文屋

文にまつわるお話。詩・小説・エッセイ・俳句・コピーライティングまで。そして音楽や映画のことも。京都から発信。

◆三月書房さんは、永遠書店なんだなあ。

2005年02月21日 16時33分56秒 | 文学全部
久しぶりに「三月書房」さんにおじゃました。
宍戸恭一さんにお会いするのは、何年ぶりだろう。
何年、といって、いつもつい最近にもお会いしたような気になって、
ジャズの話や喫茶店の話をしたりする。
5年ぶりぐらいだったかなあ、でも昨日も会って話していたような錯覚がする。
不思議な時間感覚。
書店なのだが、あの空間は、ぼくにとって、お店ではなくて
物を書いている自分が、純白に漂白されるような
禊ぎの場所になっている。
二十代の後半に、始めた同人誌「ガルシア」を
まったくなにもわからないままにお願いをして
置いてもらったり、いろいろな、ある意味でまっとうな躾をしていただいた記憶が
はっきりとよみがえってくる。
書棚の雰囲気は、昔とひとつも変わっていない。
昔、第一詩集の「セルロイド界隈」が置かれていたところに
いまは、最新の「冬白」があった。
ああ、あのまま売れずに「そこにあってよ」と心の中で叫んだ。
永遠なども考える。
宍戸さんとぼくとのちょっとした言葉の交流という永遠。
詩人という、細道の、か細い、流通の時間のさなかで出会い
ただ会釈をしてというだけでなく、
生死の永い歳月の細道で、親密に出会っているような尊さ。
ぼくの本が、ぼくの手許でないどこかにある。
それが三月書房という場所ならば、ぼくには生涯の幸福である
ような気がする。

「短歌ヴァーサス7号」
熊谷守一のクロッキー集「鳥獣虫魚」
    素描・水墨画集「虫時雨」

を買う。

「庭園」と「紙子」を置いていただく。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ★伊東静雄論を書くこと、考え... | トップ | ■「ただ、詩を書いたひと」な... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
熊谷守一 (heach)
2005-02-22 15:42:02
わんわん

熊谷守一は独特の空間感覚があるひと

という記憶があります。

(美人の奥さんと鳥と棲んでいらしたような...)

クロッキーを買われたんですね!
アリの第一歩は、 (bunyahagi)
2005-02-22 19:02:09




heachさん、

たまに日録読ませていただいてます。



プリンス、あやしくていいね。



マイルス・デヴィスがすごくかってた。



ここで、プリンスの話はおかしいか。



熊谷守一でしたね。



クロッキー集が、新本で6割引でしたので

ややと思って買いました。



熊谷守一の散文もいいです。



「一日アリをずっと見ていて、わかった」

と、



「アリは、真ん中の左脚から動き出す」

という記述。



ひまだなあ、という感慨よりも

案外、そのときにアリを見ることに切迫していたんだと思う。でなきゃ、

どの脚から動き出すかなんて、

確定しようなんて思わないもんね。



コメントを投稿

文学全部」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事