Chimney角屋のClimbing log

基本的にはクライミングの日記ですが、ハイキング、マウンテンバイク、スキー、スノーボードなども登場するかも・・・。

生徒と一緒に

2017-06-23 01:02:19 | フリークライミング

先日、昭島にあるクライミングウォールに行ってきました。スクールの生徒に、コンペで使うような高さのあるルートを登らせたかったからです。やさしいルートでもいいからテンションを掛けずに登りきることを目標にしました。長さに慣れるためです。普段ビッグロックの11台を登っている生徒にとっては、今回登った10台のルートはやさしいはずです。しかしいつも登っている手数より多くなったときに、やさしいルートをやさしく登れるかはわかりません。それに慣れるためのトレーニングをさせたかったからです。

 

 最初は途中で力尽きていましたが、何本か登るうちに普段通り登れるようになってきました。

この生徒は対応能力が高い。

 

さて、最近の私は、自分のためのクライミングをすることが少なくなってきました。

でも、今は生徒を教えることが自分のクライミングになっているからです。

そういう意味では「自分のクライミング」をあきらめたわけではありません。

今はクライミングの理論を一つ一つ確認しながら、それをどうやって子供たちの体にしみこませていくかを考えて登っています。

合理的な動きをいくつか体験させ、状況に合わせてその中からその場に合った動きを再現できるように考えています。

 

もう一ス、指導する人間として考えているのは、たとえ生徒の人数が多くても、充実した指導ができるようになることです。

2~3人の生徒を満足させることは難しいことではありません。でもレベルが様々な生徒5~6人に充実した指導をするのは簡単ではありません。ですが、そのくらいできなければジムからお金をもらって指導する資格はないと思っています。人数が多いからと言って、生徒が満足できない指導しかできないのなら、それは素人指導者です。

まだまだ自分は努力しなければなりませんが、人数を減らして質を保つのではなく、指導能力を上げて質を保ちたいと思います。

 


この記事をはてなブックマークに追加

スクール生と甲府幕岩

2017-05-29 21:56:01 | フリークライミング

今日は甲府幕岩に行ってきました。

月稜会のぼくりんと私のスクール生1名で行ってきました。昼間は5月とは思えないほどの暑さで、私がトライしようと思っていたルートはどれも日当たりがよく、取りつく気になれませんでした。でもぼくりんとスクール生のビレーヤーとして頑張りました。

ジムが中心の生徒で競技を目標にしている生徒ですが、やはりクライミングをする以上、本物の岩は登るべきです。

技術や精神面で鍛えられることも期待できると思いますし、何よりもより創造的で楽しい本来のクライミングが味わえます。

人工的な環境で行われるスポーツに親しむにしても、本来の環境でやってみることは意味のあることだと思います。

水泳選手も海や川で泳いでみたほうがいいと思うし、スキーの選手も自然の山の中で滑ってみるのがいいと思います。

 

ジムで上手に登れる人でも、本物の岩を初めて登ってみると、ジムでできることができないものです。

ホールドが小さかったり、足置きが信用できなかったり。自分でホールドを選ばなければならなかったり。

でも、比較的子供たちは平気でムーブを繰り出します。特に柔軟性の高い子はいつものジムでのムーブを使えます。

スクールに通う子供たちは、初めから効率の良いムーブを身に着けていますから、難しい局面を打開しようというときに、いくつかの選択肢を持っています。それらを試してみようとするのです。

選択肢を持っていない人は、いろいろ試しているようでも、やっていることはムーブではなく、持つところを変えたり足の位置を変えてみたりしているだけで、動き自体を修正しようとしていることは少ないように思います。

リーチのない小さな子には難しいだろうと思ったルートも、大人は使わないような小さなホールドを使って何とかしてしまいます。

本当に驚かされます。

この子たちが極小ホールドを苦にせず登り続けていくと、一流クライマーだけがが保持できるようなホールドを使って登れるようになるのかもしれないと思わされました。


この記事をはてなブックマークに追加

BRジュニアチーム、仲間の大切さ。

2017-05-25 01:06:50 | フリークライミング

今日は「ビッグロック ジュニアチーム」の練習で5名全員が参加しました。

自分の目標に向けて自分で建てた練習計画で行いましたが、最後にメンバーの「足置きが難しい課題をつくってください」という要望に応えてボルダーの課題をみんなでやりました。

