奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神苑

2006年09月30日 | 名所
 300種の万葉花が季節ごとに開花します 撮影日;2005.11.16 関連記事

 昭和7年「万葉集」ゆかりの地である春日野に「萬葉植物園」として開園

 約9,000坪の広大な敷地を獣害から万葉の植物を保護し
 自然に近い状態で「春日大社神苑」として公開しています

★所在地;奈良市春日野町160
★交通;近鉄奈良駅より徒歩25分
    市内循環バスで春日大社表参道下車 徒歩10分
★駐車場;200台(有料・1,000円) 
★入場料;525円
★休苑日;2、3、7、8、9、12月の月曜日
★開苑時間;9:00~16:00
★問合せ;0742-22-7788(春日大社)

 「藤の園」;4月中旬から5月上旬にかけて見ごろになる20品種、200本のフジは見事です
 「椿園」「花しょうぶ園」もあります
 「萬葉歌園」では万葉歌の標柱が添えられています

 『神』と刻まれた遥拝石の背後に、臥竜のイチイガシの老巨樹が目を引きます

年中行事;5月5日 子供の日舞楽演奏会
     11月3日 文化の日舞楽演奏会



美努岡萬墓

2006年09月29日 | 史跡
 美努岡萬は大宝元年(701)に遣唐使の一員として渡唐した奈良時代の官人です 撮影日;2006.5.31

 昭和60年に奈良県指定史跡となっています
 墓碑は、明治11年の建立

 明治5年(1872)に偶然「墓誌」が発見され、銘文から美努岡萬(みののおかまろ)の墓あることが判明
 古代の人物の墓所が明らかとなる例は県内でも少なく貴重なものです

★所在地;生駒市青山台(旧萩原字竜王)
★交通;近鉄南生駒駅より徒歩10分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0743-74-1111(生駒市教育委員会)

 発見された墓誌【美努岡萬連墓誌(みののおかまろむらじのぼし)】は銅板に銘文が陰刻してあります
 (11行にわたって176字が記されています)

 現在は重要文化財の指定を受け、東京国立博物館に所蔵されています


転害門

2006年09月27日 | 文化財
 あまり知られていませんが国宝です 撮影日;2005.9.11 関連記事

 佐保路の東端終点にある転害門です
 三間一戸八脚門の形式をもつ堂々とした門で、天平時代の東大寺の伽藍建築を想像できる唯一の遺構

★所在地;奈良市手貝町51
★交通;JR・近鉄奈良駅より徒歩20分
    柳生行きバスで手貝町下車すぐ
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0742-22-5511(東大寺)

 この門の位置は大仏殿の西北にあり、吉祥の位置で害を転ずる意から転害門と呼ばれる

 もともとは「碾磑」という字が使われ
 近くに人の目をひく美しい石臼があったようです

 平城京の佐保路に面したことから「佐保路門」
 源頼朝を暗殺しようとして平景清がひそんだとの伝説から「景清門」ともいわれています


旧柳生藩家老屋敷

2006年09月26日 | 名所
 豪壮な石垣がみごとです 撮影日;2006.8.21 関連記事

 柳生藩の財政立て直しを行った、家老小山田主鈴の旧屋敷です

 天保12年(1841)尾張石工が築きました

★所在地;奈良市柳生町155-1
★交通;近鉄奈良駅より
    バスで柳生下車 徒歩5分
★駐車場;有りません
★入場料;350円
★休館日;12月27日~1月4日
★開館時間;午前9:00~午後5:00(入館締切 午後4:30)
★問合せ;0742-94-0002(柳生観光協会) 

 昭和39年作家山岡荘八氏の所有となり
 氏の小説「春の坂道」(NHKでドラマ化)の構想を練った屋敷として注目を集めました
 氏の亡き後は、その意志により奈良市へ寄贈されました

 現在は柳生藩ゆかりの武具や生活用具、荘八に関する資料が展示されています



一刀石

2006年09月24日 | 名所
 深い森の中、木の根坂を登ります 撮影日;2006.8.21 関連記事

 石舟斎(柳生宗厳)が修行中、天狗と試合をし一刀のもとに切り捨てたが
 あとに残っていたのは2つに割れた巨石だった・・・
 という逸話のある約7m四方の巨石です

★所在地;奈良市柳生町柳生岩戸谷789
★交通;JR・近鉄奈良駅より
    バスで柳生下車 徒歩20分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0742-94-0002(柳生観光協会)

