12の楽しみ!

ここでは色んな楽しいことをランダムにアップしていきます。

木曽駒ヶ岳・宝剣岳 2018夏 後編

2018-09-14 10:46:41 | 

すがすがしい山の朝と景色を楽しみながらも行程は長い。(笑)

西駒山荘を出て、まずは木曽駒ヶ岳を目指す。その後、中岳を通り宝剣岳に登る。

帰りは、濃ケ池を巡り西駒山荘に戻り往路を下山。

 

写真右の道から小さい(?)頂を二つ超える。

 

振り返ると歩いてきた道が見える。左奥の少し尖がって見えるところが行者岩だ。随分来たなあ。

 

朝、この道を歩けたのは良かった。

この時間は登山者も少なく、朝の景色を楽しむなら西駒山荘宿泊がお勧め。天気に恵まれればだけどね。(笑)

やっとのことで駒ケ岳到着。第一印象は広い!

社があり、奥社は御朱印帳、記念品など販売。

 

ここを目指して、稜線を歩いてきた。行者岩があんなに遠い。

 

頂上から360°。最後にアップしたところが宝剣岳。

 

 

眺めを楽しみ、コーヒーを入れて一休みしたら出発。

中岳。

 

段々と人が多くなる。ロープウェイで千畳敷から来ると日帰りでも楽しめるので、子ども連れの家族も多い。

とは言っても3000メートル近いので、それなりの靴や装備は必要。街歩き恰好だと苦労する。(苦笑)

宝剣岳取り付きに来る。ガスってる。晴れるかな。

 

向こう側へ縦走するわけではないので、重いザックは置いてサブザックだけで登る。

鎖場を通過。

 

宝剣岳のテッペンに登る。

 

1人しか登れない。ガスっている。

 

なんてことないように見える。立ち上がりたかったのだが・・・

ガスの切れ間、ここから下を見ると。遥か2000m下が見える。思わずふわっとなる。(怖)

 

 

反対側も。ここへ来る途中、岩の上に人影を見たがよく立ち上がったものだ。

 

岩場を通過、その高度感。(試用版で広告入り・笑)

 

ガスの切れ間。南陵へ続く風景。

 

降りて振り返る。登った。満足。(笑)

 

青空が顔をのぞかせた。カッコイイ!

 

天狗岩。

 

さあ、下山だ。濃ケ池へ向かう。

 

千畳敷ではない、別のカール。

 

雪渓が残っている。

 

登山道は、なかなかの道。狭く急である。登りに使うとかなりきつい。

沢を渡り、少し楽になったところで、何か音が聞こえる。近づいてくる。あ、ヘリコプター。

何度も出入りする。訓練?観光?

 

濃ケ池に到着。

 

どこかの庭園のよう。ここを訪れた人の山ブログにも似たような感想が見られる。

ただ、発想が逆である。この自然にできた庭園風を街中やお寺に作ったのである。こちらが原風景。

全体はこんな感じ。ガスが晴れてれば、青空と山とが重なって見事だろう。

 

池のほとりに。コバイケイソウ。

 

良い山旅ができた。中央アルプス、好きになった。また来よう。

 

エピローグ

 

The End

コメント

木曽駒ヶ岳・宝剣岳 2018夏 前編

2018-09-10 18:36:06 | 

2018年、夏の始まりは早かった。梅雨明けが例年より10日ほど早く酷暑が続いた。

どこか涼しいところへと思い選んだのが中央アルプス。中央アルプスは初めて、瀬戸からだと北アルプスへ行くより近い。(笑)

この登山道からの眺めは最高ですよと推奨されたコースを歩いた。

 

プロローグ

 

車で、登山道入り口まで行けるのはありがたい。しかもすでに標高1200mを超えている。

昔から歩かれている、クラシカルルート。

 

いきなりの山道をジグザグに歩く。水場で一息入れる。ぶどうの泉と呼ばれているが何故にぶどう?(笑)

 

木漏れ日が気持ち良い。

 

さあ、歩こう!

 

植生が変わる。秋もキレイだろうな。

 

高山植物が色々出てくるが名前は分からないものが多い。(笑)

これは、ゴゼンタチバナ。

 

カラマツソウかな。

 

だいぶ登ってきた。今日は頂上までは行かず、西駒山荘まで。時間はある。

 

お花畑。

 

稜線に出たら、遠くに岩が見える。

 

アップ。カッコイイ! 

行けるみたいだが、とりあえずは山荘を目指す。

 

しばらく歩くと山荘が見えてきた。

人影の少し左に水場がある。こんな稜線でどこから湧き出るのか不思議。

 

手続きを済ましても時間が十分ある。サブザックだけにして先ほどの岩へ出掛ける。

大きい! 『行者岩』という。

 

岩だけだと大きさが分からないので、自分が入ってみた。

大きいでしょ。(笑)

 

 

岩上から山荘の方を眺める。中央の山が将棊頭山(しょうぎがしらやま)。山荘はその向こう。

 

行者岩からまだ先に進める。

茶臼山。茶臼ってどこにでもあるんだな。2652m。

 

ここから行者岩を撮影。モノクロがいい感じ。

 

山荘へもどり、美味しいカレーを頂く。

朝、山荘から日の出を眺める。

日の出前。

 

雲海がスゴイ。雲の下は伊那市。

 

日の出。

 

さあ、出発。今日の行程は長い。

 

山荘を出てすぐ、目の前に素晴らしい景色が広がる。富士山!

 

見とれてしまう。

 

まだコマクサが残っていた。中央アルプスのコマクサは薬草として採り尽くされほぼ絶滅したらしい。のちに営林署など人の手によって増殖したとのこと。


なんの花だろう?


