あべちゃんの写楽生活

撮ることが楽しいのか、楽しいから撮るのか

Android板のAdobe製品レビュー 2/2

2020年10月21日 01時00分00秒 | 写真

  

Androidスマホ、タブレット用にリリース

されているアプリのレビューの2回目。

 

次は、Adobe Photoshop Camera。

最初に、お断り。

このアプリは無料ですが、ブログアップ時点

で、日本語版がありません。

それでもいい、というならどうぞ。

まあ、簡単な英語ですけどね。

あと、インストールできる端末が、限られて

いるらしい。

こんなメッセージが出たら、おとなしく

諦めてください。

このアプリは、ネットに接続されていないと、

起動すらしない。

一口に言うと、「いろんなエフェクトをかけて

くれるアプリ」。

まあ、「お遊び」の範囲から出ないアプリ。

カメラ機能を備えているが、画像ファイル

を選択できなくて、カメラで撮影した

画像しか加工できない感じだ。

間違っていたら、スマン。

率直な感想・・・私は「イラネ」と思いまし

た。

 

最後は、Adobe Photoshop Mix。

 

このアプリは「写真の合成」だけに特化した

アプリである。

逆を言うと、それ以外はできない。

かなりニッチなニーズを狙っているが、はたし

て、どれだけ需要があるか不明だ。

このアプリも「イラネ」と思いました。

なお、インストールして、ちょっと試した

だけなので、完全無料なのか、アプリ内

課金があるのか、わかりませんでした。

すみませんが、各個人で確認をお願い

します。

 

コメント

ニッチなソフトを紹介 2/2

2020年10月20日 01時00分00秒 | 写真

 

前回からの続き。

 

次に紹介するのは、MaxCutというソフト。

木材をカットするための図面を書く

ソフトなのだ。

専門家や業者さんから言わせれば、

「そんなソフト、昔からあるよ」と言われる

かもしれないが、専門外の私から見たら、

とても新鮮なソフトだ。

はっきり言って、最初から最後まで理解

できないソフトだ。

試しに、サンプルデーターを読み込んで

みた。

うーん、よくわからん。

図面を印刷するだけなのか、データー

をマシンに送信して、直接カットできる

のかは、わからないです。

日本語に対応しています。

日本語に対応しているのに、それでも

メッセージの内容がわからない、使われてい

る用語がわからない。

もう手出しできないレベルのソフトです。

ちなみに、コミュニティ・エディションとい

うものがあり、それは無料です。

今回は、このエディションを使って検証

しています。

他のエディションと比べて、何ができて何が

できないのかは、各自で調べていただく必要

があります。

 

次に紹介するのは、プリント基板(PCB)

を設計するソフト。

Altium Designerというものです。

なんとこのソフト、値段が「要相談」なんで

すねえ(笑)。

だいたいこのパターン、とてつもなく「高

い」というパターンです、経験上。

評価版があるので、それで検証。

もっとも、評価版があるからインストールし

てみようと思ったわけで、「とりあえず買っ

てみるか」などとは、決して思わないレベル

のソフトであることは、間違いない(笑)。

 

インストールして、サンプルデーターを読み

込むとこんな感じ。

 

個別のデーターではなく、プロジェクトを、

そっくり読み込みました。

ちなみに、ブルートゥースモジュールです。

実際に動作するのか、サンプルデーターなの

で適当なのかは、わかりません(笑)。

 

ブロック図から実装画面まで、ちゃんとでき

ていますね。

ここで1つ、気がつきました。 

「こりゃ、個人では、ダメだわ」と。

よく見ると、プリント基板が、3~4層に

なっているんです。

個人で、多層基板を作るのは不可能です。

データーを渡して、業者に作ってもらうとし

ても、たぶん、100個、1,000個単位の、ロッ

ト単位の発注になると思います。

仮に、1、2個単位で受け付けてもらえても、

とんでもなく高いものになることは容易に想

像できますね。

最初から、「素人さん、お断り」のソフト

なんですね。

まあ、ほんとに狭い業種でしか使わない、

いわば、専用アプリのようなものは、他の

業種の人から見れば、驚きの連続なんで 

しょうね。

気になった方は、ググってもらって、評価版

あたりを、インストールしてみては、どうで

しょうか。

なにせ、まともに動作させることもできなか

ったので、評価版だと何ができないのかと

か、そんなことは検証できませんでした。

使ってみる場合は、各自で検証をよろしく

お願いします。

 

