ACEPHALE archive 3.X

per l/a psicoanalisi

サントーム

2016-03-22 03:20:26 | 試訳
だが、ラカンがサントームと名付けた主体を固有の身体へと留めることは、現実的なものでもある。それは、身体である享楽する物資の堅固さの中でシニフィアンによって穿たれた穴である。また、純粋な享楽の領域の中でシニフィアンの有害性が出来事をなすようになるトラウマである。また、有機的な身体である享楽のモナドである。それは、偶然のやり方で剰余享楽を引き出し、この現実的な身体と、想像的なものと象徴的なものを混ぜ合わせた身体との間に、こうして編み目を保証する。


Cio' che appunta il soggetto al proprio corpo, Lacan lo nomina sinthomo, del resto e' anche il reale, il buco perforato dal significante nella compattezza della sostanza godente che e' il corpo, il trauma attraverso il quale il veleno del significante viene a fare evento nella sfera del godimento puro, la monade di godimento che e' il corpo organico, prelevarvi in maniera contingente un piu' di godere e assicurare cosi' un intreccio tra questo corpo reale e il corpo misto di immaginario e di simbolico.

(Pierre-Gilles Gue'guen, Lo sgabello e il sinthomo)

この記事をはてなブックマークに追加