Chimney角屋のClimbing log

基本的にはクライミングの日記ですが、ハイキング、マウンテンバイク、スキー、スノーボードなども登場するかも・・・。

スポートクライミングが全盛なのに、なぜこんなルートを登るのか。

2016-05-29 01:06:32 | 山とクライミングの話

先日登った岩場。遠くから眺めて、気になっていたのだが、実際にそこに行くまで何年も経過してしまった。行ってみると、古い残地支点が見つかったものの、その先は登られていないようだ。ほかのラインも手つかずのように見える。実際登ってみて、ほかに残地支点がないということは、完登されていない岩場だと思われる。

首都圏から近い岩場の中ではスケールが大きい。しかし、高難度なフリークライミングを行うような傾斜でもない。アプローチも1時間ほどかかるし、道もない。そこで繰り広げられるとしたら、ワイルドなトラディッショナルなクライミングしかないのだと思う。花崗岩なのにクラックは閉じてしまっているので、グランドアップで登る場合、ピトンや手打ちのボルトも必要になる。時にはボルトを打っている途中に墜落することもある。たとえ満足にナチュラルプロテクションが取れなくても、グランドアップでフリークライミングをするのがトラディッショナルだと思う。だから、この岩場はそのスタイルで登りたい。この岩場にふさわしい登り方だ。

若いクライマーがたった数年で5.12とか5.13とかを登ってしまう。フリークライミングがオリンピック種目にもなろうとしている。多くの子供たちもクライミングスクールに通い始めている。そんな時代に、なぜこんな時代遅れの登り方にこだわるのか?

私には譲れない理由がある。私は今のところせいぜい頑張っても5.12しか登る実力がない。もっと登れるように努力はしているのだけれど、そもそも登れるようになりたい理由は落ちたくないからだ。本来クライミングというのは落ちたら大変なことなのだ。もとをただせば、クライミングとは山登り。山登りに険しい岩場が出てくる。ここで落ちるわけにはいかない。だから、もし登る自信がなければ、登る自信がつくまで岩登りの練習をして、再度チャレンジするものなのだ。

私のクライミングの原点にはこういうことがある。落ちてもいい環境でクライミング技術を高める。だけど本来の目的は、落ちてはいけない岩場を登りきること。今回のような、まだ誰も登ってない岩を下からプロテクションを構築しながら登りきること。いくらスポートクライミングが上手でも、それだけでは成し遂げられないクライミングだ。しかしこれがクライミングの本質だと思う。だから私はこういうルートを登るし、登れたら、できるだけ発表して、若くて上手なクライマーにも、体験してほしいと思うのです。つまりジムナスティックなだけではなく、登る技術に裏付けされながらも、精神力の強さと知恵や経験を総動員しなければ登れないようなクライミングを衰退させたくないのです。

この先の1手を出していいのか、出してはいけないのか。そういうことを常に考えながら進んでいく、または引き返してくる。そういうクライミングは絶対受け継いでいくべきだと思うのです。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

懸垂下降時におけるバックアップの是非について

2016-03-18 01:05:05 | 山とクライミングの話

私は懸垂下降の際、バックアップを取らない。主な理由は「不要だから」だ。しかし、さらに言えば「とっさのときには危険を伴うから」だ。

初心者に懸垂下降させる際、フリクションノットやシャントなどでバックアップを取ることが常識と思っている方が多いような気がする。しかし私は初心者に懸垂下降をさせる際は、あらかじめ懸垂下降をする手順を教えておくことはもちろんだが、まず初心者に下降器をセットし、そのセットをしたまま、自分が先に降り、そのまま少しロープを緩めた状態で懸垂下降をさせる。バックアップは取らせない。初心者がミスをした場合でも私が止められるようにするためだ。こうして初心者も懸垂下降に慣れてくる。技術の習熟を優先するのだ。

