KYOKUKENZO'S WORKSHOP 2019

「道」は自ら切り開くもの。
他人の後追いは「道」にあらず。

御献立。

2019年02月22日 | 和食
≪前菜≫
嶺岡豆富
(牛タンの炙り
(子持ち昆布
(火取りばちこ
《柑橘釜に蟹の霙和え
《甘海老の海老醤油漬け

ガーデンダイニング環樂
特別会席のご紹介します。


≪椀盛り≫

甘鯛かぶら椀
(湯葉擂り流し
(占地 木耳 人参

≪造里≫

本鮪 鮃 帆立貝炙り
(鮑昆布締め
(あしらい一式 土佐醤油

≪焼物≫

きんき西京焼
(雲子の炙り 千柚子
(金柑蜜煮 棒生姜

≪煮物≫

鮟肝大根 青味 白髪葱
(粟麩オランダ煮

≪箸休め≫

シャリ芋とトロたくのセルクル
キャビア 林檎酢ジュレ
(ヴィンコットソース

≪進肴≫

北海道産牛
サーロイン肉の粕味噌焼
(カリフラワー
(雲林牛蒡 野菜添え

≪食事≫

福茶漬け 香の物

≪水菓子≫

小豆のブランマンジェ
(紅茶のジュレ 柚子のソルベ
(苺 胡麻のチュイル

北海道や
各地素材をちりばめた
見事な御献立でした。


本日もごちそう様でした。kyokukenzo
コメント

会議のあと。

2019年02月21日 | 中華料理
会議に出席して
協議事項を審議して

さてここからは
食事でもしながら・・・


という時が緊張から
解放される時です。

もともと私は
極度緊張症でしたが

最近では
どんな場面でも

あまり緊張など
しなくなりました。

場数も踏んでるし。

でも

どんな親しい間柄の
打合せであっても

私はある程度の
緊張感を以って

そこに臨むよう
こころがけています。

私が進行役の場合
とくにその緊張が
皆に伝わればいい。

そう思っています。

今日は嬉しい中華弁当

よりいっそう

緊張感が解けていきます。kyokukenzo
コメント

札幌市民です。

2019年02月20日 | 泡もの
この場所はもともと

SPビールの工場が
あったところ。

私の中学校へ向かう
通学路になっており

日によっては風向きで
麦汁が発酵する際の

あの独特の香りの中を
学校へ急いだものです。

今ではすっかり
さまも変わって

レストランやホテル
ショッピング街は

いつも

市民や外人観光客で
賑わいを見せています。

ビール工場跡で

Boy Meets Beer。

私たちが育った街。

私たちが住む街の名を

冠するこのBeer

それを飲まずして

「札幌市民です」と

言えるわけもない。kyokukenzo

もちろん他ブランドも
愛飲しておりますが。(筆者注)
コメント

菊水。

2019年02月19日 | 中華料理
豊平川を
渡ったところ。
「菊水」に名店あり。

そもそも「菊水」とは?

ヤホーで調べてみました。

能楽「菊慈童」中で
法華経八句を写した
菊の葉に溜った露が
天の甘露となり

その露を吸っていたら
いつの間にか、永く
生きることができた。

すなわち「菊水」は
不老長寿を齎すもの。


ちなみに楠正成公は
菊水の御紋を
使っていたそうです。

なるほどね。

でも札幌の「菊水」は
由来が違うようです。

さらにヤホーで調べます。

明治19年。

京都の菊亭脩季公爵が
札幌のとなり上白石村に

50ヘクタールの土地の
はらい下げを受け

「菊亭」という農場を
経営したことが起源。

その場所が札幌市との
合併で「菊水」となった。

菊亭の「菊」と
豊平川の「水」と


「菊水」です。

な・る・ほ・ど!

語源はともかく
キレイな名前ですね。

では

「菊水」の名店で

美味しい中華をどうぞ。kyokukenzo
コメント

四川料理の祖。

2019年02月18日 | 中華料理
日本における
「四川料理」の祖

偉大なる陳 建民さん。

そのお弟子さん
マゴ弟子さんが全国で

その味を引き継いて
守っています。

JR札幌駅前に
四川名店を訪ねました。

元来、中華の
料理人世界は徒弟制。

下働きしながら
先輩の技を盗んで
覚えるものでした。

そんな中、建民さんは
ご自身のレシピを
惜しげなく公開しました。

1966年には恵比寿に
中国料理学院を造るなど、

中国料理の発展に
貢献をなさいました。

私の料理少しウソある。
でもそれはいいウソ。
美味しいウソだよ。


エビチリにはケチャップ。
(本来は豆板醤など)

スープ担担麺。
(本来は汁なし)

回鍋肉にキャベツ。
(本来は蒜苗など)

麻婆豆腐には長ネギ。
(本来は葉ニンニクなど)


