Chimney角屋のClimbing log

基本的にはクライミングの日記ですが、ハイキング、マウンテンバイク、スキー、スノーボードなども登場するかも・・・。

芦安上荒井沢アイスクライミング 最新情報など

2018-01-22 20:36:37 | アイスクライミング

2018年1月22日、山梨県芦安の上荒井沢に行ってきました。

開拓当初からアプローチの林道は崩壊が続き、今回はとうとう桃の木温泉の100m先で崩壊しています。ですから車は桃の木温泉にお願いして止めさせていただき、帰りには温泉に浸かって帰ることにするのがよいでしょう。今までよりも歩く距離は500m位多くなりますが、大したことはありません。

しかしその先の林道も崩壊が進んでおり、数回の渡渉(飛び石)を強いられます。

 

今日は「トリコルネ」が良い状態でした。「カモシカルンゼ」は今年は絶望的です。「マシラルンゼ」も登れそうでしたが、まだ氷結状態が甘そうでやめときました。

今日の目的は、月稜会のこれからを担う3名の特訓。まずは登るためのテクニックに絞って練習しました。きちんとバランスを取ることによりパンプを防ぐ。良い姿勢でアックスを振ることによって、確実に打ち込む。傾斜の緩いところではダガーポジションも使いスピードアップ。一手一足を大きくとれるようになり、効率よく登る。というような内容です。

バランスの取れる場所、言い換えればもう一方の足を自由にできるところに足を置くことが大切です。

 

どんどん上に打ち込んでいきましょう。効率よく登るため。

 

氷にへばりつかずに、背筋を伸ばして胸の前を開ければアックスも打ち込みやすくなります。ひじは顔の前に置き動かさず、ひじから先を鋭く振って打ち込む。足上げはアックスを信じておなかの前に空間を取り高く上げる。蹴りこむ場合はかかとを下げてクランポンの前爪の先端をしっかり氷に立てること。やたらと蹴りこむ必要はない。

昼過ぎに、予報通り大雪になったので、あわてて帰ってきましたが、よい練習ができたと思います。

 


この記事をはてなブックマークに追加

今シーズン最初の雪山 八ヶ岳中山尾根

2017-11-27 21:37:11 | アルパインクライミング

11月27日(月)。月稜会のメンバーのリクエストにお応えして中山尾根に行ってきました。シーズン最初だからもう少し楽なところをリクエストされるのかと思ったが、初めから中山尾根。今シーズンは11月だというのにしっかり雪も積もっているようだから、踏み跡もないだろう。最近、あまり歩いてないし、自分自身にもちょっと不安がある。

美濃戸で仮眠して朝7時少し前に出発。標高を上げていくときちんと雪が積もっている。天気は快晴。朝は寒かったが、日が当たれば快適だろう。

ゆっくり歩いたので、行者小屋に着いたのは9時近かった。ここで装備を付けて中山尾根に向かった。中山乗越からは不明瞭な踏み跡があったが、進むにつれて消えてしまった。取りつき近くではかなりのラッセルになる。10時半くらいに取りつく。

パートナーがリードしたいというので、1ピッチ目をリードさせた。まだ冬壁に慣れていないので時間がかかった。2ピッチ目からは私がリードすることにした。コンティニュアンスを交えてスピードアップを図ったが、雪稜はラッセルになり少し時間がかかった。

1時半くらいに稜線に出てのんびり。天気はいいが、やはり稜線は西風が強い。今日同時に月稜会のパーティーが、赤岳から硫黄岳の縦走に入っていたのだが、彼らの足跡がついていたので楽に地蔵尾根の分岐に進めた。地蔵尾根を下り美濃戸に4時に下山。

脚も1日もって一安心。


この記事をはてなブックマークに追加

愛鷹山を縦走してきました。

2017-11-06 23:18:06 | 山登り・トレラン

11月6日、単独で愛鷹山の縦走に行ってきました。

前夜に山神社の駐車場について仮眠。計画では大沢の登山道から標高お880mで右岸の沢に入り稜線に抜け、位牌岳に登り、鋸岳、呼子岳に縦走し越前岳へ。下って黒岳に登り山神社に戻る計画でした。登山道がないところも歩く計画だったのでロープやスリング、カラビナなども準備して出かけました。冬山に向けての足慣らしのつもりで、冬靴で来ました。