さて、バックアップを取る理由とは何か。一つは握ったロープを放してしまった場合でも止まるように、ということだろう。しかしこれが危ないのだ。なぜかというと、不意に落下してしまったような場合、たぶんとっさに目の前にある何かをつかみたくなる。バックアップを取っているのだから、何もつかまなくてもよいのだけれどつかみたくなる。それが放してしまったロープなら、手に火傷を負っても止められる可能性があるが、つかんだものがフリクションノットの結び目だったり、シャントの本体だったらもう止まらない。フリクションノットやシャントは、握らずに荷重をかければ止まるのだけど、握ってしまうとフリクションがなくなり止まってくれないのだ。いざというとき、人間はとっさに握ったり力を入れたくなる。なのにいざというときに放したり力を緩めたりするのは難しいのだ。

二つ目の理由は、下降中に両手を放して作業できるように、ということだろう。確かに下降中、ロープが絡まっていたりした場合、両手を使いたい。バックアップを取っていれば、すぐに両手を放して作業ができる。ただしバックアップが効いているか確認したうえで、である。ところが両手を放して作業をしているときに、ちょっとバランスを崩した場合など、やはりまた何かをつかみたくなるだろう。つかんだものがフリクションノットの結び目やシャントの本体だったらそのまま落下してしまう。だから私は両手を放したい場合はすぐにロープを固定してしまう。一手間かかるが、慣れればほんの数秒でできるようになる。

「バックアップを取っているから安心」と思うのは非常に危険だと感じる。それよりも注意を怠らないということを習慣づけるほうが、私は安全だと思う。そのうえで下降の際のロープの固定法を身に着けたり、ミスを犯さないように下降技術を習熟させるほうが安全だと思うのだ。

似たような話だが、私が人に懸垂下降を教えていた際、周りの人が「末端のロープは結ばなきゃダメでしょ」と言っていたが、それについても、私は結ばない。絶対に結ばないわけではなく、時と場合によっては結ぶが、私が先に降りる場合は結ばない。結んだために起こるトラブルも多いということもあるし、私は懸垂下降中、常にロープの末端を意識しているから。次に降りてくる人のために末端を結ぶことは頻繁にある。懸垂下降の際、ロープの末端を結ぶというのも、「バカの一つ覚え」となってはいけないのだ。「何のために」「落ちて止まった後の対処方法」までできて一つのマニュアルだ。そこまでわかっていないと単なる儀式に過ぎない。


この記事をはてなブックマークに追加

尊敬するクライマー

2016-03-10 00:56:42 | 山とクライミングの話

今日もビッグロックで登っていました。常連のY村さんがいました。

尊敬するクライマーは、著名なクライマーをはじめ、何人もいますが、Y村さんという普通のおばあちゃん(失礼)クライマーは尊敬に値する。御年うん十歳の、見る人によれば「おばあちゃんクライマー」だ。身長もちっちゃい彼女は、年のことも身長のことも言い訳にしたことがない。ただ黙々と自分の目標ルートに励んでいる。今日はビッグルーフの5.10dにチャレンジしていた。ムーブもきれいで、途中まで難なくこなしていたけど、遠いホールドを取りに行くところで行き詰っていた。でも彼女は身長が低いことなど言い訳にしない。どうしたら届くのか、精一杯考えてトライしている。

ふと思った。若いクライマーで登れるクライマーはたくさんいるけれど、彼女がその年ならすごいクライマーだっただろうと・・・。

彼女のように直向きに目標に挑む姿は美しい。今、どれくらい登れるとか、誰かよりも登れるとかではなく、いつも向上心を持って頑張っている人は、私の胸を打つ。

自分もこうでありたい。他人を批評したり、他人に勝ちたいとかではなく、登るのが好きで登れるようになりたいという純粋な気持ちでクライミングを続けていきたい。


この記事をはてなブックマークに追加

自分の立ち位置が分からなくなってきたクライミング

2016-02-25 01:21:51 | 山とクライミングの話

自己規定するつもりはないのですが、いったい自分はアルパインクライマーなのかフリークライマーなのか、何が何だか分からなくなってきた。

アルパインをやっているときにはアルパインクライマーで、フリークライミングをしているときはフリークライマーでいいのではないか、と思ってやってきたのですが、今年は暖冬のせいか、山に行く気がしないので、フリークライミングばかりしている。フリークライミングはそれ自体楽しいので良いのだけど、どうもなじめないところがある。

