勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

イントゥ・ザ・ストーム / Into the Storm

2014年08月24日 | 洋画(アメリカ系)
直径3200mにも及ぶ超巨大竜巻に襲われた、ストームチェイサー、街の人々を描いた作品。若干ネタバレがあります。

この作品は、もう『竜巻を見る』、それに尽きますね。この頃は、日本でも竜巻被害が出るようになり、時々報道もされますが、映画で誇張されてはいますが、竜巻怖いです。

ストームチェイサーと言うのは、何なんですかね?竜巻の観測データを取るというのが、ストームチェイサーの第一の目的なのかと思っていましたが、この映画を見ると、竜巻の映像を非常に重視していて、竜巻の観測データも取りますが、第一の目的は、実は竜巻映像と言う事なんでしょうか?

さて、この手のディザスター・ムービーでは、チキン(小心者)が一番最初に犠牲になると言う法則がありますが、この作品もその法則に従っています。一度は抜けかけたけど、説得された新米が最初に犠牲になってしまっています。そして、ディザスター・ムービー第二の法則として、マッチョも犠牲になると言うものもありますが、その法則にも従っていて、ストームチェイサーリーダーのピートが犠牲になります。もっとも、竜巻の目を見るというのがピートの目標なわけですが、その目標が果たされているので、彼はあまり思い残すことはないんじゃないですかね。

そして、出会った男女は結ばれるというディザスター・ムービー第三の法則については、どうなんでしょう?今回の場合、ゲイリーとアリソンが、その法則の矛先なのかと思ったんですが、意外にあっさりとアリソンは去ってしまいましたね。

ところで、超巨大竜巻に襲われた高校の教頭ゲイリーをリチャード・アーミティッジが演じています。まさに同姓同名のアメリカの政治家が居て、彼は日本語表記ではリチャード・アーミテージと呼ばれているわけですが、名前のスペルを見てみると、この映画の出演者の方はRichard Armitage、政治家の方はRichard Lee Armitageで、ミドルネームを除けば、スペルは同じですね。と言うことは、日本語表記も同じになるべきですが、Wikipedia上では、この作品にでている俳優の方は“リチャード・アーミティッジ”、政治家の方は“リチャード・アーミテージ”となっていました。映画のプロダクションノート上も、俳優の名前は“リチャード・アーミティッジ”の表記でした。それにしても、エンドロールを見た時は、「え?あの人出てた?」と、かのアメリカの政治家の姿を探してしまいましたよ。

タイトル イントゥ・ザ・ストーム / 原題 Into the Storm
日本公開年 2014年
製作年/製作国 2014年/アメリカ
監督 スティーブン・クォーレ
出演 リチャード・アーミティッジ(ゲイリー/シルバートン高校の教頭)、サラ・ウェイン・キャリーズ(アリソン/気象学者)、マット・ウォルシュ(ピート/ストームチェイサーのリーダー)、アリシア・デブナム・ケアリー(ケイトリン/ドニーと同学年の女子生徒)、アーレン・エスカーペタ(ダリル/ストームチェイサー、ジェイコブの友人)、マックス・ディーコン(ドニー/ゲイリーの長男)、ネイサン・クレス(トレイ/ゲイリーの次男)、ジェレミー・サンプター(ジェイコブ/新米ストームチェイサー)、リー・ウィテカー(ルーカス/ストームチェイサー)、カイル・デイビス(ドンク)、ジョン・リープ(リービス)

