宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

大崎4Hクラブが農村教育青年会議を開催しました

2016年01月05日 13時55分05秒 | ⑦地域農業を支える意欲の高い担い手確保

  大崎4Hクラブでは,平成27年12月18日にクラブ員11名が参加のもと農村教育青年会議を開催しました。今年は新規会員が7名増えたことと,クラブ員が課題をもって1年間農業に取り組んだこともあり,昨年よりも2課題多いプロジェクト3題,農村青年の主張5題,クラブ活動1題の発表がありました。
 宮城県指導農業士の佐々木郁郎さん,青年農業士の佐藤喜則さんと,大崎農業改良普及センターの庄司所長による審査の結果,プロジェクト活動は笠原怜さん,農村青年の主張は三浦善幸さんが最優秀賞に選ばれました。
 審査委員からは,「個別に良い部分もたくさんあったが,ポイントを整理し,伝えることを明確にしたり,もう少し問題点を掘り下げるともっと良い発表になる」との講評を頂きました。また,クラブ発表に対しては,新しい販売活動や消費者交流の取組について高い評価と今後の励ましの言葉を頂きました。
 なお,最優秀者賞を受けた二人は,平成28年2月20日に行われる宮城県農村教育青年会議において,大崎4Hクラブの代表として選出されました。

<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター      地域農業班
 TEL:0229-91-0727    FAX:0229-23-0910

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成27年度大崎農業士会第2回研... | トップ | 東大崎水稲採種組合総合検討会が... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む