Chimney角屋のClimbing log

基本的にはクライミングの日記ですが、ハイキング、マウンテンバイク、スキー、スノーボードなども登場するかも・・・。

第2回アッコマンカップ

2016-04-02 00:48:50 | フリークライミング

4月1日。第2回「アッコマンカップを開催しました。今回は「アラジン」をお借りして行いました。

「アッコマンカップ」は私が担当する「ビッグロック スポーツクライミング ジュニアスクール」と、「アラジンクライミングジム」と、「クライミングジム ポケット」に通うジュニアスクールの生徒を対象としたコンペです。ほかにも数名が参加し、今回は19名で開催しました。

午前中はボルダリングの特設課題。午後は遊びの要素を取り入れたトラバース競技や、規制のテープ課題、同時にトップロープとリードのルート競技を行いました。レベルの差が大きくて、最近始めたばかりの子にはちょっと厳しかったかも知れませんが、悔しい思いをした子は、次回までに頑張ってほしい。

こじんまりとしたコンペですが、普段顔を合わせない仲間と競い合い、励ましあい、応援し合って、良い刺激を得てもらうことを目的としたコンペです。今回もその願いどおり、ただ競い合うだけではなく、初めて会う仲間にも声援を送るシーンがたくさん見ることができ、感激しました。子供たちがこれから長くクライミングを続けていくためには、やはり良い仲間が必要だと思います。趣味として楽しむにしても、選手として上を目指していくにしても、励ましあってお互いに頑張る仲間が必要だと思うのです。そういうことをコンペを通じて体験してほしいと願っているのです。

 

終了後の記念撮影では、悔しくて泣いていた子も笑顔でした。次は夏休み中に予定しています。それまでまたそれぞれのところで頑張って、また会いましょう。


この記事をはてなブックマークに追加

城ヶ崎フリークライミング

2016-02-17 01:09:44 | フリークライミング

2月15日(月)。城ヶ崎に行ってきました。

前夜発で車で行きました。天気予報では「晴れ」でしたが、行きの車は小雨の中、風も強く、フロントガラスには潮のしぶきがかかるくらいでしたので、翌朝の岩のコンディションが心配でした。

岩場でパートナーたちと待ち合わせ。なんとかトライ出来そうなコンディションでした。

私は「チリコンカーン」5.12bはとりあえず封印。「パンピングアイアン供廝機ィ隠横發吠儿后このルートは自分に向いている気がする。前回触ってみた感じでは、出来ないところはない。しかもパートナーも同じルートをトライしているので、効率よく登れそう。

 

下部はやさしいので問題ない。上部も手順が決まっていて、後は中間部を如何に効率よく登るかだ。

パートナーのゆうたくんはスムーズに中間部をこなしている。自分も真似してみるが、体格が全く違うので、同じようには登れない。

手数は多くなるが、自分に合った登り方を考えたほうがいい。

こういうところがフリークライミングの面白いところだ。

 

今日のトライで自分なりの登り方が決まった。

刻むところは刻んで、ゆうたくんとは違う遠回りのラインで登るしかない。

動きを自動化させて効率よくこなせば、レッドポイント出来そうだ。

 


この記事をはてなブックマークに追加

湯河原幕岩フリークライミング

2016-02-13 01:23:13 | フリークライミング

2月12日。ひろしくんに誘われて湯河原幕岩に行きました。湯河原幕山公園では「梅の宴」が開催されていて、クライマーにとってはうれしいんだか、悲しいんだか、悩ましいところです。

現段階では梅の開花は3分咲き。今日から気温が上がるようなので、来週からは見ごろを迎えるかもしれません。

クライミングの方は全く成果なし。このところ何処に行っても成果が無いのでいやになっちゃいます。

「コンケスタドール」は登れる感触はあるのですがおっこっちゃいました。「スーパータクティクス」も触りましたが上部は厳しい感じ。湯河原苦手。国内1000ルート完登に4歩近づきました。「アリス」「アリス右」「無名ルート」「かぼちゃ馬車」という低グレードです。初めて触りましたがどれもよいルートでした。

クライミングの写真が無いので、まださみしいですが、梅の写真をご覧ください。

 


この記事をはてなブックマークに追加

城が崎シーサイドフリークライミング

2016-01-25 22:38:27 | フリークライミング

久しぶりに更新。1月25日。城が崎に行ってきました。強烈な寒波で朝は寒い。でも晴天なので助かりました。おかげで岩のコンディションは最高でした。

今日のパートナーはゆーた君とまつだくん。そこにビッグロック仲間のたくろー君ときのPがやってきて楽しかった。月曜日なのに結構クライマーが来たけど、BRのK氏パーティー、SZKガイドパーティー、GMRパーティー、同じ84のAMNパーティーなど、知り合いばかり。

朝一でゆーた君が「エアーダンス」をRPしてめでたい!

