奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天誅組本陣跡

2008年04月30日 | 古跡
 倒幕の旗を揚げた天誅組の本陣があった場所です 撮影日;2008.4.15

 文久3年(1863)8月17日に天誅組志士30人は一斉に挙兵し、五條代官所を襲い代官鈴木源内を殺害
 桜井寺を本陣として、五條新政府を号しました 

★所在地;五條市須恵1-3-26
★交通;JR五条駅より 徒歩5分
★駐車場;有り
★入場料;見学自由
★問合せ;0747-22-4001(五條市商工観光課)

 天誅組の義挙は幕末における下級武士と豪農豪商とが一体となった最初の武装反乱です 
 倒幕及び明治維新の魁としてたたえられる歴史的なものです

 5年後に、明治維新が実現します


 参考;天誅組140年のページ

この記事をはてなブックマークに追加

栗山正一家住宅

2008年04月29日 | 文化財
 全国で年代の知れられる最古の民家です 撮影日;2008.4.15 

 昭和34年の調査で、慶長12年(1607)の軒札が発見されました

 主屋は平入平屋建、屋根は入母屋造本瓦葺きで強い反りを持ち、煙出しの妻を装飾的に扱っています

★所在地;五條市五條1-2-8
★交通;JR五条駅より 徒歩10分
★駐車場;
★入場料;外観のみ見学可
★問合せ;0747-24-2011(五條文化博物館)

 ずっしりと太い梁や柱、広い土間には柱がなく、部屋は6間取り
 大和・河内の民家の先駆的な傾向を示す遺構として重要です

 国の重要文化財に指定されていますが、住居として現在も使われている為、非公開です


 

この記事をはてなブックマークに追加

浮田杜伝説地

2008年04月28日 | 古跡
 浮田社は万葉集に詠まれた古代の社叢です 撮影日;2008.4.15

 あたり一帯の荒木神社の杜が相当すると考えられています

 社前に万葉歌碑が立てられています
 『かくしてや なおや守らむ大荒木の 浮田の杜の標ならなくに』 

★所在地;五條市今井町荒木山
★交通;JR五条駅より 徒歩10分
★駐車場;
★問合せ;0747-22-4001(五條市商工観光課)

 荒木神社は、今井集落の北筋に荒木山を背にし、旧伊勢街道に面して鎮座しています
 祭神は不明ですが、「延喜式」神名帳記載の式内社に比定されています

 植物相は、シイやクロバイを主とした常緑広葉樹林、ヒノキを主とした針葉樹林によって構成され、暖帯要素を混えた樹叢となっています
 特にクロバイの巨樹の群生は五條市内では唯一のもので、植物学上貴重な存在です



この記事をはてなブックマークに追加

藤原武智麻呂墓

2008年04月27日 | 史跡
 『延喜式』の「後阿陀墓」に当たります 撮影日;2008.4.15

 武智麻呂は没後、平城京北方の佐保山で火葬されましたが
 天平宝字(757~765)末年頃に子の仲麻呂が栄山寺裏山の当地に改葬したようです

 方形の基壇上に、元禄6年(1693)建立の墓石が立てられています
 明治20年頃に、付近から骨臓器が発見されました

 国の史跡に指定されています 

★所在地;五條市小島町栄山寺裏山
★交通;JR五条駅より
    南阿田方面行きバスで栄山寺前下車 徒歩20分
★駐車場;5台程度(栄山寺裏山展望所前)
★入場料;見学参拝自由
★問合せ;0747-22-4001(五條市商工観光課)

 【藤原武智麻呂】天武天皇9年(680)~天平9年(737)
 藤原鎌足の孫、不比等の長子で藤原南家の祖

 不比等の死後、中納言となり藤原一族の中心的存在となり、聖武天皇のもとで右大臣を務めます
 737年、天然痘で倒れ余命いくばくもないということで左大臣に昇進
 大学頭だった時代に大学制度の設立につくすなど文教行政面での活躍は特筆されます
 聖武天皇の皇太子時代には家庭教師役に選ばれたりもしています


 参考;藤原朝臣武智麻呂

この記事をはてなブックマークに追加

宇智川磨崖碑

2008年04月26日 | 史跡
 『大般涅槃経』高貴徳王菩薩品の一部と観音菩薩像(推定)です 撮影日;2008.4.15

 諸行无常 是生減法 生減□巳 奇減為楽
 □是偈句乃是過去未来現在諸佛可説開空法道
 如来證涅槃永断於生死若有至心聴
 常得无量楽
 若有書□讀誦為他觧一経其身於却後七刧不堕悪道
      宝亀□□□月四日工□□□□
                      智識□□
 (宇智川磨崖碑『大般涅槃経』高貴徳王菩薩品)

★所在地;五條市小島町不動橋下
★交通;JR五条駅より 徒歩18分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0747-22-4001(五條市商工観光課)

 「宇智川」左岸にあり、高さ10mの岩壁に彫られています

 (宝亀7年(776)7月4日彫られたものらしく、奈良時代における仏教遺跡として極めて貴重な磨崖碑です
 学術上の価値が高く、大正10年3月3日国の史跡に指定されています  



この記事をはてなブックマークに追加

かぎろひの丘公園

2008年04月24日 | 名所
 柿本人麻呂が、『ひむがしの野にかぎろひの立つみえてかえりみすれば月かたぶきぬ』と万葉集に名歌を残したゆかりの地です 撮影日;2008.4.11 

