Chimney角屋のClimbing log

基本的にはクライミングの日記ですが、ハイキング、マウンテンバイク、スキー、スノーボードなども登場するかも・・・。

今日、ビッグロックで

2016-11-25 00:59:48 | フリークライミング

今日もビッグロック日吉店でセットした自分のルートの吟味をしていました。セットした後に修正するのは、登ってくれた方に申し訳ないのですが、今後登ってくれる人に対して、より良いルートにしたいので許してください。本当は一発できちんと決めたいのですが難しい。

今日は私のセットした12aのルートを登りなおしました。修正した結果、自然に登れるラインになったと思いましたが、ちょっとグレードが甘いかなと思っていました。そこにトライしてくれるお客さんが現れ、感想は「十分12はある」ということでした。自分は登り方がわかっているので「甘い」と思っていたのですが、ほかの人が登ると厳しいのですね。

同時に感じたのは「登り方さえわかれば、自分もまだまだグレードを上げられる」ということです。最近、もう自分のグレードは上がらないんじゃないかと思い始めていましたが、ちょっとモチベーションが上がりました。

もう一つ、私がセットした10dに、私の尊敬するおばあちゃんクライマーがチャレンジしていました。このルートは、背の高い男性クライマーにリクエストされてセットしたので、ちょっとホールが遠目です。しかしちっちゃいおばあちゃんクライマーは果敢にチャレンジしている。でも遠いホールドに届かない。でも見ていて届かないのは手ではなくて足なのです。もう一歩足が上げられれば届くのです。足が高いとホールディングが甘くなるので足が上げられない。そう考えるとホールドをしっかりすることで足が上がります。降りてきてこのおばあちゃんクライマーは「足が上がって体をひねれれば届きそう」と言っていました。素晴らしい!気が付いているんですね。

この人、本当にフリークライマーだ。


この記事をはてなブックマークに追加

オリンピックに出たい!?

2016-11-03 01:30:49 | フリークライミング

今日はプライベートでビッグロックに行きましたが、私の担当するジュニアスクールの子が2人、自主練習できてました。二人とも小学3年生の女の子です。

一人はビッグルーフも登ってしまう早熟の子(Aちゃん)ですが、もう一人の子はまだまだそこまでは達していません。しかしその子(Bちゃん)は夕食のお弁当を持って、母親の運転で1時間半もかけて日吉まで来るのです。とてもクライミングが好きな子なのです。ムーブもまだまだ未熟ですが、登れないルートには登れるまで挑み続ける子なのです。

Bちゃんのビレーをしていた時、真顔で「私、オリンピックに出たい」というのです。とてもうれしくなりました。でも今のところ、Aちゃんにくらべたら遅れをとっている。でもBちゃんはAちゃんにはないものを持っているような気がします。Aちゃんは才能にも恵まれているし熱心で努力もしている。Bちゃんは自分の夢はかなうものだと疑わず、純粋に楽しく登っている。この二人がこの先どうなっていくのかはわからないけど、全く異なるタレントの二人。一緒に成長できたらいいなと思う。私もそれにこたえていけるようにしたい。

2020年はこの二人13歳なのでオリンピックは無理だろうけど、それは言わないでおこう。


この記事をはてなブックマークに追加

初めての柴崎ロックフリークライミング

2016-11-02 00:45:41 | フリークライミング

昨日10月31日、初めて柴崎ロックというところに行ってきました。

国内1000ルート完登に向けて、数を稼ぎたかったので、初めての岩場にはどんどん行きたいし、オンサイトできそうなグレードのルートもそろっている。前から行ってみたいと思っていたのですが、なかなか付き合ってくれる人がいませんでした。しかしこの日は月稜会のぼくりんが付き合ってくれることになったので行くことができました。

オンサイトは難しいといわれるアプローチも何とかオンサイト。岩場に無事到着。思っていたより立派な岩でしたし、開拓者は「よくこんな岩場を見つけたなあ」と感心。ちょっと足場に傾斜があるのと日当たりが悪いのを除けば素晴らしい岩場でした。ぬめり症の人は日当たりが悪いのがいいというかもしれません。

まずは「エントツ」5.9から。コルネが走る半円状の凹角を登る美しいルート。見た目もいいが内容も良い。楽しかった。この日の一番楽しかったルートかも。★★★ OS

2つ目は「ミゾーⅡ」5.10b。OS 数を稼ぐために登ったものの、ちょっと内容的には・・・。

3つめは「○得 うるしぎ」5.11a。ホールドを見逃してオンサイトできなかった。2便RP。半年間怪我で本気トライができなかったことが影響してか、11aでオンサイトを逃すのはショック。だいぶ力が落ちてきてしまっているなあ。それともとしのせいか。ルートは楽しい。★★

