宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

今後の酪農について勉強会を開催しました

2016年01月05日 12時51分02秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

  上原酪農組合は,大崎市鳴子温泉及び岩出山地域,栗原市一迫及び花山地域にまたがる通称「上原地域」の酪農家11戸で構成されている組合です。同組合は,平成23年度には環境保全型農業コンクールで優秀賞も受賞するなど環境に配慮しつつ乳生産を行っており,みやぎ生協から「鳴子上原酪農牛乳」のブランド名で牛乳を販売しています。
 去る12月17日にみやぎ生協などの関係者とともに,TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の大筋合意などの畜産情勢や経営改善策を今後の酪農経営に結びつけていくため,当普及センターから情報や話題の提供をしました。
  出席者からは「低コスト生産に向け稲WCS(ホールクロップサイレージ)は1日何kgまで給与可能か」といった積極的な質問がありました。
 今後も普及センターでは,酪農経営の生産基盤強化などに向けた取り組みを支援していきます。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 農業にICTを活用しよう!「農業... | トップ | 農薬適正使用に向けた研修会が開... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む