 昭和15年に立てられた万葉歌碑が立ちます
 その碑面に佐々木信綱の筆による人麻呂の歌が刻まれています

★所在地;宇陀市大宇陀区迫間・中庄
★交通;近鉄榛原駅より 大宇陀行きバスで大宇陀高校前下車 徒歩5分
★駐車場;20台程度(無料)
★入場料;タダです
★問合せ;0745-83-0252(大宇陀観光協会)

 毎年、旧暦の11月17日早朝に「かぎろいを観る会」が行われ、とんどやコンサートなどのイベントが催されます


 大宇陀役場の裏手の丘陵地です

この記事をはてなブックマークに追加

大亀和尚民芸館

2008年04月23日 | 名所
 平成17年に107歳で遷化した大亀和尚の所蔵品などを展示しています 撮影日;2008.4.11

 大徳寺如意庵の元住職・立花大亀(大徳寺511世住持)は昭和55年に大宇陀の地に松源院を再興し
 師が所持する墨蹟、茶道具などの美術品、民具等を保存するとともに、広く一般に公開して美術品の鑑賞・学術研究の資料として(財)松源院民芸館を設立しました
 師の死後「大亀和尚民芸館」に名称変更しています 

★所在地;宇陀市大字陀区迫間422-1
★交通;近鉄榛原駅より 大宇陀行きバスで大宇陀高校前下車 徒歩10分
★駐車場;5台程度
★入場料;タダです
★休館日;月曜日
★開館時間;10:00~16:00
★問合せ;0745-83-3867

 掛物、茶陶などの美術品、香具山古墳出土品、民具などを展示しています


 阿紀神社天益寺が近くです

 又兵衛桜から10分ほどです

この記事をはてなブックマークに追加

阿騎野・人麻呂公園

2008年04月22日 | 遺跡
 古代の狩(薬猟)場とされた「阿騎野」の重要施設が有りました 撮影日;2008.4.11 

 平成7年(1995)に発掘調査され
 中之庄遺跡の遺構を復元保存し、故中山正實画伯の壁画「阿騎野の朝」をもとにした万葉歌人柿本人麻呂の石像を建立
 公園として保存・整備しました

★所在地;宇陀市大宇陀区中之庄
★交通;近鉄榛原駅より 大宇陀行きバスで大宇陀高校前下車 徒歩6分
★駐車場;15台(無料)
★入場料;見学自由
★問合せ;0745-83-0252(大宇陀観光協会)

 中之庄遺跡は、弥生時代・飛鳥時代・中近世の3時期にわたる遺構です

 竪穴式住居も復元されています


 大宇陀体育館の隣りに有ります

この記事をはてなブックマークに追加

水分桜街道

2008年04月21日 | 名所
 芳野川沿いの堤防に約100本の桜並木が続きます 撮影日;2008.4.11

 1962年頃、当時の青年団有志の皆さんにより桜の苗木を植樹

 桜の整枝、維持は垣内向崎地区の霜月会、桜愛好会のみなさんの協力
 ライトアップは古市場区、企業、役場等の協力 

★所在地;宇陀市菟田野区古市場 芳野川堤
★交通;近鉄榛原駅より 菟田野行きバスで古市場水分神社前下車 すぐ
★駐車場;有ります(菟田野多目的駐車場)
★入場料;見学自由
★見頃:4月上旬~中旬
★ライトアップ:日没~22:00
★問合せ;0745-84-2521(菟田野地域事務所 農林商工課)

 宇太水分神社の近くです
 開花期間中はライトアップされ、川面にその幻想的な姿を映し出します


 桜まつり:4月5日~15日頃

この記事をはてなブックマークに追加

又兵衛桜

2008年04月20日 | 天然記念物
 屋敷の上の桃の花と河岸の菜の花との色合いが綺麗です 撮影日;2008.4.11

 戦国武将「後藤又兵衛」の伝説等で名付けられました
 後藤家の屋敷跡にあります

 樹高13m、幹周り3m超 

★所在地;宇陀市大宇陀区本郷
★交通;近鉄榛原駅より 大宇陀行きバスで大宇陀高校前下車 徒歩15分
★駐車場;民間・有料(500円~)
★入場料;見学自由(桜維持保護協力金100円 )
★桜まつり:4月1日~15日
★ライトアップ:日没~午後9時(桜まつり期間中の1週間)
★見頃:4月上旬~中旬
★問合せ;0745-83-0252(大宇陀観光協会)

 2000年のNHK大河ドラマ「葵徳川三代」のオープニング画面で使用された事で一躍有名になりました

 元和元年(1615)5月8日大阪夏の陣で豊臣方は敗退しましたが
 又兵衛は再挙兵の希望を捨て難く、城中より逃れ落ちました
 紀州を廻り大宇陀の当地へ来て、本郷の鉱泉で傷を癒しながら豊臣家の再興を待ちましたが
 世は徳川の天下となったので、又兵衛は僧になり「後藤」の姓を一時「水貝」と改めて生活していたと伝えられています

 本郷鉱泉を利用した又兵衛ゆかりの湯として、近くに県立老人休養ホーム「椿寿荘宇陀寮」の本郷温泉があります


 参考;開花情報

この記事をはてなブックマークに追加