勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

プロミスト・ランド / Promised Land

2014年08月23日 | 洋画(アメリカ系)
世は、“シェールガス革命”と言われていますが、その【革命】の負の部分を描いた社会派作品。マット・デイモンが、主演のほか、制作にも関わっています。

マット・デイモンが、良いですねぇ。オーシャンズシリーズでは若手で皆にからかわれ、ボーンシリーズでは超人的なエージェントを演じていますが、この作品で演じた、普通のサラリーマンの様な役どころのほうが、彼のいい味を引き出すんじゃないですかねぇ。それに、からかわれたり、超人だったりするのは、どこか引き立たせたりすれば良いですが、むしろ普通の人を演じるほうが、特徴がないだけに難しい訳で、そう言う意味で、普通のサラリーマンを普通に(実は非常に上手に)演じる彼=マット・デイモンは、一流だと思います。将来は、第二のクリント・イーストウッドじゃ無いんですかね?

それにしても、アメリカはシェールガス革命に湧いているわけですが、この映画は、遡ること2年前の2012年に制作されています。シェールガス生産に際しての環境問題が有る事を既にその頃に描いているのは、慧眼だと思いますね。って言うか、既に、その頃から問題になっていたとも言うのかもしれませんが。

正直、結末は、見る前から想像がついています。そして、その想像のとおりに物語は終わりました。でも、ガッカリ感はないですね。世の不条理と言うか、出来事には負の側面が有る事がよくわかります。重くはないですが、しっかりと社会・世の中を描いたいい作品だと思います。

タイトル プロミスト・ランド / 原題 Promised Land
日本公開年 2014年
製作年/製作国 2012年/アメリカ
監督 ガス・バン・サント
制作 マット・デイモン
出演 マット・デイモン(スティーヴ・バトラー)、ジョン・クラシンスキー(ダスティン・ノーブル)、フランシス・マクドーマンド(スー・トマソン)、ローズマリー・デウィット(アリス)、スクート・マクネイリー(ジェフ・デノン)、タイタス・ウェリバー(ロブ)、ハル・ホルブルック(フランク・イェーツ)