 

翌朝6時30分過ぎに駐車場を出発。

30分ほど歩き880m地点で沢に入ろうとすると、なんとそこには道標があり、登山道がついている。拍子抜けです。

気を取り直して沢沿いの登山道に入りました。

沢沿いの登山道はケルンがいたるところに積まれていてわかりやすい。

計画では途中の二俣を右に入る予定でしたが、登山道は真中の尾根についていたので、登山道を使うことにしました。

 

少し休憩をして、その後は稜線の登山道を進み、8時53分に位牌岳に到着し10分ほど休憩。

風が強くて寒く、ビレーパーカーを着て登りました。

 

位牌岳から先は「縦走路への立ち入りはご遠慮ください」との看板がある。でも出発。

歩き始めてみるとかなり険しく、自分が人を連れてくるとしたらロープは必携だと感じた。

私は山では鎖と梯子は使わない主義なのだが、今回は使わざるを得なかった。

やはりクライマー以外は立ち入らないほうがいい縦走路だ。

 

9時45分、鋸岳に到着すると、6名ほどのパーティーが休憩していた。

みなヘルメットをかぶっているので縦走に行くのだろうか。

ロープなどはなさそうだがヘルメットをかぶっていても、落っこちたらどうにもならないのに。

 

呼子岳ではルートが屈曲するので、ちょっと間違えたかと思った。

「おや!?」と思ったら必ず地図とコンパスで確認する。高度計も使うといいが、まめに修正しながら歩いていないと役に立たない。

10時15分に呼子岳に到着し休憩。

呼子岳から先は危険個所もほとんどなく、楽に歩ける。

 

11時15分に越前岳に到着。風が強く、駿河湾から霧とともに吹きあがってくる。時々視界が開けて沼津や駿河湾が見渡せた。

20分ほどの長めの休憩。

 

黒岳に向けて登山道を下る。

もともとの登山道は深くえぐれているところが多いが、大抵そのわきに新しい踏み跡がついていて、こちらの方が歩きやすい。

登山道を外れることを非難する人も多いが、時々付け直された方が却って保護になるのではないかと思うこともある。

 

下る途中、沢の対岸に午前中に縦走してきた尾根が見渡せた。見るからに険しい稜線だ。

 

黒岳に登りかえして富士山を眺める。12時30分。少し雲がかかっていたがきれいに見えた。

2週間前には冠雪したが、今は全く雪がない。

黒岳からはすぐわきの沢を下ってショートカットしたが、かなり急で歩きにくかった。でもたぶん少し時間を短縮した気がする。

登山道に合流して駐車場に戻ったら、ちょうど1時だった。平日にも関わらず、駐車場はほぼいっぱいだった。

この山は人気があるんだなあ。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ボルダリングジュニアこんぺ「第4回アッコマンカップ」を終えて

2017-10-19 01:07:26 | フリークライミング

今回、第4回となったクライミングのジュニアコンペ「アッコマンカップ」は

38名プラス招待選手の神奈川県強化指定選手2名を加え、定員の40名で開催されました。

 

もともとアラジンクライミングと私の担当するビッグロックで始めたコンペでした。

生徒たちに刺激と仲間を増やしてあげたいという目的で始めたのですが、

ポケットやセントラルなどの生徒も参加し、

今回はポケットを会場に行われました。

 

ポケットのオーナーと優秀なスタッフたちの準備と運営で、楽しく盛況なコンペができました。

今後もさらに盛り上げていきたいと思っています。

 

さて、今回、運営ではポケットにおんぶに抱っこでしたが、名前だけでもチーフディレクターの私が子供たちにお話ししたことは、いつもと同じです。

「みんな今日競い合った人は、ライバルでもあるけれど、これからクライミングを楽しんだり、コンペで頑張っていくとすれば、

今日初めて会った人が、いつか君のパートナーになる。そしてお互いに励ましあったり競い合って、一緒に成長していく友達になるんだ。

そういう可能性はとても高い。」

 

「今日、思い通りの成績が残せなかった人も、それでもクライミングが大好きと思えたら、それは素晴らしい才能だ。」

 