私は、アルパインクライミングでは当たり前に出てくる絶対に落ちてはいけないところで、自信を持って登れるようになりたいと思って、フリークライミングをトレーニングと位置付けて始めた者にとっては、どうも今の現状はしっくりこない。というのは、今一緒に登っている仲間はアルパインクライミングをしないクライマーだからかもしれないが、求めるものがグレードや有名ルート。11aが登れたら即11b。11bが登れたら即11cという具合にチャレンジしていく。そのチャレンジ精神はうらやましくもあるが、12aをレッドポイントしていながら11bぐらいでオンサイトできないのでは、私としては納得がいかない。

私も年を取ってきて、なかなか上達しなくなってきたが、オンサイトグレードとレッドポイントグレードは2グレードにとどめておきたいと思う。それだけ積み重ねが大切だと思っているのだ。でも、そういう登り方をする人が少なくなってきたなあ。ちょっとついていけない感じがする。

それから、岩のコンディションや変なマナーに神経質なところ。もちろん岩場でのマナーは大切なことだけど、マナーの本質が変わってきてしまっている。

コンディションを気にしすぎるクライマーがすごく多い気がする。「ぬめる」が口癖で、登れなかった言い訳が「ぬめる」。体質かどうかわからないけど、私は山岳クライミングルートでは、ぬれていても登らなければならないのが当たり前だから、多少手汗をかくくらい気にしない。また、気温が高いとか陽があたっているということを気にするのも、自分としてはよくわからない。といか、そんなことを登れない理由にしたくない。そんなことを理由にしていたら自然の岩場を登ることはできない、ましてや山岳ルートなんか登れっこないと思うから。まあ、スポーツとして楽しむ分にはそれでもいいかもしれないが、自然を相手にやるんだったら、そんなに神経質にやってたら、いつまでたっても登れるようにはならないと思う。

そういう意味でもブラッシングにこだわるのも善し悪しだ。岩場のブラッシングについてよく言われるようになったのは10数年くらい前のことのような気がする。それ以前は岩場に行ってもブラシを持っている人は少なかった。岩にはチョークの跡がつくので、常に自然の状態のままを保つためには、みんながブラッシングするほうがいいのは当たり前だけど、「ブラッシングしよう」というのは、そういう意味で一般的になってきたのだと思う。でも最近では、フリクションをよくするためにブラッシングしなければならないという意味で行われているようだ。自分が登った後には、次に登る人のためにブラッシングしなければならない、という意味で、ブラッシングがマナーと思われている。次に登る人のためにブラッシングするのはよいことではあるが、あまりにもブラッシングにこだわって、次の人が待っているのに、いつまでもゴシゴシしていて時間がかかるのも困ったものだ。私はブラッシングしたからと言って、それほどフリクションの違いを感じないので、前の人は登り終えたら早く降りてきてほしいのですが、いつまでもゴシゴシしてると、「いいからはやく降りてきてくれないかなあ」と思うこともあるのです。自分がフリークライマーとして間違っているのかなあ。でもそれがフリークライマーとして当たり前だというのなら悩む。スラブなのに「アルミハンガーでは登りたくない」みたいな。

よくわからなくなってきちゃったけど、クライミングって「冒険」じゃなくて、単なる安全が確保された中での「スポーツ」だとしたら、自分にとってはあまり価値がない。


この記事をはてなブックマークに追加

力を抜いたら、きっといい結果が出る(かも)

2015-12-28 21:14:16 | 山とクライミングの話

1日で読めます。

今までなんとなく「こういう風に生きられるようになりたい」と思っていたことが書かれていた。

背中を押されたような気持ちになりました。

クライミングや山に関して言えば、誰かを意識して登ったり、負けたくないと思ったり、

そんなこと考えなくてもいいんだ、と思いました。

そう。自分が充実したクライミング、山登りが出来ればそれでいいんじゃないのか?

