Chimney角屋のClimbing log

基本的にはクライミングの日記ですが、ハイキング、マウンテンバイク、スキー、スノーボードなども登場するかも・・・。

クライマーである前に人間であれ

2015-07-30 01:11:47 | 山とクライミングの話

7月29日(水)。小川山に行きました。

クライミングしに行ったのではなく、子供たちのクライミング体験のイベントのお手伝いだったのです。

行くまでに甲府盆地では土砂降り。でもここでは雲は多いものの、日が差す天気。

いつも思うのですが、ここは特異な天候です。標高の高いところにある盆地地形だからかな。

イベントは午後からだったので、午前中は自然の中でまったりしました。

でも瑞牆の落ち着き(今年はそうでもないのかな)と比べ、ここは人が多くてあまり落ち着かない。

 

現地で、小川山でのクライミングに長年深くかかわり続けてきているFさんからお話しを伺いました。

ここ小川山でも、これだけ沢山の人が出入りしていると、様々なトラブルがある。

クライマーに限らないが、いわゆるモンスタークレーマーのような人とか、保険金目当ての被害届など、

この自然環境のさわやかさに似つかわしくない出来事が沢山起きているらしい。

キャンパーにしてもクライマーにしても、このキャンプ場や周辺の自然を使わせてもらって楽しんでいるはずなのに、

「自分はお客だ。だから我がままをいっても許される。」と思っている人が少なからずいることに驚いた。

クライマーに考えてほしいことは、村やキャンプ場は快適なキャンプ地を提供しているのであって、

クライミング施設を提供しているのではない、と思うのだがどうだろうか。

クライマーは岩を利用して楽しむ。

ハイカーは登山道を利用して楽しむ。

それは個々が自立したクライマー、ハイカーとして行うべき行為であって、

村やキャンプ場に提供してもらうアクティビティーでは(原則としては)無いはずだろう。

だからわれわれクライマーやハイカーは、村やキャンプ場に極力迷惑をかけないように心がけることも必要だと思う。

ましてや、情報として伝えるならともかく、ハイキングやクライミングに関するクレームをキャンプ場の事務所にたたきつけるようなことはやるべきではないだろう。

 

あちこちの岩場でクライマーと地元の人との間のトラブルが発生している。

しかしその原因の多くが、クライマーであることの問題というより、人間としての問題が原因となっているようだ。

クライマーとしては、地元の人や一般の社会がクライミングというアクティビティーを十分に理解していないことによる溝は埋めて行かなくてはならないと思うが、個々の人間としての行動に問題がある場合は何ともし難い。

私も自戒の念を込めて「クライマーである前に、人間であれ。」

 

コメント

小川山フリークライミング

2015-07-27 22:06:06 | フリークライミング

7月27日(月)、小川山にフリークライミングに行ってきました。メンバーは私のほかにいつものゆーた君と月稜新人のいとしゅー。

先々週、「とろろ」をやって落ち込んでいたんですが、ゆーた君が誘うもんだから、また行ってきました。前夜発でテントで仮眠。半袖短パンでペラペラのシュラフでしたが、寝汗をかくほど熱い。まあ、東京の自宅で寝るよりはいいけど。

 

朝はゆっくり出発。お姫様岩に向かう。アップは私がやりたかった「カミイルート」。5.10bのクラックです。出だしからほとんどジャミングバチ効きのコーナークラックで5.8くらい。終了点直下が難しく、5.10b。オンサイトでした。いとしゅーはトップロープでクリア。ゆーた君はクラック用のシューズを持ってこなかったといってやりませんでした。懸垂下降でタヌキ岩のすぐ近くに降りました。

 

たぬき岩に着くと先客が4名いました。ちょうど「とろろ」をやっていたのでムーブを参考にさせてもらい、かかっていたクイックドローをお借りしてやりました。

やっぱり人の登っているところを見るのは参考になる。新しい発見がありました。途中の省エネ。核心のムーブが決まり、次は行けそうな感じになりました。でも、核心のクラックで指のガバダコがめくれてしまって棄権。

