雑感 独り善がり

日々の思いや怒りを自分勝手な考えで綴る

文楽の桐竹勘十郎さんが言ってます。”もっと好きになれ これに勝るもの無し”と

2018-11-10 18:19:01 | 日記
あ~しんど・・やっと週末だ・・うれしい・・・と、昨晩仕事が終わって帰宅の途中に思った。
そして今日は何度も目が覚めながらも結局は昼近くまで寝ていた。
歳を重ねるにつれて、朝の長寝は出来なくなっていた。
若い頃あんなに、休みの時は貪るように寝ていたのに、段々それが出来なくなっていた。
あまり長く寝ると頭が痛くなるのだ。イヤでも目が覚めて起きてしまうのだ。
なのにこの頃は・・・。よほど疲れてるんだなと。

まだ新しい会社に入って3ヶ月は経っていない。
2ヶ月の頃社長に、『全部覚えたか?』と聞かれたが、『とても無理です。たくさんあり過ぎて・・』
と。
とにかく”標準品”の数が多いのだ。
型式と性能と、全部覚えろったって、自分がその機械の担当しなければそんなの分からない。
無理だ。
でも社長は『困るなぁ・・・』と。笑いながらだけれど。

とにかく今の会社は忙しい。
営業の先輩たちは、まあほとんど会社には居ない。
そしてホームページを見て、ネットからイヤと言うほど新しい引き合いがある。
先輩たちがそんな風だから、新しい案件で、難しくないものはドッと自分のところに来る。
それの対応だけでもめちゃ忙しい。そして自分の以前のお客様との仕事もあり、何だかぐちゃぐちゃ
状態。
既存のお客様には先輩たちが付いているから、私はそれでいいんだけれどね。
でも昔から分かっていることだが、新規のお客様って言うのは成約率は低い。
なかなかいい話にはならない。
でも私は仕事がイヤじゃない。面白い。この機械の営業と言う仕事が好きなんだ。

社長が新しい引合いが来ると『一緒に行くか?』と聞いて来る。四国だの九州だの関東東北まで。
『行きます行きます!どこへでも行きます!』と言っている私。
そりゃそうだよね、この歳でこの状況の仕事はしんどいわ。とは思う。でもしんどくてもやる。

2週間ほど前になるだろうか、新聞に文楽の人形遣いの桐竹勘十郎さんの写真と記事が大きく見開き
いっぱいに載っていた。
勘十郎さんは言う。『もっと好きになれ これに勝るもの無し』と。
足遣いの時代に壁にぶつかった。師匠の蓑助さんが叱ってくれなくなった。代わりに『あーっ』と
ため息を漏らす。これにはこたえたと。
『お前何年やってるねん』という意味のこもった諦めの何ものかだそうで、でもどこがダメなのかは
教えてくれない、自分で考えるしかない ということがあったそうだ。
そして『結局、人形と芝居が好きだから乗り越えられた。好きの度合いが芸を左右する』と。

私はこの記事を読んで、そーよそーよと頷いた。
勘十郎さんの様な立派な芸能の道では無くても、私のような一般人の仕事のことにしたって、
詰まるところ同じなんじゃないかと。
芸の道であれ日々の仕事であれ趣味であれ、結局『好き』がモノを言うんだと思う。
”好きこそものの上手なれ”と言うが、好きであれば頑張れる。好きだからこそ一種懸命になれる。
イヤイヤやって何が面白いのか?そりゃ上手くも行かないわ と思うよ。

好きなことを仕事に出来ている私は有難いし、ツイていると思っているし、結構なことだと思っている。
やっぱ好きが一番よね。
因みに私は文楽好きよ。たま~にだけれど観に行く。面白いよ~。
人形も義太夫も三味線も、見どころ聴きどころ満載。




コメント

孫のお泊り。しんどくても癒しだわ

2018-11-05 23:40:16 | 日記
土曜日、孫たちが泊まった。
9月に泊まりに来ていたから2ケ月ぶりかな。
普段は仕事で忙しい と言うより、正味時間が無いので掃除なんて独り暮らし、ほとんどしない。
1人なら散らかさないし、トイレも汚さない。
一応食欲は旺盛なので、キッチンは使うたびにキレイに片付けはするが。

孫が泊まりに来るとなると、朝から上から下まで大掃除。
お風呂もトイレも洗面所もピカピカだ。
普段から水回りの汚いのはイヤなので、そこはいつもキレイにはしているが。
しかしちょっとそこで問題が・・・。
掃除の最中に結構めまいが来る。あ~しんど・・としばし休憩。
やっぱり歳取ったんだなって思う。今まで掃除の最中にめまいなんて、無かったわ。
階段上るのもしんどい。
掃除機は、持って上り下りすると一緒に転げ落ちそうなので2階にも置いてある。