私はこういうことを子供たちに伝えたいのです。


この記事をはてなブックマークに追加

今シーズン初めての湯河原幕岩

2017-10-04 00:42:08 | フリークライミング

10月2日、湯河原幕岩に行ってきました。

私はあまり人の多い岩場は好きではないので、正面壁から左上に上がった方のエリアに、初めて行ってみました。メンバーは私を含め、月稜会の5名でした。

丹沢広場は大きな木を切ってしまったせいか、木陰がなく、背の高い草がぼうぼうと生い茂っていました。「スパイダーマン」さえも取りつくのがうっとうしいほど荒れ果てた状態でした。我々はさらに人の入らないエリアに。正面壁の一段上のエリアも草がぼうぼう。でも比較的きれいなルートもあったので登ってみました。ルート図と比較してみてもどれがどのルートか判然としないのですが、見て登れそうなルートに取りつきました。

登ったのはテラス一番右奥の、カンテを使って登るみじかいルート。5.9くらいですが、足を高く上げるワンムーブが面白かった。★

その左は湿っていて難しそうなので飛ばして、もう一つ左。右のカンテから取りついてスラブに入るみじかいルート。5.10bくらい。見た目より悪かった。

その左隣。簡単そうに見えるが下半分が悪い。オンサイトできず、2便でRP。5.11bか?面白かった。★★

その左の少し長めのルート。下半分は傾斜が緩い。上部はホールドが細かくてムーブもある。「まずい生姜焼き」かな。なかなか面白かった。5.10bくらい。★

 

その左のルート。ひとつ前のルートと出だしは一緒だが、左のカンテのガバホールドを使って登るダイナミックなルート。とても面白かった。5.10Cくらい。★★★

どこを登っているのかよくわかりませんでしたが、「まずい生姜焼き」のあたりかなと思います。登っているのは私ではありません。いとしゅーです。


この記事をはてなブックマークに追加

紅葉の白砂山に行ってきた。

2017-09-27 01:18:03 | ハイキング

2017年9月25日、白砂山に行ってきました。

野反ダム駐車場(7:20)-地蔵山(8:20~8:30)-堂岩山(9:15~9:30)-白砂山(10:15~10:30)-八間山(12:30~12:40)-駐車場(13:15)

白砂山は、以前からずっと登ってみたかった山だった。できればMTBで走りたかった。今回はクライミングのパートナーが見つからなかったので一人で登ることにした。

前夜、東京を出発し、夜中の1時過ぎに野反湖の駐車場に到着。車中泊で仮眠をとり、目覚ましもかけなかったが、周りの登山客の物音で6時半くらいに目覚める。のんびりとペヤングカップ焼きそばを食べてから、売店横のトイレでおなかの準備を整えてから出発。最初の少しだけ登りだが、すぐにハンノキ沢に下り登りかえす。木々も色づいて、山頂付近の紅葉に期待する。登山道はぬかるみも多いが、よく踏まれていて歩きやすい。

歩き始めの登山道

 

地蔵峠という峠らしくないところに、先行の沢屋の集団が休憩している。魚野川にでも行くのだろうか。しばらく登ると地蔵山の山頂らしきところに着き休憩する。先行者と後続が1名づついるようだ。

稜線の登山道

 

地蔵山から下り、堂岩山に登りかえす。先行者を抜き堂岩山に到着。山頂の景色がないので、八間山と白砂山の分岐まで下り休憩。行く先の紅葉が見事だ。この先の猟師の頭あたりに先行者がいるが、やはり写真を撮りまくったいるようだ。

 

気持ちよさそうな大地が広がっている

 

この先もアップダウンがあるが、紅葉を楽しみながら歩くと苦にならない。しかし猟師の頭を過ぎると10人以上の団体が先行している。狭い稜線の登山道で気が滅入るのは団体登山者だ。煽るのも気が引けるし、気が付いてくれないと時間がかかるし、私自身も大勢での登山は楽しいが好きではない。でもこの先行軍団はしっかりしている団体で、最後尾が私に気が付き、前のほうに声をかけ、追い抜かしてくれた。

 

紅葉が見事だ。

 

早くも下山する登山者2名とすれ違い、山頂に着くと先行していた登山者1名がいて、お互いに記念撮影しあった。出発から山頂まで2時間55分かかった。紅葉が素晴らしすぎて写真を撮りまくっていたので、少々時間がかかってしまった。しばらくすると例の団体がやってきたので早々に下山準備、山頂はあまり広くないのだ。

