Padmashri〜囚われからの自由、意識の目覚め〜

内なる世界へようこそ!

愛に満ちた気づきの光、

パワフルな変容の可能性を

シェアしています♪

イメージを通して、内なる神秘へと開く

2018-11-16 | 直感と気づきのトートタロット

こんにちは〜

 

先日、今年5回目のトートタロットベーシック講座が終わりました。 

 

タロットの素晴らしいところは、

目に見えず、もやもやしがちな内面の世界を、

イメージという形でクリアに目に見せてくれること。

 

しかもトートタロットは、イメージがパワフルで鮮明だから、ダイレクトに内面に響くの。

 

 

しかも、ですよ、

自分でカードを引くから、

納得なのです

 

どっかのレベルでうすうす気づいていることを、

目の前にあらわにしてくれる。

 

そして、気づきの光の中で、

エネルギーは変容していきます。

 

こちらは、講座の様子。

 

 

自分の存在が、大きな宇宙のちっぽけなカケラでしかなく、

まるで大きな海にただよう小船のように心もとなく、無意味なように感じるって、

だれにでもあるんじゃないかな・・・

 

頭の中=思考のプロセス=マインドさんがあまりにもパワフルになってしまうと、

起こってることの、バラバラの断片しか見えなくなりがち。

 

それが、実はほとんどの人たちの現状で、

私自身も、苦しみの果てに、

アルコール依存症一歩手前になったりもしてたから、すごくよくわかる

 

 

でもタロットは、

私たちが大きな流れに運ばれていること、

 

私たちの存在は、

本当は、

もっともっとずっと偉大で、神秘的で、尊いものだって教えてくれてるんだ。。。

 

 

自然を織り成している、地水火風という大いなる4大エレメントから、

私たちも織り成されていることをね

 

 

講座は座学ではなく、たくさん動きます。

 

 

4大のエレメントの働きを体感することで、

単なる理論ではなく、毎日の生活に繋がったものになる。

 

身体を通してこそ、理解できることがあるからね

 

最初に、

「踊りましょう

と声をかけると、

 

ええ〜〜〜

 

となっていたみんなも、

 

講座が終わるころには、

自分のエネルギー=火のエレメントとつながって、

ノリノリに

 

まるで子どもに帰ったみたいにね。

 

ちなみに、火のエレメントのカードたちはこちら。

熱〜い情熱が伝わって来るよねーーー

 

持ち寄りランチも〜みんなで食べるごはん、美味しいよ

 

 

終わってみれば、この笑顔。

みんな、とってもいい表情。

  

記念撮影は、お気に入りのカードと
 

そう、うちの講座は、ほとんどが女性なのですが、

今回は、貴重な黒一点。

まさに次世代のホープだね

 

はるばる北海道から参加してくれました。 

 

気づきはエネルギーを解き放ち、

あらゆるレベルで生き生きと生きるのを助けてくれる。

 

ゆっくりと宇宙との繋がり、

水をも漏らさぬサポートが実感できていく。。。

 

 

ちなみに、この写真立てにはたくさんの写真が入ってて、

毎日ランダムに表示されるんだけど、

トートタロット講座の前には、

あら、と気づくと、こんな風にマンガラがいるってのが普通になってる・・・

 

本当に不思議なことだけどねー

今でもサポートしてくれてるんだなあとしみじみ。

ありがたいなあ、といつも思うよ・・・

 

素晴らしいツール・トートタロットと、

あなたならではのユニークな人生を、創造していってねー

 

 〜

直感のタロットベーシック講座

次回講座は、2019年3月(川崎)

4月(鹿児島)を予定しています。

どうぞお楽しみに〜 

 

読みやすく、すぐに使えるトートタロット解説本

 

マンガラ著・伊藤アジータ訳 
大好評発売中

 

 
コメント

新しい占星術の流れ

2018-11-15 | その他のワーク

こんにちは〜

 

今日は趣向を変えて、

森野御土比古さんという人の講座についてのシェアを少しばかり。

 

ご縁あって、

「星と心がつながる講座」という、無料の講座をオンラインで受けてます。

 

 

中学生のころから占星術には興味があったんだけど、

とくに深く学ぶこともなく今まできてました。

 

伝統的な、地球が中心にあって、太陽を含めた惑星がその周りを回っているという、古い天動説的な見方が当たり前だったわけだけど、

 