足も悪いうえに、1手目の外傾カチでマッチするのが難しい課題です。3級くらいの課題。一人でやっていたらあきらめちゃうかも知れない課題ですが、5人でやるといろいろみんなで考えたり、保護者が考えてアドバイスしたり、5人みんながあきらめません。

これがグループワークです。一人で練習するより、グループで練習する効果はこういうところにあります。

みんなで考えてアドバイスし合う。うまくいったら称えあう。応援する。ほかの人の優れていることを認め、自分の良いところに気づく。今まで気づかなかった自分を客観的に理解する。そのうえで次の目標を立てる。

一人で黙々と練習していても得られない効果です。ジュニアチームは、チームとしてお互いに高めあっていきたいと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

ビッグロックジュニアチーム開始

2017-05-11 00:51:38 | フリークライミング

ジュニアクライミングスクールの生徒の中で、「自主練習をしている生徒」「目標をもっている生徒」「リードクライミングができる生徒」という条件でチームを作り、今日から「ジュニアチーム」が始まりました。チームといっても今は4人。ほかにも声を掛けたい生徒はいるのですが、保護者の方にお話しする機会が持てていないとか、いろいろな理由でまだ4人です。

方針は、「子供たちが自ら目標をもって、トレーニングすること」「指導者と生徒のカウンセリングを中心にして行うこと」「仲間同士の影響力を大切にすること」です。

今日は4人にノートを配り、「将来の目標」を書いてもらいました。

3人はオリンピックへの出場を書いていましたが、一人は「ワールドカップで世界一になる」と書いていました。

目標を忘れることなく頑張ってほしいですが、私も相当頑張らないといけません。

 

次に、もう少し近い目標を考えてもらいました。

「ワールドカップで世界一に」なりたい子は「来年までに5.12aを登るのが目標だそうです。

実によく考えられた目標だと思いました。難しいけど無理ではない。良い目標です。

まあ、目標に良い悪いはないですが、「頑張れば届きそうな目標」を考えています。

 

次回は「目標を達成するために、今やらなければならないこと」を考えてもらおうと思っています。

 

私も子供たちに「頑張れ」といえるくらいがんばる。

 


この記事をはてなブックマークに追加

北ア蓮華岳丸石尾根

2017-04-19 01:29:00 | 山登り・トレラン

4月17日。北アルプスの蓮華岳に行ってきました。丸石尾根からの往復です。今回は月稜会の会山行で、総勢11人で登りました。

扇沢を7時に出発。山頂には12時半に着き、下山したのは15時半でした。最初の計画では日帰り組と1泊組があったのですが、翌日の天気が大荒れの予報だったので、全員が日帰りにしました。針の木雪渓を下る計画は、雪に弱層があったためやめて同ルートを下降しました。

扇沢の駐車場から丸石沢左岸に直接取りつきます。

 

しばらくすると急登になります。4月とはいえ最近まで降雪があり、潜るのでワカンを付けました。

 

2000m付近で休憩。

 

2200mの大地を目の前に登っています。

2200mの大地は気持ちの良いところでした。

 

2500m付近の核心部に向かっているところです。

 

目の前の岩場がこのルートの核心部。

写真ではわかりにくいのですが、結構立っています。

この日は雪に弱層があったため、雪壁を避けて岩場に近いところにルートを取りました。

 

核心部を抜け、鳴沢岳方面を背にしています。

 

稜線を目指して歩きが続きます。

 

稜線に近づくと剣岳が顔を出します。

 

反対方向には槍・穂高連峰が見えます。

しかし天気予報では14時くらいから雨。のんびりはしていられません。

 

12時半に山頂に着きました。

一人だけかぜぎみで山頂をあきらめたほかは登頂。写真には全員写っていませんが。

 

下山は核心部の懸垂下降でちょっともたつきましたが、風雨が強まる前に下山できました。

降りてきて地元の人に聞いてわかったのですが、前日に針の木雪渓上部で雪崩に9人が流されたとのこと。

やはり尾根の往復に変更したのは正解だった。

月稜会も世代交代のため、次の世代のリーダーでやりました。

無事成功でよかった。

 


この記事をはてなブックマークに追加

シーズン初の有笠山フリークライミング

2017-04-10 21:41:51 | フリークライミング

4月10日。有笠山に行ってきました。昨日までの雨が心配でしたが、こちらではあまり降らなかったらしく、当日も天気がよく、岩は乾いていました。ただ気温が低くて午前中は岩が冷たかったし、登っていないと寒いくらいでした。

 

みんなで「旅館有笠」5.10aでアップ。登っているのはいとしゅー。

 

私は「出前一丁」5.12aに。前回一度触りましたが落ちました。

今回は2便出しましたが核心のムーブがつながらず、あきらめました。

 

いとしゅー。「足を開いていけいけ!」5.10d。

オンサイトでした。

 

こぞー君。「とうりゃんせ」5.10c。

 

私。「南の国」5.12a.

