12の楽しみ!

ここでは色んな楽しいことをランダムにアップしていきます。

黒部峡谷鉄道

2020-11-26 11:06:06 | 

行ってみたい山、トレイルの一つに黒部峡谷下ノ廊下、水平歩道がある。

時々、滑落死亡事故が起こるところ。絶景である。

 

瀬戸からどのくらいの距離感か紅葉を見がてら出かけてみた。

黒部峡谷鉄道、宇奈月駅まで車でおよそ300km、4時間かかる。

休憩入れると5時間コース。遠い(笑)。

ひたすら高速道路を走り、宇奈月駅に到着。予約もできるが当日券でトロッコ電車の切符を購入。

 

 

コロナ対策で定員の半分ぐらい。しかし朝9時の列車は人まばら。特にオープン車両はなおさら(笑)。

1号車(先頭)だったので後ろを眺めるとずーっと車両が伸びている。

リラックス車両は窓付き。予約が多かったようである。

 

 

黒部川水系、発電所建設のための資材運搬用鉄道なので、ダムや関連施設を紅葉の中に見る。

 

 

車内アナウンスは富山県出身の室井滋。オープン車両は時折声がかき消される(笑)。

お城風の建物で洒落ている。

 

 

深い緑の水と紅葉。天気良い!

 

 

ダムができたため猿の移動を補助する猿橋が色々と。渡っているサルを見かけた。

 

 

カーブのたびに車輪が軋む。レール幅が狭くカーブが急なため。

 

 

綺麗だけど、オープン車両はやはり寒い。帽子、ダウンジャケット、手袋にカイロと完全防寒。

下はカッパもはいた。おばさんはダウンコートだった。正解!

 

 

まあ、よく建設したものだ。

 

 

後ろを見ると、長~い。

 

 

雪をかぶった高山を見る。

 

 

この駅で、すれ違いの為スイッチバック。

 

 

ディーゼルではなく、電車。

 

 

この長い列車が終着の欅平駅に到着。動画も少し長い(笑)。

1号車。ホームの一番端に着くので改札まで結構な距離。

 

 

駅を降りて歩き出す。

紅葉も最後かな。携帯にワイドレンズ付けたので画角周辺が変。

 

 

安全のためコンクリートで固められている人喰岩。

 

 

サルが岩の間をジャンプするという猿飛岩。奥まで行けず通行止め、残念。

 

 

川と紅葉と青空が気持ち良い。気温10℃くらいはあるので列車と違い歩くと温まる。

 

 

真っ白な頂き。

 

 

岩が見事だったけど、写真がいまいち。

 

 

この山は?

 

 

光が入れば最高ね。

 

 

300mほどのトンネルを抜けると・・・。

 

 

祖母谷(ばばだに)温泉。観光でここまで来れる。この先は登山となる。白馬岳に通じる。

 

 

見上げると光に透ける葉っぱがキレイ。

 

 

営業の終わった湯舟は、寂しい。

 

 

ちょっとロックバランシング。丸石が浮いているようなシュールな絵。

 

 

あの頂は?

 

 

小屋から奥に入っていくと源泉がある。河原から湯気が立ち上る。

 

 

温泉が流れ込んでいるので、渓谷の川にしては温かい。

 

 

流れてくる温泉は100℃近い、石で囲いを作り川の水と混ぜて足湯を楽しむ。

しかし、源泉はせき止めた上方に流れてくるので常に足を動かいてないと熱い(笑)。

 

 

良いね。こちらが白馬岳か?

 

 

こちらは?

 

 

晩秋の谷はあまり日が差し込まない。

 

 

歴史を感じる。デザインが良い。

 

 

こういう絵を撮ってみたかった(笑)。

 

 

記念撮影用。この前方に団体客用の台がある。

 

 

さあ、帰ろう。ここから瀬戸までまた5時間あまり・・・😂

 

 

祖母谷(ばばだに)温泉から白馬岳へも欅平から水平歩道~下ノ廊下~黒部ダムへも行ける。どちらかと言うと温泉に下りてくるほうが一般的かな。

問題は車の場合、どう動くのがベストかだ。どこかに停めて電車やバス・タクシーなどで移動することになる。登山計画と移動計画を練らないと。あと、縦走するなら体力と日数の確保。休みを取るハードルが一番高い(笑)。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歌詠み 16

