Chimney角屋のClimbing log

基本的にはクライミングの日記ですが、ハイキング、マウンテンバイク、スキー、スノーボードなども登場するかも・・・。

クライミングをしない人に聞かせたいクライミングの話(その2)

2016-12-10 01:19:11 | 山とクライミングの話

クライミングが2020年のオリンピック種目に決まったことを、喜んでいないクライマーもいます。

私個人としてはうれしいと思っていますが、このことを喜んでいないクライマーの気持ちもわかります。クライミングの楽しさってなんなんだろうと考えてみると、「誰かに勝つ」ということは全く大きな要素ではないんですね。今できないこと、難しいことを鍛えて考えて、少しずつ克服してクリアする過程が楽しいのです。それも自然に囲まれた癒される場所でできたら、さらに楽しいのです。そして気の置けない仲間と競うだけではなく、一緒に励ましあいながら登れたらもっと楽しいのです。だからクライミングが「誰かに勝つ」という競争にしたくないのではないでしょうか。

そして、オリンピック種目になることで、クライミング人口が増えることは、クライミングに対する認知度が上がり、理解が深まることはよいのですが、岩資源の少ない日本、冒険的な文化が遅れている日本では、オーバーユースの問題も含んでいます。登れる岩場が少ないのにクライマーばかり増え、ルールやマナーに疎いクライマーが増えてしまったら、岩場に立ち入り禁止の看板が立ってしまう。そういうことも懸念しているのです。昔はクライマーといえば世間から異質の人種に思われていたかもしれませんが、数が少なかったせいで目立たないし、少々社会の流れに逆らった生き方をしていても、それほど一般社会に対する影響はなかった。でも今は違います。クライマーだってちゃんとした社会人でないと、世間から批判される対象になってしまいます。今年ちょっと話題になった「天然記念物にクサビ」問題もそうです。「クサビ」はクライマーが目立たなかった時代、岩が天然記念物に指定される前に打たれたものであっても、クライミングが世間一般に認知されるようになると、こういうことも表ざたになってきます。

だから私も、目立たないようにひっそりとクライミングを楽しんでいたい。あまりクライミング界を騒がしくしてほしくないという気持ちがよくわかります。でもそのままにしていたら、自分の世代は楽しめるかもしれないけど、やっぱりこの国におけるクライミングの認知度を上げて、冒険的な文化を成熟させないと、いまクライミングを初めて頑張ろうとしている子供たちに、クライミングが楽しめる環境を残せないかもしれないと思うのです。

安全が確保できるエリートスポーツとしても、自分の命を自分で守る冒険としても、誰も成し遂げられなかったことを成し遂げるチャレンジとしても、クライミングという文化は残していきたいと思うのです。


この記事をはてなブックマークに追加

クライミングをしたことのない人に聞かせたいクライミングの話

2016-12-07 01:10:42 | 山とクライミングの話

 スポーツクライミングが2020年の東京オリンピックの公式種目になり、都内を中心に日本の各地にクライミングジムが急激に増加しているようです。

もし渋谷の交差点で「クライミングをしたことのある人、いますかー?」と叫んだら、何人かの方は手を挙げるくらいにクライミングは認知されたスポーツになってきたような気がします。各地にクライミングジムができ、テレビでもスポーツクライミングが取り上げられる機会が増え、比較的手軽に体験できるスポーツになってきたように感じます。クライマーのファッションも一般的になっているような気がしますし、今ならクライミングウェアーを街できていても違和感がありません。

でも私がクライミングを始めた30年くらい前は、登山用ウェアーとしてのウェアーはありましたが、フリークライミングウェアーというのはグラミチくらいで、街で着ているとかなり違和感があったようです。私はその頃、グラミチのTシャツとズボンで、品川プリンスのトイレに入ったら、警備員に後をつけられました。不審者に思われたのでしょうね。それ以前のフリークライマーは、定職に就かず、岩場の近くで生活し、お金が無くなると街に戻って小遣い稼ぎをして、少しお金がたまると岩場に戻ってくる、いわゆる「バム」が多かったのですね。しかもいでたちは反社会的勢力のようなヒッピースタイルが多かったので、まっとうな社会人から見ればかなり異質な人種だったのだと思います。