難しそうに見えた下部は問題ありませんでしたが、スラブに入るところの2~3手が悪くて、1テン。

でも次は登れそうな感じでした。

 

これも「南の国」

そのほか「予選落ち」5.11a/bはオンサイト。いとしゅーもFLでした。

 

貸きりで楽しく登れました。

次は「気分爽快」もやってみたい。


この記事をはてなブックマークに追加

第3回アッコマンカップ(ジュニアクライミングコンペ)

2017-04-01 01:29:23 | フリークライミング

3月31日。「第3回アッコマンカップ」を行いました。このクライミングコンペは、私が担当するビッグロックスポーツクライミングジュニアスクールとアラジンクライミング、ボルダリングジムポケットが一緒に始めたクライミングのジュニアコンペです。コンペですから順位を競うのですが、誰かに勝つことよりも、たくさんの仲間と励ましあい、応援し合ってよいクライミング仲間を増やし、将来にわたって切磋琢磨していってほしいと願って始めたものです。今回はそれに加えてスピーディー、ZEN、セントラル、ピナクルなどからも参加者があり盛況でした。

クライミングは楽しいし、ビレーヤーさえいれば一人でもできるスポーツです。でも長く楽しみ、より上手になりたければ、良い仲間がいないと続けるのは難しいと思います。これはクライミングに限ったことではありませんが、同じスポーツを一緒に励ましあって続ける友達は大切です。

だから私は「アッコマンカップ」のあいさつでは、「今日競い合う相手はライバルでもあるけれど、将来一緒に競い合いながらも励ましあい、応援し合っていく仲間だ」と訴えるのです。コンペに参加する以上、勝つつもりで頑張らないといけません。でも結果がどうであれ、大切なのは勝ったか負けたかではなく、何を得たかです。まだ先は長いのですから。「これからもがんばろう」という刺激や、良いライバルができたリ、仲良くなった子ができたり、自分が克服しなければならないことがわかったり、自分の良いところに気づいたり、いろいろ得るものはあるはずです。そういうことを目的に始めたコンペです。

今回も、初めてであった友達が頑張っているところを見て、「がんば!」と声をかけている様子を見て、とても感激しました。初めて会う子と友達になったり、コンペが終わってから一緒に片づけをしたり。このコンペでは、これからもそういうことを大切にいていきたいと思っています。

今回良い成績を残せなくても、それでもクライミングを楽しく続けられるというのは、とても素晴らしい能力です。今日勝った子はいろいろ優れた能力があったでしょう。でも負けてもクライミングが楽しいと思える能力は、きっといつかその子を開花させると信じています。

 

今回はかなり全体がレベルアップしていました。

 

思うような結果が出なくても、得るものは多かったと思います。

 

みんな個性豊かです。

 

こういう子たちを見ていると、指導者として身が引き締まります。

本気で彼らの期待に応えられるように頑張ろうと思います。

みんな「自分の夢が叶う」ということを疑わないで行けるように。

いつも楽しんで頑張れるように。

壁にぶち当たったら休んでもいい。投げ出さないように。

 

私自信、この子たちがいると楽しく元気でいられる。


この記事をはてなブックマークに追加

今日のビッグロック日吉は子供たちがいっぱい

2017-03-30 01:06:34 | フリークライミング

3月29日。今日のビッグロック日吉店は子供たちがいっぱいでした。春休みだからかもしれませんが、そのほとんどは明後日の「アッコマンカップ」出場選手の自主トレでした。ボルダリングジム「ポケット」からも大勢来ていたし、わがスクールの生徒も二人来ていました。コンペを前に熱が入っています。

わがスクールの生徒二人。4年生の男の子はリードの強化が目的だったのでしょう。正対が強い子ですが、最近スクールで徹底的にひねりや振りを強化した成果が出てきていました。もともとボルダリングのほうが強い子なので、瞬発的な登りをするのですが、こうやってルートをたくさんやることによって、無駄な力を使わない合理的な登り方を身に着けていっているようです。