2020-11-13 19:56:17 | 歌詠み

秋が深まってきた。久々に歌詠み。

創作活動開始、一首だけ。(笑)。

 

 

 

時満ちて はじけるザクロ 朝日浴び 粒立つ果実 君を思いて

 

 

 

ジョギング途中のザクロ(柘榴)が見事になった。

思わず写真を撮ると印象的な絵になり一首詠みたくなった。

しかしなんとも苦心した。😂

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第73回 瀬戸市美術展

2020-11-05 09:55:53 | 陶磁

先日、第73回瀬戸市美術展が開かれた。

この美術展、各部門の大賞と市長賞に選ばれた人は2年間、無審査で出品できる。

前回、陶芸部門で大賞を頂いたので、今回出品されますかという内容の案内が来た。

せっかくなので出品することにした。

しかし、無審査だから適当に出品したと言われないようにと逆にプレッシャーが(笑)。

 

 

『炭化破れ花器』

 

 

破れ方は作為と無作為の組み合わせ。

ある程度破ってから、全体をほんの少し変形させる。これで本焼きしたらひびが入ることは計算済み。

ただ、どのように入るかは窯まかせ。出たとこ勝負。

運よく立てにスッと切れたお陰で故意に破った部分よりカッコよく見える(笑)。

 

焼き方は、炭化焼成。『還元落とし』とも言う。

電気窯にガス(バナーの炎)を入れて還元を掛ける。1250℃で焼成した後冷却に入る。

冷却中もガスを入れて800℃切るところまで還元する。すると、本体に炭素が入り込む(炭化)。

電気窯の便利なところは冷却スピードをプログラムできるところだ。

ガス窯だと温度を下げながら還元をかけ続ける微妙な調整が必要になり技術が必要。

一酸化炭素中毒にも気を付けなければならない。

 

 

焼き方はそうなのだが、色合いの方はひと手間かける。

本体に2種類の化粧土をリズムよく付けて素焼きする。

その後アルミナ釉1~2種類を刷毛で塗る。

このアルミナ釉は窯の温度では溶けないようにしてある。

なので焼成後、ワイヤーブラシやサンドペーパーできれいに取り除く。

すると下から作品のような色合いが生まれる。

 

難しいのは毎回同じ雰囲気に出ないところ。

釉薬の調整と焼成の兼ね合いは、いつも難しい仕事でどの陶芸家も苦労している所である。

 

受付で名前を言うと、借用書と言うものを受け取った。初めての経験。

 

チラッと見えたオブジェがなかなか立派。大賞候補だなと思って搬入を終えた。

会期中に見に行くとホントに大賞を取っていた。

来年は伝統の仕事にしようかな。完成度の高い作品を目指そう。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

常念岳 後編 2020-10

2020-10-29 11:43:37 | 

時間だ。三俣への下山を決めて小雨の中、常念小屋を出発する。

 

 

歩き始めるが強風にあおられる。テント泊ならどうなるかと言う風である。昨日降りて来たガレ場を一歩一歩登る、バランスを崩すとそのままコケそうになる。時に耐風姿勢を取るほどの突風が吹く。

 

 

常念乗越と言うぐらいだから西からの風が乗越超えて東へと流れていく。ガスと言うか雲は、穂高連峰に沿って流れてくるように見える。多分今は、どの峰も強風だろう。視界があるだけまだましである。

ガスの切れ間に見える青空。風強し。

 

 

何とかガレ場を登り、常念岳頂上への分岐に来た。天気が良ければ槍や穂高をバックに記念撮影するつもりだったが、見上げる頂上は完全にガスの中。時折り人影が見える。上はさらに風が強い。登っても仕方ないのでそのまま前常念に向けて下山を開始する。

 

ここを登れば頂上だが、ガスの中。

 

 

雨はすでに止んでいるが雲は次々に流れてくる。下る方向には山並みが見える。振り返ると雲が勢いよく流れていく。蝶ヶ岳への稜線はずーっと雲の中。もし向かっていても何も見えないガスの中を歩くだけだった。気象、自然のダイナミズムを肌で感じながら歩いてい行く。

 

道端に赤と白の奇麗なコントラスト。白いのはミヤマハナゴケか。

 

