奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

萱生環濠集落

2007年10月31日 | 城址
 戦国時代に作られた環濠集落の一つです 撮影日;2007.10.23

 西山塚古墳の周濠も環濠の一部として利用されたようです
 現在は溜池として利用されています

 「山の辺の道」沿いに在ります

★所在地;天理市萱生町
★交通;JR長柄駅より 徒歩15分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0743-63-1001(天理市商工観光課)

 白壁に大和棟の落ち着いた家屋が多くあります
 菅原神社が集落内にあります


 集落の入口に西山塚古墳が有ります

 少し南に西殿塚古墳(衾田陵)が有ります

皿池古墳

2007年10月30日 | 古墳
 奈良県社会教育センターの敷地内にあります 撮影日;2007.10.12

 径25mの円墳(前方後円墳とも・・・)
 須恵器や円筒埴輪が出土しています

★所在地;葛城市寺口字和田
★交通;近鉄新庄駅より 徒歩25分
    バスで教育センター前下車 徒歩5分
★駐車場;有ります(無料)
★入場料;見学自由
★問合せ;0745-48-2811(葛城市観光協会)

 立派な藤棚が設置された散策路の休憩場所になっています 
 「万葉の丘」と名付けられた丘陵に有ります


 中戸新池の東側に有ります

神明神社古墳

2007年10月29日 | 古墳
 元禄時代に築かれた中戸新池の南東に有ります 撮影日;2007.10.12

 径20m、高さ3.2mの円墳です

 石室は、花崗岩の巨石を組み合わせた横穴式石室、その前面に細長い墓道を設けています
 (石室の長さ6.14m、高さ1.5m、奥壁の幅1.83m)
 金製環金具、水晶切子玉、鉄釘なども出土しています

 築造時期は古墳時代終末期(7世紀後半)

★所在地;葛城市寺口字和田
★交通;近鉄新庄駅より 徒歩25分
    バスで教育センター前下車 徒歩5分
★駐車場;有ります(無料)
★入場料;見学自由
★問合せ;0745-48-2811(葛城市観光協会)

 古墳公園として整備された「奈良県社会教育センター」の敷地内にあります


 すぐ横に小さな「神明神社」が鎮座します
 (祭神;天照皇大神)

屋敷山古墳

2007年10月28日 | 古墳
 葛城市最大の前方後円墳です 撮影日;2007.10.12

 全長135m以上、後円部径77~78m、高さ15m前後
 (江戸時代に陣屋が築かれていた為、墳形は崩れています)

 昭和47年3月に「国史跡」の指定を受けています

★所在地;葛城市新庄(屋敷山公園内)
★交通;近鉄新庄駅より 徒歩15分
★駐車場;有ります(無料)
★入場料;見学自由
★問合せ;0745-48-2811(葛城市農林商工課)

 葬主体は竪穴式石室に長持形石棺を納めるものです
 石室天井石と長持形石棺の部材は、それぞれ屋敷山公園、葛城市歴史博物館に展示されています
 古墳が造られた時期は古墳時代中期にあたり、古代豪族葛城氏の首長の墓と考えられています
 戦国時代には領主布施氏の館が築かれ、続いて江戸時代には大名桑山氏の陣屋が築かれました

葛城市歴史博物館に展示されている石棺材
 葛城市歴史博物館に展示されている石棺材 2013.06.23:撮影



屋敷山公園

2007年10月27日 | 名所
 屋敷山古墳を中心に整備されています 撮影日;2007.10.12

 昭和45年度より都市計画事業として総面積約58000㎡規模の総合史跡公園の整備に着手
 昭和50年に竣工しました

 敷地内には中央公民館・市民体育館・グランド等が整備され文化活動の拠点となっています

★所在地;葛城市新庄
★交通;近鉄新庄駅より 徒歩15分
★駐車場;有ります(無料)
★入場料;タダです
★問合せ;0745-69-5131(中央公民館)

 この地は、古代豪族・葛城氏の勢力が及んだ地で
 古墳時代中期の5世紀中頃に前方後円墳(屋敷山古墳全長約140m)が築かれました
 江戸時代に桑山氏が紀州より移り、この地に陣屋(新庄城)・武家屋敷を構築しました

 毎年5月4・5日の公園まつりは、敷地内で多くのイベントが催され終日にぎわいを見せています
 7月15日は町商工会主催の花火大会が開催されます


 葛城山の麓にあり、水と緑に恵まれた自然いっぱいの公園です


飯豊天皇陵(北花内大塚古墳)

2007年10月26日 | 
 飯豊天皇は女帝の先駆的存在だったようです 撮影日;2007.10.12

 飯豊天皇は葛城埴口丘陵(かずらきのはにくちのおかのみささぎ)に葬られたそうです
 飯豊天皇陵は北花内大塚古墳に比定されます

 全長90mの前方後円墳です
 後円部径50m、前方部幅70m、幅10~15mの周濠をめぐらしています
 周濠内から円筒・形象埴輪、有孔木製品が出土しました
 築造は6世紀前半

★所在地;葛城市北花内
★交通;近鉄新庄駅より 徒歩5分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0745-48-2811(葛城市観光協会)