今はジムに行っても岩場に行っても、ほとんどまっとうな社会人のレジャーやスポーツの場になっています。岩に触ったことがなくてもジムで強くなるクライマーのほうが多くなってきたようにも思います。人の殺し合いがスポーツになるくらいだから、危険な岩登りがスポーツになるくらいは全然不思議でもないのですね。

持論ですが、クライミングというのは本質的には冒険です。スポーツとして始めて冒険の世界を知るクライマーが増えていますが、それも良いと思います。本物の岩場でも、あらかじめボルトというプロテクションが設置されているスポートルートが多いのですが、さらに冒険的なのは、自分で何も人工物のない岩にプロテクションを設置しながら登るクライミングがあり、もっと冒険的なのは山の山頂をめざし、厳しい自然環境を克服して登るクライミングがあります。そのように考えると、今のクライミングというのは、私が体験してきた過程の逆を行っているような気がします。

私の出発点は厳しい山登りで、岩場の通過の練習が山岳地帯でのクライミング。さらに山岳地帯のクライミングでも特に厳しい条件の練習が、自分でプロテクションを設置しながら登る「トラディッショナルクライミング」。その中でも安全に非常に困難なクライミングを練習する場がスポーツクライミングでした。

そう考えると、今の社会で認知されつつあるクライミングって、私が経験してきたクライミングとは逆のアプローチになっているように思えるんです。


この記事をはてなブックマークに追加

高グレードにしか目が向かないのではさみしいクライミング

2016-09-02 01:10:46 | 山とクライミングの話

スポーツとしてのクライミングは盛り上がっているようだ。確かにクライミングはスポーツとして楽しめるアクティビティーだ。そしてスポーツクライマーの登るレベルは飛躍的に向上していて、始めて1年で5.12を登ったり、ボルダリングの初段を登ったりすることも珍しくないらしい。

しかしその反面、それだけ登れるクライマーが、岩場でのアプローチでつまらない怪我をしてしまったり、プロテクションのプアなルートで敗退したり、ぬれた岩の5.9/30mをリードするのに2時間かかったりするのはいかがなものか。またロワーダウンの途中でロープがスタックしてしまって降りられなくなったとき、解決方法がわからなかったりする。

こういうことを書いて発信するのは、登れなくなったクライマーの僻みと思われるかもしれないが、あえて発言してみる。クライミングというのは単なるスポーツではなく、冒険だ。冒険とは目的を果たすためのチャレンジであり、目的が果たせなくとも必ず生きて帰ってくることに対してのチャレンジだ。だから「勇気」「冷静な判断力」「豊富な知識」「賢さ」などが必要だ。ただの体操だったら、クライミングというオリンピック種目はいらない。体操床演技の垂直種目でいい。

私も子供たちのスポーツクライミングを指導する立場だけれど、クライミングをただの体操として教えたくない。クライミングの「精神」や「文化」は学んでほしいと願っている。


この記事をはてなブックマークに追加

今日はジュニアクライミングスクールの合同練習会でした

2016-08-27 01:04:47 | 山とクライミングの話

8月26日。今日はジュニアクライミングスクールの合同練習会でした。「アラジン」「ポケット」「ビッグロック」のジュニアクライミングスクールが合同で、過去2回「アッコマンカップ」というコンペを開催しましたが、今回は合同の練習会でした。

夏休みが終わっている子も多くて、親子合わせて15人ほどの練習会でしたが、普段ボルダリングジムで練習している子もトップロープやリードクライミングをみんなで練習し、保護者の方にはビレーを練習してもらうなど、豊富な内容(やることが多すぎたという反省もありました)が、1日中(時間が長すぎたという反省もありました)頑張って練習しました。