 

「とろろ」は諦めて「月光」をやりました。出だしはさえない感じですが、半分から上は楽しい。

 

姉御から「ハング越えが核心」と聞いていたので、ハングを越えた瞬間、「やった。オンサイトだ」と思ったが、実は終了点直下が絶望的に難しかった。抜けられず敗退。

5.11cでトップアウト出来ないなんて初めて。どうもこのエリアはグレードが辛すぎる。

「自然薯」は5.11cに感じたし、「月光」は5.12aくらいあるんじゃないのか。

「月夜のたぬき」の1ピッチ目だって5.10aは辛いと思う。

そうか!このエリアが辛いんじゃなくて、親分と姉御が辛いんだ。

二人は悪魔だ。

 

ゆーた君は「自然薯」を4便でRP。

いとしゅーは「Long Long Ogawayama」をもうちょっとでオンサイトだったのにおしかった。

 

 

 

 

コメント

甲府幕岩フリークライミング

2015-07-21 21:16:46 | フリークライミング

7月21日(火)。梅雨明けして猛暑が続く中、小川山や瑞牆を避け、意表をついて甲府幕岩に行ってきました。

というのは、今日のパートナーはいつものゆーた君の他に、月稜会の新人2名が参加しましたので、いろいろなグレードに取り付きやすい甲府幕岩に決めたのです。

木漏れ日の中で(カンカン照りを避けて)クライミングが出来ました。

 

前夜泊。男3人は仮眠から覚めて、こんなところで女性(月稜会新人)と待ち合わせ。

岩場に車2台で向かいました。

 

新人二人は「ペンタゴン」5.9でアップ。

私は「クリ拾い」5.10cと「キノコ狩り」5.10b/cの2本でアップ。

どちらも★印はついていない物の、なかなかたのしいルートでした。

そのあと私とゆーた君は「スパイラルリーフ」5.11bにチャレンジ。

私は終了点間際の立てホールドでテンション。オンサイトを逃してしまいました。

掴むべきところはもっと上でした。諦めずに探ればよかったのに。

 

ここが核心。オンサイトトライでは核心は抜けていた。

結局私は2便目で、ゆーた君も3便目でRP。

 

私は「アコナ」5.10aというへんちくりんなルートを登った後「オンリーワン」5.11d/12aをやるつもりだったのですが、

ちょっと時間をもてあまして「GATE」5.10b/cに手を出してしまった。

しっかりオブザベーションすればよかったのに、何気なく取りついてカンテ左限定で登ってしまい、パンプしてしまった。

画像は新人の「GATE」トライ。

 

結局「オンリーワン」は2便出して1テン。(オンサイトトライは2テン、2便目は1テン)

くたびれたので今日は打ち止めにしました。

 

 

コメント

今シーズンの初小川山

2015-07-15 00:55:55 | フリークライミング

7月13日(月)。今シーズン初めての小川山でした。

前夜発でしたが、急にパートナーがキャンセル。でも、いつもお世話になっているビッグロックの親分と姉御が行くはずなので、一人で出発。

夜中にキャンプ場について、この日涸沢岩峰に行く月稜会メンバーと宴会をして寝る。

朝起きて、姉御からメールがあり、「10時ごろに着く」とのこと。起きたばっかりなのに昼寝。

のんびりムードでモチベーションは急降下。

姉御が到着して「たぬき岩」に向かう。

親分はハイキングに行ってしまったらしい。

 

「Long Long Ogawyama」でウォーミングアップ。

画像は姉御が懸垂でヌンチャクを回収しているところ。

 

私はアップ後「とろろ」にトライ。

通算5便目になるが、何もかも忘れていて登れる気がしない。

この日2便目でも核心部でまだ迷いがあってダメでした。

同じ12aでも、最近登っていたルートとは違う。

最近登った12aといえば、城が崎の「エアーダンス」。北川の「北落師門」「ミンボー」などだが、「とろろ」はそれらと違い、ちょっと続けて通わないと登れなさそうな気がしてきた。

