あべちゃんの写楽生活

撮ることが楽しいのか、楽しいから撮るのか

スポーツモードの誘惑

2013年07月28日 03時46分43秒 | 写真

 

車を買って半年、いっこうに燃費がよくならない。

初めからカタログ通りにはいかないのは知っているが、

もう少しなんとかならないもんですかね。

定期点検の際にホンダの整備士から色々聞いてきたのだが、

なかなかいまくいかない。

 

原因を考えていたのだが、

「これかも」と思い当たることがひとつあったんです。

それはスポーツモードのスイッチなんですよ。

Dsc_0003


私の車はRS仕様なのでスポーツモードというのがあるんです。

アクセルを踏めば加速、放せば減速、という反応が早くなるんです。

ハイブリッド関係なしのエンジン全開モードですね。

 

スポーツモードにするとインパネが赤くなります。

Dsc_0006


「おらおらぁ、いくぜぇ!アクセル踏めよっ!!!」

って言ってるような気がします。

とは言うものの、1500ccですからポテンシャルはたかが知れているのですがね。

なんとも男の子の気持ちを刺激するモードですよね。

こんなことすれば燃費が悪くなるのはわかっているのですが、

高速の入り口やカーブの多い上り坂あたりではつい使ってしまいます。

 

エコボタン(ホンダではイーコンという名称)も使ってみたのだが、

スポーツモードに慣れると、とてもかったるい。

「だったらハイブリッドなんか買うな」

と言われそうですが、やっぱり税金とか考えるとハイブリッドは

かなり魅力だったんですよね。

 

購入に際してはトヨタのプリウスと迷ったのだが、プリウスでは

「車庫に対して車幅がぎりぎりすぎる」

のですよ。

ちょっとラフに入れるとミラーあたりをこする危険があるのです。

これは燃費とかデザインとか云々する以前の重要な問題なのです。

だからFITしかなかったのです。

 

おまけの話。

 

ハイブリッド車にはモーター専用バッテリーが搭載されています。

メーカーでは公表していませんが、だいたい保証は100,000kmくらい

だそうです。

今の車は優秀ですので乗ろうと思えば100,000km以上乗れます。

でも100,000kmくらいで不運にもバッテリー交換になれば数十万円かかります。

今まで浮いていたガソリン代がそこでチャラになってしまう、

という話を聞いたことがあります。

コメント

観音茶屋

2013年07月24日 02時35分13秒 | グルメ

 

今回は西会津町にある観音茶屋です。

国道49号線を会津坂下町から新潟方面へ走っていくと、

西会津町にはいったところで、この町でたった1つの歩道橋のある

交差点があります。

この交差点を左折して「大山祇神社」方面へ進みます。

大山祇神社は地元や新潟の人たちから「山の神」として

信仰を集めている神社です。

 

しばらく進んでいくと、鳥追観音というお寺があります。

このお寺も会津では有名です。

Cimg0407


観音茶屋はその隣りです。

向かい側にラッセル車が保存してあるので、わかりやすいですよ。

Cimg0412


最初のイメージでは新潟方面からの観光客相手の店なのかな、

って感じでした。

江戸時代は西会津町は會津藩の所領ではなかったんですよ。

その関係で新潟方面のお客さんが多いらしいです。

6月中は「大山祭り」というイベントもありますしね。

 

店の中はどうでしょう。

やっぱり団体用の広い座敷がありますね。

Cimg0408


ちょっと不安です。

でも、メニューがちょっと挑発的ですよね?

Cimg0409


いつもの天ざるがないので、ざるそばを注文です。

そばがきました。

Cimg0410


シンプルですね。

写真にはないですが、後でサービスで天ぷらがでてきました。

 

そばのことをいちいち細かく聞くので、大将の登場です。

これもいつものパターンですね。

そば粉は地元在来種で10割、7分で挽いています。

ロール挽きだそうです。

近頃ロール挽きもうまく感じるようになりました。

ロールの機械も進化しているようです。

7分というとずいぶん贅沢なそばに感じますが、残りは

そばがき等に使っているのでムダはないそうです。

 

つゆは最初、 甘いと思いましたが食べ続けていても飽きないです。

想像よりかなりいいです。

メニューが強気なのもうなづけます。

けっこううまいです。

西会津町は味噌ラーメンが有名ですが、どっこい蕎麦もうまいです。

おみそれしました。

コメント

猪苗代ハーブ園

2013年07月20日 00時21分23秒 | 写真

 

先日訪問した猪苗代ハーブ園の作品を発表します。

ただしハーブはほとんどが「草」ですので、その花を

撮ってもあまり絵になりませんので、一緒の場所にある

ローズガーデンの花などが中心になります。

 

