ

  

 棄権した有権者をどう判断するか。国家は自分達の有利なように国に下駄を預けたというだろう。
 しかし,棄権という行動は,国家を信頼していない証しとも判断できる。

 このクラスのグラフの下段に赤丸で囲んでいるが、現在の自民党案では、
99999999分の20000001(99分の21)言うなれば百人のうち二十一人の賛成があれば成立すると言うことだろう。

 現在の憲法は、現在のように自衛隊が存在するので、現憲法ではそぐわないという。

 しかし、現在の憲法を拡大解釈して軍隊にしたのは政治家なのだ、もし現憲法を変えるとならば、政治家は責任を取り総選挙によって国民に真意を問うべきが真の政治家の姿だろう。

その1へリンク

コメント   トラックバック (7)

国民投票法自民党案は欠陥だ その1

2007年04月22日 15時57分00秒 | 政治・社会
 国民投票法もなんだかんだと言っているが、参議院での成立は目の前にきている。
 私は憲法改正は反対で、その改正に付属した国民投票には気乗りがしない。しかし国民の相違が憲法改正立ったら従わなければ成らないが、その憲法改正するかしないかの国民投票法で、政治家や政党の作為で行われると、昔の時代の大政翼賛会に戻るような気がして,やめ蚊さんの様に目で見て判断できる様に、棒グラフを作ってみたが、作りながら投票率は80%の投票率。賛否は過半数ではなく3分の2の賛成者の賛成者が必要だと益々感じてきた。

兎に角説明はいたしませんが、一部と二部に分けてお送りします。

 現在の日本の人口は1億2300万人。その内有権者数は,約一億人弱だそうですので、グラフを作るのは助かった。

先ず,有権者の80%の投票率を想定したグラフ。

 

その2へリンク



コメント (2)   トラックバック (3)

07年4月21日・土曜日  第2部・参議院の目で見るニュース

2007年04月21日 16時29分15秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年4月21日・土曜日  第2部・参議院の目で見るニュース

 番組の中で、アンケートの二つの円グラフが出ていた。
 一つは日本国憲法を改正すべきか?と国民投票法は今国会で成立すべきか?の二つで、両方はリンクしている法案ただと思っていたがその答えは相反しているのである。

 

いろいろ考え方が有るのだが、自民党がこの法案に対しての執念言うなれば今までの議会などの態度を見て疑念を生じている結果ではないだろうか。
     
もう一つ国民投票法案の疑問と云う番組からのフリップが出ていたが、私が気になるのは、この問題に執念を持っていられるヤメ蚊さんも指摘されている、投票率が低くても成立するところが一番の問題だと思います。

 健在の有権者は一億ほどで、其の中の2000万人ほどの賛成者で憲法が変わったらたまりません。

 何度も書きますが、憲法が変わって紛争に巻き込まれても、一番危険なところに派遣されるのは、社会で普通に暮らしている庶民なのです。
 あの戦争のときでも政治家やキャリアが第一線で鉄砲の弾に当たって死んだ話は聞いたことはありません。

 政治家は政治があるから戦地には行けないと言うのなら、政治に関わっていない子供や兄弟を一番初めに一番危険な所へ派遣するなら、政治家の言うことも納得するが、安全なところで吠えている政治家のいうことは聞けません。


コメント   トラックバック (10)