宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

最新の厨房機器を利用し,加工技術を研鑽

2014年08月05日 16時28分08秒 | ④競争力のあるアグリビジネス経営体の育成
 平成26年7月30日(水)に大崎市古川農産加工クラブ連絡協議会研修会が開催され,会員21名が参加しました。
 研修会ではホシザキ東北株式会社の六次産業化担当である井上和宏先生らを講師に,「野菜の浅漬け」,「夏野菜のピクルス」,「トマトのジュレ」などを最新の厨房機器を活用しながら調理し,スチームを使った加工品の特徴や,脱気包装による保存性などについて実際に機械操作を行い,体験を通じて学習しました。参加者からは「自らの加工商品にピクルスを取り入れてみたい」,「浅漬けの新しい作り方が勉強できて良かった」などの声が聞かれ,実りのある研修会となりました。
 普及センターでは,商品化の実現に向けてフォローアップし,農産加工品の販売額向上に向けた支援を行っていきます。

<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター  先進技術班
 TEL:0229-91-0726   FAX:0229-23-0910
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大崎市古川農産加工クラブ「開放... | トップ | 夏期管理の徹底で高品質なりんご... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む