Chimney角屋のClimbing log

基本的にはクライミングの日記ですが、ハイキング、マウンテンバイク、スキー、スノーボードなども登場するかも・・・。

城ヶ崎シーサイド フリークライミング

2013-03-25 23:25:38 | フリークライミング

4月25日、城ヶ崎シーサイドに行ってきました。

一緒に行ったのは月稜会のみじかいおねいさん、SZK、うめちゃん先生、ぼくりん、そしてビッグロックのマッチ。

午前中は雨が降ったりやんだりで、コンディションは非常に悪かった。でも皆、目標のルートにチャレンジしました。

わしは「サイクロン」に絞って3便出したのですが、前回と同じく1テンのまま。でも感触は良くなってきました。

この派手なムーブは難なくこなせるのですが・・・。

 

その前の地味なセクションのほうが難しいのです。

 

マッチは「シンデレラボーイ」にトライ中。あと核心の1手のみ。

他の皆は「トムボーイ」「チェシャネコ」「タイトボーイ」をやっていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤岳ショルダーリッヂ左ルート

2013-03-13 00:59:13 | アルパインクライミング

3月11日。月稜会の会山行で、八ヶ岳赤岳ショルダーリッヂ左ルートに行ってきました。

メンバーは私とリーダー見習い中のぼくりん、冬期バリエーションデビューの消防士の3人。私もこのルートは初めてでしたが、今まで登った八ヶ岳のアルパインクライミングルートの24本中、もっとも楽しいルートでした。

会山行なので、他にも硫黄岳往復チーム、硫黄岳から横岳縦走チーム、石尊稜チーム、赤岳主稜チームと、全5チームでした。

美濃戸(7:10)〜行者小屋(8:50)〜取り付き(10:00)〜ショルダー終了(14:15)〜赤岳山頂(15:00)*主稜組を待つ〜地蔵尾根〜赤岳鉱泉(16:30)〜美濃戸(17:30) *はっきりとは覚えてないけど、だいたいこのくらい。

 

文三郎道から赤岳沢に下り、トラバースしてショルダーリッヂに取り付きます。

板状雪崩に気をつけながらトラバースし、雪壁を登り、尾根に出ます。

 

このルートは卦蕕ら元蕕らいの岩場が5ピッチ程続き、非常に楽しい。

今回は私がオールリードでしたが、プロテクションをしっかりとれるクライマーならリードが楽しめるでしょう。

 

ハーケン1枚と岩角を使ってビレー点を作ります。

 

冬期バリエーションデビューの消防士も余裕で登ってきます。

後で聞いたら「一生懸命で、楽しかったのか辛かったのかわからない」と言っていましたが。

 

無事登り終えました。

ぼくりんと消防士です。

 

あまり登る人がいないようですが、フェース、岩稜、雪のナイフリッヂ、雪壁など、様々な要素が詰まった、内容の濃いルートでした。

クライミンググレード自体は元蕕泙任任垢、様々な技術と判断を要求される好ルートです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

河又フリークライミング

2013-03-06 00:40:26 | フリークライミング

3月4日。河又に行ってきました。月稜会集会日恒例のトレーニングです。参加者は私のほかにSZK、うめちゃん、消防士、むーさんでした。

SZKがアップで登った「いきのいい奴」5.10aでうめちゃんもアップ。むーさんと消防士はこのルートが目標です。消防士はめでたくRP。

わしは5.10bくらいのでアップしようと「サファイア」に取り付く。しかし終了点直下で、岩の冷たさに指の感覚がなくなりテンション。2便目でも同じく指の感覚がなくなり、今度はフォール。「やけに難しい5.10bだなあ」と思いながら、3便目はSZKにカイロを借りてやっとRP。そのあと皆で登ってましたが、やっぱり難しそう。帰って来てからガイドブックを見て気がついたのですが、このルートは5.10dでした。ずっと5.10bだと思って登ってました。

「サファイア」5.10d。勘違いして5.10bだと思ってアップに使ってしまった。

難しいのは岩の冷たさのせいかと思っていたら、グレードを勘違いしていたんだね。

 

今日の目標は「スネークジュニア」5.11dでしたが、OSは逃し、時間がなくてRP出来ませんでした。

わしのクライミング人生で初めてプリクリップをした。

プリクリップは今まで「ポリシーに反する」と思ってやったことがなかったんだけど、どうしても1ピン目までの確信が持てずにやってしまった。

RPするときにはプリクリップはしないで登ろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加