Chimney角屋のClimbing log

基本的にはクライミングの日記ですが、ハイキング、マウンテンバイク、スキー、スノーボードなども登場するかも・・・。

今日、ビッグロックで

2016-11-25 00:59:48 | フリークライミング

今日もビッグロック日吉店でセットした自分のルートの吟味をしていました。セットした後に修正するのは、登ってくれた方に申し訳ないのですが、今後登ってくれる人に対して、より良いルートにしたいので許してください。本当は一発できちんと決めたいのですが難しい。

今日は私のセットした12aのルートを登りなおしました。修正した結果、自然に登れるラインになったと思いましたが、ちょっとグレードが甘いかなと思っていました。そこにトライしてくれるお客さんが現れ、感想は「十分12はある」ということでした。自分は登り方がわかっているので「甘い」と思っていたのですが、ほかの人が登ると厳しいのですね。

同時に感じたのは「登り方さえわかれば、自分もまだまだグレードを上げられる」ということです。最近、もう自分のグレードは上がらないんじゃないかと思い始めていましたが、ちょっとモチベーションが上がりました。

もう一つ、私がセットした10dに、私の尊敬するおばあちゃんクライマーがチャレンジしていました。このルートは、背の高い男性クライマーにリクエストされてセットしたので、ちょっとホールが遠目です。しかしちっちゃいおばあちゃんクライマーは果敢にチャレンジしている。でも遠いホールドに届かない。でも見ていて届かないのは手ではなくて足なのです。もう一歩足が上げられれば届くのです。足が高いとホールディングが甘くなるので足が上げられない。そう考えるとホールドをしっかりすることで足が上がります。降りてきてこのおばあちゃんクライマーは「足が上がって体をひねれれば届きそう」と言っていました。素晴らしい!気が付いているんですね。

この人、本当にフリークライマーだ。


この記事をはてなブックマークに追加

オリンピックに出たい!?

2016-11-03 01:30:49 | フリークライミング

今日はプライベートでビッグロックに行きましたが、私の担当するジュニアスクールの子が2人、自主練習できてました。二人とも小学3年生の女の子です。

一人はビッグルーフも登ってしまう早熟の子(Aちゃん)ですが、もう一人の子はまだまだそこまでは達していません。しかしその子(Bちゃん)は夕食のお弁当を持って、母親の運転で1時間半もかけて日吉まで来るのです。とてもクライミングが好きな子なのです。ムーブもまだまだ未熟ですが、登れないルートには登れるまで挑み続ける子なのです。

Bちゃんのビレーをしていた時、真顔で「私、オリンピックに出たい」というのです。とてもうれしくなりました。でも今のところ、Aちゃんにくらべたら遅れをとっている。でもBちゃんはAちゃんにはないものを持っているような気がします。Aちゃんは才能にも恵まれているし熱心で努力もしている。Bちゃんは自分の夢はかなうものだと疑わず、純粋に楽しく登っている。この二人がこの先どうなっていくのかはわからないけど、全く異なるタレントの二人。一緒に成長できたらいいなと思う。私もそれにこたえていけるようにしたい。

2020年はこの二人13歳なのでオリンピックは無理だろうけど、それは言わないでおこう。


この記事をはてなブックマークに追加

初めての柴崎ロックフリークライミング

2016-11-02 00:45:41 | フリークライミング

昨日10月31日、初めて柴崎ロックというところに行ってきました。

国内1000ルート完登に向けて、数を稼ぎたかったので、初めての岩場にはどんどん行きたいし、オンサイトできそうなグレードのルートもそろっている。前から行ってみたいと思っていたのですが、なかなか付き合ってくれる人がいませんでした。しかしこの日は月稜会のぼくりんが付き合ってくれることになったので行くことができました。

オンサイトは難しいといわれるアプローチも何とかオンサイト。岩場に無事到着。思っていたより立派な岩でしたし、開拓者は「よくこんな岩場を見つけたなあ」と感心。ちょっと足場に傾斜があるのと日当たりが悪いのを除けば素晴らしい岩場でした。ぬめり症の人は日当たりが悪いのがいいというかもしれません。