コメント

ニッチなソフトを紹介 1/2

2020年10月19日 01時00分00秒 | 写真

 

今回は、あまりなじみのないソフトを

紹介します。

 

まず、最初はガーデン・プランナー(Garden

Planner)。

庭を設計するソフトである。

「それなら、ありそうじゃね?」と思われる

かもしれないが、ソフトを起動して、サンプ

ル画像を読み込んだ画面を見ていただきた

い。

およそ、日本の住宅事情にそぐわない作り

である(笑)。

イメージは、ほとんどブリティッシュ・ガー

デン。

いちおう、3D画像で、どんな感じなのか

バーチャルで体験できるようだ。

はたして、これを使う日本人がどれだけいる

のか。

そうだからなのかは、わからないが、日本語

には対応していない。

6ヶ国以上の言語に対応しているのにだ(笑)。

「売れない」と、思われたのかもね。

興味のある方は、ググってみてください。

英語版を使っても、それほど難しい用語は使

っていないので、大丈夫だと思います。

値段は38ドル。体験版あります。

 

次は、ポートレート専用、フォトレタッチソ

フト。

名前は「ON1 Portrait AI 2021」。

なんと読むか、わからない(笑)。

オンワン?ポートレイト・エーアイ?

「AI」なんだから、高性能なんだろうよ(笑)。

簡単に言えば、男はかっこよく、

女性は美しくレタッチしてくれるソフト。

まあ、これくらいはありそうだね。

でも気が利いたレタッチソフトなら、すでに

装備している機能だね。

改めて購入する必要がないという・・・

CyberLinkのPhotoDirectorのガイド

編集とかが、そうだ。

とりあえず、起動してみる。

日本語対応だ。

起動画面に、あえて黒人女性を登場

させているあたり、人種間の微妙な闇を

感じるよね。

日本人には、あまりピンとこないが・・・

たぶん、自動で顔の部位を認識しているの

で、そこら辺がAIなんだと思うよ。

では、いつものように比較です。

まず、顔を細く、両目を大きくします。

左がオリジナル。右が修正後です。

微妙だが、これくらいがいいのかも。

 

今度は、プリセット(あらかじめ登録されてい

る)を使ってみます。

カテゴリーは、「男性」「女性」「子供」の3

つ。

おいおい、ザックリすぎだろ(笑)。

「女性」の「Stong 16-30」というプリセッ

ト。

うーん、これも微妙。

でも、明らかに「いじったな」とわかってし

まうより、性能いいかも。

けっこう、自然な仕上がりだ。

あとは、このソフトがどれだけ需要があるか

だね。

というのも、私のように写真を趣味としてい

る人間は、やっぱり「自分の手できれいに女

性を撮りたい」と思っているわけ。

ソフトの手は、借りたくないのよ。 

レタッチの範囲から外れて、「演出」まで

いっているような感じなのだ、これは。

わずかの差だが、なかなか譲れない

ところなのである。

だって、顔を細くしたり、目を大きくした

り、それって補正じゃないだろ、もう?

そうかといって、逆に、盛った写真が撮りた

いだけの人には、ちょっと難しいソフトなの

だ。

難しいところだね。

興味のある方は、ググってみてください。

値段は7,195円。これも体験版あります。

 

 

コメント

Android板のAdobe製品レビュー 1/2

2020年10月18日 01時00分00秒 | 写真

 

Androidスマホ、タブレット用にリリース

されているアプリのレビューをします。

 

まずは、Adobe reader。

PDFファイルを見るには必須だよね、

無料だし・・・といきたいところだが、実は

見るだけなら、プリインストールのアプリ

で十分なのだ。

ほとんどのスマホ、タブレットには、プリイン

ストールで、PDFファイルを読み込める

アプリが備わっている。

ストレージに余裕がある人ならいいが、

余裕がなく、少しでもアプリの数を減らし

たい人には、けっこう大きい差だ。

実際、私もインストールすら、していない。

 

