千代の思いやり弁当

千代は毎週日曜・祝日105歳のお向かいの方へ思いやり弁当をお届けしています。

8月31日 カルチャーセンター・蘭教室

2012-08-31 23:23:38 | 日記
月の第三金曜日がラン教室です。
8月第三金曜日・17日にラン教室に行きました。
事務コーナーに鎖が掛かっていたのでおかしいなと思いながら教室をのぞきました。
誰もおらず、しんとしています。
帰りのエレベーターで張り紙に気付きました。
12日から17日まで盆休みだったのです。
そして、その代替えが今日でした。

今回は胡蝶蘭と風でひっくり返ったカトレアを植えかえようと持参しました。
先月の教室で「次回は胡蝶蘭を園芸店でまとめて安く仕入れてきますので・・・」
とおっしゃっていたのですが、先生が持ってこられたのは植え込み材料だけでした。

先生は近頃忘れ物が多く、今回はブルーシート・鉢底用ネット一番困ったのは
切り口にバイ菌が入らないように塗る薬。

生徒さんが「前回胡蝶蘭を用意されるお話だったのですが?」とお聞きしても
「はあ~」という感じです。

講習の途中でこの生徒さんのご主人が待ち合わせで教室に入ってこられました。
先生はこのご主人を生徒さんと勘違いされ

「今日はランを持って来られなかったのですか?」と聞かれました。
「いやいや、待ち合わせで。」ご主人が答えました。


蘭の植えかえは永年のキャリアで、お上手です。
生徒さんが持ち込んだランの植えかえも終わり、
先生は「来月は何をしましょうかね。皆さんのご希望がありましたら。」
とお聞きになりましたが、また忘れるだろうと言いませんでした。

ラン教室の日程を把握してなかった私も
気をつけなければ先生のようになるのではと恐ろしくなります。


今回植えかえをしたランです。

 
コメント

8月30日 歯科医院婦人の退院

2012-08-30 20:43:57 | 日記
我が家の裏に3軒のお宅がありました。

相前後して不動産屋に売却されました。

3軒といっても細長い小さなお宅だったので合わせて120坪弱。

この敷地を1軒の歯医者さんが購入され開業しました。

駐車場を大きく取って、朝の9時から夜の9時まで、休診日なし。

若くよく働く歯医者さんと一見思いますが、私にとっては許せない事があります。

というのも、お隣に年長の歯医者さんが開業されているのです。

近所の方は前から開業されている歯医者さんが「お年で閉院するのでどうぞ。」

と申し出られたので開業したそう。なんて聞いてもいない事を話していました。

実体は医院を作り始めてご挨拶に伺いたい申し出があったそうだす。

もうすでに建設されているのですから、お話することはないでしょう。

とお断りされたそうです。

前置きが長くなりましたが、私は歯の治療に古い医院へ通っています。

ここの奥様が3月脳梗塞で入院され8月中旬退院されました。

お嬢様へは早く受付でお会いできるとよろしいですね、と話していました。

今日歯医者さんへ伺うと奥様が受付にいらっしゃいました。

思わず「おめでとうございます。」と声をおかけしました。

奥様は涙ぐみ、「リハビリの方が先生(歯医者さんのご主人)にお願いして、リハビリのためにも

こうして出ています。」とおっしゃいました。

「いいえ、奥様がここにおられるだけでも違います。」私は答えました。

左半身がお悪いと伺っていましたが、受付へ出られるようになるまでには

大変だったことと思います。

また家族の方もめまぐるしい半年だったことでしょう。

健康であること、普通の生活がどんなにありがたいか。

なくしたときに初めて知ります。


夕方お向かいの息子様が「山梨から送ってきました。」
とおっしゃって 葡どうをお持ちくださいました。
いつも珍しい物をいただき恐縮です。




コメント

8月28日 亀ちゃん復帰

2012-08-28 23:56:24 | 日記
フィットネスの亀ちゃん
昨日体操に出かけたら来られてました。
ちょっとまだ顔色が悪く大丈夫かな?という感じ。


病状をお聞きするとまだ爆弾を抱えたまま。
石は16個取ったそうですが、まだ大きいのがふさいだままで、
バイパスを応急処置で作ったそうです。
この大きいのを砕く処置をまたされるということですっきりしません。


