12の楽しみ!

ここでは色んな楽しいことをランダムにアップしていきます。

陶芸と山と・・・2

2017-03-13 09:54:41 | 随想

1年前、そう、もう1年も前だが『陶芸と山と・・・』という文章を書いた。

内容は簡単に言うと陶芸と山(登山、クライミング)を楽しんで、それらを生業にしたいというものだ。

1年たって、現状はというと。

山を楽しむという方は、クライミングジムの経営を本格的に始め日々奮闘しているところ。

 

 

登山ではないが、大きく見れば山関係?(笑)

外岩はなかなか行けないが、スポーツクライミングは日々楽しんでいる。

もっとも自営業者(経営者)の立場なので単純ではないが。

 

そして陶芸はというと。

昨年末にグループ展に参加し、半年ぐらいかけて動いたが結果リハビリだった。

 

工房の環境を整えるために『断捨離を!』と思っているが時間が取れないでいる。

時間の使い方が下手だなあと思う。

それでも今年に入って少しずつ制作を始めている。

 

今はまだ、ジム経営を安定させることが重要だと考えている。

1年なんてあっという間である。

来年の今日は制作が進んでいると書いていたい。

 

コメント

あの日から3か月

2016-08-17 07:19:13 | 随想

以前の記事『光陰矢のごとし』のさいごに I'll be back. と書いておよそ3か月。

I have been back.(戻ってきた)(笑)

何が?

こちらです。

 

ほんの少しのとっかかりだが。

どれくらい久しぶりかも分からない、轆轤を挽いたのは。

土も残り物で練習。まずはリハビリだ。

 

錆びついたカンナ。

 

キレイにする。

 

まだ完全復帰とはいかないけれど一歩ずつ進もう。

難しいのは歩みを止めないことだ。

ガンバ!(笑)

 

 

コメント (2)

Artwalkホウボウ2016 始まる

2016-06-04 08:13:01 | 随想
今年はユノネホウボウがない。
しかしArt walk ホウボウはあります。

何それと思われる方、こちらからサイトをごん下さい。

なんだかんだと色々あり楽しめます。

art walk と言えば Downtown Los Angeles Art Walk.かな!?

芸術や創作活動に見て触れて、おいしいもの食べて心身のリフレッシュ!
脳も体も動かしましょう!(笑)
コメント

光陰矢のごとし

2016-05-25 14:39:51 | 随想
前回アップしてからひと月半ほど経過した。
ブログアップがままならないほど動いていた。
気が付けば春はとっくに去り初夏になっている。
まさに『光陰矢の如し』である。

ちなみに光は日、陰は月のことで、月日の経つのは早いことを言う。


で、久々のアップは先月、春を楽しむ山散歩の様子(いつもと同じ、笑)


花崗岩。風化してサバとなり粘土となる。粘土になるまでは数万年の話だが。
岩の年月を考えると人の一生なんてアッ!という間。(笑)


すでに濃い緑になっていると思うが、このころは新緑が綺麗。


岩の歳月よりはずっと身近な木。


春光がまぶしい。




さらに身近なキャラ。(笑)


倒木に新しい芽。


木はどこからでも芽が出る。そして枝となりやがて幹となる。


こちらはシダ類。いっせいに顔を出すので面白い景色になる。


今頃は思いっ切り葉っぱ開いてるのだろう。


桜だと思うのだが、品種は不明。


この枝のもとの木も倒れているのだが、まだ山(地面)と繋がっているので満開になったようだ。
スゴイ生命力。


今年ももうすぐ5か月が過ぎようとしている。
2015年はかなり激動の1年だった。ところが2016年前半も負けないぐらい激動だ。
この後も激動が予想される。(笑)
また陶芸から離れているが必ず戻ろう。

I'll be back.(laugh)



コメント

陶芸と山と・・・

2016-03-12 10:41:50 | 随想
陶芸家になりたい!

と思う人はたくさんいる。

そして自称、他称を問わず陶芸家の方もたくさんいる。

ただ作品だけで生活できているという方はきわめて少ない。

周りで先生と呼ばれている先輩陶芸家の方々を見ると

陶芸教室を運営していたり、各種学校の講師などをしたり

あるいはその両方だったりする。

家族がある方はどちらかの収入が安定していて陶芸ができる環境だったりする。

陶芸をしに瀬戸まで来たものの窯業の工場で疲れ切って自分の仕事ができないというジレンマの人も少なくない。


それを続けていくうちに段々と作品を創りたいのか生活したいのかが分からなくなっていく。

もちろん最初は作品を創りたくて、それが売れて陶芸家になることを夢見るのだが。

そう売れるわけではないことが分かってくると生活のため陶芸関係のアルバイトを始める。

窯屋さんだったり、単発の陶芸講師だったり、そうこうするうちに問屋さんの仕事が回ってくる。

これが曲者で(笑)、確かに新人の頃は色々勉強になるしある特定の技術も身に付く。

しかしそこまでである。

単価は高くない割に時間がとられる。でも仕事しないと収入がない。またもやジレンマ。


そういうジレンマに長い間はまっている自分がいる。

陶芸のための時間がとれない状況。あるいは波がある。

それで自分の生活を見直すために昨年度から断捨離を始めた。

言わゆるシンプルライフというやつだが言うとするとでは大違い。

まずは不要物、使ってないモノの処分。かなり片付いたがまだ段ボールに何箱分かある。

モノを処分すると身も心も軽くなるというのは事実だ。(笑)


次に本当にしたいことの見極め。

自分の場合陶芸以外にもやりたいことが多いもので。(笑)

しかしそれほど迷わずにことは2つに絞り込まれた。

『陶芸と山』

それ以外の趣味はテキトーにする。写真、水槽、自転車、などなど。


好きなことを生業にするのはどの世界でも難しい。

皆それに向かって頑張っている。

諦めずにできるところから一つずつ、一つずつ。


現在、別職で生活しているがなんとかこの希望の生活に移行していくのだ。

と言ってる間に轆轤挽いた方がいいんじゃないのと内なる声が聞こえる。(笑)


ガンバ!



コメント