Chimney角屋のClimbing log

基本的にはクライミングの日記ですが、ハイキング、マウンテンバイク、スキー、スノーボードなども登場するかも・・・。

エコーバレースキー場に行って来た

2012-12-25 23:40:31 | ゲレンデスキー

12月25日。エコーバレースキー場に行ってきました。朝発の日帰りです。

朝の雪質は非常に良かった。でもさぶかった。今日は冬型の気圧配置が強くて、何処も寒かったでしょうね。でもエコーは快晴だったので気持ちよく朝から終了間際まで滑りまくりました。

朝一はエランの純競技用のSL。キレまくりだけど疲れる。これじゃあ1日持たないので、アルマダJJに乗り換える。ゆる〜く滑る。午後はベクターグライドオムニ。万能のスキー板なので、今のわしにはこれが一番フィットしてるかな。滑りまくったけどまだまだ行ける感じだった。

笹子トンネルが通れなくても東京から3時間以内に着くよ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスおめでとう!

2012-12-24 22:45:19 | 日常

皆さん。クリスマスおめでとうございます!

クリスマスはイエス様の誕生を祝う、喜びに満ちた日です。

イエス様の父で居られる神様は裁きの神ともいわれ、大変厳しい神様であるとともに、罪深い私たちを、その罪から私たちをお救いになるために、一人子のイエス様を人間として、その中でも一番貧しい場所である、旅先の馬小屋に誕生させてくださいました。いつも私たちとともにいてくださるように、こうしてお遣わし下さったのです。神様は裁きの神であるとともに、これほど私たちを愛してくださっているのです。ですから、イエス様の誕生を祝うことは、父なる神様に感謝することでもあるのです。

誕生日に、親が子供に「私たちのもとに生まれてきてくれてありがとう」。子供は親に「産んでくれてありがとう」というように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スバルXV 納車1ヶ月半でオカマ掘られる

2012-12-23 00:52:23 | SUBARU XV

クライミングジムの帰り、信号待ちをしていたらバコン!という衝撃音。体には振動が伝わってこなかったので、「何だろう?」と思って振り返ると、後ろの車の運転席がリアウィンドウのすぐそばに!

車を降りて見てみると、軽自動車がXVのリアバンパーにめり込んでいる。幸いバンパーだけが変形していたので、「路肩に寄せましょう」ということで車を動かしてみたら、また「バッコン!」という音。路肩に寄せてみたら、何と、バンパーが元通りに戻っている。何処にぶつかったのかもわからないくらいに復元している。しかし、下をのぞいてみると、確かにバンパーが割れていた。

見た目、何もなかったようなので、「まあ、明るいところで見てみて何もなかったら無かったことにしてもいいか」と思ったが、相手も「直して下さい」ということだったし、納車1カ月半でバンパーがわれてるのも気持ち悪いから、直すことにしました。

それにしても衝撃吸収力と復元力に優れたバンパーだな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「被災地にクライマーを送る会」の忘年会?&報告会

2012-12-17 22:58:51 | 災害ボランティア クライマー派遣

「忘年会?&報告会」の詳細が決まりました。
12月27日(木) 18時30分から「四季」にて。
今回はいきなり「四季」に集合です。お間違いのないように。
会費はいつもと同じくらい。

急で申し訳ありませんが、出席できる方は今すぐ廣川(夫)または角屋にご連絡ください。

これから参加してみようという方もどうぞ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八ヶ岳広河原沢左俣

2012-12-17 22:31:35 | アルパインクライミング

12月17日、八ヶ岳阿弥陀岳広河原沢の左俣に行ってきました。今回は月稜会の会山行で、ぼくりんとうめちゃんを連れて行きました。私は3回目の左俣。他に見晴らしルンゼ1パーティー、御小屋尾根往復1パーティー、中央稜から阿弥陀・赤岳方面へ縦走1パーティが入りました。

船山十字路(7:10)〜左俣上の大滝終了(12:40)〜御小屋尾根下山〜船山十字路(15:10)

11月にも阿弥陀南稜にきましたが、その時と積雪量はあまり変わっていません。F1は水流が見えているものの、他の滝は全てしっかり凍っていて快適なアイスクライミングでした。下の大滝と上の大滝のみビレーしてもらい、ほかの滝は私が上でフォローの二人を確保して登らせましたが、二人とも私のいないときにはリードもしているメンバーなので、すいすい登り早めの下山になりました。

上の大滝をフォローするぼくりん。

 

うめちゃんが上の大滝を登りきって歩いてきます。

 

