人は気持ちで生きている

「新しい何か」を意識して見つけることで日々は刺激的に生まれ変わる。
草なぎ剛さんを応援しています。

可愛いなぁ

2013-06-30 18:16:46 | 草なぎ剛
その言葉しか出てこなかった。

あなた、間違えましたね。
やっちゃった顔が可愛くて、キュキュンとなりました。
今はゆったりしているからか、本当に元気いっぱい溢れてた。
クルンクルン髪の剛君がニコニコ笑顔で会場を動き回る姿に、
私の身も心も弾み、「可愛い!可愛い!」って一人で言いながら見てました。
それは後で冷静に考えたら、ちょっと恥ずかしくなるくらいでしたけど。
お客さんとの距離、本当に近かったですね。

「音楽の日」
SMAP出演の時間はほぼ予想通りで、しっかり見ることができました。
登場シーンは、「真夏の脱獄者」を思い出しました~。
「Battery」から始まって、全部で7曲歌ってくれたんですよね。
「前に!」は絶対に歌うと思ってました。
番組上欠かせないくらい、メッセージがあって元気づけられる曲ですもん。
メンバー全員一致してたところ、ずっと関わってきたSMAPらしい。
私は、最初の剛君の優しい歌声がとっても好きです。
「夜空ノムコウ」は国民が選ぶSMAPシングル曲の1位ということもあったのかな。
二つの会場を移動してサービス精神旺盛な5人でしたけど、
中居君がちょっと辛そうに見えました。
司会だけでも大変なこと、長丁場お疲れ様でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

分かったこと

2013-06-28 22:50:11 | 草なぎ剛
外国人モデルさんが埋めるページをめくっていった先で、
違和感無く存在していた、端正な顔の男性にため息。

書店に開店10分後くらいに行ったのに最初は見つからなかった。
1冊だけあった『VOGUE』の中身は見られず、
でも買って帰ってみたら、丁寧に二重包装されてました。
買ったのは『STORY』以来ですが、ファッション誌って重いですよね。
そんな雑誌に登場した剛君、
漏れ伝わって来てはいたのだけれど、ホント素敵(*^_^*)
今の剛君なら、セクシーにどんなふうにでも撮れるんじゃない?
いい男だね~^^

雑誌を見た後、仕事から帰って見た「いいとも」
くまちゃんエプロンしている剛君は可愛いのにカッコイイという不思議。

昨日、自分のブログにログインできなくなってしまうという大失敗!
どうにもならなくなってしまって、
もうできなくなっちゃうのかなって、かなり焦ってしまった。
でも、このところ心に余裕がなくなっていたし自分でそうしたってことは、
一度リセットしたほうがいいのかなって思いもしました。
そうするにしても、こんな形ではきちんとそれさえお知らせできないしとか・・・。
一生懸命あれこれ考え、大阪まで記憶をたどり、なんとか無事復活。
そのことにものすごくホッとしました。
剛君のことを思ったり、剛君を通していろんな方とお話できて、
自分を振り返ったりもできるこの空間が好きで、
リセットするのは今じゃないって分かった失敗でした。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雨の休日

2013-06-26 21:20:05 | 日 常
今日は一日中雨・・・。
でも、アニキが来てから初めて一人で過ごす休日。

ということは、観られるー\(^o^)/
でも、その前に来週のためにHDDの整理を頑張りました。
見始めると終わらないのでサクサクッと(とまではいきませんでしたが)
もう少し何とかしたいけど、難しいですね。

本編を見ました。
なんだかスクリーンで観た時と違うところでも泣けちゃったりして、
鼎談で話していたシーンも以前以上に注目したりして、
本編を見るとまた特典映像が見たくなり、するとまた本編が見たくなる。

このところ、仕事が上手くいかなかったり無気力だったりで、
それで主人にも八つ当たりしたりするわけなのですが、
子どもたちが受験で頑張っていた時とか、きっと私も緊張してたんだと思う。
いろいろ落ち着いたらパ~ッと!(何ってわけではないけど)なるかなって、
でもそうはいかなくて、おかしいな~。
今日、アニキを見てたらじんわりと温かい気持ちになった。
囚われないでおこうと言いながら、思い切りアニキに助けられてる。
アニキに逢えて嬉しいし、この役が剛君に来てくれたことに感謝です。
どんな形であってもいい、続編作られてほしい。
役が終わっても、ずっと自分の中に残っていたという剛君、
剛君は、そのアニキにも「バイバイ!」って言えるのかな。
バイバイ!って言えるその時の剛君は、どんな剛君なんだろうか。

昨日ですが、娘の誕生日でした。
必ず家族で祝って来たのに、10代最後の今年はその主役がいないという。
誕生日はピザと決まっていた我が家なので、息子はピザピザ♪言っていましたが、
主役は東京で一人宴会のために、ケーキをなんと3つ、更にアイスまで買ったとか、
そんなに食べといて「明日からダイエットするもん!」というメールに苦笑^^;
さて、今日から頑張っているのか?

