Chimney角屋のClimbing log

基本的にはクライミングの日記ですが、ハイキング、マウンテンバイク、スキー、スノーボードなども登場するかも・・・。

今日のビッグロック日吉は子供たちがいっぱい

2017-03-30 01:06:34 | フリークライミング

3月29日。今日のビッグロック日吉店は子供たちがいっぱいでした。春休みだからかもしれませんが、そのほとんどは明後日の「アッコマンカップ」出場選手の自主トレでした。ボルダリングジム「ポケット」からも大勢来ていたし、わがスクールの生徒も二人来ていました。コンペを前に熱が入っています。

わがスクールの生徒二人。4年生の男の子はリードの強化が目的だったのでしょう。正対が強い子ですが、最近スクールで徹底的にひねりや振りを強化した成果が出てきていました。もともとボルダリングのほうが強い子なので、瞬発的な登りをするのですが、こうやってルートをたくさんやることによって、無駄な力を使わない合理的な登り方を身に着けていっているようです。

もう一人の3年生の女の子は、上手できれいに登る。安定した登りが信条だが、ルートではなかなか思い切ったダイナミックなムーブができない。落ちるのが怖いのだろう。それを克服することが課題なのだが、今日は悪いホールドから一手出すことができた、見事にフォールした。失敗はいくらしてもいい。チャレンジする前にやめてしまうより、チャレンジして失敗したほうが「ナイス!」。

あさってはうれし涙か悔し涙か。どちらでもいいが、精一杯頑張ってほしい。


この記事をはてなブックマークに追加

北海道チトカニウシ山

2017-03-29 01:20:04 | 山スキー

3月27日、北海道のチトカニウシ山に行ってきました。

26日に飛行機で旭川に入り、ホテルにチェックイン。レンタカーを借りるのだが、この時期空きが少なくなかなか見つからず、4件目で確保できた。予約してきたほうがよかったなあ。ほっとしたところでひとり焼肉(ジンギスカン)で景気づけ。

27日、早朝にホテルを出てチトカニウシ山に向かう。登り口は北見峠。ちょっと道を間違えて時間をロスしたが、8時くらいには登山を開始できた。

北見峠から見たチトカニウシ山です。

沢沿いが魅力的ですが、時間的なリスクを避けるため、左の尾根の往復です。

 

登り始めは電柱沿いの林道を登ります。

まさにアプローチといった感じで、面白くない部分です。

振り返ると大雪の山々。

 

林道が終わり、いよいよ山に入ると、それなりにいい雰囲気。

今日は良い天気に恵まれたけれど、雪質は滑るのには向いていない。

古い雪がクラストしていて、スキーでは潜らないがアイスバーン。

新雪には遅く、しまったザラメには早すぎる。

 

高度を上げると眺めは抜群。

ニセイカウシュペ山。

 

数年前に登った大雪の山々。

 

山頂が近くなるとスキーには快適そうな斜面。

 

樹氷も。

 

山頂直下はがりがりかと思っていたが、シールのまま登れる状態だった。

滑りも山頂直下が一番快適だったが、時期によって違うかもしれない。

 

中間部はこの時期クラストしたアイスバーンで快適ではなかったが、雪の質によっては非常に楽しそう。

下りでは多少の登り返しがあって面倒だが、難儀をするほどではなく、一日楽しめました。

 

この山は山頂から沢筋を滑って、思い切り登りかえして帰ってくるコースが楽しいんじゃないかとも思いました。

 

その日は旭川からサッポロに移動し、翌朝の飛行機で帰京しました。

 


この記事をはてなブックマークに追加

ルート図通り登ろうなんて気持ちは更々ないので

2017-03-16 01:43:23 | アルパインクライミング

先日、月稜会の会山行で、八ヶ岳の峰の松目沢に行ってきました。

私がリーダーでフォロワーが2名、3人パーティーでした。

沢に入ると氷はほとんど埋まっていて、アイススクリューは使わずじまい。

それでも2段のまともな氷があり、アイスクライミングらしい滝もありましたが、弱点を登ったのでスクリューは必要ありませんでした。

その上の二股で左を詰めてみたところ、上には氷がなさそう。

クライムダウンして右に。

薄氷と岩のミックスで右俣に入りました。雪壁を登って画像のテラスにつきました。

ビレー点が作れなかったので、後続を肩絡みでビレーします。

 

次のピッチは岩登り。完全にルート図に示されたラインを外してしまっています。

こういう登り方に異論を唱える人がいます。ルート図通り登らないとだめだとか、間違えただとか。

でも、私は峰の松目沢を登っているのであって、その範疇で、自分の目で登れると思ったところを登っているだけです。

決してルート図通り登ろうと思ってはいません。

 

他人の情報を頼りに登ろうとは思わないので、もともとガイドブックやルート図は見ないようにしています。

自分のプライドにかけてそうしているというわけではありませんが、そういう登り方のほうが初登の気分に近いからです。

 