4つめは「ウォーミングフック」5.10a。ぼくりんが先に登ったのでFL。ガバで登れるが、ほぼハンドジャムで登ってみました。5.9かも。★

5つめは「スーパークリップ」5.10c。核心部でちょっと危なかった。落ちそうになった。とても楽しいルートでしたが終了点のわきの岩が崩壊しそう。★★ OS

6つめは「うまいぞギンナン」5.8。初心者にとって良いルート。使うホールドだけ狙ってジムナスティックに登ればよい練習になる。★★ OS

7つめは「シルクピア」5.10d。登るのは簡単だが回収のほうが難しい。ジムの終了点をトラバースしているようなルート。OS

8つめは「試して合点」5.10d。出だしはよく観察してスタート。上のほうは簡単だと思っていたけど、結構体が横になっちゃったりしてやさしくはなかった。でもすごく面白かった。★★★ OS

最後9つめは「宮崎ホイホイ」5.10b。見た目はつまらなそうだったが、登ってみるとなかなか面白い。★ OS

これだけやさしいルートが内容的にも充実している石灰岩の岩場は貴重だ。ちょっとアクセスは不便だけど良い岩場です。「早い者勝ち」5.11a 「落ちこぼれ」5.11d 「優等生」5.11cが魅力的だったが触らなかったのでまた行ってみたい。もうちょっと調子が戻ってきたらお買い得といわれる5.13にもトライしてみたい。


この記事をはてなブックマークに追加

今日はジュニアスクールでした

2016-10-30 01:04:24 | フリークライミング

今日のビッグロックのジュニアスクールは、近所の小学校が授業参観日だったので、参加者4人と、さびしかったのですが、実に楽しいスクールになりました。

少し前に新聞の取材で「指の使い方を工夫して、ジムの全部の壁を登ってみたい」とインタビューに答えていたりょうちゃん、今日、ビッグルーフのルートをレッドポイントして、すべての壁を登りました。まだクライミングを初めて半年ですが、もうビッグルーフを登ってしまうとは驚きです。見ていた周りの大人たちもびっくりです。早熟です。小学3年生の女の子。良い仲間を持ってモチベーションを保ち続けてほしいと願っています。

同じく3年生のUーなちゃんは、とても明るくてかわいい女の子。とってもクライミングが好きで、いろいろなルートにチャレンジしている。ちょっと身長と力が足りなくて登りきれないことが多いのですが、ムーブはきれいだし、何しろ登れなくったってめげない。楽しんでチャレンジしているところが最高です。長く続ければ大成するように感じます。これから楽しんで登り続けるのもよし。でもそのうち大きく化ける気がします。

同じく3年生の男の子、HRKくん。彼は運動能力が優れていて大胆だ。それゆえ基本を無視してもダイナミックに登ってしまう。「飛びつき王子」。りょうちゃんが登れたルーフにチャレンジした時も、すぐに足ブラになるのでハラハラする。欠点でもあるが伸ばせば素晴らしい武器にもなる。個性があって面白い。だからこそ今は基本をしっかり身に着けてほしい。

5年生のTSK君。今日のメンバーの中では本来なら実力ナンバー1なのだが、成果としてはりょうちゃんに先を越されている。というのも今日はルーフをメインにやったからだが、正対が得意なので垂壁は強い。最近お父さんと一緒に岩場に通っているのが素晴らしい。本物の岩を登ってほしいと私は願っている。そして彼のキャラクターが実にいい。実にいい味を出していて、仲間からも指導者からも愛されている。(みんな愛してるけど) 今日もルーフにチャレンジしていた。合理的なムーブを教えながらも、今持っている個性を殺したくない。本物のクライマーになってほしい。

今日参加できなかった子供たち。みんな素晴らしい個性の持ち主です。みんなに教えることは同じですが、それぞれの個性は活かしたい。

教えることは同じでも、対応はそれぞれ変えることが大切だと思っています。

 