雨の中、今日はきゅうりとレタスを収穫!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バイバイ!・・・かぁ

2013-06-24 23:09:30 | 日 常
そうだよね。
剛君だって、生身の人間なのだ。
次から次へと役の人物の人生に命を吹き込んで、
その感情の奥の奥に、自分の本来の感情を沈めたまま過ごした数カ月。
どっぷりと沈んでいた本来の自分に、新鮮な空気をあげなきゃね。

自分の中で過去の仕事を整理して、心に風を通して空っぽに。
役を通していない気持ちはすごく楽って、素直な気持ちなのだと思う。
「いいひと。」で、最初で最後の主役と言った日から、
これほどお仕事と役が自分の中に溜まっていくとは思っていなかったかもしれない。
でも、溜まって来たんだよね・・・。
ここ最近、演じた役が離れにくくなっているとも言っていた剛君。
実際、いいともなどを見ていても私でさえそれは感じていたことだった。
それほどストイックに役を生きるのだから、
本来の自分を取り戻す時間だって、沢山必要なはずなのです。
私もそんな彼を今、しみじみと感じながら、
彼の演じた役にずっと囚われて過ごしてはいけないと思うわけなのです。
でも役は離れられても、SMAPとしてのお仕事はバンバン続いて行く剛君^^
忙しいことに変わりはないですよね。
身軽な40歳を迎える日は彼には来ない!
でも、今のスッキリして草なぎ剛そのままの姿がとても素敵で愛おしいです。

「SMAP率高いんだよ!」と息子が言いました。
何のことかと思ったら、思わず口ずさむ歌のことらしいです。
先日はカラオケに出かけた彼にメールを送ったら、
「SMAPメドレー歌ったらかえるわ」という返信が。
カラオケで歌うためにSMAP AIDで「オレンジ」を何度もリピして練習したんだと!
「オレンジはホントいい歌だ、最高!」
シングル曲ではないけれど、これほど高校生を魅了している歌がSMAPにはあります^^
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ついに

2013-06-21 21:41:11 | 草なぎ剛
来た!
待ちわびた彦一が私の手の中に。
不器用でカッコ悪くて、でも最高に格好良い人。
彼をギュッと抱きしめたくなる。

下井パパさんに会えなくなると同時にやって来たアニキ。
桜吹雪のパッケージと、封入されたポストカードのアニキが素敵。
すぐに見たいけれど、剛君が心血注いだ映画との再会だもの、
落ち着いた時間に、大切にきちんと観たいと思いなおした。
だから、特典映像だけ見ようと。
本編よりも特典映像のほうが長くて、すごく充実している。

監督と風間君との鼎談、良いです。
「ここ好き~。」って言いながらの剛君の言葉がいいんですよね。
うんうんって納得しながら見られるのが何だか嬉しい。
監督の思い、剛君の彦一への思い入れ、風間君のアニキへの愛^^
それぞれの言葉を聞きながら、いろんな挨拶も聞きながら、
本編を見ないうちからなぜか涙が出た。
30代の代表作という剛君、そう言えるものがあるっていいですね。

いいともの剛君、緑と黒。
その色合いが、ふとスクネを思い起こさせた・・・。
スクネにしてもアニキにしても、強い印象と思い入れがあるけれど、
あまり囚われ過ぎてはいけないね。

この前は、仕事で上手くいかなくて主人に八つ当たり。
でも昨日主人が、上司さんからいつも言われたというある話をしてくれました。
その方は大阪に居た時の上司で、私もちょこっと知っているのだけど、
かなり厳しい方で、主人もけっこう凹んでいたのを思い出す。
その話を聞いていたら、自分なんて相当甘い考えをしているなと感じた。
どんな場所に居ても、何をしても、楽なことばかりではないのだ!






コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

正解と完結

2013-06-18 19:51:48 | スマスマ
カッコよくスマッシュ決める姿も見たいけど、
軽々と実況席に強制移動させられる剛君で正解でした。

舞台終わった充実感溢れる綺麗な顔と、
「TV出たいもん!」の可愛い不満だけで十分です^^
その分はちゃんとメンバーが頑張ってくれましたから。
さすがにプロレス実況のようにはいかなかったようですね。
今はもう大丈夫だろうし、他のみんなも酷使していると思うのです。
どんな事も体を張るというのが、彼らの持ち味であるとも思うし。
それでも年齢なんか関係ないではなく、やっぱり無理はしてほしくない。

50音順シングル曲すべて見せますSP、完結しましたね。
「これ好き!」「この歌好き!」漏れてくる剛君の言葉が面白い。
それに、振りやパートのことなどわちゃわちゃ5人の会話も楽しめる、
とっても貴重な保存版になりました。
「胸騒ぎを頼むよ」で、この色珍しいって吾郎さんが言っていましたが、
あの衣装を着た剛君なのです、私が強く印象に残っているのは。
(でも、なんでだろう???)

