奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

八釣マキト古墳群

2009年04月27日 | 古墳
 小さな古墳公園として移築整備されています 撮影日;2009.4.18 

 1999~2000年にかけて、八釣にある東山丘陵の農業基盤整備に伴い
 事前調査された際に7基の古墳が発見されました

 マキト支群5基の内で比較的状態の良い1号墳と4号墳が保存されています
 元の場所は100mほど東に有り、現在は畑地です

★所在地;高市郡明日香村八釣
★交通;近鉄橿原神宮前駅より
    バスで奥山下車 徒歩10分
★駐車場;有ります
★入場料;タダです
★問合せ;0744-54-5600(明日香村役場文化財課)

【1号墳】
 径約18mの円墳
 片袖式横穴式の石室:全長6.05m、玄室長3.55m・幅1.6m、羨道長約2.5m・幅1.1m
 出土遺物:土器類、装身具、武器類、馬具
 築造年代:6世紀中頃
【2号墳】
 玄室長3.3m、6世紀後半の築造 
 この古墳は墳丘があり、目立ったせいか破壊が激しく、現在は消滅しています
【3号墳】
 玄室長2m、右片袖式の石室が有りました、7世紀初頭の築造
 この古墳も消滅しています
【4号墳】
 0.75×0.55mの小竪穴系石室です、7世紀前半の築造
 3号墳の側に有った何ともかわいい石室です
 中にしっかり棺台と思われる石がある
 大きさからして、再葬墓のようです

ちっちゃい石室

 近くの大原に大伴夫人の墓や藤原鎌足生誕地等、中臣氏ゆかりの史跡があり
 被葬者候補としては中臣氏の可能性が指摘されます


 【5号墳】
 飛鳥資料館の前庭に移築

八釣マキト5号墳

2009年04月26日 | 古墳
 飛鳥資料館前庭に移築されています 撮影日;2009.4.19 

 支群中、最大の径22mの円墳です
 六世紀後半の築造とされます

 横穴式石室は南西に開口し、天井石は失われていました
 全長10m、玄室長4.1m、幅2.1m、高さ2.5m以上、羨道長5.9m、幅1.1mの両袖式

★所在地;高市郡明日香村奥山601
★交通;JR桜井駅より
    バスで飛鳥資料館前下車 すぐ
★駐車場;有ります
★入場料;大人260円
★休館日;月曜日、年末年始
★開館時間;9:00~16:30
★問合せ;0744-54-3561(飛鳥資料館)

 武具、馬具、須恵器が出土しています

 2000年に八釣にある東山丘陵の農業基盤整備に伴い事前調査され
 7基の古墳が発見されました
 八釣・東山古墳群と名づけられています

説明板←クリックすれば拡大できます 


 関連記事

東大谷日女神社の石造灯籠

2009年04月25日 | 文化財
 東大谷日女神社境内に有ります 撮影日;2009.4.18
 
 史跡山田寺跡の近くの小高い森中、トタン屋根の覆屋に収まっています

 「永和元年(1375)乙卯8月1日造立之勧進行念大工行長」の刻名が有ります
 国の重要文化財に指定されています 

★所在地;桜井市山田989
★交通;JR桜井駅より
    バスで山田寺跡下車 徒歩5分
★駐車場;有ります(無料)
★入場料;見学自由
★問合せ;0744-45-0962(桜井市教育委員会)

  【社頭掲示板】

 この石燈籠は四角型の典型的作例で、
 石大工行長作の清楚な名品として知られる。
 花嵩岩、総高2.28m、笠の幅76cm。反りがゆるく、
 全体に緩慢な曲線をとり、笠は18cm、角84.8cm、
 竿の正面に善哉灯籠と呼ばれる四言八句の讃文を刻み、下部に銘文がある。
 石大工薩摩権守行長は、正平24年(1369)に吉野鳳閣寺の石宝塔を作っている。

                  桜井市教育委員会


   


 

義淵僧正廟所

2009年04月23日 | 碑・塚
 岡寺本堂の南側、小高い場所に有ります 撮影日;2009.4.18

 岡寺を開山した義淵僧正の廟所と言われています
 南北朝時代の延文五年(1360)の宝篋印塔です

 花崗岩で高さは108cm
 基礎は輪郭を巻き三面は格狭間、一面は銘文を刻む
 銘文は「竜蓋寺 如法経奉納 延文五年(1360)十一月廿日」  

★所在地;明日香村岡806
★交通;近鉄橿原神宮前駅より
    飛鳥周遊バスで岡寺下車 徒歩5分
★駐車場;有ります(有料)
★入山料;大人500円
★問合せ;0744-54-2007(岡寺)

 義淵僧正は奈良時代初期に僧正にまで昇り、長い間奈良仏教界の最高の位にいた人物です
 弟子には、行基・道慈・玄・良弁ら奈良時代を色どる高名な僧たちがおり
 皇位を簒奪しようとした道鏡もその弟子といわれます



明日香村観光会館

2009年04月22日 | 名所
 飛鳥のイベント情報が取得できます 撮影日;2009.4.18 

 飛鳥らしいおみやげ・書籍・資料などを販売しています
 入館割引パスポートが100円で販売されています
 (ほとんどの施設が10~20%offで入れるようになります)

★所在地;高市郡明日香村大字岡1220
★交通;近鉄橿原神宮前駅より
    「赤かめ」(明日香周遊)バスで明日香観光会館前下車 徒歩すぐ
★駐車場;
★入場料;タダです
★休館日;年末年始
★開館時間;8:30~17:00
★問合せ;0744-54-4577