この記事をはてなブックマークに追加

NPで初登したルートに自らボルトを打つジレンマ

2016-10-24 23:07:21 | フリークライミング

先日SLCDのみで初登したフェースルートにボルトを打った。

「海賊の娘」5.10cだ。カサメリ沢モツランドの「ジャガバター」の左。このようにほかの人が開拓したエリアにルートを拓くのはやったことがない。すでに拓かれたルートとルートの間に新たなルートを拓くと、既存のルートの独立性を損なってしまう可能性があるからだ。しかしなぜここにルートを作ったのか。それは見た目で明らかにホールドがつながっている自然なラインだと感じたから。しかも隣のルートとホールドが重なっていない。もしかしたらNPで登れるかもしれない。そういう理由だった。掃除してTRで登ってみると思った通りだ。そしてSLDCでリードしてみた。しかし出だしの2本はよく決まったものの、上に行くにしたがってカムの効きが悪くなり、始終使うホールドにカムを決めなければならないため、絶対に落ちられない。上部で落ちたら致命傷。何とか落ちずに登れたからよかったけれども、上部で落ちたらグランドフォールの可能性もある。

NPでリードしたのだからNPのルートとするべきなのだが・・・。

それからしばらく悩んだ。瑞牆の森の管理人と話す機会が多いが、事故の話を聞く機会が多い。瑞牆を訪れるクライマーの質も変化してきた。15年ほど前は公園もなくて、訪れるクライマーも少なく冒険的なクライマーがほとんどだった。だから小さな事故ならば、起こっても自己解決していたのかもしれない。私もソロで事故を起こしてしまったことがあったが、幸い命にはかかわらない事故だったので一人で解決できた。しかし今の状況は違う。いろいろなクライマーが集まるエリアになってきている。

今の瑞牆でNPのままの5.10cのルートに取りついて、行き詰った時にどのクライマーも安全に対処できるだろうか。それを考えると、このルートを封印すべきかとも思った。しかし(自画自賛になってしまうが)登って楽しいルートなので、できればたくさんの人に登ってほしい。だけども事故は起こしてほしくない。「絶対安全」はないけれど、命を落とすような事故はできるだけ避けたい。

いろいろ考えたがボルトを打つことにした。NPで初登されたルートにボルトを打つなんて前代未聞ですが、打ちました。

 


この記事をはてなブックマークに追加

やさしいボルトルートについて考えた

2016-09-28 00:51:11 | フリークライミング

9月26日。未開拓の岩場でルート開拓作業をした。

今まで私が開拓したルートは、下から登りながら支点を構築し登るスタイル。つまりトラディッショナルなルート開拓を基本にしてきた。しかし今回はスポートクライミングのエリアであることや、ラインが難しそうであることに加えフェースなので、ラッペルボルトの開拓になりそう。ロープにぶら下がって、あらかじめドリルを使った支点構築をするのは初めて。

ただ私は「ラッペルボルト」を否定しているわけではない。そうやって開拓されたルートをだって頑張って登るし、上手になるためにはトラディッショナルなルートばかりではだめなのもわかっているから。それに加え、ボルトルートは、純粋に登ることに集中できて楽しい。

だから今回は、今までトレーニングとして利用させてもらってきたボルトルートを、自ら開拓してみようと思う。

目標のラインは、少しかぶった25mのラインで、トップロープで登った感じでは、グレードは5.11c位だと思う。この日は岩の裏から回り込んで下降しながら、ホールドがつながっているかどうか確認し、作業用のフィックスロープを張り、作業用に手打ちの中間視点を打った。そしてトップロープで試登。

試登でもパンプしてしまったので、このルートの作業はここまでにしましたが、初心者にうってつけのラインがあったので、ルートを作りました。

10mほどの小さい岩峰ですが、登れば岩の上に立てます。

上級者が登ればボルトなどいらないかもしれません。しかしボルトを3本打ちました。

なぜなら、上級者が感じる「落ちない自信」は初心者に対しては通用しないからです。

どうせボルトを打つなら、そのレベルの人の安全を考慮して設計したほうが良いと思ったのです。

 

私は、初心者を岩場に連れて行くことが多いのですが、初心者にリードさせられるルートが少ないのです。

簡単なルートも上級者が作るので、「落ちっこないからボルトはいらない。」という気持ちで作ってしまいます。

でもそのグレードの人は、そんなルートをリードできないし、見ているほうもひやひやです。

だから初心者が登るルートは、ボルトの設定も初心者用にしたほうがいいと思ったのです。

 

本来私は、「落ちてはいけない」というクライミングを追及しているのですが、

一方で、落ちながら練習することも大切だと思っています。

トラディッショナルなルートでは「絶対落ちてはいけない」という場面も出てきます。

でもそういうルートを克服するためには、落ちながら腕を磨くことをしなければ、克服するのは難しいでしょう。

 

