勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

エヴェレスト 神々の山嶺

2016年03月13日 | 邦画
エヴェレストを描いた映画としては、昨年『エベレスト 3D(Everest)』がありましたが、エベレストを映画で描くのって流行りなんですかね。『エベレスト 3D(Everest)』の時も思いましたが、(邦画だと結構ちゃちい画になりがちですが)5200mまで登って撮影しただけのことはあり、山岳シーンが意外にリアル。それでも、ブリザードとかは、CGでしょうけどね。それと、ネパールでのロケも中々良いですね。やっぱりセットと本物は違うと思います。

ちょっとビックリしたのが、物語の舞台が1993年と言うこと。現代に設定しなおしても良いのではないかと思いましたが、どうなんでしょうね?20年以上前の事なので、車であるとか、その他諸々の準備が大変だったのではないかと思います。って言うか、ちょっと覚えていないんですが、1993年頃の女性の髪型って、あんな尾野真千子の様なストレートだったっけ?まぁ、居ないことは無いかもしれませんが、時代考証(と言う程では無いけど)に疑問を感じました。それと、日本側は1993年の雰囲気を出すのに苦労していましたが、ネパール側はきっと今のままですよね。基本的には、誰にも判らないでしょうから。そう言う、物語の本筋とは違う所が気になりました。

岡田准一も良かったですが、やっぱり阿部寛かなぁ。彼は古代ローマ人でも有るわけですが(笑)、孤高の山男の雰囲気も非常に上手く醸し出しています。濃い顔が、彼の演じた羽生丈二の孤独さを強く映し出していました。

ところで、夢枕獏ってファンタジー小説だけじゃないんですね。こう言う骨太の山岳小説を書く人とは思いませんでした。失礼。

悪くなかったです。

タイトル エヴェレスト 神々の山嶺

日本公開年 2015年
製作年/製作国 2016年/日本
監督 平山秀幸
原作 夢枕獏『神々の山嶺』
出演 岡田准一(深町誠)、阿部寛(羽生丈二)、尾野真千子(岸涼子)、ピエール瀧(宮川)、甲本雅裕(井上真紀夫)、風間俊介(岸文太郎/涼子の兄)、テインレイ・ロンドゥップ(アン・ツェリン)、佐々木蔵之介(長谷渉)、山中崇(斎藤/ネパールのツアー代理店員)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マネー・ショート 華麗なる大逆... | トップ | Mr.ホームズ 名探偵最後の事件 ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
作家 夢枕獏 (もののはじめのiina)
2016-04-10 10:06:42
夢枕獏は、エベレストに頂きには行かなくても何度か登っています。20代のころに山の本を書くようすすめられたものの、
書く力量不足から実現するまで20年以上かかったと申します。( 「神々の山嶺」のあとがきより )

北方謙三の講演も聴きましたが、夢枕獏も同じく小説の構想が山ほどあると語りました。
ふーむ、そんなものかと感じ入った次第です。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/e4a1b6010545c05579884c8de520b0be