日本大学文理学部の皆さんとのコラボ、すごく良かったです。
交差とか難しそうなのに、楽しそうに踊りながらすり抜けていく5人。
この歌もいつかは歴史になって、5人の口からどう語られるのか。

父と母がキャベツをいっぱい持って来てくれました。
私が手抜きをしていて、雨で一気に伸びている裏の畑の草を見かね、
さっさと片付けていく両親に、申し訳なく思いながらちょこちょこと手伝う私。
実は昨日、ちょっとばかり虫の居所が悪かった私は主人に八つ当たり。
朝もまだ淀んでいた気持ちを両親に言うことはできないけれど、
偶然来てくれた両親とあれこれ話し、母と散歩したり買い物したりしていたら、
いつのまにかふわふわと消えていきました。
大学生と高校生の大きな子を持つ親になっても、まだ親の存在に和むのです。
その関係はいくつになっても変わらない、自分もそうなれていくのかな。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

待ち遠しい

2013-06-17 20:23:07 | 日 常
剛君は、いまリフレッシュできてるんだろうか。

金曜日には、吾郎さんの舞台を観に行ったようですね。
きっと行くだろうとは思っていましたが、やっぱり^^
いろんな物を見て、いろんなことを吸収して、また次への準備が始まる。
その日がいつなのかは分かりませんが。

ここでは、やっと南果歩さん出演のぷっすま放送で、
剛君やSMAPの活動とはかなり遠いところに居るような気がします。
そのせいか、私はちょっとばかり浮気の浮気をしてます。
普段は剛君一辺倒の私が、今は日曜日の「空飛ぶ広報室」に出てくる空井君に^^
綾野さんのことは、このドラマを見るまでほぼ知らなかったのですが、
いい役者さんだのと思います。
この原作を知っていたので見始めたら、原作以上に純粋で魅力的な空井君。
剛君もメンバーも出演していないドラマで、こんなにハマって見たことあったかな。
このドラマを見ているといろいろ思うこともあって、来週はいよいよ最終回。
原作のように震災のことも描かれているドラマなので、気になります。

この前書いた「若き日の思い出」
主人公の愛する女性の父親の話がいいんですよね。
「人間というものは純粋さを失ったらどこまで迷いだすか分からないものです。
本来の生命というものをどんな時にも見失わない、それが大事なのです・・・云々」
その先も人生は無尽蔵の宝庫との話が続いていて、また読み直してしまいました。

ドラマを気にしつつも、今週にはあの彦一との再会も待っています。
レンタルは始まっているので見てもいいのだけど、
好評という声を聞きながら、あえて浸れる楽しみはじっと我慢 して待つ。
だからって、浮気しちゃダメね~。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ある想像

2013-06-14 22:52:12 | 日 常
可愛い!

クルンクルンの髪とサロペット姿の剛君。
もうすぐサンキューの人とは思えない可愛さでした^^
タモリさんにツッコまれていたクルンクルンの髪、
「湿気で・・・」と言っていましたが、綺麗に仕上げられた髪ですよね。
あの髪でいるということは、まだゆっくりできるということかな。

美術さんの力作でも、やっぱり引き当ててしまう剛君。
今日も罰ゲームになってしまいましたね。
「猫の目~♪」と歌いながらカメラを見る剛君が可愛くて、
しっかり映して、全部聴かせてほしいなって思ってしまいました。

吾郎さんの、シェークスピアや古典をという話からふと浮かんだ話。
武者小路実篤の作品に、「若き日の思い出」というお話があります。
なぜか私はこのお話を何度も読み返します。
昔に買った本で、もう何度も読んだので茶色くなってしまっています。
かなり年を重ねていたはずの武者小路実篤が、
こういう作品を書いているというのがなかなかなのですが。

「友情」などに比べて武者小路作品の中では全然メジャーではなく、
特別ドラマチックな内容というわけでもなく、
「友情」に出てくる主人公と同じ野島という名の内向的な主人公の恋話。
彼はある女性に恋して一人グダグダと思い悩むとてもピュアな青年なのですが、
この役を剛君が演じる姿を何度か想像したことがあるのです。
いつも言うように、若返って見える可愛い剛君ですけど、
年齢は多分、今この役を演じるにはちょっと無理があるとは思うんですよね。
でも内向的な青年も、剛君が演じたらどことなく明るく可愛くなりそうです。
このお話の良いところは、「友情」の結末とは違うということです。
剛君は古典的なお話が似合いそうなので、またそんな役はぜひ演じてほしい。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