私は「チリコンカーン」にヌンチャク掛けに行くも、核心がこなせず、ゆーた君が取りついた「パンピングアイアン2」に私も参戦。うーん、こっちの方が登りやすそう、というか、自分には向いているような気がする。クリップポイントや持久力に問題があるものの、ムーブはつながった。

 

ゆーた君に撮ってもらいました。こんなにかぶってるんだ!?

 

あー!落ちた。


この記事をはてなブックマークに追加

城山フリークライミング

2015-11-16 22:26:19 | フリークライミング

11月16日(月)。伊豆城山に行ってきました。数えてみたら14年ぶりの城山です。しかも上部のエリアは初めて。食わず嫌いだったのですが、「OVER DRIVE」はオンサイト出来るだろうと言う仲間のおだてに乗って、行ってみることにしました。

メンバーはゆーたくん、いとしゅー、ひだいさんと私です。ワイルドボアについてみると、昨日の雨が乾いてなくてびしょびしょ。チューブロックに移動しました。

「オンリーイエスタデー」5.10dでアップ。ホールドに迷い、アップには向いていなかったと後悔。オンサイトでした。

「オンリーイエスタデー」ゆーたくん

 

「オンリーイエスタデー」ゆーたくん

 

「オンリーイエスタデー」ゆーたくん

 

「ストーンフリー」5.10cをアップでもう1本。終了点手前が悪かったですが、こちらの方がアップ向き。オンサイト。

「こんにちはマコロン」5.11bにトライ。オブザべ通りに行かなくて2便でレッドポイント。楽しいルートでした。どうも最近11bや11cで取りこぼしが多い。こんなんじゃ「OVER DRIVE」のオンサイトなんか無理だな。

これだけでも結構疲れちゃったので、後は「レインマン」とかやさしいのをやったりしておしまいでした。


この記事をはてなブックマークに追加

有笠山ちっぽけ岩フリークライミング

2015-10-19 22:10:10 | フリークライミング

10月19日(月)。有笠山に行ってきました。エリアは初めて行くちっぽけ岩。メンバーは全て月稜会で私のほかにはみじかいさん、うめちゃん、ボクリン、いとしゅーでした。

私は3週間余り、坐骨神経痛に悩まされ、数日前からやっとまともにクライミングが出来るようになりましたが、やっぱり3週間空いちゃったのと、まだ腰が痛みそうで怖いので、今日は12には触りません。面白そうな11cがあったのがこの岩場を選んだ理由でした。

アプローチは少々分かりにくいですが、青いすずらんテープを見つけながら行けば迷わずに済みました。岩場は名前に似合わず立派でした。今日は快晴秋晴れでしたが、樹林が生い茂っているので暑くもなく寒くもなく。岩の4面にルートがあるので、日が当っているのがいやなら裏に回り、寒ければ日向に出て登ることが出来ます。まあ、その面にトライできるルートがあればの話ですけど。

 

まずはやさしい(はずの)ルートから。

Unname 5.10a  MOS  おかしい!おかしすぎる!出だしから激悪。棚までの数手が悪すぎる。左から棚をトラバースするのが妥当だろう。納得のいかないルート(グレード)だ。

タイムアウト ★★ 5.10b MOS 中間の数手が細かくて難しいが、上部は非常に楽しかった。5.10cでもいいんじゃないでしょうか。

国体の★ ★★★ 5.10c MOS  これは楽しい!ジムクライマーにはうれしいルート。グレードも妥当。薄かぶりで悪いホールドはなし。組み立てて登れば気持ちいい。

TCE ★★★ 5.11c RP2便  これも楽しい。パワー系だがムーブも楽しい。オンサイトトライでは中間部でねちっこく刻んでしまって失敗したが、もっとバンバン行けばオンサイト出来た。まあ、それがオンサイトの難しさといえるんだけど。降りてきて、ぜいぜいハーハーしちゃった。ちょっとグレード、辛いかな?

雲ながれゆく ★ 5.10c/d MOS  「Unname」と同じ取りつきだが、やっぱり出だしの数手が核心。上はホールドは遠目だけど簡単。このグレードは、出だしの数手についているんじゃないだろうか?

 ドンデン ★★ 5.10b  RPならず。 おかしい!おかしいの極地。ルートは面白いんだよ。でもこのグレードが・・・。5.11bなら納得できるが5.10bとは・・・。核心は上部なんだけど、下部から11aといってもおかしくないムーブとパワーだから、これは発表の際に10と11を間違えたんじゃないの?

