奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

生田伝八郎の墓

2006年11月29日 | 碑・塚
 崇禅寺馬場の仇討ちに登場する生田伝八郎の墓です 撮影日;2006.2.5 

 常称寺の境内にあります

 寺の尼僧が伝八郎の姉であったので伝八郎の遺骸を葬り
 返り討ちにあった遠城兄弟の冥福も併せて祈ったと伝えられています

★所在地;大和郡山市千日町49-8 
★交通;近鉄郡山駅より 徒歩20分
★駐車場;20台
★入場料;見学自由 (事前に連絡しておいたほうが良いでしょう)
★問合せ;0743-52-7400(常称寺)

 少し北東側に歌ケ崎御廟があります



高林庵

2006年11月28日 | 名所
 旧片桐城跡でもあります 撮影日;2005.10.23 

 財団法人高林庵『石州流茶道宗家高林庵』です
 石州流茶道宗家の本部であり、片桐家の居宅ともなっています 

★所在地;大和郡山市小泉町2252
★交通;JR大和小泉駅より 徒歩15分
★駐車場;有りません
★入場料;非公開
★問合せ;0743-52-3016
  (見学希望は同住所の財団法人高林庵へ書面で相談)

 高林庵の西側には「薙刀(なぎなた)堀」と呼ばれる池があり石垣と建物が城跡をしのばせています

 元和元年(1623)に片桐貞昌の父貞隆が小泉に陣屋を築くとき
 この池を利用し屋敷を設けたのが高林庵の始まりとされます

 慈光院書院の棟続きには、同名の重要文化財の茶室「高林庵」があります


 参考;高林庵


信貴山城址

2006年11月27日 | 史跡
 河内と大和の国を結ぶ要衡として築城されました 撮影日;2006.11.2 

 信貴山の雄嶽(437m)の、朝護孫子寺の空鉢護法堂が建てられている場所を本丸として
 東西550m・南北700m程の城域に120以上もの曲輪が配される大和でも最大規模の山城だったそうです

 現在は石碑が建てられているだけ・・・
 町指定史跡(平成5年4月12日)となっています

★所在地;生駒郡平群町信貴畑
★交通;近鉄信貴下駅よりバスで信貴山下車 徒歩15分
   さらに朝護孫子寺境内を通って25分
★駐車場;有ります(有料)
★問合せ;0745-72-2277(朝護孫子寺

 667年天智天皇の代に築城
 天文5年(1536)河内の木沢長政が入城し、本格的に築城を始めますが6年後に落城
 永禄2年(1559)松永久秀が、山城を大規模な要塞とします
 天正5年(1577)織田信長に攻められ落城



暗越奈良街道

2006年11月26日 | 名所
 「日本の道百選」にも選定されています 撮影日;2006.5.31

 奈良時代に難波と平城京を最短距離で結ぶ道として設置されました

 現在、国道308号線となっていますが、幅は狭く劇坂が多い『酷道』として有名

★所在地;奈良市・生駒市・東大阪市

 奈良の三条大路を起点として、矢田丘陵の榁木峠を経て「暗峠」を越え、河内へ入り、枚岡から大阪の玉造へ至る古道

 松尾芭蕉が最後に通った街道としても知られています



【沿道の見所】
 暗峠の石畳
 追分梅林
 矢田遊びの森
 賢聖院「榁ノ木大師」
 石仏寺
 沿道には、山賊が出る為?にお守りとして石仏が多い・・・とか・・・


高山の里

2006年11月25日 | 名所
 竹製品の伝統の技を伝える里です 撮影日;2006.1.29 

 500年の歴史を有する高山茶筌を初め、茶杓、柄杓、花器、香合などの茶道具は
 秘伝の手技によって連綿と高山の人々によって伝えられてきました

 1月~2月寒風が吹く時期に田圃や庭で
 高山の里の冬の風物詩「竹の寒干」が見られます

★所在地;生駒市高山町
★交通;近鉄学研北生駒駅より徒歩20分
★問合せ;0743-74-1111(生駒市観光協会)

【見所】
 高山竹林園
 高山八幡宮
 法楽寺
 高山城址・・・など

【名物】
 高山かきもち・・・など 



くろんど池

2006年11月24日 | 名所
 「くろんど池」は生駒八景の一つに数えられています 撮影日;2006.1.29 

 由来は、嵯峨天皇の時代に、蔵人(くろうど)職と呼ばれる貴族の別荘庭園として造られたという説が有力

 堤長135m、堤高23.4m、受益面積530㎡

★所在地;生駒市高山町5035
★交通;近鉄学研北生駒駅より 傍示行きバスで獅子ヶ丘団地口・くろんど池口下車
★駐車場;有ります
★問合せ;0743-78-5151(くろんど荘)
★料金;手漕ぎボート(2人乗り30分600円、3人乗り900円)、ペダルボート(20分1200円)など