[2014/08/23]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランスフォーマー ロストエイ... | トップ | イントゥ・ザ・ストーム / Into ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
プロミスト・ランド〜シェールガス革命の攻防 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。Promised Land(約束の地)。ガス・ヴァン・サント監督。マット・デイモン、ジョン・クラシンスキー、フランシス・マクドーマンド、ローズマリー・デウィット、スクート・マ ...
『プロミスト・ランド』 (2012) (相木悟の映画評)
エネルギー問題であぶり出す、人生の決断! 丁寧につくられた、高品質な社会派ヒューマンドラマではあるのだが…。 本作は、俳優のマット・デイモンとジョン・クラシンスキーが製作と脚本を担い、ガス・ヴァン・サントがメガホンをとった期待作。マットとサントの組み...
プロミスト・ランド (あーうぃ だにぇっと)
プロミスト・ランド@新宿明治安田生命ホール
「プロミスト・ランド」☆すべては誠意 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
今アメリカでも大きな物議をかもしているタイムリーな「話題」であり、しかも「問題」のシェールガスについて、真剣に真っ向から取り組んだ社会派ドラマ。 かなり興味を持って見始めたのだけど・・・・
プロミスト・ランド (GARA・・・移動祝祭日)
監督ガス・バン・サント の繊細な作品を観たかった事、マット・デイモンの茫洋としたな役どころを観たかった事、しかも彼が脚本づくりに参加しているということで、興味が増幅。 京都みなみ会館で観る。 スタッフ、キャストの顔ぶれからすると、これはシネコン系か...
プロミスト・ランド (映画の話でコーヒーブレイク)
ロビン・ウイリアム氏の追悼で放映されていた「グッド・ウィル・ハンティング」を見ました。 マット・デイモンが若く初々しかったです。 本作は「グッド・ウィル・・・」と同じく監督はガス・ヴァン・サント。 脚本と製作はマット・デイモンと、本作でマットのライバルを....
プロミスト・ランド (映画的・絵画的・音楽的)
 『プロミスト・ランド』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)本作(注1)は、マット・デイモン(注2)が主演の作品だというので映画館に行ってみました。  本作の舞台は、アメリカの小さな田舎町のマッキンリー(注3)。  その町で、マット・デイモンが、大手エネルギー....
プロミスト・ランド・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
何を、約束されたのか? 監督ガス・ヴァン・サント、主演・共同脚本マット・デイモンという、名作「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のコンビが再びタッグを組んだヒューマンドラマ。 シェールガス革命に沸くアメリカの片田舎を舞台に、町を丸ごと買収するため...
プロミスト・ランド (映画好きパパの鑑賞日記)
 基本的に自分の好まないプロットですが、ガス・ヴァン・サント監督なら何とか面白いものにしてくれるかも、と期待していきました。実際、終盤までは巧いと思わせる場面があったものの、ラストでがっかりした作品になっており、残念でした。  作品情報 2012年アメリ...
映画:プロミスド・ランド Promised Land アメリカの田舎町に迫る21世紀 = シェールガス開発 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
実は鑑賞したのは遥か昔。 ガス・バン・サントの新作にもかかわらず、日本では公開されないのでは? とビビってた(笑) ヨカッタヨカッタ! さてこの映画のテーマは、なかなかに旬なネタ。 中東への依存度を減らし、アメリカを大資源国に押し上げるだろうと言われて...
プロミスト・ランド (とりあえず、コメントです)
ガス・ヴァン・サント監督&マット・デイモン主演の社会派ドラマです。 予告編を見て、ガス開発の影で何があったのだろうと気になっていました。 人々の心をじっくりと映し出しながら展開される物語に、何となく街の人々と一緒になって 主人公の言葉を聞いてしまうような...
「プロミスト・ランド」 (ここなつ映画レビュー)
心から素晴らしい作品だったと思える。生い立ち、思い出、プライド、仕事に対する姿勢、積み重ねた生き方…そんなものをまとめた自分自身という名の胸倉を掴まれ上に持ち上げられ、ぐらぐらと揺らされた挙句にパッと手を放されたような感じ。パッと突き放された割には余韻...
土地と人間〜『プロミスト・ランド』 (真紅のthinkingdays)
 PROMISED LAND  エネルギー会社に勤めるスティーヴ(マット・デイモン)は、シェールガスの 採掘権を買い占めるため、ある田舎町にやってくる。同僚のスー(フランシス ・マクドーマンド)とともに農家を回り、契約を交わし始めたスティーブの前に、 ...
プロミスト・ランド ★★★ (パピとママ映画のblog)
『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のマット・デイモンとガス・ヴァン・サント監督が再び手を組んだ社会派ドラマ。新たなエネルギー源として注目を浴びるシェールガス革命を背景に、脚本と製作もこなすマット演じる大手エネルギー会社の社員が、ガス採掘権を買収す....
映画『プロミスト・ランド』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-71.プロミスド・ランド■原題:Promised Land■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:106分■料金:1,100円、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■鑑賞日:9月1日 □監督:ガス・ヴァン・サント□脚本・製作:マット・デイモン、ジョン・クラシンスキ...
『プロミスト・ランド』 (こねたみっくす)
会社を信じちゃいけないよ。 信じちゃいけないものは噂だけではないのです。会社も信じちゃいけない。その辺りを理解していない綺麗事主義の脚本が残念でならなかったこの作品。 ...
『プロミスト・ランド』 (ラムの大通り)
(原題:PROMISED LAND) ----『プロミスト・ランド』… えっ、浜田省吾? 「なに、とぼけてんだよフォーン。 これは、あのガス・ヴァン・サント監督の作品。 しかも脚本をマット・デイモンが担当しているんだ」 ----えっ、それって 『グッド・ウィル・ハンティング/旅...
シェールガスは安全か?『プロミスト・ランド』 (シネマ・クレシェンド)
プロミスト・ランド(2012)アメリカ原題:Promised Land 監督:ガス・ヴァン・サント 出演:マット・デイモン/フランシス・マクドーマンド/ジョン・クラシンスキー/ハル・ホルブルッ ...