自分は一つのルートに打ち込むような登り方は好きじゃないので、「もうやめようかな」って気がしてきた。

 

姉御は、去年私が開拓した「ちぇいんじんぐこおなあ」を登る。

画像はこのルートの核心部。流石姉御。落ち着いてクリア。

 

その後も落ち着いて登っていく。

 

しかしこの後、ルート上に不安定なホールドがあったようで、ラインを右に取ってしまった。

私が平気で使ったホールドらしいが、姉御には不安なホールドだったみたい。

そのまま違うラインを登ってしまった。

 

最近のクライマーは「小川山グレード」という言葉を使う。

「小川山のグレードは厳しい」という意味で遣っているようだ。

私は「小川山グレード」なんてものは無い、と思っているのだが、

なんだかこの日は、その言葉に納得してしまった。

最近グレードの甘いルートに慣れてきてしまっているからかなあ。

 

「もうグレードを追うのはやめようかなあ」と思った1日でした。

 

コメント

ロープワーク・セルフレスキュートレーニング

2015-07-08 00:28:26 | アルパインクライミング

7月6日(月)。今日は月稜会の集会日。雨のためビッグロック日吉店でロープワークとセルフレスキューのトレーニングをしました。

月稜会メンバーは私のほかに5名。会員以外にも3名の参加者があり、基本的な(出来なければならない)技術を中心にトレーニングしました。

 

まずは「ビレー中の仮固定」。これは今日中にマスターしなければならない技術です。

第2に「ロープの登り返し」。まずはユマールとアブミを使って、登り方のコツを覚えます。

第3に「フリクションノットを使ってのロープ登りと、仮固定を使って懸垂下降に移る」練習。

4番目に、「ビレーからの解放、そしてビレーに戻る」練習。

ここまでが今日の課題でしたが、講義として、ビレー支点や下降支点を工作する上での注意点や、オートブロックのビレーでスタックしてしまった場合のロープの繰り出し方、オートブロックを使ってのフォローのビレーから3/1引き上げに移行する方法などを講習しました。

こういうことは、定期的に講習したり、日ごろのクライミングの中で使っていないと、すぐに出来なくなってしまうので、これからも定期的にやろうと思います。私も正確に効率よく教えられるように精進したいと思います。

 

コメント

有笠山フリークライミング

2015-06-22 23:07:15 | フリークライミング

6月22日(月)、有笠山に行ってきました。メンバーは私のほかに月稜会メンバーのヒロサンとみじかいさんとうめちゃん。ビッグロック仲間のいつものゆーたくん。

前夜発でしたが現地についてみると、結構本降りの雨。目標は「出前一丁」5.12aか「気分爽快」5.12a/bだったのですがどうなることやら。でも、天気予報では明日は晴れマークがついているので、登れるところを探して登ることにする。

朝起きてみると空は晴れている。東登山道に回り、「南国エリア」に行ってみるが、岩場はびしょびしょ。「出前一丁」のハングからはシャワーのような流れが・・・。尾根を越えて「古谷ロック」に行ってみると、濡れてはいるものの、何とか登れそう。その先の「サンダンス」は全く駄目。

 

緑がみずみずしい。

今日は割合涼しいのですが、何しろ岩が濡れているので、コンディションは悪い。

梅雨時だから登れるだけでもましか?

 

今年「マスターズ」出場のヒロサン。

「ゴロピカリ」5.10d

 

ゆーた君も「ゴロピカリ」

 

わしは「カシン」5.11b

 

これも「カシン」

 

結局今日はこのエリアだけしか登れなかった。私は

「不思議なルート」5.10c OS

「ゴロピカリ」5.10d OS

「夢の浮橋」5.11a OS

「カシン」5.11b 3便RP

というお粗末な結果でしたが、仲間の果敢なアタックを見ることが出来た良かったです。

 

