千代の思いやり弁当

千代は毎週日曜・祝日105歳のお向かいの方へ思いやり弁当をお届けしています。

1月31日 100歳は不死身

2014-01-31 21:49:07 | 日記
昨日交通事故にあわれたお向かいのおじ様は

どうなったか?

心配してました。

息子様がおっしゃるには

「骨が折れていなかったから良かったです。」とおっしゃっていたものの

何せ100歳ですから。

ところが 2 時過ぎパチパチ剪定ばさみ  の音がします。

マスクをして玄関の植木を刈りこんでいました。

それを見たお寺の奥様が

「不死身です。」

そう、疫病神  の方が逃げていくようですね。
コメント

1月30日 100歳のおじ様交通事故!

2014-01-30 21:43:09 | 日記
木曜日は買い物デーです。

帰ってくると、
環境局の小回りのきく収集車  と軽のパトカー  が
路上駐車してしていました。

何事かと思いながら、荷物を車から家まで運びました。
家の前では警官と環境局の方が状況説明をしています。
と、いうことは お向かいの方に何かあったのでは?

お向かいの100歳のおじ様が門を出た所に
環境局の収集車が通りかかったそうです。
その時、サイドミラーがおじ様の鼻にあたり転倒されたとか。



荷物を家に運び、車を駐車場に停車させて戻りました。
ちょうど息子様が警察の方と話されていたので、
「何かできることはないでしょうか。」とお尋ねしました。
「いやいや、肩から腕にかけて擦り傷ができた程度で、
骨も折れていないので大丈夫です。」


でも、お歳がお歳なのでやはり心配です。
 
大丈夫でしょうかね・・・・
コメント

1月29日 クーチャンの手のしびれ?

2014-01-29 20:17:44 | ヘルス
外見では分からない痛みに悩んでいる
クーチャン。
仕事柄逃れられない痛みに悩んでいる
クーチャン。



フイットネス でステアマスターをしながら
クーチャンが私に尋ねました。

「手にしびれなんかありませんか?」
「朝起きた時右手の3本がむくんだようになってます。」

「左の手が重い物を持った時肩から指先にビリッと 
 電気が走るんです。」
「病院に行ったら MRI 検査を勧められ戸畑のk 病院まで
 行ったんですが、検査だけで半日かかりました。」
「頸椎の骨と骨の間がすり減って神経にさわるんです。
 薬を飲んだのですが肝臓の数値が減って。

「肝臓の数値が減ったら  悪いのですか?」

「いや、数値があがったのです。

「あっ、上がった  のですね。」

「薬をやめたいのですが、一度飲んだらやめられないそうです。」

「そんな~」

「後は手術をするか。頸椎の手術は恐ろしいし。」

 病院の食堂にパート勤めをしている
 クーチャン。
 重い物をもたねばならない
 クーチャン。
 もう重い物が持てなくなったら辞めどきかと思いつめている
 クーチャン。

「金儲けか死に病みか、ですね。」

 この言葉にはクーチャン反応がありませんでした。



コメント

1月28日 歯科治療と魚屋さん

2014-01-28 20:58:47 | 日記
2週間に1度歯の治療に行ってます。
10時の予約ですが、伺うと玄関に3足の靴があります。
だいたい1足か無しなのですが、これはやばい  と思いました。
1人は治療中、2人は待合室です。

カウンターに診察券を出しながら、
前の方の診察券をそれとなく  見ました。

近くの魚屋さんです。

ソファーに腰掛け、その魚屋さんに
「こんにちは。」と、声をかけながら、
「魚市さんて、屋号と思っていましたが
 本名なんですか?」

「そうおっしゃる方が多いですね。」
「ぴったりな名前ですねえ。」
「あまり聞かない名前です。私くらいですかね。」
「長崎に同じ名前の商店街があり、びっくりしました。  」
「ひぇ~?本当ですか?」
ちょうど話が盛り上がった頃

もう一人おられた患者さんに
「今から歯科大にお連れしましょう」と、
歯医者さんが声をかけられました。

タオルを右の頬にあてていた方は  
「いや、今は痛みは取れました。」
「やはり、見ていただきましょう。」

とたんに話をやめ、静かに  なりました。

気分が悪い時大きな声でおしゃべりをし、
悪かったなあと、反省です。

その後、治療中の患者さんが出て来られ
魚市さんが治療室に入り、
それから私。
歯医者さんから帰ったのは2時間後でした。

今日はゆっくりしなさいと、 いう事か。
コメント

1月27日 千代の鬼ごっこ

2014-01-27 21:08:37 | ペット
もう7歳になる千代ですが
まだ遊ぶことが大好きです。

外から窓ガラスをたたき、
「遊ぼう~。」と呼び出します。

外に出ると隠れます。
「千代ちゃん?どこにいるの?」
「あら!千代ちゃん?」
奥から顔をのぞかせます。

コメント