奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

後醍醐天皇陵

2007年11月30日 | 
 「如意輪寺」の裏山にあります 撮影日;2007.11.16

 塔尾陵(とうのおのみささぎ)

 径約27mの円墳
 「死して北闕の天皇を望まん」との遺言で陵は北面しています

★所在地;吉野郡吉野町吉野山字塔ノ尾(如意輪寺内)
★交通;近鉄吉野駅より ロープウェイ吉野山駅下車 徒歩35分
★駐車場;有ります(150台)
★入場料;参拝自由
★問合せ;07463-2-3008(如意輪寺)

 鎌倉時代終末(南北朝時代)の天皇として有名
 在位:文保2年(1318)~暦応2・延元4(1339)52歳



稚児松地蔵

2007年11月29日 | 石造物
 堂に納められた小さなお地蔵様です 撮影日;2007.11.16

 江戸時代のものでしょうか?

★所在地;吉野郡吉野町吉野山
★交通;近鉄吉野駅より 徒歩80分
    バスで如意輪寺下車 徒歩20分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;

 吉野水分神社から如意輪寺への狭い自然歩道の途中に祭られています
 宮滝への分岐点近くです



牛頭天王社跡

2007年11月28日 | 古跡
 吉野八社明神の一つでした 撮影日;2007.11.16

 高城山にあったツツジが城の鎮守として建立され
 明治初年の神仏分離により、廃絶されました

 古文書に「牛頭宮、表行壱丈四尺内陣三尺八寸御拝四尺」とあるそうです
 明治初年まで付近に人家もあり、境内では盆踊りなども行われていたそうです
 子守の八王子社などに分霊を勧請したそうです

★所在地;吉野郡吉野町吉野山
★交通;近鉄吉野駅より 吉野ロープウェイ
    バスで奥千本口下車 徒歩15分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0746-32-3081(吉野町役場経済観光課)

 ≪吉野八社明神≫
 幣掛(四手掛)神社、威徳天神、井光明神(佐抛とされる)、勝手明神(式内吉野山口神社)
 夢違観音堂(竜王社:御幸の芝明神)、子守明神(式内吉野水分神社)、牛頭天王社、金精明神(式内金峯神社)


 すぐ近くに「正須行人閼伽之井」が有ります



 高城山展望台の登り口に有ります

高城山展望台

2007年11月27日 | 名所
 休憩所からの眺めは絶景です 撮影日;2007.11.16

 高城山(標高702m)は「ツツジが城」とも「鉢伏山」とも言われ、摺鉢を伏せたような形

 元弘3年(1333)、後醍醐天皇の皇子:大塔宮護良親王(もりよししんのう)が北条幕府と戦った時は、奧の詰城でした 

★所在地;吉野郡吉野町吉野山
★交通;近鉄吉野駅より ロープウェイ吉野山駅下車
    大峯山ケーブルバスで奥千本口下車 徒歩10分
★駐車場;4台程度
★入場料;タダです
★問合せ;0746-32-1007(吉野山観光協会)

 春の桜、初夏のツツジ、晩秋の紅葉が綺麗な公園です



安禅寺宝塔院跡

2007年11月26日 | 古跡
 案内看板に「どこに宝塔院があったのか定かではありません」と書いてありました 撮影日;2007.11.16

 この付近に、多宝塔、四方正面堂、安禅寺蔵王堂他、大小の寺院が点在していたようです
 明治の廃仏毀釈で姿を消しました

★所在地;吉野郡吉野町吉野山
★交通;近鉄吉野駅より ロープウェイ吉野山下車
    大峯ケーブルバスで奥千本口下車 徒歩10分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0746-32-3081(吉野町役場経済観光課)

 理源大師の修行場とのことで、報恩大師修行之霊跡の石碑が建っています

 元、安禅寺蔵王堂の本尊:木造蔵王権現立像(丈4m・国重文)は金峯山寺蔵王堂の内陣に客仏として祀られています


 「金峯神社」から「西行庵」へ向かう途中に有ります

奥千本苔清水

2007年11月25日 | 名所
 大和の水31選の一つです 撮影日;2007.11.16

 竹のかけひを通して、冷たい清水が岩間から流れ落ちています

 芭蕉の句碑が建っています
 『春雨の こしたにつたふ清水哉』

★所在地;吉野郡吉野町吉野山
★交通;近鉄吉野駅より ロープウェイ吉野山下車
    大峯ケーブルバスで奥千本口下車 徒歩15分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0746-32-3081(吉野町役場経済観光課)