 天乃石立神社の100m程先にあります

 一刀石の上部に、小さな天狗の石造があります


旧柳生藩陣屋跡

2006年09月23日 | 史跡
 柳生藩主の居所跡です 撮影日;2006.8.21 

 柳生宗矩が寛永19年(1642)に建設、100年後に焼失

 昭和55年6月に史跡公園として整備されました

★所在地;奈良市柳生町339
★交通;JR・近鉄奈良駅より 柳生・邑地中村行バスで柳生下車 徒歩10分
★駐車場;市営駐車場(40台・有料)、柳生花しょうぶ園の無料駐車場
★入場料;見学自由
★問合せ;0742-94-0002(柳生観光協会)

 最近まで柳生小学校として使われていたそうです

 桜の名所として市民の憩いの場ともなっています


鶯塚古墳

2006年09月19日 | 古墳
 枕草子にも登場する「鶯塚古墳」です 撮影日;2005.6.6 

 全長103mの前方後円墳で、後円部に「鶯陵」の石碑が立っています

 標高300m以上の山頂にある古墳としては、我が国で最大
 通説で仁徳皇后(磐之姫命)の墓といわれています

 築造は、4世紀末
 
★所在地;奈良市春日野町157 
  若草山 山頂にあります
★問合せ;0742-22-1101(奈良県教育委員会事務局)、0742-22-0375(奈良公園管理事務所)

 清少納言の「枕草子」に記されている「うぐいすのみささぎ」から
 古墳の名も「鶯陵」と名付けられました

 昭和11年9月、国の史跡指定を受けています

 もちろん、ここからの奈良市内展望は最高です

参考;鶯塚 ←場所も好く分かります

絶景


北山十八間戸

2006年09月18日 | 史跡
 我が国初のハンセン氏病棟です 撮影日;2005.9.26

 鎌倉時代の中頃、忍性により建てられた慈善救済施設(当初は般若寺の北東に建立)

 1567年の戦火で焼失、寛文年間(1660年代)奈良奉行中坊時祐によって現地に当時の姿で再建
 (大正12年3月3日史跡に指定) 

★所在地;奈良市川上町坂上(東之坂町)
★交通;近鉄奈良駅より
    奈良坂行きバスで般若寺下車 徒歩5分
★駐車場;有りません
★入場料;無料
★問合せ;奈良県教育委員会 0742-22-1101
 旧京街道沿い奈良阪の三叉路の角の「お好み焼・三角屋」さんにお願いすると柵内に入れてもらえます

 北へ400mほど行くと般若寺があります


 すぐ近くに夕日地蔵が有ります

白川ダム

2006年09月12日 | 名所
 綺麗なダム湖です 撮影日;2005.11.20 

 白川ダムは楢川と高瀬川の洪水調整を目的として

 大和川水系高瀬川支流「楢川」の既存農業用の白川溜池を改良

 均一性アースフィルダムとして(1995年に完成)施工した治水ダムです

★所在地;天理市和爾町・岩屋町・楢町
★交通;JR櫟本駅より 東へ徒歩30分
★駐車;可
★入場料;もちろん無料
★問合せ;0743-65-1655 白川ダム管理センター

 北側は古墳公園として整備されています

 白川ダム運動場(天理市楢町895  0743-67-1291)が弊設されています



孝元天皇陵

2006年09月10日 | 
 石川池(剣池)に浮かんでいるように見えます 撮影日;2006.7.13 

御陵名;剣池嶋上陵(つるぎのいけのしまのえのみささぎ) 前方後円墳です

 中山塚1~3号墳と呼ばれ
 小さな前方後円墳1基、円墳2基の3古墳が一括されて、陵とされています

 江戸末期の文久3年に治定された天皇陵で、その後大改修されました

★所在地;橿原市石川町
   (御陵の入口は、池の南東です)
★交通;近鉄橿原神宮前駅より徒歩10分
★駐車場;約10台
★入場料;見学自由
★問合せ;

 孝元天皇陵について「古事記」には、「御陵在剣池之中岡上也」
 開化紀5年2月壬子条には、「葬大日本根子彦国牽天皇于剣池島上陵」と記されています

 孝元天皇は、欠史8代の一人で第8代の天皇
 (在位:孝霊天皇18年1月14日~ 孝元天皇57年9月2日(紀元前214年~紀元前158年))
 大日本根子彦国牽尊(おおやまとねこひこくにくるのみこと)・古事記では大倭根子日子国玖琉命のこと

 近年、堤防も整備されて、ちょっとしたデートスポットにもなっているようです