奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天の川不動滝

2013年07月21日 | 
天の川不動滝
 県道から眺められる滝です 撮影日;2013.07.14

 落差は40mほど有ります
 小さな支流から天の川に流れ落ちています

上部 下部
 谷をさかのぼると、岩穴の中に弘法大師が彫ったと伝わる仏像の形をした自然石があるそうです
 (『白井谷の仏棚』と呼ばれます)
 そのことから、土地の人は『お不動さん』と呼び、滝の名も『不動滝』となったといわれています
 昔、大峯から高野山へ御参りする人は、このお不動さんに御参りしたといわれています(かなりの難所みたいです) 

★所在地;吉野郡天川村広瀬
★交通;JR五条駅より バスで阪本下車 東へ約6km
★駐車場;スペース有り
★入場料;見学自由
★問合せ;


国道から見える天の川不動滝

天の川青少年旅行村・小川オートキャンプ場

2013年07月20日 | 名所
青少年旅行村バンガロー
 天の川沿いにはキャンプ場がたくさん有ります 撮影日;2013.07.14

 川遊びや魚釣り・アマゴのつかみ取りなどが楽しめ、グループ・家族づれでにぎわっています
 夏の涼しさはもとより、10月下旬からの、紅葉の美しい自然に恵まれたキャンプ場です

天の川水遊び 天の川青少年旅行村看板

★所在地;吉野郡天川村庵住
★交通;五條市大塔町坂本左折(県道53号線)約20分
★駐車場;有ります
★入場料;大人400円、小人200円
 テントサイト使用料:3000円~7000円
 バンガロー:10000円
 コテージ(ログハウス)1棟:20000円~50000円
★チェックイン;13:00~17:00
★アウト;11:00
★問合せ;0747-65-0033

 近くに「天川薬湯センターみずはの湯」が有ります


 参照;天の川青少年旅行村ホームページ
天の川青少年旅行村

平井医院(五條市)

2013年07月19日 | 文化財
平井医院
 国の登録有形文化財(建造物)です 撮影日;2013.07.14 

 市内を走る国道24号線沿いに屋敷が有ります
 主屋は敷地中央にほぼ南面して建っています
 上棟幣束より安政2年(1855)の建立とわかっています

 主屋の後方の屋敷の北辺沿いに建つ土蔵の安政2年建立です
 表門は長屋門形式の門です

平井医院の主屋 平井医院の門
 文化財指定は2002年8月です

★所在地;五條市今井4-1-16
★交通;JR五条駅下車 徒歩15分
★駐車場;なし
★見学;許可を得た方がよいでしょう
★問合せ;0747-22-4001(五條市役所)


陀羅滝と倶呂滝

2013年07月18日 | 
陀羅滝
 龍口大滝とも呼ばれるようです 撮影日;2013.07.10 

 陀羅滝 は総落差20m程の、比較的静かな斜瀑です
 迫力は有りませんが、見上げる流れは感動ものです

陀羅滝下段

 倶呂滝は、数段に分かれて落ちる段瀑です
倶呂滝
 落差は15m程
 水量の多いときは、豪快で迫力があるそうです

倶呂滝下段 倶呂滝上段

★所在地;宇陀市室生龍口
★交通;近鉄三本松駅より 約4km
★駐車場;集落の夫婦側林道分岐の橋付近にスペース有り
★入場料;見学自由 (少し危険をともないます)
★問合せ;

 不動滝から阿清水川沿いを遡っていきます
 手前(下流)に15mほどの滑滝があり、上っていくと左に 陀羅滝・右に 倶呂滝が見えます
龍口滑滝
 (水量の多い時は、滑りやすいので注意 流木も多いです)


陀羅滝と倶呂滝

龍口不動滝

2013年07月17日 | 
龍口不動滝
 宇陀川支流阿清水川にかかる滝です 撮影日;2013.07.10

 かなり深い谷に有り、最近は地元の方も行かないそうです
 下部の直瀑部分、上部の傾斜の緩い斜瀑部分、二段に分かれて落ちる段瀑です
 下部は落差5mほど、広い谷に流れ落ちています
 上部の斜瀑も数段に分かれ、10mほど有りそうです