それが最近、実際の姿である、あらゆる惑星が太陽の周りを回っている地動説的な占星術(ヘリオセントリックと言われてます)

の話を小耳に挟んだ時に、

 

おお、これは面白いと思ったの。

 

だって、それが実際の姿なんだしねーーうん

 

無料講座、いろんな意味で面白い。

 

まったくお金を取らず、

ここまでいろいろな話をシェアしてくれてるのは、

やっぱすごいなあーと思って、

いろいろ刺激を受けてるよ。

 

森野さんの無料講座「星と心がつながる講座」は、

ここから登録できますよ

 

 

私も、どんどんシェアできることをシェアしていこうと思っています

お楽しみに〜 

 

コメント

死ぬこと、生きること

2018-11-04 | 死を超えて生きる

こんにちは〜

 

母の一周忌で名古屋の実家に帰っていました。

 

行きの新幹線では、柔らかい彩雲があちこちに出てるのを、ずっとずっと眺めてたよ。

亡くなった人の、優しい愛情のような色合い。。。

母が亡くなってから、自分の死が細胞レベルでリアルになりました。

別の言葉で言えば、この世のリアル感が薄まって、さらに軽くなったというか。

 

「空」という言葉が近くなったような。。

 

そんな中、なんと法事の前日、

どうやら1日置いて食べたゆで卵に当たったようで、夜中じゅう大変な思いをすることになり、

当日もフラフラ、

その後蛹のように眠りに眠り、

なんだか一皮剥けたみたい

 

 

ちょうどリクエストもいただいたので、

久しぶりに死を見つめ、強烈に生きる瞑想会をすることにしました。

 

お近くの方、興味のある方、ぜひ来てね〜〜

 

OSHOバルド瞑想会

死が近くにあるとき、人は優しくなる・・

死が近くにあるとき、人は大切なものを思い出す・・



これは1年あまり、この大きな霊園の近くで暮らしてきた、私の実感でもあります。



自然が1年のサイクルの終わりを迎え、

木々が黄金に色づく美しい秋の1日、

死をテーマにした瞑想会を行います。



自然が教えてくれているのは、

流れの中へと手を放すこと。

必ずやってくる春を迎えるために。。。


死に向き合うとき、

生は強烈になり、輝きを増すことに、気づくかもしれません。

 

恐れがあっても大丈夫、

その奥にある、大切なものを見つける機会になるでしょう

 


会の前半は、

シンプルな問いかけと、そこから湧き上がるシェアの時間。



美味しいお茶で休憩のあと、


後半はOSHOバルド瞑想。

45分のガイド瞑想です。



「チベット死者の書」で知られるようになった「バルド」ですが、

OSHOバルド瞑想は、あなたの本質である輝く意識の光にフォーカスを当てていく、とてもシンプルなプロセス。

前回と同じく、アジータ訳でガイドしていきます。

どなたでもウエルカム、

どうぞいらしてくださいね

ご一緒できるのを、楽しみにしています

 


日程 11月17日(土曜日)
13:30〜 開場
14:00〜 ハートからのシェアリング 
15:30ごろ〜 OSHOバルド瞑想

会場:スペース「Padmashri」JR南武線「津田山」駅すぐ
(お申し込みの方に、詳細をお知らせします)

参加費はあなたが決めてね

お問い合わせ・申し込みフォーム

コメント

共鳴とシンクロの不思議

2018-10-23 | 直感と気づきのトートタロット

こんにちは〜

 

ブログにおいでいただき、ありがとうございます

 

さて今日は、鹿児島でのトートタロットベーシックコースと、そのあとでの出来事をシェアさせてね

 

タロットがくれるメッセージは、いつもびっくりのシンクロ、

 

鹿児島で講座に参加してくれた、Mちゃんのお話です。

 

 

彼女には、去年ガンで余命半年と宣告された親友がいて、

そのお友達のことを、とても大切に思っているMちゃんは、

我が身を投げ打って、

できる以上とも言えることをして、献身的に看病していたとのこと。

 

その甲斐あって、

春ごろには随分調子も良くなって、

身の回りの整理や、家族との間でし残したことも随分かたづいてきていたらしい。

 

それがこのところ、また具合が悪くなってて、

また入院したって知らせがきたのは、講座の中ばでした。

 

Mちゃんは、直感的に、きっと最後の入院になるだろうなって感じたんだって。。。

 