やれやれ、掃除が終わって次は食料品の買い物に。お米も少ないから買わなくっちゃ。
で、しんどいから考えた。
出張の時に引っ張って行く鞄を空で引っ張って行った。そんなの初めて。恥もくそも無い。
お米や玉ねぎジャガイモお肉豆腐卵。そして果物。これが又重い。梨に柿にみかんにマスカット。
どれも重いわ。
とてもじゃないけれど、もう昔みたいに両手両足にぶら下げて引っ掛けて(足は嘘)
よっこらしょっ!と持って帰る程の元気は無い。
鞄に詰め込み引きずって帰る。入り切れなかった袋だけ手にぶら下げて。楽でいいわ~。丁度良い。

そんなこんなで待っていると先に一番大きいのが到着。
前後して小学生2人到着。
着くなり、ギャーギャーと騒ぎ声が家の外まで。と言うのは送って来て放り込んだだけのお父さんが
帰る時に聞こえたんだそうだ。娘があとで教えてくれた。
賑やかで嬉しそうで楽しそうで。フルキャストで3人だけれど。
夕食の希望メニューを事前に聞くと、いつも同じものばかりリクエストするので
『おばちゃん、これしかよう作らん』と思われてはならじと、今回は別メニュー頑張った。

高校生は食事してしばらくしたら帰ると。泊ればいいのに。
下の2人に、お風呂は2人で入ってね、おばーちゃんしんどいからと。
又ギャーギャーとお風呂で騒いでいる。
6年生はフリチンで堂々と出て来て(そんなものなのかな?)未だに身体拭かせてくれる。
一番小さいのは本当に小ぶりちゃんなので、まだまだ可愛い。身体も拭いて髪の毛も拭いて。
で、どこで寝るの?小さいのが『一人で寝る』。ほんまかいな。
でも結局、間髪入れずに『やっぱり一緒に寝る・・・寂しい』と入って来ました。

お母さんから『寝た?』とメール来てたわ。

翌日の夕方、お父さんが迎えに来て帰るとやれやれ・・・となる。
昔と違ってもう大きくなったから、片付けはうんと楽になった。ああ・・寝てしまいそう。
仕事で毎日しんどいし、休みに泊まりに来るとなるとなかなか大変だけれど、たまにそうやって
来てくれると、少々無理してでもやっぱり嬉しいし楽しい。本当に癒しになるよ。
その為に働いている様なもんだから・・・とおばーちゃんは納得。
次のお泊まりは、もう年明けかな。
又来てね。



コメント

忙しいし しんどいけれど 愚痴言ってる場合じゃない

2018-11-02 01:35:28 | 日記
昨日今日と静岡と東京に出張していた。

最近、出張時には必ず普段着を入れて行く。帰りに着替えるのだ。
ず~っとスーツではしんどいのだ(スーツはパンツスーツ。スカートは有り得ない)。
それは多分、太って服がきついのもある。そして靴もヒールがしんどいので履き替えたい。
新幹線に、多目的室と言うのがあって、車掌さんに言えば部屋を貸してもらえる。
中からカギがかけられる。
授乳なんかの時に、お母さんが使える部屋。そこで着替えるのだ。
だから余計にカバンが重いはずよね。

3か月あまり前までは、来年の6月で機械の営業の仕事を辞めるはずだったから、
スーツを新調しなくなっていた。私は女性もののパンツスーツの既製服は形が気に入らないので、
イージーオーダーで作ってもらっている。もう何年も前からずっと。
春夏用と秋冬用、各1週間毎日着替えても大丈夫な数は持つ様にしていた。
それも段々新調しなくなって行って減っていた訳。

ところが今、恐ろしい位出張に出なくてはならず、数が足らない。
いつもいつも同じ服を着るのは服にも良くないし、第一カッコ悪い。
そんな訳で仕方無く又スーツを新調しました。今度は少しゆったり目で。余分な出費だわ。
でもまだ要るわ、きっと。

帰りの新幹線はもうスーツ着ていないので、ヒール履いてないので楽だ。ほとんど寝ているけれど。
しかしそれが又問題。
社長が鬼のように仕事を言って来る。メールで。『えっ?それも私?』みたいな。
新しい仕事で慣れない私に、少しでも覚えさせようという愛のムチか?そう思うようにしている。
そしてこう言う。
『明日は何する?』と。
会社に出ます。まとめます。資料作ります。お客さんに返事します・・・。
ふんふん・・・と。
しかし、『帰ってから会社で、”後でまとめ”みたいな仕事はするな』と。すぐやれ、今やれ、
新幹線で仕事しろ と言うことらしい。
はあ・・・・。もうしんどいし、疲れてるし・・・。

こんな状態で、私やって行けるのか知らん?もつのかしらんねぇ・・・と弱気になる。
まあ泣き言は言ってられないけど。
愚痴よ、愚痴。愚痴言ってる場合じゃないのだけれど、ちょっとくらいは言いたい。