まずは「エントツ」5.9から。コルネが走る半円状の凹角を登る美しいルート。見た目もいいが内容も良い。楽しかった。この日の一番楽しかったルートかも。★★★ OS

2つ目は「ミゾーⅡ」5.10b。OS 数を稼ぐために登ったものの、ちょっと内容的には・・・。

3つめは「○得 うるしぎ」5.11a。ホールドを見逃してオンサイトできなかった。2便RP。半年間怪我で本気トライができなかったことが影響してか、11aでオンサイトを逃すのはショック。だいぶ力が落ちてきてしまっているなあ。それともとしのせいか。ルートは楽しい。★★

4つめは「ウォーミングフック」5.10a。ぼくりんが先に登ったのでFL。ガバで登れるが、ほぼハンドジャムで登ってみました。5.9かも。★

5つめは「スーパークリップ」5.10c。核心部でちょっと危なかった。落ちそうになった。とても楽しいルートでしたが終了点のわきの岩が崩壊しそう。★★ OS

6つめは「うまいぞギンナン」5.8。初心者にとって良いルート。使うホールドだけ狙ってジムナスティックに登ればよい練習になる。★★ OS

7つめは「シルクピア」5.10d。登るのは簡単だが回収のほうが難しい。ジムの終了点をトラバースしているようなルート。OS

8つめは「試して合点」5.10d。出だしはよく観察してスタート。上のほうは簡単だと思っていたけど、結構体が横になっちゃったりしてやさしくはなかった。でもすごく面白かった。★★★ OS

最後9つめは「宮崎ホイホイ」5.10b。見た目はつまらなそうだったが、登ってみるとなかなか面白い。★ OS

これだけやさしいルートが内容的にも充実している石灰岩の岩場は貴重だ。ちょっとアクセスは不便だけど良い岩場です。「早い者勝ち」5.11a 「落ちこぼれ」5.11d 「優等生」5.11cが魅力的だったが触らなかったのでまた行ってみたい。もうちょっと調子が戻ってきたらお買い得といわれる5.13にもトライしてみたい。


この記事をはてなブックマークに追加

今日はジュニアスクールでした

2016-10-30 01:04:24 | フリークライミング

今日のビッグロックのジュニアスクールは、近所の小学校が授業参観日だったので、参加者4人と、さびしかったのですが、実に楽しいスクールになりました。

少し前に新聞の取材で「指の使い方を工夫して、ジムの全部の壁を登ってみたい」とインタビューに答えていたりょうちゃん、今日、ビッグルーフのルートをレッドポイントして、すべての壁を登りました。まだクライミングを初めて半年ですが、もうビッグルーフを登ってしまうとは驚きです。見ていた周りの大人たちもびっくりです。早熟です。小学3年生の女の子。良い仲間を持ってモチベーションを保ち続けてほしいと願っています。

同じく3年生のUーなちゃんは、とても明るくてかわいい女の子。とってもクライミングが好きで、いろいろなルートにチャレンジしている。ちょっと身長と力が足りなくて登りきれないことが多いのですが、ムーブはきれいだし、何しろ登れなくったってめげない。楽しんでチャレンジしているところが最高です。長く続ければ大成するように感じます。これから楽しんで登り続けるのもよし。でもそのうち大きく化ける気がします。

同じく3年生の男の子、HRKくん。彼は運動能力が優れていて大胆だ。それゆえ基本を無視してもダイナミックに登ってしまう。「飛びつき王子」。りょうちゃんが登れたルーフにチャレンジした時も、すぐに足ブラになるのでハラハラする。欠点でもあるが伸ばせば素晴らしい武器にもなる。個性があって面白い。だからこそ今は基本をしっかり身に着けてほしい。

5年生のTSK君。今日のメンバーの中では本来なら実力ナンバー1なのだが、成果としてはりょうちゃんに先を越されている。というのも今日はルーフをメインにやったからだが、正対が得意なので垂壁は強い。最近お父さんと一緒に岩場に通っているのが素晴らしい。本物の岩を登ってほしいと私は願っている。そして彼のキャラクターが実にいい。実にいい味を出していて、仲間からも指導者からも愛されている。(みんな愛してるけど) 今日もルーフにチャレンジしていた。合理的なムーブを教えながらも、今持っている個性を殺したくない。本物のクライマーになってほしい。