他のパーティーを待たせてはいけないと思い、御小屋尾根に上がり、山頂は踏まずに下山しました。

御小屋尾根に出て撮影。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

城ヶ崎シーサイド フリークライミング

2012-12-10 23:02:35 | フリークライミング

12月10日。城が先のシーサイドに行ってきました。わしはクラック中心のメニュー。同行者はビッグロックのマッチ、月稜会のSZKとみじかいさん。

まずは「イントロダクション」5.9でアップ。そのあと「アーリータイムス」5.10b。初めて登りました。オンサイト。

「アーリータイムス」のわし。

次に「赤道ルーフ」の1ピッチ目を久しぶりに登り。いったん降りてから「赤道ルーフ」の2ピッチ目、5.11bにトライ。

あー、怖かった。テンション入っちゃいました。

 

「赤道ルーフ」2ピッチ目です。今まで水が流れていてなかなか取り付けなかったルートです。

「サイクロン」5.11cもやりたかったんですが、時間切れでした。

 

マッチは「サザンクロス」5.12bの1本に絞ってました。

トップアウトした後に「風に吹かれて」5.11aをオンサイトしていましたが。

 

SZKは「トムボーイ」5.10dをレッドポイント。

 

今日は「とっても寒い」という予報だったので、来るのをやめた人も多かったのでしょう。

完全貸し切りでした。

でも天気が良くて暖かかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のBIG ROCK

2012-12-06 00:55:07 | フリークライミング

今日も昨日に引き続きBIG ROCKに行ってきました。

日吉店開業から5日間、かなりにぎわっているようで、私としてもうれしいです。毎日新規のお客さんが来店されて、今月発売の「ROCK&SNOW」にも載っていたので、ますます新規のお客さんが増えるのではないでしょうか。何と言ってもBIG ROCKのよさは、新規のお客さんに対してもフレンドリーなところではないでしょうか。たとえビレーヤーが必要なルートクライミングでも、一人で来ても登れる雰囲気のあるところがBIG ROCKです。だから一人で来た初顔のお客さんを見かけると、わしも声をかけるようにしています。わしもはじめのころから、いつでも一人で通ってました。それでも登り続けていられるジムなんです。

2階から見た店内。あまり人は映ってないですけど、今日も賑やかでした。でも順番待ちなどはほとんどありません。

 

同じく2階から見た左側の室内です。奥に圧倒されるルーフがあります。

 

今日の人気ルートは、わしの設定の垂壁緑×でした。

グレードは5.11b/cで、緑ホールド。

スローパーメインでちょっとボルダーチックです。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

湯河原幕岩 フリークライミング

2012-12-05 01:03:48 | フリークライミング

12月3日。前日の雨で中止にした方も多いと思うが、我々月稜会のメンバー6名プラス、マッチともりたくんは、湯河原幕岩に集結したのです。前日からの雨で中止にするのか、問い合わせが入ったのですが、わしは大丈夫だと踏んでいました。案の定当日は雨が上がり、どのルートも登れる状態になっていました。ただし寒かった。そんなわけで「幕岩マスター軍団」も現れることなく、比較的静かに登れたのでした。

初心者もいたので、茅ヶ崎ロックから。わしは去年、「ダイヤモンドヘッド」を登ったのですが、今回はマッチがオンサイト。でも居合わせた常連さんの言うには、中間のコーナーは登らない、丈夫では右のカンテは使わずに左に出る、というような限定を教えられました。トポにも書いてない限定があるんだ!?それっておかしくない?

せっかくオンサイトやレッドポイントしたと思ったら、後になって限定を告げられるのって本当に気分が悪い。限定にするぐらいならグレードを下げてもらた方がすっきりすると思うんだけど。

特に湯河原幕岩には限定ルートが多くてうんざり。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スバルXV 誤解してました×2

2012-12-01 00:56:53 | SUBARU XV

今日は1ヶ月目の点検でスバルのディーラーに行ってきました。

担当の営業マンと話をしていたら、今まで自分が誤解していたことが二つ発見できました。

一つ目はクルーズコントロールについて。アイサイト2では二つのクルーズコントロールの方法があるのだと思っていました。つまり、先行車との車間距離を保ちながらコントロールする方法と、車速を一定に保つ方法と2種類あるのだと思っていたのですが、実は、アイサイト2の追従式クルーズコントロールとはその両方の利点を活かしたような方式だったのです。要するに設定した速度を守りながら、先行車に近づきすぎた場合はアクセルがオフになり、さらに接近するとブレーキがかかる。そして車間が空いたり先行車がいなくなると設定速度に戻るということだったのです。

実は初めてこのクルーズコントロールを試したのが一般道だったので、先行車が設定速度をオーバーすることがなく、常に先行車を追いかける形になってしまったため、こういう誤解を生じてしまったのです。でも一般道で100km/hくらいに設定していれば、常に先行車を追いかけるような使い方も出来るということみたいです。

もうひとつの誤解は、「急発進です。安全運転を心がけてください」という注意は、アイサイト2がしているんではなくて、実はカーナビの楽ナビLiteが発する警告だったんです。これはオフに出来るようです。

担当の営業マンと話していると、ますます愛車の理解が深まってきますね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加