12の楽しみ!

ここでは色んな楽しいことをランダムにアップしていきます。

光陰矢のごとし

2016-05-25 14:39:51 | 随想
前回アップしてからひと月半ほど経過した。
ブログアップがままならないほど動いていた。
気が付けば春はとっくに去り初夏になっている。
まさに『光陰矢の如し』である。

ちなみに光は日、陰は月のことで、月日の経つのは早いことを言う。


で、久々のアップは先月、春を楽しむ山散歩の様子(いつもと同じ、笑)


花崗岩。風化してサバとなり粘土となる。粘土になるまでは数万年の話だが。
岩の年月を考えると人の一生なんてアッ!という間。(笑)


すでに濃い緑になっていると思うが、このころは新緑が綺麗。


岩の歳月よりはずっと身近な木。


春光がまぶしい。




さらに身近なキャラ。(笑)


倒木に新しい芽。


木はどこからでも芽が出る。そして枝となりやがて幹となる。


こちらはシダ類。いっせいに顔を出すので面白い景色になる。


今頃は思いっ切り葉っぱ開いてるのだろう。


桜だと思うのだが、品種は不明。


この枝のもとの木も倒れているのだが、まだ山(地面)と繋がっているので満開になったようだ。
スゴイ生命力。


今年ももうすぐ5か月が過ぎようとしている。
2015年はかなり激動の1年だった。ところが2016年前半も負けないぐらい激動だ。
この後も激動が予想される。(笑)
また陶芸から離れているが必ず戻ろう。

I'll be back.(laugh)



コメント