ですから、初心者でも死なずに練習できるルートは必要です。

開拓者は、このルートを登るであろう人を思ってボルトの数や位置を決めることが必要です。

 

しつこいようですが、私はあらかじめ支点が構築されているルートよりも、

自分で支点を構築しながら登るほうが好きですし、それが目標です。

でも、トレーニングとして、またはスポーツとして登るルートは安全であることを考慮しなくてはなりません。

 

この初心者用のルート。5.7 10m 中間のボルト3本。

「いいんですか」

 

「ボルトが多すぎる」という人がいると思いますが、初めてリードを体験する人の気持ちを、またはそういう人を連れて行く気持ちを考えたら妥当だと思うのです。

私はフリーソロでも構いませんが。

 


この記事をはてなブックマークに追加

カサメリに新ルート開拓

2016-09-06 00:16:09 | フリークライミング

9月5日(月)。瑞牆カサメリ沢に行ってきました。目的は7月に掃除したラインを開拓すること。ラインはモツランドの「たぬき」と「ジャガバター」のあいだのライン。イワタケだらけでしたが、掃除をすればきわめて自然に登れるラインでした。7月に「たぬき」から回り込んでトップロープを掛けて掃除をし、そのまま登ってみました。その時は岩がぬれていたので5.11はあるように感じましたが、同時にNPでも登れる可能性も感じていました。

今日は九州に台風が上陸し、天気予報もよくなかったのですが、行ってみたら快晴。岩もバリバリに乾いていました。

 

 

小さめのカムを準備して、まずはNPでトライ。ムーブを楽しむならボルトを打ったほうがいいと思いましたが、もしNPで登れるならNPで登ったほうが自分らしいと思ったのです。「高グレードだけがクライミングじゃない」という自分にはそのほうがふさわしいと思ったから。でもトップロープでリハーサルしているから、登ること自体は問題ない。しかしフェースルートで満足なプロテクションをセットできるかは未知の要素です。

 

登り始めてみるとプロテクションの効きはよくない。かなりリスキーなクライミングになります。やはり「ここでは落ちてはいけない」ということを感じながらのクライミングになります。

 

やはり「ここで1手出していいのか」ということを考えながら登ります。でも結果的には登りきることができました。今日はコンディションが良かったので5.10cだということもわかりました。

 

プロテクションは信用できないので、あっちこっちから取りヌンチャクで連結し、こんな感じになっちゃいます。プロテクションが取れるところを見逃してはいけません。

ごく自然なラインです。出だしはちょっとジムナスティックかもしれませんが、難しいわけではありません。

出だしは縦、横、斜めのカチの連続で、後半はポケットやスローパー。終了点はステミングでしっかり立って終われるルートです。

 

「海賊の娘」5.10c NP

今年の3月に初孫が生まれました。名前は「景(きょう)」。少し前に「本屋大賞」になった「村上海賊の娘」という小説の主人公である村上水軍(海賊)の娘の名前を取って「角屋 景」です。

同じカサメリには「医者の娘」「漁師の娘」というルートがあり、登らせていただきましたが、それに肖って「海賊の娘」にしました。

 

どうぞ登ってください。ただし先に書いたように、プロテクションは決して安心できるものではありませんので気を付けてください。

私らしいルートができたと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

天然記念物に打たれたボルトの問題で、JFAに対する反応について感じたこと

2016-07-08 01:10:23 | フリークライミング

クライミングルートを開拓してきたクライマーは、この問題が潮時を迎えるのを待っていることでしょう。

私は、この問題に対する多くのクライマーの意見の中には違和感を持つものがあります。もちろん共感できるものもあります。新たにボルトを打ったクライマーの気持ちや事情まで理解しようとしているのか。その問題を解消しようと努力しているJFAの目的を理解しようとしているのか。この問題に関して、あまりにも思いやりに欠けたコメントが横行していることが気になります。これは単なるマナーの問題ではなく、クライミングの文化にかかわる問題だと思うのです。同じクライマーであるにも関わらず、自分は「犯人の仲間ではない」という人は、ただ人が作ってくれたルートをトレースしているだけで、開拓者の心を感じ取れない感性の持ち主であるような気がしてならないのです。私も共感できる開拓者とそうではない開拓者がいますが、ルートによっては、その感じ方も違います。