満足に食材や調味料が
揃わない当時の日本で

故郷の美味しい料理を
広めようと工夫した。

建民さんは日本式
四川料理の元祖なのです。

また建民さんには
こんなエピソードも。

NHK「きょうの料理」で
饅頭を作った際

用意された材料をみて
アシスタントさんが聞く
「何個分ですか?」の問いに

大きいの作る、すくない。
小さいの作る、たくさん。

と答えたそうです。

料理が楽しくなりますね。

公益社団法人
日本中国料理協会
陳 建一会長のお父さまは

日本の四川料理の
お父さまでもあるのです。kyokukenzo
コメント

チクワラーメン。

2019年02月17日 | オレ式
酒を飲んだ翌日は

無性にラーメンが
食べたくなるのは
私だけでしょうか。

特に蝦仁湯麺。
あんかけえびラーメン。

優しいその味が

疲れた胃ぶくろを
癒やしてれそうな

そんな気がします。

ただ

「オレ式」の場合
冷凍庫にエビを

在庫してないことが
多いので

チクワで代用します。kyokukenzo
コメント

便利な世の中。

2019年02月16日 | 和食
なじみのうなぎ屋
うれしい「おみや」。

「おみや」とは
「お土産」のことだけど

厳密に言うと
女性が使うことば。

ホントは男性の
使うことばじゃない。

でもキレイな
ことばだと思います

ではどうして

「おみやげ」は
「お土産」と書くのか。

推察ですが

その土地を訪ねて
その産物を買って帰る。

これがおみやげ。

これがすなわち
お土産なのでしょう。

おみやをいただきます。

いや、

まずお土産の
うなぎをいただいてから

Yahoo!で
詳しく調べてみます。

浅草漫才
ナイツの塙さんなら

「ヤホーで調べる」と
言うところですね。

今はどんな疑問も
インターネットで
即座に解決できる。

すごく便利で
良いことではありますが

飲んでるときの話題で

ああでもない
こうでもないが省略されて

イッパツで正解。
なんだか少し寂しいです。

便利すぎて味気ない。

たぶん

お土産についての
私の推察は合っている。

だから

ヤホーで調べるのは

やめておきます。kyokukenzo
コメント

マネジメント論。

2019年02月15日 | 社長のことば
組織における
共通理解の実現には

我々の事業は何か?の
定義づけが不可欠である。

組織の定義づけは
顧客により方向が決まる。

すなわち

顧客が考えている
現実・欲求・価値を
引き出すべきである。

マネジメントの役割は

働く人に成果を
あげさせること。

働きがい。仕事に

責任を待たせるべし。

人のマネジメントは

人の強みを
発揮させることが肝要。

「人は最大の資産」

人の強みを生産に結びつけ
人の弱みを中和すること。


遅ればせながら現在、私は

ドラッカーにハマっている。kyokukenzo
コメント

人の口。

2019年02月14日 | 歳時記
〇〇さんが言っていた。
✕✕くんが言っていた。
みんなそう言っている。


だから
私もそう思うんです。

宜しくない内容の
ウワサばなしは
得てしてこう伝わる。

いい大人も
こんな言い方をする。

でもそれは

本当は自分の意見だろう。
自分の言いたいことを

人の口に
言わせているだけだ。

人のことばは

人の口を経るごとに
ニュアンスが変わる。

言った人の気持ちが
口を経る度そこに加わる。

〇〇さんの意見。
✕✕くんの意見。
みんなの意見。

それはいま関係ない。

キミが言いたいことは

キミが言いたいことだ。kyokukenzo
コメント

北海道標準語。

2019年02月13日 | 北海道
東京にあこがれて
学校をでてすぐ
東京に暮らした。

東京の文化に
あこがれて
暮らしてはみたものの
日々の生活に追われ

数年が過ぎてのち

東京の文化が
何たるかも知らずに
東京を去った。

それでも

東京での暮らしは
それはそれで
楽しいものだった。

友だちや仲間が
たくさんできて
仕事でも遊びでも
毎日が充実していた。

ただ

本当に言いたいこと。
心の中に秘めたこと。

自分の気持ちを
うまく表現できなくなった。

「そうだべ」
「ちがうべや」

東京の日常で
故郷のことばは封印された。

故郷のことばの持つ
独特のニュアンスが
言い換えられない。

手袋をはく。

ゴミをなげる。

手がかじかむ。

シバレル冬の朝。

はんかくさい。

がっぱを履く。

お風呂をうめる。

このペンよく書かさる。

ロストルでかまかす。

なんまらしゃっこい。


子供のころから
慣れ親しんできた
北海道のことば。

「そうだべ」と
何度も言いそうになった。

北海道のことば。

地方のことばは
「方言」で括られる。

でも「弁」という言い方は

京都にも大阪にも
東京にもあるけれど

北海道弁となると
同じ「弁」でもなにか違う。

そんな印象がする。

そう思うのは
たんなる道産子の僻みか。kyokukenzo

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
私は北海道ことばを
「北海道標準語」と称し
胸を張って使います。

北海道標準語です。
方言とは言いません。笑。 曲 健三。
コメント