 

以下写真集(私は写っていません)

「Unname」のいとしゅー。

 

「国体の★」のいとしゅー

フラッシングでした。

 

ボクリン、「国体の★」

このルートを女性3人でトライしていました。

 

うめちゃん「国体の★」

 

みじかいさん「国体の★」

前のうめちゃんとほとんど同じパートで同じムーブ。

 

最後に付け加えておきますが、とっても楽しい岩場でした。

ただグレードが適正ではないように感じました。

グレードの見直しが必要です。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

甲府幕岩リハビリクライミング

2015-10-13 21:36:58 | フリークライミング

10月13日(火)。甲府幕岩に行ってきました。坐骨神経痛で3週間のご無沙汰でしたが、ちょっと良くなってきたので様子見で行ってきました。メンバーはいつものゆうたくんを始め、ビッグロックの仲間と全7名でした。

今日はやさしいのばかり登りましたが、ムーブによっては痛みが出るので、右腰、右足に負担のかからないように登りました。

「ピッコロ」5.10d ウォーミングアップのつもりでやったのですけど登れませんでした。ショック。

「神経痛」5.9★ 「ピッコロ」右の見栄えのしないクラックですが、登ってみるとなかなか面白い。初登?終了点は「ダダ」。オンサイト。

「森で遊ぼう」5.10c/d★★ 落ちました。3便RP。大ショック。

「Look for Forest」5.10c★★ オンサイト。ランナウトして怖かったが、とても面白かった。ちょっとしかカムを持っていかなかったのでナッツも使ったけどギアがギリギリでした。

「30へのアプローチ」5.11b★ オンサイト。

「深海の幻想」5.11a ダメでした。久しぶりのクライミングでパンプ。指が開いちゃいました。

 

 

「神経痛」5.9 もしかしたら初登かもしれません。「ピッコロ」と「ダダ」の間にあるクラックです。

見栄えはしませんが、登ってみると楽しい。

 

「Look for Forest」5.10c 

これはオンサイトでしたが、ランナウトして怖かったです。カムもちょっとしか持っていかなかったのでギリギリでした。

 

ゆうたくんは「ブラッキー」5.11bをRPして成果を上げていました。

他に「ジューンブライド」5.11cもRPしていました。

 

圧巻のたくろーくん。「鉄の爪」5.12cをRP。

見事でした。

 

登れるか登れないかわからず行ってみましたが、何とかクライミングは再開できそう。

明日、坐骨神経痛がぶり返さなければいいんだけど。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

登らない甲府幕岩の1日

2015-09-28 22:38:31 | フリークライミング

9月28日。秋晴れのクライミング日和でした。私は月稜会の仲間6名プラス1名で甲府幕岩に行ってきました。

計画では瑞牆の予定だったのですが、同行者が増えてしまったため甲府幕岩に変更。私も「甲府の軟派師」とか「幻の右」とか、やりたいルートがあったので決定しました。

ところが、先週の金曜日から坐骨神経痛を発症。とても登れる状態ではなくなってしまったのです。しかし私が行かなければ車が足りなくなる。幸い座っている分にはいたくないので、運転手兼監督で行くことにしました。

今日の私はこんな感じ。

監督としてベンチからサインを送り続けていました。

 

やまげ選手

 

OEA選手

 

ゆーた選手

 

みじかい選手

 

あんじぇら選手

 

やまげ選手

 

OEA選手

 

みな、私のサインを無視してがんばって登っていました。

私は1日自然の中でのんびりして、ちょっと坐骨神経痛の痛みも和らいだような気がします。


この記事をはてなブックマークに追加

シルバーウィーク小川山 「とろろ」

2015-09-23 00:24:29 | フリークライミング

シルバーウィークも真っただ中、9月21日(月)。小川山に行ってきました。この日はビッグロック仲間で「たぬき岩」へ。

私はいつものゆーた君の新車アウトバックで前夜発。やっぱりスバルのフラッグシップ。快適なドライブで深夜の廻り目平に到着。車を停めるスペースを探すのにも手間取るほどの込み具合。深夜にテントを張るスペースを見つけるのはもっと大変だった。

朝、すでに現地入りしているたくろーくん、Nもとさん、きのP、ゆいちゃんと合流。6人で「たぬき岩」に行ったのです。「とろろ」は人気ルートなので、順番待ちになるかも・・・と心配していたのですが、幸運なことに貸し切り。

この日ゆーた君の「Long long 小川山」のマスターオンサイトを皮切りに、他のメンバーも同ルートのオンサイト。去年わたしが開拓した「ちぇいんじんぐこおなあ」をたくろーくんがオンサイト。みんなはこの二つのルートを登るとともに、私がトライしている「とろろ」にも参戦して成果を上げていました。

私は・・・といえば「とろろ」に3便出したのみ。

今回6便目から9便目ですが、結局はRP出来ず、1テン。

トライの間隔が空いちゃうので、いつもゼロからのスタート。

 