 飯豊天皇は履中天皇の皇女とも皇孫ともいわれ、母も黒媛ともはえ媛ともいわれます
 第22代清寧天皇と第23代顕宗天皇との間の期間、執政者だったと伝えられ、女帝の先駆的存在として注目されます
 清寧天皇崩御ののち、弘計王(顕宗)と億計王(仁賢)とが皇位を譲り合って空位となったため、一時女王として(葛城の)忍海角刺宮で 政治を行ったと伝えられます


 参考;飯豊女王

二塚古墳

2007年10月25日 | 古墳
 ここからの眺めは最高ですよ^^ 撮影日;2007.10.12

 別名を『銭取塚』とも言われる、前方後円墳です

 全長60m、後円部径36m、前方部幅41m、高さは前方部、後円部ともに10m
 築造は古墳時代後期中ごろ(6世紀中ごろ)のようです

 この古墳の最大の特徴は、横穴式石室が1つの古墳に3基も造られていることです

 古くから後円部に横穴式石室が開口していましたが
 昭和33年の発掘調査で前方部、造り出し部分にも横穴式石室が発見されました

 後円部の石室は全長16.4m、玄室長6.7m、幅3m、高さ4.1m、
 羨道長9.68m、幅1.73m、高さ2.65mの両袖式
 造り出し部分の石室は全長7.82m、玄室長4.48m、幅1.35m、高さ1.26m、
 羨道長3.34m、幅1.32m、高さ1.26m
 玄室に比べて、羨道部分の床面が0.9m高い、竪穴系横口式石室で珍しい
 前方部の石室は全長9m、玄室長3.9m、幅1.7m、高さ1.9m、
 羨道長5.1m、幅1.4m、高さ1.5mの片袖式

 玄室内には凝灰岩の組合式石棺がありましたが、現在は棺底のみあります

★所在地;葛城市寺口
★交通;近鉄新庄駅より徒歩25分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0745-48-2811(葛城市観光協会)


 2012.01.14 再訪しました
後円部の開口部 後円部石室は鍵がかかっていて入れません
前方部の開口部 前方部の石室
造り出し部分の開口部 造り出し部分の石室

村井家住宅

2007年10月24日 | 文化財
 村井家は江戸時代に代々庄屋を勤めた家柄です 撮影日;2007.10.12

 元禄時代に建てられた大和棟造邸宅です
 江戸前期・元禄12年(1699)の上棟、翌年に完成

 昭和43年4月に重要文化財として指定されました
 (主屋,表門,内蔵が国重文)

★所在地;葛城市南道穂189
★交通;近鉄新庄駅より 徒歩4分
★駐車場;
★入場料;外観のみ見学可
★問合せ;0745-48-2811(葛城市観光協会)

 茅葺の長屋門を構え,この門から借景に取り入れた大和三山がみごとに浮かびあがるそうです
 主屋は四間取形式が進んだ六間取の切妻と入母屋を組み合わせた大和棟造邸宅
 大屋根の煙出しが美しいアクセントになっています


 参考;大和建築詩のページ

岩渕寺跡

2007年10月23日 | 古跡
 今は、苔に覆われています 撮影日;2007.10.2

 開山は弘法大師の師・僧正「勤操大徳」
 盛時には一千の堂坊を有したそうです
 
 新薬師寺の十二神将(国宝・勤操和尚の作といわれる)は、もと岩渕寺のもの
 岩渕寺の荒廃後に移されました 

★所在地;奈良市白毫寺町
★交通;近鉄奈良駅より バスで岩渕寺口下車 徒歩すぐ
★駐車場;数台可
★ 見学不可?(2009.09月 フェンスがして有りました)
★問合せ;

 鳥居の脇に、岩渕寺と岩渕明神と刻まれた二基の碑が立ちます

 ≪岩渕寺の伝説≫
 勤操の弟子の栄好は親孝行で、僧として支給される食物をさいて、年老いた母のもとに届けていたわっていた。ところが、栄好はふとした病で死んでしまった。勤操は憐れんで母に栄好の死を知らせずに、毎日、童子に食物を運ばせていた。母は、栄好が来ないのに食事が届くのを不思議に思っていたが、やがて母も亡くなった。
 勤操は栄好母子のために、岩渕寺で法華経を講じ、四日間、朝座、夕座の二座を勤めて、追善供養をしたと伝えられる。これが、岩渕八講で、現在も行じられる法華八講(経一巻を一座として、法華経八巻を八座で完結させる法要)の起りといわれる

 ≪勤操大徳
 12才で大安寺信霊の門に入り、大安寺僧として善議大徳に師事し、三論の奥義を授けられた
 岩渕寺はこの頃創建されたようです


 南側は岩井川ダムです


岩井川ダム

2007年10月22日 | 名所
 まだ、出来たてのダムです 撮影日;2007.10.2

 大和川水系岩井川に造られました(2006年8月2日に完成)
 治水ダムとして建設され、総貯水容量 は810,000 立方mあります
 
 高さ55.0mの重力式コンクリートダムです 
 洪水調節、流水の正常な機能の維持を行います

★所在地;奈良市鉢伏町・白毫寺町
★交通;近鉄奈良駅より バスで岩渕寺口下車 徒歩2分
★駐車場;
★入場料;見学自由
★問合せ;0742-27-7504(奈良県河川課水防情報係)

 ダム周辺は、公園としても整備中のようです
 とても景色の良い場所です


 参考;(財)日本ダム協会の 岩井川ダム 情報ページ