Chimney角屋のClimbing log

基本的にはクライミングの日記ですが、ハイキング、マウンテンバイク、スキー、スノーボードなども登場するかも・・・。

「Simpleに生きる」

2015-02-21 01:01:14 | 日常

 今日は午後にまとまった時間が出来たので、車を洗い、クライミングスクールのパンフレットを作り、銀行に行った。

 洗車しながら思いだした言葉。若くして山で亡くなった仲間が良く言っていた言葉だ。「人生のテーマは『生き方をSimpleにしていくこと』です」。彼は良くこの言葉を口にしていた。

 私はめったに車を洗わない。洗わなくても走るからだ。私は車を洗いながら「本当に今日しなければならないことは車を洗うことだろうか?」と考えた。では車を洗わずに何をするべきなんだろう。「きれいな靴を買いに行かなきゃ。」「いや、まだ今の靴で大丈夫。」とか、「そろそろ部屋を片付けたほうがいいんじゃないか。」「いや、そんなに散らかっていない。」とか、「そうだ!銀行口座の残金はどうなっているんだろう」「これは確認しなくちゃ。」とか、「クライミングスクールのパンフレットを新しくした方がいいんじゃないか。」「これは今日中にやろう。」とか。「でも本当はもっと他にしなけりゃならないことがあったんじゃないか。」とか。

 そういう訳で、洗車は適当に切り上げ、優先順位をつけてパンフレット作りを済ませ、銀行に行ったのです。

 「Simpleに生きる」ことをテーマにしていた友は、どんな生き方を考えていたのだろう。彼は山登りとクライミングを覚え、カナダに移住した。山岳ガイドの資格を取り、山やクライミングジムで仕事をし、結婚もした。しかし、日本にいた時より、生活は随分「Simple」になっていただろう。本当に身の回りにおきたいものだけをおいて、そうでない物は欲しがらない生き方をしていたのだろうと思う。

 私はどうか?今のところ「Simple」とは対極にいるように思える。必要であるのかないのかわからない物を身の回りにおき、いろいろなことに顔を突っ込み手を出し、なくてもよいものを捨てられず、それでもまだいろいろなものを欲しがり、とりあえずこの現状を維持しようとしている。

 「なくても良いものは捨て」「必要でない物は欲しがらない」。本当に自分にとって必要なものだけを残すようにしていったら、一体自分には何が残るのだろうか。そしてどんな自分になるのだろうか。そう考えてみると答えは出てくる。必要なものは、そう多くはないし、どうしても手に入れなければならないものもない。今の自分には有り余っている。

 わかってはいるのだが、難しいテーマだ。

コメント

八ヶ岳阿弥陀岳北西稜

2015-02-18 01:56:04 | アルパインクライミング

2月16日。八ヶ岳の阿弥陀岳北西稜に行ってきました。

今回のパートナーは月稜会のくみちゃん。まだまだ実力的には不十分ではありますが、やる気と伸び代は十分なので一緒に行きました。

天気予報は無風快晴でした。結果的にはその通りだったのですが・・・。

前夜に美濃戸に入りました。途中の林道では、行く手にスタックした車が・・・。「この車(フォードのSUV)が救出出来なければ、明日のクライミングは難しい」と思い、がんばって救出の手伝いをしました。その結果、30分ほどのロスでしたが無事救出。やっぱり車はスバルに限る。私のスバルXVは何事もないように通過。

朝6時30分に美濃戸を出発。南沢から北西稜に向かうところでは、トレースが有ったが、30mくらいのところの幕営跡までで途切れて、そこから先はワカンでのラッセル。腰から胸までのラッセルが厳しい。

尾根を目指してラッセル。やっと尾根に出たところで休憩。

二人でラッセルしたのですが、ラッセルは体力よりも技術が必要。

くみちゃんよ、ラッセル技術を身につけろ。

 

岩を目指してラッセルは続く。

 

やっと岩場の取り付きに到着。

ちょうど正午。美濃戸を出てから5時間半も経過。

 

岩場出だしは100mほどコンティニュアンスで登り、そのあとの3級のピッチ。

 