強風の中に何か鳴き声が聞こえる。『もしや、ライチョウ⁉』と思うが姿は見えず。そのまま歩き、常念岳を振り返る。ガスの切れ間に頂上現れたと思った瞬間また雲の中。カメラ間に合わず(笑)。

 

 

何気に岩場に目を向けると岩の上にちょこんと何かいる。

『ライチョウだ!』よく見ると少し離れた岩にも1羽。岩影にも1羽と全部で4羽のライチョウがいる。家族?つがい?しばし観察。もう少し近くで見ようと下りてきた道を引き返す。驚かさないようにそっと近寄る。保護鳥だけに人を見ても逃げない。

 

これはメス。

 

 

目の上が赤いのがオス。

 

岩と同じ模様で見分けにくい自然の不思議。

 

ひとしきり観察を終えてそろそろ出発と思って歩き出した時、足元に羽根を見つけた。今、ライチョウは冬毛に生え変わりの時期。その1枚を見つけた。嬉し。蝶ヶ岳には行けなかったけどライチョウに会えた。悪天候も『雷鳥』と言うぐらいだから、ライチョウが出てくるきっかけだと良いほうに思えてきた(笑)。素敵な時間をありがとう。

前常念をバックに1枚。

 

雷鳥

 

 

勝手にライチョウ岩と命名。似ていると思うけど(笑)。

 

 

心配していた岩の濡れは雨が止み強風ですっかり乾いている。風にあおられないように気をつけながら進む。風は場所によっては微風になったり強風になったりしながら相変わらず吹き続けている。

常念乗越の道は、今年開通したばかりの新道。

 

 

岩場を下っていくと登ってくる登山者もいる。前線去った明日は良い天気だろうな。周回はまたの楽しみにとっておこう。

 

 

岩場を降りたところで、軽く腹ごしらえ。昨日の水筒のお湯はぬるくスープ春雨に使ったが芯が残る触感。ひと手間かければよかったとコーヒー用にバーナーを出して湯を沸かす。時折り強い風が吹くので色んなものを飛ばされないようにしていたのだが、コーヒーを入れているとき一瞬吹いた風が食べかけのアンパンを転がしてその袋を持ち去ってしまった。あっという間に空高く消えていった。『ああ、ゴミに・・・。』次回は気をつけよう。罪滅ぼし⁈に抜け落ちたストックの石突を拾って帰った。

雲が湧く

 

熱いコーヒーを淹れて、満足。常念岳とサヨナラだ。後は樹林帯、ここを下れば終わり。樹林帯に入れば風はない。カッパを脱ぎストックを出す。最後にコケないように気を引き締めて無事下山。木の根っこは登りより下りの方が大変だった(笑)。

 

何とも言えない自然の造形。

 

 

またもガスに包まれる。水墨画風。

 

なんとなく常念坊(笑)。

 

一部が切れたけどライチョウの羽根。

 

周回はできなかったけど、いい山旅だった。次回は青空で楽しみたい。😀

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

常念岳 前編 2020-10 

2020-10-24 15:40:44 | 

今年のメインイベント山歩き。常念岳から蝶ケ岳を周回。なので一の沢コースではなく、三俣コースを取る。このコース、日帰りで回る健脚者や山ランナーもいるけど、山の景色や自然からのエネルギーをたっぷり味わいたいので1泊する。でも小屋泊まりだけど(笑)。

常念岳は百名山。蝶ヶ岳は花の百名山。どちらも人気の山である。人気の山だけあって、御嶽山同様こちらも駐車場はいつもいっぱい。平日でも朝5時前にいっぱいになるらしい。現地入りをどうするか色々考え、今回は仕事の後、夜走って車中泊(仮眠)することにした。

着いたのは1時過ぎ。帰る人はもういない時間。上で泊まっているか早めに着いている人たちの車しかないはず。上手くいけば空いているかもしれない。と期待を寄せて駐車場へ。計画成功! 車はやはり多いが、チラホラと空いている。仮眠するのに出入り口近くはざわつくと思い一番奥まで進む。ラッキーなことに1台分開いている。トイレ、水場にも近く好都合。朝まで仮眠だ。

 

