穏やかに。

わたしも 世界中 穏やかに・・。

特養へ

2024-02-07 14:12:45 | ☆彡

雪❄ まる 2日過ぎ

やはり まだ 道のアチラコチラに かき氷みたいななった 雪❄の後


これから 千クンとこへ…と。


雪❄の後の 氷…


危なくて 高齢者の わたしは

バス🚌にて 千クンとこへ


ホント…

口も 目も……

うーん…


面倒とかではなく


 張り合いが…ないというか…



ただ あのマンションに居ても


何も 話さず

全くの 他人のような…


それでいて 食事時は

一緒に いる…



 全く


介護マンションでの生活のようだ


違うのは…?

食事時は まかないの

 ばぁ~ちゃんに

後は 掃除の ばぁ~ちゃん🧑‍🦳

たま〜に

 パートの ばぁ~ちゃん


1日居て

 何回…? 言葉を交わすかな…


顔を 普通に 見た…?


記憶もないような…


わたしは ごくごく


普通の おばぁちゃんだけど



同居人は……


ん~~


超 難しく 年々…


 お金への 執着と


後…は?


  ないかな…


一緒にいて 楽しいと

想うことは なくとも



もう… 45年 一緒なのだから

一緒に居て

気を使わず 穏やかな…


そんな 感覚を 感じられたら…と。


幼馴染の友の ご主人は


彼女が 鬱で 食事も

2年以上作れず

掃除は 週2回 家政婦さんを 頼んでいるそうだ


月に 1度

部屋に 風呂付きの 旅館に 泊まるようにしているそうだ


最近は 大分 調子が良く

週に 2回位は 外食をする事が できるよいになったそうだ

ただ 家事は できなくて


それでも 味噌汁を

最近 作れたと よろこんで  電話をくれた。



心を 病んでいる 彼女も

ご主人も 本当に 辛い毎日だったと 想う。


ただ そんな中


経済力が ご主人にあった事❢


本当に 本当に

凄く 幸いな 事だと想う。


どうなのかなぁ…

奥さまが 2年以上 家事一切できず

ほとんど 寝たり 起きたりの 状態だったら…



うわぁ~!


同居人なら 間違いなく

怒り狂い 暴力に走り

どうなるか…


 大変な 事件になるなぁ


同居人は

アタマの てっぺんから


足の指輪の 先の 先まで


彼 自身の事しか


 ない。


「おもいやり」

 「想い合う」

同居人には… 関係の

全く ない 言葉かな…



 可哀想…だね

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 生きる事… | トップ | わたしなり »
最新の画像もっと見る