3級のピッチの後は、左のバンドを20mくらい登ると核心のピッチになる。

どうにかドライツーリングのフリーで抜けようとガンバるくみちゃんだが、何度かフォール。

 

稜線直下のくみちゃん。

 

山頂には3時15分に到着。

雪崩の心配はなさそうだったので中岳沢を下降したが、下りラッセルになってしまい失敗。

 

辛うじて下山は暗くならなかったが、美濃戸についたのは6時だった。

コメント

久しぶりの上荒井沢アイスクライミング

2015-02-18 01:07:37 | アイスクライミング

ちょっと前の2月9日。月稜会の会山行で上荒井沢に行ってきました。アイスクライミング講習です。

上荒井沢は私と山岳ガイドのY氏で開拓したエリア。私はここを訪れるのは数年ぶりです。今回は、私は都合により早引けしなくてはならず、リーダーの務めは辞退しました。

「トリコルネ」の下部で基本練習をしました。

 

リーダーのうめちゃんとボクリンがトップロープを張りに登ります。

 

同じくトップロープを張りに行くリーダー。

 

そのあと、初心者の講習は塩gに任せて、経験者の3人は「カモシカルンゼ」のマルチピッチクライミングです。

 

私は「マシラルンゼ」を観察してきました。

開拓当初と、氷の形が変わっていました。

おおむね良く凍っていて、良い状態でした。

「マシラルンゼ」を登る方が少ないようですが、「1日に沢山登りたい」という方には、まずここから登るのが良いと思います。

コメント

城が崎フリークライミング

2015-02-04 01:00:04 | フリークライミング

2月2日。この日は月稜会の集会日のため、いつもこの時期は近場の湯河原でフリークライミングをしてから集会に行くのだが、今回は参加者がいなかったため、月稜会以外の仲間が行く城が崎に行くことにしました。でも遠いので午前中だけ。午前中に「エアーダンス」を落として帰ってくる予定で行きました。

前夜に車で出発したので、車中泊して岩場に行き待っていると、お友達2名がやってきた。アップを兼ねて「エアーダンス」にクイックドローをかけに行き、ホールドやスタンスの確認。また、遠いホールドを一気に取りに行くか、カチをつないでいくか試しながら登る。

友達2人は「トムボーイ」でアップした後、一人は「ピスタチオ」。もう一人は「虎の穴」にトライ。

私は二人のビレーをした後、十分休憩とストレッチをして「エアーダンス」にトライ。

出だしは左寄りのアンダーカチから遠い右上のカチを取り、さらにそのすぐ上のカチを左手で取る。足を送って右手でまた遠めのカチを取り、左手も添える。両足を上げて右手を右上のガバに飛ばす。クリップした後ここでレスト出来る。

ハング下の逆校カチを左手で取り、右手も寄せクリップした後、リップ上のカチを取る。右手も寄せて右足を左の小さな棚に上げる。ここからカチを刻んで行くか、一気に右の遠いガバカチを取るか悩んだが、ここまで順調なので一気に取ることにした。今回は調子が良かったのか、右に遠いガバカチも近くに見えた。体を右に振ってガバカチに右手をのばす。余裕があった。なんで今までここで落ちていたんだろう、と思うほどあっさりと取れた。足を逆校カチに乗せ、左手をガバカチの上のカチに寄せる。さらにその体勢から右手を右上のガバに飛ばして左足で高いヒールフック。左手を真上のガバに延ばす。ここは立ちあがるのが難しいが、カンテ右に足を上げると楽に体が上がる。ここでレスト。

ここから左に2つのスリット状のポケットがあるが、悪い方は使わず、クロスでよいホールドを取り、高いガバに左手を延ばす。ガバでマッチしてクリップ。足をスリット状のホールドに上げ、右上の棚を取る。ここもマッチしてカンテ右の穴を右手で取り左足を高めに上げる。左手を延ばしてさらに上の棚を取る。前回はこの棚を取る位置を間違えて落ちた。今回は左手が効く位置をしっかり覚えていたので一発でとれた。体をひねって左手のすぐ上のホールドに右手を寄せて、左手はさらに左のホールドに移す。左足を左手のすぐ下まで上げてマウントリング。慎重に立ちあがって終了点にクリップ。