 隣に蕎麦屋「藍邸」・「飛鳥藍染織館」が有ります

 造り酒屋の母屋を利用した館内では、手打ち蕎麦、奈良の郷土食・田楽などが味わえます
 芋六方(きんつば)150円、そば御膳1500円、コーヒー500円他


 参考;(財)明日香村観光開発公社のページ

三吉2号墳

2009年04月20日 | 古墳
 墳頂に登れます 撮影日;2009.4.11 

 巣山古墳の西に築かれた北向きの帆立貝式古墳です
 全長は89.8m
 後円部の径78.4m・高さ6m、前方部の最大幅は41.2m

 築造年代は世紀前半(埴輪の編年から巣山古墳と同時期の築造のようです)

★所在地;北葛城郡広陵町三吉
★交通;近鉄高田駅より
    バスで竹取公園東下車 徒歩10分
★駐車場;有ります
★入場料;タダです
★問合せ;0745-56-3851(馬見丘陵公園館)

 埋葬施設は不明

 出土遺物は、円筒埴輪片・朝顔型埴輪片・家型埴輪片・蓋形埴輪片が出ています
 埴輪の出土量は少なく墳頂付近や前方部(外堤上から5世紀後半の埴輪埋葬土壙検出)等、限定された区画に据えられた可能性があるそうです

 発掘調査時に後円部の南東で円筒埴輪を埋葬施設とする三吉3号墳が発見されました


 参考;大和の古墳探索のページ

ダダオシ古墳

2009年04月19日 | 古墳
 馬見丘陵公園南エリアに有ります 撮影日;2009.4.11

 全長52~56mの前方後円墳です
 後円部の径33m・高さ7m、前方部の最大幅は30~34m・高さ4m 

 築造は古墳時代中期

★所在地;北葛城郡広陵町三吉小字ダダオシ
★交通;近鉄高田駅より
    バスで竹取公園東下車 徒歩10分
★駐車場;有ります
★入場料;タダです
★問合せ;0745-56-3851(馬見丘陵公園館)

 東側に幅7mの周濠が有ります
 墳丘調査では埴輪列・葺石は検出されていません
 前方部の南東に小石室が築かれていたそうです
 後円部には盗掘坑が確認されています


 佐味田狐塚古墳のすぐ西側です

佐味田狐塚古墳

2009年04月18日 | 古墳
 都市計画道路によって、墳丘の真ん中で南北に分断されています 撮影日;2009.4.11

 全長86m、後円部径66m・高さ7m、前方部長20m・幅25.5m・高さ5m
 帆立貝式古墳です

 築造時期は古墳時代前期 

★所在地;北葛城郡河合町佐味田字巣山
★交通;近鉄高田駅より 
    バスで竹取公園東下車 徒歩10分
★駐車場;有ります
★入場料;タダです
★問合せ;0745-56-3851(馬見丘陵公園館)

 後円部を中心に馬蹄形の周濠を持っていたようです
 発掘調査で後円部中央から粘土槨で棺を保護した埋葬施設が発見されています
 棺内は盗掘を受けていましたが、青銅鏡や鉄刀の破片などが出土
 古墳の周辺からは円筒埴輪を利用した円筒棺も見つかっています

 巣山古墳の後方部北東の周濠に接して造られています


参考;Don Panchoさんのページ

一本松古墳

2009年04月17日 | 古墳
 倉塚北古墳とも言われています 撮影日;2009.4.11 

 全長約130mの前方後円墳です
 後円部の径80m、高さ12m、前方部の最大幅は80m
 周囲には周濠があります
 この周濠のさらに外側には幅7.5mの堤があります

★所在地;北葛城郡河合町佐味田字倉塚・一本松
★交通;近鉄池部駅より 徒歩25分
★駐車場;有ります
★入場料;タダです、見学自由
★問合せ;0745-56-3851(馬見丘陵公園館)

 馬見丘陵公園の中央エリア東のはずれに有ります

 2006年7月に、隣接する方墳の周溝で4世紀後半の円筒棺(長さ約1.6m、直径約0.5m)が出土しました
 一帯は古代の大豪族・葛城氏の墓域とされ、円筒棺の被葬者は同氏につかえた家臣とみられるそうです
 有力者が眠る巨大古墳のそばに近親者や家臣が寄り添う形で葬られたことを示す典型例
 円筒棺は、一辺12~14mの方墳の周溝(幅約4.5m)の底に埋まっており、表面に装飾が施されていました


 参考;Don Panchoさんのページ

 すぐ南は倉塚古墳です

倉塚古墳

2009年04月16日 | 古墳
 きれいに芝生が敷き詰められています 撮影日;2009.4.11 

 「スベリ山」と呼ばれているようです

 全長約180mの前方後円墳
 後円部の径106m、高さ12m、前方部の最大幅は70m、高さ6.1m
 周囲には幅10mの周濠があります
 この周濠のさらに外側には幅15mの堤があります 

★所在地;北葛城郡河合町佐味田字巣山
★交通;近鉄池部駅より 徒歩25分
★駐車場;有ります
★入場料;タダです、見学自由
★問合せ;0745-56-3851(馬見丘陵公園館)

 馬見丘陵公園の中央エリアの東はずれに有り、整備されたばかりの古墳です
 墳頂に登るには、木製の階段もついています


 北側は一本松古墳です