その日に成果がなくても、山頂を踏まなかったとしても、

きっとやったことは無駄にはならない。

楽しく登っていれば、きっと長く登ることもできるだろう。

そうすればいつかは、今考えている目標に達するかもしれない。

 

とりあえず「早起き」から始めよう。

後は、その日の成果に一喜一憂しない。

 

今日はそんな気持ちで城ヶ崎に行ってきました。

目標のルートはレッドポイント出来ませんでしたが、小さな進歩はありました。

「レッドポイント出来なかった」という事実より、「小さな進歩があった」ということを大切に思えました。


この記事をはてなブックマークに追加

拍手で送りたいと思います。

2015-12-23 01:16:51 | 山とクライミングの話

毎年、山の仲間が亡くなっていく。昨日までは、「今年は親しい仲間が亡くならなくて良かった。」と思っていたのに、この年末になって同じ会の仲間が山で亡くなってしまった。

電車にひかれても死ななそうな彼女が、山で滑落して亡くなってしまった。「人はだれもが死ぬ」ということが疑う余地がないことであると思い知らされる。

私は彼女と山に行ったのはたった数回だ。でも彼女は世界的にもその名を知られたクライマーだから、フェースブックなどでも、彼女の死に対してのコメントがあふれてる。みんな悲しいのだ。誰だって、もう彼女と会うことが出来ないと思えば悲しい。私が彼女に最後に会ったのは2か月前のことだ。海外の山に出かける当日で、二つのザックを体の前と後ろにつけて空港に向かっていくところだった。「じゃあ、行ってきます。」「帰ってきたら、何処か誰も登っていない氷を登りましょう」が最後の言葉だったが、彼女らしく、いかにも近所に買い物にでも出かけるように去って行った。その山からは無事に帰ってきたことは知っていたけれど、それ以降は会う機会が無かった。

実は私は彼女が苦手だった。「嫌い」というのではない。2011年。東日本大震災の後、私は「被災地にクライマーを送る会」を仲間と立ち上げて、震災直後の1週間後。第1陣として彼女が現地にボランティアで入ってくれたのだった。10日間ほどの活動を終え、その時に一緒に行った他の仲間が心に傷を負って帰って来た。それを心配した彼女は、私に「どうしてくれるんですか。角屋さんのせいですよ。なんとかしてください。」と迫ってきた。今は時間が経って、彼女は何とも思っていないようだったけど、私にはあの時の彼女の言葉が体の真ん中に重く沈んでいるのだ。だから、あの言葉をもらって以来、ずっと彼女が苦手だったのだ。嫌いだったのではない。自分の思ったことをストレートに言う相手にビビっていたのだ。でもそんな彼女が魅力的でもあった。うらやましかった。

うらやましいと言えば、彼女の人生そのものがうらやましかった。私はこのご時世、週休1日。何処の山に行っても日帰りだ。でも彼女のように、山で生きて行くと割り切った人生を送れる人がうらやましく思える。多分、自分の一番好きなことに人生をかけることが出来たのだと思う。それに値する成果を残してきた。彼女の人生は良い人生だったと思う。だから、拍手で送りたい。

みんな悲しんでいるのかもしれないけれど、自分が死んでいく時のことを考えると、みんなに悲しんでもらうより、「君の人生は素晴らしかった」と、拍手を送ってもらった方がうれしいじゃないか。


この記事をはてなブックマークに追加

これからのクライミング人生が変わるかも知れない「アッコマンカップ」

2015-08-22 00:58:25 | 山とクライミングの話

今日、クライミングの子供たちのイヴェント「アッコマンカップ」を行いました。

私が講師をさせていただいている「ビッグロック スポーツクライミング ジュニアスクール」と、私の友達の経営する「アラジン」のキッズスクールで企画したクライミングコンペです。そこにいつもビッグロックで練習している「フォーチュン クライミング」。「ポケット」のキッズスクールからも参加者を募り、16名の小学生・中学生で行いました。第1回なのでこじんまりとした大会ではあったのですが、多くの保護者やボランティアもかかわってくださり、よい雰囲気の中で盛り上がることが出来ました。また、賞品を提供してくださった「イヴォルブ ジャパン様」「ペツル(福原様)」「狩野様」。子供たちのためにアイスを差し入れてくれたボランティアのあつこさん。もちろん、定休日にも関わらず会場を提供してくださり、応援に駆けつけてくださった「ビッグロック」の親分と姉御。みんなに大感謝です。