さて、前回(参照:御嶽山)くるぶしが痛くなった新靴。100円ショップで各種いろいろ中敷きを買って調整した。しかし足裏全体が上がると前の方が窮屈になる。スノーボードをする知人からヒールを上げて調整すると聞いたので、中敷きを背半分に切って踵部分だけを重ねる。1枚、2枚と重ね、ある組み合わせで3枚重ねた。『よし、痛くない』バランスをとるために右靴にも入れた。中敷きを半分に切ったためちょうど土踏まずのところに段差ができた。青竹踏みみたいな感じ(笑)。まあ痛くないから良しとしよう。今度テーパーのついたものに交換だ。

 

 

明け方近く、ゲートを開けて奥まで入っていく車がある。登山指導のスタッフだ。その前後から続々と登山者が山に入る。今日の予定は、常念岳登って常念小屋泊りだから焦らない。パンとコーヒーを食しトイレも済ましてから出発。

林道を歩いていくと登山届を出すところに来た。先ほどのスタッフがアドバイスもかねて登山届をチェックしている。

 

 

沢に掛かる橋を渡ったところで、蝶ヶ岳と常念岳への道が分かれる。蝶ヶ岳は本流の沢沿いを歩くようだが常念岳の方は右に折れ、支流の沢からすぐ山の中へ入っていく。そこに人が沢沿いに降りて来た。この早朝に下まで降りて来たのか? 挨拶すると開口一番聞かれた『常念岳に行かれます?』。『はい』と答えると『道はどこでしょう?』と、『えっ?』

 

 

登山道は沢から離れて山へ入るのだが、その人は沢沿いに登っていき道が無くなったそうだ。三俣コースは険しいと聞いていたので、こんなものかと思って登って行ったのだがいよいよどうにもならなくなり降りて来たとのこと。道間違い。1時間少しロスしたらしい。まあ、4時台の暗闇で登っていけば間違えそうなところ。まして初めての山であれば自分も間違うかもしれないと思った。迷ったら確認。デジタルとアナログ両方の地図で確認したい。その人は正しい道をそのまま登って行った。

 

 

常念岳への登りが続く。杉林でないだけまだ良いが稜線に出るまでそこそこ掛かる。また、段差が大きく木の根っこなどが露出していて足を高く上げて超えていく。山ランの人がこちらを下りに使うのが分かる気がする。走れないからだ。

 

 

巨樹の倒木も多い。森の更新。

 

 

高度が上がると紅葉がちらほらと見え始める。キレイだ。

 

 

黄色が艶(あで)やか。

 

 

木立の隙間から遠くに蝶槍が見える。

 

 

赤も良い感じ。

 

 

さらに高度を上げる。樹林帯を抜けた。『おー』思わず声が漏れる。前常念が見える。

 

 

振り返ると安曇野の町が見える。

 

 

紅葉が見ごろ。青空が欲しかったな(笑)。

 

 

ここからしばらく岩稜歩きだ。初めてだと緊張すかもしれないが、スパッと切れ落ちているところはないので浮石と岩の隙間だけ注意して行けば楽しい岩場。瞬時に岩を見極めて足の置き場を判断する。新靴のソールがまたよく効く。今までの滑りまくりは何だったのかと思う(笑)。両手も使ってぐんぐん登る。たまに岩場でもストックを出している人を見かけるが、普通に手を使ったほうが楽で安全であると思う。ストックを持ちながら岩を手で押さえて下るのは登るよりリスクが高い。

 

 

ペンキマークを見落とさないように。

 

 

上部に人影が見えた。あそこまで追いつこうと思っていたら途中で出会った。降りてきていたのである。こちらの3人パーティー、確か駐車場で見かけた人たちだ。立ち話をする。日帰りピストンで常念岳の予定が岩場に戸惑って辞めることにしたらしい。避難小屋まではと思ったのだが、天気が微妙なので降りる決断をしたとのこと。天気はガスが湧いて午後から崩れる予報である。今は何とか持っているけどさっき、ぱらぱらと雨が来た。

慣れない岩稜歩きで三俣コースをピストン、天候不安、そして自宅まで帰るとなると降りる判断は正しいかもしれない。山は逃げない。体力は逃げるけど(笑)。

 

避難小屋。

 

 

避難小屋近くのモニュメント風岩峰。近寄りたかったけど手前が崖なので行けない。

 

 