 1684(貞亨元)年には松尾芭蕉もここを訪れて
 『つゆとくとく心みに浮世すすがはや』と詠んでいます


 西行法師がわび住まいをしたと伝えられる『西行庵』の近くです

西行庵

2007年11月24日 | 名所
 付近は奥千本と呼ばれ、桜のころはもとより新緑・紅葉も綺麗です 撮影日;2007.11.16

 放浪の歌人西行が3年の春秋をすごしたという小さな庵です 

 庵の内に、西行の木像が端座しています
 (現在の像は昭和末の作、もとの江戸時代の木造は吉野水分神社に有ります)

★所在地;吉野郡吉野町吉野山
★交通;近鉄吉野駅より ロープウェイ吉野山下車
    大峯ケーブルバスで奥千本口下車 徒歩15分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0746-32-3081(吉野町役場経済観光課)、0746-32-1007(吉野山観光協会)

 出家前の西行は、名を佐藤義清(さとうのりきよ)といます
 東国において、平将門(?-940)の起こした乱を鎮めた藤原秀郷の流れを汲む武門の家に生まれ
 鳥羽院(1103-1156)の周囲を警護する北面の武士でしたが
 23歳の若さで、突然妻子を捨てて出家し、以後73歳で亡くなるまで、花を愛で鄙(ひな)の里を流れ歩く風雅の道に生きた法師でした

 西行の歌心をしのんで、松尾芭蕉や島崎藤村も訪れているそうです



義経隠れ塔

2007年11月23日 | 名所
 義経と弁慶が追っ手から逃れるために隠れた事で有名です 撮影日;2007.11.16

 文治元年(1185)11月、源義経が隠れ、追っ手から逃れるため屋根を蹴破って外へ出た為
 「義経の隠れ塔、蹴抜けの塔」とも云われます

 桧茅葺き宝形造りの簡素なお堂です

★所在地;吉野郡吉野町吉野山1292
★交通;吉野山ロープウェイ吉野山駅より
    吉野大峯ケーブルバスで奥千本口下車 徒歩8分
★駐車場;有ります
★入場料;無料
★開館時間;9:00~16:00(予約制)
★問合せ;0746-32-1089(金峯神社)、0746-32-1007(吉野山観光協会)

 ここは大峯修行場の一つです
 この塔に入って扉を閉じると中は真っ暗になります
 『吉野なる 深山の奥のかくれ塔 本来空のすみかなりけり』と唱えながら塔内をめぐります



宝国寺瓦岩

2007年11月22日 | 名所
 粘土の瓦が固まった石です 撮影日;2007.11.9

 「癌封じ」の奇験があると云われ、患部をさすったその手で
 此の「瓦岩」をなでれば、諸病、特に癌封じに霊験あらたかとかで奇妙なりと云わります

★所在地;御所市室1
★交通;近鉄御所駅より 徒歩30分
    バスで宮戸橋下車 徒歩4分
★駐車場;
★入場料;見学自由
★問合せ;0745-62-3531

 その昔「寶国寺」に瓦を寄進しようとした人がいましたが、本尊に対して違約の事があり
 その為にまだ生乾きの瓦が一夜のうちに瓦が変じて岩石になったと云われます
 その名残がこの「瓦岩」だそうです
 本尊「弘法大師」空海の法験かくの如きと、後世への証拠として境内に置かれています


 寶国寺の境内、本堂の前に有ります

室の宮山古墳

2007年11月21日 | 古墳
 室大墓(むろのおおはか)とも呼ばれます 撮影日;2007.11.9

 全長238mの巨大前方後円墳です

 後円部径105m、後円部高25m、前方部幅110m、前方部高22m
 前方部が南西に向いています
 築造は古墳時代・中期(5世紀前半)

 後円部上に立てられた靫(ゆぎ)埴輪は高さ147cm、最大幅99.5cmあります
 
 1921年3月3日、国の史跡に指定されています

★所在地;御所市室字ミヤ山109
★交通;近鉄御所駅より 徒歩30分
    バスで宮戸橋下車 徒歩5分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0745-62-3001(御所市観光協会)

 当時の天皇陵墓にも比肩する全国で第18位の大きさを誇り、葛城襲津彦(そつひこ)の墓の有力な候補といわれています
 武内宿禰の墓とする説も有ります

 襲津彦は第16代 仁徳天皇の皇后となった磐之媛(いわのひめ)の父にあたる人物で、朝鮮半島の戦で数々の武勲をあげました

 「王の柩」とされる長持形石棺を竪穴式石室に安置されたままの状態で見学することができる貴重な古墳です

 付近は巨勢山古墳群と呼ばれ、700基以上に及ぶ全国屈指の群集墳が有ります
 約1500m東には飛鳥の石舞台古墳に匹敵する石室が見つかった條ウル神古墳も有ります


 東側にある八幡神社境内から後円部に昇れます