それでも、初めて会う子供同士でも、次第に打ち解けて励ましあったり、応援しあったり、登れなかった時は一緒に悔しがったり、お互いに刺激を受け、共に頑張る友達がいることを知ってくれたと思います。スポーツクライミングが2020年のオリンピック種目になり、今は子供たちのモチベーションが高まっているように見えますが、伸び悩んだ時や疲れた時、やはり一緒に頑張る仲間がいることが大切だと思うのです。一人で頑張り続けることはとても難しいことです。でも仲間がいればそういった壁も乗り越えられるかもしれません。だから、いつも一緒に練習している仲間のほかにも、違う場所で、同じように頑張っている仲間がいることを知ってほしいと思っています。競技者を目指す子供たちだけではなく、これからの長い人生を充実させて過ごすためにも、仲間と一緒にクライミングを続けてほしいという願いがこもった企画です。

また保護者の方には、子供たちが打ち込んでいるクライミングがどんなものか理解していただき、子供の練習のパートナーになってもらえるように考えていました。本気でクライミングをやりたいと思っている子供たちには、やはり親の理解と協力が必要です。親が子供を教えるむずかしさはあると思いますが、スクールで習ったことの反復練習や、子供の自主的なトレーニングのパートナーとして、ぜひ一緒に楽しんでもらいたいものです。

クライミングはそれだけ本気で打ち込む価値があるものだと信じています。これからも子供たちや、その保護者の方のサポートをしていきたいと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

スポーツクライミングが五輪競技に

2016-08-06 01:07:35 | 山とクライミングの話

昨日、ビッグロックのジュニアスクールでした。数名の生徒が「クライミングがオリンピックの種目になったね」と話しかけてきました。「ああ。この子たちも関心を持ってるんだな」と、ちょっとうれしい気持ちになりました。みんなオリンピック選手を目指して頑張ってくれるとうれしい。でも4年後の東京オリンピックでは正式種目になるけど、そのあとのオリンピックで正式種目になるかどうかは決まっていないらしい。

年齢的に東京オリンピックには間に合わないかもしれないけれど、もし本当に目指したいなら私もそれなりに努力して答えてあげなければ。ほかの指導者の力も借りたり、私の手元から放すことも含めて。

スポーツクライミングは、日本人が海外の選手に対して大きなハンディがない種目です。むしろ日本人に有利な種目かも。(スピードクライミングはどうか?) メダル獲得が大いに期待できる種目だと思います。だから、今後日本のクライミング界が盛り上がる可能性も大いにあるでしょう。

ただ、そうなったとき、心配なのが、「クライミング」がただの競技になってしまうことです。スポーツクライミングの選手が、岩を登ったことがない、という時代になってしまわないか。本物の岩登りを知らないクライマーがオリンピックのメダルを争うようなことになってしまったら、これは悲しいことです。岩登りは「冒険」です。自分の命を守りながら、体だけでなく頭や心をフル稼働して行う行為です。だから、スポーツクライミングでも、本当のクライミングの精神はなくしてほしくない。

ほかの種目を見ても、切れない刀で戦う剣術や、殴られても蹴られてもいたくない防具を身に着けて行う武術があるが、それはそれなりに、精神的なことは受け継ぐ努力もしての上だと思う。剣術がただの人殺しではなく、武術も人を傷つけるためのものではない精神。「何とか道」といわれるものは、世界共通の心惹かれる精神性がある。クライミングもそういう精神性を受け継ぐ努力をしたうえでスポーツとして発展していけばいいなと思う。


この記事をはてなブックマークに追加

スポートクライミングが全盛なのに、なぜこんなルートを登るのか。

2016-05-29 01:06:32 | 山とクライミングの話

先日登った岩場。遠くから眺めて、気になっていたのだが、実際にそこに行くまで何年も経過してしまった。行ってみると、古い残地支点が見つかったものの、その先は登られていないようだ。ほかのラインも手つかずのように見える。実際登ってみて、ほかに残地支点がないということは、完登されていない岩場だと思われる。