レッドポイント出来るときには、意外とあっさり登れるものだ。今まで失敗していたところをクリアにさえできればレッドポイント出来るんだ。それとタクティクス。ルートを攻略するにはタクティクスが重要。手順、足順、レストする場所、刻むか飛ばすか。これがうまくはまるとあっさり登れる可能性がある。

11時半に撤収。

コメント

持ち主が見つかった

2015-01-30 00:52:31 | フリークライミング

前回の投稿で探していたクライミングシューズの持ち主が、めでたく見つかりました。

フェースブックで「クライマー落し物、忘れ物ネットワーク」というグループを作り、この件を公開したところ、早速情報が得られて、無事にシューズの持ち主が判明したのです。

岩場の忘れ物や落し物を持ち帰ることがよいのか悪いのか、未だに悩みますが、こういうネットワークを活用して持ち主を探せる可能性が高くなれば、持ち帰る前に現場で情報を発信することもできるかもしれないので、ネットワーク自体は悪くないと思います。

このネットワークが広がれば、その価値はありそうです。

コメント

拾得物

2015-01-29 01:02:03 | フリークライミング

先日、城が崎でクライミングシューズを習得しました。お心当たりのある方はお知らせください。

そのままにしておこうか悩みましたが、昨年もネットでシューズの落とし主を見つけ(結構身近にいた)、無事に戻した経験があったので持ち帰りました。もっと前だけど、谷川でアイススクリューを習得して、それも持ち主を見つけ、戻したこともありました。そのままにしておいたら、誰かがくすねてしまうかもしれないので。持ち主が見つからなかったら、自分がくすねたことになっちゃうんだけど。谷川のアイススクリューは、持ち主がわざわざ探しには来ないだろうけど、城が崎のシューズが持ち主が探しにくる可能性もある。だからそのままにしておいた方が良かったかもしれない。あとで「失敗したかなあ」と思いましたが。

私は月曜日に岩場や山に行くことがほとんどなので、土日に訪れた方の落し物、忘れ物を結構目にします。大体面倒だからそのままにしてくるのですが、中にはどうしても持ち主を見つけてあげたいと思うものは交番に届けるか、交番に届けるよりネットで持ち主を探したほうが早そうなものは持ち帰ります。

逆に、私もいろいろ置き忘れてきます。何年か前に、山梨県の氷を登りに行った際、車を止めた場所に、ストックを忘れてきてしまいました。私は忘れてきたことにさえ気づいていなかったのですが、拾ってくれた方が、ストックに書いてあった「月稜会 Chimney」だけを頼りに私を探し当ててくれたのです。ありがたかったです。

でも、もっと前に、岩場にフレンズ一式を忘れてきたときには、翌日探しに行ったにも関わらず見つけることが出来ませんでした。

去年は岩場に腕時計とメガネをおき忘れたこともありましたが、遠い場所だったので諦めざるを得ませんでした。そんなとき、誰か知り合いのクライマーに情報を求めたいものです。だからFBで「クライマー落し物、忘れ物ネットワーク」というグループを作りました。

「どこどこにこんな忘れ物があった」「どこどこに忘れ物をしてしまった」とかいう情報を共有することで、出来る限り忘れ物、落し物を持ち主に返してあげたいと言うことです。FBをやっているクライマーの方はご協力いただけたら嬉しいです。

コメント

城が崎フリークライミング

2015-01-28 01:07:15 | フリークライミング

1月26日。この日も城が崎。

「エアーダンス」にトライするも、最後の1手でフォール。持久力が無いのか、無駄が多いのか。撮ってもらった写真を見てもかっこ悪いので、ムーブが洗練されていないのかな。

ここで何度か落ちている。腰が入ってない。

 

ピスタチオを登るひろしくん。私は去年、ピスタチオから、最後はトムボーイに逃げて、ピスタボーイを登った。

 

