KYOKUKENZO'S WORKSHOP 2017

「道」は自ら切り開くもの。
他人の後追いは「道」にあらず。

追悼文。友へ。

2016年01月26日 | 歳時記
友への追悼。


西條くん。

君とぼくとは8歳の時に出会った。
会った日からぼくのこと
ケンゾーって呼んでくれたよね。

ぼくをそんなふうに呼んでくれる人は
君が初めてで、なんだかうれしかった。

小中高大とすべての母校を同じくして、
君とはいろんな思い出があるけど、

まさか。まさかこんなに早く
君のお骨を拾うことになろうとは。

まるで自分の骨を拾っているような
錯覚を覚え胸が締め付けられました。

昨年まで15年間一緒に登った三角山。
毎年いただく君からのステキな年賀状。
お互い奥さん母さんをを連れて韓国旅行。
忘年会と称して語り合った串カツ千里。

君との思い出は書きつくせません。
でも、せめてもう少し。
あと少だけでも一緒にいたかったな。

西條くん。友だち52年ありがとう。
いつまでも泣いてなんかいられない。
君の親友の名に恥じぬようぼくはがんばるよ。

みんなが大好きだった西條くん。これからも
どうか、みんなの心の中にいてください。

西條くん。

楽しみにしていた還暦祝いの温泉旅行。
果たせなかったな。いつか行こうね。

60年の人生ご苦労さまでした。
どうか安らかにお眠りください。

あのとき。8歳のとき、
君に会えなければ今のぼくはありません。

心からご冥福をお祈りします。ケンゾー
『友達』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一期一会。 | トップ | 空を見上げて。 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご冥福を祈ります (corona404)
2016-01-26 17:03:55
親友や家族に先立たれると応えますね。
ご冥福を祈ります。
ありがとうございます。 (kyokukenzo)
2016-01-27 10:11:15
corona404 さま。

温かいコメント
ありがとうございます。

竹馬の友と辛い別れ。

まるで身体の一部を
切り取られたような思いです。

友としての役目をしっかりと
努めさせていただきました。

コメントを投稿

歳時記」カテゴリの最新記事