KYOKUKENZO'S WORKSHOP 2019

「道」は自ら切り開くもの。
他人の後追いは「道」にあらず。

大衆の味方。

2019年12月13日 | 中華料理
札幌の赤い星。

サッポロラガーで乾杯!

本郷通名店で

伝統の味をいただきます。

トンソク大好き。

お肌スベスベ。

水餃子。

葱焼海参。

葱とナマコの煮込で
リッチな気分。

仕上げのジャンボ焼きそば。

生活に密着した大衆の味。

大衆の強い味方です。kyokukenzo
コメント

中割り。

2019年12月12日 | 和食
元気をつけに
いつものうなぎやさんに
行きました。

この季節でも満席
空き待ち状態。
さすがの人気です。

まずはキモ串で乾杯。

一本作るのにうなぎ
4~5尾必要と言います。

美味いね。

次はうまき。

美味い。
日本の食文化に感謝です。

さていよいよ。

本日は中割りに挑戦です。

美味い。

・・・けど1/4で
お腹がいっぱい。

完食は断念しました。kyokukenzo
コメント

心の旅。

2019年12月11日 | 
那覇国際通りの
ライブハウス。

お目当て
ネーネーズの公演がなく
ちょっとがっかりでしたが

なんのなんの。

初代ネーネーズ
吉田康子さんの歌声に
酔いしれました。

ライブハウスを後に
近くの居酒屋へ。

友と語った、友を語った

沖縄最後の夜。

もっともっと話したい。

心に残る、心の旅です。kyokukenzo
コメント

with YOU!

2019年12月10日 | 中華料理
12月も1/3が過ぎ
いよいよ年末本番です。

今年はいろいろあって
大変だったけど、

すごく
勉強できた1年でした。

いまは仕事が最高に
楽しく感じられます。

おかげ様で
業績も順調ですが
悩みもたくさんあります。

順境におごらず
逆境にめげず


しっかり兜の緒を締めて
みんなで良い年を
迎えたいと思います。

あなたがそばに
いてくれるから
私はきっと大丈夫。

Things go better with YOU!kyokukenzo
コメント

ソーキそば。

2019年12月09日 | 日本食
デイゴの花が咲き
風を呼び嵐が来た

デイゴが咲き乱れ
風を呼び嵐が来た

ウージの森で
あなたと出会い

ウージの下で
千代にさよなら

島唄よ風にのり
鳥とともに海を渡れ

島唄よ風に乗り
届けておくれ私の涙 ♪


走り続けて
ようやくたどり着いた

ソーキそばの店。kyokukenzo

(デイゴ)
梯梧は春から
初夏にかけて咲く赤い花

(ウージ)
サトウキビ。

(ソーキ)
梳(すき)の訛り。
豚のあばら肉。

コメント

あの人。

2019年12月08日 | 歳時記
もう
そんなこと言うなよ。

いいえ。

言わなきゃ
あなたは分からない。

そうなんだ。

あのとき

言われなければ
あの人のこと

分かって
あげられなかった。

今になって

そんな自分を

恥じている。kyokukenzo
コメント

公設市場の2階。

2019年12月07日 | 
那覇の街。

国際通りを歩き
牧志公設市場へ
向かいます。

1951年開設の
この市場は

老朽化を理由に
今年の6月閉鎖。

新しい施設が
出来るまで

仮設の市場で
営業を続けるそうです。

市場の2階は
楽しい大衆食堂。

外国人観光客も
多く見受けられます。

沖縄名菜

グルクー。
へちまの味噌炒めです。

テビチーと大根煮込。

沖縄の代表料理です。

オリオンビール生

おかわり!

グルクンの唐揚げ。

これまた沖縄料理の
代表選手です。kyokukenzo
コメント

愛は不変。

2019年12月06日 | 社長のことば
起きて寝るまで
一日の行動。

そこに愛はあるか?

自分に問いかけた。

愛とは

そのものの価値を認め、
強く引きつけられる気持。

かわいがり
いつくしむ心。

いつくしみ恵むこと。

いたわりの心。

大事なものとして慕う心。

男女間の慕い寄る心。

恋。

地元愛

愛社精神

最愛の人

愛人

愛着

自己愛

溺愛

愛。

モノや組織に
向かう気持ちは
時とともに変わるが

人に対する愛は不変。

もし変わるとしたら

それは
最初から愛じゃない。kyokukenzo
コメント

さーたーゆー。

2019年12月05日 | 
今帰仁城跡。

なきじんぐすく跡。

ゆっくりと
散策して帰り路。

サトウキビの
ジュースを売る
おじさんに出会った。

ちなみに
サトウキビは
沖縄の言葉でウージ。

何事も経験と
コップ一杯分買って
飲んだら美味かった。

そこで
ビン入りジュースを
買おうと思ったら

ホントは
こっちの方がイイの。

と、おじさんが
勧めてきたのが、この
さーたーゆーだ。

植物・動物油の
酸化抑制すると
言われています。


と、ラベルに書いてある。

1本買った。

ちと高かったけど
こわもておじさんが
ほほ笑み返し
してくれたので

まぁ良しとする。kyokukenzo
コメント

今帰仁城。

2019年12月04日 | 
今帰仁城 と書いて
なきじんぐすくと読む。

何度教えられても
なきじんぐすく
とは読めず

沖縄の言葉って
むずかしいなぁと思う。

40年ほど前に妻と
訪ねた時に覚えた

サータアンダギー
ニヘーデービル
チンスコウ などは

楽しい思い出とともに
忘れることはないけど

最近ならその時は
覚えたつもりでも
いつしか忘れる。

そんな体たらくは
特に地名でキビシイ。

南風原

北谷

東風平

豊見城


読めない。

これは北海道の
難読地名よりむずかしい。

だからこうして
ブログにしたためて

今帰仁城
なきじんぐすく

胸に刻んでいる。

今帰仁城

琉球王朝の歴史を
物語るこの城跡は

世界遺産群のひとつ。

14世紀に琉球王国が
成立する以前から
存在していたという。

北山王の居城であり
北山城とも呼ばれた。

中山が三山統一した後

琉球王府監守として居城。

その面積は首里城と
ほぼ同規模だという。

はるかなる
時代。時の流れ。

はるかなる
沖縄の大地と海。

今帰仁城。

来てよかった!

なきじんぐすく

大丈夫。もう覚えた。kyokukenzo
コメント