頑固な鮎師の独り言!!

鮎竿、鮎仕掛け、鮎釣技、日進月歩の現在も、鮎ちゃんに見向きもされない頑固な鮎師の独り言!!&珍道中記。

狩野川鮎、試釣り生育調査

2021年05月23日 | 鮎友釣り

5月23日、狩野川漁協による試釣りが行われたので見学に行ってきたよ。

金曜日の出水で+30cm高。嵯峨沢橋分流に2竿。午後12時から午後1時迄の1時間。

放流も行われていないので、天然遡上鮎の生育調査が主な目的。

嵯峨沢橋直下の石は結構黒々しているが、

水位が高いためヘチ寄り緩い流れでチビ鮎が少々見えるだけ。

試釣り2竿が絞り込まれるかと見ていたが、竿は全く曲がらず厳しいね。

<嵯峨沢オトリ店>近辺も見てきたが、アマゴ狙いの釣り人が一人。

その釣り人によるとアマゴ釣りで何回か訪れているが、鮎は全く見えないとのこと。

しかし2週間前の下見より、ヘチの石も黒くなってきたが、鮎は確認できなかったな。

確実に遡上はしていると思うが、遅れと遡上量が少ない気がするね。

6月5日。狩野川も例年なら5月20日解禁なのだが、今年は過去に無い解禁が遅くなったよ。

鮎放流も解禁直前の6月1.2.3日に計2トンのみ。これも例年に無い少ない放流量。

新聞報道によると1尾20g平均の海産鮎、数にすると約10万匹。流程からすると僅かな放流量。

解禁まで2週間あるので状況好転を期待したいが、本格化は6月後半から7月に入ってからかな。

過度な期待は持たないで解禁を迎えるとするか。

…………………………………………………………………………………

最後までお付き合い有り難うです。ついでにバナーをポチン・・・更に有り難いな。

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  鮎釣りブログランキングに参加しています。

他にも鮎依存症候群鮎釣りサイト盛り沢山ですよ。

………………………………………………………………………………………


この記事についてブログを書く
« 立てば芍薬が見頃 | トップ | 沖釣り、春ラストの釣りへ »
最新の画像もっと見る

鮎友釣り」カテゴリの最新記事