宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

JA加美よつば稲作部会色麻支部「水稲作柄検討会」が開催されました

2016年02月05日 08時44分28秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 JA加美よつば稲作部会色麻支部が主催する「平成27年度水稲作柄検討会」が1月13日に町内で開催され,出席者15名を対象に平成27年の管内の作柄解析と次年に向けた栽培管理の留意点について説明を行いました。
 平成27年は田植期から出穂までの高温・多照により,生育は旺盛で経過しましたが,出穂後の低温・寡照により,一部のほ場では登熟不良となりました。次年へ向けて,有機物を施用した地力の増強,葉色に応じた適切な追肥を指導しました。
 JA加美よつば稲作部会色麻支部では「ひとめぼれ」や「ササニシキ」の他に新品種「東北194号(愛称:ささゆた香)」,「金のいぶき」の生産に取り組んでいます。「東北194号」では低タンパク,良食味確保が課題となっており,栽培者は「来年は施肥量等を調整しながら引き続き栽培に取り組みたい。」と話していました。
 今後も普及センターでは,JA加美よつばの良食味・良品質米の生産へ向けた取り組みを支援していきます。 

<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター   先進技術班 
 TEL:0229-91-0726  FAX:0229-23-0910
         

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お客様視点に立った、魅力ある店... | トップ | 農業へのICT活用にむけて 「... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む