夢枕獏の講演も聴いたのですが、ブログにアップしてなかったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「エヴェレスト 神々の山嶺」 (日々“是”精進! ver.F)
そこに山があるから… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201603120001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】エヴェレスト 神々の山嶺 オリジナル・サウンドトラック ...価格:2,700円(税込、送料込) 【楽天ブッ...
エヴェレスト 神々の山嶺〜主演は阿部寛 (佐藤秀の徒然幻視録)
ここに俺がいるからだ 公式サイト。夢枕獏原作、平山秀幸監督。阿部寛、岡田准一、尾野真千子、佐々木蔵之介、ピエール瀧、風間俊介、甲本雅裕、テインレィ・ロンドゥップ、山中崇 ...
エヴェレスト 神々の山嶺 (あーうぃ だにぇっと)
エヴェレスト 神々の山嶺@角川シネマ新宿
映画『エヴェレスト 神々の山嶺』★試練と愛と―最高峰に挑んだ男たち (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/165592/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   ・写真家(深町):岡田准一 ・登山家(羽生):阿部寛   映画『 エべレスト3D ...
エヴェレスト 神々の山嶺 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2016/03/12公開 日本 122分監督:平山秀幸出演:岡田准一、阿部寛、尾野真千子、ピエール瀧、甲本雅裕、風間俊介、テインレィ・ロンドゥップ、山中崇、佐々木蔵之介 生きて、必ず帰る STORY:ネパールの首都カトマンズ。ヒマラヤ山脈が見えるその街で、日本人カメラマン....
映画・エヴェレスト 神々の山嶺 (読書と映画とガーデニング)
2016年 日本 世界最高峰の山に挑む男たち命を削ってまで山に登ることにどんな意味があるのか何を求めるのか クライマックスはエヴェレストの冬季南西壁、単独無酸素登頂という前人未踏の登攀を計画する孤高の天才クライマー羽生(阿部寛)の挑戦を見届けるべく...
<「エヴェレスト 神々の山嶺」 追記。> (夢色)
改めて書くのは違うかなと思い、公開後に試写会日に追記しようかと思ったんだけど、書きだしたら長くなりそうだったから、別記にした。 ←正解(笑)大分と辛口なので!岡田君ファンなのに!ごめん!岡田くん、ごめん!映画楽しかったから読みたくない!って人は、読...
エヴェレスト 神々の山嶺 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
第11回柴田錬三郎賞を受賞し、漫画版と共にベストセラーを記録している夢枕獏の小説「神々の山嶺」を実写化したドラマ。あるクラシカルなカメラを手にした写真家が、カメラの逸話を調べるうちに孤高のアルピニストとして名をとどろかせた男の人生に触れていく姿を追い掛け...
『エヴェレスト 神々の山嶺』('16初鑑賞25・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆−−− (10段階評価で 4) 3月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:50の回を鑑賞。
エヴェレスト 神々の山嶺 (映画的・絵画的・音楽的)
 『エヴェレスト 神々の山嶺』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)阿部寛が出演するというので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、エヴェレストの威容が映し出された後、一人の男がもう一人の男の写真を撮っているところが描かれ、ナレーションがかぶさ...
「エヴェレスト 神々の山嶺」1番高い山を目指した先にみた上るだけでは成功じゃない戻ってきて成功だという冒険家の宿命 (オールマイティにコメンテート)
3月12日公開の映画「エヴェレスト 神々の山嶺」はエヴェレストの登頂を目指した1人の男を追うカメラマンのエヴェレストでの闘いの記録を綴ったストーリーである。人は何故山に ...
『エヴェレスト 神々の山嶺』 2016年2月29日 角川シネマ新宿 (気ままな映画生活 −適当なコメントですが、よければどうぞ!−)
『エヴェレスト 神々の山嶺』 を試写会で鑑賞しました。 今日は長い一日であった。 朝から六本木ヒルズでアカデミー賞のパブリックビューイングに行き、 終わったのは14:30頃だっただろうか... その後、新宿へ移動し昼にしようか、映画見ようか悩んでいたら失敗し、 そ...
『エヴェレスト 神々の山嶺』をトーホーシネマズ六本木3で観て、個々の主張が激しいだけで折衝のない山映画だったなふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲「テルマエ、テルマエはどこだあーっ」 五つ星評価で【★★役者の顔はみんないいけど、何が言いたいのかよく分からない、グラビア写真みたいな映画】 とってもフォトジェニ ...
映画「エヴェレスト 神々の山嶺」 (FREE TIME)
映画「エヴェレスト 神々の山嶺」を鑑賞しました。
エヴェレスト 神々の山嶺 (もののはじめblog)
第11回柴田錬三郎賞を受賞し、漫画版と共にベストセラーを記録した夢枕獏の小説「神々の山嶺いただき」を実写化した映画。 イギリス人登山家ジョージ・マロリーが、1924年にエベレスト初登頂に挑戦の途中、行方不明となり帰らぬ人となった。 初登頂成功は、1953年にエド....
「エヴェレスト 神々の山嶺」 魅入られた男たち (はらやんの映画徒然草)
「なぜ山に登るのか?」 「そこに山があるからだ」 これは本作でもキーマンとなるジ