もちろん、天然記念物に指定された岩に、ボルトを打つという行為を許そうとしているわけではありません。しかし、その経緯を十分に理解し、許せることは許し、許せないことは罰するというような理解をしないと、「誤解が生んだ理不尽な結果」、または「人の善意が報われない結果」になりそうな気がします。ただそこには、当事者の「考慮の甘さ」があったことは否定できませんが。

さて、それに対してJFAも行動を起こしてくれています。その行動は、我々クライマーの活動を守るための行動です。そのためにはクライマーの文化を、一般社会に理解してもらわなくてはなりません。なぜ、天然記念物の岩にボルトがあったのか。そして、どうして新たにボルトが打ち直されたのか。その辺を理解してもらおうと努力してくださってるのだと思います。しかし、仲間であるはずのクライマーの中から、問題をJFAの責任と感じているコメントも見受けられます。果たしてそうなのでしょうか。

JFAに限らず、スポーツや文化組織というのは、大抵、そのスポーツや文化の正しい普及や振興を目的に存在しているわけで、そのスポーツや文化を楽しんでいる人たちを組織化することや、規制をすることが目的ではないはずです。フリークライミングを楽しむためにはJFAに登録をしないとできないわけではなく、誰でもフリークライミングをすることは出来るのです。
私は子供の頃、川や貯水池で水泳をしていると、「危ないからここで泳いじゃいけない」と、近所の大人にしかられましたが、水泳連盟が「川や貯水池で泳ぐのはやめましょう」
などと言いません。私を叱った大人だって、水泳連盟の責任だなんて思いもしないでしょう。今回のように、クライマーと社会の摩擦は、クライミング文化の妨げになるので、JFAはそれを取り除くために活動されたと思います。全く頭が下がる思いです。こうやってクライミングのできる環境を守ったり、一部のクライマーの起こした問題で、クライミングという文化が社会から否定されないよう活動してくれているのだと思っています。問題は我々クライマー一人一人にあるのに、JFAに責任があるような言い方をするのは、問題を、またはJFAという組織を理解していないのだと思います。

 
 さらにこの問題を理解するには、クライミングそのものの歴史、クライミングの方法やスタイルの変化、それに伴うプロテクションの変化と使い方、プロテクションに関わる倫理的な理解が必要になります。だけどクライミングを知らない記者が理解するのは大変だなあ、と思います。
色々な誤解を解いていくには時間がかかるでしょうね。

この記事をはてなブックマークに追加

ビッグロック日吉店「奥壁伝説」

2016-07-01 00:51:21 | フリークライミング

普段はビッグロック日吉店で登っています。ルートセットもするので、「お客様の登れた時の笑顔を見たい」という思いで、低いグレードではできるだけ登りやすいルートを作りがちですが、奥壁は「登りにくい」というのではないのですが、グレードは辛いです。「辛い」というより「自然の岩場基準」です。ほかの壁に比べたら、みんな「辛い」と思うでしょう。でも、「面白いルート」が多いのも事実です。今日登ってみて改めて思いました。

なぜそうなったのかは、オーナーの親分の一言。「この壁は手加減しなくていい」でした。そういわれると、思い切り「生岩チックに」セットできます。気分よく登れるかはあなた次第。でもこの壁で気分よく登れれば、岩でも通用すると思ってください。

普段あまり人気のない「奥壁」ですが、本当は「玄人好み」のルートがそろっている壁なんです。ちなみに「タワー」は初心者や講習会向けのやさしい設定です。(ゲストセッターのルートはそうとも限りませんが)


この記事をはてなブックマークに追加

KBT岩フリークライミング

2016-06-08 01:04:35 | フリークライミング

6月6日。KBT岩に行ってきました。月稜会の集会日で、午後2時までしか登れません。この日は月稜会のメンバー6人にゲスト1名の7人でした。私はひじの痛みが治っていないので、やさしいのを登ることにしました。

 

やさしいのはクラックなので5.8から5.9の4本を登り、後は5.10a

のフェースと5.11bのフェースを登りました。

「林」5.9はワイドムーブのある楽しいクラック。カムがキャメロットの3番までしかなかったので、ボルトを使ってしまいました。

「風」5.9は、とても面白かった。レイバックからハンドジャム、高いフットジャム。

「小春」5.9は出だしが厳しかった。グレードは辛い。

「十月」5.8は快適なNPフェース。

「はじめの一歩」5.10aも快適なフェース。

「祝退職」5.11bも面白かった。終了点直下の返しはジムっぽい。


この記事をはてなブックマークに追加