私が子供たちに伝えたかったこと。それは、「今日、競い合うのは『敵』ではなく、お互いに励まし合う『仲間』」だと言うこと。そして、「挑む者は『競技相手』ではなく、『目の前に立ちはだかる壁』」だと言うことです。自分より優れている人をねたんだり羨んだりするのではなく、自分より登れない人を軽んじるのではなく、尊敬し励まし合って、自分も努力していってほしいと言う願いを込めて、この「アッコマンカップ」を行いました。それがうまく伝わったのか、結果的には、初めて顔を合わせた者同士も会話を交わし、声援を送ることが出来ていたのは、自分にとっては本当にうれしいことでした。

 

参加者同士、言葉を交わし、励まし合って課題に挑む姿に感激しました。

 

かわいい「キッズ(小学生低学年)クラス」の入賞者。

入賞出来なかった子たちも、まだ始まったばかりだ。

目標を持って、そしてよい仲間と励まし合って登り続けてほしい。

 

わたしは、このイヴェントを行ってみて思いました。

私自身が登れるようになるのは、もちろん楽しい。

でも、この子たちのためにも自分は登り続けてみたい。

「クライミングが自分の人生をどれだけ豊かにしてくれるか」

「一緒に登り続ける仲間がどれだけ大切か」

そういう共感を持ちたいから。

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

クライマーである前に人間であれ

2015-07-30 01:11:47 | 山とクライミングの話

7月29日(水)。小川山に行きました。

クライミングしに行ったのではなく、子供たちのクライミング体験のイベントのお手伝いだったのです。

行くまでに甲府盆地では土砂降り。でもここでは雲は多いものの、日が差す天気。

いつも思うのですが、ここは特異な天候です。標高の高いところにある盆地地形だからかな。

イベントは午後からだったので、午前中は自然の中でまったりしました。

でも瑞牆の落ち着き(今年はそうでもないのかな)と比べ、ここは人が多くてあまり落ち着かない。

 

現地で、小川山でのクライミングに長年深くかかわり続けてきているFさんからお話しを伺いました。

ここ小川山でも、これだけ沢山の人が出入りしていると、様々なトラブルがある。

クライマーに限らないが、いわゆるモンスタークレーマーのような人とか、保険金目当ての被害届など、

この自然環境のさわやかさに似つかわしくない出来事が沢山起きているらしい。

キャンパーにしてもクライマーにしても、このキャンプ場や周辺の自然を使わせてもらって楽しんでいるはずなのに、

「自分はお客だ。だから我がままをいっても許される。」と思っている人が少なからずいることに驚いた。

クライマーに考えてほしいことは、村やキャンプ場は快適なキャンプ地を提供しているのであって、

クライミング施設を提供しているのではない、と思うのだがどうだろうか。

クライマーは岩を利用して楽しむ。

ハイカーは登山道を利用して楽しむ。

それは個々が自立したクライマー、ハイカーとして行うべき行為であって、

村やキャンプ場に提供してもらうアクティビティーでは(原則としては)無いはずだろう。

だからわれわれクライマーやハイカーは、村やキャンプ場に極力迷惑をかけないように心がけることも必要だと思う。

ましてや、情報として伝えるならともかく、ハイキングやクライミングに関するクレームをキャンプ場の事務所にたたきつけるようなことはやるべきではないだろう。

 

あちこちの岩場でクライマーと地元の人との間のトラブルが発生している。

しかしその原因の多くが、クライマーであることの問題というより、人間としての問題が原因となっているようだ。

クライマーとしては、地元の人や一般の社会がクライミングというアクティビティーを十分に理解していないことによる溝は埋めて行かなくてはならないと思うが、個々の人間としての行動に問題がある場合は何ともし難い。