いろいろ

2013-06-13 08:32:11 | 日 常
Joy!!で17作、通算28作目の1位、50作連続のTOP10入り。
5枚売りに私は貢献できていませんけど、売れているのは嬉しいな。
盛り上がれるいい曲ですもんね。

スマスマでのライブの剛君がおとなし目と思っていたら、腰痛の時だったんですね。
100キロマラソンの時もそうだけど、痛くても辛くてもお仕事はやって来て、
どんなに笑顔を見せても、映像としては見られなければならない。
だから、口に出して教えてくれているのかもしれない。

SMAPのCD売り上げランキングなるものを見ました。
私の好きな曲はかなり下のほうが多いようで^^;
それは個人の感性ですし、思い入れもそれぞれ違いますからね。
でもライブでも取り上げられず、あまり脚光を浴びない「胸騒ぎを頼むよ」
意外にいいところに居るじゃないですか、嬉しいな^^

昨日の新聞に、吾郎さんのインタビューが載っていた。
中越さんとの二人舞台に挑んでいる吾郎さん。
「日頃消化できない人々の欲望を満たすことができるのが演劇」

役者として、十三人の刺客で悪役を演じたことが転機になったそう。
「こういう役以外はだめとか、主役しかやってはいけないとか、
そういう縛りがなくなり、気が楽になった。」
SMAPは結成25年。
「グループの時は世の中に求められることを意識する。
個人では好き勝手しても、理性を備えたい。
どんなことにも全力で取り組めば、認めてもらえるだろう。と信念を抱く。
「まだやったことがないことがいっぱいある。
演劇ではシェークスピアや古典もやってみたいですね。」

シェークスピアや古典、吾郎さんには似合いそう。
剛君も少しゆとりのある今、いろんな舞台も観に行っているようですが、
吾郎さんの舞台も観に行けるかな。

今日は結婚記念日です。
剛君にどっぷり浮気している私ですが、いつも寛容な主人に感謝です。
今日は二人で仲良く過ごします(*^^*)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

振りかえって見れば

2013-06-11 09:47:39 | 草なぎ剛
「世界に一つだけの花」からもう10年経つんだね。

この歌がビッグになり過ぎて、次のシングルが出せなかった・・・。
正直な気持ちなのかもしれない。
「すぐ出せばよかったんだ」、それももっともな気がする。
あれほど一年を通して、いたる所で聴いた曲は、
SMAPの曲でなくてもたぶん無いのではないか。

私もね、正直言いますと剛君と一緒で初めはそれほどでもなかったのです。
アルバムの中でサラッと聴いていました。
当時幼稚園児だった息子が、「しゅきしゅき」言いながらしつこくリピするので、
何度も聴いているうちに、確かにいい曲だなと思って。
あのままアルバムの中にあったなら、埋もれていたかもしれない名曲。
「僕の生きる道」というドラマがあったから世に出て、
あのドラマの素晴らしさとともに、より輝きを増した曲とも言えると思います。
(追)「Joy!!」が、その世界に~以来の初動売上げ、嬉しいですね。
SMAPのシングル50枚目ということで、過去の曲を聴く機会が多いけれども、
カップリングだったオレンジのように、アルバムにも良い曲は沢山詰まってます。

映像を見ながら話すSMAPの素直な感想が面白いですね。
可愛い子どもの顔もあれば、大人の素敵な顔もある。
長いアイドル生活の中で着た衣装や変化する髪型、様々な会場。
語りだしたら尽きないだろう思い出。
常に「前進あるのみさ~♪」なスーパースターSMAPにとって、
こうして何度も振りかえる機会なんて滅多に無いことでしょうから。

カリスマ講師の皆さんの話、さすが面白くて惹きつけられます。
受験生はこんな雰囲気で勉強しているんだろうか。
先日、今は東京に大半を運んでしまってガランとしている娘の部屋で、
一冊のノートを見つけたので、何気なくパラパラしてみて驚きました。
問題集の答えを書くためのノートだったんですけど、
よくもまぁここまでというくらいビッシリ隙間なく書きこまれて、
わずかな余白に「苦手克服!」とか「眠気に耐えろ!」「あとちょっと頑張ろう!」
自分を鼓舞するように書かれた言葉もあって、
結局塾へ行くことも無く、一人で黙々と受験勉強していた娘。
何も知らず、しっかりしているからと自主性に任せきりだったけど、戦ってたんだな~。
あらためて、努力するということを娘に教えられた。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加