goo

SONY WALKMAN ”Signature Series” NW-WM1A レビュー −音質 その2−


ハイレゾ音源の曲を手に入れようと思ったら、やはり音楽配信サイトから。moraや
e-onkyo、OTOTOYなどが有名どころですが、メジャーな曲は大抵どこでも扱って
います。気にしなければならないのは音源そのものよりもフォーマット。具体的に
言えば、FLACなのかDSDなのか。

ハイレゾ音源のフォーマットは事実上、FLACかDSDに二分されています。最も多く
採用されているのがFLAC。可逆圧縮されたもので、元の音源よりもデータ量が軽く
なるのが特徴。そして、より音質が濃密でアナログに近いと言われているのがDSD。
同じハイレゾなのになぜ感じ方が異なるのか?DSDはデジタルシグマ変調方式だから
なのですが、詳しい解説はこちらに譲ります。今回、NW-WM1シリーズでは、
ハイレゾの真髄で本丸、DSDをそのまま再生することが可能に!

NW-WM1Aにプリセットされている、DSDハイレゾの楽曲、Adam Agee &
Jon Sousa の“Paddy Fahy’s”を聴いてみます。プレイモードを押すと、フィドル
(バイオリン)とアコースティックギターの美しい音色が、スッと耳に飛び込んで
きます。ヘッドホンの存在を忘れてしまうくらいにその音は自然。確かにデジタル
ミュージックとは思えない独特の柔らかさがあります。音を聴くというより、
音を感じるという表現が、確かに当て嵌る生々しい響きです。ならばハイレゾは
DSDで!と言いたいところですが、DSD音源の配信曲はそう多くないのが現状。
しかし、本当にお気に入りの曲だけはDSDで!そう思うほど、暖かい音色を
感じられました。

CD音源の音を、デジタル処理によってハイレゾ相当まで拡張させる、ソニー独自
の音質向上技術DSEE HX。テレビの2Kを4Kにスケールアップする超解像技術の
音楽版とも言えますが、今回NW-WM1シリーズでは、サウンドに合わせてより
深く音の特徴を出すため、5つのモードを用意。▫︎スタンダード、▫︎女性ボーカル、
▫︎男性ボーカル、▫︎パーカッション、▫︎ストリングス にジャンル分けされた、
言ってみれば、プリセットされたイコライザー。

CD音源のFLAC44.1kHz/16bitでSHANTIのAqua’s Lullabyを聴いてみます。
まずはDSEE HXのスタンダードに切り替え。すると、音全体が柔らかい印象に
変わります。悪く言えば、ダイレクト感が薄れたともいえ、これは好き嫌いの
問題かもしれません。女性ボーカルと男性ボーカルに切り替えてみると、中高域
メインか低域中心かという色付けが感じられます。これも好みの問題になりそう
ですが、ストリングスに関してはなかなかの世界観。弦楽器の奏でる響きが
とても心地よく表現されていて、聴き疲れのしない素敵な音に。もともと音の
密度が高いので、音感フィルターで遊んでみるのも時には新鮮かもしれませんね!
---------------------------------------
>>> 製品レビュー
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ひこにゃん 台湾 雨の九... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。