山頂

 

白砂山と八間山の分岐に戻り、八間山に向かう。この登山道はおおむねなだらかで歩きやすい。岩場もガレなどもほとんどなく、MTBで来ればよかったと思う。今日はトレランシューズなので、走れるところは走ってみる。白砂山の手前ですれ違った登山者を追い抜き、気持ちのいい登山道を進む。最低鞍部で休憩し登りかえす。全体を通して足にやさしい登山道なので疲労が少なくペースも落ちない。八間山に12時30分に到着し、10分ほど休憩。山頂は開けているので遠景は素晴らしい。ただ足元は笹や低木に覆われているので、野反湖は見えない。下山を開始すると直後に野反湖が見えた。下り始めの少しだけ足場が悪いがすぐになだらかな走りたくなる登山道になる。平たんな部分の多い登山道を下ると、不意に車道に飛び出した。車道を少し歩き、13時15分に駐車場に戻ることができた。

八間山への登山道から

 

八間山山頂

 

八間山山頂直下から野反湖を見下ろす。

 

今年は紅葉が少し早いのだろうか。ここまで美しい紅葉が見られるとは思っていなかった。野反湖は人造湖だけれど、このロケーションも素晴らしい山だった。山の奥深さが感じられるのもいい。周辺の沢も興味深いので沢登りで登っても楽しいかもしれない。

 


この記事をはてなブックマークに追加

五葉山(北上山地)

2017-08-22 20:40:45 | ハイキング

2017年8月21日、北上山地にある五葉山に行ってきました。

前日に、ボランティアで訪れていた宮古を久しぶりに訪問し、そのついでに手軽に登れそうな五葉山を選びました。この日の午後には北上で用事があったので、午前中だけで登らなければならなかったのです。

東京でも8月としては記録的な長雨でしたが、こちらでも変わらず。この日もわずかな天候回復が期待されたのですが、ふたを開ければやっぱり雨でした。

赤坂峠の登山口を7時20分に出発。鳥居の横から登り始めます。

 

明るく緩やかな歩きやすい登山道です。良く整備されています。

 

しっとりした樹林の中も、相変わらず歩きやすい。

 

20分も歩くと3合目の賽の河原というところに出る。、これだけ遠望が利かないと何となく山頂付近の趣がある。

 

さらに少し進むと畳石というところに着く。広く平たんな場所でベンチもあり、休憩場所によさそうだ。

 

畳石から先は少し急こう配になるが、つらいというほどの傾斜でもなく、気持ちよく歩ける。雨でなければもっと気持ちいいはずだが。

 

8合目付近か。周りが開けて明るくなる。平たんな山頂の一角に出たようだ。

 

しゃくなげ小屋という小屋が現れた。

 

大変きれいな小屋でした。泊まってみたい。(後で聞いた話、この窓から海も見えるんだって)

 

山頂近くのところにはこんなのもありました。この右わきを通って進むと間もなく山頂。

 

山頂に着きました。三角点もあった。でも地図を見るとここが最高点ではないらしい。最高点に登るためにさらに進む。

 

最高点はさらに進んだ岩のピークでした。セルフタイマーで取ったけど、岩の上に立つ前にシャッターが下りてしまった。

 

五葉山は植生豊かな気持ちの良い山でした。登山道も歩きやすいし、山頂からはもちろん、登山道の途中からも眺めがよさそう。雨さえ降っていなければ。

ちょっと行程が短すぎるが、そんな山の中では素晴らしく楽しい山だろうと感じました。

下山は雨も大粒になってきたので、わき目も振らずにおり、10時20分に駐車場に到着。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

アウトバックのクルーズコントロールがらくちん

2017-07-18 22:05:13 | SUBARU AUTOBACK

 

 

 

よく山に行きます。出発はだいたい夜中。早くついて仮眠をとりたい。そして山を楽しんでからの帰り道の運転を考えると、できるだけ車の運転は楽なほうがいい。

XVのクルーズコントロールには助けれましたが、今度のアウトバックC型はさらに楽になりました。単一車線中央維持機能というのは、同じ車線を走っている限り、半自動運転といえるでしょう。スバルはあくまでもドライブアシストであり、「自動運転」という言葉は使っていませんが、先行者と車間を保ちながらステアリングも操作してくれるので、とても精神的にらくちんです。でも、全く人間が操作にかかわらなくなると警告してくるので、寝ててもいいわけではありません。