これだけ運動をしているのにどうしてなんでしょうね。


「紙には石石ばかりで。」と言われるので何の事かなと思いました。
ご自分の病歴を記入すると石ばかりということでした。

一昨年は日帰りで処置できたのが
昨年は2泊・下半身麻酔だったので帰れなかったそうです。
そして今回は5泊。
だんだん長くなります。

年はとるし体力はなくなってくるし。
体格もよく他に悪いところはないのです。
本当にお気の毒です。 
コメント

8月27日 解体セール

2012-08-27 23:31:21 | 日記
マンションの掃除もあるし、フィットネスもあるし

今日の解体セールは無理かなと思ってました。

午前中仕事がスムーズにいって I デパートの解体セールに行けました。

送迎バスの中で

「マダムシンコの <マダムブュレ> の売り出しが今日で最終日だったが、

ひょっとして12時以降で残っていないかな?」と、思いました。

8階の催事場より先に、地下に直行。

ショーケースの中にまだ <マダムブュレ> があるじゃないですか。

 

「恐る恐る2個ください。」と言うと

「はい、2個ですね。」

「3個でもいいのですか?」

「はい。」

「いつもはお一人様2個でしょ?」

「今日は最終日なので、残ってます。」

ひえ~

朝早く並ばなくても買えました。

腕に3個ぶら下げて解体セールへルンルンで行きました。

解体セールでは、油やかつおぶしなどを買ってとんぼ返りで帰りました。

コメント

8月26日お弁当献立 ・友の 1周忌

2012-08-26 19:56:27 | グルメ
法要のあと和尚様が

「この袈裟は M 様が寄進された袈裟です。
昨年夏、もう長くない命です。
一つお寺へ何かさせていただきたい、と申されました。
お父様も亡くなられた時袈裟を寄進されたとおっしゃったので、お願いしました。
急いで京都の方で作らせました。
間に合いました。お盆のお参りで見ていただきました。
ご自分の命を見つめ見事な最期でした。」と、話されました。

会場を去られた和尚様を追いかけ
「和尚様、袈裟をもう一度見せてください。」と声をかけました。
和尚様は振り返り、両手を広げもう一度会場に戻られました。
他の方も近寄り彼女が寄進された品物をしげしげと見ました。
「これは七丈です。柄は寄進される方のイメージからこちらで選びました。」

彼女のイメージ通りベージュ色の濃淡で上品な柄でした。

「触ってもよろしいですか?」
「どうぞ、どうぞ。」
金の糸が優しく手に当たりました。

病気との闘いは長かったけれど最期はあっという間でした。
あれから1年。
弟様ご夫妻がお葬式からこの1周忌までの法要無事執り行われました。
本当にお疲れ様でした。

お母様が「私は幸せです。お嫁さんが100才まで生きてください。と言ってくださり
 M と一緒よりいいわよ。」

お母様は偉いです。悲しんでばかりは彼女も喜ばないでしょう。
お別れする時「元気でいてくださいね。」
お母様は「3or40年してあの世で会ったら、また親友でいてくださいね。」おっしゃってくださいました。


8月26日 お弁当お品書

1 ターメリックライス
2 ビーフシチュー
3 チキンベジタブル
4 スズキのムニエルアーモンドソース
5 なすの利休煮
6 温泉卵のトマト添え
7 トマトのシャーベット


一品づつでき上がりました

1 ターメリックライス

夏らしいターメリックライス。スープで炊く、炊き込みピラフです。彩りにパセリのみじん切りを散らします。

 


2 ビーフシチュー

バターをたっぷり使ったブラウンソースです。牛もも肉と野菜をとろけるまで煮込みます。

 


3 チキンベジタブル

肉も野菜もフードプロセッサーでかくはんします。生クリームを加えさらにかくはん。ラップフィルムで包んで電子レンジします。



4 スズキのムニエルアーモンドソース

スズキをお刺身とかたまりでいただきました。ムニエルにして、アーモンドソースをかけます。周りにピーマン(赤・青)となすの角切りを炒め散らします。




5 なすの利休煮

なすはすりこぎでたたき、お湯でゆでます。白味噌だしで煮含め、ゴマを加えます。



6 温泉卵のトマト添え

トマトのみじん切りに青ジソ・オリーブオイル・塩・こしょうを加えます。器によそって中央に温泉卵を割りいれます。



7 トマトのシャーベット


かぼちゃのシャーベットと作り方は同じですが、今回は土曜の朝から作ったので何回もスプーンでかき混ぜ、空気を入れることができました。



お弁当に詰め合わせ

お弁当用にターメリックライスを詰めましたが写真をとるのを忘れました。がっくりです。

 





P.M.5:50 お届けしました。

「こんにちは。暑かったですね。」
「先立てはおごちそうさまでした。」
「いいえ、トマトのシャーベットです。冷凍してください。」
「温泉卵は冷やしてください。」
「はあはあ、こんなに作ると時間がかかるでしょう。」
 こんなに沢山作らなくても・・・・」
「いいえ。」
「罰があたります。沢山で・・・・」
「召し上がっていただけるのがうれしいです。」


コメント