勾配が緩くなり一息つく。まだ岩場は続くが特に問題はない。眼前に常念岳がそびえる。もう少しだ。ガスは相変わらず湧いてくるが、風もあり切れ間に穂高連峰を眺める。いつかは縦走したいな。

 

 

穂高連峰。左端の西穂高岳は昨年登った。

 

前常念より

 

 

うっすらと見えるのは立山(左)と劔岳(右)。

 

 

頂上と小屋への分岐まで来た。明日は常念岳から蝶ヶ岳への縦走だから頂上は明日でもよいのだが、ここまで来たら登っておこう。明日の天気次第では残念かもしれないから。最後の登り、縦走しない人は分岐にザックをデポしていく人もいるが自分は背負ったまま登る。サブザック持ってないかったので(笑)。石ころだらけのガレ場。浮石に注して登り頂上に着く。写真でよく見る祠と常念岳の板。結構重い。

 

 

さっきまで槍・穂高が見えていたのにガスに隠れた。残念!

 

 

蝶ヶ岳へ延びる稜線を眺めながら思いを馳せる。明日は、朝方雨予報だが早く回復することを願う。

 

 

ガスが深くなってきた、常念小屋に向かおう。眼下に小さく赤い屋根が見える。見えてる目標ってなかなか近づかない法則に従ってガレ場をかなり下る(笑)。相方が遅れ始めたが視界には入るので、先に安全なところまで下りザックをデポし登り返す。ザックを預かりガレ場を下る。体力的な問題はケガや事故につながるので様子を見てサポートする。時には撤退も考える。

 

 

小屋まで来ると入り口にアルコール消毒が置いてある。全国的に山小屋は大変である。受付を済ませ案内される。大部屋だがグループごとに間仕切りがしてある。余裕の時間で小屋に入れたので、少しお昼寝。夕食までまだ時間がある。天気が良ければ外に出て一杯やりたいところだが、ガスっていて風も強い。食堂で下界から運んだ缶ビールを開ける。人心地。天気予報は曇りから雨マークになっている。前線さっと通り過ぎてくれないかな。

この日の宿泊客は少なかったのでグループごとにテーブルが分けられた。ソロの人も隣とは十分な間隔で食事。食事中のアルコールは禁止であった。

 

 

就寝するまで暇な時間である。談話室でもマスクのせいで他人(ひと)と気軽に話すのが少し面倒。持ってきたウィスキーをやりながらテレビを見るともなく見る。周りの人は備え付けの漫画を読んでいる人、イヤホンで音楽聞いている人、明日の計画練っているグループと色々。一度、外に出てみる。雲が流れていくその隙間に星が見える。ひょっとすると明日は天気回復するかもしれないと期待を膨らませて早めに布団に入った。

 

夜中に目が覚める。すごい雨風、台風並み。朝には止むのかと思いながら浅い眠りを繰り返す。朝が来た。嵐の後の快晴と言いたいところだが、残念ながら風雨は強い。朝食は5時からだが誰も起きない。しばらく停滞になるのが分かり皆さん遅い。『朝食の準備できてますので、券をもってどうぞ』とスタッフが起こしに来たぐらいである。(笑)。

 

朝食を終えて、部屋に戻る。聞こえる会話のほとんどが一の沢への下山である。午後からは晴れてくる予報であるが、蝶ヶ岳へ向かうかどうか悩む。帰宅までの時間配分からして遅くても小屋を6時には出たい。と思っている間も風雨は続きあっという間に時が過ぎる。蝶ヶ岳は諦めよう。次に考えるのは下山コースだ。車の停めてある三俣へ下るか、時間の短い一の沢に降りてタクシーで送ってもらうかである。相方の調子もいまいち。雨の中の岩場を下るのは少しリスクである。小屋のスタッフから8時半には全員退去をお願いしますと言われ荷物をまとめ玄関先まで下りる。

決めた。三俣へ降りる。雨は時期に止む、岩場も技術的には難しくない。相方の荷を一部背負う、かなり軽くなったようだ。小降りだがまだ雨は降っている。この稜線で雨に濡れるのは危険だ。カッパをしっかり着て出発。稜線にでる。風が強い!体感風速10mを超えている。

 

雨より風である。雲が湧き勢いよく流れていく・・・。続く

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加