場所は猪苗代町の川桁という場所にある「リステル猪苗代」

というホテルの敷地内にあります。

同じ経営者です。

ハーブ園だけ利用することもできます。

入場料は大人300円ですが、一年間有効です。

お金を払うとカードをくれますので、次回からはそのカードを

見せると1年間何度でも入場できます。

地元に近い方はけっこうお得です。

 

マーガレットです。カモマイルとなかなか区別がつきません。

Img_4101


一面のポピー畑です。

ポピー狩りができるようです。

Img_4106


Img_4117


ポピーは花びらの面積の割には茎が細いので、ちょっとの風でも

揺れてしまいます。

意外と撮るのがむずかしいんですよ。

 

コモンマロウというハーブだそうです。

Img_4120


 

看板のラベンダーです。

ちょうど盛りでした。

Img_4118


ラベンダー狩りもできるようです。

でも富良野のラベンダー畑を想像すると当てがはずれます。

というのは、植えてある株の列の間に通路があって、紫の線に

なっています。

たぶん、ラベンダー狩りのために人が入れるように

しているためだと思われます。

それとも栽培上必要なのかな・・・

とにかく、一面の紫というわけではありません。

 

ピンクの薔薇です。品種はわかりません。

さすが薔薇は存在感ありますね。

Img_4094


 

謎の花2種です。

Img_4121


Img_4124


本当は親切にもちゃんと花の名前が看板に書いてあるんですよ。

でも撮影に夢中になると、ついメモるのを忘れちゃうんですよね。

悪い癖です。

コメント

いつかはバカラ

2013年07月19日 06時58分39秒 | 写真

 

客間のダッシュボードに飾るガラス食器を探していました。

すでに江戸切り子のガラス食器はあったのですが、もう一つ

欲しかったんですよね。

できればバカラ、と思っていたんですが高いんですよ。

どれだけ高いのか。

猪苗代町にある世界のガラス博物館では専用のコーナーがあり、

鍵付きケースに入っています。

「ご覧になりたい方は、係員にお知らせ下さい」

との表示があるくらいです。

デキャンタで400,000円するのもザラです。

 

ですからバカラなんて夢のまた夢、程度に思っていたのですが、

先日郡山市のうすい百貨店に行ったとき、食器売り場で

安いバカラを見つけたんですよ。

しかも今年の新作です。

タンブラーで6,000円です。

手が出ない金額ではありません。

即買いしましたよ。

「6,000円でも高いよ、コップだろ?」って言わないでね。

腐っても鯛、安くてもバカラですから。

Cimg0402


売り場のお姉ちゃんはまた買ってもらおうとバカラのカタログ

を私にくれましたが、後はないでしょうね。

 

コメント

イル・レガーロ

2013年07月17日 06時53分35秒 | グルメ

 

今回は裏磐梯にあるイタリアレストランのイル・レガーロです。

場所は五色沼の毘沙門沼の入り口の近くです。

ホテルも併設されていて宿泊もできます。

 

3種類のランチメニューがあるのですが、今回はパスタランチを

選択しました。他にはカルネランチとかもあるようです。

けっこうな人気店ですので、確実に座りたい方は予約をお勧めします。

 

今回は予約して訪問したのですが、正解でした。

お客さんでいっぱいです。

ですので今回は店内写真はありません。

 

パスタランチは1,580円なのですが、ちょっと足りないかもしれないので

マルゲリータピザも同時注文です。

前菜がきました。

20130605121300668


生ハムのサラダです。緑のはピクルスです。

まぁまぁ、うまいです。

トマトのパスタがきました。

20130605123601939


このトマトが半端なくうまいです。

さすが「トマトのパスタ」とうたっているだけあります。

 

マルゲリータピザです。

20130605122309334


トマトがうまいせいか、ピザもうまいです。

生地はクリスピータイプで薄くてカリカリです。

けっこうな量をたべられますよ。

本来、私は固形チーズが苦手なのですが、このモッツァレラチーズ

は問題なくたべられました。

 

私の好き嫌いは変わっていて、ジャガイモも味噌汁やコロッケ、

肉じゃがに入っている物は問題なく食べられるのですが、

固形でサラダに入っている物はダメなんです。

でもつぶしたポテトサラダは食べられるんです。

人間の趣向って不思議ですよね。

 

このほかにデザートとコーヒーが出ました。

ランチとしてはうまいし、値段も高い方ではないので、

裏磐梯に観光の際は利用してはいかがでしょう。

最初に書きましたとおり人気店ですので、できるなら

予約したほうがいいかもしれません。

 

コメント