奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

生駒ケーブルカー

2007年01月31日 | 名所
 日本初のケーブルカーです 撮影日;2007.1.5

 大正7年開業で日本最古

 高低差468m、全長2072m

★所在地;生駒市元町1-10-1(鳥居前駅)
★交通;近鉄生駒駅より徒歩1分
 所要時間;宝山寺駅まで6分、山上駅まで16分(乗り換え時間含む)
★問合せ;0743-73-2121

 犬の形をしたケーブルカー「ブル」や猫の形をした「ミケ」
 デコレーションケーキをイメージした様な派手なケーブルカーなどが人気です^^

 鳥居前-宝山寺間は、珍しい複線区間になっています
 最初の開業(宝山寺1号線)、後に開業(宝山寺2号線)
 宝山寺線から山上線(昭和4年の開業)へは、宝山寺駅で乗り換えます


 参考;生駒鋼索線
 宝山寺


郡山の金魚「郡山金魚資料館」

2007年01月30日 | 名所
 全国2番目の金魚の産地です 撮影日;2006.11.18

 享保9年(1724)に柳澤吉里が甲斐の国から
 大和郡山へ入国したときに持ち込んだのが始まりとされます

 幕末には下級武士の内職として
 江戸末期から明治初期にかけては農家の副業として養殖されました


郡山金魚資料館「やまと錦魚園」

★所在地;大和郡山市新木町107
★交通;近鉄郡山駅より徒歩15分
★駐車場;10台ほど
★入場料;タダです
★休館日; 月(定休日が祝日の場合は営業、年末年始)
★開館時間;9時~17時
★問合せ;0743-52-3418

 養殖農家約80戸、養殖面積約100haで、年間金魚約8000万匹、錦鯉約200万匹を生産

 金魚品評会が毎年4月上旬桜花満開の頃、金魚にゆかりの深い柳澤神社で行われます

 金魚検定なんてのも行なっています


 箱本館「紺屋」に金魚コレクションのコーナーが有ります

 参考;金魚のページ

吉野山

2007年01月29日 | 名所
 約30,000本の桜の原種であるシロヤマザクラが密集する名所です 撮影日;2006.4.19

 大峰山脈の北端に位置し、大峰修験・奥駈道の北の起点
 一帯は1936年吉野熊野国立公園に指定

 吉野山・高野山から熊野にかけての霊場と参詣道は2004年7月、『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコの世界遺産に登録

★所在地;吉野郡吉野町吉野山
★交通;近鉄吉野駅下車
★駐車場;有料
★開花の問合せ;NTTハローダイヤル06-4860-8600(期間:3/16~4/15 午前7時~午後11時)
 宿泊の問合せ;吉野山旅館組合07463-2-5560、吉野山民宿組合07463-2-3071
 観光の問合せ;吉野町文化観光商工課07463-2-3081、吉野山観光協会07463-2-1000

 源義経の逃亡劇や後醍醐天皇の南朝などの舞台として、歴史上幾たびも登場してきました
 「下千本」、「中千本」、「上千本」、「奥千本」と称えられ
 4月初旬から末にかけて山下から山上へ順に開花して行きます


 参考;吉野山
    吉野町ウェブページ

 金峯山寺は有名です

 吉野山アルバム


西隆寺跡

2007年01月28日 | 古跡
 ビルに埋もれた尼寺跡です 撮影日;2007.1.3(みずほ銀行の駐車場にある塔跡)

 西隆寺は称徳天皇の発願により、神護景雲元年(767)西大寺の尼寺として造営が開始され建立されました

 平安時代初期まで隆盛を誇り、金堂・講堂・南大門・東塔をもつ大伽藍だったようです 

★所在地;奈良市西大寺東町2丁目
★交通;近鉄大和西大寺駅より 徒歩3分
★駐車場;有料(奈良ファミリー)
★入場料;見学自由
★問合せ;0742-30-6752(奈良文化財研究所)

 西大寺駅北口前(三和ビルの一角)に、西隆寺の発掘調査の内容が掲示されています
 ビルの外側(北)に「西隆寺回廊跡」の遺構(跡)があります
 「奈良ファミリー」(近鉄・ジャスコ・専門店)内にも東大門跡の礎石がありました


 平城宮跡の北西です

吉野朝宮跡

2007年01月27日 | 古跡
 南朝57年間・4代の天皇(後醍醐天皇・後村上天皇・長慶天皇・後亀山天皇)が政権回復の策をはかったところです 撮影日;2006.1.19

 延元元年(1336)、後醍醐天皇は吉野山に入り、吉水院(現吉水神社)を仮皇居とし
 その後「実城寺(金輪王寺に改称)」を皇居としました

★所在地;吉野郡吉野町吉野山
★交通;近鉄吉野駅より ロープウェイ吉野山駅下車 徒歩約15分
★入場料;見学自由
★問合せ;07463-2-8371(金峯山寺)