もう一人の3年生の女の子は、上手できれいに登る。安定した登りが信条だが、ルートではなかなか思い切ったダイナミックなムーブができない。落ちるのが怖いのだろう。それを克服することが課題なのだが、今日は悪いホールドから一手出すことができた、見事にフォールした。失敗はいくらしてもいい。チャレンジする前にやめてしまうより、チャレンジして失敗したほうが「ナイス!」。

あさってはうれし涙か悔し涙か。どちらでもいいが、精一杯頑張ってほしい。


この記事をはてなブックマークに追加

北海道チトカニウシ山

2017-03-29 01:20:04 | 山スキー

3月27日、北海道のチトカニウシ山に行ってきました。

26日に飛行機で旭川に入り、ホテルにチェックイン。レンタカーを借りるのだが、この時期空きが少なくなかなか見つからず、4件目で確保できた。予約してきたほうがよかったなあ。ほっとしたところでひとり焼肉(ジンギスカン)で景気づけ。

27日、早朝にホテルを出てチトカニウシ山に向かう。登り口は北見峠。ちょっと道を間違えて時間をロスしたが、8時くらいには登山を開始できた。

北見峠から見たチトカニウシ山です。

沢沿いが魅力的ですが、時間的なリスクを避けるため、左の尾根の往復です。

 

登り始めは電柱沿いの林道を登ります。

まさにアプローチといった感じで、面白くない部分です。

振り返ると大雪の山々。

 

林道が終わり、いよいよ山に入ると、それなりにいい雰囲気。

今日は良い天気に恵まれたけれど、雪質は滑るのには向いていない。

古い雪がクラストしていて、スキーでは潜らないがアイスバーン。

新雪には遅く、しまったザラメには早すぎる。

 

高度を上げると眺めは抜群。

ニセイカウシュペ山。

 

数年前に登った大雪の山々。

 

山頂が近くなるとスキーには快適そうな斜面。

 

樹氷も。

 

山頂直下はがりがりかと思っていたが、シールのまま登れる状態だった。

滑りも山頂直下が一番快適だったが、時期によって違うかもしれない。

 

中間部はこの時期クラストしたアイスバーンで快適ではなかったが、雪の質によっては非常に楽しそう。

下りでは多少の登り返しがあって面倒だが、難儀をするほどではなく、一日楽しめました。

 

この山は山頂から沢筋を滑って、思い切り登りかえして帰ってくるコースが楽しいんじゃないかとも思いました。

 

その日は旭川からサッポロに移動し、翌朝の飛行機で帰京しました。

 


この記事をはてなブックマークに追加

ルート図通り登ろうなんて気持ちは更々ないので

2017-03-16 01:43:23 | アルパインクライミング

先日、月稜会の会山行で、八ヶ岳の峰の松目沢に行ってきました。

私がリーダーでフォロワーが2名、3人パーティーでした。

沢に入ると氷はほとんど埋まっていて、アイススクリューは使わずじまい。

それでも2段のまともな氷があり、アイスクライミングらしい滝もありましたが、弱点を登ったのでスクリューは必要ありませんでした。

その上の二股で左を詰めてみたところ、上には氷がなさそう。

クライムダウンして右に。

薄氷と岩のミックスで右俣に入りました。雪壁を登って画像のテラスにつきました。

ビレー点が作れなかったので、後続を肩絡みでビレーします。

 

次のピッチは岩登り。完全にルート図に示されたラインを外してしまっています。

こういう登り方に異論を唱える人がいます。ルート図通り登らないとだめだとか、間違えただとか。

でも、私は峰の松目沢を登っているのであって、その範疇で、自分の目で登れると思ったところを登っているだけです。

決してルート図通り登ろうと思ってはいません。

 

他人の情報を頼りに登ろうとは思わないので、もともとガイドブックやルート図は見ないようにしています。

自分のプライドにかけてそうしているというわけではありませんが、そういう登り方のほうが初登の気分に近いからです。

 

ルート図通りに登ったほうがアイスクライミングは楽しめたかもしれませんが、

やっぱり私は、自分の目で判断してラインを決めたほうが楽しいと思うのです。

私は氷を登るためではなく、山を登るために、氷を登るのですから。

 

今回はあまりアイスクライミングの要素はありませんでしたが、総合的なアルパインクライミングとしてはまあまあでした。


この記事をはてなブックマークに追加