この日は天気予報が芳しくなかったが、行ってみたら意外とよい天気で1日楽しめました。

コメント

湯河原幕岩フリークライミング

2015-01-21 01:04:55 | フリークライミング

1月19日。月稜会の新年会の前に湯河原幕岩に行ってきました。

パートナーはみじかいさん、アンジェラ、消防士1号、ビッグロック仲間のYutaくん。

ウォーミングアップ中のみじかいおねいさん

朝一で桃源郷に行き、「サンセット」5.10aでアップ。わしはそれだけでいいと思っていたんですが、他のメンバーが何本か登ってるし、遅れて合流する消防士1号も到着してないし、Yutaくんは本気トライを始めちゃったので、わしも「憧れのハワイ航路」5.11aを登ることにしました。このルート、超有名ルートなのに、なんだか興味がなくて触ったことが無かったのです。どうして興味がなかったのかといえば、隣の「アボリジニ」とホールドも共有するし近か過ぎるので興味がなかったのです。要するに、カンテの左に出ないと言う限定つきのルートのように感じていたからです。結果はオンサイトでした。ルートとしては不自然ではありませんでしたが、やっぱり限定ルートであることには違いない。

そうこうしているうちに消防士1号も合流し、ちょうどよいタイミングでYutaくんも目標ルートをRPしたので、「サイレントヴァリー」に移動しました。始めてのエリアです。

まずは「まりあ」5.10b/c。とても楽しいルートでした。

わしは「まりあ」をOSし、「岳人列伝」5.11aをやったのですが、これが出だしが難しい。久しぶりに5.11aのOSを逃しました。出だしのホールドの選択とムーブの組み立てに迷う。予想していたホールドに裏切られ、出だしでフォールしてしまったのでした。 

「ゆうきちゃん」5.10a

次に登ったのは「ゆうきちゃん」5.10a。これがなかなか難しい。テンション入っちゃいました。5.10aでテンションは行っちゃったのなんて記憶にない。なめてかかると痛い目に会うルートです。登りなおしましたが、やっぱり甘いルートではないと感じました。ユガマク恐るべし!

そのあとは「ロールアップ」5.11dを触りましたが2テン。次回には登れそうな感触。

「サイレントヴァリー」は静かでよいエリアでした。

 

コメント

南アルプス鋸岳に行ったのですが

2015-01-04 20:46:58 | アルパインクライミング

正月に連休が取れたので、1泊2日で鋸岳から甲斐駒を目指しました。

前日に月稜会3名のパーティーが同じルートに入っているので追いかけました。しかしアクシデントで出発が遅れ、それを取り戻そうと走るように角兵衛沢を目指し登って行った。するとしばらくすると、上から月稜会パーティーが降りてきてしまった。「ラッセルで敗退した」とのこと。他に居合わせたパーティーも全て撤退したそうだ。これから北沢峠まで行って、明日仙丈岳を目指すということだった。私は鋸岳に登ってから北沢峠に向かうと言うことにしてそのまま登る。しかしさらに登っていくと、10月に痛めた右足が痛くなってきた。少し休めば治るだろうと思っていたが、全く良くならない。右足が曲げられなくなってしまった。もうすぐ稜線というところで諦め、下山して北沢峠を目指したが、この足では難行そのもの。這うようにして7時に到着。

鋸岳稜線直下から見た雪煙の舞う仙丈岳

 

翌日みんなで仙丈岳を目指したが、私はやはり足がダメで2800m付近から引き返す。直後天候が崩れて、結局はみんな登れなかった。戸台への帰りも私は足を引きずりながら必死だった。

情けない結果に終わった正月山行でした。

コメント

今シーズン2度目の城が崎フリークライミング

2014-12-24 01:05:15 | フリークライミング

12月22日。ゆーた君と城が崎に行ってきました。

わしは「ファミリー」の「ファザークラック」でウォーミングアップ。久しぶりに登りましたが、以前より楽に登れたので「調子いいな」などと勘違いして「シーサイド」へ転進。

ゆーた君の目標は「チェシャネコ」と「カルボナーラ」でしたが、「チェシャネコ」はRP。「カルボナーラ」はおしくも1テンでした。私は「チリコンカーン」にトライしていたのですが、目標を「エアーダンス」に変更し3便出しましたが1テンのまま。どうも持久力に問題がありそうです。みじかいルートなのに・・・。

 

この日は冷たい風が強く、波も荒かった。

私には成果がありませんでしたが、ゆーた君に成果があったので、いつも通り寿司を食べてきました。

コメント