首都圏から近い岩場の中ではスケールが大きい。しかし、高難度なフリークライミングを行うような傾斜でもない。アプローチも1時間ほどかかるし、道もない。そこで繰り広げられるとしたら、ワイルドなトラディッショナルなクライミングしかないのだと思う。花崗岩なのにクラックは閉じてしまっているので、グランドアップで登る場合、ピトンや手打ちのボルトも必要になる。時にはボルトを打っている途中に墜落することもある。たとえ満足にナチュラルプロテクションが取れなくても、グランドアップでフリークライミングをするのがトラディッショナルだと思う。だから、この岩場はそのスタイルで登りたい。この岩場にふさわしい登り方だ。

若いクライマーがたった数年で5.12とか5.13とかを登ってしまう。フリークライミングがオリンピック種目にもなろうとしている。多くの子供たちもクライミングスクールに通い始めている。そんな時代に、なぜこんな時代遅れの登り方にこだわるのか?

私には譲れない理由がある。私は今のところせいぜい頑張っても5.12しか登る実力がない。もっと登れるように努力はしているのだけれど、そもそも登れるようになりたい理由は落ちたくないからだ。本来クライミングというのは落ちたら大変なことなのだ。もとをただせば、クライミングとは山登り。山登りに険しい岩場が出てくる。ここで落ちるわけにはいかない。だから、もし登る自信がなければ、登る自信がつくまで岩登りの練習をして、再度チャレンジするものなのだ。

私のクライミングの原点にはこういうことがある。落ちてもいい環境でクライミング技術を高める。だけど本来の目的は、落ちてはいけない岩場を登りきること。今回のような、まだ誰も登ってない岩を下からプロテクションを構築しながら登りきること。いくらスポートクライミングが上手でも、それだけでは成し遂げられないクライミングだ。しかしこれがクライミングの本質だと思う。だから私はこういうルートを登るし、登れたら、できるだけ発表して、若くて上手なクライマーにも、体験してほしいと思うのです。つまりジムナスティックなだけではなく、登る技術に裏付けされながらも、精神力の強さと知恵や経験を総動員しなければ登れないようなクライミングを衰退させたくないのです。

この先の1手を出していいのか、出してはいけないのか。そういうことを常に考えながら進んでいく、または引き返してくる。そういうクライミングは絶対受け継いでいくべきだと思うのです。


この記事をはてなブックマークに追加

懸垂下降時におけるバックアップの是非について

2016-03-18 01:05:05 | 山とクライミングの話

私は懸垂下降の際、バックアップを取らない。主な理由は「不要だから」だ。しかし、さらに言えば「とっさのときには危険を伴うから」だ。

初心者に懸垂下降させる際、フリクションノットやシャントなどでバックアップを取ることが常識と思っている方が多いような気がする。しかし私は初心者に懸垂下降をさせる際は、あらかじめ懸垂下降をする手順を教えておくことはもちろんだが、まず初心者に下降器をセットし、そのセットをしたまま、自分が先に降り、そのまま少しロープを緩めた状態で懸垂下降をさせる。バックアップは取らせない。初心者がミスをした場合でも私が止められるようにするためだ。こうして初心者も懸垂下降に慣れてくる。技術の習熟を優先するのだ。

さて、バックアップを取る理由とは何か。一つは握ったロープを放してしまった場合でも止まるように、ということだろう。しかしこれが危ないのだ。なぜかというと、不意に落下してしまったような場合、たぶんとっさに目の前にある何かをつかみたくなる。バックアップを取っているのだから、何もつかまなくてもよいのだけれどつかみたくなる。それが放してしまったロープなら、手に火傷を負っても止められる可能性があるが、つかんだものがフリクションノットの結び目だったり、シャントの本体だったらもう止まらない。フリクションノットやシャントは、握らずに荷重をかければ止まるのだけど、握ってしまうとフリクションがなくなり止まってくれないのだ。いざというとき、人間はとっさに握ったり力を入れたくなる。なのにいざというときに放したり力を緩めたりするのは難しいのだ。