PS

山岳会なので「有笠山」を征服してきました。

コメント

瑞牆 天鳥川北の沢右岸スラブ

2015-06-17 01:05:25 | フリークライミング

6月15日。瑞牆 天鳥川北の沢右岸スラブに行ってきました。メンバーは私のほかにゆーたくん、ひだいさん。

このエリアは2003年ごろに私と月稜会やチーム84の仲間などで開拓したエリア。最近出版された瑞牆のトポで初めて公開されたエリアです。ほとんどのルートがスラブかクラックで、高グレードなルートは無いのですが、特にスラブではグランドアップで開拓されたルートばかりなので、落ちてはいけないところが随所にあり、初心者向けのエリアではありません。しかしどのルートもライン取りが自然で、やさしくても楽しいルートばかりです。

「執念の掃除婦」5.10cの下部小核心を登るゆーた君。

浅いグル−ブにハンドジャムとフットジャムをきめるのがコツ。

 

「執念の掃除婦」の核心。

これを1発で決められればスラブの達人。

 

「執念の掃除婦」の上部。

難しいところは下部に集中しているが、ルートが35mと長いので、さいごまで気は抜けない。

 

「虹を追いかけて」5.9をリードするわし。

このルートはグルーブ、フレークのレイバック、スラブ、ダイクのトラバース、縦のスローパーなど、変化に富んだ35mのルート。

途中、ポケットにカムをきめないと10mほどランナウトする。次のボルトが見えないので、きちんとホールドを見極めて行かないと行き埋まる。落ちれば大フォールとなる。いきなり初心者がリードするのは大変危険。

 

「スリーダイク」5.11bを2撃のゆーたくん。

このエリアでは唯一のラップボルトのルート。しかし、1ピン目から2ピン目までは墜落は許されないダイクのトラバース。

そこから核心が始まる。核心を抜けても決して期の抜けないスラブとマンとリング。

 

「むすんでひらいて」5.8。

クラック初リードのゆーたくん。見事オンサイトでした。

このルートはクラック入門にうってつけ。

 

「腕ひしぎ逆十字固め」5.10cのわし。

このルートはわしが初登したのに、今回は1テン。初登以来登れなくなってしまった厳しいルート。

8mとみじかい中に、クラックの要素がぎっしり詰まった三ツ星ルート。

薄かぶりのフィンガークラックから甘いハンドジャム、奥にはハンドが決まるのに手が届かないので手前にフィストを決めひきつけなくてはいけない終了点直下。途中で関節技がかかった状態になる。

クラッカーなら、是非登ってみてほしい1本。

 

「天鳥川ミュージックホール」1ピッチ目、5.9 35mのリード&フォロー

「虹を追いかけて」から左に分かれる。このルートもポケットにカムをきめないと10mのランナウト。

カムをきめるところまでも7〜8mのランナウトを強いられる。決していきなり初心者にリードはさせられない。

 

久しぶりにこの岩場を訪れましたが、10年以上も前に、自分がやっていたことがこういうクライミングだったことを思い出しました。

このころは全くグレードを追いかけていなかった。やさしくても、誰も登っていないラインを下から登る冒険的なクライミングをしていた。

これこそ自分流のクライミングだった。

ときにはボルトを打っている途中に墜落したこともあった。

降りてきた仲間のロープが岩に擦れて、芯だけになっていたこともあった。

そんなクライミングをしていたことが懐かしく思えた。

 

そんなクライミングがしたい方は行ってみてください。

昔はきちんと踏み跡があったのですが、最近はアプローチが薄くなり、分かりにくくなっています。

迷いながら探して下さい。

 

 

 

コメント

クライマーのバランス感覚

2015-06-13 01:32:42 | 山とクライミングの話

私は長年クライミングをつづけてきたが、振り返ってみて、「クライマーとしてのバランスをたもつこと」がテーマだったのではないかと思う。

「バランス」といっても、クライミング中の「重心を保つ」という意味ではない。クライマーしての必要な要素をバランスよく保つということだ。「要素」というのは、もちろん「フリークライミング能力」や、「探究心」「チャレンジ精神」。「知識」や「経験」。「山での生活力」「サバイバル能力」。基本的なものとして「身体持久力」や「瞬発力」「精神力」。他のもクライマーにとっていろいろな必要な要素があると思うが、こういうものを考えて、今、自分にかけているものを補おうとして、その時の行動が決まって来たように思う。

最初は、何しろ「自分で山頂を踏めるようになりたい」という思いから、一人で山歩きを始めた。いろいろ考えて、山での生活能力を高めてきた。それと同時に体力も人並み以上にあることを確認してきた。(若かったから?)

