奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

濡れ地蔵魔崖仏

2013年09月20日 | 石造物
濡れ地蔵魔崖仏
 室生ダムの水位が上がると水没するそうです 撮影日;2013.09.14 

 以前は山から滴る水で常に濡れていたので濡れ地蔵と呼ばれていました
 地蔵山の岩に彫られています

 鎌倉時代中期の建長6年(1254)銘の貴重な在銘磨崖仏です
 高さ 184cm・ 像高 136cm
 安山岩の岩肌に舟形に彫りくぼめ、右手に錫杖、左手に宝珠を持つ地蔵菩薩立像を半肉彫りしています
 両脇下方に閻魔王(左)と太山王(右)が線刻されているそうです

濡れ地蔵 濡れ地蔵への参道

 排檀上の石灯籠には天保6年(1835)銘が有ります

★所在地;宇陀市榛原山辺三
★交通;近鉄榛原駅より バスで「山辺」下車 徒歩6分
★駐車場;有ります(無料)
★入場料;見学自由
★問合せ;


この記事についてブログを書く
« 宇賀神社の「子もうけ石」 | トップ | 上芳野の庚申さん »
最近の画像もっと見る

石造物」カテゴリの最新記事