しかし、歩いていて疲れない景色。


ついつい、足が止まってしまう。(笑)

 

景色は良く、天気もいい。ただ日差しはきつい。帽子は必要。2500mを超えているのに暑い。(笑)

 

目指す山々が見えてきた。まだ先は長い。

 

360°。アップになったところが目指す木曽駒ケ岳と宝剣岳。

 

 to be continued

コメント

うりぼう?

2018-09-04 11:31:14 | 日記

先日、工房に夜出かけた。『ん? 何かいる?』

 

『なんだ、なんだ !? 並んでいる。』

 

彼ら(?)は、綺麗に横並び、1頭が立ち上がってこちらを見てまた仲良く並ぶ。(笑)

車で近づくと立ち上がって奥へ去って行った。

と思っていたら、数メートル先でまた横に一列に並んで座っている。(笑)

親を待っているのか?

親が出てくると怖いなと思い急いで工房に入った。(汗)

その動画がこちら。

うりぼう?

 
工房周りは山が多く、土を掘り返した痕跡があちこちにある。
 
猪と言うよりイノブタかな。見た目での判断は難しい。
 
朝早くにうろついてるのを見たこともある。
 
夜間は気を付けよう。
 
でも、なぜ並ぶのだろう?
コメント

2018 御在所岳・国見岳 後編

2018-07-25 13:14:47 | 

御在所岳登山を楽しんで、ゆっくりした後、国見岳へ足を延ばした。

 

左の山道に降りていくのだが、これが見事に誰もいない。(笑)

御在所岳の人気とは全く違う静かな山歩き。

国見峠に出る。

 

樹林帯を抜け振り返ると先ほどいた御在所岳。クライミングの藤内壁が素晴らしい。

 

国見岳頂上。展望は岩の上へあがると良い。

 

素晴らしい眺め。

 

今回、カメラのバッテリーが切れててすべてスマホ撮影。

広角レンズを付けてるのだが、周辺がゆがむ。記録程度には問題ないけど。(笑)

 

石門。

 

イワカガミがまだ残っていた。

 

国見尾根を下るのだが、結構なやせ尾根。

木々の合間から岩峰が見える。

 

ゆるぎ岩。左端の岩に乗れるらしいが、乗らなかった。カタリと動くらしい。(怖)

 

かなりの高度感。

 

よく見ると人の横顔に見える。(笑)

 

格好いい!

 

だいぶ下って来た。

 

途中にある。石門のような岩。

 

木のオブジェ。木肌が見事。

 

 

藤内小屋まで降りてきた。無事下山。結局ここまで誰にも会わなかった。(笑)

 

ゆるぎ岩の上からの動画、ちょっとコワイ。(笑)

 

 紅葉の季節もいいだろうな。また登りたい。

コメント

2018 御在所岳・国見岳 前編

2018-07-24 11:29:32 | 

梅雨に入る前、御在所岳に登った。予報は曇りだったがそこは晴れ男、見事に晴れた。(笑)

鈴鹿の山で御在所岳は人気の山である。しかし何故か一度も登っていなかった。

ロープウエイがあり、観光客が多いので避けていた感がある。

しかし今回、初めて登ってやっぱりいい山だった。(笑)

 

車は無料の駐車場に止めて、登山口へ。

 

15分で3合目。身体があったまってくる。

 

開けたところに出たと思ったら、ロープウエイの真下だった。反対側に海が見えるけど割愛。(笑)

 

登山口から25分でおばれ石に到着。

 

デカイ! 登れそうである。しかし結構な高さ。ここで滑ると後が大変と思い登るのを止めた。(笑)

 

ここで、若い女性に声を掛けられる。『写真、いいですか。』日本語と英語、アジアの方のようだ。

軽装である。ここへ行きたいと見せてくれた写真は、地蔵岩。

 

天気良い!鈴鹿でもう一つの人気の山、鎌ガ岳が見える。ここから見るとまさに鈴鹿の槍。

 

おばれ石から20分かからず、地蔵岩に到着。

カップルと手前の女性が先ほどの女性。

 

地蔵岩は向こう側へ周れる。どうやってできたのかと不思議に思う。

 

パンフレットによく見る絵はもう少し登った地点から見える。

アジアの女性にもう少し上で見れますよと声をける。また写真を頼まれ2、3枚撮る。

『どちらの国から?』と聞くと台湾という答えだった。この岩を見るためだけに登ってきたようである。

 

色々話したかったが、そのまま別れて先へ進む。(笑)

パンフレット風に1枚。

 

6合目にキレットがある。ザックを引っ掛けないように下る。

見上げるとこんな感じ。

 

登山口から1時間40分ぐらいで8合目。岩峰とある。

 

あれか!?

 

登山道に花が咲く。タテヤマリンドウかな。

 

だいぶ高度があがってきた。

 

ここまでは、普通に山歩きである。

頂上が近くなる。するといきなり舗装道路に出る。

ちょっと興ざめするが仕方ない。おかげで水洗トイレも使える。(笑)

スキー場も整備されていて冬でも人気のエリアである。

周辺には、サラサドウダン、ベニドウダンが満開。

 

 

頂上まで舗装道を遠回りしてしまい。やっと到着。

 

日差しは暑いが、日陰に入ると風が気持ちイイ。丁度お昼、ゆっくり腹ごしらえする。

この時は6月はじめ、ロープウエイが休止していて、頂上のレストランなどもすべて閉まっていた。

なので観光客はなく、登山者かハイカーしかいない。それでも人気の山で平日にもかかわらずそこそこ人がいる。

ちょっと仮眠し、のんびりした後出発。

 

県境。お隣は滋賀県。

 

望湖台からの眺め。

 

国見岳へ

 

 to be continued

コメント