 金剛生駒国定公園の北端に位置しています

 奈良県の四大溜池(白川溜池、倉橋溜池、斑鳩溜池と共に)の1つ「高山溜池」に続いて広がります

 この辺りは極端に雨が少なく、享保~天保年間は旱魃による飢饉が頻繁に起こり
 水不足に悩まされた代官の有井山精治が灌漑用に築造しました

 園内の散策路ではバードウォッチングや森林浴が楽しめ
 キャンプ場ではバーベキューなどのアウトドアを楽しむ人でにぎわいます


 参考;くろんど池・・生駒八景集

円空庭

2006年11月23日 | 名所
 回遊式の日本庭園です 撮影日;2006.6.21

 慶安年代(1650頃)この地にあった「恋が淵(鯉が淵)」の畔を村の娘「あふさ」が通りかかり
 白亀の背に乗った観音様が霧の中に浮かんでいるお姿を見ました
 それを聞いた小房観音寺中興の上人・蜜門了明僧正の命で補修されたのが「円空庭」の池

★所在地;橿原市小房町6-22
★交通;JR畝傍駅・近鉄八木西口駅より徒歩10分
    バスで小房下車 徒歩5分
★駐車場;有り
★入場料;見学自由
★休館日;年中無休
★開館時間;7:00~17:00
★問合せ;0744-22-2212

 「おふさ観音」境内の北のエリアにあります

 体長60cmを超える錦鯉が泳ぐ池と池を囲む木々が、四季折々の自然を楽しませてくれます

 亀が多くいます(スッポンも・・・)

 大正4年に建てられた【茶房おふさ】があり、飲食が出来ます




室生ダム

2006年11月21日 | 名所
 釣スポットとして知られています 撮影日;2006.10.19

 1974年3月に名張川支川宇陀川に建設された多目的ダム(重力式コンクリートダム)です
 ダムの堤高:63.50m、堤長:175.0m

★所在地;宇陀市室生区大野3846
★交通;近鉄室生口大野駅より 徒歩25分
★駐車場;駐車スペース4~5台
★問合せ;0745-92-2320

 ダム湖名は「室生湖」
 総貯水量:1,690万m3、貯水池面積(湛水面積):1.05km2
 吊り橋も架かっています


 参考;室生ダム管理所


大野寺磨崖仏

2006年11月20日 | 文化財
 陽があたる午後からの方が綺麗に見えるそうです 撮影日;2006.10.19 

 興福寺の僧・雅縁が笠置寺磨崖仏を模して造立する事を発願
 承元元年(1207)から1年かけて、宋人の石工伊行末(いのゆきすえ)一派が線刻を施した仏像
 昭和9年に国の重要文化財に指定

★所在地;宇陀市室生区大野1680
★交通;近鉄室生口大野駅より 徒歩6分
★駐車場;5台
★入場料;見学自由
★問合せ;0745-92-2220

 後光をかたどった光背の中におさめられた弥勒菩薩像の大きさは約14m
 ほんのすこし頭を傾け、挙げた左手に印を結んだ姿でたたずんでいます

 承元3年(1209)3月の開眼供養には後鳥羽上皇の御幸もあり、盛大に行われたという

 磨崖仏の向かって左下に、尊勝曼荼羅(仏頂尊の徳をあらわす密教の曼荼羅として貴重な遺物)もあります


 大野寺の正面に有ります

畝傍山

2006年11月19日 | 名所
 「耳成山」「天香具山」とともに「大和三山」と呼ばれます 撮影日;2005.12.7 関連記事

 標高199mあり、死火山のようです 

 江戸時代以前には、山上に70以上もの寺院があったそうです
 現在は曹洞宗「慈明寺」が畝傍山西麓に残り「慈明寺山」とも言われます

★所在地;橿原市山本町
★交通;近鉄橿原神宮前駅より 山頂まで徒歩45分
★駐車場;橿原神宮のP利用
★入場料;無料
★問合せ;0744-28-0201(橿原市観光協会)

 西麓の登山口に畝火山口神社が鎮座します
 南東側麓に橿原神宮の広大な敷地が広がっています

 神武天皇陵綏靖天皇陵安寧天皇陵懿徳天皇陵が周りにあります