今日参加できなかった子供たち。みんな素晴らしい個性の持ち主です。みんなに教えることは同じですが、それぞれの個性は活かしたい。

教えることは同じでも、対応はそれぞれ変えることが大切だと思っています。

 


この記事をはてなブックマークに追加

NPで初登したルートに自らボルトを打つジレンマ

2016-10-24 23:07:21 | フリークライミング

先日SLCDのみで初登したフェースルートにボルトを打った。

「海賊の娘」5.10cだ。カサメリ沢モツランドの「ジャガバター」の左。このようにほかの人が開拓したエリアにルートを拓くのはやったことがない。すでに拓かれたルートとルートの間に新たなルートを拓くと、既存のルートの独立性を損なってしまう可能性があるからだ。しかしなぜここにルートを作ったのか。それは見た目で明らかにホールドがつながっている自然なラインだと感じたから。しかも隣のルートとホールドが重なっていない。もしかしたらNPで登れるかもしれない。そういう理由だった。掃除してTRで登ってみると思った通りだ。そしてSLDCでリードしてみた。しかし出だしの2本はよく決まったものの、上に行くにしたがってカムの効きが悪くなり、始終使うホールドにカムを決めなければならないため、絶対に落ちられない。上部で落ちたら致命傷。何とか落ちずに登れたからよかったけれども、上部で落ちたらグランドフォールの可能性もある。

NPでリードしたのだからNPのルートとするべきなのだが・・・。

それからしばらく悩んだ。瑞牆の森の管理人と話す機会が多いが、事故の話を聞く機会が多い。瑞牆を訪れるクライマーの質も変化してきた。15年ほど前は公園もなくて、訪れるクライマーも少なく冒険的なクライマーがほとんどだった。だから小さな事故ならば、起こっても自己解決していたのかもしれない。私もソロで事故を起こしてしまったことがあったが、幸い命にはかかわらない事故だったので一人で解決できた。しかし今の状況は違う。いろいろなクライマーが集まるエリアになってきている。

今の瑞牆でNPのままの5.10cのルートに取りついて、行き詰った時にどのクライマーも安全に対処できるだろうか。それを考えると、このルートを封印すべきかとも思った。しかし(自画自賛になってしまうが)登って楽しいルートなので、できればたくさんの人に登ってほしい。だけども事故は起こしてほしくない。「絶対安全」はないけれど、命を落とすような事故はできるだけ避けたい。

いろいろ考えたがボルトを打つことにした。NPで初登されたルートにボルトを打つなんて前代未聞ですが、打ちました。

 


この記事をはてなブックマークに追加

やさしいボルトルートについて考えた

2016-09-28 00:51:11 | フリークライミング

9月26日。未開拓の岩場でルート開拓作業をした。

今まで私が開拓したルートは、下から登りながら支点を構築し登るスタイル。つまりトラディッショナルなルート開拓を基本にしてきた。しかし今回はスポートクライミングのエリアであることや、ラインが難しそうであることに加えフェースなので、ラッペルボルトの開拓になりそう。ロープにぶら下がって、あらかじめドリルを使った支点構築をするのは初めて。

ただ私は「ラッペルボルト」を否定しているわけではない。そうやって開拓されたルートをだって頑張って登るし、上手になるためにはトラディッショナルなルートばかりではだめなのもわかっているから。それに加え、ボルトルートは、純粋に登ることに集中できて楽しい。

だから今回は、今までトレーニングとして利用させてもらってきたボルトルートを、自ら開拓してみようと思う。

目標のラインは、少しかぶった25mのラインで、トップロープで登った感じでは、グレードは5.11c位だと思う。この日は岩の裏から回り込んで下降しながら、ホールドがつながっているかどうか確認し、作業用のフィックスロープを張り、作業用に手打ちの中間視点を打った。そしてトップロープで試登。