講座の中で、

カードからアドバイスをもらう時間があったのだけど、

その時、彼女にどう向き合ったらいいのか、タロットに聞いてみることにしたのでした。

 

その時に、出たカードがこの「アジャストメント」

感情移入せずに、距離を置いて見守ってね、というアドバイス。

 

親友のことをとても親身に思う彼女には意外なカードだったけど、

 

出来事に同一化しないで、全体を見守るこのカードからは、

 

彼女の運命を静かに受け入れる、穏やかな意志と配慮が感じられました。。。

 

 

 

 そして、彼女が旅立ったとの知らせを受けたのは、

講座終了後間もなくのこと。

 

その前日にMちゃんは、

病院に面会に行き、穏やかに話すこともできたそうです。

 

 

それから数日たったある朝、

九州ツアーを終えて自宅に帰った私はふと気になって、

 

「このカードのメッセージ、役に立ってるといいね・・・」

と彼女にカードの写真とメールを送ったの。

 

早速来た返事には、

 

彼女は苦しみから解放されてホッとしてるかも、と思いつつも、

最愛の友人の旅立ちに、

やはり気持ちが沈んでどうしようもない、

とあって、

 

なので、彼女との関係性のカードを引いてみた、とのことだったのね。

 

そして送ってくれた写真を見た私は、まさに鳥肌ものだったよ

 

あの「アジャストメント」が、またしっかり出てたからね。

 

ざっくり解説すると、

 

1枚目が表しているのは、彼女の解釈で、

「自分の中で、この出来事を消化しよう、消化しなくちゃと思ってる」んだけど、

 

それに対する、2枚目の、高次元からのアドバイスは、

「ただ見方を変えてごらん、そうしたら問題はないってわかるから」

ってメッセージ。

 

3枚目は、

そのアドバイスに従った結果としてやってくる、今いられる最高の状態。

 

それは手を離して、距離を置いて、静かに見守ること・・・

 

それがなぜ最高の状態なのか、

それを教えてくれてるのが、4枚目のカード、

「彼女の今の状態」のカード。

 

 

これを見れば、

彼女は、大きな流れに運ばれてる、

流れに乗って旅しているってわかるよね。。。

 

 

 

タロットは、

私たちの日常意識の狭い解釈を超えて、 

全体がつながった、広い世界を見せてくれる。

 

だいたいが、

伏せたカードを引いて、

毎度、ちゃんとメッセージが来るってこと自体が、

理解不能、論理を超えたすごいことだと毎回感じるよ

 

 

すべては共鳴し合い、

織物のように相互に影響を与えあっている。


 

そんな視点から見れば、

当たり前なのかもしれないけど

 

 

古い思考から抜け出して、

 

すべては起こるべくして起こってるって見えてくると、

「自分がしゃかりきになってがんばらないと」

って生き方とは違う視野が広がってきます。

 

 

その世界は、深い慈愛に溢れていて、

タロットはその場その場で必要なことを教えてくれる。

 

私も、どれほどカードに助けられているかわからない

 

この素晴らしいツールを、

ぜひ学んでもらいたいし、深めていってもらえたらって、心から思うのです

 

今日も来てくれてありがとう

 

 

11月の講座は9日からの週末4日間。

興味があれば、見てみてね

 

直感のタロット・秋のトートタロット講座

 

川崎「Padmashri」にて

11/9(金)~12(月) 

私が訳してます。名著です

マンガラ著・伊藤アジータ訳
わかりやすいと好評のトートタロットのテキスト
大好評発売中
 
 

 

 

おまけ

秋薔薇の季節。

「生田ばら苑」のお花で和んでね。

 

 

  

 

コメント

豊かさのシェアリング

2018-10-13 | 瞑想・気づきがもたらす変容

こんにちは〜

久しぶりのブログ更新です。

 

昨日は、私の誕生日でした

 

(何回目かは、ご想像にまかせます・・・

 

 

そして鹿児島から宮崎の滞在を終えて、

 

1週間ぶりに川崎の自宅に帰ってきました。

 

さて、この写真、

  

 

 

昨年、母が亡くなって、遺品の整理をしていた時に見つかったものなんだけど、

 

なんとも、仲睦まじいー

 

 

 

父は25年ほど前に亡くなって、

生きている間にはいろいろあるから、ふたりはこんなにあからさまにラブラブって感じではなかったけど、

 