私も自戒の念を込めて「クライマーである前に、人間であれ。」

 


この記事をはてなブックマークに追加

クライマーのバランス感覚

2015-06-13 01:32:42 | 山とクライミングの話

私は長年クライミングをつづけてきたが、振り返ってみて、「クライマーとしてのバランスをたもつこと」がテーマだったのではないかと思う。

「バランス」といっても、クライミング中の「重心を保つ」という意味ではない。クライマーしての必要な要素をバランスよく保つということだ。「要素」というのは、もちろん「フリークライミング能力」や、「探究心」「チャレンジ精神」。「知識」や「経験」。「山での生活力」「サバイバル能力」。基本的なものとして「身体持久力」や「瞬発力」「精神力」。他のもクライマーにとっていろいろな必要な要素があると思うが、こういうものを考えて、今、自分にかけているものを補おうとして、その時の行動が決まって来たように思う。

最初は、何しろ「自分で山頂を踏めるようになりたい」という思いから、一人で山歩きを始めた。いろいろ考えて、山での生活能力を高めてきた。それと同時に体力も人並み以上にあることを確認してきた。(若かったから?)

そのうち、ただの山歩きに満足できず、四季を問わず、より困難なルートから山頂を目指すアルパインクライミングを目指すようになった。フリーソロから始めたが、すぐに限界が見えてしまって、ガイドについて、はじめはゲレンデでのフリークライミングから始め、アルパインを経験した。フリークライミングに比べれば、アルパインクライミングの技術レベルは簡単だった。私は「探究心」というか「冒険心」が先行していたためか、すぐに単独でのアルパインクライミングを始めた。

「探究心」が先行したため、「ルート開拓」に手を出すようになった。私のルート開拓は、基本的にグランドアップだ。「ルートを作る」というのが目的ではなく、「誰も登っていないところを登る」ということが目的だから。これは冬期のクライミングでも同様だった。

しかし、そんなことをやっていると、自分の「フリークライミング能力」の無さに気が付いてくる。だから最近は、フリークライミングに費やす時間が、圧倒的に多い。仲間には「角屋はフリークライマーになった」と思われるくらいだ。

しかし、最近はフリークライミングが楽しくて、しかもアルパインクライミングに比べてプレッシャーが少なく、多少気楽なので、ちょっとチャレンジ精神が足りなくなってきているかな?と思っている。フリークライミングでも、ルートによってはすごいプレッシャーや緊張感はあるけど、人間の強さを総合的に発揮しなければならないアルパインクライミングは、かなり重い荷物になりつつある。

そんな自分を克服するためにも、この夏は何かしようと考えている。死ぬまでにやりたい事は、やりきれないくらいあるから。

この記事をはてなブックマークに追加

東京都山岳連盟の総会出席してきました。

2015-05-27 01:07:05 | 山とクライミングの話

東京都山岳連盟の総会に出席してきました。山の雑誌が増えているのに、なぜ山岳会は盛り上がらないのか?その答えは簡単。山は組織に入らなくても個人で自由に登れる。山岳会という縛りがない単独や、気のあった仲間同士という弛いグループが好まれるから。そういった環境のなか、都岳連の存在意義って何なのか?みんな一生懸命考えて、講習会を企画したり、保険を考えたり、救助隊を組織したりしているけど、登山者個々にはなかなか伝わらない。都岳連のような組織が一番やらなくてはならない事は「登山文化の熟成」じゃないのか?と思う。日本の社会で登山という文化を、より価値の高いものとして認めてもらうための働きが求められているんじゃないかと思うのです。
内向きの組織はお友だちの集まりになってしまう。魅力がない。内側を大切にしながらも、視点は外に向かわなければ衰退するばかりだ。
理事の選挙もあったので、今後に期待しています。

ただし、意見を述べるなら、ちゃんと総会に出ていうべきですね。まずは関心をもって望まないとだめです。


この記事をはてなブックマークに追加