試登でもパンプしてしまったので、このルートの作業はここまでにしましたが、初心者にうってつけのラインがあったので、ルートを作りました。

10mほどの小さい岩峰ですが、登れば岩の上に立てます。

上級者が登ればボルトなどいらないかもしれません。しかしボルトを3本打ちました。

なぜなら、上級者が感じる「落ちない自信」は初心者に対しては通用しないからです。

どうせボルトを打つなら、そのレベルの人の安全を考慮して設計したほうが良いと思ったのです。

 

私は、初心者を岩場に連れて行くことが多いのですが、初心者にリードさせられるルートが少ないのです。

簡単なルートも上級者が作るので、「落ちっこないからボルトはいらない。」という気持ちで作ってしまいます。

でもそのグレードの人は、そんなルートをリードできないし、見ているほうもひやひやです。

だから初心者が登るルートは、ボルトの設定も初心者用にしたほうがいいと思ったのです。

 

本来私は、「落ちてはいけない」というクライミングを追及しているのですが、

一方で、落ちながら練習することも大切だと思っています。

トラディッショナルなルートでは「絶対落ちてはいけない」という場面も出てきます。

でもそういうルートを克服するためには、落ちながら腕を磨くことをしなければ、克服するのは難しいでしょう。

 

ですから、初心者でも死なずに練習できるルートは必要です。

開拓者は、このルートを登るであろう人を思ってボルトの数や位置を決めることが必要です。

 

しつこいようですが、私はあらかじめ支点が構築されているルートよりも、

自分で支点を構築しながら登るほうが好きですし、それが目標です。

でも、トレーニングとして、またはスポーツとして登るルートは安全であることを考慮しなくてはなりません。

 

この初心者用のルート。5.7 10m 中間のボルト3本。

「いいんですか」

 

「ボルトが多すぎる」という人がいると思いますが、初めてリードを体験する人の気持ちを、またはそういう人を連れて行く気持ちを考えたら妥当だと思うのです。

私はフリーソロでも構いませんが。

 


この記事をはてなブックマークに追加

奥秩父東沢 東のナメ沢

2016-09-12 22:23:58 | 無雪期山岳クライミング」

9月12日。3年ぶりの沢登りに行ってきました。

 

月稜会の会山行で、東沢に日帰り4パーティー(鶏冠谷右俣3名・左俣3名・東のナメ沢3名・西のナメ沢2名)、1泊1パーティー(西俣3名)で行きました。

 

駐車場を全員で7時ちょっとすぎに出て東沢に向かいます。みんな前夜の宴会で夜中の2時過ぎまで飲んでいたのに元気だ。私は「6時起床」と言ってあったのに6時前に起こされて不機嫌。

西俣組は行程が長いのでどんどん先行していきます。残りのメンバーはのんびり歩き、鶏冠谷の出合で分かれます。

 

東沢のアプローチが思いのほか悪かったのと、多少水量が多くて、渡渉でいちいち裸足になっていたので時間がかかりました。

東のナメの取りつきに9時着。

 

私は特にバリエーションルートでは、ガイドブックはあまり読まないし、下調べもしないようにしています。

地形図を頼りに登りたいからです。

でもなぜか、この沢の大ナメはクライミングシューズがいいということは以前から知っていたので、クライミングシューズで取りつきました。

 

傾斜のないスラブの水流の右をぺたぺたと150mほど登り、平らなところで水流の左にわたります。そこから20mほど登ったところにビレー点があり、ここからビレーしてもらいます。

50m登りましたが、プロテクションはナッツで1か所取ったのみでした。

 

残地ハーケン2枚のビレー点から次のピッチに取りつきます。出だしでバンドを右にトラバースすると、そこにはもっとしっかりしたビレー点がありました。

さらにトラバースしようと思いましたが、ぬれていて滑るので、真上に見える垂壁を目指して直上。しかしロープの流れが悪くなり、20mほどで灌木を使って後続の二人を迎える。

 

さてここから垂壁基部に沿って目指す釜に向かうが、ほんの数mだけ非常にぬめっていてトラバースできない。

行きつ戻りつした後に、あきらめて垂壁を登ることにしました。

みじかい垂壁の上にはよくハーケンが効きそうなリスがあったので、そこにハーケンを2枚打って下降支点とし、、スラブに降りてテンショントラバース。

後続の2名も振り子トラバースに似た要領で到着。

あ~、怖かった。

 