二つ目の理由は、下降中に両手を放して作業できるように、ということだろう。確かに下降中、ロープが絡まっていたりした場合、両手を使いたい。バックアップを取っていれば、すぐに両手を放して作業ができる。ただしバックアップが効いているか確認したうえで、である。ところが両手を放して作業をしているときに、ちょっとバランスを崩した場合など、やはりまた何かをつかみたくなるだろう。つかんだものがフリクションノットの結び目やシャントの本体だったらそのまま落下してしまう。だから私は両手を放したい場合はすぐにロープを固定してしまう。一手間かかるが、慣れればほんの数秒でできるようになる。

「バックアップを取っているから安心」と思うのは非常に危険だと感じる。それよりも注意を怠らないということを習慣づけるほうが、私は安全だと思う。そのうえで下降の際のロープの固定法を身に着けたり、ミスを犯さないように下降技術を習熟させるほうが安全だと思うのだ。

似たような話だが、私が人に懸垂下降を教えていた際、周りの人が「末端のロープは結ばなきゃダメでしょ」と言っていたが、それについても、私は結ばない。絶対に結ばないわけではなく、時と場合によっては結ぶが、私が先に降りる場合は結ばない。結んだために起こるトラブルも多いということもあるし、私は懸垂下降中、常にロープの末端を意識しているから。次に降りてくる人のために末端を結ぶことは頻繁にある。懸垂下降の際、ロープの末端を結ぶというのも、「バカの一つ覚え」となってはいけないのだ。「何のために」「落ちて止まった後の対処方法」までできて一つのマニュアルだ。そこまでわかっていないと単なる儀式に過ぎない。


この記事をはてなブックマークに追加

尊敬するクライマー

2016-03-10 00:56:42 | 山とクライミングの話

今日もビッグロックで登っていました。常連のY村さんがいました。

尊敬するクライマーは、著名なクライマーをはじめ、何人もいますが、Y村さんという普通のおばあちゃん(失礼)クライマーは尊敬に値する。御年うん十歳の、見る人によれば「おばあちゃんクライマー」だ。身長もちっちゃい彼女は、年のことも身長のことも言い訳にしたことがない。ただ黙々と自分の目標ルートに励んでいる。今日はビッグルーフの5.10dにチャレンジしていた。ムーブもきれいで、途中まで難なくこなしていたけど、遠いホールドを取りに行くところで行き詰っていた。でも彼女は身長が低いことなど言い訳にしない。どうしたら届くのか、精一杯考えてトライしている。

ふと思った。若いクライマーで登れるクライマーはたくさんいるけれど、彼女がその年ならすごいクライマーだっただろうと・・・。

彼女のように直向きに目標に挑む姿は美しい。今、どれくらい登れるとか、誰かよりも登れるとかではなく、いつも向上心を持って頑張っている人は、私の胸を打つ。

自分もこうでありたい。他人を批評したり、他人に勝ちたいとかではなく、登るのが好きで登れるようになりたいという純粋な気持ちでクライミングを続けていきたい。


この記事をはてなブックマークに追加

自分の立ち位置が分からなくなってきたクライミング

2016-02-25 01:21:51 | 山とクライミングの話

自己規定するつもりはないのですが、いったい自分はアルパインクライマーなのかフリークライマーなのか、何が何だか分からなくなってきた。

アルパインをやっているときにはアルパインクライマーで、フリークライミングをしているときはフリークライマーでいいのではないか、と思ってやってきたのですが、今年は暖冬のせいか、山に行く気がしないので、フリークライミングばかりしている。フリークライミングはそれ自体楽しいので良いのだけど、どうもなじめないところがある。

私は、アルパインクライミングでは当たり前に出てくる絶対に落ちてはいけないところで、自信を持って登れるようになりたいと思って、フリークライミングをトレーニングと位置付けて始めた者にとっては、どうも今の現状はしっくりこない。というのは、今一緒に登っている仲間はアルパインクライミングをしないクライマーだからかもしれないが、求めるものがグレードや有名ルート。11aが登れたら即11b。11bが登れたら即11cという具合にチャレンジしていく。そのチャレンジ精神はうらやましくもあるが、12aをレッドポイントしていながら11bぐらいでオンサイトできないのでは、私としては納得がいかない。