又寝て明日も頑張ろ。

あ 今日、東京の商社さんで打合せした時に担当の方が、同じ部署の方を4人紹介して下さった。
その中に『まだ1ヶ月の新人です』と言う方が居て、思わず『私も歳は取っていますが新人です』
と言っておりました。皆さん優しいから『いやいや・・・』と首を振って下さいましたが
どっちに首振ったのかなぁ?”歳取ってます”に?”新人です”に?
そんなの”新人です”に決まってるやんね。はい、分かってますよ~。 以上










コメント

お客様主催”再就職おめでとう!会”第3弾

2018-10-26 02:04:50 | 日記
で、さっきの続き。

昨晩は元のお客様の”S”社の部長さんが、送別会改め再就職おめでとう会をして下さった。
東京で。関西まで行ける時間無いから東京に来てって言ってた方。
”S社様”で3回目だ。

先ずは会社に行って新しい会社のご紹介をし、夜にお店で待ち合わせ。
前の会社を辞めた理由知らないよと仰るので、そこから話をして、やっぱり誰もが口を揃えて
言う様に、”辞めるべきは私じゃなくて、その相手の方だ”と言われたし、そんな変なヤツを
辞めさせない会社もおかしいねと。
担当して導入していただいた設備の話やら、お嬢様のこと奥さまのこと、昔話にも花が咲いた。
『陸上やっておられたお嬢様は?・・・大会、よく応援に行ってらっしゃいましたよね』と言うと、
『覚えてるの?』と。
そりゃ覚えてますよ。そう言う情報は忘れない。
就職して新潟に居るとか。そうか・・もう奥様と2人なんだ。いや、単身だから1人ずつね。

ホールディングスの副社長の話が出た。
一族じゃないのに技術系から副社長になった凄い人だ。おまけに超イケメン。カッコいい。
いっぱい、グループ会社の長も兼任しておられ、超忙しいらしいのだが、私が前の会社辞めた時
”なんで〇〇さん辞めたんだ?”と仲良しの部長さんに聞かれたそうだ。
『それって凄くないですか?そんな忙しい偉い方が、私ごとき小さい業者のいち営業マンのことを
気に掛けて下さるなんて。私、頭の手術した時もお見舞い下さったんですよ。もうびっくりですよね』
と話をして、本当に皆様に良くしてもらったな、そして皆様偉くなられて、私はラッキーだったなと
つくづくしみじみ思った。

師匠だった。S社様は。
アレ導入してね、コレ使ってね、古いプレゼンは要らないよ・・・いっぱい教えてもらった。
この日お食事をご馳走して下さった方は、私のことを『スゴイと思う』と言って下さった。
この歳でまだしつこくやるパワーと言うかバイタリティと言うか、そういうことを仰ってるのだろう。
何十年前と少しも変わってないと。いやいや、それは嘘でしょ。明らかに歳は取ってます。
おばあちゃんになって来ているのは否めない。
自叙伝を書いたら?と言われる。いやね、私の様な人生は何も特別じゃなくて、この程度のことは
世の中にごまんと居る訳で、もっと凄い壮絶な人生の方はいっぱい居ますよと。

何とかね、機械を1台入れてあげようと思って下さっているみたい。
本当に需要があってそうなれば嬉しいけれど。
12月に関西に行く予定があるからと、立会前の設備を見に来て下さるそうだ。
優しいね。有り難いね。本当に今の仕事をして来て、S社様の存在は私の支えだったと思う。

明日も又S社様の某工場行くよ。
コメント

新しい会社で2カ月余り。しんどいけれど辞めない諦めない

2018-10-26 00:37:56 | 日記
昨日今日と関東方面に出張。疲れた。
毎週どこかへ泊まりの出張があって、結構しんどい。
移動の時、仕事の書類やiPad 着替えなども入ったカバンは重い。
駅でエレベーターかエスカレーターが無いと、上りは特にしんどい。
こんな時だけズルいかもだけど、やっぱりこの歳で重い荷物持って階段上がるのはきつい。
でもだからと言って、行けませんは言えない。と言うより言わない。言いたくない。
何としてでも、3か月前に辞めた会社に一矢報いるというか見返すというか、それなりの成果を
あげるまでは辞められない。

出張に出掛ける前の日に、元お客さんと電話で話す機会があったのだけれど、
『もう、〇〇さん(私)居なくなって、✖✖さん(元の会社)ぐちゃぐちゃだよ・・・』と。
対応してくれない、対応が遅い、話しにならないと。困ると。
そりゃそうだろうなと思う。
私ほどお客さん大事で納期を守り約束を守り痒いところに手が届く営業は、そうそう居ないよと
自分で思っている。

辞めた人間の悪口を言う情けない元社長は、未だに私のことを『新しい会社でやれるはずが無い』
等と言っているそうだが、私は元の会社で成績一番だった人間だよ。出来ないはずが無い。
元の会社で売り上げて儲けたほどの成績を出せるまで、諦めないからね。辞めないからね。
そう思っている。

しんどいけれど。

コメント