ルート図通りに登ったほうがアイスクライミングは楽しめたかもしれませんが、

やっぱり私は、自分の目で判断してラインを決めたほうが楽しいと思うのです。

私は氷を登るためではなく、山を登るために、氷を登るのですから。

 

今回はあまりアイスクライミングの要素はありませんでしたが、総合的なアルパインクライミングとしてはまあまあでした。


この記事をはてなブックマークに追加

日付が変わり3月11日

2017-03-11 01:29:37 | 災害ボランティア クライマー派遣

日付が変わって3月11日になりました。

地震が起きた午後2時46分には、クライミングのジュニアスクールの最中の予定です。

スクールに通う子供たちは6年前のこの時を覚えているでしょうか。大きな地震があったというくらいは、もしかしたら覚えているかもしれません。でもそれがどんな出来事だったのか、理解しているかどうかはわかりません。自然災害ですから私たちにはどうすることもできないかもしれませんが、この災害によって大きな悲しみを抱えることになった人たちのことを思いやることはできるはずです。

この災害によって住んでいた場所から知らない土地に移り住まなければならなくなった人。通っていた学校から転校しなければならなくなった人。こういう人たちが今も近くにいるかもしれません。近くにいなくてもそういう人のことに思いを馳せて、思いやり、心の中で声をかけてあげる時間を持ちたいと思っています。

原発犠牲者の子供たちが差別されるなんて、理解しがたいのですが、実際に出来事になっています。そんなことが無くなるように、私が子供たちに伝えたいことは、ほかの人の悲しみや苦しみを思いやること。自分がしてほしいことをほかの人にもしてあげること。友達のいない子の友達になってあげること。自分よりできなくても頑張っている仲間を応援してあげること。そういうことです。

人間らしく生きること。人間にしかできない生き方をすること。自分にしか生きられない人生を生きること。

そんな人間でなければ、クライマーにもなれないし、野球選手にも、サッカー選手にも、サラリーマンにもなれない。


この記事をはてなブックマークに追加

阿寺山 山スキー

2017-03-02 01:37:06 | 山スキー

2月27日。上越の阿寺山に行ってきました。標高が1500m位の割と手軽な山です。同行者2名とは現地で待ち合わせ。天気も良く風もないので、私はのんびりと楽しみたかったのですが、この日のリーダーは月稜会女子のモーレツ山屋なので、のんびりさせてくれません。

 

 今朝まで降っていた雪が山肌を飾り、とてもきれいです。

 

八海山が見えます。

 

風もなく穏やかな雪景色を楽しみながら登ります。

 

山頂が近くなると、広々としたオープンバーンとなり、下りが楽しみです。

 

山頂につきました。山頂はちょっとガスっていますが、風がないのでのんびりしました。

 

ひろさんの滑り。最初は調子よかった。

 

小っちゃくしか撮れてないけど私。

 

ひろさん、最後はよれよれ。

楽しい山スキーでした。9時ごろ出発して、2時ごろには戻ってきました。

 


この記事をはてなブックマークに追加

子供たちのクライミングコンペ「第3回アッコマンカップ」

2017-02-19 01:13:55 | フリークライミング

コンペ未経験者など初心者の子供たちを対象とした大会です。

いつも友達と一緒に登っている雰囲気の中で楽しめる大会です。

対象者はふるってご参加ください。


この記事をはてなブックマークに追加

登り方は教え、攻略方法は考えさせる。

2017-01-30 01:47:11 | フリークライミング

今日はビッグロック スポーツクライミング ジュニアスクール(BSJ)のアウトドアスクールでした。ほとんどの子は岩を登るのが初めてでしたが、私がびっくりするほど上手に登っていました。本物の岩を登るのが初めてなのに、いつもジムで登っているムーブが自然に出てくることに感心しました。大人だとなかなかそうはならないのですが、初めから基本を体に覚えさせているので、自然と身に着けたムーブを使うことができるのでしょう。彼らにとっては「登る」という動きはスクールで身に着けた動きそのものなのでしょう。

だから私はスクールでは登り方を教えます。いちいち足の位置や体の動きを指示します。そのことによって登るためのバランスのとり方やホールドを取りに行くための体の動きを身に着けさせるためです。バランスの取れる位置に良い足の置き場がないときなどは複雑なムーブの出番ですので、レベルに応じて複雑なムーブも教えていきます。そのようにして登るためのいろいろな体の動きを、頭でなく体に覚えさせていくのです。