次は、Lightroom Android。

これは、私がいつも使っているアプリだ。

カメラアプリが備わっていて、撮影してすぐ、

編集、インスタにアップ、メール添付など

フットワークが軽く、機動性に優れている

アプリである。

「どれをお勧めしますか?」と尋ねられたら、

このアプリを推薦します。

 

次は、Photoshop Express。

これはLightroomと、どう違うのか。

決定的な違いは、このアプリはPCを持た

ない人でも、本格的にレタッチできるように

設計されているアプリである。

このアプリは、別売りのケーブルを接続

すると、直接カメラからRAWデーターを

読み込むことができるのだ。

パソコン版Photoshopの簡易版、という

訳ではなく、かなり気合いが入っている

アプリである。

しかし、個人的な意見を言わせてもらえば、

「デジカメのフォトレタッチをしたいなら、パソ

   コンくらい買え」ということ。

やはり、細かいパラメーターの設定、輪郭

の確定、200%、300%に拡大しての

修正など、マウス、ペンタブじゃないと、

細かいレタッチ作業は、難しいのだ。

 

コメント

今日は「丸見食堂」で、ランチ。

2020年10月17日 08時56分38秒 | 写真

 

今日は、地元喜多方市のJR喜多方駅前

にある、丸見食堂でランチを食べます。

 

 

いやぁ、実は今まで知りませんでした。

駅前という、メジャーな場所なんですけど

ね。

「どうせ駅前なんか、ラーメン屋ばかりだ

ろ」と勝手に思ってました。

だって、喜多方市ですからね。

この店、近頃オープンしたばかりではないの

だが、まだまだ、わからないことって多いよ

ね。

この場所は、先日、熊が出て、まだ捕獲され

ていないのだが、その現場から、100mくらい

しか離れていないのだ(笑)。

そして、もう1つ「実は・・・」ということが

あった。

というのは、おしゃれな外観から「イタ飯」

でも食わせんのかな、と思っていたのだが、

中華メイン+カレー、カツ丼などの定番、と

いう、いわゆる「街の食堂」だったのだ。

「だから、食堂って書いてあるだろ」

まあ・・・そうなんだが。

ただ、期待していてガッカリした、という

ことではない。

要は、うまけりゃ、いいのだ。

さて、どうなんでしょうか。

 

何を食うかな。

麺類、丼もの、回鍋肉、点心など・・・

このラインナップで、カレーという選択肢

は、ねえよな。

お得なセットメニュー、ランチセットの類い

もないみたいだ。

回鍋肉を頼むと、ライスは別に頼まなければ

ならないのか・・・

一品料理は、トータルだと、結構な金額

になるな。

よっしゃ「中華丼」に決定。

 

おっ、来たよ。

写真では、味が濃そう(しょっぱそう)に見える

が、案外、そうではない。

具材は、冷凍のシーフードミックスをぶち

込んだ感じ(失礼)。

エビ、ホタテ、イカ、野菜、キノコ類だ。

うんうん、けっこう、うまい。

ただ、残念ポイントが1つ。

私ぐらいの年代にはちょうどいいのだが、若

い働き盛り、学生さんには、ちょっと量が足

りない。

大盛りができるのか、わからなかったが、で

きるのなら、大盛りを考えた方がいいかもし

れない。

しかし、これとラーメンがほとんど同じ金額

なのな。

いかに、ラーメンが高いのかがわかる。

ちなみにもっと言えば、この中華丼、

ガストの日替わりランチ(ご飯大盛り)+

セットドリンクバーより高い(笑)。

物の値段って、何なんだろうね。

とりあえず、ごちそうさま。

 

おまけ

 

セブンで「無料コーヒー」を飲もうぜ。

 

セブンイレブンアプリ限定で配信されてい

る、グアテマラブレンド(R)1杯無料クーポン。

テレビでも盛んに、CMを流しているよね。

こりゃあ、使わない手はないでしょ。

 

通常とは違うマシンらしい。

ちょっと、迷った。

よし、ゲット。

うんうん、うまい。

このキャンペーン、来週までだよ。

来週の木曜日の23:59分までにアプリ

をダウンロードして、会員登録した人に

配信される。

すぐにではなく、金曜日に配信される。

 

 

 

コメント