 いまは南朝妙法殿(昭和38年に建立)が建ち、宮跡公園として整備されました

 後醍醐天皇以下、南朝4帝の歌碑も建っています


 金峯山寺蔵王堂の西側です
 

ヒシアゲ古墳「磐之媛命陵」

2007年01月26日 | 
 外堀にスイレンやハスが植えられ、カキツバタもきれいな御陵です 撮影日;2006.6.14 

陵名;磐之媛命陵(いわのひめのみことのみささぎ)、平城坂上陵(ならのさかのうえのみささぎ)
規模;主全長219m、後円部径124m、後円部高さ16.2m、前方部幅145m、前方部高さ13.6mの前方後円墳

築造時期;5世紀中頃~後半
 管理は宮内庁

★所在地;奈良市佐紀町字ヒシゲ
★交通;近鉄新大宮駅より 徒歩25分
    バスで自衛隊前下車 徒歩6分
★駐車場;有りません
★問合せ;0742-34-1111 奈良市観光課

 磐之媛は、5世紀に活躍した葛城襲津彦の娘、仁徳天皇の皇后です

 記紀には
 磐之媛は嫉妬深く、夫の浮気を許さず、夫の元に戻らなかったやきもち焼の女性として描かれています
 第16代仁徳天皇の御陵は、大阪府堺市大仙町にある大山古墳で、世界最大級の墳墓として知られています

 皇后の墓も夫の墓の近くか、出生地の葛城地方に造られてもよさそうですが
 何故かかなり離れた奈良山に築かれています


 佐紀盾列古墳群の東群を構成する3つの大型前方後円墳の一つです
 (ウワナベ古墳コナベ古墳



王寺町のD51

2007年01月25日 | 名所
 保存状態も良好な蒸気機関車です 撮影日;2006.11.29

 昭和19~47年に関西本線草津線で活躍していました(運転キロ数:1633968km)
 重量125トン、長さ19.5m、高さ3.98m、幅2.936m

 運転席にも入れます

★所在地;北葛城郡王寺町舟戸1
★交通;JR王寺駅より 徒歩1分
★駐車場;有りません
★入場料;タダです
★問合せ;
 
 D51は国鉄の代表的な機関車
 昭和11年3月から昭和20年1月までに1115輌に及ぶ大量生産が行われ
 貨物用が主で客車用にも巾広く使用され、全国にその勇姿を見受けました

 県内では、天理市田井庄池公園にもD51-691号機が保存されています


 王寺駅の東側、高架下の小さな公園です
 (サクラも綺麗です)

世尊寺跡「花矢倉展望台」

2007年01月24日 | 古跡
 花矢倉展望台がある場所です 撮影日;2006.4.19

 明治8年廃仏の難に遭い廃寺
 本尊と吊り鐘、それに石灯籠だけが残り
 本尊は木造釈迦如来立像(鎌倉時代の作)で、蔵王堂に安置されています
 石灯籠は少し上の水分神社の前に移され、吊り鐘だけが残っています

★所在地;吉野郡吉野町吉野山
★交通;近鉄吉野駅より ロープウェイ吉野山駅下車 徒歩約20分
★駐車場;有ります 約10台
★入場料;見学自由
★問合せ;07463-2-3081(吉野町文化観光商工課)

 俗に吉野三郎と称され、東大寺の奈良太郎、高野山根本大塔の高野次郎と共に日本三古鐘の1つ
 保延六年(1140)の鋳造、平清盛の父忠盛が鵜飼千斤施入した旨の銘が有りますが、後に改鋳しています


 人丸塚という変わった仏石も在ります

 

旧田中家住宅

2007年01月23日 | 文化財
 都跡公民館に隣接する農家が旧田中家です 撮影日;2006.1.5

 建築年代は18世紀末から19世紀初めごろと推定されています
 昭和57年に市の文化財に指定されました

★所在地;奈良市五条町204-1
★交通;近鉄西ノ京駅より 徒歩15分
★駐車場;有ります(無料)
★入場料;無料 (見学希望者は隣接の都跡公民館に申し込む)
★休館日;月曜と祝日は休み(月曜が祝日の場合は翌日が休み)
★開館時間;見学時間は午前9時から午後5時まで
★問合せ;0742-34-1111(奈良市教育委員会文化財課)、0742-34-5954(都跡公民館)

 元は法蓮南町にあった「法蓮(ほうれん)造り」と呼ばれる農家建築で、現存最古のものといわれています

 衣食住に関する道具や昔の農作業(米作り)の様子がわかる道具が展示されています


 すぐ西側に唐招提寺が有ります

 薬師寺垂仁天皇陵も徒歩でいける距離に有ります


難波池

2007年01月22日 | 古跡
 今は、小さな池ですが・・・ 撮影日;2006.7.13

 排仏派の物部尾興が仏像(百済大仏)を投げ捨てた池と伝わります

 難波池で発見された仏像は、552年に百済の聖明王から朝廷に献上された金銅の釈迦佛で
 信州「善光寺」に祀られている本尊;一光三尊阿弥陀如来(絶対秘仏)がその百済大仏とされています
 (日本に初めて入って来た仏像だと言われて居ますが、盗難に遭い、現在は所在不明とも・・・)

★所在地;高市郡明日香村豊浦
★交通;近鉄橿原神宮前駅より 徒歩20分
★駐車場;有りません
★問合せ;

 推古天皇の宮があったとされる豊浦寺跡(現向原寺)の南側にあります

 当時ここは難波の堀江とよばれていたそうです


 南側には甘樫丘があります