そのうち、ただの山歩きに満足できず、四季を問わず、より困難なルートから山頂を目指すアルパインクライミングを目指すようになった。フリーソロから始めたが、すぐに限界が見えてしまって、ガイドについて、はじめはゲレンデでのフリークライミングから始め、アルパインを経験した。フリークライミングに比べれば、アルパインクライミングの技術レベルは簡単だった。私は「探究心」というか「冒険心」が先行していたためか、すぐに単独でのアルパインクライミングを始めた。

「探究心」が先行したため、「ルート開拓」に手を出すようになった。私のルート開拓は、基本的にグランドアップだ。「ルートを作る」というのが目的ではなく、「誰も登っていないところを登る」ということが目的だから。これは冬期のクライミングでも同様だった。

しかし、そんなことをやっていると、自分の「フリークライミング能力」の無さに気が付いてくる。だから最近は、フリークライミングに費やす時間が、圧倒的に多い。仲間には「角屋はフリークライマーになった」と思われるくらいだ。

しかし、最近はフリークライミングが楽しくて、しかもアルパインクライミングに比べてプレッシャーが少なく、多少気楽なので、ちょっとチャレンジ精神が足りなくなってきているかな?と思っている。フリークライミングでも、ルートによってはすごいプレッシャーや緊張感はあるけど、人間の強さを総合的に発揮しなければならないアルパインクライミングは、かなり重い荷物になりつつある。

そんな自分を克服するためにも、この夏は何かしようと考えている。死ぬまでにやりたい事は、やりきれないくらいあるから。
コメント

初コンペ 大岩杯に出場

2015-06-10 01:08:27 | フリークライミング

6月6日のことですが、始めてコンペに出ました。ホームジム「ビッグロック」のイベントなんですが、今までクライミングで他の人と競い合うと言う経験が無かった私にとっては、非常に新鮮な体験でした。

コンペは、時間配分やペース配分は大切なタクティクスですが、経験の無い私は、クラス分け予選が2ラウンドある中で、始めからがんばりすぎて、2ラウンド目では、もはや電池切れ。それでも「ファンクラス」「スポーツクラス」「アスリートクラス」「エリートクラス」という4クラスの中で、上から2番目の「アスリートクラス」に入ってしまい、もう決勝進出は絶望的。クラス別予選の3課題は1課題を1撃出来たのが唯一の成果。この課題は「ニーバー」という秘技に気付いたことが1撃につながった。

今回の出場者の中では、上から2番目の年齢。力とキレではかなわないけど、経験ではなんとか太刀打ちできることを証明した。

*画像は私ではありません。「エリートクラス」2位の選手です。

 

食わず嫌いだったコンペですが、参加してみて楽しかった。

来年も参加しよう。せめて「アスリートクラス」の決勝に残れるように頑張る。

コメント

天王岩フリークライミング

2015-06-03 01:13:15 | フリークライミング

6月1日(月)。今日は月稜会の集会日。いつも集会日の前には、近場の岩場でフリークライミングをするのですが、今回は月稜会の参加者が1名だけ。SZKが仕切ってくれなくなってからは、ほとんど参加者がいないので、今回が最後。みんなクライミング能力を高めようと言う気持ちが無いんだなあ。1名でも「続けたい」というメンバーがいれば続けたいけど、まあ、フリークライミングの会ではないんだから、やらなくてもいいか。

今日は、前日の仕事終わりが夜中の2時。寝不足で、岩場に到着しても体が目覚めない。同行者の二人が一生懸命に登っているのに、私は登る気になれない。でもせっかく来たのだから1本くらい登って帰りたいので「ノーリージョイ」という5.11bを登りました。

コメント