渋滞にはまった時のクルーズコントロールには助かります。XVのコントロールは完全に停止してしまうとフットブレーキを踏まなければならなかったのですが、アウトバックC型では、停止すると自動的にサイドブレーキが利いて「ホールドモード」になるので、足を使う必要がありません。再スタートは親指でスイッチを操作数るだけです。これはとても楽。

 

遠くまで遊びに行く人には、とても頼りになる車です。


この記事をはてなブックマークに追加

アウトバックで実家に行ってきた。

2017-07-07 01:03:15 | SUBARU AUTOBACK

先日、納車されて3日目。実家の長野に帰省してきました。往復450kmくらいですが初めての高速道路、そして半自動運転を試せました。この機能はとても疲労軽減に貢献します。

しかし今回は基本性能についてだけコメントします。

まず、トルクとパワーには不満なし。アクセルを踏んだだけ加速してくれます。これは発進の時も再加速の時も必要十分。

ハンドリングもXVと同じ感覚で操作できる。ハンドルを切った分だけ素直に曲がってくれる感覚だ。ⅩⅤよりも大きくなって重くなっても、同じ感覚で運転できるというのはスバルならでは。オンザレール感覚。

そして静粛性はXVにくらべて格段に高い。XVでは一般道から高速道路に入ると、音量を上げないとオーディオを楽しめなかったが、アウトバックなら同じ音量で楽しめる。

何よりも乗り心地がいい。高速道路の継ぎ目など軽くいなしてくれる感覚だし、音が静かなのは乗り心地にも影響している。シートもよくなっている感じがした。XVの時よりも私の体にはフィットしていて疲れがない。

帰りは大渋滞にはまったが、それでも燃費は13km/l以上だからXVに対して遜色はない。

最後にちょっと不満点。収納スペースが少なくて、いつも車内に備えておくべきものが収まらない。サングラスも、収納スペースがあるのですが、顔にフィットする湾曲したフレームの物はそのスペースに収まらない。残念です。

あと、他社の同じクラスの車にくらべると、インテリアはもう少し頑張ってほしいとも感じます。静粛性のいい車なので、基本はいいのです。特に樹脂を使ってある部分についての質感は高めてほしい。アウトバックは質実剛健でありながら、ますますエレガントな方向を目指してほしいと思うのです。


この記事をはてなブックマークに追加

納車

2017-07-01 01:45:36 | SUBARU AUTOBACK

今日納車になりましたスバルのアウトバック。XVからの乗り換えです。

XVはリアの元気なデザインが好きでしたが、アウトバックはフロントのしっとりとしたデザインが気に入りました。

アウトバックは「エレガント」な車です。

「でかくなりすぎた」という人が多かったアウトバックですが、見直されているようです。

私もアウトバックはもっともっと高級感を出して言ってもいいと思っています。クラウンになんか負けない高級感があってもいいと思います。

なぜならば、スバルは質実剛健な車、元気のいい車はほかにもあったわけで、それらはその分野で評価が高いのです。

ただエレガントで、室内でリラックスできる、乗っていて「おしゃれ」に思える車はほしかったのです。

 

私もパンクロックを聴きながら、フォレスターやXVに乗ってきましたが、

これからはジャズやクラシックを聴きながらアウトバックに乗りたいと思います。

 

今日は納車後、近所の町中を給油がてらに流してきました。

 

まず感心したのは、アイドリングストップ後の発進が格段にスムーズなこと。これならアイドリングストップをオフにする理由はありません。

 

次に感心したのは加速感がXVよりかなり良くなっていること。イメージ的には、もっともっさりしているのかと思っていましたが、アクセルワークに実に忠実で、発進だけではなく、再加速も気持ちよかったです。

 

静粛性はXVとは格段に違う。最新のⅩVとの比較ではありませんが、室内の静かさは気に入りました。

 

運転のしやすさはXVと同じ感覚で運転でき、良い意味でスバル車は、どの車に乗っても同じ感覚で運転できる。違和感がない。

よくデザイン的にメーカーの統一的なイメージを持たせていることはありますが、運転感覚が統一されているのは素晴らしいと思います。

 

また続きをレポートします。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加