私も年を取ってきて、なかなか上達しなくなってきたが、オンサイトグレードとレッドポイントグレードは2グレードにとどめておきたいと思う。それだけ積み重ねが大切だと思っているのだ。でも、そういう登り方をする人が少なくなってきたなあ。ちょっとついていけない感じがする。

それから、岩のコンディションや変なマナーに神経質なところ。もちろん岩場でのマナーは大切なことだけど、マナーの本質が変わってきてしまっている。

コンディションを気にしすぎるクライマーがすごく多い気がする。「ぬめる」が口癖で、登れなかった言い訳が「ぬめる」。体質かどうかわからないけど、私は山岳クライミングルートでは、ぬれていても登らなければならないのが当たり前だから、多少手汗をかくくらい気にしない。また、気温が高いとか陽があたっているということを気にするのも、自分としてはよくわからない。といか、そんなことを登れない理由にしたくない。そんなことを理由にしていたら自然の岩場を登ることはできない、ましてや山岳ルートなんか登れっこないと思うから。まあ、スポーツとして楽しむ分にはそれでもいいかもしれないが、自然を相手にやるんだったら、そんなに神経質にやってたら、いつまでたっても登れるようにはならないと思う。

そういう意味でもブラッシングにこだわるのも善し悪しだ。岩場のブラッシングについてよく言われるようになったのは10数年くらい前のことのような気がする。それ以前は岩場に行ってもブラシを持っている人は少なかった。岩にはチョークの跡がつくので、常に自然の状態のままを保つためには、みんながブラッシングするほうがいいのは当たり前だけど、「ブラッシングしよう」というのは、そういう意味で一般的になってきたのだと思う。でも最近では、フリクションをよくするためにブラッシングしなければならないという意味で行われているようだ。自分が登った後には、次に登る人のためにブラッシングしなければならない、という意味で、ブラッシングがマナーと思われている。次に登る人のためにブラッシングするのはよいことではあるが、あまりにもブラッシングにこだわって、次の人が待っているのに、いつまでもゴシゴシしていて時間がかかるのも困ったものだ。私はブラッシングしたからと言って、それほどフリクションの違いを感じないので、前の人は登り終えたら早く降りてきてほしいのですが、いつまでもゴシゴシしてると、「いいからはやく降りてきてくれないかなあ」と思うこともあるのです。自分がフリークライマーとして間違っているのかなあ。でもそれがフリークライマーとして当たり前だというのなら悩む。スラブなのに「アルミハンガーでは登りたくない」みたいな。

よくわからなくなってきちゃったけど、クライミングって「冒険」じゃなくて、単なる安全が確保された中での「スポーツ」だとしたら、自分にとってはあまり価値がない。


この記事をはてなブックマークに追加

力を抜いたら、きっといい結果が出る(かも)

2015-12-28 21:14:16 | 山とクライミングの話

1日で読めます。

今までなんとなく「こういう風に生きられるようになりたい」と思っていたことが書かれていた。

背中を押されたような気持ちになりました。

クライミングや山に関して言えば、誰かを意識して登ったり、負けたくないと思ったり、

そんなこと考えなくてもいいんだ、と思いました。

そう。自分が充実したクライミング、山登りが出来ればそれでいいんじゃないのか?

その日に成果がなくても、山頂を踏まなかったとしても、

きっとやったことは無駄にはならない。

楽しく登っていれば、きっと長く登ることもできるだろう。

そうすればいつかは、今考えている目標に達するかもしれない。

 

とりあえず「早起き」から始めよう。

後は、その日の成果に一喜一憂しない。

 

今日はそんな気持ちで城ヶ崎に行ってきました。

目標のルートはレッドポイント出来ませんでしたが、小さな進歩はありました。

「レッドポイント出来なかった」という事実より、「小さな進歩があった」ということを大切に思えました。


この記事をはてなブックマークに追加