最後の傾斜の強いフェースはホールドも残地支点も豊富で難なく登り、そのうえで左岸の樹林に入った。実質的にこれで大滝は終了。

その上には似たようなスラブの滝が2つあるが、巻いて登った。もう12時になってしまった。少々手こずってしまった。

今日のパートナーはぼくりんと山ちゃん。

大ナメの登攀を終えたところ。

 

そこからの遡行はごく初歩的な沢登りで、地図を読みながら、また地図ではわからないところはカンでルートを選び詰めていく。

滝も終わり、水も涸れ、詰めにかかる。シャクナゲが多くなってくる。

次第に踏み跡がはっきりしてきて稜線も近づいた感じがしたころ、上から別パーティーのコールが聞こえた。

わが会の鶏冠谷左俣パーティーでした。登っていくと鶏冠尾根の登山道に出て合流。

いいタイミングでした。

何時だったか忘れた。

 

鶏冠尾根の下山は、心配していたほど迷いやすくも悪くもなく、いつもの通りだが、全員鎖もトラロープにも触らず下山。

今日はもともと雨の予報だったが上々の天気だった。でも下山でとうとう降り出したが、よくもってくれた。

強力な晴れ女が参加していたからだろうか。

鶏冠谷出合を経由し、西沢渓谷の観光道路を歩いていると、前に西のナメ沢パーティーが歩いていた。

 

4時半に駐車場に着くと、鶏冠谷右俣パーティーは車で寝ていた。彼らは13時に戻って昼寝をしていたらしい。どんなルートか知らないが早すぎるだろう。

日帰り組は順調に山行を終えました。

 

私も会山行でなければ、沢に行く機会など滅多にありませんが、久しぶりに楽しみました。


この記事をはてなブックマークに追加

カサメリに新ルート開拓

2016-09-06 00:16:09 | フリークライミング

9月5日(月)。瑞牆カサメリ沢に行ってきました。目的は7月に掃除したラインを開拓すること。ラインはモツランドの「たぬき」と「ジャガバター」のあいだのライン。イワタケだらけでしたが、掃除をすればきわめて自然に登れるラインでした。7月に「たぬき」から回り込んでトップロープを掛けて掃除をし、そのまま登ってみました。その時は岩がぬれていたので5.11はあるように感じましたが、同時にNPでも登れる可能性も感じていました。

今日は九州に台風が上陸し、天気予報もよくなかったのですが、行ってみたら快晴。岩もバリバリに乾いていました。

 

 

小さめのカムを準備して、まずはNPでトライ。ムーブを楽しむならボルトを打ったほうがいいと思いましたが、もしNPで登れるならNPで登ったほうが自分らしいと思ったのです。「高グレードだけがクライミングじゃない」という自分にはそのほうがふさわしいと思ったから。でもトップロープでリハーサルしているから、登ること自体は問題ない。しかしフェースルートで満足なプロテクションをセットできるかは未知の要素です。

 

登り始めてみるとプロテクションの効きはよくない。かなりリスキーなクライミングになります。やはり「ここでは落ちてはいけない」ということを感じながらのクライミングになります。

 

やはり「ここで1手出していいのか」ということを考えながら登ります。でも結果的には登りきることができました。今日はコンディションが良かったので5.10cだということもわかりました。

 

プロテクションは信用できないので、あっちこっちから取りヌンチャクで連結し、こんな感じになっちゃいます。プロテクションが取れるところを見逃してはいけません。

ごく自然なラインです。出だしはちょっとジムナスティックかもしれませんが、難しいわけではありません。

出だしは縦、横、斜めのカチの連続で、後半はポケットやスローパー。終了点はステミングでしっかり立って終われるルートです。

 

「海賊の娘」5.10c NP

今年の3月に初孫が生まれました。名前は「景(きょう)」。少し前に「本屋大賞」になった「村上海賊の娘」という小説の主人公である村上水軍(海賊)の娘の名前を取って「角屋 景」です。

