さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

ファウチには、科学者たちを脅してきた長い歴史があり、感染症に関する彼のねじ曲がった理論に従わなければ、彼らのキャリアを破壊すると約束してきた Ethan Huff

2021-06-11 11:00:00 | 「コロナ」詐欺
やっぱり、例の論文撤回事件も、、ファウチ!

Fauci has a long history of threatening scientists, promising to destroy their careers if they don’t follow his twisted narrative on infectious disease
ファウチには、科学者たちを脅してきた長い歴史があり、感染症に関する彼のねじ曲がった理論に従わなければ、彼らのキャリアを破壊すると約束してきた
Thursday, June 10, 2021 by: Ethan Huff
https://www.naturalnews.com/2021-06-10-fauci-threatening-scientists-destroy-careers-twisted-diseases.html#



ナチュラルニュース)昨年4月、我々は外国人科学者が武漢コロナウイルス(SARS-CoV-2、症状Covid-19)の内部にエイズの挿入を発見したことを報告し、これが自然の偶然の産物ではなく、人為的に作られた生物兵器であることを指摘しました。トニー・ファウチは、これらの科学者の多くに「研究を撤回しないとキャリアを潰すぞ」と脅しをかけていたことを示すさらなる証拠が出てきました。

Great Game Indiaは、これらの研究の一部をいち早く発表しましたが、激しい批判を受け、結局、著者たちは研究を撤回しました。その後、流出したファウチの電子メールによると、これらの科学者たちに対して脅迫を行い、彼らの重要な研究を阻害したのはファウチ自身であることが判明しました。


ファウチは1980年代にエイズワクチンの開発に力を入れていたこともあり、エイズのことをよく知っています。ファウチは長年にわたり、他の多くのワクチンを推進してきましたが、そのすべてが失敗に終わっており、今回の中国ウイルスでも同じことをしています。

外部の独立した研究者の研究によって、プランデミックのシナリオに亀裂が入り始めたことが明らかになると、ファウチは躍起になってそれを止めようとしました。つまり、ファウチは科学の味方ではなく、自分の邪悪な意図を押し通そうとしているのです。

「昨年、インドの科学者グループが、コロナウイルスにエイズのような遺伝子が組み込まれていることを発見しました」と、正義、公正、公益のためになることをすることに人生をかけている公益弁護士・活動家のプラシャント・ブーシャン[Prashant Bhushan]は、「すぐに影響が出るかどうかは別として」とツイートしました。

「今、ファウチ電子メールは、インドの科学者を脅して研究を撤回させたのは、アンソニー・ファウチ博士自身であったことを明らかにしている!」


ファウチは人類に対する罪で長期の実刑判決を受けるべきだ

ファウチに脅されていた科学者たちは、武漢フルーがファウチとその手下によって意図的に作られた生物兵器として解き放たれたものであることを明らかにし、事実上、詐欺の蓋を開けてしまったのです。当然のことながら、ファウチはその情報を公にしたくなかった。

フランス人のノーベル賞受賞者であるリュック・モンタニエは、中国製イルスには、自然には起こり得ないエイズのような挿入物が含まれていることを確認しました。これは、おそらく武漢ウイルス研究所(WIV)の研究者が入れたものであり、彼らはファウチからアメリカの税金で報酬を得て、違法な機能獲得研究を行っていたのです。

ファウチの共犯者の1人である「コウモリ女」石正麗も、今回の暴露に対して明らかに動揺しており、暴露した科学者たちに「臭い口を閉じろ」「さもなくば代償を払え」と脅しています。

ファウチ、石、その他の医療ファシストは、無限の脅迫と真の科学を妨害することで、まさにマフィアのように行動してきました。良いニュースは、すべてが明らかになってきたことであり、これらの経歴を持つ犯罪者たちがいつか相応の裁きを受けることが期待されています。

また、昨年3月、ファウチが武漢コロナウイルス(SARS-CoV-2、症状Covid-19)を「どのようにして作ったか」が正確に伝えられていたことを示す、別の電子メールという証拠も得られました。アダム・ガートナー[Adam Gaertner]という研究パートナーは、狂気の科学者たちがどのようにしてすべてを作り上げたのかをファウチに実況しましたが、それでもファウチは世界の前に立ち、丸1年にわたってすべてを嘘で塗り固めたのです。

また、感染症の第一人者であるクリスティアン・アンダーセン[Kristian Andersen]は、中国フルーのエイズ的特徴を明らかにしたインドの研究は、実際にバイオエンジニアリングされたものであることを強く主張していると語っていました。しかし、ファウチはこの2人を無視して、「中国フルーはウェットマーケットのコウモリから感染した」というデマを流したのです。

ファウチの犯罪性の真の深さは、日に日に増していきます。最新情報は、Tyranny.newsをご覧ください。

Sources for this article include:

NaturalNews.com

GreatGameIndia.com

NaturalNews.com


関連

2019-nCoVスパイクタンパク質のユニークなインサートとHIV-1 gp120およびGagとの不思議な類似性 Prashant Pradhan et al.
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/4b44140ae18af9d1ad7cb7d94344e40a



最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (真実の玉手箱)
2021-06-11 17:02:38
ワクチン接種後死亡した家族の身に起こった現実】コロナワクチンは殺人兵器です。そして誰も何も補償してくれません。

https://shinjitsu7.com/2021-6-10/2407/

コメントを投稿