出来ないところはないんだけど、やっぱり無駄が多いのか、上部の核心で力が残っていない。

核心部分はどうしても力が必要なので、そこまで力を残しておかなければRP出来なさそうだ。

でも、他のみんながトライしてくれたおかげで、新しい発見もあった。

RPの為には、同じルートをトライしてくれる仲間と行くのもいいな。


この記事をはてなブックマークに追加

初めての古賀志山フリークライミング

2015-08-26 01:00:07 | フリークライミング

8月24日(月)。ゆーたくんと古賀志山に行ってきました。

この一週間は日・月・火の2泊3日で剣岳。帰ってきて水曜日は通常の仕事にクライミングジュニアスクール。木曜日は通常の仕事とジュニアスクールに加え、徹夜でジュニアコンペの準備。金曜日はジュニアコンペ。土曜日は通常の仕事に加えジュニアスクールとハードな一週間だった。この月曜日は何もしないで休養に当てようと思っていたが、ゆーた君から「今度の月曜日はどこに行きますか?」という連絡。せっかく月曜日を休みにして付き合ってくれているのに、「行かない」というのも申し訳ないし、出来るだけやさしいルートが揃っているところで「リフレッシュクライミング」というのもいいかもしれない。・・・という訳で、いったことのない古賀志山に行くことにしました。ドライブの時間も短くて、帰りには宇都宮餃子や佐野ラーメンも食べて帰れるのでいいかもしれない。

前夜発でテントで仮眠して朝起きると、地元のおじさん(地主?)が軽トラでいらっしゃって、いろいろと情報を得る。大変理解があって助かるが、「十分注意をして登るように」とのことだった。われわれクライマーというのは、こういう方の理解のもとでクライミングをしているのだなあ。「クライミング禁止」などと言われないように気をつけよう。

さて、少々アプローチが分かりにくかったが、迷うことなく岩場に到着。アプローチは迷わずに済んだが、ルートは非常に分かりにくい。「不動滝左エリア」というところに行ってみたが、ルートは長くて魅力的だが、ボルトが乱打されていて、どれがどのルートのボルトなのかわかりにくい。

まずは分かりやすい「ウルトラマンフェース」5.9でアップ。FLだった。5.9にしてはホールドが細かく、1本目にやったことを少々後悔しました。

次に「競技会直上」5.10aと言うのをやった。ルート図では分かりにくいが、登ってみたらルートが理解できた。なかなかおもしろかった。OSでした。

次に「鼻カンテ」5.10bもなかなかたのしいルートでした。これはFLでした。

「鼻カンテ」のゆーた君

次に私がやったのは「ハートブレーカー」5.10cです。最後がかぶっているガバルート。最後の方で1手悪かったが、ジムナスティックに登れて楽しいルートでした。OS

私は次に「死亡遊戯」5.11aをやりました。出だしでジェードルから右の壁を使わず、上部では左上の「鼻カンテ」のホールドを使わないと言う限定、つまり正面のフェースだけで登れ、という限定だと思うのですが、出だしは限定でも大して難しくはない。最後が悪くなりちょっとひやっとする。OSでした。

「死亡遊戯」の私。

次にやったのは「ムーンサルト」5.11b。先にゆーた君が取りついたのでOSにはならなかったのですが、FL。ほぼガバガバです。最後のムーブが面白かった。トポには「・・・斜め後ろにデッドポイント」と書いてあるが、足を上手く使えばスタティックに行けます。

場所を移して正面フェース」へ。ここでは「羚羊ハング」5.11aをやりました。他は濡れていて登れません。このルートも一部濡れていましたが、濡れている部分はなんとか触らずに登れました。かぶっていますが、かぶっている部分は全てがガバなので、登りながらムーブを組み立てて行けます。そういう意味で面白かった。

「羚羊ハング」のゆーたくん。

最後に「右フェース」に行くと、地元の開拓者の方がいらっしゃいました。ちょっとルートのことを伺い、「猫またぎPart1」5.10bから「失神クラック」5.10cにリンクして登ることにしました。「猫またぎPart1」は、トポでは5.9になっていますが、今は5.10bとされているようです。登ってみるとなるほど。ホールドがほとんど外傾していて悪いです。「失神クラック」に入ると、1手が悪く、クライムダウンして観察しなおすところもありました。「失神クラック」は非常に面白かったです。ジャミングはしなかったけど。OSでした。

この日の最後に「ドライアイス センセーション」5.10aをやりました。何度も登れば5.10a何でしょうが、オンサイトトライでは少々悪く感じました。多分分かって登れば楽しいルートだろうと思います。これはまた登ってみたいです。

・・・という訳で、この日はリフレッシュクライミングのため、難しいのには手を出さず、「オンサイト祭」でした。いいリフレッシュになりました。

 


この記事をはてなブックマークに追加