[2014/08/24]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロミスト・ランド / Promised ... | トップ | LUCY ルーシー / LUCY »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
イントゥ・ザ・ストーム (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(11) 映像とヒューマンドラマが期待以上の出来で大満足!
イントゥ・ザ・ストーム (そーれりぽーと)
『ツイスター』以来の本格竜巻映画『イントゥ・ザ・ストーム』を観てきました。 ★★★★ 意外だったのは、モキュメンタリーの手法を用いた映画だったことと、その演出が緊迫感を高めるのに凄く効果的に行っていると言うこと。 モキュメンタリーである事を感じさせないス...
劇場鑑賞「イントゥ・ザ・ストーム」 (日々“是”精進! ver.F)
巨大竜巻、襲来… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201408220001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【BD2枚3000円2倍】ツイスター【Blu-ray】 [ ヘレン・ハ...価格:1,500円(税込、送料込)
『イントゥ・ザ・ストーム』('14初鑑賞60・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 8月22日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン2にて 11:40の回を鑑賞。
イントゥ・ザ・ストーム (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【INTO THE STORM】 2014/08/22公開 アメリカ 89分監督:スティーヴン・クエイル出演:リチャード・アーミティッジ、サラ・ウェイン・キャリーズ、マット・ウォルシュ、アリシア・デブナム=ケアリー 、アーレン・エスカーペタ、マックス・ディーコン、ネイサン・クレス ...
イントゥ・ザ・ストーム (あーうぃ だにぇっと)
イントゥ・ザ・ストーム@ワーナーブラザース映画試写室
イントゥ・ザ・ストーム (映画情報良いとこ撮り!)
イントゥ・ザ・ストーム 巨大竜巻がシルバータウンを襲った。 これは、過去最大のものだ。 飛行機も飲み込まれる程の威力。 市民は、シェルターへと避難した。 そんな時間があったんだ。 また、この巨大竜巻を追うやからもいた。 この自然現象をどう乗...
[映画まとめ語り:『イントゥ・ザ・ストーム』『もういちど』(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『もういちど』      林家たい平さんの企画で、これまで名人の落語集を数回 映画館で上映していたのだが、今回はオリジナルの映画作品である。  たい平師匠の主演である。  江戸時代、長屋に引っ越してきた落語家崩れの心に傷を負った男が、同じく人生...
イントゥ・ザ・ストーム ★★★ (パピとママ映画のblog)
史上最も規模が大きい竜巻に襲われた人々の死闘を描くディザスターパニック。ジャンボジェット機も簡単に飲み込む直径3,200メートル、秒速135メートルもの巨大竜巻が襲来するさまを、臨場感あふれる映像で映し出す。メガホンを取るのは、『タイタニック』『アバター』など...
イントゥ・ザ・ストーム (佐藤秀の徒然幻視録)
最近のSF映画の原点のような昇天シーン 公式サイト。Into the Storm。スティーヴン・クォーレ監督、リチャード・アーミティッジ、サラ・ウェイン・キャリーズ、マット・ウォルシュ、マ ...
イントゥ・ザ・ストーム/リチャード・アーミティッジ (カノンな日々)
直径3,200メートル、秒速135メートルもの巨大竜巻が襲来するさまと襲われた人々の死闘をドキュメンタリータッチな映像で描いたディザスター・パニック・ムービー。監督はジェームズ ...
「イントゥ・ザ・ストーム」:ド迫力の竜巻映像! (大江戸時夫の東京温度)
映画『イントゥ・ザ・ストーム』は、現代のVFX技術の凄さをこれでもかと見せつける
イントゥ・ザ・ストーム (はるみのひとり言)
試写会で観ました。手荷物検査と金属探知機検査がありました。厳戒態勢ですね~。牛が飛んでたのと似たかよったかじゃないの~と思っていましたが、さらにパワーアップというかよりリアルで怖かったです。竜巻が生き物みたいでした。主な登場人物には都合良くそれちゃうと...
『イントゥ・ザ・ストーム』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
マイフェイバリット・ムービーの中に『ツイスター』を入れてる身としては、これは劇場に体感しに行くしかありません。お話は大きく二つのグループに分かれて展開してきます。一つは高校教師の父親と高校生二人の息子、母親が亡くなってからギクシャクしっぱなし、という家...
イントゥ・ザ・ストーム (映画好きパパの鑑賞日記)
 超巨大竜巻が街を襲うというプロットは単純ながらも、SFXの発達で迫力の映像が見られる作品。劇中のセリフにありますが、アメリカでは「ハリケーン・カテリーナ」「ハリケーン・サンディ」などの異常気象が問題になっており、日本も広島の水害など、豪雨、竜巻の被害が...
イントゥ・ザ・ストーム (だらだら無気力ブログ!)
アメリカさんとこも大変だ。
映画:イントゥ・ザ・ストーム Into The Storm クソ暑~い残暑にぴったりのディザスター物 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
いわゆるディザスター・ムービー(パニック映画、とも言う)の系譜。 近いところでいうと「ツイスター」 Twister に近いか? あちらもF5クラス級(秒速117-141m)のだったが、この映画に出てくるのも、秒速135m。 全体の0.1%未満という出現率のトルネード。 なので、....
イントゥ・ザ・ストーム (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Into the Storm監督:スティーブン・クオーレ出演:リチャード・アーミテージ、サラ・ウエイン・キャリーズ、マト・ウォルシュ、アリシア・デブナム・ケアリー、アーレン・エスカーペタ
『イントゥ・ザ・ストーム』 (こねたみっくす)
映像だけは凄い。ただリアルな怖さは一切ない。 これはディザスターパニック映画というよりはモンスターパニック映画です。巨大竜巻を自然災害というよりは予告編通りに「怪物」 ...
イントゥ・ザ・ストーム (とりあえず、コメントです)
人間の想像を超える超巨大な竜巻に見舞われた人々を描くディザスター映画です。 予告編を観て、何だか凄いことになりそうだなと気になっていました。 あまりにも強烈な嵐の状況に、ただ圧倒されるような作品でした。
『イントゥ・ザ・ストーム』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「イントゥ・ザ・ストーム」□監督 スティーブン・クォーレ□脚本 ジョン・スウェットナム□キャスト リチャード・アーミテージ、サラ・ウェイン・キャリーズ、マット・ウォルシュ ■鑑賞日 8月24日(日)■劇場 TOHOシネマズ...
映画『イントゥ・ザ・ストーム』★ものスゴイ竜巻の中で(>_<) (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/164564/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     嵐をわざわざ、体感するなんて ……( ― _ ― )!! と言う感じではありますが 怖いモノみたさで、鑑賞し...
『イントゥ・ザ・ストーム』 息継ぎに気をつけろ! (映画のブログ)
 鑑賞中に一斉に息をする音が聞こえる映画は珍しい。  『イントゥ・ザ・ストーム』はそんな稀有な一本だ。  映画が佳境に差し掛かると、我知らず息を止めてしまう。まったく自覚はない。  危険が去ってはじめて息を呑んでたことに気付き、ようやく息を吐き出す。...
映画『イントゥ・ザ・ストーム』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-69.イントゥ・ザ・ストーム■原題:Into The Storm■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:89分■料金:1,800円■鑑賞日:8月23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督:スティーヴン・クォーレ◆リチャード・アーミテージ◆マット・ウォル...
イントゥ・ザ・ストーム (いやいやえん)
【概略】 アメリカのシルバートンで巨大竜巻が発生。気象学者のアリソンらストームチェイサーが現地を目指す一方、高校の教頭・ゲイリーは生徒たちを避難させるが…。 パニック 竜巻映画です。96年の「ツイスター」がみたくなったな。 この手のパニック映画にあ...