「クライミングの楽しさは考えることが重要だから、教えてはだめだ」という人は多いのですが、ちょっとスクールで教えるということには当てはまりません。スクールは技術習得の場として考え、教えます。教わって身についたムーブの引き出しを多くして、自分のチャレンジしたいルートで自分で考えながら引き出しを開けていくのです。そういう意味で攻略法は教えません。攻略というのは持っている引き出しを開けることなのですから、引き出しがないのに攻略方法を考えるのは無理です。きちんと引き出しを持たせてあげてから考えさせなければ、ただがむしゃらに岩にしがみつくだけです。それが大人の初心者に多い姿なのだと思います。大人の初心者はそういうムーブの引き出しを持たないままただ登ったり登らされたりすることが多い。積み重ねがない人が多い気がします。きちんと教わって、基本から登り方を体にしみこませ、いくつかの基本的な動きを身につければ、いくつかの引き出しが作れるのです。そのうえで初めて攻略方法が考えられ、引き出しを開けられるのです。

今日、スクールの子供たちは見つけたホールドを触って足の置き場を探し、それに合ったムーブを選択して登っていたように見えました。いろいろなホールドの組み合わせとムーブの選択は複雑なものですが、彼らの思考はそういった複雑な働きをしていたのではないかと思います。

 


この記事をはてなブックマークに追加

神宮川鞍掛沢アイスクライミング、改め沢歩き

2017-01-23 21:25:14 | アイスクライミング

1月23日。山梨県北杜市の神宮川鞍掛沢に行きました。

目的はこの氷柱を何本か登って終了点を構築することだったのですが、

発達が悪く氷柱が細かったり、何とか登れそうでも水が滴っていたり、終了点の岩が風化していてボルトが打てなさそうだったりで、

目的を果たせませんでした。

10数年前に来たときには霧の滝飛竜が見事に凍っていたのですが、ビビッて逃げ帰ってきました。

久しぶりに訪れましたが、こんなにアプローチ、悪かったっけ?

 

真中に飛竜が見えます。あまり発達していない。

 

目的地の手前の滝はいつもこんな感じらしい。水流左から登れる。

 

 ここが目的地だが氷が細い。

何とか登れそうではあるがリスキー。

水が滴っている。

右のラインは登れそうだが、終了点付近の岩が風化していてボルトが効かない。

 

あきらめて帰る途中に振り返ると、飛竜は派手に水しぶきを上げていた。

 

日向沢の大ナメ滝によって帰ろうと思ったが、よくわからず迷走して帰ってきた。

日暮の滝も氷が薄く、今シーズンはこれ以上発達しなさそうでした。

 


この記事をはてなブックマークに追加

お正月実家でスキー

2017-01-06 00:59:24 | ゲレンデスキー

正月に帰省し、エコーバレースキー場に行きました。地元の弟とその息子(甥)の3人で写真や動画を撮りあいながら楽しく滑ってきました。

スキー場はあいにく全面オープンではありませんでしたが、雪の質はよく、快適に滑ることができました。

この数年、あまりゲレンデでは滑っていないので、新しい道具を購入することもなく、板もブーツも古いのですが、2セット持ち込んで滑りました。一つはバリバリのレース用。もう一つはオールラウンドなバックカントリーようです。ストックとズボンだけは新品です。レース用はゲレンデでは滑りやすいのですが、スラロームようなので返りが早く、本気で滑っているとすぐに疲れてしまいます。午前中はレース用。疲れてきた午後には(14時前には上がってしまったけど)バックカントリーようで流しました。

今日のベストショット。


この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2017-01-01 02:51:37 | 日常

今元旦の午前3時になろうとしています。

皆様、新年あけましておめでとうございます。

いま、やっと金春湯の掃除が終わりました。いつものことですが、大みそかの営業が終わり、そのあとに念入りに風呂掃除をしてやっと年が明けます。だからみなさんより3時間ほど遅れて新年を迎えることができます。それでも今年は二男が掃除を手伝ってくれたおかげで、いつもの年より1時間くらい早く終わりました。

昨年はたくさんの人にお世話になりました。4月に熊本の大地震があり、「被災地にクライマーを送る会」の活動を再開し(継続していて終わりはないのですが)、再び東北宮古に通ったメンバーが熊本を訪れてくれました。私も現地に赴くことができました。この活動をいろいろな形で支えてくださった方に感謝しています。

自分の仕事(金春湯の営業)もまあまあ今まで通りできましたし、クライミングジムでのジュニアスクールも生徒が増え、熱心な子供たちが増えて充実していました。これらの活動を支えてくださった方もたくさんいて、感謝しています。

クライミングや登山に関してもたくさんの方が支えてくださって感謝しています。怪我が続いてまともにクライミングができなかった時間が長かったですが、最近ようやく5.12が登れるようになってきました。ただ、普段の体力トレーニングをさぼってきたため、アルパインは厳しくなっています。

昨年は何と言っても、かわいい孫が生まれたことが最大の出来事でした。これからこの子が私の生活の中心になりそうなくらい大きな存在になっています。

こんなわたくしですが、皆さん今年もよろしくお願いします。

 


この記事をはてなブックマークに追加