龍口不動滝下段 龍口不動滝上段

 滝の正面の岩棚に、不動明王の種字の書かれた石碑が祀られています

 谷へ降りる道は、崩れて(無くなって)いるのでロープが有るとよいと思います

龍口不動滝壺 龍口不動滝檀 不動尊

★所在地;宇陀市室生龍口
★交通;近鉄三本松駅より 約4km
    名張ほっとバス「室生龍口」下車 徒歩25分
★駐車場;なし
★問合せ;

 上流200mほどの所に陀羅滝と倶呂滝が有ります


ハタノ滝

2013年07月15日 | 
ハタノ滝
 影媛ゆかりの「布留の高橋」の下に有る小滝です 撮影日;2013.07.10 

 「布留の高橋」は豊田町と布留町と内馬場町の境にあり、山辺の道沿いで布留川に架かります
 ハタノ滝は支流から本流へ流れ落ちる落差4~5mの直瀑です

ハタノ滝の谷 ハタノ滝口

 この辺りの布留川は、深い谷となって流れています
 周辺は希少生物、モリアオガエルとコメホタルの生息地です
 橋の上から、木立ちの合間に滝が見えます

 橋の北東側に谷へ降りる坂が有ります
 途中が崩れていて、梯子が架けられています

布留の高橋 ハタノ滝梯子

★所在地;天理市豊田町・布留町・内馬場町
★交通;JR・近鉄天理駅より バスで石上神宮前下車 徒歩10分
★駐車場;石上神宮のPより、およそ500m
★入場料;見学自由
★問合せ;


布留川
 (日本書紀歌謡 94)
 石上 布留を過ぎて 薦枕 高橋過ぎ 物多に 大宅過ぎ 春日 春日を過ぎ 嬬籠る 小佐保を過ぎ 玉笥には 飯さへ盛り 玉椀に 水さへ盛り 泣き沽ち行くも 影媛あはれ
 (万葉集 巻12-2997 柿本人麻呂) 
 石上 布留の高橋 高々に 妹が待つらむ 夜そ更けにける

誓多林滝不動

2013年07月14日 | 
誓多林滝不動
 地元の信仰の滝前に不動明王が祀られています 撮影日;2013.07.08 

 岩肌に石龕を造り、中央に不動明王像
 左に役行者像、右に椅子に座ったお坊さんが彫りこまれた石像が有ります
 このお坊さんは誰でしょうか?

 滝不動の滝は、落差は3mほどの小滝です
 白砂川の支流のようです

誓多林不動の滝 誓多林不動滝

★所在地;奈良市誓多林町
★交通;JR・近鉄奈良駅より バスで日笠町下車 徒歩25分
★駐車場;1km程西に有る八柱神社(中誓多林)にP有り
★問合せ;


鎌倉の滝

2013年07月13日 | 
鎌倉の滝水流
 小さいですが、水量豊富で勢いのある滝です 撮影日;2013.07.08

 落差は5mほど
 滝の右上に不動明王像が祀られ、信仰の滝であることが分かります
 滝の正面の岩肌にも不動明王が彫りこまれています

鎌倉の滝 鎌倉の滝壺

 鎌倉の滝と呼ばれるのは、滝の左前面の岩肌に『鎌倉幕府 北条時頼公参籠所旧蹟』の苔むした魔崖碑が有ることによるようです
 こんな山里奥に、鎌倉幕府の5代将軍が本当に来たのでしょうか??? 

鎌倉の滝横の不動 鎌倉の滝磨崖碑 鎌倉の滝前不動

★所在地;宇陀市室生三本松
★交通;近鉄三本松駅下車 徒歩20分
★駐車場;スペース有り 下車後 徒歩5分
★入場料;見学自由 (足元注意)
★問合せ;

 駐車スペース前の池
 鎌倉の滝前の池 


青葉滝

2013年07月12日 | 
青葉滝
 青葉神社の境内奥に有る滝です 撮影日;2013.07.08 

 落差8m程の段瀑
 ごつごつとした岩肌を流れ落ちてきます
 滝壺は、けっこう深そうです

青葉滝口 青葉滝壺
 境内林道を2分ほど進むと滝前にでます
 蜘蛛の巣が多いのには閉口しました

★所在地;宇陀市室生下笠間
★交通;近鉄室生口大野駅より 室生北部線バスで下笠間下車 徒歩20分
★駐車場;有ります
★入場料;見学自由
★問合せ;

 下笠間集落内の九頭神社から、少し北へ進むと青葉滝への看板が有ります