同じカサメリには「医者の娘」「漁師の娘」というルートがあり、登らせていただきましたが、それに肖って「海賊の娘」にしました。

 

どうぞ登ってください。ただし先に書いたように、プロテクションは決して安心できるものではありませんので気を付けてください。

私らしいルートができたと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

高グレードにしか目が向かないのではさみしいクライミング

2016-09-02 01:10:46 | 山とクライミングの話

スポーツとしてのクライミングは盛り上がっているようだ。確かにクライミングはスポーツとして楽しめるアクティビティーだ。そしてスポーツクライマーの登るレベルは飛躍的に向上していて、始めて1年で5.12を登ったり、ボルダリングの初段を登ったりすることも珍しくないらしい。

しかしその反面、それだけ登れるクライマーが、岩場でのアプローチでつまらない怪我をしてしまったり、プロテクションのプアなルートで敗退したり、ぬれた岩の5.9/30mをリードするのに2時間かかったりするのはいかがなものか。またロワーダウンの途中でロープがスタックしてしまって降りられなくなったとき、解決方法がわからなかったりする。

こういうことを書いて発信するのは、登れなくなったクライマーの僻みと思われるかもしれないが、あえて発言してみる。クライミングというのは単なるスポーツではなく、冒険だ。冒険とは目的を果たすためのチャレンジであり、目的が果たせなくとも必ず生きて帰ってくることに対してのチャレンジだ。だから「勇気」「冷静な判断力」「豊富な知識」「賢さ」などが必要だ。ただの体操だったら、クライミングというオリンピック種目はいらない。体操床演技の垂直種目でいい。

私も子供たちのスポーツクライミングを指導する立場だけれど、クライミングをただの体操として教えたくない。クライミングの「精神」や「文化」は学んでほしいと願っている。


この記事をはてなブックマークに追加

今日はジュニアクライミングスクールの合同練習会でした

2016-08-27 01:04:47 | 山とクライミングの話

8月26日。今日はジュニアクライミングスクールの合同練習会でした。「アラジン」「ポケット」「ビッグロック」のジュニアクライミングスクールが合同で、過去2回「アッコマンカップ」というコンペを開催しましたが、今回は合同の練習会でした。

夏休みが終わっている子も多くて、親子合わせて15人ほどの練習会でしたが、普段ボルダリングジムで練習している子もトップロープやリードクライミングをみんなで練習し、保護者の方にはビレーを練習してもらうなど、豊富な内容(やることが多すぎたという反省もありました)が、1日中(時間が長すぎたという反省もありました)頑張って練習しました。

それでも、初めて会う子供同士でも、次第に打ち解けて励ましあったり、応援しあったり、登れなかった時は一緒に悔しがったり、お互いに刺激を受け、共に頑張る友達がいることを知ってくれたと思います。スポーツクライミングが2020年のオリンピック種目になり、今は子供たちのモチベーションが高まっているように見えますが、伸び悩んだ時や疲れた時、やはり一緒に頑張る仲間がいることが大切だと思うのです。一人で頑張り続けることはとても難しいことです。でも仲間がいればそういった壁も乗り越えられるかもしれません。だから、いつも一緒に練習している仲間のほかにも、違う場所で、同じように頑張っている仲間がいることを知ってほしいと思っています。競技者を目指す子供たちだけではなく、これからの長い人生を充実させて過ごすためにも、仲間と一緒にクライミングを続けてほしいという願いがこもった企画です。

また保護者の方には、子供たちが打ち込んでいるクライミングがどんなものか理解していただき、子供の練習のパートナーになってもらえるように考えていました。本気でクライミングをやりたいと思っている子供たちには、やはり親の理解と協力が必要です。親が子供を教えるむずかしさはあると思いますが、スクールで習ったことの反復練習や、子供の自主的なトレーニングのパートナーとして、ぜひ一緒に楽しんでもらいたいものです。

クライミングはそれだけ本気で打ち込む価値があるものだと信じています。これからも子供たちや、その保護者の方のサポートをしていきたいと思います。


この記事をはてなブックマークに追加