あらためてこんな

姿を見ると、

やっぱり嬉しい。

 

 

彼らが結ばれて、 

私という形が生まれてきたんだなーという感慨、

 

誕生日という日にあらためて見ると、

生きてることの不思議さと感謝に打たれるよ

 

 

 

母が亡くなってから、

 ちょっとしたきっかけで、父の愛情が改めてひしひしと胸に迫るようになった。

 

 

今は、

こんな風に一緒に、

彼方から、こちらの世界にいる私を見守ってくれている感じがしてるんだ。。。

 

 

さてさて今年の誕生日、

私は宮崎の友人の営むステキな天然酵母のパン屋さんで、朝5時に起き、 

パン作りのお手伝いをしてました

 

 

 

じつはこの私、

高校生のころ、

お菓子やパン作りにめちゃめちゃハマってたことがあって、

 

あのころはまだ珍しかった、

バターを織り込んだクロワッサンを自分で焼いたりしてたんだよ。

 

 

大学で実家を離れてからは、

すっかりご無沙汰なんだけどね。

 

 

 

彼らのお店「森のマドゥ・パン」は、

遠くに海も望める高台の、

奇跡のように素晴らしいロケーション。

 

毎日朝日が差し込む工房で作るパンは、

酵母が天然なだけじゃなく、

 

どうやって採算取るのってぐらい厳選された

オーガニックな素材を使ってるの。

 

パンが発酵する香りや、 

焼きたてのパンがオーブンから姿を見せる時のワクワク感、

 

うーん、なんて豊かなんだろね。

 

 

 

 

 

たくさんの種類のパンが焼ける合間を見ながら、

 

冷んやりとした秋の朝の空気の中で、 

丁寧に淹れたコーヒーと、焼きたてクロワッサンで朝ごはん。

 

 

これぞ最高の贅沢よね〜〜〜〜

 

 

 

今回の九州の旅は、

 

鹿児島のステキな古民家で初開催、

 

トートタロットの4日間の講座でスタート。

 

 

 

もちろん、ダンスも欠かせない

 

 

今回のワークは、

存在に運ばれた感満載で、

 

それぞれに、

古いものの崩壊を表す「タワー」を体験。

 

ぱっと見は怖いカードだけど、

一番上に描かれている大きな目が表す気づきの光の元での

大浄化と大きな変容を表すカードなのです。

 

そうそう、

鹿児島入りしたのは、

ちょうど台風25号が通過する直前だったしね。

 

 

 そして最終日のこの笑顔

 

 

 

宮崎の滞在中も、

 

とっても自然な流れで、 

お隣のステキなスペース「ジール」で、3人の方にタロット&数秘のセッションをさせてもらうことになりました。

 

焚き火もできるステキなところ。 

 

内面の世界に光をもたらすワーク、

 

タロットは、なんとなく感じてることを 

目の前にクリアに見せてくれる。

 

 

気づきとともに、 

実際に人生に光と喜びが満ちていくーー

  

こんなに素晴らしいことはないって実感だよ。

 

 

ご縁で運ばれた宮崎、

 

「森のマドゥ・パン」の隣で、

 

「森のタロット屋さん」ができたらいいなーと妄想中

 

 

 

さて、誕生日の夜に、

 

メッセージとしてやってきたカードは「シェアリング」でした。

 

 

自分という存在の豊かさを分かち合うカード。

 

「自分の愛、喜び、笑いを分かち合い、

 

分かち合うことで、自分がさらに満たされていく。

 

あなたの中に、あなたの周りにある、豊かさをあふれさせましょう」

 

それぞれの人がそれぞれの場で自分自身を分かち合うことが、

豊かさの循環を生み出していく

これこそ好循環だよねーー

 

本当に、

ともにあることの豊かさを肌で感じた、

これ以上ない誕生日

これからがますます楽しみ

 

出会ってくれたみんなのキラメキにありがとう

 

 

 

コメント

「パドマシュリ」とはインドの言葉で「蓮のように美しい」という意味。

それは、内に宿る慈愛にあふれた存在。 それは、私たちがひとり残らずたずさえて生まれてきた至福の本性。 このBlogが、あなた本来の輝きを思い出すきっかけになればいいなと願っています。。。 (「海よりも深く、空よりも高く」よりタイトル変更しました)